[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
ハンドルネームでいいので、お名前を書いてくださいね♪
質問はできるだけ具体的に書き込んでください。回答がしやすくなりますので!
当掲示板へのご質問は医療事務のお仕事に関するもののみに限定させて頂きます。
通信教育で医療事務を勉強されている方は、受けられている講座へご質問くださいね

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



18506.APTT算定回数について 返信  引用 
名前:はな    日付:2017/12/9(土) 16:55
長野県の眼科に勤務してます。
網膜静脈分枝閉塞症の患者さんです。
凝固採血でPTとAPTTを月3回行いました。
ワーファリン減量中のコメント入ってます。
しかし、APTTが減点として返戻がきました。
PTは必要があれば月に何回算定でもいいかとおもいますが、
APTTは月に2回まででしょうか?
点数表など見ても特に記載がないので、理由がわかりません。
再審査に出してみようとおもいますが、
理由はどのようにしたらよろしいでしょうか。
理由がわかれば、今度の業務に生かしていきたいとおもいます。
ご返答お願いします。



18507.Re: APTT算定回数について
名前:もん    日付:2017/12/10(日) 13:16
推測になりますが…
ワーファリンの調整中であれば一般的にはPT値を確認して調整されると思いますが、APTTを頻回に測定しなければならない理由が何かあったのでしょうか。
ルーチン検査として捉えられてしまっている可能性はありませんか。


18508.Re: APTT算定回数について
名前:はな    日付:2017/12/10(日) 17:49
お返事ありがとうございます。
PTとAPTTはセットでとれると思ってました。
だめなんですね..
今回、この方だけひっかかってきたので、なんで?と思ってしまいました。

18500.在宅自己注射管理料の算定について 返信  引用 
名前:ちさと    日付:2017/12/6(水) 21:8
平成26年の保険改定より、在宅自己注射の導入前に、入院又は週2回以上の外来、往診若しくは訪問診療により、
医師による十分な教育期間をとり、十分な指導を行った場合に限り算定するとなりましたが、
初診で受診された方に対しての算定の仕方に悩んでいます。


返戻事例(茨城県)
〇初診+今までインスリンの治療歴なしの患者

過去に管理料は算定せずインスリンを処方をしたら、
管理料の算定がないのにインスリンを処方した理由を記載するようにとの返戻がありました。
なのでインスリンの早期治療を必要とする方に対しては、
初診でも管理料を算定して、コメントをつけて算定していました。
しかし先日とうとう(?)コメントをつけていても初診時の管理料算定は認められないとの返戻が再度きました。
そうなると、初診時のインスリン処方もできないということですよね?

医師に説明したところで、「必要性があるから処方しているんだ」とキレられる始末です・・・
皆さんの病院ではどのような対応をされているのかお聞きしたいです。

※初診+前医でインスリン治療開始している患者については今のところ返戻はきていません。



18501.Re: 在宅自己注射管理料の算定について
名前:あいな    日付:2017/12/7(木) 10:19
自己注射の導入前に2回以上の教育期間が必要となった以上、医師もそれに沿った診療をしてくれないと困りますよね。
「必要性があるから処方しているんだ」→「決められた指導をしてないのに何勝手に処方してるんだ」ですよ。
初診日に今後インスリン治療が必要と診断されたら、当日に1回目の指導→数日中に受診してもらって2回目の指導&管理料算定(処方)OKじゃないですか。
早く投与が必要であれば、外来で看護師が注射するなり、指導の中で実際に自己注射を行ってもらえば投与出来る訳ですし。

オススメはしませんが、医師が分からず屋な様なので。
グレーなやり方であれば、インスリンを初診日に院内処方(カルテ入力せず)→2回目の指導日に処方したことにして管理料も算定。
初診日に院内在庫からインスリン渡す→2回目の指導日にインスリンを院外処方して未使用の状態で患者さんから回収とか。


18503.Re: 在宅自己注射管理料の算定について
名前:ちさと    日付:2017/12/7(木) 19:37
>あいなさん

本当に分からず屋な医師で困ります。
しかも、初診でインスリンを1ヵ月分処方することもザラにあるので、、、
一度個別指導でも入って注意されればいいのにと思っています。

おっしゃる通り、初診で1回目の指導に使用するためにインスリンを処方することは
ありますよね。
その場合は摘要コメントを付けていらっしゃるのですか?


18504.Re: 在宅自己注射管理料の算定について
名前:あいな    日付:2017/12/8(金) 10:51
書き方が悪かった様で、すみません。診療報酬改定後、治療歴のない方に初診時処方(算定)したことはないです。
あれだけ大きく改定されたので、コメントをつけて請求しても査定されるだろうと思っていたもので。
なので初診時処方が認められるようなコメントがあるのかも分かりません。

指導のためor早急に使う必要があれば、病院負担で患者さんにお渡しするか、後日管理料算定時に併せて算定するか。
後々管理料と導入初期加算の算定も出来るので1キットを病院負担でお渡ししても赤字にはならないですし、「教育期間が終わって、しっかり使えることを確認出来た時点で管理料と併せてインスリン費用をお支払いいただきます」とでも説明すれば患者さんも納得してくれると思いますけどね。
どちらにしても、初診時の処方としてレセプト請求しないということです。(大きな声では言えないですね・・・汗)

今後個別指導を受けるまで返戻・査定され続けるか、これを機に対応を考えるか・・・。
お勤めの病院でしっかり対応策を考えてくれるといいですね。


18505.Re: 在宅自己注射管理料の算定について
名前:ちさと    日付:2017/12/8(金) 14:1
>あいなさん

ごまかしながらやっていては、事務の負担も大きいですし
今後のことを考えると、医師と話をつけないといけないですね。
色々と対応策を考えていただきありがとうございます。

18492.特養入所者のレントゲン撮影について 返信  引用 
名前:ココナッツ    日付:2017/11/28(火) 21:33
特養に併設の診療所に勤めています。配置医師が、診療所の非常勤の放射線技師に特養入所者のレントゲン撮影の指示を出しました。撮影が配置医師の不在の日となってしまった場合、撮影料、診断料、電子化加算等は算定できますでしょうか?配置医師が不在の場合は全て算定不可となりますか?



18502.Re: 特養入所者のレントゲン撮影について
名前:HIM    日付:2017/12/7(木) 13:27
私だったら、レントゲン実施日に算定を行い、コメントで「医師の指示のもと〇月〇日
レントゲン撮影のみ実施」でレセプト作成します。

当然、レントゲン撮影のみの日はレセプトの実日数は更新しません。

コメントを入れるのは、レセプトオンラインデータ的には再診料(もしくは実日数更新データ)が入っていないので、不用意な返戻を避けるためです。

18463.葉酸・ビタミンB12の査定について 返信  引用 
名前:ゴン太    日付:2017/11/6(月) 21:20
フェリチン半定量・葉酸・ビタミンB12を同一日に検査し、病名には「鉄欠乏性貧血の疑い」「葉酸欠乏症の疑い」「ビタミンB12欠乏症の疑い」を付けているのですが、葉酸とビタミンB12がA査定されました。今まで病名漏れなどで査定されることはありましたが、今回はそうではなく、しかもかなりの件数が査定されています。フェリチンとの同時算定は認められないのでしょうか?
ただ、査定レセに共通しているのが「同じ主治医」「入院時検査」なのでルーチン的に行っていると判断されての査定でしょうか?



18491.(untitled)
名前:もも    日付:2017/11/28(火) 20:45
私の勤務先でも同じ内容で葉酸が査定されました。(東京都)
その時は国保の方だったので連合会に問い合わせた所、「フェリチン・葉酸・ビタミンB12を同時に行った際、主たるものを査定します」との返答でした。点数表等には併算定不可の記載がない事は伝えたのですが、「審査会の判断で減点となっています」との回答でした。

件数が多くなかったので、医師と相談し当院は2項目のみ検査する方針に変更しました。
恐らく同様のケースではないかと思います。
ゴン太さんの所ではかなりの件数が査定されているとの事なので、まずは何故査定されているのかをきちんと確認し、必要であれば再審査にかけることをお勧めします。


18493.Re: 葉酸・ビタミンB12の査定について
名前:やぎ    日付:2017/11/30(木) 10:13
私の勤務先にも査定されるというお知らせがきました(宮城県)

鉄欠乏症貧血疑い患者に対し、フェリチン判定量と併せて
ビタミンB12と葉酸の同一日の算定は認めないとのことです。

病名・フェリチン・VB12・葉酸
の組み合わせが査定されてしまうようです。


18495.Re: 葉酸・ビタミンB12の査定について
名前:sena    日付:2017/12/4(月) 13:4
当院も以前査定されました。(鹿児島県)
その際、国保連合会から文書が届きました。
以下、転記します。
(1)鉄欠乏性貧血は小球性貧血(MCV80以下)の代表
(2)葉酸欠乏、ビタミンB12欠乏は大球性貧血(MCV100以上)の代表
フェリチン半定量・定量、ビタミンB12、葉酸を同日に行い請求される際は、同時測定の必要性、また各々の検査数値について記載してください。

以上の様だったので、当院では医師と相談の結果、同日算定は今は行っていません。
参考になれば幸いです。


18499.Re: 葉酸・ビタミンB12の査定について
名前:ゴン太    日付:2017/12/6(水) 11:17
ももさん、やぎさん、senaさん回答ありがとうございます。
先日、連合会から通知文がきました。やはり同時算定は認められないとの内容でした。

17488.処方薬の重複について 返信  引用 
名前:このえ    日付:2016/4/16(土) 22:29
いつも勉強させていただいています。

4月からの湿布の件…、説明しても分かってもらえなかったり、文句・嫌味を言われたり…と毎日つらいです…。
また、そろそろ来るだろうとは思っていましたが、月も半ばにさしかかりまた70枚ちょうだい!という患者さんも増え、さらには他院での湿布の処方を隠して他で貰ってないから湿布をちょうだい!という患者さんまで…。
(近くの大病院では1ヶ月で10Pのみの処方にしたようで湿布希望の患者さんがこちらに流れてきています…)
上級者になると、お薬手帳をクリニック・薬局ごとに分けて作成し、他では貰ってません・お薬手帳に書いてないでしょ?と工作する患者さんまで…
(本人はお薬手帳は病院ごとに分けるものだと思っていたと言っていましたが…疑っています(^_^;))

ここまでになるとお薬手帳を確認しても他院の処方が分からず、他院との湿布の重複は避けられないと思うのですが、こういった場合査定されるのでしょうか?
正直そこまで調べらんないよ!って感じなのですが…。

当院では今まで他院との処方薬の重複で減点された事例がなく、疑問に思っています。
皆様の職場でそういう査定はあるのでしょうか?
またそういう場合、後の日付で処方したほうが減点とかになるのでしょうか?
これが分かれば患者さんへの説明も具体的にお話できそうなので、ご回答よろしくお願いいたします。



18498.Re: 処方薬の重複について
名前:はは    日付:2017/12/5(火) 19:18
湿布は一処方につき70枚なので、大丈夫だとおもいます。
ひと月70枚なんて文章は見たことないですよ。そこまで徹底するものではないかと…。
同月でも月初めにきて70枚、月末で70枚でも、最悪問題はないかと思います。
問題なのは、一処方で70枚を超える場合。
家が遠いから、90日分の内服を貰いついでに湿布も90枚はだめです。
やむを得ない場合は、医師のコメントを入れてもらいましょう。

18496.4型コラーゲン7sについて 返信  引用 
名前:asako    日付:2017/12/5(火) 14:15
先月より肝機能の悪い患者様に4型コラーゲン7sの採血を実施しています。
本日査定書にて事由Aにて査定されてしまったのですが、
肝機能障害が付いている方にアルコール性肝疾患疑いでは不適切でしょう
か?
肝機能障害でなく、慢性肝炎などの方にしか出来ないのでしょうか。
宜しくお願いします。



18497.Re: 4型コラーゲン7sについて
名前:ぽち    日付:2017/12/5(火) 17:2
調べてみると、
「W型コラーゲン・7Sは肝の線維化の指標として利用される」
とあるので、慢性肝炎等の確定診断がついている方に対して行うものであると考えられます。
アルコール性肝障害が確定しているならば大丈夫だと思いますが、「疑い」では適応外ではないかと思われます。

18494.限度額 返信  引用 
名前:dora    日付:2017/12/3(日) 15:1
1割の前期高齢者医療と後期高齢者の保健証が同一月の時の限度額はありますか。
75歳に11月中旬なられるのですがレセプトに限度額記載3910円ありますがどうなんでしょう


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb