[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
大人の掲示板(レンタル版)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



31.重力戦線 返信  引用 
名前:マクガイア    日付:2009/5/1(金) 20:26
3話観る前に2話もっかい観たのでそれぞれについて二言三言
まず第2話は、大尉殿の期待通りの展開といっていいですw
61式の主砲を浴びて、マシンガンを明後日の方向に乱射しながら倒れるザクに合掌…
しかしザクバズーカって結局何発撃てるんでしょうか
白ザクが連射してるけど、バズーカって基本1発撃ったらすぐ装填なのでは…?w
で、3話ですが
冒頭でいきなりコアファイターがガウを撃ち墜とす等、戦闘シーンはインパクトがあっていいと思います
ただ死神さんの演出が1話みたいな感じに戻ってて、そのへんはちょっと微妙(?
…やっぱり自分的には2話が一番かな。



34.Re: 重力戦線
名前:大尉    日付:2009/5/7(木) 21:28
コアファイターが!w
一体何機で襲いかかったんでしょう?

でも、確かリュウさんが、コアファイターで出撃時に・・・
「もう5〜6機あれば・・・」
と、悔しがっていたので6機ぐらいで襲いかかったんでしょうか?

早く観たいですw


35.Re: 重力戦線
名前:大尉    日付:2009/5/9(土) 21:44
ミサイル1発でガウ撃墜(汗


36.一式ガウ?
名前:マクガイア    日付:2009/5/13(水) 20:27
そういえばIGLOOのガウってずいぶんワンショットライターですよねー
前作のゼーゴックの話ではコアブースターの機関砲?で墜とされてますし…
んで冒頭のあのシーンですが、あれはとりあえず
「発射したミサイルがたまたまドップ発進口から格納庫内に飛び込んで、ドップ用燃料に引火してドカン」
……と自分は脳内補完しておりますw


37.Re: 重力戦線
名前:大尉    日付:2009/5/16(土) 18:4
あの巨体を飛ばす為にすかすかの装甲なんだね、きっと

でも、コア・ファイターってあれだよね?脱出用だよね?
あそこは、フライマンタかなにかで良かったんじゃないかなあ?と思う
コア・ファイターである必然性がないよね


41.Re: 重力戦線
名前:マクガイア    日付:2009/6/10(水) 21:54
コアファイターはとりあえず「戦闘機としても優秀」だったそうで(ガウ撃墜はやりすぎだと思いますけどねw)。
地上での天下分け目の決戦なんですから、「フライマンタとドップ、両軍入り乱れての大空中戦」ってのも迫力満点でいいですよね。
………もちろん多く墜とされてるのはジオン側(殴

42.ご無沙汰しています 返信  引用 
名前:こなゆき0326    日付:2009/11/25(水) 0:55
何年もご無沙汰しているので多分覚えておられないかもしれませんが、以前「ギャラリージム」というHP を運営していた者でこなゆき0326(当時とハンドルネームは違います)。

セブンイレブンで1/400 のセブンイレブンカラーのGM とセブンイレブンカラーガンペリーを手に入れて(GM を出すために頑張りました)、ふと思い出して訪問させていただきました。

またよろしくお願いします。

P.S. 私の書いていた小説は、エンディングの構想まであったのにもう何年も手つかずな状態です。
http://plaza.rakuten.co.jp/sterile/

38.イグルー2で 返信  引用 
名前:KK    日付:2009/6/1(月) 23:34
 ガンタンクのプロトタイプ?のRTX-440がマゼラアタックを踏み潰していくシーンがありましたが、実に爽快でした。
 あれを61式戦車の後継機として量産すれば、少なくとも連邦軍は陸上戦力はGMにそれほど頼らなくても済んだのではないでしょうか?



39.Re: イグルー2で
名前:大尉    日付:2009/6/5(金) 21:44
実際に踏みつけたら一発でお釈迦になるよ
ガンタンクもどきが
キャタピラっていうのはそう言うもんです


40.Re: イグルー2で
名前:マクガイア    日付:2009/6/10(水) 21:42
ガンタンクU「ブワッ(´;ω;`)」
失礼。(w
接近戦ならMSに分がありますが、強襲型ガンタンクなら接近戦に縺れ込む前に決着ついちゃいますからねぇ。
言われてみればそんな気がしないでも無い。
それにしてもマゼラアタックは全くいいとこ無しですねw

32.MS1機稼動させるのに必要な人員数は? 返信  引用 
名前:KK    日付:2009/5/6(水) 1:13
 これまでのスレでMSの「生産数」と「稼働数」の違いについて皆さんから解答を頂き、有難うございます。その過程で新たに上記の疑問が湧いたので、書き込ませていただきます。
 MSを動かすのには、パイロットだけではなく整備担当や補給担当もいなければまともに運用出来ないのは言うまでもないのですが、果たして1機当たり何人必要なのでしょうか?とても10人程度では効かないと思いますが・・・こういう点から見ても、人的資源に乏しいジオン軍が折角生産したMSを満足に稼働出来ないのは当然で、人的資源を含む、物量に優れた(例え大戦初期に多大な損害を蒙ってもその比率はジオン軍に比べれば遥かに軽微だったでしょう)連邦軍に敗北するのは運命付けられていたのでしょう。



33.Re: MS1機稼動させるのに必要な人員数は?
名前:大尉    日付:2009/5/7(木) 21:19
さて・・・どんなもんでしょうね?

現在のアメリカ最新鋭空母『ジェラルド・R・フォード』級を参考にしてみると・・・
搭載艦載機数が、最大90機
乗員数が、4660人、内航空団が2480名だそうです

すると・・・内訳は分かりませんが・・・
パイロットが、120名前後、2交代制だと240
残りの2260人を航空機の90で割り込むと・・・
1機あたり23〜25人という計算になりますね

ちなみに『ペガサス』級強襲揚陸艦の乗員数は諸説あって・・・
128〜255名だそうです
艦橋要員や各部署の人数を適当に割り振ると・・・100名近くは要りそう・・・w
255名説を取って8機で割り込むと・・・16人前後になります

128人説は、操艦系のみ、255人説はMS系も含めてと考えると良いのかもしれませんね
128人は操艦系、残り127人をMS系とすると・・・
1機あたりの担当は、16人弱
こんな感じでは無いでしょうか?w

27.開戦初期に失われたザクの撃墜要因について 返信  引用 
名前:KK    日付:2009/4/12(日) 18:49
 マクガイア様、レス有難うございます。
 スレを改めて開戦初期のザクの撃墜原因について触れてみたいと思います。
 「ガンダムセンチュリー」によれば「接近したザクに対し連邦軍は対空機関砲で応戦したが、陸戦用の重装甲を持つザクには何の効果も無かった」と言うことです。開戦時のザクは核兵器の使用を前提に運用されていたので、後期生産タイプより装甲は厚いので、機関砲の近距離射撃に対しても充分耐ええたと考えられますし、対艦戦においてザクの機動性は圧倒的優位でしたので、ビームやミサイル攻撃に撃墜されるザクは少数だったと私は思います。それに対し、コロニー落とし作戦に従事するザクは、コロニーの補強作業や護衛に徹しなければならず、その役目上コロニーから離れるわけにもいかず、連邦軍艦隊の格好の標的に成り下がったわけです。特に作業用のザクは背面に行動時間延長用の巨大なプロペラント&冷却剤タンクを装着しなければならず、ただでさえ落ちている機動性が更に低下することとなり、結果、普通なら簡単によけられる連邦軍の長距離ビーム&ミサイルに面白いように撃墜されることになったのではないでしょうか?また、富野監督の小説では「ザクはコロニーの減速に忙殺され」とあるので、コロニー落下時に巻き添えを食ったザクも相当数に上ることは容易に想像できます。
 ですから1年戦争初期に、連邦はガトルクラスの宇宙戦闘機を開発、必要数を調達すれば、戦争は早期に終結していたのではないかと大胆な仮説を立ててみましたが、いかがでしょうか?



28.うーむ
名前:マクガイア    日付:2009/4/13(月) 21:43
成程。
1週間戦争にしろルウム戦役にしろ、連邦軍はかなりの数の艦艇を投入してたので、数隻で1機に対して一斉射撃を加えれば……と思ったんですが、いずれの戦いも艦艇よりMSの方が圧倒的に多かったそうですから(一年戦争全史「上」)接近戦においてはやはりジオン側に分があったようですね。
IGLOOでヨーツンヘイムのショボい対空機銃1基にジムが墜とされてますが見なかった事に(ぉ
ガトルクラス(もしくはそれ以上か?w)の戦闘機といえば、勿論セイバーフィッシュでしょう。
機動性だけならザクに対抗可能だったとの事ですが、いかんせん火力と配備数が足りなかったようで。


29.Re: 開戦初期に失われたザクの撃墜要因について
名前:大尉    日付:2009/4/15(水) 20:59
ガンダムセンチュリーの記述では真空のため距離感が掴めなかった!
と、書かれていますよね

つまり、至近に来た歩兵に対しての射撃を行ったと言うことでしょう
つまり、乱射、ですよね
機関砲弾がかすっただけで戦死する歩兵ですもん
狙う必要性を感じなかったでしょう
てか、そもそも迎撃したかも不明w

ところが、本当は数百メートル離れた位置のザクだった訳で・・・
しかも核武装したザク
致命傷になるほど機関砲弾は集弾出来なかったでしょう

でも、敵が装甲化されたザクだと知った後は
機関砲弾を雨霰と集弾する戦法に移行したはずです

重装甲のグラマンだって99式や97式の豆鉄砲で撃墜されています
それなりの発射速度と弾頭重量を持つ機関砲弾を集中されたら・・・
ザクが無傷ですむとは考えにくいです

つまり、ザクが装甲化された機動兵器だと分かった後は・・・
そして、核弾頭兵器が使えなくなった後は・・・
ザクにとっての受難の始まりだったでしょうね


30.何においても「見間違え」というのは命取りになりかねません
名前:KK    日付:2009/4/17(金) 0:30
 大尉様、レス有難うございます。
 そう、「ガンダムセンチュリー」には「大気の無い宇宙空間では遠近感が効かず、ザクをノーマルスーツを着用した宇宙歩兵と誤認するケースが多発した」と記載されていました。1週間戦争ではこの手の「見間違え」が多発したため迎撃に時間をとられてザクに撃破される連邦軍艦艇が多かったでしょうが、ルウム戦役以降は連邦兵もザクと歩兵の区別は徐々に認識できるようになったので適切な迎撃が可能になったと思われます。
 >核弾頭兵器が使えなくなった後は

 南極条約がザクにとっては仇となったでしょうね。核バズーカなら遠距離からでも敵艦を一撃で沈められたでしょうが、核の使用が禁止された後は、遥かに威力の劣る通常弾頭の火器で接近戦を挑まなければならなかったので、装甲の弱くなったザクは対空砲火の格好の餌食となったでしょうね。セイラさん曰く「銃撃を一箇所に受け続ければ装甲が破壊されないとも限らない」ですからね。
 さて、「見間違え」の件ですが、1年戦争末期には、ジオン側が「見間違え」により敗北を重ねる事態が続発したことは想像に難くありません。つまり、GMのSタイプ、所謂「二本差し」がアムロ用ガンダムとジオン側に誤認される自体が続発し、混乱したジオンMS隊があっさり撃破された事態が各方面で起きたことでしょう。開戦当初、MSを宇宙歩兵と連邦軍に誤認させることで勝利を得てきたジオン軍は、大戦末期には量産型のGMを「連邦の白い悪魔」と誤認することで敗北を喫すると言う、実に皮肉な結末を迎えることになったのではないでしょうか?


ページ: 1 2 3 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb