[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
●不条理日記●
「仏道をならふというは 自己をならふなり 自己をならふというは 自己を忘るるなり
自己を忘るるというは 万法に証せらるるなり 万法に証せらるるといふは
自己の心身および佗己の心身をして脱落せしむるなり」
/道元   合掌

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3835.居ても立っても居られないようなそうでもないような  
名前:LEIKO    日付:2017/4/22(土) 21:6
どうなんだおまえっていう
どうなんだろうか

動きたいけど、動くとそれじゃないって思うし
動く先が違う、これも違うあれも違う

ただ、もうそばまでそれがきてる感じだけ

だから、居ても立っても居られないのだろうか
それがわかってるから。

何もしなくてもいいのに、何かしなくてはいられない。
そんな感じだろうか

今はただ、だらりんとしてるようなしてないような
勉強だけは相変わらず焦るようにやってるけども

言霊。

禊祓い。

それが、どういうものか。

。。。。。。。
私が考えてきたこと、全部あってた。それがそうだった。そんな感じ。
途中で、違うのかなとも思ったけど、私が得てきた答えが、同じと思う。

ま。どうでもいいか。
もう、どうでもいいんだよね。
だって、私は何もしてないんだから。
全ては命が。
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3834.メモ続き  
名前:LEIKO    日付:2017/4/21(金) 21:11
イン哲の先生が、悟りとはとても簡単
というか
多分、シンプルである、と言いたかったんだと思う

悟りはシンプルだ


ただ、そのものであればいい

その、そのものであることが、イマココ


記憶がそれを困難にする。
そういうもので。

名前 内容

3833.ほぼメモ  
名前:LEIKO    日付:2017/4/21(金) 21:8
起きていること
起きつつあること

先日の大魔女との会話
「オ」記憶での会話だった。記憶とは、経験知で、判断そのもの。
イマココを記憶で判断する。

ただ、イマココを受け入れるだけのことが、こんなにも難しい。

昨今。

ああ、いま書こうとしたことが忘れられて、記憶の彼方に。
何もかもを手放したら、もう、本当に、何もない。
玉ねぎの皮を剥いて、芯にあったのは、ただ、イノチ、だった。

だから、イオチ以外に、何をかいわんや。



苦しみ>苦しませるもの=煩悩
KLISTA
苦しませるものが煩悩の正体である と ヨーガスートラで習う。
苦しませるものとは何か、といえば。それが問題。
それは、迷妄に他ならない。マインドの作り出す迷妄。
それに振り回される。それが。煩悩。振り回すもの。動き回るもの。動きそのもの。
それが、マインドの正体。ブルッティ=思考。思考とは動き回るもの。
動き回るそのものが、実に苦しみを生んでいる。それは、縁起ともいう。
それは、連続であって、動くことがその本質なので、動くことに苦しむマインドが
何かの勘違いを捨て去ることができれば、永遠の平安、解放、解脱、悟りを得ることができる。

でも、そんなことをメモしたかったんぢゃあない!

メモしたかったその物を忘れちゃったぢゃいの〜〜〜っっ的叫び。

ふ。

愚かなことよの


続く


だったりして笑
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3832.えーと〜っっ  
名前:LEIKO    日付:2017/4/16(日) 10:9
サイトの整理と
あと。。。。
4コマ漫画を載せるべく
ブログを用意ちゅう
何をどしたって感じ?
ナガーーーイブランクを経て
まんが表現にもどってまいりましたの私。
でも、漫画だけじゃないけどね。
表現は色々なんだよね。
人生が表現そのものだし。

ブログのタイトルは「週刊哲学」
描こうと思ってたテーマだし、少しだけ神様に
背中を押してもらった。
どう転ぼうと、やりたかったこと、ということが大事だな。
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3831.じーんせい楽ありゃ苦もあるさ〜  
名前:LEIKO    日付:2017/4/14(金) 21:56
ま、水戸黄門のテーマ曲ってさ、ある意味なんかシビア〜だよね
挫けると誰かが先に行っちゃうんだよ?
そいで、それが嫌なら
「さあ、歩け!!!!」っていうの。

なんじゃそりゃ〜!みたいな。

ほっとけよ、って感じしませんか。
誰が先に行こうと知ったこっちゃねいよ?
マイペースで行こうぜ!
(実際、それができなくて、周りばかり見ているから困るのよね)
むむん。

歌人が足を骨折して、またまた厄介ごとですわ。

じーんせい色々あるもんだ〜♫

サンスクリット語の宿題やらなくちゃ!
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3830.まーほんとに人生はいろいろだー  
名前:LEIKO    日付:2017/4/4(火) 20:1
という最中におります。

あとどれくらいいろいろあるのかねー
いい加減にしてくれって感じ
勘弁してくれ〜

はははは
生きてるけどね
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3829.唯識という仏教の学派  
名前:LEIKO    日付:2017/3/31(金) 16:19
「成唯識論」を学んでいるが。
先日もそのクラスで。
唯識がどう成立したかの歴史を習う。

うーむ

舞台裏を見てしまった感

ヤッパそうか....という。ね。
「トピック」主題が成立するための背景がある。
唯識という、学派が成立するための背景は、大乗仏教の成立にも関係がある。

やはり、信仰が大きな土台になって、その上に色々な部派が発生して
関係して、それでもそれらは全て、信仰の土台にある、という
当たり前っちゃあ当たり前の話を改めて知る。

信仰。
私は、仏教の信仰は無い。改めて思った。
信じきるって、そのことが私にはできない。
だから、あっちこっち頭を突っ込んでいる。
信仰があったらできないよ、こんなこと。

私が唯一頭を垂れるのは「真理」satのみ。

だから、真実にたどり着く道は何でもいい。外道でも何でもね。
というところで、唯識学派にアタックすると、なんか違うものができそう。私、何を求めてんだか。この肉体に生を受けて、肉体があること、命があること、生きることを学んでいる。
学びそのものに応えが無いように、求道には応えは無いのですね。
ただ、在ることを学ぶ、それだけなんですね。。。。。。。。

舞台裏を見ちゃったせいで、なんかヴェーダンタの教えの方が
今の私にはしっくりする感否めず。やっぱ、色々な教えを取りまとめて伝えてきただけのことは在るのかな>ヴェーダンタ。スッキリシンプルでわかりやすいよ、ヴェーダンタの方が。唯識はなんかめんどくさ〜い、ッッテいう風に感じてしまうのよ。
『漢字』(漢文)がメンドくさいからそう思ってしまうのかもしれない。
サンスクリット語原文で学ぶとちょっと違うかもしれない。。。。とは思っているが。

翻訳のせいですごくめんどくさいことになってしまった日本の仏教。







ま、そんなこんなの現世を送っていると、現世のあれこれにはまってしまい、帰る道を見つけられなく成るよ、だから帰り道を思い出すイベントをしようね、というのがインドのオリッサ地方のお祭り「ラタヤトラ」なんだね。ちゃんと、現世を卒業して帰るんだよ、というお祭り。なんかわかるようなわかんないような。
巨大な3台の山車が出る。クリシュナとバララーマとスバドラという3兄弟の。

さあ、私は卒業できるのか、そもそも卒業したいのか。
(したいよ!)
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3828.世の中わからないことばかりでありつつも  
名前:LEIKO    日付:2017/3/27(月) 12:26
先日、ジョーティシャ(インド占星術)のクラスがあり
講義を聞いて、改めて「知識」ほどわくわくするものはない!!!と
受け取り直し。

インド哲学にハマったのも、その知識の面白さがあったから。

どんなエンタテイメントよりも心を高揚させる。それが知識。

で、知識って何かっていうと、経験もそうだし、真理もそうだし、(経験=真理)科学、哲学、道理、全て。。。。

そういう枠の中にあるものを超えるのが言霊「エ」であるわけで。
でもさ、知識って面白いんだよおお〜っっ
という、心のつぶやき
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3827.もどかしさ  
名前:LEIKO    日付:2017/3/26(日) 14:0
もどかしくて、読めない…コトタマブログ

理解が追いつか位のがもどかしい

腹立たしい。悔しい、わからない!


ふと「もどかしい」ってなんだ?

もどかしい 
「も」を「どかしい」
どかすっていうな。。。どかす、どかす。。。
わからん。

うう。もどかしい。

先日の授業で、「m」音は物質音ときいた。
西洋ではそうなのか?では、大和言葉ではどうなのか。

m音

まみむめも

..............わからないです。
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3826.今日は「杵筑大社」へ  
名前:LEIKO    日付:2017/3/23(木) 21:50
唯識のクラスの前に。

武蔵境。
事前の調査が甘かったため、駅でまごまご。
そして、西武線が通っているのを知らず!あああ。西武使えば安く済んだのにい〜
貧乏なくせに詰めが甘い。

戸隠神社で引いたおみくじに「杵筑大神」を信心すべしとあったので。
東京では、ここだった。
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3825.神社巡りマイブーム  
名前:LEIKO    日付:2017/3/22(水) 23:10
というわけで、中央線沿線から、五日市線に移動した神社巡り。

しかし、帰宅してから色々情報もれに気づき、ヤダもうまた行きたくなっちゃう。
どうしてくれよう。仕事やめて貧乏なのに〜

はい。とうとうAmazon辞めた!あんな会社大嫌い。
Amazonで買い物なんかするもんか〜(たまにするけど)
知り合いのパートのおばさんと「こんな会社好きな人いません」って陰口してました。はい。
色々思うけど、私のような人間にはとことん合わないというのが最終的な理由。

効率と正確さと数字とスピードと>人間はロボットじゃ無いんだよ!
マインドの作り出すスピードに物質が追いつくわけがない。
肉体は肉体のスピードで動くんだよ!

愚痴になっちゃったわ〜あはは。辞めてよかったよ、つくづく。解放されてほんと幸せ!!!
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_3.html

名前 内容

3824.色々イロイロいろいろ  
名前:LEIKO    日付:2017/3/21(火) 23:50
ふと、意識が飛ぶ。

私は誰か、と。

私は本当に存在しているのか、と。


ここにいて、目前のものを眺めつつ、それがなんだかわからないというか。
なぜここにいるのかわからないというか。
その目線、この位置、この高さ、このいろ、この沈黙。
全てわからない。

そういうことを、静かに感じる。

ただ、静かにそれを思う。

何もない。何も持たず、何も知らず、何もいない。
ただ、在る、孤独。

それが存在の本当の姿





「神社巡り記」〜中央線〜
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_2.html

名前 内容

3823.そういえば。去年の旅の日記を今頃  
名前:LEIKO    日付:2017/3/17(金) 9:17
みたいな。

「戸隠神社」▽
http://old-spirit.at.webry.info/201703/article_1.html

名前 内容

3822.メモっす!「ヒカリ」のこと  
名前:LEIKO    日付:2017/3/17(金) 9:16
【言霊 言霊学講話・光の中には二つある】

言霊の見地から「光」について申し上げようと思います。その光を行使する、自分が自分で光の行為をするということはどういうことなのか。光の中には二つあるというようなことをお話させていただきます。

光の語源は「霊駆り」、「霊(ヒ)」は言霊のこと、ヒが走る、馬が走ることを「駆る」と申します。馬が走るように言霊が動く、頭の中でもって言霊が大活動しています。

朝起きて、歯ブラシでこっちから磨くか、あっちから磨くか、こんなことはくだらないことです、が、迷いだすとどっちがいいんだろうって。踏み出すのも左の足からか、右の足からか、というようなくだらないことを考え出しますと。

それをパッと決めてくれるのは霊駆り。言霊は日常茶飯事から総ての行動を決定付けてくれています。そのように思い込ますのも言霊でございます。動いている言霊が「霊駆り」です。

(ソレカラ、知り合いの記事)

https://www.facebook.com/lovearthanks/posts/1296522597103117?pnref=story

DNAの光ってる写真とか。つまりヒカリ。閃く時に光るとか書いてある。
それは当たり前だろ!とか思うけど、写真は興味深い。

名前 内容

3821.「権威」と「権力」  
名前:LEIKO    日付:2017/3/13(月) 19:30
小難しいことを考え中です。ごめんなさい。誰にあやまってんだ私は。

先日、入谷の哲学クラスで、洗われた感じを味わい(このクラスでは度々感じてきた>遥かなるインドの神々のブレッシング)帰り道、クラスメートと「今日のクラスはよかった...」と話しながら歩く。彼女も同じ思いを感じていたらしく、私だけの信じ込みでもないようだ。。。
なんども同じトピックが出てくるけれども、受け取るこちらが日々変化しているので、深みが違ってくる。

最近、自分の毒気に当てられていたんだけども、先生の言葉に浄化された。
しかし、帰宅するとまた黙々と毒気を吐く私。自ら吐く毒気に自ら当たって苦しむ。これこそ唯識。笑。
シヴァ神みたい(>乳海撹拌)

言霊「オ」ウマシアシカビヒコヂの神を思う。

「オ」は経験知識、過去に積み上げた罪。
禊祓いで、祓い清められる対象はこの「オ」

人は経験知識で生きている。誰も記憶の檻の中に住んでいる。
檻の中に住むことに、意識的である人は相当のレベルの人か、賢者。
今ここにいないこと。記憶の住人。
そして、記憶で世界を判断して生きている。
記憶を言霊オと言う。オは、尾であり緒である。
どこにでもぶら下がっていてどこが初めか終わりか定かでない。これを古事記では「ウマシアシカビヒコヂ」という。葦牙=アシカビというのは、葦の芽が始めも終わりもどこがどこやらわからないことに由来している。
それくらい、記憶というのはどこがどこやらわからないものなのだ。

権力を持つものは、権威を欲しがる。
先日そんなことを聞いた。
権力だけでは人心を得ない。ただ、力があるのみの者に人は従わない。
そこに権威が加わると、人は頭を下げる。
だから、権力者は権威を欲しがる。
時の為政者は、権力を得ると権威(血筋とか伝統とか位階、地位、名誉=>全部「オ」)

最近、自分が古いエネルギーと親和する性質なのを思い出した。
だから、霊古という名前を持っている。知らずに名乗ってたけども。
古いということは、それだけで権威を持っている。
そこに「威力」があるから、残る。威力がなければ時の流れの中で失われていく。
威力というのは力ではない、人がそのものに価値や信念や尊敬を置く、いわく言いがたい「威」風である。
人は権力の後に「尊敬されたい」敬われたいと思うらしく。
だから、権力の後に権威を求める。権力の中には権威がないから、権威のあるものに擦り寄る。

今まで、権威というものを大だいダーーーイッッ嫌いだった。
嫌いと思い込んでいた。
でも実は私は権威が大好きだった。
ただ、権力が嫌いで、権威を利用しようとする輩が大嫌いだったんではないか、と、はたと思いついた。
私は伝統と親和性がある。知識大好き。受け継がれ磨きのかかった洗練されたものが好きだ。
それと、権力は違う。
洗練されて残ったものの中に価値を見出す私の質と、それを利用しようとする性質は全く別のものだと思った。思ったからなんだって感じだけど。権威は自然と頭を垂れるようなものだ。それはただ一つのブラフマンしかなく。それ以外に頭を下げる必要は何もない。それに準ずるものはあるのかもしれないけど。
さあ、まとまらないぞ。
人は権威を持ちたい。威張りたい。尊敬されたい。
で、一方で、誰にも頭を下げたくない。
まとまらない。
真理かな。
真理にのみ、それは威力がある。誰も納得するもの。
それが探したいのかな。
私が親和するのは真理?


わかんねーしまとまらねー
http://old-spirit.at.webry.info/201702/article_6.html

名前 内容

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb