[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
BLEACH

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



63.性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる! 返信  引用 
名前:ジェンダークリニック    日付:2016/8/26(金) 19:58
性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる!

男の娘や女装子さん みんなが集まる情報交換サイト

自分でできるヒアルロン酸注射で男性の理想Cカップをget

女性ホルモン剤で憧れのバストへ etc・・・

遊びに来てね
http://genderclinic.jp/wp/

62.(untitled) 返信  引用 
名前:森口    日付:2014/12/30(火) 23:12
ホントのインターネット

61.JRA 返信  引用 
名前:織田    日付:2014/2/11(火) 13:31
名馬の走りには感動します
http://tokei4.seesaa.net/

60.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2010/5/22(土) 12:31
なんでお年寄りの言う事きかなあかんのかねー
魔ぢ意味布、つか自分の人生人にアドバイスできるようないいもんだったとまぢで思ってんのかね、

粕日本

57.(untitled) 返信  引用 
名前:CRISTINA    日付:2009/4/20(月) 1:49
こんにちは!
スペインのクリスティナ です。
まだ日本語はぺらぺら話せません。
ウルキオラの大ファンです。
ウルキオラは死なないですね?
悲しすぎるのです。
私は 彼が生きて 欲しい。
彼が死んだら、 読みたくても、 悲しみでもうBLEACHが読めません。T_T
誰か 返事をしてください。
私は 胸が痛くて涙が 止まらないからですよ。

51.グリムジョー×一護 返信  引用 
名前:佐藤    日付:2008/3/21(金) 1:2
「あのさ・・・、」と一護ガ言った、「なんだよ!!」「俺たち・・・付き合ってるのかな?」グリムジョーが、びっくりした、顔だった・・、「んー?どうだろうな」と、一護の顔を、見ると残念、そうな顔を、した・・・、っかっわいいと、グリムジョーわ、顔ガ、真っ赤に、なった、「一護・・・こっちに来い」一護は・・・、「何でだよ!!」グリムジョーは、一護の手を、ひっぱた、「なにするんだよ!!」グリムジョーが、「付き合ってくれ・・・」一護の、顔が、カワイ、と思った。そして・・・、グリムジョーが、一護の、顔に、近ずいて・・・、ハジメテ、・・・・の、キスだ・・・、一護の口ビルは・・・、温かく、すごく、・・・うれしい、・・・・キス



52.Re: グリムジョー×一護
名前:ゆう    日付:2008/3/21(金) 1:6
「あのさ・・・、」と一護ガ言った、「なんだよ!!」「俺たち・・・付き合ってるのかな?」グリムジョーが、びっくりした、顔だった・・、「んー?どうだろうな」と、一護の顔を、見ると残念、そうな顔を、した・・・、っかっわいいと、グリムジョーは、顔ガ、真っ赤に、なった、「一護・・・こっちに来い」一護は・・・、「何でだよ!!」グリムジョーは、一護の手を、ひっぱた、「なにするんだよ!!」グリムジョーが、「付き合ってくれ・・・」一護の、顔が、カワイイ、と思った。そして・・・、グリムジョーが、一護の、顔に、近ずいて・・・、ハジメテ、・・・・の、キスだ・・・、一護の口ビルは・・・、温かく、すごく、・・・うれしい、・・・・キスそして、
俺たち・・・、

50.(untitled) 返信  引用 
名前:麗木緒羅    日付:2007/10/28(日) 13:20
「名前を教えてくれるかい、新たなる同胞よ・・・」
藍染ができたばかりの破面に問いかける。
「・・・・トキラ・・・トキラ・ジャガージャック・・・」
「ジャガージャックうううううううう!?」
その場に居合わせた破面達も藍染も騒然とした。
トキラと名乗る破面は水色の長い髪、めじりには水色のマーク。
どう考えてもグリムジョーの何かとしかいえない。
床に座っていたグリムジョーも驚いているようだった。
「は・・・・?」
トキラができてから数時間後。トキラとグリムジョーは藍染の部屋に
呼び出された。その場にはザエルアポロもいた。
「隠し子かい?グリムジョー・・・?」
「・・・いえ・・・全く身に覚えが・・・」
「言い訳はよしたらどうだい、グリムジョー。ほら、ここにDNA鑑定の
結果があるんだ。どう考えてもこの子は君の娘としかいえないんだよ」
そういってザエルアポロは資料をグリムジョーに渡した。
確かに結果はそのとおりだった。
グリムジョーは、おそらくのわが子を横目で見やった。
「さて・・・どうしようか・・・」
「ぅ・・・・」
グリムジョーは悩んだ。
もしこの子が現世で生きてたころ本当につくっちまった自分の子供なら
育てるのが親としての義務・・・いや、でも・・・
「よし。私に秘密にしていた罰として、グリムジョー、ちゃんと育ててやってくれ。」
「ぅえええ!?マジですか!!?」
「よろしくね・・・お、お父さん・・・」
トキラがはじめてグリムジョーに口をきいた。
「・・・・お・・おぅ」
この日を境にグリムジョーは突然できた娘と同居生活を送ることになった・・・。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はじめましてえ。麗木緒羅(うるきおら)です。
コレの続きはまた今度投稿しますねえ。

48.汚れな恋、、、、 返信  引用 
名前:    日付:2006/8/24(木) 16:44
[グリムジョー、、、]
って名前なんだ、変わってるねぇ。
[るせーーよ、、]
少してれながらそう言った。
[おいっ]
[んっ?何]レオは可愛く頭をかしげた。
[お前を藍染のおりから出してやる]
[えっ本当?]
レオは藍染につかまっているのだ。理由は藍染がレオを好きだからだ、、、。
その見張りとしてグリムジョーがここにいる。
[その代わりお前の精気をよこせ]
[えっ、、どうやって、、?]
[こっちこい]
グリムジョーはさっき一護と戦ってきたからあまり元気じゃなかった。
レオがグリムジョーの方え近寄った。その時、、、、、
[んん−−−っん]
グリムジョーがレオにキスをしたのだ、、、、。
グリムジョーは、最初は精気だけの目的でキスをしていたが、レオの口に
舌をいれてきたのだ。
[、、、、っやっ、、]レオはグリムジョーを振り払った。
[はっ初めてだったのに、、、]
グリムジョーは、あらい息で、レオを押し倒した、、、



55.Re: 汚れな恋、、、、
名前:グリムジョー    日付:2008/7/25(金) 20:18
> [グリムジョー、、、]
> って名前なんだ、変わってるねぇ。
> [るせーーよ、、]
> 少してれながらそう言った。
> [おいっ]
> [んっ?何]レオは可愛く頭をかしげた。
> [お前を藍染のおりから出してやる]
> [えっ本当?]
> レオは藍染につかまっているのだ。理由は藍染がレオを好きだからだ、、、。
> その見張りとしてグリムジョーがここにいる。
> [その代わりお前の精気をよこせ]
> [えっ、、どうやって、、?]
> [こっちこい]
> グリムジョーはさっき一護と戦ってきたからあまり元気じゃなかった。
> レオがグリムジョーの方え近寄った。その時、、、、、
> [んん−−−っん]
> グリムジョーがレオにキスをしたのだ、、、、。
> グリムジョーは、最初は精気だけの目的でキスをしていたが、レオの口に
> 舌をいれてきたのだ。
> [、、、、っやっ、、]レオはグリムジョーを振り払った。
> [はっ初めてだったのに、、、]
> グリムジョーは、あらい息で、レオを押し倒した、、、
>そして、服を脱がし始めた、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
誰か続き書いてくれ

47.(untitled) 返信  引用 
名前:夏休み    日付:2006/8/1(火) 15:13
降り注ぐ夏の日差しに、目を細めながら、オレンジ色の髪をした少年が
呟く。
「・・・・・・暇だな・・・・・・。」
明らかにやる気のなさそうな声が、空に吸い込まれていった。
とそこに、黒髪の少女が現れた。
「どうした一護。何をボサッとしておる!!」
「・・・・・・ルキア・・・・・・・・・・・・ってうゎぁぁぁ!!なにすん・・・・・・」
ドカッ!!
突然、一護の顔にルキアの足が飛んできた。
「てめぇ!!どういうつもりだ!!」
「・・・・・・。」
ルキアは何も答えない。
「てめぇ!!なんとか言いやがれこの・・・・・・」
「特訓だ。ついて来い。」
「・・・・・・あ・・・・・・?」
「貴様、暇なのだろう?ちょうど、私も特訓をしたかったところだ。」
「待て!!勝手に話を進めんな・・・・・・」
バキ!!
一護のみぞおちに、蹴りがはいった。
「うぐぁ・・・・・・!!て・・・てめぇ・・・・・・!!!」
しゃがみこむ一護にルキアがいう。
「情けないぞ、一護。夏休みだからといって、気を抜くなよ。
 それではいざ敵が現れても、やられてしまうぞ。」
「ゎ、わーってるよ!そんなこと!!」
「では、ついて来い。早くしろ、それとも、二人でいる姿を誰かに
 見られたいのか??」
「て・・・てめぇ・・・・・・!!」
ルキアに脅され(?)、反論できない自分にいらだちを覚える一護で
あった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

46.なっ・・・・・ 返信  引用 
名前:るきあ    日付:2006/7/29(土) 10:35
一護「助けにきてやったぜ、ルキア」
ルキア「礼など言わぬぞ・・・・莫迦者・・・・・・
    っていうかさっさと帰れ莫迦者!!!」
一護はあ然としている。
一護「なんだテメー!!せっかく助けに来てやったのに!!!」
ルキア「莫迦者!助けに来いとは言っておらぬわ!!」
激しいいい合いの中、恋次は叫んだ。
恋次「残念だったな一護!!ルキアは俺が好きなんだよ」
一護「あぁ!?なんだと??!!ルキアは俺のモンだ!!」
恋次「うるせぇよ!おめぇ見事にふられてたじゃねぇか!!」
ルキア「私はどちらも好きではない!!ていうか餓鬼か貴様ら!!」
一&恋「そっ・・・そんなぁ・・・・・・・・・」
ルキア「さっさと現世に帰れ!!殴るぞ!!」
一護「。。。。。。。。(がーン)。。。。。。」
恋次「。。。。。。。。(がーン)。。。。。。」
ルキアにふられ、ショックを受ける一護達であった・・・・・。

45.闇の腕 返信  引用 
名前:ウルキオラ。    日付:2006/7/14(金) 2:15
[何だ、護衛は二人か。]
現世へ戻ろうとしていた織姫の前にウルキオラが立っていた、、。
ウルキオラは織姫に近づいてきた。
織姫を守ろうと護衛の二人が前に出たが、一瞬で倒されたのだ。
[弧天斬盾っーーー、、]
織姫は、二人の傷をなおす
[ほう、大した力だ。]
織姫はウルキオラをにらんだ、、、、。しかしーー、、
[オレと、来い女]
[??−−、、なっー、、]
[何も語るな、何も問うな。]
そして一護達の映像を見せられしゃべれば、仲間を殺すとーーー、、
[藍染様はお前のその力をお望みだ。]
[ーーー、、、っ]
[もう一度だけ言うーーーー、、]
[オレと来い女]
、、、、しかし動かない織姫を見てウルキオラはーー、、
ぐぃっっ織姫をひきよせ、首本にキスをした、、、、。
[あっ、、、−−−っ]
[お前がさっさっと来ないからだ。]
ウルキオラは、そういうと服を脱がし始めた。
[あっ、、、、やっやだっ、、]
ちゅっーーー、、、、
織姫の胸にはキスマークが、、、首にも、、[女、、、。]
[っ、、やっ、、]
くいっ、、[あっーーーー、、ひゃっーー、、]
何?今の声?、、。
[いやとは言っているが体はオレのコトがすきみたいだな]
そう言うと手を腰にまわし、織姫のあごを上に上げ、、、、、
口付けをした、、、、
織姫は気を失いウルキオラに抱かれ、、、闇へと消えていった、、、、、。
[この女にもっと触れたい、、、、。]
ウルキオラはただそう思った、、、、、、。



 



54.Re: 闇の腕
名前:グリムジョー    日付:2008/7/25(金) 19:47
ヘッ、ウルキオラがねぇ・・・

44.闇の腕 返信  引用 
名前:ウルキオラ。    日付:2006/7/14(金) 0:56
、、、、。


ページ: 1 2 3 4 5 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb