[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
A−ZAPの独り言地獄

[ EZBBS.NET | DoChat.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&Vodafone(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



音楽から得る元気 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/5/18(火) 23:44
俺が一番好きな音楽は、ゲームミュージックです。
これはもう、俺の中では不動でしょうね。
とはいえ、他の音楽ももちろん聴くわけですよ。というか、よく聴きます。
だいたい、執筆活動中はゲームミュージックで、
通勤中はボーカル曲(ゲーム,アニソン,歌謡曲など)というのが定番になりつつあります。
自分は音痴ですがカラオケ好きなので
執筆中にボーカル曲を聴くと、一緒に歌い出して執筆に集中できなくなるので(笑)

自分がよく聴くボーカル曲には、三通りのパターンがあります。
一つは、ライター時代にサンプルとして貰ったCD(笑)
いやぁ、これが結構な数なのですよ。
なのでこのパターンだと必然的にゲームとアニメ、あるいは声優さんの曲が中心になります。
二つ目は、アニメなどの主題歌を歌われていたアーティストの曲。
知るきっかけがアニメであるだけで、聴く曲はアルバムの曲がほとんどです。
このパターンで好きになったアーティストは
「ドラゴンボール」「聖闘士星矢」から「景山ヒロノブ」
「ボーグマン」から「アースシェイカー」と「SHOWYA」
(SHOWYAはHIPSという限定ユニットから派生して、ですね)
「きまぐれオレンジロード」から「和田加奈子」
「デジモンアドベンチャー」から「和田光司」
「横山光輝の三国志」から「フェンス・オブ・ディフェンス」などなど・・・
うーむ、マイナーすぎる(笑)
個人的に、主題歌をタイアップとしか考えないような使われ方は嫌いなのですが
みごとにタイアップに引っかかる俺もどーかと(笑)

で、最後の三番目は「元気が出る曲」です。
どのパターンで知るにしても、基本的には歌詞が前向きな曲が好きなんです。
今・・・というか昔からだけど
歌謡曲(J−POPS全般ね)って、恋愛関係の歌が多いですよね。
自分は恋愛関係のも聴きますけど、重要なのはそこよりも
聴いて元気になれる曲、なんですよ。
今時代は「癒し系」ですが
自分は古い人間なので(苦笑)、癒し系も良いんですが
熱いのが好きなんですよ。
もう、臭いってほど熱いのがね。
ええ、「3年B組金八先生」とか「スチュワーデス物語」とか「スクールウォーズ」を見て育った世代ですから(笑)
だからか、曲も「がんばれ」って言って貰えるようなのが好きなんです。
このカテゴリーに当てはめて好きになったアーティストが
「BUMP OF CHICKEN」と「永井真理子」です。
バンプはあるきっかけで知ってから、もうカラオケで歌いまくりですよ(笑)。
でも難しいんですよねぇ、バンプの曲は(涙)

そして今、「永井真理子」のアルバムを聴きながらこれを書いています。
実は永井真理子は好きだったにもかかわらず、アルバムを持っていませんでした。
持っていたのは、友達からダビングして貰ったカセットテープのみ。
媒体がカセットテープだったので、段々と聴く機会が減っていたのですが
先日、ふとなにげに思い出してCDをレンタルしてきました。
そして・・・もうテンション上がりっぱなしです今(笑)
やっぱいいわぁ。元気出るよこの人の曲は。
同世代の人なら名前くらいは知ってるかな?
「YAWARA」の主題歌「ミラクルガール」や、「ハートをWASH」「ZUUTO」などが代表曲かな?
メジャー歌手でしたけど、あまりテレビとかには出なかった人でしたし、
今は確か、結婚されて引退して、海外で生活されているので
若い人は知らない人多いだろうなぁ。
聴いたことがない人は是非レンタルでもして聴いてみて下さいな。
俺は後日中古を漁りに行きます(笑)



続き
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/5/18(火) 23:45
今は癒し系がもてはやされてますし、実際自分も癒されたいって思うことも多々ありますが
このひねくれた俺様は、どーもこの癒し系ブームを
「努力も無しに、安易に安らぎを得たいだけなんじゃねーの?」って見てしまうこともあるんですよ(汗)
仕事や勉学で闘って戦って、そして疲れた時にふと癒される、ならいいんですけど
努力することを嫌う人程、ちょっとしたことで「癒されたぁい」とか言ってそうで・・・
ええ、かなり世間を斜めに見てますよ俺は(苦笑)。
とりあえずなんか、今の癒し系ブームって好きになれないのは確かなんですよ。
まず動けよ、と。
島本和彦ばりに思うわけですよ(笑)
まあ、鬱病や引きこもりが社会問題としてクローズアップされている今の社会には
確かに「癒し」って重要なんだと思うんだけど
(そもそも、俺世代に流行った熱血のしっぺ返しみたいな所もあるしね)
受け身ばかりでなく、自分から頑張ろうって気持ちもちゃんと持たないと、とも思うんですよ。
・・・とか書いてますけど、俺も言う程能動的ではないですよ(汗)
だからこそ、音楽からエールを貰ってがんばらなきゃってテンションを上げるんです。
こういうやり方が古くさいのかな?今では。
まあ、がんばれがんばれで今までを耐えてきた人が多いだろうしねぇ。
そういう人達には確かに癒しは必要か。
でも頑張ってないやつほど癒しを求めたり(以下エンドレス)

とにかく、自分は癒されるよりはエールが欲しいタイプの人間です。
・・・つーか誰も癒してはくれないと諦めてる部分も多々ありますがね(苦笑)。
・・・というか、「エール」という「癒し」を貰っているのかな?俺は
単純に、今の「癒し系」が受け身的なイメージが(俺の中で)高いだけで
エールも立派な癒しだわな。
なんつーか、古い上に固い人間は時代に取り残されるわけですよ(笑)。
地球の重力に魂を引かれまくってます(笑)
なので俺は時代と逆行しようとも、エールを得られる曲を聴きながら頑張りたいです。
地球に魂を引かれているなら、これ以上重力に負けないように踏ん張るだけですよ。
不器用なやり方だけど、これが俺には似合ってるみたいだ。

余談ですが、
さりげに最近知った曲に「O.T.O.H.A ROCKS!!」という、
タレントの乙葉さんが歌われている曲があるのですが、
彼女自身は癒し系タレントなのに、この曲はエール系ですね。
声優としては破壊的にダメダメでしたがこの曲はかなり気に入っています。
癒し系タレントのエールって、反則だな(笑)
タレントとしての乙葉さんは好きでも嫌いでもないですが
この曲には惚れました。声もいいかんじかな。
ただなぁ・・・さすがに彼女のアルバムを買ったり借りたりする勇気が俺になくてなぁ(笑)


名曲とは如何なる物なのか
名前:    日付:2004/5/21(金) 16:42
音楽の話題と言う事でうっかり飛びついてしまいました(何)
これでも現役吹奏楽部の薙です。

ゲームミュージックは僕も好きですね。
時折、曲練そっちのけで吹いてたりしてます(練習しろ)
学校へ自転車でいく時、休日の部活の日だったら大抵聞いてます。
前まではロマサガとか、イトケン氏の曲オンリーでしたが、
最近はグラディウスのサントラを聞く事が多くなってきました。
PSOで周回をしてて、森とかの音楽に飽きてきたらTVの音量0にして「グラディウスアーケードサウンドトラックDISC1さいせーい」なんて行為が続出です(笑)
ですが、ゲームとしてのジャンルは全然違うのに、不思議と違和感が無いんです。
だから、周回と言うよりは曲に全然飽きない。そして赤のパルチザンを入手(笑)

グラディウスの曲は、一つのステージの曲の長さが結構短いんですね。
ですから、一周する度に曲がすぐ変わるんです。
ゲームのみならず長い曲だと、聞いてて少しだるくなってしまうのですが(それが吹奏楽部員の言葉か)
結構昔のゲームだと、「短くてインパクトが強い曲」と言うのが多いんですよ。
だから記憶の中に強く残っている。思い出そうとすれば、鼻歌で歌う事も出来る。
グラディウスやサガシリーズの曲は、それの典型と言っても良いぐらいです。

でも、最近はそういう曲が物凄く少ないような気がします。
やたらと長い曲。鼻歌で歌えません・・・
長すぎて覚えれないですし、覚えたところで歌う体力が持ちません(爆)
何と言いますか、ゲームの能力に音楽が追い着いていない、そんな印象を受けます。
元々、ゲームミュージックはゲームの演出としてとても重要な要素だった筈です。
しかし、最近はそうじゃない。
話題作の発売前の情報を見ても、音楽に付いての話題が殆ど載ってないんです。
載ってたとしても、「オープニングを超有名ボーカリストが歌う」とか、そのぐらいの様な気が。
「オープニングとか歌手とかはいいからもっとゲーム中の曲の話聞かせろ」なんて、かなり斜に構えたツッコミをしながら記事を見たりしてます(ヲイ)

批判をしている訳じゃないです。
「音楽」としては本当に素晴らしい物があるんです。
けれど、プレイヤーがもっと注目する部分もしっかり見て欲しい。
人の心に強く残される「ゲームミュージックとしての音楽」を、昔の様に次々と生み出して欲しい。
そんな想いを日頃持ち続けている薙でした。

ちなみに、僕が今まで聞いた中で最も好きな曲は、
FC版グラディウスUの「Barning Heat」です。
もう10年以上も聞いていないのですが、今でも鼻歌歌えます。

文字屋の岐路にある映画 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/3/13(土) 0:3
1年半前になるかな
この日記で「耳をすませば」のTV放送をした時に
この映画が自分にとって大切な映画だ、みたいな事を書きました。
そして今日、またTVで「耳をすませば」を放映していました。
もちろん見ましたよ。
そして、泣きました。
この映画は泣くような映画ではないし、
メインは中学生の女の子が自分の進路と恋に悩む淡い話で
むしろ、かなぁり甘々な恋の話という印象が強いアニメ映画です。
ですが自分にとって、この映画はヒロイン雫に自分を重ね、泣いてしまう映画なんですよね。
そしていつも、この映画を見る時はなぜか自分にとって人生の節目になるであろうという時になっているんです。

自分は昔、フリーライターをしていました。
そして脚本も書いていました。
ただし、ゴーストで。
詳しい事は下に当時の日記を晒しておきますので割愛しますが
今は趣味として小説を書いています。
しかし、趣味のままでは納得出来なくなっているんですよね。
あの頃の自分より幾ばくかは成長しているのを実感しているだけに、
あの頃に、今の実力があればと思ってしまう自分がいたりして・・・
未練たらしいですよね、自分でもよく判っています。
だからこそ、そんな自分に活を入れる為にも、今ある事に挑戦しています。
本当は、きちんと応募してから皆さんに走らせようと思ったのですが
ちょうど今日、その「挑戦」を執筆しながら自分にとっての応援歌ともなっている「耳をすませば」を見たので
こうして書いています。

実は今、雑誌に投稿する為にオリジナルの小説を書いています。
ここまで培った自分の力を、ガツンと評価して貰う為に。
正直自分でも、大賞を取れるとは思ってません。
むしろ、一次選考すら通過しないでしょう。
でもそれはそれで、「お前はこの程度だったんだ」って、きちんと評価して欲しいんですよね。
なにより、投稿する為に執筆し、きちんと投稿する、という過程をきちんと経過する事に意義があると思っています。
・・・まあ、〆切に間に合いそうにないので、短編部門への投稿なんですが(苦笑)。
選考後はサイトで紹介出来るし、とかこそくな事も考えているので
その決意もどーなんだと言いたいですけどね(苦笑)。
しかしそれでも、自分の中では「挑戦」に変わりないので
今その執筆に奮起しております。
(ちなみに、4月のPSOオンリーに参加するかを悩んでいたのは
実はこの投稿〆切がオンリーの前日だったからなんです)

そんな今、また「耳をすませば」を見る事になるとは
自分でも驚いています。
自分が文字屋をやっていく上で、この映画は欠かせないものになっていますね。
偶然にしても、ちょっと出来すぎなほどこの映画を、文字屋として自分が悩んでいる時に見る機会があるのは
この映画に応援されているような気になってしまいます。
勝手な思いこみだとしても、それで自分が元気になれるなら、まあいいですよね?

「頑張りましたね、あなたは素敵です」
毎回泣いてしまうシーンの、老人の台詞。
進路に悩み恋に悩み、一つの話を書き上げた雫がすぐに老人に小説を見せに来て、
そして読み終えた老人が雫に優しく語りかけるシーン。
今これを書きながら、また目が潤んできた俺・・・ほんと駄目だなぁ。
それだけ好きなシーンで、そして元気づけられるシーンです。
俺も何時か、誰かにこう言って欲しいんだろうけど
言って貰えるようになるには、まだまだかな。
ともかく今書いているのを書き上げないと。
もう中年って呼ばれる歳になってるのに、夢を追い続けるのは世間的に見てダメダメなんだろうけど
文字屋のプライドを矛と盾に、執筆中のこの作品は書き上げないと。

「頑張りましたね、あなたは素敵です」
たぶんこう言われるのは、本当に自分がやり遂げたと思えた時に、自分から自分へ言う事になるんだろうな
その日が来るまで、頑張るか。

余談ですが
投稿〆切は奇しくも、自分の誕生日でもあるんです。
この偶然があったので、投稿先をそこに定めた経緯があるんですが
ある意味偶然に支えられた文字屋人生だなぁ



2002年7月19日の日記
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/3/13(土) 0:7
以下、上記の日記の為に
過去の日記を再度掲載


(日記タイトル:耳をすませば)

1995年の作品で、この映画が上映された当時は、
ちょうど脚本家としてデビューしたばかりの頃で
この映画にかなり感化されました。
脚本と小説では、実は雲泥の差がある事をだいぶ後で思い知る事になるんですが
当時は同じ物書きとして、主人公雫と自分を重ねて
これからの脚本家としての自分に自信と期待を持っていました。

しかし、その2年後
俺は初めて自分の本名でドラマCDのスタッフクレジットに名前が載った
そして、それが結局最後の作品になった。
そのドラマで、俺は大失態をした。
・・・つまらない脚本しか書けなかった。
プロデューサーにつまらないとダメ出しされた。
そして、信用を失った。
自分の自信の期待も失った。
脚本家としてこれからどうすればいいのか、悩んでいた。
そんな時に・・・また耳をすませばを見ていた。
テレビで放送されていたのか、ビデオを見ていたのか、よく覚えてないんだけど
雫のがんばりに励まされた。
自信も期待ももう失っていたけど、がんばろうと思った。

結局、俺は脚本家として再び信用を得る事は出来なかった。
ずっとゴーストだった。
でも、俺はいつの間にか自信を取りもどしていた。
誰も認めてくれなくても、俺は自分の脚本を面白いと思えていた。
そして大失態をした最初で最後のドラマCDも
今聞くと、自分では面白いと思える。
仕事としてとても成功していたとは言えないけど
でも俺は、脚本家だったんだと胸を張って言える。
誰も認めてくれなくても。

そして今、小説を趣味で書く自分が
また耳をすませばを見ている。
そして過去、号泣したシーンでまた泣いた。
雫が小説を書き上げ、老人から感想を言い渡されるシーン。
普通は泣けるシーンではないのかも知れない。
でも、自分にとってこのシーンは一番雫と自分を重ねてしまうシーン。
そして、がんばろうと決心できるシーン。
誰も認めてくれなかったけど、
俺は俺の心の中の、あの老人に認めて貰っていたのかも知れない。
もう脚本家ではないし、小説は趣味で書いているもの。
だけど、そんな自分を誇らしく思って良いんだと、また気づかせてくれた。
物書きを続けていこう。
雫の決心。物書きになったばかりの俺の気持ち。
それをまた思い出しながら。

次に俺が耳をすませばを見る時は、どんな岐路に立っているのだろうか?
その時にも、その時までも、
物書きの決心を忘れないでいられるようがんばろう。

やっぱりラジオが好き 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/3/8(月) 20:31
そーとー長い事使い続けていたコンポが壊れた。
まあ元々CDプレーヤーがとっくに壊れていたので
ほとんどスピーカーアンプとラジオとそのラジオの録音にしか使っていなかった訳だが
ラジオを録音していたカセットデッキ部分が逝った・・・。
これが結構困りもの。
前は深夜ラジオをリアルタイムで聞いていたのですが
今は生活リズムが規則正しくなってしまったので
深夜ラジオはずっと録音して、それを通勤途中に聞いていたりしてたんですけど
これが出来なくなった。

つーわけで、修理に出したいんだが・・・コンポが古すぎるので
修理するなら買い換えた方が安くなりそうなんだよね。
それにどうせなら、いいかげんMDも欲しいし・・・
なので、しばらくはコンポはこのままで
安くてタイマー録音機能が付いているのを買ってしまおうと、今日買ってきました。
・・・これが失敗だった。
機能は申し分ないラジカセなんだが、カセット部分にリバース(反対方向に切り替わる機能)がない。
自分が毎週聞いている深夜ラジオは、2時間の番組。
120分(片面60分)のテープでは、番組半分しか録音出来ないよ・・・
ちゃんと買う前に確認しろよな・・・俺の1万円・・・
つーわけで、深夜1時に寝ていた俺は、
1時間録音の為に起きて、カセットをひっくり返してから寝る事になりそうだ(涙)
速くお金貯めて、新しいコンポ買お・・・

そーいや、そもそも俺がラジオを聞くようになったのは、小学生の頃からだったなぁ。
何時だったかはハッキリ覚えていないんだけど
学研の付録に付いていた「一石トランジスタラジオ(磁石を使って受信するラジオ)」を組み立ててからかな?
当時は確か、明石家さんまやら所ジョージやらのラジオ番組を聞いてて、
偶然声優の矢尾一樹さんの番組を知り、アニメ系のラジオ番組(当時はアニラジなんて言葉なんて無かったよ)とか聞いたりとか。
高校受験もラジオ番組とか聞きながら勉強したり
高校生になってからも「ナムコが提供」というだけの理由で「ラジオはアメリカン」を聞き始めたり
そのすぐ後に放送していたレモンエンジェルのラジオ番組(番組名忘れた)とか聞いてたりしたなぁ。
それくらい昔から、ラジオ番組が好きだったんだよね。

そんな俺だったから、取材という名目でラジオ番組の内側を見られるようになったのは嬉しかったよ。
それだけに止まらず、まさかラジオ番組の制作に関わる事になったりするまでになるとはね・・・
さらに、民放ラジオではないにせよ、自分がDJ(ディスクジョッキー)になって番組を持ったりもしたし・・・
あの頃が俺という一人の人間の、人生のピークだったな(笑)。



続き
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/3/8(月) 20:33
そんなこんなで、今現在はアニラジは聞かなくなったんですが
(アニラジと仕事で絡まなくなったら聞かなくなっていったな・・・)
「伊集院光の深夜の馬鹿力」「コサキンDEワォ」「さまぁ〜ずの逆にアレかよ」といったのを聞いてます。
アニラジも聞きたいんだけどね、なんか若い女の子がわーきゃー騒ぐラジオが聴けなくなってる自分がいてね(汗)
本当は聞きたいラジオもあるんだけど
コサキンの裏で聞けない「ポリケロかしまし」とか
さまぁ〜ずの裏の「ノン子とのび太のアニメスクランブル」とか
昔はずっと聞いていただけに、聞きたいんだけどね・・・
オススメのラジオ番組あったら、ジャンルを問わず教えて欲しいな。

ちなみに、今これを書きながら
10年前に録音したラジオ番組を聞いています。
偶然発掘して自分でも驚いてます。すげぇ懐かしい。
ちなみに録音されていたのは「佐竹雅昭の覇王塾(アシスタントが林原めぐみさん)」と
10年前の「ノン子とのび太のアニメスクランブル」
懐かしすぎ・・・そもそも講談社が「覇王」というゲーム情報雑誌を出していたのを覚えてる?
そーなんだよなぁ・・・あの頃は仕事が沢山あったんだよなぁ・・・ビバ、バブル(笑)
しかも覇王塾の番組で、PCエンジンのソフト紹介とかされてたり
これがたまたまイベントの録音放送で、國府田マリ子さんがゲストに来ていたんだけど
「合い言葉は、Bee!」とか言ってるし・・・ホント懐かしいなぁ。
ツインビーもときメモも、ラジオ聞いてたなぁ。
林原さんの「東京ブギーナイト」とかも聞いてたなぁ。
ブギーナイトはまだ続いてるんだよね、たしか600回を迎えられたとか。
12年ですよ、12年。よく続くなぁ。ジオンですら後10年しか戦えないのに(謎)
ゲムドラも5年半と、結構長かったけど・・・12年は続けたかったなぁ(笑)。
なんて、この手の話をし始めるとキリがないのでやめとくか。

最近はインターネットラジオとか、ラジオ番組も様変わりしたりあれこれと試行錯誤してるけど
変わらないでいて欲しい部分は、残して欲しいな。
欲を言えば、また番組の制作側もやってみたいけど・・・
今の世の中、色々と自分で出来る時代だし、
機材とかそろえて、インターネットを通じて、サイトのように番組とか開けないかね?
そういうのが手軽に出来るようになったら、是非やりたいね。
あと10年後・・・40歳にはやっていたいなぁ・・・って、
40にもなったら、そんな暇無い以前に、そんなことしてる歳じゃないか。
・・・まぁ今30の俺がこんな日記書いている時点で、駄目って感じもあるんだけどさ(汗)


理由追加
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/3/8(月) 21:10
最近のアニラジが聞けない理由がもう1つあった。
・・・ボーイズラブ系が駄目なんよ(汗)
トーク部分はむしろ聞きたい(男性声優さんのトークは面白いし)んだけど
ドラマが入るとね・・・
聞きたい番組があっても、前後にこれがあると録音も出来ない状況になるんで
それを理由にしちゃってるのもあるなぁと、
改めて文化放送のタイムテーブル見ながら思い出した。


Re: やっぱりラジオが好き
名前:通りすがり。    日付:2004/3/11(木) 19:41
パソコンに余裕があるならパソコンでエアチェック(死語)するのも
手ですよ。ハードディスクにとってMP3にしてCD−Rに焼いてMP3が
聞けるディスクマンあたりででも聞くということを私はやっています。
長時間OK、CD−RWでも使えば書き換えも出来ますし。
けっこうべんりですよん。試してみてはいかが?

20年前のテレビ 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/2/6(金) 16:7
今日、引っ越しの準備として
タンスの中身を全部出して、来ていた母と一緒に段ボールに詰めていました。
引っ越すと言っても、俺がまた引っ越す訳ではなく
タンスだけ、兄の家に持って行くだけなんですけどね。
実は今自分が住んでいる家は実家なんですが、
しかし両親は住み込みの仕事をしており実家にはいない為、
「実家に一人暮らし」という、なんだか妙な状況になっています。
そういう状況の中、先日兄夫婦が家を建て増した。しかも二世帯住宅。
だらしなく稼ぎが無い弟とは違い、兄は家建てやがりましたよ。
ということで、兄の家にある両親の部屋に
両親の物を全部運び込むことになったんです。
つーわけで、実家である俺の住んでいる家からも色々と運び込んでいるんですが、
タンスだけはでかすぎて、引っ越し業者に頼むことになってました。
その日取りが決まったので、中身だけを先に詰めようと今日やっていたのです。

今の人はやっているか知りませんが、
タンスに服をしまう時、下に新聞紙を敷いていたんですよ。
(湿気を取る生活の知恵ですね。今はあまり敷く人いないらしいんですが)
その新聞紙・・・1984年2月8日(水)のものでした。
20年前(誤差2日)の新聞。思わず見入ってしまいました(笑)。
さすがに母がいる手前、読みふけって日が暮れることは許されなかったのですが
テレビ欄だけ捨てずにとっときました。
ええ、この日記を書くネタになるだろうと思って(笑)。

そんな20年前のテレビ欄でネタになりそうなのをいくつか。
まず目を引くのは、この年「冬季サラエボオリンピック」が開かれていたようです。
午後10時15分からNHKで開会式の放送があったみたい。
朝からざっと見てみると
朝7時30分にフジテレビで「てんとう虫の歌」の再放送が。
・・・知らないだろうなぁみんな(笑)
その後8時からは「ひらけ!ポンキッキ」やってますね。
今はタイトル変わってますが(ポンキッキーズ21)、息の長い番組だよなぁ。
反面、この頃にはもう「ピンポンパン」は終わってたっけ・・・って印象も。
またこの裏ではテレ東で「ドンチャック物語」の再放送とかやってるなぁ。
9時30分にはテレ朝で「百万円クイズハンター」やってます。
これ、もう学校を病欠した時とか見るの楽しみだったなぁ(笑)。
ゴールデンハンマーとか、今でも通じるもんねぇ。
たぶん番組は見ていないけどって人も多そうだ。
・・・つーか、20年前だと生まれていない閲覧者の方もいらっしゃるんでしょうな(汗)。
そして昼12時、もちろん「笑っていいとも!」は放送してますね。
テレビ欄には「スゴイですねえ!昼下がりの相談室」って書いてあるけど・・・
どんな内容だか忘れてるなぁ・・・タイトルからして所ジョージ?そもそもレギュラーだったっけ?
この笑っていいともの裏に、TBSでは「スーパーダイスQ」やってますね。
なつかしぃ・・・ルールもう忘れたけど(笑)。
昼1時のフジテレビが「母の復讐」って昼ドラになってる。
20年前だと「ごきげんよう」も、その前番の「いただきます」もやってなかったっけ。
なんかそーとー長いことやってる印象あったけどねぇ。
それより気になったのはその裏。テレ朝の「西城秀樹ヒット曲集!」
秀樹感激!な番組やってたんだなぁ(笑)
懐かしさとは関係ないけど、昼2時テレ東で「不思議な村・SF超能力の村」って映画が・・・
はげしくB級の臭いが・・・見たい(笑)
3時にはTBSで「3時にあいましょう」フジで「3時のあなた」が・・・あったねぇ、この番組。



続き
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/2/6(金) 16:8
そして4時・・・ここから熱くなります。
まずフジが4時に「アルプスの少女ハイジ」4時30分に「ムテキング」
テレ朝は4時25分に「怪物くん」5時に「キャンディキャンディ」5時30分に「太陽戦隊サンバルカン」
日テレは5時に「鉄人28号」5時30分に「ベルサイユのばら」6時に「ウルトラマンA」
テレ東は6時30分に「タイガーマスク」と
もうね、アニメ,特撮の再放送パレード。
子供だった俺にとって、夢の時間だったよな(笑)。
今は、これだけ再放送とかしないよねぇ・・・
正直、俺でも世代から外れるような古いアニメや特撮も多数あるけど
こういったのにも詳しいのは、この再放送時間枠があって、よく見ていたからだったんだよなぁ。
上記の中で言えば、「ウルトラマンA」とか「ベルサイユのばら」とかなんかがそうだね。
「ルパン三世」なんか、再放送で全部見た口だったからなぁ・・・
ちなみにまだ「夕やけニャンニャン」は放送していないけど、たしかこの後しばらくたってから放送始めたような。
そして7時。ゴールデンタイムだけにここも熱いね。
フジの7時「Drスランプ」と7時30分の「うる星やつら」はもう、不動の人気番組でしたねぇ。
でもね、当時「うる星やつら」は両親がハレンチ(死語)だからって見せてくれなかった思い出が・・・(笑)
(余談ですが、「うる星やつら」をATOKは一発変換した・・・さすがだ/笑)
その裏はテレ東の「リトル・エル・シドの冒険」と「香港カンフー・ドラゴン少林寺」を・・・今、今激しく見たい(笑)
テレ朝は「霊感ヤマカン第六感」って番組が。
タイトルは覚えてる。番組内容もうっすら覚えてる・・・
Drスランプの裏なのに、なんで覚えがあるんだろ?
面白いのが7時30分からのテレ朝「水曜スペシャル 警視庁潜入24時!!」かな?
やってたんだねぇ、20年前から。
水曜スペシャルといえば、やっぱ「川口弘探検隊」だけどね(笑)
8時からTBSで「わくわく動物ランド」が。なつかしー!俺この番組大好きだったんだよなぁ。
面白いのが番組紹介「愉快なトカゲ大集合。エリマキに負けるな!」ってある。
そーか、この頃だよね、エリマキトカゲが流行ってたの。
あのブームは「車のCMで火がついた」って言われてけど
それよりも前に、この番組で紹介したのがきっかけだったんだよね本当は。
・・・あれ?エリマキトカゲを登場させた車のCMって、なんの車だったっけかなぁ・・・
夜9時はテレ朝で「欽ちゃんのどこまでやるの!」が。これもまた懐かしいねぇ。
この頃は確か、月曜日に「欽ドン」金曜日に「欽ちゃんの週刊金曜日(だっけ?)」と、まさに欽ちゃんブームまっしぐらの時代か。
俺は「黒子とグレ子(小堺&関根)」が一番好きだったなぁ・・・。
こんなとこかな?あとは深夜番組がだいたい2時ぐらいには終わっているのが、今とまた違うところかなぁ。

なんかざっと書いただけだけど・・・懐かしいねぇ。
同世代にしか共感は得られそうにないけど
このころに戻って、また一通りテレビ見てみたいな。
アニメとかはDVDとか出てますけど、TV番組なんかはもう残ってないからねぇ。
衛生やケーブルで専門チャンネルが増えてきた今だと
夕方の再放送オンパレードのような、子供が気軽に色々と見られる環境が
今無いのはちょっと寂しいかな。
って、子供じゃない俺が言うのも何だが(笑)
まあTVばかりってのも問題あるか?
その変わりゲームばっかになるのも問題だが(笑)
つーか、当時の俺・・・友達いなかったのか?(汗)
子供は元気に外で遊びましょうね。
新しいポケモンもあることだし・・・外である必要性がねーな(笑)

同人は難しい 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/1/26(月) 20:55
最近「メッセンジャー」というツールソフトを導入しました。
ご存じの方も多いと思いますが、
これはようするに、同じツールを持つ人とチャットをしたりファイルのやりとりをしたりする物で
これを使って最近チャットなんかをする事が多くなりました。
・・・いやま、サイトに設置したチャットを活用しろって話もあるけど(汗)
ただ従来のチャットだと第三者にも見られてしまう可能性がありますが
メッセンジャーだとツール経由なので本人達しか会話文を見る事が出来ないんですよね。
まあ、文章でやりとりする電話のような物、でしょうか。

そういうツールなので、サイトのチャットでは出来ないような
色んな意味で密度の濃い話をする事が多いのですが、
先日、今こちらで連載をしている「Generation Phantasy」の話になりました。
・・・話と言うより愚痴ですな(苦笑)。
うちはそう感想とか貰えないので
客観的な意見というのをなかなか聞く機会がないものですから
こういう機会にどばっと愚痴を聞いて貰う事が多いんです。
(いつも相手してくれる某方、毎度毎度すみません・・・)
愚痴というか、客観的な意見を強引に聞き出しているというべきですかね。

まあそんなメッセンジャーのやりとりで、
自分の書くキャラクターはどうなのか?という話になりました。
そもそも、自分はどうにも「萌え」というのが理解出来ていない。
理解出来ていないと言うより、狙って書けない、と言うべきでしょうか。
自分は意識せずに書いていても、「これは萌える」と思って頂けるような物もあれば
逆に狙って書いた物ほど、むしろ冷めてみられたりと、まあなかなかに難しいですね。
で、そんな自分が書くキャラクターは
はたしてどう見られているのか?というのは非常に気になるんですよ。
そのアタリをコイソ1コイレルくらいの意気込みで尋ねたのですが
(今更ながら、こういう極一部にしか判らないような隠しネタを書くから
感想が貰えないんだと思う/苦笑)
筆者オリジナルキャラクターはともかく、
NPC、つまりゲーム本編に登場するキャラクターに関しては
明らかにゲームのイメージから逸脱していて微妙だ、とのこと。
筆者としては当然予測していた事なのですが、
まずプレイヤー毎にNPCに対するイメージが異なる事。
そしてもう一つ、これはPSOならではの事なのですが
プレイヤーは自分のキャラとNPCの関連性を持たせたがるので
NPCも自分のキャラクター同様に深い感情移入を持ちやすい、という事。
前者は自分も心得ていましたが、後者は言われて「そうだよなぁ」と改めて考えさせられました。
よく考えれば、自分の同人小説だって「自分のキャラとNPCの関連性を持たせたがる」上で書かれている訳ですから
当然と言えば当然なんですよね。
この結果、筆者オリジナルキャラの多かったEP1はまだしも
NPCの活躍が多くなっているEP2は、むしろ読者に違和感を与えやすいのでは?
という結論に達しました。
うーむ・・・自分としては、筆者オリジナルキャラよりもNPCを多く出した方が喜ばれるかなぁと
そう漠然と考えていたのですが・・・裏目に出ましたね。
これも、ある意味「萌えを理解していない」結果なんだろうと思います。
まあノルやシノは、もう完全にNPCじゃあ無くなってるから(苦笑)
この二人は始めから「ごめんなさい」って感じで書いてましたけど(笑)。



続き
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/1/26(月) 20:57
では、今から方向修正をするのか?
いや、それはないです。
そらもー、同人ですから。たとえ皆さんの持つイメージとかけ離れても
自分が書きたい物を書き続けるつもりです。
・・・とか言いながら、やっぱり読者の反応は気になるんだけどね(笑)。
こーいうのが同人の面白さでもあり、難しさでもありますね。
自分ワールド炸裂させながら自由に書ける楽しさがある代わりに
読者を限定してしまう難しさがある。
書く以上は沢山の人に読んで欲しいと願うのが文字屋ですが
しかし書く物が独特であればある程、読む人は少なくなりますからねぇ。
このバランスが上手く取れれば良いんですが・・・。
とりあえず、「あなたが書くNPCが好きです」って言ってくれるような
ゲームのオリジナリティを踏まえつつ筆者の面白味を加えられるようなNPCが書けられるように頑張ります。

そういえば、「Generation Phantasy」のコンセプトは元々
「ゲームを知らなくても読める小説」を目指しています。
そっちの方は・・・少なくとも「ゲームを知らないけど読んでます」と言ってくださっている方々には
楽しんで貰えているようでホッとしています。
考えてみれば、ゲームを知らない人はNPCに先入観がないですからね。
既にイメージが整っているPSOプレイヤーより
むしろ違う意味で楽しんで貰えているのかもしれません。
しかしあくまで同人ですから、PSOプレイヤーにも楽しんで貰えないと意味がないわけで、
こんな所も同人の難しさなのかな?
まあ、同人でありながら同人という世界を知らない方にも読んで頂けているだけで
自分は幸せなんだよって事を、もうちょっと感謝しなきゃ駄目ですね、俺(汗)


余談ですが、
では完全オリジナルの「空蝉」とかどうなんだろう(汗)
あー、アレも悪魔や妖精毎にイメージが先行して色々あるだろうからなぁ・・・
そもそも、アレは読者がいる事を想定しているのか?俺(笑)
詩もそうだけど、「読者0」を根本に考えて書くのも又楽しいですね。
自己満足の世界・・・あ、ちょっと涙が・・・(笑)


「余談」について
名前:十助    日付:2004/1/28(水) 3:31
「空蝉」に関しては私的には好きです。
主に好きな理由としては、
僅かな時間で読める文章量、題材が悪魔や神話等で興味対象、
他コンテンツの小説よりも皮肉の効いた対話方式の文章に好感、
といった感じです。
正直なところ全ては読んでませんが、今一番注目してるのはこのコンテンツです。
もし「挿絵を描け」と言われたらこっちの方が描きやすいですし。
それだけイメージが湧く、それだけの魅力はあるってことと思います。

とはいえ、基本的に皆PSO小説メインに読んでるのは事実ぽいワケで
少数意見なのは確かですかね・・・。
しかしそれがPSOというジャンルをメインでやってるサイトの必然でしょう。
もし「空蝉」で感想を得られるとしたら、それは既存のキャラ人気に
依存するものではなく、純粋に文章の力で得た評価となるでしょうから
とても大きな財産になるんじゃないでしょうか。
(A-ZAP氏の実力が素で出ている、そんな「空蝉」だからこそ、
自分は何かしら惹かれるものがあるのかもしれませんねぇ…)

結局何が言いたいのか自分でもよく解らなくなってきましたが、
そんな感じで今後もご執筆がんばってくださいねー(逃)
文にして感想を送ることは少なく恐縮ですが、日々影ながらを応援しております。


私も余談について
名前:JUN    日付:2004/1/29(木) 6:48
「空蝉」私も好きです。
読み手にもイメージを抱かせるものがあって、
作者の意図とは違う部分で想像にふけることが出来るかと
思うのです。そういうのって読み物には大切だと思います。
もちろん作者の意図通りに読者にも伝われば一番いいのでしょうけど、
やっぱり人の心は十人十色でして。。。。
個人的に中原中也が好きでして、「やぁやぁやぁ」とかテンポ的に好きだったりします。
詩っていうのは小説よりも奥の深さを感じます。

PSO小説のほうは、プレイヤーが読むとたしかに
違和感あるかもしれませんね。
みんなそれなりに思い入れがあるでしょうし。
でも、AさんのPSOという意味では面白いと思います。
ちょっと前にあった感想掲示板っていうのはあったほうが
いいかもしれませんね。そのほうが感想は書きやすいかと思います。
掲示板がいくつもあると、訪れた人が一瞬迷うかもしれませんが、
そこはうまくナビゲーションすればいいかと思います。
生意気なこと言って申し訳ありません。
創作の辛さは少なくてもわかっているつもりです。
影ながら応援してます。そう、、、柱の影から…

運が良すぎて怖い 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2004/1/15(木) 20:42
今日、なにげにメールを確認したら、一通のメールが。
それはセガの関連会社である「アミューズメントヴィジョン」から。
内容は・・・
オリジナル卓上カレンダーが当たりました、というもの。
そういえば、以前アミューズメントヴィジョンの公式HPで
プレゼントに応募したなぁ・・・そうか、当たったんだ。
ま、普通ならこんなもんでしょう。
ちょっと嬉しいけど、おーっ、て言う程嬉しいわけではない。
ただ・・・ね、今の自分はもっと微妙な心境なんです。
というのも、
実は昨日もメールが届いていて・・・
それは「電撃オンライン」からプレゼント当選のお知らせ。
当たったのは「キャッスルヴァニア グッズセット」でした。
そう、二日連続で当選メールが届いたんですよ。
・・・いや、実はこれだけじゃなくてさ・・・
掲示板の方をご覧になってる方はご存じかも知れませんが、
先月、ウルティマオンラインの体験モニターに当選しています。
そしてその前にも、実はプレゼントに当選してまして、
ときメモ2の抱き枕(1mの小さい奴)と
ときメモガールズサイド(Best版)のゲームソフトが
それぞれ別途で当たっていたんです。
あと7月頃にはセガモバ(携帯サイト)関連のプレゼントで
ロボベビーが当たってたりして・・・
ここ一年で、6つのプレゼントに当選してるんですよ・・・
1つ1つが大きい物でないので
その都度は「お、やったね」位に喜べるものの、
ここまで来ると・・・なんか怖いよ。
大丈夫なんかなぁ、俺。
そら、結構な数懸賞物に応募してるけどさ、
でもちょっと当たりすぎだよなぁ・・・
こんな事だからPSOでレア出ないんだよなぁ・・・くらいならまだ良いけど
リアル生活に支障出てきたらどうしよう・・・

あ、リアル生活が今どん底だから、細かくプレゼントが当たるのか(笑)
・・・って、それが事実ってのもへこむな(汗)

プロで活躍する人々,プロを目指す人々 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2003/12/19(金) 17:30
自分の回りには、極々僅かですが
プロとしてイラストや漫画を描かれている方がいます。
ほとんどの方が、まだ自分が現役で色々と仕事をしていた時に知り合った方なのですが
皆さん、今でもプロとしてがんばってらっしゃいます。
ただ「知人」であるだけの、ごく親しいという間柄ではないので
まあ自分は陰ながらこっそり応援するに止まっていますが。
直接何かしてあげられる事なんかないし、何かする事もない訳なんですが・・・
まぁ本当ならね、
ソニン物語、メディアファクトリーから好評発売中!
みたいな、あからさまな宣言くらいはしたいんだけどね(笑)

そんな中、一人プロに近づこうとしている人が現れました。
本人の了解を取っていないので(ここで話題にされている事にも気が付いているのかどうか)
具体的な事は明記を避けますが
彼の作品を目にして、むちゃくちゃ嬉しかったです。
彼からすれば、まだまだ通過点だし、本気でプロになろうとしているのかどうかはまた別かもしれませんが
(単純に投稿しただけ、という事もあるし)
商業誌に友人,知人の作品が載るのは、理屈抜きに嬉しいですね。
別に彼ら彼女らに何かしたわけでもないし、
今ではほとんど連絡もとっていない人ばかり(中には連絡先すら知らない人もいる)なんですが
それでも、嬉しいんですよね。
なんだろうね、この感情は。

そして嬉しい反面、最近ではどこかで彼らを嫉妬している自分に気付きます。
今自分も、現役復帰を目指しオリジナルの小説を書いています。
まだどこに投稿するとかは決めていませんが
とにかく中途半端なままの自分にけりを付けて、投稿くらいはしてみようかなと。
まぁ正直、本気で現役復帰出来るとは考えていないんですが
ようするに、「所詮お前の実力なんてその程度だよ」と、客観的かつ確実な評価が欲しいだけなんだろうと思います。
とはいえ、「でもこれで復帰出来たら・・・」と甘い考えを抱く自分もいるわけで
だからこそ、商業誌に投稿しそれが掲載された友人に軽く嫉妬し
今も現役でがんばっているプロの知人達に嫉妬してしまうわけですな。
嫉妬は負の感情ですが
これを向上心に変換出来ればな、と常々思います。
まぁ、それがそー簡単に行かないんだけどね(苦笑)。

ともかく、プロとしてがんばっている、そしてプロを目指している近しい方々には
これからもがんばって欲しいです。
特に何かするわけでもないですが、
現役での活躍を期待してますよ。

ps
某週刊少年誌に連載されていた
某格闘系(?)バレーボール漫画
俺はあの続きが読みたいぞ!いやマジで>某、連絡が取れなくなってしまった知人へ

今気付いた。
とあるプロ(orプロを目指している)友人知人の共通点。
三人とも元FSGスタッフか!
他のみんなも元気かな・・・



プロのシゴト
名前:くらぶまん    日付:2003/12/28(日) 19:39
まあ、金もらって何かしてればプロなわけで
私は主に「家電製品据付アシスタント」のプロですな。

金をもらうとそこに責任があるわけで、アシスタントと言えど結構
労働としては馬鹿にならないんですなー。

あと凄いのはスーパーのレジのおばちゃん。あれはプロですな。
新人さんだとあのバーコード読み取りがうまくいかなかったり。

セルフ式ガソリンスタンドでメカ音痴のお客さんに給油の説明する
プロに至っては、手順全部代行したりして、それは果たしてセルフなのか。
というか、本当はやってあげちゃいけないらしいんですけど。

まあ、いろいろプロはいますな。

気持ちと身体のギャップ 返信  引用 
名前:A−ZAP(管理人)    日付:2003/12/10(水) 21:18
今、両股が痛い(涙)
筋肉痛なんですわ、これが。
実は先日、両親の勤め先にて
雪かきならぬ土かきをやってきました。
(詳しく説明すると長くなるのでカット。
道路に軽く積もった雪をかいたくらいのものと同じと思って下さい)
この作業、思ったよりも総面積が広く手こずりましたが・・・
いやね、筋肉痛になるとは思ってたよ。うん。
でもさ・・・もう4日も経ってるんだぞ?(汗)
もーね、身体が俺に「若くないんだから」って訴え続けてるみたいさ(涙)。
運動不足ってのもあるよ。それは判ってたから
実はここ最近、雨でもない限りは1時間の散歩を欠かさないようにしてた。
体力維持と、ついでにダイエットにならんかなぁと始めた事で
実はさりげに痩せてきてた。
でもダイエットをやったことある人なら判るだろうけど
一定の値まで痩せると、そっから落ちないんだよね。
自分もそんな状況で、これ以上痩せる為にも1時間の散歩を続けようとしてたんだが・・・
それでも筋肉痛ですか、そうですか・・・。
もーね、わかっちゃいるけど身体は衰えているんだなぁと・・・。

散歩そのものは、別にきついとは感じてないんです。
まぁ歩くだけだしね。
でも痩せてきてたから、効果はあるのかなぁと喜んでたんですが、
結局、「維持」は出来ても「向上」は難しいねぇ。
ちとガッカリ。
まぁ、言う程ダイエット方面に取り組んでいた訳じゃないし、
所詮たかが散歩だし
それだけでいろんな効果を望んじゃいかんとは思うんだが
身体は正直だなぁと。
・・・くどくこんな事を書くあたり、そうとう悔しいらしい(苦笑)>俺

まー本気で体力維持やダイエットを考えるなら
もーちっと、色々と考えんといかんな。
2kgのダンベルが2つあるので、これでなにかするかな。
それにしても・・・今傍らにあるそのダンベルと
同じく傍らにあったコミケカタログを持ってみたら
これ、ほぼ同じ重さ?(汗)
あれだ、「オタクの為のコミケカタログダイエット」とか始めたらウケるかな?(笑)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb