[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ともしび掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





3838.河童様  
名前:ともしび事務センター    日付:2017年6月26日(月) 11時32分
曜日の間違いのご連絡ありがとうございます。
失礼いたしました。
返信遅くなり、大変申し訳ございません。
本日、訂正いたします。
今後ともよろしくお願いいたします。

3837.曜日の間違い  
名前:河童    日付:2017年6月24日(土) 6時25分
出張出前歌声6月・・

二俣川26(水)→(月)
葛飾 27(金)→(火)の間違いではないのでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/bisumark

3836.充実の「山の歌だけのうたごえ喫茶第11弾!」でした!  
名前:早川    日付:2017年6月19日(月) 11時54分
6月18日(日)『中西シェフのワンプレー付き!「山の歌」だけのうたごえ喫茶第11弾!』がともしび新宿店で開催されました。
山の歌は「大勢で歌えばより楽しい」そして「心に滲み亘る」ことから久しく「労働歌、反戦歌」「ロシアの歌」と並んで歌声の歌3大ジャンルの一つと言われてきました。大勢で心広々と「山の歌」を歌っていると爽やかな稜線の風が胸を吹き抜けていくようであり、又下界を離れた満天の星降る山小舎で心解放される時を過ごしているようでもあり、東京のど真ん中新宿に居ながらにして楽しき別天地にいる様な心持でした。
3時間山の歌だけを30曲超えて歌い続けられる場所は、おそらく日本、世界のどこにもなく「うたごえ喫茶」は後世に引き継ぐべく、人間の歓びであり文化的価値と感じられました。
中西シェフの値段に比べリーズナブルすぎるワンプレート料理は前回にも増してお得感一杯でした。
日本の登山人口は現在840万人と言われていますが「840万人の人々よ、一度はともしび新宿店に来店され、山の歌等を心行くまで歌い、歌声の楽しさを満喫しましょう。屹度心楽しく、新たな世界が広がりますよ。」と歌声未体験の方々に伝えたい心持となりました。

楽しき充実の歌声のひと時をリードして頂いた司会歌声リードの中西明さん、臼井克侑さん(丹沢大倉尾根見晴茶屋)、ピアノの斎藤隆店長、アコーデイオンの中西たみ子さん、応援の酒井潤三さん(丹沢大倉尾根見晴茶屋)、他のご支援の方々に感謝です。
又、名曲「尾瀬ヶ原」他の作詞作曲の池田昭義さんのご参加ありがとうございました。

因みに当日歌われた歌は当日用特別歌集から「穂高よさらば」「山の友よ」「上高地の春」「山への祈り」「尾瀬ヶ原(詞曲:池田昭義)」「青空よ白い雲よ(詞曲:池田昭義)」「青春牧場」「僕らの小屋」「山は心のふるさと」「松電バスの歌」他、ともしび歌集から「坊がつる讃歌」「雪山に消えたあいつ」「夏は来ぬ」「エーデルワイス」「エーデルワイズの歌」「遠くへ行きたい」「アルプス一万尺」他でした。

当日の様子は当ホーム頁のうたごえの店「店長ブログ」からご覧になれます。

3835.ヒサヨシさま  
名前:斉藤隆    日付:2017年6月17日(土) 17時25分
Original Size: 1103 x 796, 205KB

6月22日の沖縄企画、いらっしゃれないんですかー
残念ですね〜
もちろん、当日の様子は店長ブログに書きますよ!

ちなみに、沖縄企画のチラシを添付しておきます。沖縄慰霊の日にあわせて、沖縄の本格的な三線の演奏と民謡と踊り、そしてともしび有志による、歌と朗読の構成ステージです。
6月22日19時15分からです。たくさんの皆さんのご来店をお待ちしています!


3834.フジテレビ「フルタチさん」  
名前:ともしび新宿店    日付:2017年6月17日(土) 16時42分
ともしび新宿店で、6月1日(木)に取材ロケのあったフジテレビの番組「フルタチさん」ですが、明日18日の放送になります。19時〜20時54分の放送時間です。
番組ディレクターの話しでは、番組で使われるのはお客様のインタビューだけ、と言うことでしたので、おそらく、ごく短時間かと思われますが、お客様の映像が放送されます。
あらためて、取材にご協力いただいたお客様皆様、ありがとうございました。

3833.特別企画(沖縄慰霊の日によせて)について  
名前:ヒサヨシ    日付:2017年6月16日(金) 11時14分
6月22日のこの企画是非参加したいのですが、当日夜8時まで仕事で参加できません。当日の様子をぜひブログに
アップしてください。それと、この企画を機会に(月桃)という歌を第三の歌集に載せていただけるとありがたいです。

3832.器楽合奏講座ふれあいコンサート  
名前:ともしび器楽合奏講座    日付:2017年6月14日(水) 9時26分
6月11日の日曜日にともしびにて、ともしび音楽講座のひとつの器楽合奏講座の発表コンサート「ふれあいコンサート」を開催し、たくさんのお客様にご来場いただき、たのしんでいただくことができました。
ご来場された皆さま、ほんとうにありがとうございました!
早川さん、掲示板への投稿ありがとうございました。

器楽合奏講座では、演奏もやっていますが、歌声喫茶ならではの講座として、うたごえの伴奏にも力をいれてレパートリーを増やし、練習をかさねています。普段のお店ではできない楽器アンサンブルでの伴奏のうたごえも、楽しんでいただくことができました。
さらに練習をかさねて、もっともっと皆さまに楽しんでいただける演奏ができるよう、頑張っていきたいと思っています。
また、楽器を一緒に演奏する仲間も随時募集していますので、ぜひ気軽に水曜日の講座に見学にきてみて下さい!

店長ブログに当日の様子などが書いてありますので、ぜひご覧下さい。
http://ameblo.jp/tomoshibitakashi/entry-12283234226.html

3831.心豊かにさせて頂きました!「器楽アンサンブルふれあいコンサートPartX」  
名前:早川    日付:2017年6月12日(月) 15時17分
6月11日(日)ともしび新宿店にて「器楽アンサンブルふれあいコンサートPartX〜器楽合奏の演奏で大いに歌おう〜」が開催されました。うたごえファンは音楽全般に親しみを感じる人が多いと思われますが、当コンサートは正に身近に器楽演奏が楽しむ事が出来て、としび企画ならではの歌声と器楽アンサンブルを併せて同時に楽しめるという他では得難い絶好の機会と感じられました。
1年を超えて研鑽を積まれてきた全員合奏の「エグモント序曲」(曲:ベートーヴェン)はアンサンブルでありながらオーケストラのフル演奏を一糸の乱れもなく聴いているようで圧巻でした。

又、「ト―ンチャイム」演奏は、ト―ンチャイムは一つの楽器で一つの高さの音しか出せず、15本の全員のトーンチャイムが気持ちを一つにしなければ主旋律を奏でる事が出来ないものですが、全員の息が見事に一つに調和していました。その幻想的な音色から森から或いは海から、生命の泉が湧きたつように感じられ「主よ人の望みよ喜びよ」(曲:バッハ)にピッタリの演奏でした。
広瀬めぐみさんのクラリネット演奏「だんだん小さく」(曲:シュライナ―)の一つのクラリネットを3種に分けて使う演奏は、演者はクラリネットの魔術師ではと思われました。又、広瀬めぐみさん独奏の「鈴懸の径」(曲:灰田有紀彦)は、「鈴懸の径」自体は普段ともしびで歌っていますが、改めて今回の演奏で楽曲の良さを再認識しました。

今枝大作さんのトランペット独奏「夜空のトランペット」(曲:ニニロッサ)、特別ゲスト三ツ木摩理さんのヴァイオリン独奏「タイスの瞑想曲」(曲:マスネ)の演奏心に染入りました。
司会の飯塚美智子さん、石垣美恵子さん、歌声リードの高橋ヒデキさん、清水やす子さん、楽しい司会、歌声リードを有難うございました。

総指揮、講師の清水正美さん、ともしび器楽合奏講座の方々、ご参加の全ての方々に、器楽アンサンブルとうたごえを存分に楽しめ、心豊かにさせて頂いたひと時に感謝です。

3830.ロシア民謡だけのうたごえ喫茶  
名前:斉藤隆    日付:2017年6月7日(水) 9時49分
早川さん、いつも投稿をありがとうございます!
そして、ご来店いただいたお客様皆様、ありがとうございました!
ロシア民謡はほんとに、いい曲が多いですね。最近では、リクエストも少なくなってきましたが、しっかりと歌い継いでいきたいですね!
店長ブログに、当日の様子を書いたので、ぜひご覧ください!
http://s.ameblo.jp/tomoshibitakashi/entry-12281465016.html

3829.心慰められ心煌めいた「ロシアの歌だけを歌ううたごえ喫茶PART19」!  
名前:早川    日付:2017年6月7日(水) 7時51分
6月4日(日)「ロシアの歌だけを歌ううたごえ喫茶PART19」がともしび新宿店で開催されました。かつて歌声喫茶を中心に一世を風靡したロシア民謡(正確にはロシアの歌)は、今では「一週間」等有名曲がCMで流される程度で、巷で歌われる機会は少なくなりましたが、なぜか今においても日本人の心の琴線に触れ、歌えば歌うほどに味わい深く、しみじみと心の安らぎ、心の潤いを与えてくれるように思われます。
「昭和歌謡」がBSテレビ等で頻繁に取り上げられる現在、今にして新鮮で日本人の心に染入る「ロシアの歌」が見直され、様々な機会に広く取り上げられても何の不思議もないように感じられます。
心慰められ心きらめく充実のロシアの歌だけを歌う時をリードして頂いた司会の金指修平さん、津田伸子さん、アコーディオンの中西たみ子さん、ロシアの歌だけシリーズに見事にピアノ初参加された長嶋真美さん、応援参加の吉田正勝さん、ともしび合唱団有志の皆さん、資料提供をして下さったJOYご夫妻、そしてスタッフの方々に感謝です。

因みに当日歌われたロシアの歌は当日用歌集ファイルから「とらわれ人」「キエフの鳥の歌」「ヴォルガ下り」「けし」「僕らは戦争を望んでいるか」「黒い瞳」「壕舎の中で」他、ともしび緑の歌集から「山のロザリア」「ポーリュシカ・ポーレ」「道」「リラの花」「波止場の夜」「ともしび」「アムール河の波」「小麦色の娘」「カリンカ」「鶴」「十八才」「聖なる湖バイカル」「風よ歌え」「我らの仲間」「ごきげんよう」「船乗り」「心さわぐ青春の歌」他でした。

3826.太田のうたごえ  
名前:斉藤隆    日付:2017年6月2日(金) 13時52分
みのるさん、今回の太田のうたごえ、ほんとに大盛況でよかったですね!
実行委員会の皆さま、そしてご参加されたお客様も、ほんとにありがとうございました!
驚いたのは、太田周辺のさまぞまな所でうたごえを開催しているグループの方がたくさんいらっしゃっていたことです!
店長ブログに書かせていただきましたので、ぜひ見て下さいね♪

http://ameblo.jp/tomoshibitakashi/entry-12278512557.html

3828.ともしびと行く海外ツアー スウエーデン&フィンランド  
名前:小川邦美子    日付:2017年5月31日(水) 14時21分
Original Size: 576 x 432, 82KB Original Size: 768 x 480, 142KB Original Size: 576 x 432, 119KB

5月23日から30日までのツアー、無事帰国いたしました。

ストックホルムに入ってまず驚いたのは、どこまでも続く広い青空と空気の透明感でした。
市内を散歩していて、どこを写しても絵になる街並みの美しさ!
どちらの都市も、路上ライブをやっている方々が多かった!!

ヘルシンキの大聖堂前広場では、小一時間の『うたごえ』を楽しみました♫
シベリウス公園では、皆で練習した『フィンランディア』をスオミ語で合唱♫

コンサートホールでの『うたごえ交流コンサート』も充実したものになりました。


3827.三世代文化を!  
名前:oh!no!    日付:2017年5月30日(火) 23時19分
南アフリカ・ケープタウンから帰国いたしました。
アシテジ(国際児童青少年演劇協会)世界大会に、二〇二〇年の東京開催を実現するための代表団の一員として参加していました。
無事に招聘が決まり、安堵するとともに成功に向けての重みを感じた二週間でした。
子どもから大人まで、元気に生きがいをもって生活していく上でのかけがいのない文化を!
7月28日のオリンピックセンター大ホールでのボニージャックス+ベイビーブー+ともしび清水の三世代うたごえ、
年明けの2月に行われるアジア舞台芸術フェスティバル(オリンピックセンターなど)をどうぞお楽しみ下さい。

3825.お店69ステージ  
名前:飯塚美智子    日付:2017年5月28日(日) 22時36分
今日は午前中に原水爆禁止世界大会に送る会がひらかれ、長崎の原爆投下後の様子が映し出されたdvdをみました。建物は残っていても内部は爆風で跡形もなくなっている姿を見ました。午後はピースフルソングスで平和を愛するメンバーが参加して多くの平和の歌を歌いました。ともしびぐっずも 沢山買っていただき16000円以上のカンパが集まりました。代表は本道あきらと古里光代です。今後も皆様のカンパと署名のご協力をお願いいたします。

3824.太田うたごえ大盛況!  
名前:    日付:2017年5月27日(土) 21時54分
今回で58回目の太田うたごえも140名を越える参加者で盛り上がりました。
津田さん本道さん斉藤さんそして宇野さん。ありがとうございました。
次回は11月25日を予定してます。

3823.今再びうたごえの時代を感じます!  
名前:早川    日付:2017年5月27日(土) 12時52分
oh! no! 様、ご返信賜わり恐縮に存じます。
歌声喫茶全盛期から、歌声喫茶苦難の時代があり、そして今再びうたごえ復活の時代を迎えている様に感じられます。63年間うたごえの灯を絶やすことなくともし続けた従業員の皆様、そしてそれを支えられた方々のご尽力があてこそ今この時を楽しめる事が出来、正に「継続は力なり」で感謝申し上げます。

「ひよっこ」は歌声喫茶自体が舞台にはならず残念でしたが、「ともしび」で取材された成果、当時の時代背景が随所に出ている様に思われ、ドラマは毎回見所があり流石稀代の脚本家岡田恵和氏と感じているところです。
5.27(土)放送でも職場合唱サークル場面で「恋はやさし野辺の花よ」(ともしび歌集192頁)が歌われましたが、来週予告で主人公の会社倒産、工場閉鎖が流され今後の主人公の命運は如何に、職場合唱場面はこれで見納めかと感じられましたが、これからも目が離せません。

歌声喫茶は団塊世代が還暦を迎えたころから復活の状況があり、昨今は昭和再発見の流れから「ともしび新宿店」のマスコミ取材も多く、夜のうたごえは日により混み具合いは随分変わりますが、それでも全体的に客数は増加傾向にあるのではと感じられます。
来客平均年齢は凡そ60才代後半かと思われ次世代の人々の来客がより期待される所ですが、5月26日(金)夜のうたごえの終盤、3組の年配者に引率された30代と思しき若者の集団が重なり,お客の約8割40名近くが若者で埋め尽くされ、私自身の10数年来初めての体験で、かつての歌声全盛を思わせ、これからの歌声に大きな希望を感じたところです。

うたごえは心身のリフレッシュ、健康に最適であることは昨今広く言われる所ですが、老若男女分け隔てなく、多数でも一人でも気軽に集える場として、益々栄えられますようお祈りしております。

3822.ひよっこ  
名前:oh! no!    日付:2017年5月26日(金) 14時59分
早川様
「ひよっこ」の書き込みありがとうございます。
この掲示板でも以前ご案内いたしましたが、当初歌声喫茶を舞台とするシナリオが予定されていました。
東京オリンピック後の話となり、職場合唱団での話となったようです。(残念!打合せや資料の提供などをさせていただいたのですが)
私、今月16日に日本を発ってしまいましたので、その後の展開を分かっていないのですが、この時期から歌声喫茶のブームが去り、閉店に追い込まれる店が続出します。
コマ劇場裏の灯も閉店に追い込まれます。
当時の中央合唱団の専従のみなさんは、全国各地での職場合唱団の指導を旺盛になさっていました。
灯の先輩たちも昼休み歌声などに出向いていった時期です。
吉永小百合のデビュー映画「キューポラのある街」(1962年公開)もこの時代で、
職場でみんなが歌っているシーンは、当時の灯のメンバー・お客様も俳優さんに混じって演じています。
このシーンで指揮をしているのが現「家路」のP子さんです。
七十年代には私もP子さんに連れられ、職場へ出かけていきました。
昼休み歌声、春闘支援などが思い出される時代です。
書き込みが遅くなり申し訳ありません。

3821.充実の「アコーディオンスプリングコンサート・2017」楽しかったです!  
名前:早川    日付:2017年5月22日(月) 15時17分
5月21日(日)新宿文化センター小ホールで「アコーディオンスプリングコンサート・2017」が開催されました。司会の石原美香さんが仰っていましたが、アコーディオンと歌声はよく馴染み、アコーデイオンはうたごえにとって一番身近な楽器の感じがしますね。
改めて当コンサートから、アコーデイオンの音色は人々の心に安らぎと癒し、そして希望を与えてくれるものと感じました。
アコーデイオンの良さが引き立つ約20曲の厳選された選曲いづれも心に染入りました。うたごえコーナーではアコーデイオン16台を中に挟んで両翼ともしび合唱団による合奏コンサートは、他で味合う事の出来ないともしびならではのもので大いに会場が盛り上がりました。
又、ラストを飾るドボルザークの「新世界交響曲4章」のアコーデイオン16台による全員合奏は圧巻で感動的でした。此のプログラムの前に夜のともしび新宿店16時開場のため移動しようと思っていましたが、思わず足を止め最後まで聴き入ってしまいました。アコーデイオンだけの演奏ですが本格的なオーケストラを聞いているようでもあり、アコーディンの良さが遺憾なくメンバー全員で発揮されている様に感じられました。
メンバーを代表しての宇野綾子さんの締めの挨拶よかったですね。

総指揮の清水正美さん、アコーデイオン合奏講座の方々、友情出演のともしび合唱団の方々、司会の石原美香さん、そして受付、舞台、照明に当たられたスタッフの皆様方に、充実の新緑のひと時を満喫させて頂きましたことに感謝申し上げます。

3820.スプリングコンサートにご参加、ご協力ありがとうございました  
名前:ともしびアコーディオン合奏講座生一同    日付:2017年5月22日(月) 9時48分
昨21日午後、新宿文化センター小ホールにて「ともしびアコーディオン合奏講座・スプリングコンサート2017」を開催し、
ご招待を含め150名を超える方々にご参加をいただいて、盛況のうちに幕を閉じることができました。
ご参加いただいた皆々様、ご指導いただいた先生方、友情出演と受付スタッフなどを快諾して下さったともしび合唱団の皆様はじめ、ご協力いただいたすべての皆様方に心から感謝申し上げます。
アンケートなどでお寄せいただいたご意見、ご感想を力として、これからもより良いアンサンブル作り、個々人の力量の向上を目ざして努力して参ります。
ありがとうございました。

3819.注目!朝ドラ「ひよっこ」の挿入歌!  
名前:早川    日付:2017年5月19日(金) 11時11分
NHK朝ドラ「ひよっこ」は1964年の東京オリンピック開催の年から始まっていますが、有村架純演じる主人公はこの時高校生で、まさに団塊世代と重なります。地方から集団就職で上京し、自分の殻を破りつつ奮闘、成長していく青春讃歌としてドラマは描かれています。
番組では歌声が数多く流れますが、主人公と仲間たちが口ずさむ歌、職場合唱サークルで歌われる歌、バックで流れる挿入歌が「ともしび歌集」のうたと殆ど重なり、挿入歌が流れるたびに、わくわく感が高まり、元気づけられ嬉しくなります。
因みに現在まで番組で取り上げられた歌は職場合唱サークルでは「トロイカ」「カチューシャ」「ともしび」「椰子の実」他があり、主人公たちが歌う歌、及び挿入歌としては「いつでも夢を」「寒い朝」「ひょっこりひょうたん島」等があります。

いつの時代も、時代とともに歌がある。そしてその歌に時には癒され、時には励まされてきたことを思います。よい歌はいつまでも歌い継いでほしいと思うばかりです。
ともしびファイル歌集に今週より「ほほえむちから」(作詞:谷川俊太郎)、「海よ、わが故郷」(作詞:王立平、日本語:芙紗)が掲載されました。「ともしび」で今まで知らなかった珠玉の歌、そして皆で歌いたくなるよい歌の数々と出会えること大きな楽しみです。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb