[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ほ〜けんぼ〜ど
見ているだけではもったいない!どんどんカキコして
掲示板の真の楽しみを知ろう!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



86.http://toneronline.se/ 返信  引用 
名前:http://toneronline.se/    日付:2016/7/4(月) 5:12

http://toneronline.se/ http://toneronline.se/
http://toneronline.se/

85.(untitled) 返信  引用 
名前:雅也    日付:2015/10/9(金) 10:29
こんなん適当にゴミ袋突っ込めばいーよな・・・・どーせ全部アルミ缶だろ?
あ、瓶もあんのか・・・・・・・・オイ!何笑ってんだよ!!!
あん?にあわねーって?うるせーよ・・・・(恥)
ホラおまえも片付けるのっ!!!
http://blog.livedoor.jp/harp_star/

84.平成26年度第二回関東学生法律討論会 返信  引用 
名前:関学連委員    日付:2014/7/11(金) 9:32
秋討の問題が発表されました。


平成26年度第2回関東学生法律討論会 問題

科目:刑法

 以下の事例に基づき、甲、乙の罪責について、具体的な事実を摘示しつつ論じなさい(特別法違反の点を除く。)。

1 甲は、法定の除外事由がないのに覚せい剤を所持したとして、覚せい剤取締法違反被疑事件につき、平成26年3月19日に逮捕され、同月21日に勾留された。

2 甲は、勾留中の同月22日、A県地方検察庁内一時留置場の房内において、検察官の取調べを待っている間、乙と同房となった。
  甲と乙とは、そのときが初対面であった。
  乙も自己の覚せい剤取締法違反の被疑事実につき検察官から取調べを受けるためにその日、その房にいたものであるが、同人は、甲に対し、「おれに覚せい剤を飲ませた相手になってくれないか。その相手になってくれれば、覚せい剤50グラムをやるし、出てから仕事の面倒もみる。おれは起訴されれば刑務所に行かなければならない。あんたが風邪薬だと言って覚せい剤の入ったカプセルを渡してくれ、それをおれが知らないで飲んだことにしてくれれば、おれは刑務所に行かなくてもすむ。」などと言った。
  甲は、覚せい剤の誘惑に負けたことなどから、その話を引受けることにした。

3 そこで、乙と甲は、「2人は、去年の12月の20日すぎころに、B町で初めて会い、そのきっかけは、乙の車を甲が蹴とばしたことで知り合った。その後、今年の1月3日にC町で会い、その次に2月18日ころ、C町のスタジオDの前で待ち合わせ、その時、乙が風邪をひいていたようなので、甲が、覚せい剤をカプセルの中に入れ、『風邪薬』だと言って、乙に渡した。」という全く架空の話を作り上げ、乙は、この話を警察や検事の調べのときに話してほしいと甲に頼んだ。
  このような打合せの結果、甲は、同月23日、A県地方検察庁検察官室に呼び出されたとき、乙の右被疑事件の捜査を担当する副検事Eに対し、乙を不起訴にしてもらうため、上記の趣旨の虚構の事実を供述し、同検察官は、その内容を録取し、これを甲に読み聞かせたところ、誤りのないことを申し立てたので、甲の署名指印を求めて、供述録取書を作成した。

4 同月24日18時ころ、上記拘置所内に勾留されていた乙と同室のEは、同拘置所内の居室において、Eのせっけんの使用方法を巡り言い争いになり、乙がEに「お前、この部屋から出て行けや。」などと怒鳴ったところ、Eは乙に対し、「やるんか、こらー、かかって来いや。」などと言いながら、乙に向けて折りたたみ机を持ち上げ、ひっくり返すように押し倒し、乙の左手に同机があたり、乙は加療約3週間を要する左中指腱断裂の傷害を負った。
  このため、乙は、Eによるさらなる攻撃を防ぐ目的で、同机をEの方へ押し返した。この際、同机がEの右手に強くぶつかり、Eは加療約2週間を要する右中指挫創の傷害を負った。
  Eは、上記傷害を負って、さらなる攻撃の意欲を失ったが、乙はこのことに気付かなかった。
  乙は、Eが今にも起き上がってさらに攻撃を加えてくるのではないかと考えて、Eの上に馬乗りになり同人の髪の毛を左手でつかんで同人が動けないようにした上で、右手で同人の顔面を数回平手打ちにする暴行を加えた。


出題者 亀井源太郎先生


みなさん応援よろしくお願いいたします!

83.file recovery software 返信  引用 
名前:file recovery software    日付:2014/4/24(木) 22:36
ほ〜けんぼ〜ど asbpjcmk dvd ripper for mac
http://datarecovery.maatsoft.com/

82.hair extensions 返信  引用 
名前:hair extensions    日付:2014/4/22(火) 19:27
ほ〜けんぼ〜ど oxvrlgok lace wigs
http://www.goldenwigs.com/

81.平成26年度第一回関東学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2014/4/4(金) 2:36
春討の問題が発表されました。

分野【民法】

 以下の【事実】に関して、後記の【設問】に答えなさい。なお、「住宅の品質 確保の促進等に関する法律」は考慮しないものとする。

【事実】 Aは、不動産販売等を事業とする株式会社であり、取引先の建設会社が建築する住宅等 を販売することを主な営業方法としていた。平成25 年2 月、Aは甲土地上に新築する住宅 を販売する計画を立て、甲土地をその所有者から買い受ける契約を結び、甲土地およびそ の上の新築建物の購入者を募集する広告を出した。平成25年2月 5日、Aは、建設会社B との間で、注文者をA、請負人をBとし、工事報酬額 1500 万円で居住用2 階建ての木造建 物(以下では「乙建物」という)を甲土地上に建築するという工事請負契約を締結し、直 ちに甲土地はBに引き渡された。乙建物は平成 25 年 6 月 14 日までに完成し、その翌日に 甲土地および乙建物はBからAに引き渡された。 他方で、平成 25 年 4 月 28 日、Aは、募集広告を見て購入を申し出てきたCとの間で、 代金4000 万円で甲土地および乙建物を売り渡す契約を結んだ。契約締結に際して、Aの担 当者はCに対し、乙建物は目下Bによって建築されているが、6月中旬には完成する予定で あることを伝えつつ、その基本的構造、内部の区画および内装の詳細について乙建物の図 面を示しながら説明していた。平成25 年 6 月 30 日、Cは、甲土地および乙建物の登記手 続きと引き換えに代金 4000 万円をAに支払い、Aから甲土地および乙建物の引渡しを受け た。この際、AはBに対する乙建物の工事報酬債務を完済した。 ところが、平成 25 年11月30日、乙建物の2階の天井の一部が突然崩落し、付近にいた Cに崩落物が衝突する事故が発生し、Cは頭部等に全治2か月の重傷を負い、3 週間余りの 入院を余儀なくされた。崩落した天井部分の裏は収納スペースになっていたため、Cがそ こに荷物を置いていたところ、荷物とともに天井板が崩落したのだが、Cは指定された制 限重量を超える荷物は置いていなかった。その後の調査で、天井裏を収納スペースとする のに必要な支柱や板の接合工事が十分でなかったことが判明した。Bは、当該天井部分を 含めた乙建物の内部の工事をD工務店に委託していたが、D工務店は、現段階では経営状 態の悪化のために事実上倒産している。

【設問】
(1)Cは、Aに対し、崩落事故による負傷について、損害の賠償を請求することができ るか。
(2)Aは、Bに対し、Cの負傷についての損害額に相当する金額の賠償を請求すること ができるか。

出題者 中央大学大学院法務研究科 古積 健三郎

みなさん応援よろしくお願いします!

80.平成25年度第1回関東学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2013/3/18(月) 4:14

春討の問題が発表されました。

平成25年度第1回関東学生法律討論会 問題
科目:刑法

問題)
 暴走族αの総長であるAは、対立する暴走族βに寝返ったXに対して報復しようと考え、12月上旬頃、同じ暴走族αの副総長Bに「Xのバイクを見かけたら燃やせ。」と伝えていた。Bは、当初、Aの言葉を信じていなかったが、1月10日にAから再び「Xのバイクを燃やせ!やらないなら、お前をリンチにする!」などと言われて、Aが本気で言っていると信じるに至った。翌11日、Bは、暴走族αに入って間もないCおよびDを呼び出し、「AがXのバイクを燃やせと言っている。やらないならリンチにする!」と強い口調で伝え、さらに「Xを見つけて、バイクに乗れないように腕か足の骨を折れ!」と付け加えた。CおよびDは、AやBには逆らえないという心理状態であったことから、しかたなくこれに従うことにした。
 1月13日23時頃、CおよびDは、Xの自宅までバイクで行き、Xの自宅駐車場に停められていたXのバイクに灯油をかけて、火をつけ、サドル部分を焼損させた。この時、Xのバイクは、前方が家から10mほど離れており、右側3mの位置に松の木が植えられており、左側および後方は1mほど離れてコンクリートブロックの塀であった。
 さらに、CはXに怪我をさせなければならないと考えたが、Xは喧嘩が強いとの噂を聞いていたので、「喧嘩しても返り討ちにあう。ここはこっそりXの家に火をつけよう。」とDに言った。しかし、DはXと喧嘩するのも嫌だったし、家に放火してXやその家族までも殺すことになっては大変だと思い、「俺はここで抜ける。やりたいなら1人でやれ!」とCに言い、Cが何か言う前に走って自分のバイクに向かい、直ちに乗って逃走した。Cは自分がやらなければDもリンチにされると考え、Xの家の裏口ドアに灯油をかけ、火をつけた。ところが、Xの家は耐火建材を使用していたため、裏口ドア下部50㎠を焦がしただけで、自然に鎮火した。なお、この日、Xは家族と共に旅行に出かけていたため、家には誰もいなかった。
 A、B、C、Dの罪責について論ぜよ。

出題:専修大学法学部講師 森住信人

79.第62回全日本学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2012/9/2(日) 15:5

全討の問題が発表されました。

平成24年度第62回全日本学生法律討論会
問題

分野:民法

AはX銀行甲支店に満期が1年後である200万円の定期預金を有していたが、9月1日に死亡し、Aの子であるBとCが各2分の1ずつの相続分でAを共同相続した。9月4日午前に、Aが勤務していた会社の同僚を名乗るDからBに電話があり、「Aは生前に会社の金を着服していた。200万円あれば会社の損失を補填できるので、X銀行乙支店にあるDの口座に200万円を振り込んでほしい」と告げた。困惑したBは、4日午後に、X銀行甲支店の窓口において、Aの定期預金通帳と届出印を提示し、自分がAを単独相続したと虚偽の事実を告げ、Aの定期預金の解約を申し出たうえで、200万円をDの口座に振り込むように依頼し、実際にDの口座に200万円が振り込まれた。振込前のDの口座残高は100万円であったが、振込により口座残高は300万円になった。X銀行の振込に関する約款には「振込依頼に基づいて振込金を受取人の口座に入金する」、「振込金が受取人の口座に入金された後に振込依頼人が振込の組戻しを求めた場合、受取人の承諾があれば受取人の口座の入金を取り消す」、「口座が法令や公序良俗に反する行為
に利用されまたはそのおそれがあると認められる場合には口座取引を停止する」旨が定められていた。翌5日午前に、Bは知人の話からDがAの会社の同僚ではないこと、Dの話が虚偽である可能性が高いことを知るに至り、200万円を取り戻すことを決意した。5日午後1時にBはX銀行甲支店を訪れ、振込の組戻しを依頼したが、事件を穏便に済ませようとして、「振込先を間違って振込依頼した」という虚偽の事実を組戻しの理由とした。DはYとEに対してそれぞれ100万円の債務を負っており、Bからの振込金を各債務の弁済に充てようとして、YとEの口座に100万円ずつ振り込むために、5日午後2時にX銀行乙支店を訪れた。その際、DはBから組戻しの依頼があったことを乙支店の行員から告げられたが、Dは組戻しについての承諾を拒否した。事件の発覚をおそれて慌てたDは、Eへの振込を忘れたうえにYへの振込金額を間違え、乙支店の窓口においてDの口座からX銀行丙支店にあるYの口座に200万円を振り込むように依頼し、実際にYの口座に200万円が振り込まれた。これによりDの口座残高は100万円、Yの口座残高は
200万円になった。Dは乙支店を出たまま行方不明となった。 (1)YはX銀行に対してどのような請求が可能か。
(2)BはYに対してどのような請求が可能か。
(3)BはX銀行に対してどのような請求が可能か。
(4)CはBに対してどのような請求が可能か。
※なお、「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」は考慮しないものと する。
出題:明治大学 法学部教授 川地宏行

78.夏合宿問題 返信  引用 
名前:会長    日付:2012/8/15(水) 11:43
以下の事案につき、原告をX、被告をYとして甲土地の所有権の帰属について議論せよ。

【事案】
 Xは、昔からの知り合いである司法書士※1Aの紹介により、Bから、甲土地を代金8000万円で買い受け、同日中にBからXに対する所有権移転登記がされた。
  その後、 XはAに対し、甲土地を第三者に賃貸するよう取り計らってほしいと依頼し、甲土地を第三者に賃貸したが、その際の契約の手続等はすべてAを介して行われた。その際、Xは、Aから、契約締結に必要であるから甲土地の登記済証※2を預からせてほしいと言われたため、二つ返事でこれをAに預けた。
 一方、Xは、以前に購入しXへの所有権移転登記がされないままになっていた乙土地についても、Aに対し、所有権移転登記手続を依頼していたところ、Aから、「乙土地の登記手続に必要である」と言われ、Xの印鑑登録証明書※3と実印※4を渡したところ,Aはその場で所持していた甲土地の登記申請書※5に押印しようとした。
 しかし、その際、Xは偶然にもその書類に『乙土地』ではなく『甲土地』と記載されているのが目に入った。疑問に思ったXはAにそのことについて一度説明を求めたところ、「問題はないし間違ってもいない。自分はプロだから大丈夫。すべて任せてくれ」と言われたため、昔馴染みということもありAを全面的に信頼することにし、その後は特に追及せず、また書類にも一切目を通さずに、漫然と申請書が作成されるのを見ていた。
その後、Aは,Xから預かっていた甲土地の登記済証及び印鑑登録証明書並びに上記登記申請書を悪用して、同日、本件不動産につき、XからAに対する売買を原因とする所有権移転登記手続をした(以下,この登記を「本件登記」という。)。
 そして、Aは、Yとの間で、甲土地を1600万円で売り渡す旨の契約を締結し、これに基づき、同月中にAからYに対する所有権移転登記がされた。なお、その際Yは、本件登記のみからAが甲土地の所有者であると信じていた。

【用語解説】
※1 司法書士: 不動産登記のプロ。基本的に登記等に関しては司法書士に依頼する。
※2・※3・※4・※5: 所有権移転登記に必要な書類。全部そろえば、移転登記が可能になる。
【参考判例】
最高裁平成15年6月13日判決、及び、平成18年2月23日判決(百選掲載判例)

【備考】
・問題文に記載されている事項以外は考慮に入れないこと。
・民法総則の範囲のみを評価の対象とする。
・タイムスケジュール: 立論6分、質疑応答15分、結論9分  ×2
・第一試合は、1年生、第2試合は2年生。試合は各班3人で行う。2年生については
5人のうちから3人模擬裁判に参加する人を選出し、2人は1年生の模擬裁判中のサポートをすること。
・評価基準については、合宿当日までに公表するが、法律構成と事実認定はどちらも
当然に審査対象になるので立論作成時にはこの点に留意して作成すること。

77.平成24年度第2回関東学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2012/7/5(木) 14:40

平成24年度第2回関東学生法律討論会問題
分野【民法】 
BはA会社の従業員である。ある日、Bは、会社の普通乗用車を運転して、会社の職務としてBの自宅近くの取引先に向かって緩く左にカーブする道路を走行していた。そのとき、Bは進行方向右側に騒ぎながら歩行していた幼児らを見付けて注視し、それにより、進行方向左側に適法に停車していた、Bの妻Cの所有する車両の発見が遅れ、法定速度を10km/hほど超過していたことも相俟って、Bの運転する車両はCの車両に接触し、損傷させた。 
このとき、Cの車両の損傷に関するAC間及びAB間の法律関係を論じなさい。 
なお、A会社にBの労務管理に関する落ち度はなく、Cの車両はCが婚姻前から単独所有していたものであるとする。 

76.平成24年度第1回関東学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2012/2/20(月) 22:8

春討の問題が発表されました。

平成24年度第1回関東学生法律討論会 問題
【科目】刑法


平成24年度第1回関東学生法律討論会問題

分野:刑法

AとBは、コンビニでおむすび等を盗む相談をし、Aが商品を盗み、Bは見張りを担当することとした。AとBは某日午後11時頃、他の客がいないことを確かめて、コンビニ甲で計画を実行することとした。Aは客を装ってコンビニ甲に入り、持ってきたナップザックに素早く、おむすび・パン・飲み物等約2000円分を入れ、そ知らぬふりをして店を出た。
ところが、甲店の店長XがAの犯行に気付き、Aを追跡して店から約30メートル離れた駐車場で追い付き、Aの首回りを右手で抱え込んで精一杯の力で取り押さえた。AはXから逃れようとして必死に身体を前後に動かすなどしてもみ合ったが、のがれることが出来なかったため、Bに声をかけて助けを求めた。Bはこれに応じてAとXのところに走り寄り、Xを後方に倒し、さらに後から引っ張った。その後、Aを取り押さえていたXの腕が緩み、Aの頭が抜け、その機にAおよびBは逃走した。
ところで、店長Xは、当日、店に来る前の午後10時頃、駅のホームで酔っ払いCに因縁をつけられ、Cから顔・首のあたりを数回殴打されたのであった。
Xは、全治2週間を要する頸椎捻挫、全治1週間を要する顔面打撲の傷害を負ったが、どの傷が誰によって引き起こされたか判明しなかった。
以上の事例からA・B・Cの罪責を述べよ。

出題:日本大学法学部教授 船山泰範

74.第61回全日本学生法律討論会 返信  引用 
名前:関法連委員    日付:2011/10/3(月) 18:9
全討の問題が発表されました



全日本学生法律討論会問題 
分野:刑法


甲女とA男は婚姻関係にあったが、Aが職場の同僚B女と不倫関係にあったことが原因で、別居状態になっていた。甲とAとの間には、現在3歳になる男児Cがいた。甲が単身でAのもとから立ち去った後、AはB女と同居し、Cはこの二人に養育されていた。
現在、甲とAとの間で離婚調停が行われていたが、甲は、Cの親権については、このままでは、現在Cを監護し、かつ経済的に安定した収入のあるAが優位であり、自分がCを養育できないのではないかと危機感を募らせていた。甲は、実兄夫婦が両親と同居していたので、実家に帰ることもできず、同一市内に単身でアパートを借り、近くのスーパーでパートとして働きながら生計を立てていた。
甲が別居してから1年後のある日の朝、Aと同居していたときに近所づきあいしていたD女と出勤途上に出会い、甲は、Dから、Aの家からいつもこどもの泣き声がしていること、今日もBは自分の仕事を優先して、Cが病気なのに無理矢理に保育園に登園させ、保母らも迷惑しているとの話を聞いた。この話を聞くに及び、甲は、いたたまれなくなり、その日の午後パート勤務を早退し、Cの通っている保育園に行き、保母Eに、「Aから頼まれて、Cを迎えに来ました。」と告げた。Eは、普段送り迎えしているBではなく、面識のない甲が迎えに来たので訝しく思ったが、Cが「ママ。」と一言いったので、Cを甲に委ねた。甲が、保育園の園庭を出ようとしたところで、タクシーから降りてきたBと遭遇した。BがCに駆け寄って、「お母さんと一緒に帰ろう。」といいながら、Cの手を引いたので、甲は、「何をするの。」というなり、Bを突き飛ばし、Cを胸に抱いてその場から逃走した。突き飛ばされたBは、後頭部をコンクリートの路面に強く打ち付け、2ヶ月の治療を要する傷害を負った。
実は、AとBは仲もよく、CもBに馴染んでいた。Bは、この日たまたま、自分の仕事の都合で、午前中休みを取ることができなかったため、保育園の了解を得て、Cを午前中登園させたのであった。そして、仕事が終了したので、急いで、タクシーでCを迎えに来たところであった。Cの泣き声の件は、Dの全くの作り話であった。Cが甲に連れ去られたとのAの届け出により、警察が捜査したところ、Cは、甲の実家で甲と一緒にいるところを発見された。
甲の罪責を論じなさい。

出題:広島修道大学法務研究科 植田博



75.Re: 第61回全日本学生法律討論会
名前:中野将司    日付:2011/10/19(水) 13:31
> 全討の問題が発表されました
>
>
>
> 全日本学生法律討論会問題 
> 分野:刑法
>
>
> 甲女とA男は婚姻関係にあったが、Aが職場の同僚B女と不倫関係にあったことが原因で、別居状態になっていた。甲とAとの間には、現在3歳になる男児Cがいた。甲が単身でAのもとから立ち去った後、AはB女と同居し、Cはこの二人に養育されていた。
> 現在、甲とAとの間で離婚調停が行われていたが、甲は、Cの親権については、このままでは、現在Cを監護し、かつ経済的に安定した収入のあるAが優位であり、自分がCを養育できないのではないかと危機感を募らせていた。甲は、実兄夫婦が両親と同居していたので、実家に帰ることもできず、同一市内に単身でアパートを借り、近くのスーパーでパートとして働きながら生計を立てていた。
> 甲が別居してから1年後のある日の朝、Aと同居していたときに近所づきあいしていたD女と出勤途上に出会い、甲は、Dから、Aの家からいつもこどもの泣き声がしていること、今日もBは自分の仕事を優先して、Cが病気なのに無理矢理に保育園に登園させ、保母らも迷惑しているとの話を聞いた。この話を聞くに及び、甲は、いたたまれなくなり、その日の午後パート勤務を早退し、Cの通っている保育園に行き、保母Eに、「Aから頼まれて、Cを迎えに来ました。」と告げた。Eは、普段送り迎えしているBではなく、面識のない甲が迎えに来たので訝しく思ったが、Cが「ママ。」と一言いったので、Cを甲に委ねた。甲が、保育園の園庭を出ようとしたところで、タクシーから降りてきたBと遭遇した。BがCに駆け寄って、「お母さんと一緒に帰ろう。」といいながら、Cの手を引いたので、甲は、「何をするの。」というなり、Bを突き飛ばし、Cを胸に抱いてその場から逃走した。突き飛ばされたBは、後頭部をコンクリートの路面に強く打ち付け、2ヶ月の治療を要する傷害を負った。
> 実は、AとBは仲もよく、CもBに馴染んでいた。Bは、この日たまたま、自分の仕事の都合で、午前中休みを取ることができなかったため、保育園の了解を得て、Cを午前中登園させたのであった。そして、仕事が終了したので、急いで、タクシーでCを迎えに来たところであった。Cの泣き声の件は、Dの全くの作り話であった。Cが甲に連れ去られたとのAの届け出により、警察が捜査したところ、Cは、甲の実家で甲と一緒にいるところを発見された。
> 甲の罪責を論じなさい。
>
> 出題:広島修道大学法務研究科 植田博

73.(untitled) 返信  引用 
名前:J兄    日付:2011/9/20(火) 14:20
悪くねぇ

72.(untitled) 返信  引用 
名前:会長    日付:2011/8/24(水) 20:47
指摘があったため、いくつか問題文を変更しました。
ギリギリになってしまい申し訳ありませんが、確認お願いします。


2011年法研夏合宿模擬裁判
A(クリエイト勤務・東京在住)・B夫婦には、大学3年生の一人息子のCがいた。
Cは大学にも行かず自室でネットゲームに明け暮れ、たまに行ったかと思えば喫煙所で時間を潰し、サークルの飲み会に顔を出しては荒らし、キャバクラでお金を使いまくるという堕落した生活を送っていた。
Bは心労のために床に伏し、ほぼ寝たきりの状態となっていた。
一方Aも、持病の心臓病が悪化したため入退院を繰り返し、勤めていた会社を辞めざるを得ず、日々の生活やCの学費をどうするかで頭を悩ませていた。

その頃、Cも頭を悩ませていた。お気に入りのキャバ嬢リサに気に入られようと、借金をしてまで車や宝石の類を貢ぎに貢いだため、その借金の総額が1000万円にも膨れ上がってしまったのだ。
「チッ、今まで親父やおふくろの財布から金を盗っていたけど、さすがにこの金額はどうしようもない…金稼ぐしか能のない人間のくせに、病気になるなんて使えねぇな…ん?そういえば親父には、ジジィから相続した甲土地があったな。あれを売れば何とかなるかもしれない!」

そう考えたCは、Aの部屋の机の中から、実印と権利証を勝手に持ち出し、Aの親戚である建築会社社長D(吉敷建設)を訪ねた。Aは日々の生活の事で頭がいっぱいで、机の引き出しに鍵をかけるのをすっかり忘れていた。

C「おじさん、お久しぶりです。Cです」
D「おぉ、C君か。久しぶりだね。すっかり大きくなって…で、突然どうしたんだい?」
C「うん、実は、おじさんに甲土地を買ってもらいたくて来たんだ」
D「甲土地といえば、Aがじいさんから相続した土地だろ?あれはAがとても大切にしていた土地じゃないか…どうしてまた?」
C「それがね、父さんは持病で会社を辞めて、母さんは身体を壊して寝たきりなんだ。僕は大学を辞めて働くって言ったんだけど、大学は出ておけって言われてね…僕のバイト代だけじゃ学費や生活費も賄えないし、仕方なく甲土地を売る事にしたんだよ…シクシク」
D「そうだったのかい…C君も大変だったね。だが、C君だけで来たのかい?Aはどうした?」
C「父さんは今入院していて来られないから、僕が代理人として来たんだ」
D「なるほど。あの土地は立地条件もとてもいいし、そういう事情なら喜んで買おう」
C「ありがとう、おじさん…!」

そうしてCはAの代理人と偽って、Dと甲土地(50坪)を2000万円で売却する旨の契約を交わした。

後日。

D「やぁ、A。久しぶりだね、体調を崩してると聞いてお見舞いに来たよ」
A「わざわざ来てくれたのかい、ありがとうね」
D「ところで、先日買った甲土地だけどね、いくつか確認したい点があったから直接来てしまったよ。この書類なんだけども…」
A「いやいや、ちょっと待ってくれ。甲土地?買った?一体何の話だい?」
D「何言ってるんだ?この前息子のC君を俺の所によこして、甲土地を買うように言ってきたじゃないか。遂に痴呆もはじまったのかい?」
A「な、何だって…!?」



問1
DはAに対し表見代理に基づく効果帰属を主張出来るか。


問2
Aは心臓病のため亡くなり、妻BとCが相続(甲土地に対する相続分は二分の一ずつ)した。DはCに対してどのような主張が出来るか。


問3
Cは一人で歩いていたところ、突然突っ込んできた乗用車に轢かれ病院に着く間もなく死亡した。その後、実はCにはまだ換金していない当選した宝くじがあったため、AはCを単独相続した。DはAに対してどのような主張が出来るか。(※但し限定承認は使用不可)


問4
実はDはCが無権代理人である事を知っていたが、知らないふりをしたまま、甲土地を善意の第三者Eに売却してしまい、登記も移した。その後、その事実を知ったAが無権代理行為について追認拒絶をしたが、直後に心臓病のため亡くなった。Aを単独相続したCは、Eに対してどのような主張が出来るか。


※民法以外の法規の適用は考慮しないものとする
※D・問4のCの立場(原告)とA・C・Eの立場(被告)に分かれ、各設問をそれぞれの立場から論ずるものとする
※各設問は別個独立の問題であり、他の設問には一切影響を及ぼさない
※原告側は土地の権利取得を第一の目的とする
※問題文に記載されていない事以外は考慮に入れないこと
※実務上どうであるかは考慮せず、あくまで自分たちの考えとして討論すること


ページ: 1 2 3 4 5 6 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb