[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
詩掲示板
心の中の想いを詩に託して…

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



13059.私のお母さん 返信  引用 
名前:ぬーべー    日付:2018/5/27(日) 12:37
いつも笑顔で
優しく

常にひまわりみたいに
笑っている

いつも私を心配しては
泣いている。。。

もう安心していいよ

私はお母さんに似て
強い子になったんだよ。

13058.大人とは 返信  引用 
名前:ぬーべー    日付:2018/5/27(日) 12:32
私は

浅はかな夢を

抱いて

悪夢に震えた。

13057.バグ 返信  引用 
名前:    日付:2018/5/26(土) 7:51
いつも願う
世界がすぐ終わればいいのにって

きっとたくさんの人々は
突然やって来る恐怖と苦痛に混乱するはず

混乱?
私といえば日常の生活の中で
ずっと混乱している

1人でも多く
1つでも多く
この私の混乱を分け与えなくては

13056.生きること 返信  引用 
名前:刺身    日付:2018/5/24(木) 20:20
好きな人が
笑うと

自分の存在意義があがったきがして

浮上できる。

たとえ私が石ころでくずでごみでも

その人のために命をかける。

13055. 返信  引用 
名前:刺身    日付:2018/5/23(水) 1:17
わたしが消えても
誰も泣かない

そんなことはわかっている

でもあなたが消えたら
私はたぶん

すぐに笑顔すらなくしてしまうでしょう。

私はあなたが生きていれば
それでいいのです。

13054. 返信  引用 
名前:刺身    日付:2018/5/23(水) 1:16
誰でも一度は
命がけの恋をする

そのために一秒ごとに
鼓動は高まる

あの日あなたの
目をみたとたん
すべての時が止まった気がした

私の価値観すべて
が壊れた

一瞬で夢中になった

あなたを見た時
それはまぶしい月光みたいで

こころじゅうが騒いだ
きっとこれほど苦しい恋は
二度と訪れないし、

いつかは消える。。
だけど幸せを感じて

命をかけた、一瞬のために
一生を捨てるほどの恋をした。

13053.片思い 返信  引用 
名前:納豆    日付:2018/5/23(水) 1:12
1.いつかは消える恋でも
あなたに会えたことが宝物
 だからもう少しだけ見て居よう 
その笑顔を


 泣きはらした目に浮かんだのは
 ただ歩道橋にたって
 うたうあなただった

もう少しで私の恋がかなうのか
終わるのか
 わからないけど
あなたがみせた背中を
 一生忘れないと誓う

2.心が叫ぶくらい大好きでした
 きっとあなたの瞳には
 別の誰かがうつり
 永遠に結ばれない

 泣きはらした目に浮かんだのは
 ただ川辺をあるくあなたでした。

もう少しで届くかもしれない
 私のはかなき片思い
 きっと一秒でも目があえば
死んでもいいと誓えるから。

 私の心はあなたでいっぱいです
一秒たりともきえないくらい
 あなたは私の心を奪い逃げました。

※あなたを守るためなら
命を犠牲にしても
 きっと後悔しないことでしょう
だってあなたが私を救ってくれたから
きっと守っていくでしょう
あなたの愛する人でさえ
わたしには宝になる
 これ以上愛せるでしょうか
 これ以上好きになることはない。

13052.さよなら 返信  引用 
名前:納豆    日付:2018/5/23(水) 1:4
ずっとこころで育てた愛が
簡単に消えることもある。
明日になれば全部が終わる

さよなら、自分から姿を消す。
いつかは終わる命だとわかっていたこと
何も見えない。

毎日繰り返すなら
もう生きても死んでもおなじこと。。

誰も気が付かないなら存在意義のない私。
きっとがらくたそれ以下かもしれない。

あの人の鼓動にも気が付かなかったの。
路地裏でずっと泣いていた。。

私の命はきっと儚く消えていく
摩天楼に。

スコールみたいにあびた
あの愛はもう戻らないの。

蒼くかすんだ瞳に
何がうつったのかな。

13051.何も探せない 返信  引用 
名前:すずこ    日付:2018/5/21(月) 12:4

あいつ丸出しのこころ
際まで誰かに彩られた
それは自惚れとも言わず
怠惰に助かりたいと
白けた視線の中で
役立ったかもしれない
役立った、そんな冷たい事は言わない

あらゆる越という字の為に

夢を持っていない
破壊という言葉を持たない
それに一定され
僕らが駆け上がっているのは本当で
あまり気にならないのでぶらさげる
そこに何故か自尊心を持っていたことが決定打だ


街に合わないこの悪臭
一仕事、といったこういう言葉を
「メタフィクション」と言うらしい

野を越え山を越え
その後に
たった一人の主婦の声であることが大きくて

憎しみも愛情だと知る


臭いや悪に左右されない 祝い

13050.休日の午後 返信  引用 
名前:かえる    日付:2018/5/15(火) 13:51
どこまでも澄み切った青空は

僕の思いをどこまでも滲ませて

窓から射す光が僕の手にそっと重なる

あたたかいなぁ

ピアノの旋律はあの飛行機雲のように

僕の思いを形作っていく

きれいなあなたができますように

13049. とある 一連 返信  引用 
名前: hand    日付:2018/5/8(火) 22:13

通り雨のような

その 唇で

溶かした魔法は

音も無げに

柔らかに また 横切れば

密かにも また 擽る様に



濁る雨も
汚れる涙も


絡む指先と吐息で 陽がさすのだろうか



13046.獣、あるいは鬼 返信  引用 
名前:井荻ユオ    日付:2018/4/27(金) 18:4
いつか討ち果たされる

古くて醜悪、かつ冷たい魂
無様晒して生き長らえた穢れた身体

悪意の塊
虚の器

この山にはおよそ似つかわしくない邪な者

いつか討ち果たされる

何も変わらぬままに



13047.Re: 獣、あるいは鬼
名前:井荻ユオ    日付:2018/4/27(金) 18:11
身体の半分は既に消え

あげる断末魔の叫びは最期まで無様なのだろう

13044. 翳る穂先 返信  引用 
名前: DARK    日付:2018/4/27(金) 8:2

道端に病む人あれば
くすりと笑うであろう

線路に語彙力あると自負してる恥ずかしく病む人あれば
可哀想にと胸中で嗤うであろう

言葉の暴力に言葉の暴力で仕返しとは 虚しかないかい?

君だよ君
恥を知れ



13045.Re: 翳る穂先
名前:井荻ユオ    日付:2018/4/27(金) 17:11
詩返しありがとうございます


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb