[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
DS投稿練習用掲示板
記号の書き方例
数学BBS 数学BBS・2

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1247. 返信  引用 
名前:★彡    日付:2018/10/12(金) 21:12
〈H6〉や〈H6/〉

1246.〈I〉あ 返信  引用 
名前:★彡    日付:2018/10/12(金) 20:45

1245.I〈H6〉 返信  引用 
名前:★彡    日付:2018/10/12(金) 20:44
[

1244. 返信  引用 
名前:★彡    日付:2018/10/12(金) 20:41

1243.(untitled) 返信  引用 
名前:abcd    日付:2018/10/11(木) 23:11
���������������

1242.test 返信  引用 
名前:ojn    日付:2018/9/16(日) 16:0
$x \in \mathbf{R}$

1241.失敗 返信  引用 
名前:TANTAN麺    日付:2018/7/6(金) 22:36
とは言うものの、集合や集合族、写像の定義などは(知っていることに越したことはないですが)最初のご質問の理解には特段必要ではありません。
質問者さんがどういった部分で躓いているのか、どの様な学習段階なのかがよく分かっていなかったので、当然理解できるものとして脱線してしまいました。


質問者さんが学んでおられるテキストのページの上の方にはm=10のときの具体例が簡単に書かれています。
このページの(1)の証明の概略は具体例を考えてみればわかりやすいかもしれません。

m=10として考えます。1から10までの自然数は10個です。この10個の数を、その数と10との最大公約数によって分類して数えてみます。

・10との最大公約数が1のものは、
{1,3,7,9}の4個
これは、φ(10)個です。また、10÷1=10ですね。
同じようにして、

・10との最大公約数が2のものは、
{2,4,6,8}だから 4個=φ(5)個
・10との最大公約数が5のものは、
{5}だから 1個=φ(2)個
・10との最大公約数が10のものは、
{10}だから 1個=φ(1)個

これでカウントは以上です。10の約数は{1,2,5,10}だけですから、最大公約数になりうるのは約数であるこの4つだけだからです。


この例を眺めてみますと、10との最大公約数が1となる{1,3,7,9}、同じく2となる{2,4,6,8}、同じく5となる{5}、同じく10となる{10}は、それぞれ、1から10までの自然数を漏れもなく重なりもなくきっちり分けています。

つまり、{1,3,7,9}∪{2,4,6,8}∪{5}∪{10}={1,2,3,4,5,6,7,8,9,10}となっています。
そして、
10=φ(10)+φ(5)+φ(2)+φ(1)=4+4+1+1
なので、10はdに10の約数すべてである{1,2,5,10}を順次代入した、φ(d)の総和であるというわけです。

たしかに質問者さんの読んでおられるテキストの最後の部分は突然結論まで飛んでいるような印象を受けますが、その手前まで理解されているなら、この具体例と比べながら証明を完成させてみてください。
あともう一息です。

似たような顔ぶれの変数のみの議論で幻惑されてしまいそうなら、手に負える範囲での具体例で変数の「顔」を見えるようにしてみることも時に有効となることがあります。
できることなら、変数のみの形式的な議論にもだんだんと慣れていってください。

1240.(untitled) 返信  引用 
名前:TANTAN麺    日付:2018/7/6(金) 22:33
・10との最大公約数が1のものは、
{1,3,7,9}の4個
これは、φ(10)個です。また、10÷1=10ですね。
同じようにして、

・10との最大公約数が2のものは、
{2,4,6,8}だから 4個=φ(5)個
・10との最大公約数が5のものは、
{5}だから 1個=φ(2)個
・10との最大公約数が10のものは、
{10}だから 1個=φ(1)個

これでカウントは以上です。10の約数は{1,2,5,10}だけですから、最大公約数になりうるのは約数であるこの4つだけだからです。

1239.失敗 返信  引用 
名前:TANTAN麺    日付:2018/7/6(金) 22:26
とは言うものの、集合や集合族、写像の定義などは(知っていることに越したことはないですが)最初のご質問の理解には特段必要ではありません。
質問者さんがどういった部分で躓いているのか、どの様な学習段階なのかがよく分かっていなかったので、当然理解できるものとして脱線してしまいました。


質問者さんが学んでおられるテキストのページの上の方にはm=10のときの具体例が簡単に書かれています。
このページの(1)の証明の概略は具体例を考えてみればわかりやすいかもしれません。

m=10として考えます。1から10までの自然数は10個です。この10個の数を、その数と10との最大公約数によって分類して数えてみます。

・10との最大公約数が1のものは、
{1,3,7,9}の4個
これは、φ(10)個です。また、10÷1=10ですね。
同じようにして、

・10との最大公約数が2のものは、

{2,4,6,8}だから 4個=φ(5)個
・10との最大公約数が5のものは、

1238.(untitled) 返信  引用 
名前:Noname    日付:2018/5/27(日) 14:3
Test

1237.(untitled) 返信  引用 
名前:Test    日付:2018/5/9(水) 0:18
Hello, world!

1236.(untitled) 返信  引用 
名前:test    日付:2018/5/9(水) 0:16
A B C

1235.(untitled) 返信  引用 
名前:確認    日付:2018/4/12(木) 20:31
(*) q(bi)≡(p(a1,bi)∧…∧p(am,bi)⇒p(aj,bi)

1234.(untitled) 返信  引用 
名前:test    日付:2018/4/11(水) 19:49
R+

1233.全角スペース 返信  引用 
名前:mochi    日付:2018/2/24(土) 22:57
f(x)=(x-a)^2+b
 f(x) >= b (x in R)
 f(x) = b ⇒
  x = a

1232.tab 返信  引用 
名前:mochi    日付:2018/2/24(土) 22:47

aa
bbb
ccc

1231.tab 返信  引用 
名前:mochi    日付:2018/2/24(土) 22:44
aaaaa
bbb
ccc

1230.web link 返信  引用 
名前:test    日付:2018/1/28(日) 9:50
URL
http://www2.ezbbs.net/07/dslender/

1229.math 返信  引用 
名前:teapot    日付:2018/1/27(土) 19:17
test submission

1228.(untitled) 返信  引用 
名前:test    日付:2018/1/24(水) 18:31
aa


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb