[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
労働安全

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



847.勉強方法の一つ 返信  引用 
名前:通りすがり    日付:2018/12/2(日) 17:56
私が労働安全コンサルタントという資格を知ったのは、7年前のある建設現場でした。それまでは何も知らず、技術士の資格取得に挑戦しよかと考えていたところでした。
でもこの資格を知ったので、考えが変わった。
技術士よりも前に、まず、施工のプロは安全のプロでもあれ、と思ったのです。
安衛法の知識がなかったことから作業員に死傷災害を負わすことがあれば、それは技術者として恥であり、頭を下げて済むことではありません。また、現代では法律に囲まれていて、法違反を犯してから、法律があることを知らなかった、という言い訳は通りません。
という動機で資格取得挑戦したのでした。

ところが、いざ試験勉強をしようとしても、なかなかこれはという参考書は無い。そこで、インターネットで調べたところ、このサイトにたどり着いたのです。何も無い時に、このサイトには大変お世話になった。ありがとうございました。この掲示板の役に立ちたいと思い、当時の私の勉強に使用した参考書を載せます。

@労働安全衛生法便覧
これが一番いいと思います。必要な法令はほとんどある。
A安全法令ダイジェスト テキスト版
ポケット版もあるが、見やすいテキスト版の方がいい。
B安全の指標
これは、資格取得を目指すなら読む必要あり。
C新しい時代の安全管理
これも読んでおいて損はない。ただし、分厚い本なので読むのは辛いかも。
D過去問題集

Aを基本的にして、ここに示された法令を@で読んで確認する。
そして、Dをやりながら、必要な大事な、と思った法令は@をコピーしてAに貼り付ける。
これを繰り返し、Aを自分なりの参考書に変えていく。
こうして作ったAを繰り返して読んで、頭の中に叩き込んだ。

このやり方で、私は1回で合格できました。
あと、今から思うに、受験回数に関係なく、最終的に合格するんだという強い意志、そしてそれを裏付ける取得の目的を明確にすること。もしかするとこれが一番大事なことなのかもしれません。



848.Re: 勉強方法の一つ
名前:管理人    日付:2018/12/3(月) 6:40
ありがとうございました。
最近は新しい情報もアップできていないのでありがたいことです。


849.Re: 勉強方法の一つ
名前:通りすがり    日付:2018/12/3(月) 12:39
注意点をひとつ。
ダイジェストだけを読んで、法令を読んだつもりにならないでください。
特に、ダイジェストでは、法令による措置が双方を求めているのか、どれか一つでもいいのか、はっきり分かりません。ややもすると、双方を求める措置と勘違いします。
なので、必ず法令の原文を読み、確認し、自分勝手な解釈をしないよう注意してください。くどいようですが、間違った解釈で問題の正誤の選択を誤り、不合格にならないように!
試験勉強頑張ってください。来年の合格を祈っております。


850.Re: 勉強方法の一つ
名前:通りすがり    日付:2018/12/4(火) 0:9
参考に勉強の簡単な工程を述べます。

12月、1月は、労働安全コンサルタント試験がどのようなものなのか、調べた。そして、B以外の参考書をamazonを利用して購入した。自宅を離れて地方の田舎の単身赴任での建設現場に従事していると、amazonは大変便利です。
Bは最近の年度版が6月下旬頃に出るので、それを待って購入します。

2月と3月は、Cを時間をかけて、じっくりと理解するよう読みます。

4月からDの過去問題集をやります。毎日、1日に最低5問は、します。どんなに現場の仕事で深夜の1時、2時になろうと5問やります。そして、過去問題集を解くことから考えられる、Aのダイジェストに重要と思う@の法令の条文のコピーを貼り付ける。これを繰り返し、Aを自分なりの参考書に変えていく。
あとは、過去問題集を繰り返しやり、Aを頭に入るまで読み返します。

試験日1か月前は、BとCを読み返します。
試験勉強にさいた時間は、早くから勉強を始めたので、平均すると1日約1時間
ぐらいです。

試験当日、分からない問題は、いくら考えても分からないものは分からないので、日本語の文章としておかしなものを選択するか、又は、5枝のうちの4番を無条件に何も考えず選択しました。無駄に悩んで、他の問題を解く時間を無駄にしたくなかったのです。

以上が簡単ですが、私の筆記試験の勉強のやり方でした。
筆記試験が合格し、口述試験の勉強は、BとCを再度読み返しました。
あと、想定問答集を作成し、口頭での練習を声を出して覚えるまでしました。
これで合格しました。勉強のやり方は人それぞれだと思いますが、参考になれば幸いです。


851.Re: 勉強方法の一つ
名前:通りすがり    日付:2018/12/5(水) 21:2
注意点をもう一つ。
Aのダイジェストは、元方事業者の中の特定元方事業者(安衛法第15条)である建設業と造船業のうちの建設業の建設現場の人を対象にした参考書です。
なので、このことに注意する必要があります。

例えば、統括安全衛生責任者の選任は、建設業と造船業(安衛法施行令第7条)であるが、元方安全衛生管理者は建設業だけ(法令で定められていない)です。
また、特定元方事業者が行わなければならない事項(安衛法第30)のうち、計画の作成(安衛則第638条の3)は、建設業だけです(安衛則第638条の2)。「〜で定める業種」「〜で定める場所」などと条文にあったら、必ず法令を確認してください。

あと、このダイジェストでは、その他の建設業以外の業種のことには、記載が足りないので他の参考書等が必要です。これだけでは不十分だと思います。


852.Re: 勉強方法の一つ
名前:通りすがり    日付:2018/12/8(土) 13:35
(蛇足〜〜作業と勉強の話〜〜)

労働安全コンサルタントの資格を取得した後、技術士の資格試験にも合格した。
そのときの筆記試験対策の勉強方法は、過去6年〜10年の過去問題を集め、その合格論文とはどういうものなのか、を集めてまとめていた。
周りの受験者たちも同じようなことをしていた。
ここまでは、それでいいと思うのだが、中には集めることにあまりにもいっしょう懸命になり過ぎて、それで勉強した気になっている人もいる。
私には、それは勉強ではない。それは作業です。試験対策のための情報や資料等をただ集めてまとめているだけの作業をしているだけです。
何も勉強をしていません。
なので、ここで終わっている人は不合格になるのです。

同様に、労働安全コンサルタント試験の勉強方法で述べたAに@をコピーして貼るだけでは、作業をしているだけです。
この作業に満足して、勉強せずに終わらないようにしてください。
それを活用することで、勉強に役立てください。

今、自分がしていることは、作業なのか、勉強なのか、きちんと認識して勉強することが大事だと思います。
だから、私の勉強時間には、この作業が含まれていない、1日約1時間です。
私見を述べました。誤解のないように!


853.Re: 勉強方法の一つ
名前:通りすがり    日付:2018/12/9(日) 20:48
(訂正)
すみません。訂正です。

C新しい時代の安全管理 → C新しい時代の安全管理のすべて

でした。

845.幅木とメッシュシート 返信  引用 
名前:通りすがり    日付:2018/11/22(木) 23:53
足場の作業床について相談を受けた。
幅木とメッシュシートは、二つとも設置しなければならないのか?
との質問でした。
安衛則では下記の通りです。

(作業床)安衛則563条1項6号
六 作業のため物体が落下することにより、労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、高さ十センチメートル以上の幅木、メッシュシート若しくは防網又はこれらと同等以上の機能を有する設備(以下「幅木等」という。)を設けること。ただし、第三号の規定に基づき設けた設備が幅木等と同等以上の機能を有する場合又は作業の性質上幅木等を設けることが著しく困難な場合若しくは作業の必要上臨時に幅木等を取り外す場合において、立入区域を設定したときは、この限りでない。

相談者は、これを読んで幅木とメッシュシートを設けなければならないと、思ったのです。以前にも述べたように、安衛則を正しく読んで理解していないのです。
双方を求める処置ではないので、どれか一つでいいので、必要ないと答えた。
ただし、二つともやっておく方が良いとは助言した。

現場の人の中には、まだまだ安衛則を正しく読んでいない人が多いことを改めて感じた一日だった。
私も含めて安コンを目指すみなさんも法令は、よく読みましょう。



846.Re: 幅木とメッシュシート
名前:通りすがり    日付:2018/11/23(金) 23:56
この話のあと、別の話題になり安全靴と地下足袋の話になった。
「安全靴は足指の保護に優れているが、鉄骨造等の高所作業では地下足袋のほうが安全で優れている」と言って、安全靴を履かない社員がいるという。
安全靴について安衛則では、

(安全靴等の使用)
第五百五十八条
事業者は、作業中の労働者に、通路等の構造又は当該作業の状態に応じて、安全靴その他の適当な履(はき)物を定め、当該履(はき)物を使用させなければならない。
2 前項の労働者は、同項の規定により定められた履(はき)物の使用を命じられたときは、当該履(はき)物を使用しなければならない。

と規定している。
事業者とは建設業では協力会社のことですから、作業に適した作業靴を選び使用させるのは、最先次請負会社の社長になる。元請は安全作業の確保の為であっても、直接作業者に安全靴の着用を強制することはできない。元請は、必要ならば事業者である協力会社に着用を指導することになる。
だから、協力会社の社長である貴方が、安全のために必要と考えるならば、きちんと作業員に使用させなければならない。また、地下足袋は作業性に優れているため、今でも多くの職種で使われているが、最近は地下足袋型安全靴もあると助言した。
下請負会社も元請と同様で、社員の教育が大事だ。

841.安衛法第29条には 返信  引用 
名前:通りすがり    日付:2018/11/10(土) 16:57
以前、私が勤めていた建設会社で死亡事故が発生した。
私自身は建設現場での死亡事故を起こした経験はありませんが、このことから安衛法の第29条について考えてみた。

安衛法第29条には罰則規定がありません。この条文は、元方事業者が関係請負人に安衛法を守ることを指導し、是正し、指示することを規定したものです。
違反しても罰則規定がない条文ですが、労働災害が発生し、民事訴訟となった とき、責任を問われることがあります。元方事業者が下請事業者、つまり労働者に対する指導、是正、指示等の書類を残すことの大切さは、裁判等で争うことになったときに分かります。
その意味で、安衛法第29条は元方事業者にとって大変重要な条文なのです。
このことを改めて感じました。みなさんもご安全に!



842.Re: 安衛法第29条には
名前:通りすがり    日付:2018/11/11(日) 11:16
元方事業者のうち、建設業と造船業は特定元方事業者なので、安衛法第29条の他に第30条の規定に関する記録を残す必要があります。

また、元方事業者で注文者にもなっている場合は、安衛法第31条の規定による記録も残す必要がある。

元方事業者には、いくつもの記録を残すものがあり、日頃からの注意喚起が大切です。


843.Re: 安衛法第29条には
名前:通りすがり    日付:2018/11/12(月) 17:59
基準監督署の判定は、元方事業者の以前勤めていた建設会社は法令違反なしでした。安衛法第29〜31条まできちんと守っていました。

注文者は工事の発注者ですから、1次下請事業者からみればゼネコンが注文者であり、事業者ではないため、安衛法上の責任は問われず、事故を起こした最先次の下請事業者が法的責任を問われます。

安衛法令は、多くの条文が「事業者は〜しなければならない」という形式です。
この事業者とは、建設現場では下請事業者(協力会社)ですから、その責務は大きいのです。

下請事業者を正しく指導、是正、指示し、労災事故が発生しないよう頑張りましょう。


844.Re: 安衛法第29条には
名前:通りすがり    日付:2018/11/14(水) 17:51
「現場の人間が安全を軽視して作業したために事故が起こった場合、会社の法的責任はない。」、「元請に言われたとおりに作業していれば、もし事故が起こっても下請が罪に問われることはない。」と考えていませんか?

労衛法は主語が「事業者」となっている。「事業者は……してはならない」「事業者は……しなければならない」という表現になっている。建設現場では事業者は下請事業者(協力会社)であり、組織が作業を行うということはないので、事故が起こったときは現場の代表者が罰せられることになる。また、同法第122条で「違反行為をしたときは行為者を罰するほか、その法人または人に対しても各本条の罰金刑を科する」とされている。これを両罰規定といい、現場を指揮管理する権限を持った人を雇用している事業者、つまり経営者にも法的責任が及ぶのです。

きちんとした安全対策を講じていたのに、現場の代表者がそれに反したことが立証できれば別ですが、よほどのことがない限り法人罰を免れることはできず、たとえ現場を見ていなくても、知らなかったという言い訳は通用しません。

下請の責任の重さを十分に認識しなければならない。
元請に言われたとおりにやっていれば問題ない。事故が起こっても責任は問われない。そう考えるのは大きな誤りで、事故が起こった場合、直接作業に手を下していない元請が責任を問われないことはあっても、下請が責任を負わずに済むことはあり得ません。

840.安全衛生管理体制は? 返信  引用 
名前:通りすがり    日付:2018/11/8(木) 22:44
口述試験に向けて。
安衛法での安全衛生管理体制は、総括安全衛生管理と統括安全衛生管理の二通りあります。この違いを簡潔に説明できますか?
つまり、総括安全衛生管理者と統括安全衛生責任者の違いを簡潔に説明できるかです。
これぐらいは、コンサルタントを目指しているのなら、さっと答えられないといけません。基本中の基本です。
基本的なものは、確実に答えられるようにしておきましょう。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb