[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




8842.坪山から三ツ森 返信  引用 
名前:ゴン太    日付:2017年5月23日(火) 23時33分
Original Size: 1024 x 768, 377KB

komadoさん、皆さん、こんばんは。

ほとんどの花が落花した坪山から三ツ森北峰を歩いてみたのですが、このお花の名前がわかりませんでした。もしよろしかったらどなたかご教示いただけると嬉しいです。
http://fyama-gonta.cocolog-nifty.com/noncartrek/2017/05/post-e223.html


8841.入笠山 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2017年5月23日(火) 10時33分
Original Size: 640 x 480, 179KB Original Size: 320 x 240, 49KB

komadoさん、こんにちは!

入笠山のゴンドラ近辺の気温は15度で、今の時期は清々しいです。

スズランにはまだ気持ち早く
カタクリ、ニリンソウ、スミレ、ヒトリシズカ、ミズバショウが咲いていました。
学校登山の学生とマウンテンバイクの人で相当、賑わっていました。


8838.鹿岳・四ツ又山(群馬百名山) 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2017年5月20日(土) 22時24分
Original Size: 640 x 480, 103KB

komadoさん、こんばんは!

今日は、鹿岳・四ツ又山へ。
ラクダのコブのような特徴的な形の鹿岳
ニノ岳の先の岩場は、絶景ポイントでした。



8840.Re: 鹿岳・四ツ又山(群馬百名山)
名前:komado    日付:2017年5月22日(月) 22時42分
なおたんさん、

おーっ!これは素敵に撮れましたね!!
なんとも西上州らしい岩コブも一緒に撮れてるのが良いですよ。

先週は爽快な天気でしたけど暑かった。
昨日今日と暑くて少々しんどいかも。でも今週末は梅雨のは走りのようかも知れませんねえ。。。

8837.酉谷山 返信  引用 
名前:zio    日付:2017年5月18日(木) 23時12分
Original Size: 600 x 450, 101KB Original Size: 450 x 600, 167KB

こんばんわ。
熊倉山のアカヤシオはみごとですね。
当方は酉谷山へ。
今年3度目の浦山大日堂から峠ノ尾根をつめました。
大平山も三つドッケもお目当てのツツジは早すぎ、アカヤシオは名残り程度でした。
避難小屋にお世話になって、帰りは仙元尾根を経由という贅沢仕様、静寂過ぎる時間を、たっぷりと楽しんできました。



8839.Re: 酉谷山
名前:komado    日付:2017年5月20日(土) 23時40分
zioさん、

をを秩父側から泊まりで酉谷とは浦山C。
平日は静かで良さそうですねえ。。。

でもツツジ的には仰るとおり中途半端な時期かも。
シロヤシオは標高が高いから檜洞で見頃だったらおおよそ咲き始めてるかと。
ただ今年の花付きは良くないと見ています。シロは当たり外れの落差が大きいので。

8833.丹沢シロヤシオ 返信  引用 
名前:ba_sobu    日付:2017年5月17日(水) 17時9分
Original Size: 640 x 480, 167KB Original Size: 640 x 480, 325KB

komadoさん、こんにちわ
週末のお天気はイマイチでしたが、日曜日丹沢に行きました
畦ヶ丸避難小屋あたり、シロヤシオツツジの花は!
今年は開花が遅いとは聞いていましたが、そもそも花数が少ない
蕾の数も少ない。ハズレ年ってどなたかがおっしゃっていましたけど
その通りですね、

でも、まぁ 丹沢の緑はすごいです。
このブナ森、ますます林床が涼やかになり 広くなったような気がします。

http://1203.air-nifty.com/_aozora/



8834.Re: 丹沢 大ケヤキ
名前:ba_sobu    日付:2017年5月17日(水) 17時33分
Original Size: 640 x 480, 326KB

そして
ブナの森の中の一本ケヤキ、これも(ご存じの木とおもいますが)なかなかのケヤキ
上の所で二俣に分かれています
反対側からの写真の方が、でっかく見えるのですが。

http://1203.air-nifty.com/_aozora/



8836.Re: 丹沢シロヤシオ
名前:komado    日付:2017年5月18日(木) 22時37分
ba_sobuさん、

ををを・・・この森はあそこかな?
今週末はあの辺りも良さそうと思っていたところです。

スズタケが枯れてスッキリしてるのは本当に気持ちいいけど、
それが本当に良いことなんだろうかと疑問にも感じますよ。
当たり外れの落差が大きいシロヤシオは今年は期待薄でしょうね。

8825.この鳥は?名前なんでしょう 返信  引用 
名前:元若夫婦    日付:2017年5月13日(土) 16時8分
Original Size: 1024 x 768, 149KB Original Size: 1024 x 768, 150KB

komadoさん、こんにちは。またまた場所をお借りします。
私は5月11日(木)。体力保持のため今年数回目の大山へ。ヤビツ峠行きのバスに間にあいそうなので秦野駅下車。平日だし連休後なので空いていると予想しました。
驚き、すでにバス停は長蛇の列。仕方ない、立っていく覚悟をしました。嬉しや増発が出てバス最後尾の5人掛けの真ん中に「着席最後の人」で座れました。
ヤビツからは、大部分の人は丹沢表尾根方面へ向かい、私のように大矢野へ行くのは少しでした。1時間ちょっとで山頂、富士山見えず。一休みして雷ノ尾根を「見晴らし」へ下り「二重滝」から下社へ向かう水平道を歩いていたときです。
道路脇の落石よけの金網にはまってしまったトリがいました。山腹を餌探しながら下っていって定置網にかかった魚のように行き場がなくなったようです。トリは金網から抜け出そうともがいていました。私はひとまず撮影。その後どうやって救出するか思いめぐらしました。
金網は、律儀な日本人仕事ぶりそのもので地面にぴったり敷設してあります。困ったなと立ち往生していると、とうとう金網から脱出。メタボのトリでなくて良かったです。
その時のトリと、金網の敷設がこの写真です。トリはヒヨドリよりは大きく、キジバトよりは小さいと思います。このトリの名前、お分かりの方いらっしゃいますか?
後日該当部署に金網の下に隙間を作るよう報告しようと思っています。



8826.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:komado    日付:2017年5月13日(土) 23時56分
Original Size: 640 x 480, 53KB

元若夫婦さん

しかし平日のヤビツ行きが満員って丹沢ごいすーですねえ!
それはともかく鳥さん、うまく救出できて良かった。
鳥のことはよくわからないんですけど、模様を見る限りキジやヤマドリのメスしか浮かびませんです。。。

自分も昔、同じ事がありまして若いオオタカをうまく救出できたときは
本当にホッとした覚えがあります。



8828.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:takigoyama    日付:2017年5月16日(火) 7時58分
Original Size: 1920 x 1440, 501KB

元若夫婦さんkomadoさんおはようございます。今頃は羽田で9時フライトの金浦空港行きを待つ楽しい時間なのに諸般の事情で、仁王山小白山太白山は中止でガッカリしています。2014年11月竹芝桟橋に向かう道すがらのお亡くなりになった。後頸から肩羽〜小・中・大雨覆の文様が黄葉したように美しいトラツグミさん、お持ち帰りしたかったけど小笠原から帰るのは5日後であきらめました。



8829.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:れれちゃん    日付:2017年5月16日(火) 20時47分
Original Size: 640 x 480, 163KB

タッキーさん、ありがとうございます<(_ _)>

もしかして、トラツグミかも??
と思ってましたが、自信が無くて書けずにいたところ…。
いやぁー、喉のつかえが取れましたー^^:

トラツグミは、土の中の虫を食べるから、
樹林の下にいることが多いのですって。

komadoちゃんが見たオオタカ(私も間近で見たいなぁ^^;)
若鳥は狩りが下手なんだって。
…そんなことも最近知りました(笑)

私が見たトラツグミ、そんなの要らないとは思いつつ^^;
笑ってみてねーー谷津干潟にて。



8831.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:komado    日付:2017年5月16日(火) 23時19分
takigoyamaさん

そうだ。たぶんトラツグミだ!ありがとうございます。
でも鳥インフル騒ぎ以降鳥の死体は少々怖くて。

あちらのお山が中止になったのは北の影響でしょうかね。。。


れれちゃん、

オオタカは本当にラッキーでした。言い方悪いけどよくぞはまったくれた!と(笑)。
だってこういうことがない限り、野生のあの鳥を間近に見るなんてできませんからね。

色々な意味で良い想い出になってます。(^^)


8832.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:元若夫婦    日付:2017年5月17日(水) 11時24分
Original Size: 1024 x 768, 152KB Original Size: 1024 x 768, 93KB

komadoさん、takigoyamaさん、れれちゃん皆さんのおかげで「トニツグミ」と判定できました。
ありがとうございます。takigoyamaさんは韓国旅行取りやめだそうでお気の毒です。
komadoさん、オオタカ救出の時は抵抗されなかったのですか?爪や、嘴が危なそう。
お礼は、鉄道愛好家が多いみたいなので、台湾の「平渓線」の電車。去年行きました。
運転席上になぜか「南無阿弥陀仏」の文字が…。台湾人の友人に聞くと、説明を受けましたが(日本語で)、大胆に翻訳すると成田山のお守りのようなものらしいです。



8835.Re: この鳥は?名前なんでしょう
名前:komado    日付:2017年5月18日(木) 22時35分
元若夫婦さん

救出と言ってもさすがに怖くて猛禽さんには触れません(笑)
金網と斜面の間の空間でジタバタしてたので、林道に落ちていた木の棒を金網の間から突っ込んで、
右手の大きい穴へ誘導して逃がしました。(^^)

それはそうと台湾の電車。某新潟・・・製っぽい顔つきをしているような。。。
運転席の南無阿弥陀仏はなんか気持ちがわかりますね。

8827.王岳南尾根 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2017年5月15日(月) 10時34分
Original Size: 640 x 480, 195KB

komadoさん、こんにちは!

御坂山塊の顕著なピークの1つである王岳。
まず根場から入り、南尾根に取り付く。
クマの爪痕やシカの糞が多い。

巨大な吉井岩が出現し、右手に見ながら急坂をさらに登る。
山頂付近では、シャイなフジザクラが心を癒してくれる。

根場の集落は、今ではのどかに観光地化されているが
1966年の土石流災害の痛手は大きかった。
王岳の山腹が土石流の発生場所となりましたね。



8830.Re: 王岳南尾根
名前:komado    日付:2017年5月16日(火) 23時15分
なおたんさん、

さすがに王岳は標高が高いからまだマメザクラが残っているのですか!

それはそうと根場は観光施設ができて本当に変わりましたね。
あそこは以前はだだっ広い平地で、なんでそうなっていたのかは藤井本で知ったのかな。
ひさしくご無沙汰しているので、一度行かねばとは思っているんですけどねえ。。。

そうそう吉井岩は正確には吉沢岩です。松浦本でも訂正が入っているはずです。

8822.吾妻小舎へ 返信  引用 
名前:元若夫婦    日付:2017年5月7日(日) 12時42分
Original Size: 1000 x 699, 104KB Original Size: 1000 x 667, 108KB

komadoさん、こんにちは。場所をお借りします。
5月2日、3日で吾妻小舎に行きました。吾妻スカイラインの途中にある、不動沢橋で夏道から入りました。五色沼からはスキーのコースで浄土平に下りました。慶應山荘までは、絵符が過剰にありましたけれど、五色のコル方面には吾妻スキー場開設時(今は閉鎖)には、たくさん有った絵符はありませんでした。風で飛んでしまうのですね。
東日本大震災以後、私がツアースキーのコースを歩いたのは初めてです。「東吾妻山〜高山下り」で検索すると最近のものが当たらないので、行く人が少なくなったのですね。
吾妻小舎の遠藤さんが地震の年に亡くなったことも影響大です。
気持ちの良い吾妻小舎に泊まり、翌日は東吾妻に登って、浄土平からバスで帰りました。
スキーを担ぐのは加齢と共にしんどいです。滑り方もヘタでしたが、もっとヘタになりました。そして道具も加齢です。



8824.Re: 吾妻小舎へ
名前:komado    日付:2017年5月7日(日) 23時47分
元若夫婦さん、

山スキーされるんですね!
それはそうと震災以降あちらの方はあまり宜しくない話がいろいろ入ってくるので、
吾妻小舎のお話を聞いて少々ホッとしました。

GWなのでまだ雪はありそうですけど、一月経てば雪国も花の季節。
今年はどこか歩けたらなあと思っております。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb