[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
児島宮教学部 歴史探訪 掲載情報の著作権
美しい歴史の中に埋もれている,真の国日本を取り上げました

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



907.神とされるのは世界に、メソポタミアと児島宮祖系だけ 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/9/8(土) 8:20
「神とされるのは世界に、メソポタミアと児島宮祖系だけ」

華夏七代の越国の楚となった、無予が天神つまり神と、なっていた。
日本の紀元前の元祖が越国の無予である。
呉越とケルトが神とをヨーロッパに、広めたのが神の始まりとなっていた。

呉越とケルトは越王勾践が中国の覇者となり、ケルトが神とをヨーロッパに、広めたのが神の始まりとなっていた。

「天皇とは足利義満が国王としたのは、イタリアのローマ法王と?」

イタリアローマの法王とは、どういう意味になっているのか?おそらくケルㇳ音から、後でつけられたものであろう。
それは夏王朝だけが、神とされて、いるからである。
つまり越国だけのケルト人の使った中国香港での、天皇しか、仕えないのてす。
日本の明治以降にも、間違って、使っている事がこれで判ります。
菊の紋も、天皇と名乗っていても、天皇では無いので、菊紋のの使用は、間違わない為にも、天皇と名乗っても、紋は禁止されていた。

日本では天皇とされたのに、紋の違うのが天皇の紋として使用されていたのが、越天皇とはならないのです。
世界の神に、神はメソポタミアしか、使用されていないのが、ここにはっきりしています。
菊の紋をみだりに、使用されないのが見とされる天皇なのです。
皇室が菊の紋を使用するのは、神り歴史に反する事になります。
神とされるのは世界に、メソポタミアと児島宮祖系だけです。

足利義満公が、鳳凰を使用したのは、紀良子の先祖が、後鳥羽院に関係があったから、思いはせて、いたのあろう。
土御門系は父が源でしたので、天皇系の遠戚に当たられます。
伊達政宗公も、同じ遠戚に当たられます。佐久間不干斎も同じ遠戚である事が政宗公のとの文で知れる。

「ケルト文字が福岡県朝倉郡夜須の広域から調査で発見されていた」
巣、小熊、山隈、が朝倉窯と呼ばれている。
朝倉というのは斉明天皇の墳墓から名づけられている。天智天皇と舒明天皇は平山とも、呼ばれていた。
平山の原初はウガヤ御陵命名となっていたが、紀元前二百年前の、ビン越祖、越王無渚も天皇と呼ばれていた。
越王無渚の息が越王丑王或は八尾王となる。漢の武帝により、日本筑紫へ移り夜須と名付けた。
夏王朝の都は会稽の安邑であった事から、筑紫の夜須と名付けた。

何故日本と名付けたのか、それが天神があるのは、日本だけになっている事にあり、神と天神は一致したところから、日の丸が日本の標となっていた。
これを開設しているのは、夜須の児島宮だけなのは?神故である。
古代を解明するには、児島宮を知らねば、
解明は不可能だろう。

邪馬台国が何故今も解明出来ないのは? 不可解?事を見間違っていた。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

906.神の国と人の、つながりに、背くのは、人も国もすべてが、消失するで゜あろう 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/9/4(火) 17:16
福建省平山県屛山の治城のビン越王、無渚が、中国での天神家の別名、スメラ尊平山也。
日本でも、天神は平山、天皇系図を作成した。
この朝倉夜須で四熊で、四百年の時をへて、振り返って、見たら、庶民の目は、すっかり変り果てて 天神のおぼしめしに、感謝する事を忘れて、しまった。 
奉公しないばかりか、叛旗さえする始末、これまでの児島宮先祖が、何の為に、力を注いでこられたのか、振り返ってみよう。

鎌倉時代の後鳥羽上皇の息、頼任親王の跡継ぎ、東寺長者道乗は、門跡の祖となり、日本の社寺の、あり方の御手本となられたという。

東寺長者道乗子頼宴親王は、足利尊氏が追い詰められた時、九州に逃がし、たので
室町幕府が成立した。
頼宴親王即児島高徳は太平記を、作成し、今の日本の歴史を、正しく描き上げていた。
児島高徳は日蓮宗の日朝に、就かれ、京はじめ岡山にも、多くの日蓮宗の寺をお立てになり、天皇から、大覚大僧上の名を杯した。
愛知の西広瀬と東広瀬に城を建てられ、室町時代の、栄えとなられた。
室町時代には熱田神宮と、神官と、宮廷と幕府の安永に、つくされたとある。
室町時代が乱れ、戦国の世になると、近衛中将助安(佐久間孫五郎)は、禁裏と幕府の安定に、つくされ、従三位となり、寺社の創建にも、役目をはたされていた。

戦国の世を、織田信長が、では無く、愛知の西広瀬の佐久間信盛は、茶道や相撲、楽市楽座、歌舞伎、甚句にも、そそがれた。これが基で、信長から、追放され、息の不干斎共々、七カ国を召し上げられ、息を夜須へと、移されたのが、呉島宮の、由来。
近年、児島宮祭主は、先祖の系譜を書かれ、日本の生い立ちが、中国にあると、本の中に書かれたのが、中国の神話だったのが、河姆渡遺跡の調査へとなり、二十年の今日、中国の古代、まで、浮かび上がらせ、福建省屛山に、八尾王までも、浮かび上がらせていた。
日本の夜明けとなった、今から三年前の福建省屛山の治城の平山駅から発見された事をネットで、紹介している。
それから、中国王朝の華夏と夜須のつながり、もネットで、紹介した。
これが 児島高徳の太平記による、越王勾践で、最近ではヨーロッパケルト人と、夜須の関係も、紹介している。
日本歴史の未知が、ようやく、判りだしたのは、神々の託宣によるものであった。
      
今の祭主は楽市楽座を用いて、大分湯布院の町起こしから、日田豆田の町起こしや、吉井の町起こしを、伝授されたという。
夜須では、役場に町おこしを持ち込んだが、総務課企画課、産業課から、ことわらけれ、朝倉JA参事の知人幾武氏、の協力により、直産販売トマトとなり、今の道の駅の原点ともなっている。


 

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

905.神社は人が神に、受合う場所であり、交わるところであり、橋は川を渡る為であり、人が渡る事が、できる 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/8/5(日) 12:7
国とはなにか、天皇とは何か、まったく、知られない、国の根幹
国が国会では無い?
国は神となす、神武が天皇だと、し、国を開いた所有者となっている。

教育では、国のおいたち、が国を開いた所有者、神武が国のあるじ、としているそれが神武の系統の呼び名が天皇であった。 或は越国の天神(神の総称)
これに従った人民共に、国を日本と呼び、神武の先祖が、福建省平山県??山の治城のビン越王、無渚が、中国での天神家の別名、天皇と、香港の客家は、われらの、神と、心情しているという。
ここに取り上げたのは、国とするのは、市有者であり、国の根元でもある、神とする神武に因み、まつり事つまり統治制度が確立している。 これを教育では、、明治天皇になり、だが、間違えては、ならない?
天皇は日本国の根幹でもあり、
これは、相応するので、正しい、
だが、

明治革命は、西郷や長州の桂、土佐坂本龍馬によって、土かわれ、たと、
されているが?
NHKテレビの連続ドラマ、西郷隆盛は、国の為に動いたと、しているが、まったく、国? の為ではなく、薩摩藩島津斉彬、に従事、斉興からは、疎まれ、遠島罪になり、開放されてからは、
斉彬、は斉興の妻、お由良事件により、毒殺で暗殺され、その後は、
西郷や長州の桂と手を結び、
長崎のイギリス武器商人グラバーやフルベッキに、そそのかされ、革命となり、その後は、明治政府の敵とされ、打倒された。

国会、憲法、政治は昔は統治で、今の国会とは、相似しない
、国とは何であるのか、学校では教えては、いない。

国会も大嘘である。介して、ではない。
会、介してとは、国と神武、神と介してである。国とは何かは、冒頭で取り上げた。

ここで今の国の天皇? これはまったくの、でっち上げで、大嘘吐き、
その実態は、朝鮮出身の、俗に言うところの、山口県田布施村朝鮮部落の、大室を名乗る、虎吉が、革命に加わり、天皇らに、まつり上げられていた。
大正天皇、今の皇族含む? 皇族とは、これも、でっちあげられ、皇とは中国の呼び名?に始まる、名の事で、朝鮮は中国の漢の武帝により、定められ、三韓ともする、朝鮮は、その千年前、殷の崩壊して、箕氏に授けられた地の呼び名が中国の朝鮮である。

今の天皇は、北朝鮮族、佐賀県多布施邑の在日北朝鮮人、大隈重信と柳原の子を、大正天皇と、でっちあげ、である、天皇、政府、国会と関係でもなく、日本とは何の関係もない、赤の他人が、伊勢神宮祭主としたり、出雲大社に嫁がせたりして、神の存在を消滅させている事は、日本国にとり重大な犯罪でもある。
国とは何か、が、このようでは、
神の存在を消滅させている事は、日本国にとり重大な犯罪でもある。

何が国か?もう一度、確かめよう。

つながりは、神と日本人は、つながって、いるから、日本人という。
これが日本の原点でもある。

神社は人が神に、受合う場所であり、交わるところであり、橋は川を渡る為であり、人が渡る事が、できるのに、道すら、つながりによる、神と神武天皇によって、出来た道である。里道すら、人は神によって生きられているので、遮断は神に反する行為となる。
憲法は人を裁いているのは、理不尽な行為である。
人は神では無い、 神と約束して、つながりが、始まる。これが人のつながり、である。

ここに、あるように、日本と国は、神と人のつなかりによって、神武天皇の開いた国が人を、日本人となっている。
中国も日本と同じ、夏王朝の神によって、つながり、神話に書かれているように、神により中国と人、が歴史を刻んでいる。じょか、とふぎ、は、国のおいたち、であるように、神と、つながり、なければ、人と国は出来ないのである。

神を、あしらう今の憲法は、神のように振る舞うが、人や国は消失している。
国無くしては、生きる事は困難だろう。 流浪の民は、悲惨なものとなっている。

神の国と人の、つながりに、背くのは、人も国もすべてが、消失するで゜あろう。

ヨーロッパの国々も、ケルト人により、神とのつながり、で、国が治まっている。
この ケルト人は、 日本の先祖の、中国の紀元前六百年前に、覇者、越王勾践によって派遣された、人達が、神の名の基、つながりを、地の人々と、もち、国々が開かれたと、されている。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

904.夜須下高場田屋から出土した、布江は河姆渡遺跡からも出土、うりふたつ、である 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/7/7(土) 18:23
福大の武末教授により、布江が西日本新聞に掲載され、その後、日本最古の磁器墨の、解読が、同じ夜須広域遺跡から出土、していたのも、ああさか陶邑記事や大阪堺、発見の、須恵器の年代は、五世紀後半説は、ケルト文字刻印から、時期に誤りが、あると、何度も、警告している。
ここに中国と日本は、祭礼の際の瓢箪かぶりから始まったとされている。ふりふたつ、に、なっていなければ、歴博のねんだい詐称と、同じになるだろう。
祭礼の際の瓢箪かぶりから始まったとされている。

漢書地理誌に「その王は皆夏王朝の始祖禹(う) の子孫であり、又その子孫、帝小康の諸子の後胤」と書かれている。

中国の王朝の夏王朝、の王女と結ばれて生まれた子が、殷族の、周王朝、で、 息は七国に分かれ、春秋時代へと ... 日本画でひょうたんとは夜須のウガヤ王の家来家臣、ウリ公のことで仙人でも知られる。これからひょうたんから煙が、天に ...
児島宮教学部 他おいて、夏王朝と日本の繋がりを、立証できる人は、いない。
児島宮教学部と瓢箪ひさご、なくしては、解明は、不可能であり、立証は、出来ない。
児島宮教学部は日本には、重要な存在、(笑) 
彼は日本人であるとされ、腰にひょうたんをぶら下げて海を渡ってきたから、瓢公と呼ばれたという。これは日本人、を、かちあわせて、いた。

夏王朝の禹は即位後武器の生産を一時止め、農民を苦しませず、宮殿大増築を先送りし、市場の税、関税を免除し、行政の規制緩和を敢行しました。
末裔佐久間信盛は、ひさご的、な、楽市楽座をしました、一時止め、農民を苦しませず、宮殿大増築を先送りし、市場の税、関税を免除し、行政の規制緩和を敢行しました。そして鳳凰を残していました。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

902.重要な、ケルトの神と日本の、農地の補助整備事業、で出土、磁器のケルト文字、が、重要なのは、 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/7/1(日) 15:2
今だに、福岡県朝倉郡夜須が、日本の始まり、開闢とは、知られていないので、日本とケルトの関係を解る人は、いない。
ネットで、見かけているのは、解釈と説明が、マチマチで、立証は、出来ていない? ここで何故?出来ないといえるのか、について、説明に進みます。
一つは、日本の、なれそめ、が、何処に、始まりが、あるのか?
日本考古学協会、歴博さえ、真実に適合していない、年代まで、辿りついていない。
完全に挫折しているのです? どこに、始まりがあるのか? 歴博の元、今村峰雄教授には、児島宮教学部が、児島宮について、告げていました。弥生といわれた、始まりの時期が、児島宮にしか、判らないので、
児島宮の秘密、が、日本の始まりを知る上で、重要だった、からです。
日本の、なれそめは、ここから、始っていたのです。神社の祝詞に、神々について、説明されています。筑紫野ひむか、の、たちばなの、おとの、大木原、ここから、祭祀が、始ったという事で、二年前から、天孫降臨地が、夜須の大木遺跡、教育委員会文化財課、の調査に、よって、
その大木遺跡から、甕棺に、線刻されていた、夜須大木が、農業と神を、表していた事が、夜須郷土史会、吾も、その中の、一員で、研究会で、知る事が、出来た。今から三十年前、あたりの事。
私が、幼少の頃、大木は曾根田川よりも、高い丘にあって、畑地で、薩摩芋が、栽培されていました。その栽培者が、私に、話して、くれたのが、畑作業していると、甕棺には足を、取られ、ていたという、この周辺、字前田と字大善松は甕棺墓で詰って、居た事は、知っていた。
ここが、天孫降臨地と、気づいたのは、大木遺跡から、甕棺に、線刻されていた、夜須大木が、農業と神に、関わって、いた事だった。
この事は、西日本新聞でも、全国に、広がり、それからは、消えてしまった。
その頃、歴博と佐賀、吉野ケ里調査が七田氏、によって、明らかに、され、有名になっていた。

日本の始まりは、どこ? なの、というよりは、農業が盛んになったのは? 甕棺の集落の多さ、で、その 集落の広さは、だんとつ、朝倉広域意外には、見出されていない。
日本の始まりで、重要なのは、三年前の中国浙江省、屛山平山駅の地鉄工事により、児島宮との関係の、児島高徳の太平記の中に、夏王朝の、越国の最後のビン越、無渚の、治城が、調査により、軒丸瓦が、始めであるという、それが天皇と、されていた事が、朝倉夜須との重要な、一致が見られた。
ウガヤの子が神武天皇初代である事は、日本でも、前から知られていた、が、天皇の始まりが、今でも、解明には、至っては、いない。

ここで重要な手がかりは、今でも、説明には、至っては、いない?
今でもネット上では、「日本とケルトの、関係」は、説かれては、いない?
児島宮教学部では、越人に、関わる調査を、探して、岡山の児島林の、児島高徳について、探索の旅を、行った。熊野神宮の神官からも、お話しを伺った、それは照合にあり、ここにも八尾稲荷神社や黒田神社について、説明いただいた。吉備津神社では、神官の貝原氏の家紋について、お尋ねしたが、照合には至らなかった。
岡山城では、児島宮との関係を、佐久間不干斎に見られ、天神町の磐余と佐久間甚九郎稲荷の語源の一致を、確認できた。
甚九郎稲荷の語源の一致が、屋根に、見えた鳳凰が、越国の象徴ではあった。
又岡山城では甚九郎家の十六葉菊紋が、古代を物語っていた。

ここからは、ケルトと、「児島高徳の太平記」の、繋がりで、天皇家は、越王勾践から始まっていて、ビン越の無渚子の丑王が八尾王であることは、ビン越で検索すれば、見える。 この丑王が八尾王が?漢の武帝により、国を失い、住民十万人と、東夷に移動したのが、遺跡の照合で、児島宮教学部 が解明した。
ここに日本と天皇と、ケルトの関係は、児島宮教学部しか、解明は出来ない。
児島宮教学部しか、解明は出来ないに、ついて、
児島宮には、口伝しか、ありませんので、立証は、出来ません。
掲載のケルトに、関しては、児島宮教学部の許可を、受けてください。


Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko



903.朝倉窯が国指定に、オガムケルト文字は、ドルイド(神官)祭祀に用いられた
名前:児島宮教学部    日付:2018/7/7(土) 17:24
オガム文字(オガムもじ、アイルランド語: Ogham、オーム文字とも)は、中世初期に原アイルランド語および古アイルランド語の表記に用いられたアルファベット。アイルランド島と、アイリッシュ海周辺のウェールズ、スコットランドなどに残された碑文に見られる。

4世紀またはそれ以前に発生したと考えられ、5-6世紀に盛んに用いられた。横線を基準としてその上下に刻んだ、縦または斜めの直線1-5本ほどで構成され、直線的で比較的単純な形をしており、線の数で音の違いを表現するなどの特徴がある。一種のアルファベットであることから、ラテン文字をもとにして作られたという考えが有力で、4世紀頃にアイルランドでキリスト教社会が成立した頃、ここでラテン文字の影響を受けて成立したともいわれる。またルーン文字と関係するとの考えもある。

碑文は土地の所有者などについて記したものが多い。またドルイドによって神聖視され、祭祀に用いられたともいわれる。

ケルト文字の発祥地は、中国華夏人、越祖の天神七代の無予、末裔越王勾践から、ヨーロッパ、え進出したのが、ケルト人と呼ばれた人達がいた。文字はすべて口頭によって、とされ、日本伝承記録も、口頭によって、書き残されているのが、一致している事により、明らかとなった。
それは日本の最古の龍窯の相似は、宗時代にも、交流があり、神仏と深く、関わっているのは、日本人なら、歴史で、習って、知っている。
日本の平安時代や鎌倉初期に、越州窯が、持ち込まれたのが、出土により、見る事ができている。夏王朝の瓜に因む、中国と日本の、繋がりが、近年児島宮教学部によって、ネット上で、報告されている。
中国と日本の伝統は、児島宮教学部、姒氏、のうり二つ、の解読に、含まれていて、灰色硬質磁器、名須恵器は、重要な項目で、此れ無くしては、解読は、出来ないであろう。
日本の須恵器の時代と、神仏の起こりは、中国最後の、越王八尾丑王の、漢の武帝の朝鮮統治で、日本筑紫や夜須で、華夏祭祀で、朝倉窯(灰色硬質磁器)が焼成され出した、以外に夜須の言語は、なかった、であろう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AC%E3%83%A0%E6%96%87%E5%AD%97 Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

901.夜須の遺跡は、農地の補助整備事業によって、遺構が確認されだし、しだいに明らかとなる 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/6/17(日) 10:47
夜須の遺跡は、農地の補助整備事業によって、遺構が確認されだし、記録が無かった、空白の未知部分が判明に至っている。
それまでの古代の歴史は、五世紀以降から、しか、だが不可解な文章で、「教育委員会文化財課報告書」であっても、西暦ゼロも年以降五百年までの、奉告は、正確では無く、あくまでも憶測に、過ぎなかった。
それまでは邪馬台国、に、固着し、空想の段階となっていました。
そのようで、年代時期にあっては、千葉歴博が主導権を行使し、縄文、弥生という、土器出土地の呼び名で、描かれて、いて、真実の時代は、不可解のままで、通っていた。

云える事は、五世紀以前、の空白が、農地の補助整備事業によって、解明には至っておりません。2018の今、児島宮教学部による、ネットウエーブのホームページで、独自の記録を、二十年間、掲載してまいりました。この記録に、間違いが、なかった事が相して、
近年、中国でも開発化が、進み、越人の居住地が安吉であった事と、その時の発掘で出土した、陶器や磁器と、夜須の出土した、陶器や磁器、石棺や甕棺等が、浙江省や、福建省と、相似している事が、児島宮教学部により、判りだしました。
二年前から、中国では都市の進化に合わせて、屛山平山の地鉄工事のおり、日本と平山の関係を解明する、それに合わせて、ヨーロッパケルト人、との関係が、つながっている事が、判りました。
ここに、重要な、ケルトの神と日本の、農地の補助整備事業、で出土していた、磁器のケルト文字、が、重要なのは、いうまでもありません。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

896.児島高徳の《太平記》が示しているだけに非ず、日蓮宗の大覚大僧上(児島高徳)もある 返信  引用 
名前:児島宮教学部    日付:2018/5/4(金) 8:55
《太平記》が伝えるのみであり,そのために実在の人物ではないとする学説もあったが、これは明治の改竄文書そのもの、偽天皇一味が作成、した、のが今に引きずっている。
児島高徳が、実在して、いなかったら、明治の近代日本そのものも、脚本したものとなるだろう。
遺跡は伝統あってこそ、なるもので、遺跡調査は、実在伝統破壊そのものである。一口で言えば、実在が、脚本されるように、改竄がその後行われる事が起きている。

児島宮教学部が、つきとめた、文書は、再生となる伝統を、再現できた上に、実在の人物となり、改竄した明治以降が、これは明治の改竄文書そのもの、偽天皇一味が作成、した、のが今に引きずっている。
児島高徳の実在がなかったら? 天皇そのものの、実在はすべてが、脚本されて、NHK歴史ドラマや、韓国の歴史ドラマも、脚本に成り下がる、のは、実在が、伝統が再生できなく、なって縄文時代一千年が、立証できる事は不可能となる。
伝統とは種であり、実在証拠で、再生は可能となっている。
 
種は実在でもある、失えば、すなわち、脚本で、架空を文に、しただけで、実在は、再生は不可能であろう。
おりしも憲法の日にあたり、国会で改正改竄すれば、憲法の根拠は、再現は不可能となるであろう。
いわば、憲法を改正改竄すれば、それは、遺跡の発掘調査に、同じである。 つまり永遠では、無い、全ての伝統破壊でしかない。

大覚大僧上は1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、与えられた名で、実在がないとするモノは、不可解な脚本家に過ぎず、実在破壊にすぎず、再現は出来ないし、不可能である。
大覚は大僧正に任じられた。その後大覚は真言宗の福輪寺・良遊と法論して論破し、その寺を改宗させた。
大覚大僧正の第六百五十遠忌を迎えた。御正当の4月3日に日蓮宗大本山妙顕寺で盛大に法要が執り行われたのを始め、日蓮宗本山妙覚寺、日蓮宗本山立本寺、本門法華宗大本山妙蓮寺と、京都の各本山で報恩法要が営まれている。…

その後の大覚妙実は、古来の往還(福輪寺畷)の北の山中にあった真言宗福輪寺へ赴き、住職良遊と法論の末、住職良遊は大覚妙実に帰依し日蓮宗鷲林山妙善寺と改め、富山城主松田左近将監の外護をえて、 津島市場に移転し、以後教勢いよいよ盛ん
公家や武家と妙顕寺の接近をはかり、備前・備中・備後(岡山・広島)の布教に功績を残している。

児島高徳幼少、高丸は伝統、天皇にのっとって、京都大覚寺で、亀山天皇娘に、養育されたので、大覚大僧上と後光厳天皇がなづけられたとある。これは実在を後光厳天皇が、児島高徳と明かされている事になる。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko



897.、今上天皇の直系祖先とされるのは、脚本による改竄で、まったく無関係
名前:児島宮教学部    日付:2018/5/4(金) 8:42
亀山天皇の娘(? - 1329年)は今上天皇の直系祖先です。Pseudo Hacksでは、今上天皇の直系祖先とされるのは、脚本による改竄で、まったく無関係な佐賀大隈重信と柳原女の間にできた大正天皇も脚本改竄されたもの、これは、天皇継承ではない、伝統種が無いと、天皇ではない。 
今上天皇が来年退位され、国会が上皇とするのも、明らかな脚本による文書改竄でしかない。上皇にはなれない?それは、伝統にのっとって、ではなく、宮内庁も明治に、脚本されたもので、伝統の無い、ものは、やはり脚本でしかない、上皇でししかない。
 
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


898.嵯峨の大覚寺に入られ、准三后昭慶門院憙志の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます
名前:児島宮教学部    日付:2018/5/4(金) 9:45
嵯峨の大覚寺(真言宗大覚寺派の大本山)に入られ、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。 ここにも表わされていた准三后昭慶門院との、関係と云えば、亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。
東寺の門跡祖は、児島高徳祖東寺長者道乗で、ある。

昭慶門院(しょうけいもんいん)とは 1270−1324 鎌倉時代,亀山天皇の皇。 文永7年生まれ。母藤原雅平の娘雅子。永仁(えいにん)元年内親王となり,4年院号をあたえられる。後醍醐(ごだいご)天皇の皇子世良(ときよし)親王の養母。亀山天皇から甲斐(かい),越前(えちぜん)などのおおくの荘園を譲与された。元亨(げんこう)4年3月12日死去。55歳。名は憙子(きし)。
鎌倉後期の女院。名は喜(憙)子。生年は文永7(1270)年とも。法名は清浄源。亀山院の皇女。後醍醐天皇の皇子世良親王を愛育し,同親王の元服をみた日に没したことが『花園天皇宸記』に記されている。同女院に集積された皇室領は世良親王に伝領された。

八条院は、以仁王の姫宮を相続人として決めていたが、建久七年(’’九六)正月の八条院の病による女院領処分の際、昇子の父後鳥羽天皇が昇子への伝領を主張したものの、八条院は聞き入れず、安楽寿院領をはじめとする八条院領は以仁王の姫宮に伝領されて、姫宮の死後、昇子に処分されることとなったとされ、女院が治天の君の意向に対
抗しうるだけの強い処分権を持っていたことの証左とされ (5) ている。

これは亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。 15歳または17歳のときに元服し、児島三郎高徳となる。 脇屋義助の奥方も「太平記」で有名な南朝の忠臣・児島高徳の娘です。
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


899.光厳天皇から後円融天皇までの5代5人を北朝
名前:児島宮教学部    日付:2018/5/4(金) 19:40
神皇正統記 後鳥羽天皇 土御門天皇 順徳天皇 仲恭天皇 後堀河天皇 四条天皇 後嵯峨天皇 後深草天皇 亀山天皇 後宇多天皇 ... 耶麻土」と訓(くん)ぜり。 わが国の漢字を訓ずること多くかくの如し。おのづから「日の本」など云へるは文字(もんじ)によれるなり。
〔神皇正統記〕 第八十七代、第四十六世、後嵯峨院。諱は邦仁クニヒト、土御門第二の御子。御母贈皇太后源通子ミチコ、贈左大臣通宗ミチムネの女、内大臣通親ミチチカの孫女なり。承久のみだれありし時、二歳にならせ給けり。通親の大臣の四男、大納言通方ミチカタは父の院にも御傍親バウシン、贈皇后にも御ゆかりなりしかば、収養シウヤウし申てかくしをきたてまつり。

光厳天皇から後円融天皇までの5代5人を北朝と南朝の後亀山天皇が北朝の後小松天皇に三種の神器を渡し、南北朝が合体した明徳の和約。
八条院領は、鎌倉末期に、亀山天皇の系譜である大覚寺統に伝領されました。

光厳院禅定法皇(北朝初代天皇光厳院)は、正平七年(1352)頃、南山賀名生(現奈良県五條市)の山奥の楚囚([囚人])を赦されて、都へ還御された後、世の中をいっそう悲しく思われて、姑射山([上皇・法皇の御所])での暮らしをやめられて、汾水([汾河]=[黄河第二の支流])に陽神([男神をがみ]=[男性の神])の花の位を捨て、もっと身軽になりたいと思われました。([末通る]=[最後まで一貫する])、方袍円頂([僧侶の身])である出塵([出家して僧となること])の僧となられ、伏見の里の奥光厳院(金剛寿院)と呼ばれる幽閑([奥深くて静かなこと])の地に住まわれました。
吉野朝、光厳上皇らを拉致・幽閉
足利義詮(あしかがよしあきら)が京都から撤退した結果、吉野朝(よしのちょう)側は、念願の首都奪回を果たした。しかしながら、後村上天皇(ごむらかみてんのう)の京都への帰還は、しばらく先延ばしとなり、北畠親房(きたばたけちかふさ)と顕能(あきよし)父子だけが、京都に入った。

北畠父子は、京都の政務全般を取りしきり、その他の公卿たちは依然として、八幡にいる後村上天皇の下に伺候(しこう)していた。

吉野朝年号・正平(しょうへい)7年(1352)うるう2月23日、中院具忠(なかのいんともただ)を勅使として、御所にあった京都朝廷保有の三種神器(さんしゅのじんぎ)が、吉野朝廷へ引き渡された。

「この三種神器は、故・後醍醐先帝(ごだいごせんてい)陛下が、延暦寺(えんりゃくじ:滋賀県・大津市)から京都へご帰還の折に、京都朝廷に差し出されたものであるが、実はニセモノである(注1)」との事ゆえに、ヤサカノマガタマは廃棄処分となり、アメノムラクモノツルギとヤタノカガミは、天皇の身の回りの世話役担当の貴族がもらい受けた末に、六衛府(ろくえふ)用の太刀と、装束姿を正すために用いる鏡になってしまった。
光厳天皇の用語解説 - 北朝初代の天皇。後伏見天皇の第一皇子、母は広義門院。御名は量仁、法名は勝光智。後醍醐天皇の皇太子となり、北条高時に擁立されて践祚されたが、北条政権の滅亡により退位し、太上天皇となられた。
光厳天皇は、持明院統の後伏見天皇の第三皇子で、一般には、「北朝の初代天皇」と解されている天皇です。足利尊氏の後ろ盾を得て復権した後醍醐天皇が、光厳天皇を廃して重祚し、その後尊氏との抗争に敗れて吉野へと逃れた事によって、吉野の後醍醐天皇と、光厳上皇の院宣を受けて京都で即位していた光明天皇により南北朝の並立が始まる。




Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko


900.岡山の地に初めて日蓮の教えを伝えたのが大覚妙実(だいかくみょうじつ)
名前:児島宮教学部    日付:2018/5/4(金) 11:11
大覚妙実
大覚(だいかく、1297年(永仁5年)- 1364年5月5日(貞治3年4月3日))は、南北朝時代の日蓮宗の僧。名は妙実。幼名は月光丸。
初めは真言宗の僧であった。1313年(正和2年)京都布教中の日像の説法に共感し、大覚寺の地位を捨てて弟子となった。1342年(康永元年)妙顕寺2世となった。1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。
岡山の地に初めて日蓮の教えを伝えたのが大覚妙実(だいかくみょうじつ)であった。 大覚は幼いころ出家し、はじめは真言宗の僧であったが、京都で日像(にちじつ)の説法を聞いて、その弟子となり、日像から妙実の名前を与えられた。
大覚 だいがく. 1297−1364 鎌倉-南北朝時代の僧。 永仁(えいにん)5年生まれ。日蓮(にちれん)宗。京都妙顕寺の日像に師事して同寺をつぐ。中国地方に布教,備前法華(ほっけ)の地盤をきずく。延文3=正平(しょうへい)13年(1358)雨ごいの効験により,後光厳天皇から大僧正に任じられ,日蓮に大菩薩(だいぼさつ)号,日朗・日像に菩薩号があたえられた。
公家出身の大覚妙実のようくげだいかくみょうじっ

妙顯寺の寺紋は近衛牡丹紋です。 ただ妙顯寺の近衛牡丹紋は枝葉や花の細部が異なっていて、珍しい形の近衛牡丹紋とされています。 妙顯寺の寺紋が近衛牡丹紋になった由来は、 妙顯寺第2祖(第4世)、大覚妙実上人の出自に関係しているとされています。大覚は岡山の頼任親王の男、東寺長者道乗、が関白祖良美の猶子として、近衛とも、天皇の警護から、この名がある。
児島高徳家は公家とも称され、末裔の佐久間孫五郎も、近衛中将助安を、京の公家と、されている。
これは天皇胤を称したところから、公家とも称された。藤原関白五摂家の中、近衛事。

嵯峨大覚寺の宮と称せらる。嵯峨の大覚寺で真言密教を学んだ後、日蓮の高弟僧「日像」の薫化を受ける。 大衆にわかりやすく説法し、近畿や中国地方までも広く名声を得ていた。

大覚寺は是非、中国の洞庭湖を模して造られました大沢の池とあり、中国の西湖に因んでいる。
天皇はここから始まっている。中国の越国の王が天神の初原である。
てんのうは、てんのう知らずして、天皇ではない。

少なくとも紀元前1100年頃には<越>が建国されていた。中原には<周>の初期王朝があった頃である。越王の允常とその子 句践の他は何も書かれていない。
中国江南地方から日本へ移住した呉人、越人と判明したといわれている。
洞庭湖には、明確に龍神の棲む龍宮と、日本の浦島太郎伝説とそっくりの伝説があったのです。 この話は、『拾遺記』という後秦時代(384年から417年)の王嘉という人が撰した「志怪小説(しかいしょうせつ)集」若い漁師が女性を助けるのですが、その女性は実は龍女で、漁師は彼女に案内されて洞庭湖の湖底にある龍宮に行くのです。その後の展開は浦島太郎伝説でほぼ同じ。
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

895.児島宮家とは後鳥羽上皇の息頼任親王に始まる、南北朝の児島高徳、高光系 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/4/26(木) 9:24
南北朝の児島高徳、高光系は、二条家の祖良美の子として、列している。
この関係は室町時代て゜近衛中将助安、等が見え、この、助安が、佐久間孫五郎とも名あり、熱田神官持季から、推薦され民部将に任官している。
この後、朝次、信晴、甚九郎佐久間信盛、甚九郎信栄(不干斎、ハビアン)妻、柴田勝重側室、の女、瀧沢が見える。この子息、甚九郎正成が平山祖となり、
姒を名乗ったのが平山である。
姒は、天主であり、夏王朝の、越王の事。

夏王朝天神七代の越王祖無予が、日本の皇紀祖である。

児島宮家の墓所は京都柴野大徳寺塔頭、高東院で、朝次、信晴、甚九郎佐久間信盛、甚九郎信栄と家光の作成した寛永系譜帳と寛政系譜帳に記載あり。
近衛中将助安(佐久間孫五郎)、墓所と寺があり、京の公家と、記載あり。
二条藤原近衛中将助安のこと | 児島宮歴史列伝 |
鹿島山の登山口がある法寿院です。
本堂。
鹿島城の城主・左近衛中将藤原盛保を弔う白木づくりの位牌が安置されてるそうです。所在地: 愛媛県伊予市中村台山  資料によれば近衛中将助安の居城

伊予市誌 - データベース『えひめの記憶』|生涯学習情報提供システム
この鹿島山城の城主は、都から来たという藤原右近掾道有(一説では、前近衛中将助安)であった。

左近衛中将とは? 左近衛府の次官。従四位下相当。定員一名。のちに四名となる。三位でなる人を三位中将,参議で兼ねる人を宰相中将という。左近中将。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を見る

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

894.ケルト口頭でしか、伝わっていない 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/4/6(金) 20:20
ケルトの三位一体とは、三つまり神の象徴であった。台湾では三位一体とは三女神を白馬信仰という。
九州に始まる、住吉や宇佐の三女神も、ケルトと同一である。
宗像の三女神も、ケルトと同一である。
ではこの三女神は、何処から、来たものであろうか?
朝鮮半島ではない事は確かであり、何も痕跡、根柢に欠ける。
近畿の吹田の陶邑に、土師が朝鮮半島ではない。


渦巻き模様といえば、夜須で見られる灰色硬質土器内についていたり、するたたき模様は、何を意味しているのだろう。
ケルト人というのは、児島宮考古学では、越国での、オガム文字等から、夜須との、オガム文字の一致、や児島高徳の太平記で知れる越王勾践時期に、
ヨーロッパでケルト人と鉄戦車等から、一致しているという痕跡による。

この越人の越王勾践の時期に、オガム文字がヨーロッパでケルト人のオガム文字が、同一により、三を神とする、禹帝の数字の三を神としたのも、天神族の
越王しか、見る事ができない。

児島宮の祖先から、見える痕跡では、頼任親王の息、が京都の東寺の東寺長者道乗の門跡祖の時、三女神が現存し、ケルト人との相対関係が見られる。

又高野山の神仏の三仏も、三と相関関係にある。
三とは三位一体の神から、始っていた。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

893.天皇とは何か天神とは、夏王朝の禹帝の後胤 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/3/30(金) 17:38
天皇とは、天神七代無予から、名乗った、のが始まり。
天神とは、夏王朝の禹帝の後胤しか、天皇とは呼ばない。
日本の初代鵜茅葺合逗は中国の最後の王丑王で禹帝の後胤の事。

夏王朝天神

中国の古代神話から中国史上初の王朝成立にかけての立役者であり、夏后氏の首領から夏王朝の君主となり大禹や禹帝などとも呼ばれています。禹は黄帝(こうてい)の玄孫で顓頊(せんぎょく)の孫と言われており、黄帝の血筋にあたります。

黄帝に関しては以下をご覧ください!

黄帝:中国の始祖であり古代神話中最大の功労者

禹は夏王朝の第一位の天子であり、これにより後世の人々は禹を夏禹と称しました。

今の天皇はまったく天皇血筋には関係がない。

夏王朝天神上帝之天神崇拜,
「巫祝」を形成した。巫祝は卜笠を借りて、由、音楽舞踊、呪文などの手段を祈ってそれで、神の質問に境の乎を疎通させて)宗教祭祀活動した直接操作者であり〉国家で崇高な地位と待遇を持つ。迫は西周時期に至って、鬼は不思議であり先祖とさらに信仰する ...

楽六変すれば、則ち天神皆な降る。
夏王朝は華夏民 夜須に見える華夏民

日本神話で日本を治めたとされる「天神七代・地神五代の神神」そのほか一切の諸天善神は「一乗擁護の神明なり」と、「一乗」である法華経擁護の本来の役割とする神々であるとされている。 .

桀王は夏王朝の最後の王であるが、妃の妹喜におぼれて、その言を聞き入れ、悪政の限りを尽くし、人民を苦しめた。

戦国時代に発掘された竹書は、中国思想の起源を研究するための資料を提供しており、戦国時代の豊かで多様性の高い概念を見出し、より原始的な資料を検討することができます。
古代の天と地の理解は非常に堅実でした。 古代の自然の法則を守っている時にのみ、古代人はその原則を探っていなかったが、代わりにそれらを神秘的で高尚なものとみなした。 古代の人々は、天と地の理解を記述するために神秘的なイメージをしばしば使いました。これらの神秘的なイメージは、古代の宇宙論を構成し、崇拝の対象となりました。
古くから宇宙と通信してきた賢明な人であり、数学、天文学、地理学、医学などの知識を習得しており、常に研究に従事しています。
私たちがそれを古代人の「迷信」とみなした場合、古代人が宇宙を知っていた方法を理解することはできません。
夏王朝二期(シュメール民三期)祖禹王越(句践)と夏王朝は南越国王時、紀元前百十一年渡海し、筑紫国に土着弥生(稲作農耕)始まる。

中国は何故日本の児島宮に、共有しないところが、夏王朝に反している。
ヨーロッパのほうが、ケルト神を共有している。

失われゆく夏王朝と屛山平山の治城の、破壊に見える中国共産党の狙いは? 

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

892.ケルトの口頭対「記紀編纂の口頭稗田阿礼(ひえだのあれ)による 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/3/7(水) 15:24
ケルトの口頭対「記紀編纂の口頭稗田阿礼(ひえだのあれ)による。
『帝紀』『旧辞』等の誦習を命ぜられたと記されている。元明天皇の代、詔により太安万侶が阿礼の誦する[1]ところを筆録し、『古事記』を編んだ。


時有舎人。姓稗田、名阿礼、年是二十八。為人聡明、度目誦口、払耳勒心。即、勅語阿礼、令誦習帝皇日継及先代旧辞。(『古事記』序)

訳:そのとき、一人の舎人がいた。姓は稗田、名は阿礼。年は28歳。聡明な人で、目に触れたものは即座に言葉にすることができ、耳に触れたものは心に留めて忘れることはない。すぐさま(天武)天皇は阿礼に「『帝皇日継』(ていおうのひつぎ。帝紀)と『先代旧辞』(せんだいのくじ。旧辞)を誦習せよ」と命じた。

稗田阿礼 (ひえだのあら)とは 猿女(さるめ)君の支流と伝える舎人(とねり)。生没年不詳。記憶力にすぐれ,天武天皇の命で〈帝紀〉〈旧辞〉を誦習(しょう しゅう),これを元明(げんめい)天皇のとき太安麻侶(おおのやすまろ)が筆録したのが《古事記》だという。

後に元明天皇は阿礼65歳の時、もし阿礼が没すれば古伝が失われることを恐れ、太安万侶に阿礼の記憶を書記させた。

古事記の序文によると、稗田阿礼が天武天皇の命を受けた時、阿礼は28歳とある。

日本書紀では天武十年(AD681年)に川島皇子に「帝紀」と「上古之諸事」を編纂させたとあり。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

891.ビン越の二世紀に、無渚に、見えてのが、天皇とケルトの相対であった 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/2/27(火) 10:56
日本では五世紀後半に、なるまで、文字が残されていないので、今でも、真実は、見えては、いない様である。

日本人は朝鮮半島から、近畿に渡って来た説が、学会の教科書で、百年前、一世紀変わって、いない、これが現状である。
だが、この日本人は朝鮮半島から、近畿に渡って来た説は、児島宮考古学研究室 に、よると、全てが、間違い、である事を、取り上げている。
これがある為に、真実の歴史は、無意味に等しい?
それが真実の日本古代史が、解明出来ていない、原因である。
これがすべて誤りだとは、気が付かない。
ところが、ネット上では、証拠をあげないで、『Wikipedia』に、自己が解明したかのように、しているが、児島宮知らずに解明は、出来ないだろう。
つまり先人が、いなければ、何事も始まらない。

日本に、ついて、歴史のくい違い、が、判ったのは、児島宮考古学研究室 の遺跡調査で、象形文字が夜須の遺跡全体から出土しているのを、調べているうちに、
何で出ているのか、ネットで、児島宮の先人との、かかわりで、太平記の作者、児島高徳の先、春秋時代の越王勾践とヨーロッパのケル人トと、相対している事で、オガム文字が、共通していたので、時期も一致していたので、
、ビン越の二世紀に、無渚に、見えてのが、天皇とケルトの相対であった。 

これらは、児島宮考古学しか、根拠はなく、今の天皇家では、立証は不可能である。
現に、今までの考古学では、立証は、不可能である事が、わからねば、解明は出来ないであろう。
縄文時代さえ、何も記録が無く、断定は、不可能となっており、児島宮考古学によると、縄文時代は、今から、日本紀元前百十一前となる以前、遡る事一千年さえも、解明しておらず、不明確のままである。

ここに取り上げた通り、ネットウエーブ上で、取り上げていられる、中国の古い 歴史と日本の歴史の繋がりは、児島宮考古学なくしては、立証は、不可能であり、根拠を取り上げるのを、照合するのは困難であろう。
すべては、ケルトの口頭だけであり、文字にしているのは、できるのは、見えない。日本の謎を解き明かすには、中国の越王なくしては、根拠とは、ならないでしょう。ここに潜んでいるケルトさえ、立証は、ヨーロッパの古代史と、関連している国が、まだ解明されていないのです。
そこでまず、根拠になる?児島宮考古学研究室 、知らずして、解明は、不可能であろう。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

890.日本の古代史解明に教育委員会文化財課及び日本考古学が遅れている 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/2/10(土) 16:39
見えていないのは、日本について、五世紀後半(敏達天皇か)に、朝鮮半島から、須恵器が、大阪陶邑ではじまった・
それが真実の日本古代史が、解明出来ていない、原因である。
これがすべて誤りだとは、気が付かない。
ところが、ネット上では、証拠をあげないで、『Wikipedia』に、自己が解明したかのように、しているが、児島宮知らずに解明は、出来ないだろう。
つまり先人が、いなければ、何事も始まらない。
ここに取り上げたのは? 誰かが、居たのは、間違いない。
「記紀」の編纂者であるが、口伝により、文字として、作られたという。

児島宮歴研会が、この口伝だけで、皆さんに、教えているのでは、ないのです。 ほんとかな、、でしょう。一つでは解明には、ならないのは、当然だろう。
我々には、児島高徳という先人が居て、その児島法師、大覚大僧正とも、この人が、書いた「太平記」の中に、呉越で知られる、人で、この方は児島宮の先人でもあり、これら二つが、証拠になっています。
越王勾践が、日本と関係していたと、いう訳なのです。
教育委員会文化財課及び日本考古学会が、この繋がりを、知らないと、事は、浮かび上がらないのです、この事を頭の中に覚えて下さいね。

つまり、相対という、文字でしか、解明は出来ないという、事。不可解な邪馬台国はこうした、二つで一つ、つまり三角関係で成り立っているという。
ドイツの学者で、相対論が参考と、同じ。アルベルト・アインシュタイン 相対性宇宙論、この方はケルト人の地であり、何かで、ヒントとなったのだろう。

教育委員会文化財課及び日本考古学や公務員に属している方は、その職課意外の事は、知らないので、この唯一が、為に、対応する事が出来ないのです。
政治家でも国民を守るとしているが、国民の事は、相手にしないのです、それだけですと、同じなので、間違いがほとんどなのです。

千葉の歴博が、間違いを、度々、起こすのは、この為なのです。専門というのが、真実から、離れているのです。教育委員会文化財課も、とりわけ同じで、唯一専門が、間違いろを、修正できないところでしょう。全国の公務員が、公務員であるために、間違いを引き起こすのです。
裏に憲法があるからと、その間違いを、正す事は職場上から、やらないので、間違いになるのです。

 

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

889.ヨーロッパでは、口頭でしか、文字は使って、いなかった 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/1/19(金) 14:46
五世紀迄は文字がなかったとするのは、間違いで、夜須朝日の遺跡から硯が出土しているのは、
三点、が出土状態から、文字が無かったと、は、ならない。
事実、三点、が出土は、説明は児島宮考古学研究室だけで、考古学では、古代の歴史感は間違っていると云えよう。
日本は、やまたいこくというのは、だいなしで、真実正が、歌が得ている。
文字とは、発音による、口頭が、紀元前から五世紀の間、無かったと思い違い、していた。
では何故、文字が、竹簡、或は布に、書かれて、居なかったのか?
だが古代人は「絵文字」を使っていた?夜須の大木遺跡にも、甕棺に古代人は「絵文字」を使っていた事は、知られる。
しかし、夜須では硯が三点も、出土、している事から、墨の文字は、あった事は、伺える。

北欧神話の神を信仰していた民族は、ケルト人によって、神が始まった事を、学んだと云えよう。
ここで、北ヨーロッパでは神の始まりは、ケルト人、黄河域の越人により、伝わった事が判る。
鉄の戦車も、この時期と合致している。
神から与えられた語彙がなかったなら、文字は、口頭で与えられた指示を理解できなかったであろう。
ここで云える事は、今の日本が、無かったら、何も見えては、いなかったであろう。

つまり日本の民は、古代越人(゜ケルト人)と合致したのが、古代の夜須遺跡から、出土で語る、ケルト文字によるものである。
日本の民は、朝鮮半島から、来たというのは、間違いである。
神武天皇は朝鮮半島から、来たというのは、間違いである。
又須恵器は朝鮮半島から、来たというのは、間違いである。
日本の考古学者等は、朝鮮半島から、来たというのは、すべて間違いである。

ヨーロッパでは書類など残る形では伝えられず、口頭でのやり取りらしいので証拠が残ってるわけではなかった。

ケルト神話(ケルトしんわ、英: Celtic mythology)は、ケルトの神々に関する神話であり、実質的に鉄器時代のケルト民族の宗教・伝承体系を指す。
他の鉄器時代のヨーロッパの民族と同じく、初期のケルト人は多神教の神話・宗教構造を持っていた。ケルト神話は古代ローマと密接な接触を持ったケルト民族、たとえばガリア人やケルトイベリア人などの間では、ローマ帝国による征服とキリスト教への改宗のため生き残ることができず、かれらの神話はほぼローマやキリスト教側の同時代史料を通じてのみ今に伝えられている。
紀元前1世紀頃に入ると、各地のケルト人は他民族の支配下に入るようになる。ゲルマン人の圧迫を受けたケルト人は、西のフランスやスペインに移動し、紀元前1世紀にはローマのガイウス・ユリウス・カエサルらによって征服される。カエサルの『ガリア戦記』はガリア(ゴール)のケルト社会に関する貴重な文献である。
「ケルト神話」は、古代ヨーロッパに広く居住していたケルト人の神話です。

アイルランドには今もケルトの文化が息づいているイメージがあります。
ケルト人とはイギリス・アイルランド地域に限定された存在ではなく、現代の我々が「ヨーロッパ」と聞いて思い浮かべる地域のうち、相当な面積を占める部分で生活していた人々という。
ケルト人と総称されるようになったのは、紀元前7世紀ごろのギリシア人が「ケルト語を話す人々」という意味で「ケルトイ」と呼んでいたためでした。

大陸ケルトは、中央アジアから来た民族ともされ、中央ヨーロッパを中心に紀元前7世紀から3世紀にかけて北イタリア、イベリア半島、バルカン半島までの広い地域に分布し、部族ごとに独自の支配体制を確立していた。

ケルト人の暦ではグレゴリオ暦(現在広く使われている暦)の10月31日が一年の終わりとされていて、その年に採れた作物と動物を神様に捧げ、火を焚いてその周りを踊るという行事がありました。 このたき火の燃えさしを各家庭に配り、かまどの種火にすると魔除けになるとされていた。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

888.ケルト人とは、何処にいたのか、判明したのは、昨年暮れでした 返信  引用 
名前:児島宮考古学研究室    日付:2018/1/2(火) 10:2
ケルト人とは、何処にいたのか、それは、おがむ文字と、(記紀』とで照合、結果、朝倉夜須弥生時代に、おがむ文字、がヨーロッパでは、
口頭でしか、文字は使って、いなかったと、ある項目が「記紀」編纂ときも、同じになって、居たと記されている。
口頭でしか、伝わっていないと、証明できるのは、朝倉郡夜須で灰色硬質窯だけに、検出しているからである。
このオガム文字については、昨年の十二月にケルト人で、一致を見る事が出来た。
勿論、灰色硬質窯は児島宮歴研により、解明しており、
中国福建省屛山平山、が焦点に、なっている。
福建省屛山平山は、ビン越で知られていて、紀元五世紀に、隋から、使者が夜須に訪れ、検分している事が、華夏人を、確認出来る。

そこで、ケルト人とは、オガム文字、を使っているといい、ケルトの正体が、越人、夏王朝、が、出て、時期は、中国の春秋時代末期、呉越の戦いの後、とオガム文字の検出で、改名に至っている。
福建省屛山平山は、ビン越と、ケルト人と、日本に於いては、朝倉郡夜須平山、は一致して、いる事により、オガム文字使用の、双方の相似が確認できる。

難題の邪馬台国と同じ、不可解にあった、古代史は、朝倉郡夜須平山、児島宮の歴史無くしては、解明は見えては、こなかったでしょう。
児島宮の歴史を、知らないでは、邪馬台国は、見えてこないのは、ある焦点に行きつかないとも、言えよう。
いずれに、おいても、ある焦点?

ある焦点?とは、神と仏は、三角の焦点?に行きつく。
これを解いたのが、三角縁神獣鏡である、解けない謎とは焦点にあり。
三つの焦点?に行きつく。

正月にも、焦点があり、全ての謎説きは、ここにある、一日、二日、三日で、特に重要なのは、一日、にあり。

ここにも、解決の焦点があり、それは始まりが、なければ、庸は、なく、平凡でしかない。

Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb