[ 携帯用URL ]
映画の部屋

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



3454.「はじめてのおもてなし」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/17(水) 21:7
難民の青年を家に受け入れたことをきっかけに変化していく家族を描いたドイツのコメディ映画です。
ミュンヘンで暮らすハートマン家は、教師を定年退職し、暇を持て余す妻と、大病院の外科部長を務める夫の二人暮らしです。
ある日曜日、子どもたちが顔を見せ、久しぶりに家族全員が集まった席で、妻は「難民を1人受け入れる」と宣言します。
夫や子どもたちが猛反対する中、妻に押し切られる形でハートマン家にナイジェリアから来た亡命申請中の青年ディアロが住むことになります。

自分の老いを認めたくなくて必死に若作りをする夫、夫との心の隙間を飲酒で埋めている妻、その息子は弁護士で、シングルファーザーですが、仕事に没頭し過ぎて、ちょっとヤバイし、娘は31歳なのに、いまだ自分探しの真っ最中で、次々と専攻を替えて大学生活を続けています。

主に、難民の目を通して見た、ドイツ富裕層の現実が風刺的に描かれていて笑えるのですが、難民にならざるをえなかった事情、難民を受け入れている国の現実も描かれていて、考えさせられます。
一昨年のドイツで400万人が見て、国内映画の興行成績第一位になった映画です。

3448.2017年  特に記憶しておきたい映画たち 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/17(水) 21:7
 ☆ 外国映画
沈黙 -サイレンス-(米)
アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男(独)
ラ・ラ・ランド(米)
幸せなひとりぼっち(スウェーデン)
わたしは、ダニエル・ブレイク (英・仏・ベルギー)
マンチェスター・バイ・ザ・シー(米)
エルミタージュ美術館 美を守る宮殿(英)
わたしたち(韓国)
ハイドリヒを撃て!(チェコ・英・仏)
ドリーム(米)
僕のワンダフル・ライフ(米)
女神の見えざる手(仏・米)
gifted ギフテッド(米)
プラハのモーツァルト(チェコ・英)
猫が教えてくれたこと(米)
ユダヤ人を救った動物園(米・英)

☆ 日本映画
彼らが本気で編むときは、
しゃぼん玉
ちょっと今から仕事やめてくる
幼な子われらに生まれ
Life 生きてゆく
明日へ〜戦争は罪悪である〜
エルネスト  もう一人のゲバラ

2018年も良い映画、好きな映画にたくさん出会えますように!

3453.「勝手にふるえてろ」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/13(土) 20:53
芥川賞作家・綿矢りさの同名小説の映画化で、恋愛経験のない主人公の24歳のOLが2つの恋に悩み暴走する様を、松岡茉優の映画初主演で描くコメディです。

片思い以外の恋愛経験の無いヨシカは会社の同僚である「ニ」からの突然の告白に「人生で初めて告られた!」とテンションが上がりますが、「ニ」との関係にいまいち乗り切れません。中学時代の同級生「イチ」への一方的な思いをいまだに引きずり続けていたのです。

10年も会ってもいない片思いと目の前の相手との関係の同時進行悩んだ末、ヨシカは嘘をついて同窓会を計画し、イチとの再会の日が訪れますが・・・。

世代は違っても、文句なく楽しめました。男子学生の詰襟の制服姿っていいなと懐かしく、勝手に誰かを理想化、神格化することも、大いに共感できました。
演技力と可愛らしさで松岡茉優当たり役で、共演は渡辺大知、石橋杏奈、北村匠海。

3452.「希望のかなた」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/9(火) 20:16
アキ・カウリスマキ監督が、前作「ル・アーヴルの靴みがき」に続いて難民問題をテーマに描き、2017年・第67回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞したヒューマンドラマで、フィンランド映画です。

青年カリードは内戦が激化するシリアで、家も家族も失い、ただ一人生き残った妹とも逃げる途中で生き別れてしまい、捜すうちにヘルシンキにたどり着きます。全てを失ったカリードにとって、妹を捜し出すことが唯一の望みでした。

中東からの膨大な数の難民受け入れという、ヨーロッパ全体を悩ませる難民危機の影響で、無情にも難民申請を却下され、極右のネオナチに襲われてしまいます。ホームレスになった彼に働かないかと声をかけたのが、レストランのオーナーのビクストロムでした。
彼もまた、行き詰まった過去を捨てて人生をやり直そうとしていました。
へんてこな日本料理店は失敗するものの、やがて従業員たちに結束が生まれていきます。

重い社会問題をリアルに描きながら、ユーモアもたっぷりで、困っている人に手を差し伸べる人々の優しさが各所に描かれている作品です。
カウリスマキ監督はやっぱり好きだなと思わせます。やはりファンが多く、映画館は満席でした。監督は本作を最後に引退すると宣言したそうですが、そんなこと言わず、次回作も是非と期待したいです。

主演のシリア難民青年カーリドを好演したシェルワン・ハジはシリア出身・フィンランド在住だそうです。ストリートミュージシャンなどの歌もよく、犬も可愛かったです。

3451.「永遠のジャンゴ 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/9(火) 17:3
フランス映画です。
ロマ(ジプシー)音楽とスウィング・ジャズを融合させた音楽で、後のミュージシャンたちに多大な影響を与えた天才ジャズギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト。彼の第二次世界大戦中の二年間と、ロマ族に対するナチスの迫害を実話に基づいて描いた映画です。

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。
パリで最も華やかなミュージックホールに出演していたジャンゴは、満員の観客を魅了し続けていました。その一方で、ナチスによるロマ族への迫害はひどくなり、多くの仲間たちが虐殺され、家族、そしてジャンゴ自身にも危険が迫ってきていました。
ナチスドイツはユダヤ人だけでなく、ロマの人々や同性愛者も迫害の対象にしており、ジャンゴにとってもホロコーストは他人ごとではなかったのです。厳しい現実に目覚めたジャンゴですが、ナチス官僚が集う晩餐会での演奏を命じられます。

ジャンゴのことは全く知りませんでしたが、「ジプシーは戦争をしない」というジャンゴのナチスに抵抗した音楽、独特の技法によるギターのサウンドも素晴らしかったです。

3450.「ヒトラーに屈しなかった王」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/8(月) 21:48
第2次世界大戦時、ナチスドイツの侵攻に激しく抵抗した北欧の小国、ノルウェーの国王ホーコン7世の下した決断と運命の3日間を描いた歴史ドラマで、ノルウェー映画です。本国ノルウェーで大ヒットを記録し、アカデミー外国語映画賞ノルウェー代表作品にも選出されました。

1940年4月9日、ノルウェーの首都オスロにナチスドイツが侵攻。ノルウェー軍も交戦しますが、ドイツの圧倒的な軍事力によって主要都市が次々と陥落し、占拠されていきます。ドイツ軍はノルウェーに対し降伏を要求し、ドイツ公使と国王のホーコン7世との会談の場が設けられ、国王はナチスの要求に従うか国を離れて抵抗を続けるかの選択を迫られます。
すべては祖国のためにと考える王が素晴らしいです。
緊迫した場面の連続で、北欧もナチスドイツのせいで大きな国難に遭ったことを改めて思い知らさせました。
ノルウェー政府や王たちはロンドンに逃れ、ノルウェーはドイツに占領されたのですが、ノルウェーはソ連を除けば最も抵抗した国だったそうです。

3449.「「花筐 HANAGATAMI」」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2018/1/8(月) 21:6
「花筐 HANAGATAMI」
2017年 劇場で見た最後の映画です。
癌で余命宣告を受けた79歳の大林宣彦監督が、40年前に書き上げていた脚本を映画化。
原作は檀一雄が日中戦争が勃発した昭和12年に発表した同名の短篇で、太平洋戦争の勃発前夜を生きた佐賀・唐津の若者たちの友情や恋を描いています。

3・11を経験しても、日本が良い方向に変わることがなく、3・11も風化しつつあり、監督がたまりかねて作った作品だそうです。
2時間49分という長い映画は、かなり風変わりな映画でしたが、映像美たっぷりで、それほど長くは感じなかったです。
監督の「戦争はもう二度と嫌だ!」と訴えたいという思いはもちろん感じましたが、それ以外の要素も多くて・・。

佐賀・唐津に暮らす叔母の元に身を寄せることになった学生を演じる窪塚俊介、学友たちに満島真之介、長塚圭史、柄本時生。
十代の学生の役なのに、窪塚俊介36歳、満島真之介28歳、柄本時生28歳、特に長塚圭史42歳は、あまりに違和感があり過ぎました。
若い世代にこそ見てほしい映画だろうに、どうしてもっと若い俳優を起用しなかったのか理解に苦しみます。
女優の方は、叔母役に常盤貴子、女子学生役は、矢作穂香、門脇麦、山崎紘菜など、若い女優が魅力的に演じていました。
武田鉄矢、村田 雄浩、白石 加代子、池畑 慎之介、片岡鶴太郎、高嶋政宏、品川徹など、脇役もなかなか多彩です。

3447.「否定と肯定」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/12/26(火) 20:50
ユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う法廷劇で、デボラ・リップシュタットの書籍「否定と肯定 ホロコーストの真実をめぐる戦い」が原作で、米英合作映画です。

1994年、アメリカに住むユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、イギリスの歴史家デビッド・アービングが主張する「ホロコースト否定論」を看過することができず、自著の中でアービングの説を真っ向から否定しました。相手になどしたくないアービングですが、講演を妨害しただけでなく、名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出ます。

訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要がありました。
そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷しました。

約20年前の7年の長きにわたった歴史的な裁判の映画化です。
弁護団は、デボラに発言させず、アウシュビッツの生存者を証言台に立たせることもしません。膨大な資料を読み込み、冷静に事実を積み上げ、アービングを追及してきます。
感情では勝てない、そして莫大な費用がかかる裁判制度は大いに問題があります。
エンターテインメントの要素はあまり無いけれど、極右の政党が勢力を伸ばしたり、フェイクニュースが横行する現代において、タイムリーな作品だと思います。歴史を否定したり修正したりする政治家などもかなりいる日本だって、他人事ではないです。

主人公リップシュタットをレイチェル・ワイズ、ケンブリッジ大学出身だけあって、やっぱり知的な役が似合います。
トム・ウィルソンが老練な弁護士を演じています。アービング役、ティモシー・スポールもぴったり。

3446.「ユダヤ人を救った動物園」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/12/24(日) 10:31
第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワを舞台にした、実話に基づいた米英合作映画です。

動物がナチスに殺されてしまった動物園で園長夫妻がユダヤ人を命がけで匿い、300人の命を救った話です。
動物好きとしては、たくさんの動物が殺されるところは見たくないと思ったし、実際とても辛かったけれど、園長夫妻の勇気に感動しました。

冒頭は、動物園内を自転車で回り、たくさんの動物たちに声をかける園長夫人のアントニーナと、オシャレして来園した客たち、平和で幸せな場面なのですが、1939年の秋、ドイツのポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発。
ドイツ軍の爆撃から生き延びた動物たちも、動物園を武器庫にしてしまったドイツ軍に殺されてしまいます。

製作にも関わったジェシカ.チャステインはヒロインのアントニーナにぴったり、つい先日見た「女神の見えざる手」にも感心させられましたが、様々な役をこなす素晴らしい女優です。

3445.「猫が教えてくれたこと」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/12/20(水) 20:33
トルコの古都であり、最大の都市であるイスタンブールに受け継がれてきた、猫と人間たちの幸せな関係をとらえたドキュメンタリーで、アメリカ映画です。

イスタンブールは人口密度ならぬ、ニャン口密度世界一と言われる程、猫が数多くいる街で、いかに地域の人や観光客に愛されているかは、私も3年前に行って、実感しました。

ヨーロッパとアジアの文化をつなぐ地として、数千年にわたって繁栄してきた大都市イスタンブールに暮らすたくさんの野良猫たちは、地域猫として住人たちから食料や飲み水、寝床を与えられ、人々に生きる希望や癒やしを与えながら自由気ままに暮らしています。

映画は主に、個性豊かな7匹の猫たちと人間たちの心優しい触れ合いを描いていますが、猫と関わる様々な人々が登場し、自分の内面も語る人間ドラマにもなっています。そして、イスタンブールの街の風景もたっぷり見られるのも大きな魅力です。

しかし、歴史的な古都が近代化していき、だんだん猫が住みにくくなっていく現実も描かれていました。
私が行った後で起きた自爆テロ事件やクーデター未遂事件のことには触れられていませんでしたが、猫は自由と平和の象徴、猫が幸せに暮らせるということは、人間も幸せに暮らせるということ。ずっと安心して行ける街、素敵な猫の街であってほしいものです。

街のどこにでもいた猫たちのことはもちろん、アジア大陸とヨーロッパ大陸を分かつボスポラス海峡、古城、美しいモスク、ガラタ塔、夜遅くまで賑やかなイスティクラル通り(独立大通り)、レトロなトラム、どこでも飲まれていたチャイ、安くて美味しいしぼりたてのオレンジジュース、映像を見ながら、とても懐かしくなりました。

3444.「DESTINY 鎌倉ものがたり」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/12/11(月) 19:39
「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督が、同作の原作者・西岸良平のベストセラーコミック「鎌倉ものがたり」を実写映画化.し、堺雅人と高畑充希が年の差夫婦役で初共演したファンタジードラマです。

人間だけでなく、幽霊や魔物も共存するという設定の鎌倉を舞台に、ミステリー作家の一色正和と新婚の愛妻、亜紀子の仲睦まじい日々が描かれます。
心霊捜査にも 詳しい一色が怪事件を解決したり、夫婦で人間以外のものと、ごく自然に交流したりする日々でしたが、ある日、妻が不慮の事故に遭い、黄泉の国に旅立ってしまいます。死神に頼み込み、一色は黄泉の国に向かいます。

非日常の世界が楽しくてわくわくさせられ、夫婦愛がせつなく、そして心温まります。ちょっと宮崎ワールドを思わせる黄泉の国は、監督は中国、湖南省の武陵源、鳳凰古城からイメージしたそうで、とても壮大です。
海岸沿いや街中を走る江ノ電は実際にも魅力たっぷりですが、劇中に何度も登場し、印象的です。
昨年も行ったばかりの鎌倉で、江ノ電も乗りましたが、また行きたくなりました。

「ALWAYS 三丁目の夕日」の常連に加え、中村玉緒、吉行和子、田中泯などベテラン俳優がたくさん出演していて、サスガですが、安藤サクラの死神役もなかなかよかったです。初々しくて健気な新妻役、高畑充希は、あんな妻が欲しいと思わせる可愛さです。

3443.「プラハのモーツァルト」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/12/2(土) 20:14
モーツァルトの生誕260年を記念して製作されたチェコ・イギリス合作映画です。
モーツァルトがプラハで名作オペラ「ドン・ジョヴァンニ」を初演したという史実から着想を得て、プラハの上流階級を舞台に愛憎劇が繰り広げられます。

1787年のプラハでは、ウィーンで前年に初演され、プラハでも大ヒットしたオペラ「フィガロの結婚」の話題で持ちきりで、楽曲を担当したモーツァルトにも注目が集まっていました。
上流階級の名士たちから新作の依頼を受けてプラハにやってきたモーツァルトは、「フィガロの結婚」のケルビーノ役に抜擢されたオペラ歌手のスザンナと出会い、彼女に魅了されます。
スザンナもモーツァルトが妻帯者と知りながらも、彼の才能に惹かれ、急接近しますが、二人の前に猟色家(女たらし)と噂されるサロカ男爵が現れます。

モーツァルトは、はたして新作「ドン・ジョヴァンニ」がまたプラハの聴衆に受け入れられるのか心配していましたが、結果は前作同様、大成功でした。
猟色家の悪党ドン・ジョヴァンニを主人公にしたオペラ創作の背景に、モーツァルト自身を巻き込んだ愛と嫉妬と陰謀に満ちた三角関係があったとする独創的な作品です。
モーツァルトが実際に訪れた劇場など、中世の街並みが色濃く残るプラハ市街で全編ロケし、オペラの演奏はプラハ市立フィルハーモニー管弦楽団が担当、臨場感あふれる音楽が最高でした。
モーツァルト役のアナイリン・バーナーは、肖像画やお菓子の箱などで見るモーツァルトに似た感じで、クラシカルな雰囲気もあり、モーツァルトにぴったりでした。

行ったことがある場所が映画の舞台になるのは嬉しいことで、もうタイトルだけで飛び付きましたが、室内の場面が多かったので、もっともっと街が見たかったです。
同じくモーツァルトを描いた1984年の映画「アマデウス」も印象に残る映画ですが、この映画もロケ地はプラハです。ウィーンも素晴らしい建物がたくさん残っているけれど、中世の雰囲気が色濃く残っているのはプラハですから。

3442.「光」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/30(木) 20:35
「舟を編む」などで知られる直木賞作家、三浦しをんの同名小説を「まほろ駅前」シリーズの大森立嗣監督が脚本も手掛けて映画化。

東京の離島で暮らす中学生の信之は、幼馴染で同級生の美花と付き合っています。そんな信之を兄のように慕う幼い少年、輔。
三人が満月に照らされた海を見ていた時、地震が起き・・・。

25年後、島を離れ、一児の父である公務員として平凡に生きている信之の前に「過去」の影が現れます。
冒頭から不穏な雰囲気で、事件が立て続けに起きる衝撃のサスペンス・ドラマです。
日常に潜む暴力と狂気が描かれ、目を背けたくなるほど怖い場面もあるけれど、井浦新、瑛太の熱演もあって、引き込まれました。

長谷川京子が演じる男を惑わして利用する女優役もですが、橋本マナミが演じる、幼い娘の教育に熱心な専業主婦役の、裏腹な行動も、なかなか怖いものがありました。

3441.「gifted ギフテッド」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/29(水) 20:51
「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督が撮った、家族を巡るヒューマンドラマで、アメリカ映画です。
ギフテッドとは、生まれつき突出した才能を持つ人のことです。
主人公、フランクは、生まれて間もなく母親を亡くした姪のメアリーを一人で育ててきました。

二人はフロリダの小さな町で、片目のネコ、フレッドと共に、ささやかながら幸せな毎日を送っていました。
メアリーは数学の天才的な才能を持っていましたが、フランクはメアリーに、ごく普通の生活をさせたいと願っていました。

しかしメアリーが7歳になって小学校に通い始めると、数学の天才だと周囲に明らかになり、静かな日々が揺らぎ始めます。
教師たちは名門校への転校を勧め、遠方から訪れたフランクの母エブリンはメアリーに最高レベルの英才教育を受けさせようとさせます。
そして、メアリーの養育権を巡って裁判まで起こされ、二人は引き裂かれてしまいます。

子どもの幸せを願うから、才能を伸ばしてやりたいという思いは真実でも、自分の夢と理想を押し付けていないだろうか?
天才の子どもの話でも、結構、普遍的な家族の問題を考えさせる映画でした。

フランクを演じるのは、「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エバンス。
オーディションで選ばれ、天才少女メアリー役を完璧に演じたマッケンナ・グレイスは長いまつ毛が印象的なチャーミングな少女で、表情豊か、まさに天才子役です。そして、出番は多くなくても、片目のネコ、フレッドは重要な役です。

愛されて、産まれてきたと実感する産婦人科でのシーンは最も感動的でした。フランクの姉は出てくるのは写真だけですが、その人生には胸が痛みました。

3440.「笑う故郷」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/18(土) 11:30
主演のオスカル・マルティネスが、2016年・第73回ベネチア国際映画祭で最優秀男優賞を受賞したアルゼンチン・スペイン合作映画です。

「ル・コルビュジエの家」のガストン・ドゥプラットとマリアノ・コーン両監督が再び組み、ノーベル文学賞作家の帰還をきっかけに起こる珍騒動を描く人間ドラマであり、ブラックコメディーです。

ノーベル賞作家・ダニエルは、故郷のアルゼンチンを離れて40年、親の葬儀にも帰郷せず、スペインで暮らしていましたが、アルゼンチンから名誉市民賞を授与され、故郷の
田舎町サラスを訪ねることにしました。ダニエルは温かく迎えられ、旧友や元カノとの再会しますが、地方都市独特の閉鎖的な空気があり、地元の人たちとのギャップも大きく、思わぬ展開に巻き込まれていきます。

原題は「名誉市民」で、笑える映画ではないけれど、人間観察が巧みな映画でした。

3439.「密偵」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/17(金) 21:10
本国、韓国で大ヒットした映画です。

舞台は日本が統治していた1920年代の朝鮮半島。
朝鮮人でありながら日本警察の警部であるイ・ジョンチュルは、部長のヒガシから武装独立運動団体「義烈団」を監視する特命を受け、義烈団のリーダーに接近します。
同じ朝鮮民族でありながら日本警察の仕事をするジョンチュルの心を揺さぶり、イ警部を取り込もうとする義烈団。
ジョンチュルは独立など夢と諦め、権力側についた「売国奴」ですが、心の底では愛国心を失っておらず、ジョンチュルの心は揺れ動きます。

日本警察と義烈団の情報戦が展開する中、義烈団は日本統治下の主要施設を破壊する目的で京城(現ソウル)に爆弾を持ち込む計画を秘密裏に進めていました。
そして、計画通りに爆弾を積んだ列車が上海から京城を目指して走り出します。
誰が敵か、味方か、終始スリリングな展開で、残虐な拷問シーンや殺戮シーンもありますが、人間の心がよく描かれている秘密諜報サスペンスで、楽しめました。

イ・ジョンチュル役をソン・ガンホが演じていて、さすがです。
義烈団のリーダー役を「トガニ 幼き瞳の告発」のコン・ユ、日本から鶴見辰吾、そしてイ・ビョンホンが義烈団の団長役で特別出演しています。
レトロな衣装を着こなす謎の美女役で、ドラマで御馴染みのハン・ジミンが出ていますが、もうちょっと活躍する役だったらよかったです。

3438.「ミスター・ガガ 心と身体を解き放つダンス」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/3(金) 11:36
イスラエルのコンテンポラリーダンスカンパニー、バットシェバ舞踊団の芸術監督兼振付家オハッド・ナハリンに8年間密着したイスラエルのドキュメンタリー映画です。
「レディ・ガガ」ならぬ「ミスター・ガガ」こと 現代ダンス界の教祖的存在で、オハッド・ナハリンに密着し、人生を振り返る資料映像と代表的な公演の記録映像など数多くのダンスシーン、関係者のインタビュー(ナタリー・ポ−トマンも登場!)などで構成されてます。

「GAGA(ガガ)」と呼ばれる独自の身体能力開発メソッドを考案し、現代人の身体感覚や直感的な感性を目覚めさせ、現代のダンス界で教祖的存在となっているオハッド・ナハリンだそうですが、全く知らなかったし、ダンス自体に関心がほとんど無い(「恋ダンス」は好き)ので、普通だったら100パーセント見る可能性が無い映画です。

会員特典の招待券の期限が迫り、この映画以外は見られなかったので仕方がなく見たのですが、期待ゼロで見たので、一人の人間の物語としても、ダンス自体も思ったより楽しめました。
2001年にがんで亡くなった彼の妻も現在の妻も日本人というのも、ちょっと興味深かったです。

3437.「女神の見えざる手」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/11/3(金) 11:8
政治を影で動かすロビイストの知られざる実態に迫った社会派サスペンスで、フランス・アメリカ合作映画です。
卓越したアイデアと大胆な決断力で大手ロビー会社の花形ロビイストとして活躍してきたエリザベス・スローンは、銃の所持を支持する仕事を断り、銃規制派の小さな会社に移籍します。
銃規制法案の可決に向けて活動するスローンが贈収賄の罪に問われ聴聞会で糾弾されるところから始まり、聴聞会に至るまでの三か月の過程を見せていきます。

出演者もセリフの分量も多く、スピーディーで、ノンストップサスペンスなので、緊張感が続きますが、「皮を切らせて肉を切る」という言葉がピイッタリの痛快さ、後味が良かったです。
勝つ為には、やれることなら何でもするし、プライベートでは、理解不能なイタい部分も持っているスローンですが、確固たる信念があるのが素晴らしいです。
「彼女がアメリカを毒で正す!」というキャッチフレーズがピッタリで、ハイヒールに真っ赤なルージュが似合う、そんなヒロインを「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティンが演じて、実にかっこよく、はまり役です。

先月ラスベガスで58人が死亡という史上最悪の銃乱射事件が起き、図らずもタイムリーな日本公開となってしまいました。
大勢の命が奪われる悲劇を繰り返しながら、銃規制がなかなか進まないアメリカ。
現実にも、こんな人たちが何人もいて欲しいものです

3436.「月と雷」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/10/18(水) 20:43
直木賞作家・角田光代の同名小説を安藤尋監督が映画化。
子どもの頃に母が家出し、普通の家庭を知らぬまま大人になった泰子。
死んだ父が残した家と仕事場のスーパーを往復する毎日でしたが、婚約者もいて、穏やかな日々を送っていました。

泰子の前に突然、子どもの頃に半年だけ一緒に暮らしていた父の愛人の息子・智が現れたことで、穏やかな日々が大きく揺らいでいきます。

泰子の行動も理解しがたいですが、智の母の直子は男に拾われてその家に居ついたかと思うと、ふらりと出ていくという事をずっと繰り返してきた女でした。
智も、ずっと母と日本各地を転々とする暮らしをしてきました。

登場人物たちは世間一般の常識とはかけ離れた登場人物、普通に人間関係を築けない人ばかりで、共感出来る人たちではありませんが、出演者たちの魅力もあって、なかなか面白かったです。

ラストに、出産間近の泰子が見せた微笑みをどう解釈すればいいのか戸惑いました。
好きな作家ですが、これは未読で、検索したら、ラストがちょっと異なっていて、原作の方が理解しやすい気がしました。

泰子役を初音映莉子、智役を高良健吾、智の母親で泰子の父親の愛人だった直子役を草刈民代、スッピンで、今までと全く違う役を好演しています。
「書いていて大嫌いだった泰子も智も直子も、映画で見たらみんな好きだ。みんないとしい。」と角田光代は言っています。

3435.「ブルーム・オブ・イエスタディ」 返信  引用 
名前:ネル    日付:2017/10/15(日) 20:12
29回東京国際映画祭コンペティション部門で東京グランプリを受賞したドイツ・オーストリア合作映画です。

祖父がナチスの戦犯で、その罪と向き合うために、家族から勘当されてまでホロコースト研究に人生を捧げる中年男性研究者のトト。
祖母がナチスドイツの犠牲になり、ホロコースト研究に青春を捧げる、フランスから来た若い女性インターンのザジ。
反発し合っていた二人の距離は少しずつ縮まり、次第に強く惹かれあっていきますが・・・。

ホロコーストの歴史的因縁を背負った男女の恋というのは画期的なテーマで、確かに新しいナチス映画だけれど、主人公が二人とも、あまりにも心が不安定でエキセントリック過ぎるので、共感し辛かったです。暴力シーンが多いのにも閉口、パグ犬のガンジーが可愛いのだけれど、危うく・・・だったし。

あまり好きな映画とは言えないのだけれど、次世代への希望を感じさせるラストはよかったです。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb