[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6094.今日の表参道 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月30日(月) 20時22分
Original Size: 367 x 489, 119KB Original Size: 372 x 495, 128KB Original Size: 442 x 589, 172KB

 日に日に秋の気配が濃くなる中に台風が接近している様ですが、今回は迫る、第24回・ふれあいDay「綿向山の日」に向けての表参道(登山道)の整備、また表参道の難所「風呂ノ谷」及び金明水手前の共に「狭い」参道へのロープ設置をとWAK会長も参加しての入山になります。乗り合わせの車で着いたカラ谷作業道、各自の工具・備品を背にしてのスタート。歩く参道に吹く秋を感じさせる風を受けながら快調に高度を稼ぎ着いた5合目。まずまずの展望を楽しみながらの休憩を終えて目指す7合目。涼しい北西の風がやんわりと吹く中で作業の準備を整え入った「風呂ノ谷」。到着と同時に作業は始まり、今回参加された会員・グースベリーさんが持参された最強?ワイヤー入りのロープを使っての設置作業、と狭い参道を1aでも広くと削るのは私に与えられたミッション。共に作業は順調に進み終えた後は揃って次の現場となる金明水近くへ。一昨年の秋に男女2名が同時に滑落されたこの現場にもロープの設置との事で現着と同時に作業となります、またその場の手前の参道には山側からの土石で参道が埋もれていた為に…ここも私の出番でございます。今回で表参道の整備が終了した訳ではありません、今回は3合目から上でしたが、3合目までは未だ手付かずの状態になっていて後日の作業となる予定です。今週に近付く・直撃?の台風が運び込むと想われる雨によって今回に整備した参道が元の様に…も予測されますが悪しからず、時間が荒れは復帰をと予定しております。

金明水近くの気温19℃・吹く風の風上は不明、でも涼しい金明水付近・通過した入山者6名。

写真左・工具などを背にしてリーダー・グースベリーさん、WAK会長、M山のMさん。

写真中・涼しい7合目での休憩&下準備。

写真右・始まった風呂ノ谷でのロープ張り作業。



6095.Re: 今日の表参道
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月30日(月) 20時37分
Original Size: 372 x 495, 138KB Original Size: 589 x 442, 190KB Original Size: 367 x 489, 150KB

写真左・狭い風呂ノ谷の参道も同時に整備です。

写真中・もろい岩には苦戦していましたが、終了です。

写真右・2名が滑落されたのは下山時でした(金明水手前)、足下を選んでロープに手を「添えて」着実に下ってください。



6096.Re: 今日の表参道
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月30日(月) 20時43分
Original Size: 372 x 495, 145KB Original Size: 692 x 519, 172KB

写真左・その金明水に向かう参道の登りはご覧の通りでございます。

写真右・下山後の綿向山、と厳しい残暑が影響したのか?お彼岸が過ぎた今が満開の様です。


6091.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月14日(土) 21時51分
Original Size: 589 x 442, 117KB Original Size: 442 x 589, 174KB Original Size: 692 x 519, 174KB

 日に日に暑さも影を潜め始め秋らしく季節が進み、しだいに本番の秋が迫って来た様にも感じ取れる今日も入山です。前回より遅れて入った御幸橋駐車場、駐車の7台の列に紛れ込ませ準備を整えスタート。前回と変化の無い北畑林道を経て入った表参道、参道上の気になる湿りも無く、また大敵「山蛭」の気配のない参道を快調に高度を稼ぐ中に吹く涼しい風。前回には今日ほどの風には見舞われなかった事を思い出しながら順調に進んで着いた3合目・カラ谷作業道。見上げる空は季節の青空が真上に、また吹く風は意外と強いと感じながら再び歩き始めた表参道。着いた5合目避難小屋で今回は小休憩と入った屋内温度は21℃、休憩&水分補給を済ませ歩く参道。歩くに連れ近づく6合目を過ぎると前回にお伝えした倒れかけのヒノキに、より傾くとかの変化は見られませんが、土に被われていた根が雨に洗われたのか?根が露わになって来た様にも感じられます、その場を通過する際には同場の参道「右側に架けてある木橋」を渡らない様にご注意ください、20数年前に設置されかなりの腐食が進み「折れる」可能性が大と想われます。着いた7合目…足を止め汗を拭うには至らない程の為にスルーして入った風呂ノ谷、変わりない狭い参道を難なく通過して目指す頂上。  着いた頂上気温19℃・晴れ・強めの東風・東側の展望は×薄っすらの伊勢湾が限界・入山者26名。

写真左・3合目を通過する入山者。

写真中・前回にお伝えした6合目付近の怪しいヒノキ、雨に洗われ?根が露わになって来ました。

写真右・一足早く頂上は秋に。

※今回の下山後、自宅での片付け中に聞こえる鳴り響くサイレン。問い合わせると40歳代の単独男性が、10:00頃に綿向山に入山し綿向頂上を経て竜王山への縦走途中(綿向頂上から約1時間地点)で自身の体力不足(余剰馬力も)の無い事を感じ取り119への通報と言う事案が発生の為に出動との事。

事前に歩くコースの状況・距離・その距離のパスタイム等を把握し、自身の体力を過信せず当日の体調と体力に合ったコースを選び、また変更も含み余裕(入山時間も含め)のある山行を楽しんで頂きたいものです。



6092.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月14日(土) 22時20分
Original Size: 692 x 519, 119KB Original Size: 692 x 519, 113KB Original Size: 692 x 519, 75KB

写真左・頂上南端にダイレクトに当る東風を逃れて移動する登頂者。

写真中・頂上から東側の展望は×、で西側はこの状態。

写真右・下山後に見る綿向頂上付近。

今日の朝イチ1合目まで行かない内に下山されるのは、野洲から来山の早川さん。以前にもお会いしていた様でした、今回は早朝に入っての綿向山。独り占めの寒い頂上を楽しまれた事でしょう。

5合目小屋では、初めての綿向とお聞きした彦根からのサナエさん&タカクラさん。お2人で歩く初めての表参道、足下の小花を楽しみながら歩く参道を快調に高度を稼ぐと周りには秋の気配が…。初めての綿向で一足早い秋を楽しまれた事でしょう。

表参道・金明水付近を下山される大阪からのご夫妻、お話を伺っている内に以前にも…との事、覚えて貰っていた様で嬉しい限りでございます。次回も♪お気軽に…お待ちしております。


6086.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月7日(土) 21時39分
Original Size: 623 x 468, 188KB Original Size: 623 x 468, 194KB Original Size: 692 x 519, 97KB

 久々の入山&投稿になってしまいました。昨年7月に自宅での作業中に熱中症に陥ってしまい、その時の厳しさ辛さを想うと…単独の山中でと想像するだけで酷暑の夏は敬遠となっていたしだいです。お盆も過ぎ9月に入ると残暑は残るものの朝夕は過ごし易くなった頃合いを見図り今回の入山となります。太平洋上の台風の影響は?如何なものかと予想しながら歩く久しぶりの表参道。ここ数日は里での降雨はなかったものの歩く参道上には少しの湿りが…山では降っていたみたいですね。例年は無風と湿気の高い0合目から3合目までの植林帯ですが、今回は植林された木々の先端が撓る程の風が…コレっ台風の?と想われる風に癒されながら快調に高度を稼いで3合目・カラ谷作業道に。あざみ小舎をスルーして歩く参道、4合目付近からは空気が変わって?3合目までには感じなかった空気の中を順調に進んで5合目…もスルーして目指す頂上。歩く参道は同様の湿りがあるものの転倒には至らない程度、元気よく歩いてくださいッ。次の6合目を過ぎて60〜70m?、周りのヒノキに負けない程の1本が参道の真横まで傾いた状態で迫っています、夏の大雨に足下の土を奪われズレ落ちて来た様に判断されます、今すぐ参道を塞がない事と想いますが、通過の際は速やかにとお伝え沿ておきます。その後の参道は大きな変化も見られず快調に頂上を目指せる事でしょう。…!ッ先月に補強した風呂ノ谷の木橋はグッジョブ、目がくらむ程に♪輝いております。
着いた頂上気温20℃・やや強い東風・展望は雨乞&鎌、三重県側は雲の中、西側は日野の里からびわ湖まで・入山者12名。

写真左・水量が増えていますね、山では降っていた様です。

写真中・この落石の付近、異音・落石に要注意(北畑珍道)。

写真右・単独男性が下山の後は独り占めの頂上…でも天候はイマイチ。



6087.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月7日(土) 22時7分
Original Size: 442 x 589, 185KB Original Size: 442 x 589, 143KB Original Size: 692 x 519, 126KB

 ガスる頂上での小作業を終えて下山を始めた頂上直下でお会いしたのは、初めての綿向とお聞きしたヒトミちゃん(京都)と仲間のカツくん(大阪)。お2人で歩く初めての表参道では季節の小花を、またお2人で炸裂させる♪爆笑トークを楽しみながらの綿向山。頂上からの眺望はイマイチだった事と想いますが、初めての綿向山の好感度をあげて貰えた事でしょう。次回は雪の…、今回のコンビで おこしやしておくれやす。

写真左・6合目を過ぎると…夏の大雨でこの様な姿に、参道上の石は撤去しておきました。

写真中・頼もしくなった風呂ノ谷の木橋、でも渡るのは以前同様に1人です。

写真右・久しぶりに見る日野の里。

※訂正、前出6086の異音・落石に要注意は「北畑林道」です💦。



6088.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月7日(土) 22時17分
Original Size: 489 x 367, 135KB Original Size: 431 x 575, 124KB Original Size: 692 x 519, 175KB

写真左・5合目避難小屋の北側の檜の枝が…、地権者・綿向生産森林組合にお尋ねしても???。鈴鹿国定公園内でのこの様な行為は罰則の対象となしますのでご注意ください。

写真中・小さい秋🎶見つけた(カラ谷作業道)。

写真右・下山後に見る竜王山-綿向山-水無山(左から)。



6089.Re: 今日の綿向山
名前:hitomi    日付:2019年9月8日(日) 18時53分
昨日は楽しいお話ありがとうござました。山頂がガスだったのが残念でしたが、またおいでということかなと思います。また登りたくなる山でした。冬にも是非訪れたいです。簡易アイゼンしか持てないので、楽しみ貯金箱でも始めてアイゼン買って必ずいきます。


6090.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月9日(月) 21時54分
一昨日の綿向山、🌀台風による大きな影響も無く(⌒-⌒; )初めての綿向山を 仲間とお2人で存分に♬楽しまれた事でしょう。hit o m iさん⭐こんばんはッ ✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。仲間と歩く初めて(#^.^#)の表参道、夏の☔大雨の影響もあって少し💢荒れた個所があるものの 穏やかな表参道を👣歩いて目指す初めての頂上。 その参道を進むと目の前に現れた((((;゚Д゚))))長い階段、胸突き八丁とも云われる121段を上がると…お疲れさまでした٩(^‿^)۶。 着かれた初めての頂上はイマイチ(*´∇`*)の空模様で👀展望は西側のみ?、東側の展望を拒む分厚い☁雲は 台風が送り込んだ事の様ですねッ。🌰初秋の綿向を楽しんだ次は、白くなった☃綿向山へ。その前に、膨れ上がった( ̄3 ̄)楽しみ貯金箱に活躍٩( ᐛ )وして頂き 賑わう雪の綿向山へ先日の仲間☎お誘い合わせ来山くださいねッm(_ _)m。

6083.今日の表参道7合目(風呂ノ谷) 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年8月8日(木) 21時29分
Original Size: 648 x 486, 130KB Original Size: 648 x 486, 172KB Original Size: 648 x 486, 198KB

 久々の投稿となります。WAK会員・綿向山ファンの皆さん こんばんはッ。令和元年の夏も猛暑が続いていますが、今日は二十四節気13番・立秋との事。まだまだ残暑厳しい日が続く事と想像します、まだ暫くは「熱中症」を意識しての山行となりそうですねッ。  今回は以前より計画されていた表参道の難所「風呂ノ谷」を渡る木橋に補強をと…。WAK会長or事業部〃長のお声掛けで集まった5名もの会員で材料の荷揚げと組み立てを完了させましたのでお伝えしておきます。

写真左・材料を1輪車に載せ3名の先引きで目指す7合目、ピラミッドの石運びでは作業者にニンニクが出されたと聞きますが、ここ綿向山で出るのは💦汗…。

写真中・長尺物は辛いですね、ツズラ折れではこの状態。

写真右・着いた7合目・行者堂前広場で組み立ての開始。



6084.Re: 今日の表参道7合目(風呂ノ谷)
名前:ラリー・ベル    日付:2019年8月8日(木) 21時41分
Original Size: 551 x 414, 173KB Original Size: 458 x 344, 120KB Original Size: 458 x 344, 130KB

写真左・狭い参道を難儀して搬入した補強材を仮置きして、寸法の確認・見直しを…。

写真中・サイズを確認した後には仮の固定。

写真右・計画ではザイルを使って下からの予定でしたが、足下に流れ込んだ腐葉土に山蛭の気配が…、熱中症で倒れ込んでいるのではありません。ちなみに今日の風呂ノ谷での気温は24℃を示していました。



6085.Re: 今日の表参道7合目(風呂ノ谷)
名前:ラリー・ベル    日付:2019年8月8日(木) 21時55分
Original Size: 648 x 486, 230KB Original Size: 519 x 692, 238KB

写真左・今回参加して貰い、各自の拘りを存分に炸裂されたマイスター?の会員皆さん、お疲れさまでした。

写真右・はいッフィナーレでございます。橋の手前付近は前回の大雨or台風で少し荒れていますが、これからの台風シーズンが終われば整備をと計画しております。


6082.今日も綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年7月15日(月) 19時56分
Original Size: 692 x 519, 67KB Original Size: 692 x 519, 95KB Original Size: 692 x 519, 175KB

 3連休の最終日も一昨日に続き入山です。前回に比べ気温・湿度も高いと思われるなか今回は遅めの入山。歩く表参道の湿りは先日以上の様で、苔の付く様な石、また木の根などは予想以上に滑性が良く足下を注視しながらの参道になる事と思われます。また同じ足下を注視しなければいけない「山蛭」今回は果敢に攻め上がって来ましたが、事前にスプレーした忌避剤が効果を発揮してソール付近でウロチョロするばかり…今回は逃れられたようです。着いた3合目カラ谷作業道…暑さと湿気がムンムン先日とは大違いの3合目でしたが、歩みを止めると蛭ッを嫌いそのまま高度を稼いで着いた5合目。ガスに妨げられ展望・人影もアウト、そのまま無風の参道を進んで着いた7合目。期待した7合目の涼しい風にも見放され小休憩を後に入った「風呂ノ谷」。先日と変わりない狭い参道を通過して歩くと群がる根っ子、ツルツルですッ慎重に足下を選ぶ必要を強いられる様です。  着いたアキアカネが現れない頂上・気温23℃・ガス・無風・眺望なし・入山者22名。

写真左・誰もいない5合目・避難小屋。

写真中・幻想的な雰囲気漂う金明水付近。

写真右・着いた頂上にはWAKの精鋭皆さんがランチor休憩中。


6080.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年7月13日(土) 20時43分
Original Size: 648 x 486, 203KB Original Size: 648 x 486, 28KB Original Size: 692 x 519, 87KB

 週末の悪天と地区の行事などで入山が遠ざかっていた6月も過ぎ、梅雨の真っ只の中に梅雨明けの予想も伝えられ始め、暑さも一段と増して来た今日の入山となります。入った御幸橋駐車場には既に10台ほどの駐車が見られ急ぎ準備を整えスタート。歩く北畑林道ではポツリポツリと当たる雨を感じるものの歩き続けて登山口へ。前回以上に色濃くなった緑を見上げながら入った表参道。参道上には少しの湿りがあるもの足下を濡らす程ではなく快調に高度を稼げる事と思われます。その湿りのある表参道には…はいッ!入山者の大敵「山蛭」が虎視眈々と…ですが、今回は3合目までの植林帯の中での気温or湿度も予想以上に低く感じられ噴き出す汗も無く順調に歩いて着いた3合目カラ谷作業道。作業道を歩く頃には涼しい風に吹かれ再び入った参道では、3合目までとは違った空気なのか?拭う汗も多くは無く快調に高度を稼いで着いた5合目。5合目からの眺望はほぼアウト、今回のミッションでもある警鐘ポスター張りと小休憩を済ませ参道へ。近付く7合目手前付近からは参道の湿りが多くなった様にも感じながら入った風呂ノ谷。相変わらず狭い参道になりますが、斜面の崩れも無く地表の湿りに注意し慎重な通過を強いられる様です。その風呂ノ谷を過ぎ8合目の後に金明水道標その先には、左斜面からの湧水で参道が酷い状態になっていて石を渡っての通過となります、石を踏み外しての転倒…要注意ですね。        着いたアキアカネ飛ぶ頂上・気温20℃・ポツリポツリの雨・無風・眺望なし・入山者24名の内蛭害に遭われたのは4名。

※数年前に比べ「山蛭」は少なくなった様にも思われますが、素早くて獰猛、剽悍な「山蛭」は必ず居て虎視眈々と…。入山に際しては忌避剤等での予防対策をお勧めします。

写真左・緑が深くなった登山口。

写真中・5合目からの眺望、雲間に見える三上山は限界。

写真右・ポツリポツリと降り始めた頂上。



6081.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年7月13日(土) 21時19分
Original Size: 584 x 438, 172KB Original Size: 468 x 623, 138KB Original Size: 551 x 414, 188KB

朝の表参道、先を行く入山者に近付くと…お久しぶりでした、甲賀市からの単独・西岡さん。今回は頂上まで一緒して頂きありがとうございました、多くのお喋りを♪弾ます内に感じたパンパンに膨れた40L程のザック、中には20s程の水が入っているとの事。その続編を伺うと、今の梅雨が明けた頃に北アだそうで、その足慣らしでの来山。梅雨明けの一番暑い三伏の候の頃?になるかと予想しますが、暑さに負けず思い出に残る北アを楽しんで来て下さいねッ。

写真左・朝の北畑林道から左下の西明寺川を覗くと人影が!…渓流釣りの方々でした。

写真中・今回の目的でもあるポスター張り、先日に綿向〜竜王の間で1件…潜む危険は何処にでも…ご注意ください。

写真右・風呂ノ谷の現状です、はいッ!狭い参道になります。木橋を渡るのは西岡さん(甲賀市)。


6077.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2019年6月25日(火) 20時4分
Original Size: 692 x 519, 168KB Original Size: 692 x 519, 121KB Original Size: 692 x 519, 200KB

 麦秋の6月もあとわずかとなった今日は、1ヶ月ぶり久々の入山と投稿になります。梅雨空はいずこへ?と思わせる様な好天日となった今回は昨年末の晦日、吹雪く荒天下に設置した警鐘看板(頂上北尾根)が倒れているとの事で、その修復をとWAK会長・会員中野さん3名での入山。歩く表参道では爽やかな風に吹かれる中を快調に高度を稼いで目指す久々の頂上、先日からの天候が幸いして参道上には湿りも無く、また季節がら大変気になる「山蛭」の気配も全く感じられない今日の表参道を歩いて着いた7合目。涼しい風に当っての休憩を終えて入った風呂ノ谷、1ヶ月と何ら変わりない狭い参道になりますがスムーズに通過できる事と思われます。その後の参道にも大きな変化はないものの金明水付近の参道では、左斜面からの湧水で足下が荒れています、数bの距離ですが転倒しない様に足下を選んで慎重に歩いてください。    着いた頂上気温23℃・快晴・穏やかな南風・遠望×・入山者9名。

写真左・久々に眺める5合目からの眺望。

写真中・頂上から見る西方向の眺望、遠望は厳しい様です。

写真右・日差しタップリでも暑さを感じさせない頂上。



6078.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年6月25日(火) 20時25分
Original Size: 623 x 468, 165KB Original Size: 589 x 442, 94KB Original Size: 519 x 692, 204KB

着いた頂上での休憩も無く、急ぎ北尾根へ向かって看板の立て替え作業を…。今年度も会長を続投されるWAK竹村会長、昨年度以上に気合が入っている様でございます。

写真左・冬期用の警鐘看板の立て替え作業のスタート、手前が会員・中野さんと会長。

写真中・空に浮かぶ白い雲の下、作業は着々と…、えッ私?写ってはいませんが大活躍でござます。

写真右・完了しましたッ。冬期に関わらず竜王縦走orイハイガ岳方面へは慎重に。



6079.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年6月25日(火) 20時37分
Original Size: 398 x 530, 157KB Original Size: 589 x 442, 149KB Original Size: 519 x 692, 186KB

写真左・表参道の難所と云われる「風呂ノ谷」、そこに架かる木橋に手が加えられるとの事で、先ずは寸法取りから、…あっ出てはいけない物が写ってるッ。

写真中・樹々の緑深まる…北尾根から見る鎌ヶ岳方向。

写真右・作業の後は鳥居を使ってのエクササイズ?ではありません、風の影響で傾いた鳥居の修復ですね。


6076.綿向山を愛する会「令和元年度 定期総会」を開催 返信  引用 
名前:「綿向山を愛する会」事務局    日付:2019年6月16日(日) 8時57分
Original Size: 640 x 480, 54KB Original Size: 640 x 480, 58KB

 6月14日午後7時30分より、日野町林業センターに於いて、令和元年度の定期総会を開催しました。
 出席者は16名と少なく残念でしたが、委任状69名を含め、計85名と75%の出席率でした。

 総会は、竹村会長の開会挨拶の後、綿向生産森林組合よりご出席の嶋村組合長様にもご挨拶を頂きました。

 議長には会員の 堀 様にご登壇頂き、(第1号議案)事業報告、(第2号事案)決算報告、(第3号議案)元年度事業計画、(第4号議案)元年度予算、(第5号議案)役員選出 について、スムーズに議事進行を頂きました。
 全議案について可決・承認を頂き、令和元年度の会長には引き続き 竹村 久二夫 氏、副会長には道津 豊吉 氏、各部会の部長・副部長も昨年度からの留任となりました。
 
 年々登山者が増加する傾向にある中、安全で快適な登山を目指し、各部会で協力して参ります。皆様方のご協力をお願い致します。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb