[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





6787.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月10日(土) 21時57分
Original Size: 495 x 372, 127KB Original Size: 589 x 442, 175KB Original Size: 619 x 465, 147KB

 前回に続き今回も表参道の整備をと工具を背にしての入山となります。前々回・前回で頂上付近から2合目付近までの整備は一応済ませておいたものの、その範囲を今一度の見直しをと歩く表参道。何時もの事ですが、何ら支障のない参道で順調に高度を稼いで着いた3合目・カラ谷作業。見上げる空には雲一つない最高の青空が…、その作業道から再び入った表参道、あざみ小舎をスルーと思いましたが、一応の小休憩と…うんうんッ…あっ!う○こちゃいますよッ、で小休憩と目的を後に目指す5合目へ。着いた5合目には後続の入山者が次々と集まり始め屋外での休憩、展望はびわ湖〃面とその背後の右側には連なる比良の山々と左側には比叡山と背後には愛宕山が…、春には珍しい展望が見れた5合目を発って歩く参道。足元に転がる石をor小枝の排除作業を進めながらゆっくりと進んで近付く7合目手前には、春の日差しに輝く白い物は?霜柱…、朝イチにお会いした下山者は04:30に入山し頂上からの日の出をと目指された頂上の気温はマイナス3℃、うんうんッ!霜柱も納得できる気温だった様です。着いた7合目をスルーして入った「風呂ノ谷」、法面からの土石の崩れは無いものの狭い参道は何時ものままです、慎重に通過してください。風呂ノ谷の先は何ら支障も無く順調に進んで近付く金明水を直下に見る参道上には、何時もの事でない光景が…倒木です、前回は5合目までだった為に見付けられなかった、又はそれ以降か?見る倒木は完全な枯れ木の様で根っ子から起こされ(風?)先端は接地と同時に数か所で折れ砕けています、金明水へと近付く方は斜面に「横たわる倒木に要注意」かと思われます。その倒木は持参した工具では役不足でしたが、跨ぐ必要のない様にと処理しました。歩く先を妨げる物がない今が旬の歩き易い表参道で春真っ只中の🎶綿向山をお楽しみください。  頂上気温10℃・快晴・想定外の穏やかな北西の風・白山、乗鞍、御嶽、三河湾、神島、伊勢湾の遠望・入山者128名以上。

写真左・御幸橋駐車場08:00頃の状態。

写真中・次々と入山者が集まり始めた5合目、こちらのカメラに気付いて頂いたのは、愛知県からのファミリー登山者3名の皆さん。

写真右・雲一つない快晴下の頂上で再会でございます。



6790.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月10日(土) 23時39分
Original Size: 530 x 398, 141KB Original Size: 501 x 376, 134KB Original Size: 501 x 376, 149KB

朝の表参道でお会いしたのは、愛知県からファミリー登山とお聞きした3名。春の日差しが射し込む表参道、ご家族でお喋りえお、小鳥の囀りを聞きながら目指す頂上、道中には今を彩る旬の小花を楽しみながら歩いて着いた頂上。その頂では春の日差しをタップリを浴びながらの♪楽しいランチと季節の霞にも遮られずに見られた遠望。春爛漫の綿向山をご家族で存分に堪能された事でしょう。まだ暫くは春を楽しめる綿向山、次回も皆さんお揃いで来山してくださいねッ。

5合目小屋でお会いしたのは…めっちゃお久しぶりでしたねぇ、甲南町からの竹内さん。今回は町内・ダンスサークルのきれいだった皆さん方のリーダーを任されての綿向山。好天下の表参道、また春の日差しを遮る雲1つない快晴下の頂上でのランチと眺望を存分に楽しまれた事でしょう。次回も皆さんお揃いで?、または竹内さん単独で?見掛けられたらお声掛けくださいねッ、お待ちしております。

背中から肩に移った工具をフルに稼働させながら下山を進め着いた5合目で遅めのランチ。小屋は使用中の為に好天下の斜面でベンチを使用してのお昼、その背後の参道を🎶ΩδΦ☆§…(恋バナ?)っトしゃべくりを炸裂させながら下山をされるのは…近江の叶姉妹←…ワぁッオぉぉ〜ッ!でございます。恭子さん役の方は以前にお会いしていた様でしたが、美香さん役の方は今回が綿向山デビュ〜との事。登る表参道では存分にお喋りを🎶弾ませ、着いた頂上でもその🎶続編を。下山時には🎶後編まで進む最中の頃に5合目だった事と思います。その5合目でのお喋り(^^♪楽しゅうございました、次回にもお会いするチャンスがある様でしたらよろしくッ。

写真左・昨夜からは冷え込んだ様です、7合目手前には霜柱が…。

写真中・通過中に触られるのか?崩れた霜柱は風呂ノ谷。

写真右・風呂ノ谷を慎重に渡る入山者。



6792.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月10日(土) 23時56分
Original Size: 489 x 367, 143KB Original Size: 489 x 367, 150KB Original Size: 692 x 519, 166KB

写真左・金明水を真下に見る参道に…、跨がなくても良い状態に戻しておきました。

写真中・中には…ゲっ!生首っと思わせる様な吊るし物は?、クッさァ〜い!ジァージの様です、かなり発酵が進んでいる様で…私も愛する会の一会員でございます、当然…お持ち帰りですわッ。

写真右・下山の5合目から見た竜王鉄塔、何人かのパーティでの縦走の様で竜王方向に進んで行かれます。


6719.出会いに感謝の綿向山 返信  引用 
名前:やいちんエリザベス    日付:2021年4月3日(土) 20時23分
予報に反して、朝から霧雨の綿向山。
歩いたことのないお友達と一緒に、レインウエアを身につけて歩きだします。さすがに暑くなってきたのでヒミズ谷小屋で脱ぐことに。そこでラリーベルさんにお会いしました。
今月20日に行われる、大嵩神社の神事に合わせて参道を整備して下さっておられるとのこと。おかげで私たち登山者もとても歩きやすく、登山を楽しむことができます。綿向山に縁のあるいろいろなお話も伺って、その知識の多さに綿向山への大きな愛を感じました。しばしお話してからお別れをして山頂へ。細かな優しい雨にしっとり濡れた木々や苔、小さな可愛いお花たち。時折風が頭上で唸りをあげていましたが、ゆっくり楽しみながら高度をあげます。山頂手前の階段を、鳥居を見上げながら上りきると、それまでとは全く違う風の世界。爆風に煽られて真っ直ぐ歩くこともままなりません!写真を撮るのも手元がぶれるぶれる!爆風に煽られる様子がお互い可笑しくて大爆笑!こんな状況で笑えることができることに感謝です。とはいえ長くはいられないので、早々に撤退します。下山を始めると先ほどの風は全く感じません。お日さますら差しはじめてきました。ガスに煙る幻想的な綿向山、お日さまの光を受けてキラキラ光る綿向山、一山で二度美味しい山行きでした。下山時、整備途中のラリーベルさんにまたまたお会いして、綿向神社にお参りすることをお伝えすると、神社の由緒など教えて下さいました。知らずにお参りするのと、知ったうえでお参りするのとは、気持ちが違いますね。出会いに感謝の綿向山でした。
ラリーベルさん、いろいろありがとうございました。



6745.Re: 出会いに感謝の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月4日(日) 20時1分
 昨日の綿向山頂上付近は大荒れ💨だった様ですねッ😅。やいちんエリザベスさん こんにちはッ、早速の✏投稿ありがとうございますッ( ̄^ ̄)ゞ。昨日の朝は予想に無かった🌧霧雨に降られor高度の⤴高い所では見事な迄の💨爆風にやられイマイチの綿向になった様ですが、仲間と雨・風以上の爆笑🤣トークを炸裂💥させて、吹く💨風を畳み込み😫存分に🌸春の綿向山を🎶楽しまれた事でしょう。朝にお会いして午後の表参道で再び(#^.^#)でしたねッ、2合目近くで相変わらず⛏工具を手に土との➿お戯れの最中には、疲れをも忘れさせる美味しいもの🍼を…♪ちゅう〜ちゅうッ😙頂きながらの⚒作業となった事をお伝えしておきますッ。下山後には、お聞きした⛩綿向神社へ。お伝えした😇神さまへの👏お参り…神の😇ご加護があらん事を願っております👍。まだまだ楽しめる🌸春の綿向山です、次回も昨日の仲間お誘い合わせ📞で来山下さいねッ…💡その時には先日の🎵お喋りの📚後編用の引出しを準備してお待ち申しておりますッ。見掛け👀られたらお声掛けくださいねッm(_ _)m。

6722.今日の表参道 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月3日(土) 22時54分
Original Size: 575 x 431, 172KB Original Size: 692 x 519, 157KB Original Size: 692 x 519, 127KB

 昨夜の予報が伝えた☀マークを信じ、前回の参道整備の残りをと自宅を出て間もなく走る車のFガラスに当る雨?、山が近付くに連れ当たる雨粒の間隔が狭まり…。着いた御幸橋駐車場では雨具を準備される来山者が見られるものの、チョっとだけの期待を胸にそのまま入山となります。雨で濡れた北畑林道、左に見える竜王南斜面に満開?の山桜を横目に進んで着いた登山口・出合小屋。既に汗ばんで来た衣服を背中に収めて入った表参道。少しの湿りはあるものの大きな支障のない参道で順調に高度を稼ぎ、出合小屋でお会いしたお2人のマダムとのお喋りを🎶弾ませながらの参道、その参道の2合目付近で以前に痛めた脚に少しの違和感を感じお2人に先をお譲り、後はその脚と相談しながらゆっくりと歩いて着いた3合目・あざみ小舎。同小舎での小休憩の後に前回に預けておいた整備用工具を背にして再びの表参道。背中が重くなった分…脚にと予想をしていたのですが、変わりなく歩いて着いた5合目・避難小屋。気温は9℃・霧雨の状態。今回も工具を頂上お供させて下山時に前回の整備個所を今一度の計画でしたが、止まない冷たい雨or気になる脚…!で急遽計画を変えまだ手付かずの5合目以下の整備をと休憩を終えてからの下山になります。

写真左・雨で濡れた北畑林道を歩く2家族パーティの皆さん。

写真中・その北畑林道から見る竜王の南斜面。

写真右・着いた気温9℃の5合目からの眺望。



6724.Re: 今日の表参道
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月3日(土) 23時38分
Original Size: 354 x 472, 133KB Original Size: 354 x 472, 127KB Original Size: 472 x 354, 135KB

朝の出合小屋でお会いし栗東からとお聞きしたのは…元ミスユニバースみたいなお2人の女性。ご一緒に歩く表参道では、ご清聴にご協力を頂きありがとうございました、恐悦至極に存じます。

5合目小屋では何時もの山口さん。今回もお会いしましたねッ、今日の麓は、歩いていると汗ばむ程の気温でしたが登るに連れ…頂上は大分寒かったとか?、その冷えた身体にちゃぁ〜しゅうタップリの…五臓六腑の隅々まで…、次回もよろしく。

下山の2合目での作業終わり間際にお会いしたのは、京都・大津からの…ミランダカーみたいなお2人の女性。下山をご一緒して頂きありがとうございました。道中では楽しい♪お喋りを…、次回もお2人お揃いで来山くださいねッ。

写真左・5合目を下って直ぐのこの場所から作業の開始となります。

写真中・作業が終わった状態。

写真右・あざみ小舎からの下りにも手を加えておきました。



6725.Re: 今日の表参道
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月3日(土) 23時48分
Original Size: 442 x 589, 196KB Original Size: 354 x 472, 128KB Original Size: 354 x 472, 127KB

写真左・真っすぐ進むのは「旧の表参道」、バリケードの状態が悪かった為に手直しを…。

写真中・3合目手前付近の登り、浮石・落ち葉を排除。

写真右・排除の後は…、えッ!スキップでですかぁ?…よしなに。



6726.Re: 今日の表参道
名前:ラリー・ベル    日付:2021年4月3日(土) 23時53分
Original Size: 431 x 575, 187KB Original Size: 354 x 472, 126KB Original Size: 350 x 466, 126KB

写真左・2合目道標からの登り。

写真中・その登りの作業後。

写真右・2合目道標までの登りも整備を済ませてあります(写真は作業前)。


6652.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月27日(土) 21時30分
Original Size: 551 x 414, 159KB Original Size: 551 x 414, 152KB Original Size: 648 x 486, 100KB

 年度末の忙しさがひと段落し、有り余る時間はないものの2週間ぶりの入山となります。今回は来月に斎行される頂上での神事に向け、山慣れない氏子皆さんがスムーズに登頂が出来る様にと表参道の整備をと工具を背にしての表参道となります。登山口0合目からの参道には、連日の様に吹く風の影響?の為かスギの落ち葉や折れた小枝が目立つ様ですが、それらは大きな支障にもならず春の表参道で軽快に高度を稼げる事と思われます。その参道を軽快に進み1合目をスルーして暫く歩くと軽快な足取りが…左山側斜面からの倒木(地権者に連絡済、近日中に…)。倒木に触れない様に跨ぎ速やかに倒木から離れ再び歩く参道。高度が上がるに連れて涼しい風に吹かれて汗を拭われていたのですが…その吹く風は。快調に進んで着いた3合目カラ谷作業道、見上げる青空は白く霞んでいるものの降る物の心配もなく再度参道に入り高度を稼いで着いた5合目・避難小屋。春霞ですねッ展望は三上山が霞む様にが限界、同小屋の使用時は窓or扉を開け「換気」にご協力ください。5合目での休憩を終えて歩く参道、芽吹きには少し早い様で枝ばかりの樹木の間から下界を見ながら歩いて着いた7合目。行者堂前での小休憩で受けるその涼しい南風は3合目辺り以上に強い風、下山者に頂上の状態をお尋ねすると…強すぎる風は寒さを感じる程で即に下山ですとの事、ポカポカ陽気の頂上は無理と諦め取りあえずは背の工具を頂上までと7合目を発ち入った「風呂ノ谷」、前回に参道上に落ちた土石の排除を済ませた時と変わりない「狭い参道」を通過して目指す頂上。  着いた頂上気温9℃・晴れ・南東からの強い風・霞む雨乞と鎌・入山者68名以上。

写真左・表参道1合目過ぎの倒木はお伝えしましたが、登山口へと歩く「北畑林道にも倒木」です、朝だった為に私の余剰馬力もあってエイっやァーっ!と…その倒木に完璧に負けてしまい写る倒木は、川側へ先端がズレ落ちてしまいました、悪しからず。倒木は1合目倒木以上に不安定な状態です、速やかに通過してください(週明けにも処理との事)。

写真中・1合目過ぎの倒木です、お伝えした通り跨いだあとは速やかに離れてください。

写真左・誰もいない頂上…ではありません、強い南東からの風を避けて竜王側の広場で休憩orランチです。



6653.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月27日(土) 23時7分
Original Size: 551 x 414, 166KB Original Size: 486 x 648, 99KB Original Size: 414 x 551, 197KB

朝の3合目近くでは早くも2名の下山者に、お聞きすると京都からのご夫妻で今回が初めての綿向山との事。早朝に入山し歩く初めての表参道、参道の先が読めないものの穏やかで歩き易い参道を快調に歩いて着いた初めての頂上。その頂上では少々手荒い(強風)歓迎で迎えられた様でしたが、初めての頂上をご夫妻で存分に楽しまれた事でしょう。春の綿向は始まったばかりです、次回は足元に咲く小花に迎えられ今回以上の綿向へ おこしやしておくれやす。

5合目小屋では、岐阜から初めての綿向山とお聞きした単独男性に。今回、歩かれた表参道は明治43年(1910年)に設けられた頂上・大嵩神社へと向かう表参道・登山道となります。少し迫力には欠けますがそこは参道のこと、ご理解頂ければ幸いです。次回は竜王縦走は如何でしょう、縦走路は表参道とは様相が異なり山行らしいコースになっています、ご愛用のカメラも手放せない縦走路になるかも知れませんねッ。冬とは違い身軽になった装備で綿向を、また近隣の山・鈴鹿を存分に歩いてくださいッ。

下山の参道で、濡れて幾重にもなった重い落ち葉かきの作業中にお会いしたのは、大阪からの単独の青年。初めての綿向とお聞きしましたが、着かれた初めての頂上の天候はマズマズ、そこに吹く風が…イマイチうっとおしい物だった事と思います。次回は天気予報とご相談のうえ、快晴下の綿向山を狙って来山くださいねッ、お待ちしております。

今回の作業はこれまでと工具を肩に下山を始めてた7合目付近では…登りの山口さん(東近江市)に、○○の総会が長引いて今やッとの事、年度末は皆さん忙しい様ですねッ。私の下山途中に早くも追い付かれ揃っての下山となりましたが…ご帰宅途中には何時もの♪熱いヌードルをフぅ〜フぅ〜ッ💦しながらのアレ、膨らんだお腹と、歯にはネギをタップリ挟んでのご帰宅になった事でしょう。次回もよろしくッ。

写真左・強い風を避けて竜王側でランチの準備中のパーティ。今回は他にもお子さま連れが目立っていた様です。

写真中・朝の登山口・出合小屋の屋内の状態ですわッ。喰ったカップ麵のカップ・ビニル袋…テーブル&椅子は乱れっぱなし。今日の事ではない様子ですが、自分たちが持ち込み、出したゴミも持ち帰れない者は紳士淑女が集う綿向山には不向きの様です、もう来ないでくださいッ。

写真右・今回の参道整備は金明水付近から、崩れ落ちた土石以上に水分を含んだ幾重にも重なる重い落ち葉排除には時間が予想以上に…。



6656.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月28日(日) 0時44分
Original Size: 486 x 648, 271KB Original Size: 648 x 486, 198KB

写真左・一応、参道の地表が見えるまで落ち葉と土を取り除きました。

写真右・御幸橋駐車場周辺のサクラ、満開にはもう少しかと思われます。


※先週の20日(土)に表参道1合目付近に於いて滑落事故が発生しました。事故に遭われたのは京都在住の70歳代の単独男性。事故の状況は、この方の持病の発作が起こり回転する様な「めまい」に陥り表参道から7bほど滑落。しばらくして通り掛かった下山者?に発見され通報されたとの事。滑落の際に頭に3aほどの裂創と左大腿部を打撲されていたとの事です。 雪解けも終わり本格的な春山を迎え様とする今の綿向山。冬の重い装備から解放され身軽な装備で春山が楽しめますが、装備が軽くなった分行動範囲が広がると同時に自然界の中では危険度も高くなり、登り易い表参道と言えどリスキーな大自然の中に入り込むと危険だらけ安易な気持ちでの入山は禁物です。 今回事故に遭われた方には持病があったとの事、ご自身の病状を十分に把握しベストな状態を保つ中で、また単独での入山を避け「仲間などと複数」での入山しか手段は無い様に思われます。


6624.(untitled) 返信  引用 
名前:ライ    日付:2021年3月24日(水) 13時54分
綿向山をこよなく愛する皆さんこんにちは〜🎵(日野町在住、初投稿です)
今日は朝から快晴☀️の青空で絶好の登山日和どいうことで実に2年ぶり18回目の綿向登山となり、有酸素運動&森林浴を楽しんできました❗😀
途中危険な箇所もありますが、危険な箇所にはロープがあり、いつもラリーベルさんはじめ愛する会の皆さんが整備していただいており安心して歩けるので本当に有難いです。そして久しぶりの頂上はスッキリ晴れ渡り大変気持ちよかったです🎵😀



6634.Re: (untitled)
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月25日(木) 21時5分
 …💡どャさッ‼ライさん🏍じャっ🎶ぁあ〜りませんかッ😃、お久しぶりですねッ。早速の✏投稿ありがとうございます( ̄^ ̄)ゞ。昨日は2年ぶりに😁地元の綿向山へ、本格的な🌸春の粧いが徐々に山を👣登り始める中を、久しぶりに歩く😊表参道、日頃の🏃トレーニングの甲斐あって歩きは楽々😙と、また脚が慣れて来た頃には🎵スキップを( ̄3 ̄)踏みながらの表参道だったかも知れませんねッ(#^.^#)。 着かれた2年ぶりの頂上٩(^‿^)۶、最高の☀青空or眺望❗存分に♪楽しまれた事でしょうッ、これはライさんの日頃の✨精進・節制が…😇でしょう。 春告鳥🐥の囀りも聞こえ初め、また🌸桜の開花も見られ初めて里では本格的な春を迎えた様です、これからは綿向にも春本場が駆け上がる事でしょう。 次回は春爛漫の、また足元に咲く旬の🌸花を楽しみながらの綿向へ👸奥方さまお誘い合わせで来山くださいねッm(_ _)m。

6549.今日の綿向山 返信  引用 
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月14日(日) 21時4分
Original Size: 350 x 466, 135KB Original Size: 416 x 554, 183KB Original Size: 692 x 519, 106KB

 先日に降った雨と強い風は春の嵐?荒れましたねッ。近畿に春の訪れを告げるとも云われる「奈良のお水取り」、その間は天候が落ち着かないと云われる通りの空模様が続いた様で…、そのお水取りも今日まで?。今朝に見る綿向は雲を覆うものの見上げる空には青空が…、降る気配を感じない空を信じWAK会長との入山となります。会長との入山には何かのミッションがとお気付きの方が居られるかと思いますが、…はいッ!お察しの通り「冬道閉鎖」と同ルートの点検、及び道標等の回収。前回に比べ、かなり汚れが目立って来た会長ご自慢の新車AWDでカラ谷作業道へ(一般車両は使用不可)。今回のミッションに使用する工具or備品を背に歩く表参道、先日の雨で軟らか過ぎる参道を予測していたのですが、以外にもスムーズに歩けるものの風の影響は免れなかった様で、参道上には折れて落ちて来た枝などが所々にあり、それらを取り除きながら高度を稼いで着いた7合目。7合目での休憩を予定していたのですが、風が…冷たい北風に追い払われ一旦「風呂ノ谷」へ。同谷の入口での小休憩を済ませ持参した工具を降ろし、狭い参道を塞ぐ様に左斜面から崩れた土石の撤去作業…雨上がりの土石は水分を含んで…その土石に落ち葉が絡むと・苦行💦以上のものがあります。風呂ノ谷の土石は撤去しましたが、道幅は以前同様に「狭い参道」のままです、足元を選び慎重に通過してくださいッ。作業を済ませ歩く表参道、折れ落ちた枝などを排除しながら高度を稼いで着いた頂上。  頂上気温7℃・晴れ・強めの北風・積雪なし・遠望、知多半島、伊勢湾・入山者58名以上。

写真左・土石+落ち葉で埋まった風呂ノ谷の参道。

写真中・ご覧の通り、風呂ノ谷の表参道を確保しておきました…狭いですが(要注意)。

写真右・青い空と白い雲…写らない風が冷たかった頂上。



6550.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月14日(日) 21時45分
Original Size: 692 x 519, 157KB Original Size: 692 x 519, 88KB Original Size: 554 x 416, 188KB

 歩く朝の表参道には早くも下山者が…、感染対策?ハイネックのウェアーを鼻まで伸ばしてお声掛けを頂くのは、西大路の井Uさん。入山は06:30頃との事で、その早い入山で得られたのは今季最後?の霧氷だったとの事…ラッキーでしたねッ。

頂上近くでの休憩中に、下から聞こえる獣除けの鈴の音は…お久しぶりでしたねッ東近江市からの山口さん、前回にはお手伝い頂きありがとうございました。今回もお客数が疎らとなった時間帯のお店に入って、ふぅ〜ふぅ〜ッ💦美味しかった事でしょう、その頃の私は泥とのお戯れですわッ。

写真左・頂上付近では…。

写真中・綿向よりも高いぶん雨乞ではまだ白い様です。

写真右・時間が経つに連れ透明になって来た様です。



6551.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2021年3月14日(日) 21時53分
Original Size: 455 x 341, 131KB Original Size: 568 x 426, 189KB Original Size: 568 x 426, 158KB

写真左・7合目・冬期限定ルート冬道は「閉鎖」、道標の右側・夏道から目指す頂上へ。

写真中・同じ冬道の頂上側も「閉鎖」しました。

写真右・表記の内容をご理解の上ご協力ください。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb