[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
なぽちゃんのデジタル写真館
ここはどこにでもあるようなスレ−レス型掲示板ですが、
流れに関係なく、単発での投稿などを歓迎します。かならずしも話題を続けなくて結構です。
自由に書き込みをして下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
ふと思いついたら…☆(*^_^*)/



7393.5chマルチ・チャンネルスピーカー 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月20日(金) 14時17分
Original Size: 1280 x 717, 117KB Original Size: 1280 x 717, 191KB Original Size: 1024 x 574, 192KB

皆さん、こんにちは!

 だいぶ春らしくなってきましたね。
 近所を散歩していたら、河津桜と思われる樹がばっさり切られて道端の草むらに横倒しになっていました。剪定の結果なのか樹木の整理なのか判りませんが、可哀想なので挿し木にすべく先端の芽の出たところを数本貰ってきました。かれこれ2週間たちます。雨が続いたのと気温が高くなってきたので芽が大きくふくらんできました。わ〜い、成功か?
(*^ _ ^*)

 
 さて、ふたたび道楽のオーディオの話で済みません。写真の方は下のスレの続きです。

 マルチチャンネルというのは以前もやっていましたが、ようやくこのたび復活することになりました。なにしろ、低音部を担当するバックロードホーンの箱は巨大なのでガレージにしばらく放置されていたのですが、塗装をし直して、オーディオルームに運び込まれ、いよいよ始動です。以前と違うのは、サブウーファが超低音の下支えをしてくれることです。
 アンプは3台ですが、バックロードホーンが中低音とホーンロードで出てくる低音で2ch、アイデンのホーン・ツイータATー7000とパイオニアのホーン・スコーカPD−50というユニットを数え上げると、サブウーファを入れて5chというわけです。ほとんどホーンで構成されますから、今までのソフトドーム・ツイータを使ったバスレフ・システムでは聴けなかった、抜けのいい透明感あふれる音が楽しめます。

 しかも、例によって、アンプはすべてインテグレーテッド・プリメインですから、それぞれが独立にボリュームで調整しなければならず、音量を変えるたびに各帯域のバランスが変わるという始末。ま、これも一興で、聴くたびに雰囲気が変わり、飽きが来ません。!❤(^❥^)❤

http://www50.tok2.com/home2/famitures/
124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7395.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月20日(金) 14時32分
Original Size: 1280 x 717, 193KB Original Size: 1280 x 717, 251KB

このホーン・スこーカーはCS−880というパイオニアの3WAYについていたものが外されて、オークションに出てきたユニットです。
 また、ホーン・ツイータはアイデンのAT7000というものですが、400Hzから40KHzまで出るという、ホーン・ツイータの中ではなかなか優れものではないでしょうか。といっても、これらはすべて古くて、オークションでないと手に入りません。
 現在のフォステックスもツイータとしてはホーン・ユニットは作っていますが、マルチセクトラル・ホーンというのは作っていませんね。JBLとかアルテックという海外のしかも中古を探さないとね。これが壊れたら困りますので、いよいよ海外品かな。みんなでかいんですよねえ。 (;⌒▽⌒)σ

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7396.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月20日(金) 16時24分
Original Size: 1280 x 1280, 163KB Original Size: 1280 x 1280, 148KB Original Size: 1280 x 1280, 137KB

スピーカーの方もちらりと登場。最新のレイアウトです。

 7.1chの為の自作のセンター・スピーカーがテレビの下に見えますが、フロントグリルは分解したAIWAのものを代用しています。意外とグッド・デザインではないでしょうか。(*^ _ ^*)
 苦し紛れの作戦成功!テクニックスの10cmフルレンジ10F10を2個使ったバックロードホーンなので、中心のツイータらしき物はダミーです。
 初めはAIWAの12cm2個と付属のコーン・ツイータ1個で作るつもりが、バック・キャビティが小さすぎるという設計ミスのために、辛うじて入る10F10にお呼びがかかり、急遽ピンチ・ヒッターとなった訳でした。でも、センター・スピーカーとしてはフルレンジで十分ではないかね。(*´ω`)ノ
 
 右の写真は16cmバスレフを改造すべく箱を作り直したもので、新しくFOSTEXのツイータFT207Dをこの箱に取り付けるウーファのために買いました。取り付け位置を少し後ろに下げてリニア・フェイズを狙ったのですが、その企みは大成功!いい音です。
 一般的に、メーカー製のスピーカーは主にデザイン上の理由でウーファと同一バッフル面に取り付けられていますが、それだとツイータとウーファから出る音の波面が合いません。このように後ろに下げるとツイータの音がとげとげしくならず、大変素直な音になります。ちなみに、アルテックのA7というスピーカーのデザインがウーファーをフロントロードをかけると称して後ろに下げられていますが、あれはマルチセクトラルホーンの長いホーンのスコーカーとの位相あわせが目的だったとのことです。フロントホーン自体は短すぎて余り有効性はないらしいのですが、まあ、しかし、ホーンロードが多少でもかかるので中低音が豊かなり、まったく意味がないわけではないと思っています。
 
 さて、私のこの新調バスレフは、私にとって若干問題がありました。16cmのバスレフでは、音量を上げると箱が盛大に振動するのが触ると判ります。コーンもかなり振幅が大きくなることが肉眼で見られます。つまり、混変調歪み等が気になるわけです。というわけで、せっかく新調した箱でしたが、この現象が避けられるバックロード・ホーンシステムが頭をよぎりました。というわけで、このたびのマルチに踏み切る決断をしたわけです。

 バックロード・ホーンだと、普通の大音量でもコーン振動は、その後ろの狭いバックキャビティの制動力とホーン・ロード負荷により、コーン振動はかなり押さえられますから、混変調歪みやドップラー歪みのない低音再生が期待されます。事実、この低音部は豊かすぎるほどの音量で、いくらでも来いという余裕を感じさせますが、コーンの振動は目視できません。恐らく10dBはバスレフより能率が高いのではないでしょうか。低音部のボリュームは時計の文字盤で言うと9時ぐらいで十分です。これは、ネットワークやアッティネータで減衰されずにダイレクトにアンプ出力に繋がれたツイータやスコーカーの能率の良いはず(103dBぐらい)のホーン・スピーカーでも10時ぐらいですから、これらと比べてもかなりの低音再生能力というべきです。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7397.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月20日(金) 19時31分
Original Size: 717 x 1280, 334KB Original Size: 717 x 1280, 149KB

ちなみに上の写真で、パイオニアのホーン・スコーカーが少し前に(取り付け枠が3cmほど)出されていますが、可能な限りのリニア・フェイズです。
 もう少し出すべきかも知れませんが、タイプの違うスピーカーのどこを合わせるとリニア・フェイズを達成できるかということには諸説あり、ボイスコイルを合わせるべきだという説と、ホーンスピーカーではホーンの途中だという説がありますので、出来る限りの努力をした後、耳で聞いて違和感がなければいいのではないでしょうか。
 さすがに同一バッフル面に取り付けるとだめです。これは実験済みです。
 ホーン・スコーカーの位置は重要かつデリケートです。聴いたことはないので断言は出来ませんが、一番上のリンク先にあるパイオニアのCSー880のようなデザインのスピーカーには問題があったのではないでしょうか。日本の昔のスピーカーやJBLのスピーカーなどにもこのような位相の問題が考慮されていないスピーカーが数多くあり、大変気になります。
 一般的に、前に出たユニットの音はボリュウムが小さくても目立ち、うるさくなります。後ろに下げると、多少大きくても控えめになり、たとえばアッティネータを通さなくてもうるさくありません。これは、ツイータで顕著です。マルチをやると、これがよくわかりますよ。それぞれのユニットの位置とボリュームが自由自在ですから。
 私のバックロードのバッフル面は写真では換算26mmの広角で撮ってあるので、上が膨らみわかりにくいのですが、少し上に傾いています。上辺47cmで底辺53cmと上下で6cmちがいます。これは少しでもツイータを後ろに付けるためです。デザイン上もこの方が格好いいしね。(〃⌒∇⌒)ゞ

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7398.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年4月13日(月) 21時47分
Original Size: 1280 x 1280, 119KB Original Size: 1280 x 1280, 323KB

ところで、マルチで聴くと、いろいろなことに気付かされます。

 その昔、スピーカーはフルレンジが当たり前で、周波数帯域を分割して再生する発想はなかったそうです。驚くべきことに、これを発案したのは日本のオーディオ・マニアだったらしいですね。

 一般的に大きなスピーカーはマグネットも大きくボイスコイルも必然的に大きいので音への変換効率、すなわち能率が高いです。
 オーディオの歴史の初期にはコーン・タイプのスピーカしかなく、高音用には小さなコーンのスピーカー、中音用にはもう少し大きめのコーンのスピーカーといった具合でしたから、低音用のウーファーが一番音が大きかったことになります。従ってレベル合わせをするためには、高音専用をたくさん並列に付けることになりますが、これを許したのは小ささでした。
 JBLのモニタースピーカーなどでも4311のように3WAYのユニットすべてがコーン・タイプつかわれていますが、それにはちゃんとした理由があります。レベル合わせが楽だからです。

 ホーン・タイプを使うと能率は高低で逆転し、高音用にアッティネータが必要になります。すると、純抵抗がボイスコイルに直列に入ることになり、スピーカーとアンプの間にこの抵抗値の分だけ断絶が生じます。つまり、音楽信号以外の振動体の共鳴振動などのバタツキによる起電力をアンプに帰還し制御できなくなるわけです。これが音を濁すことになりますから、レベルの合わないユニットは大変不都合なのです。

 スピーカーには極力純抵抗値が低くなるようにしなければいけません。アンプの内部抵抗を低くする理由は、このバタツキを押さえるためなのです。そして、太いスピーカー・コードを使う理由も、抵抗値を低くするためです。理想的には抵抗ゼロです。

 さて、現実にはマルチ・アンプシステムというのはどういうわけかほとんど販売されておらず、自作が必要です。普通、売っているスピーカーは、皆、コイルとコンデンサーとで帯域に信号を分けるネットワークと呼ばれるものでチャンネルを分けています。当然、スピーカーにはボイスコイルが使われていて、インピーダンスを持ち、これがいろいろな理由で一定ではないためと、スピーカーの振動板自体に周波数特性というものがあるために、このコイルとコンデンサーの定数は計算通りにならず一筋縄では決まりません。
 
 また、低歪みで構成するには大変高価なデバイスを使うことになります。安いスピーカーは安いネットワークなので、音もそれなりです。
 値段と歪みの量は反比例すると思って構わないでしょう。安いスピーカーに使われるコイルは、細くて小さなコイルで抵抗が大きく、従って、それだけで上で述べた理由で歪みが大きいことになり、音が悪くなります。さらに、低い周波数で分割するには鉄心を使い、磁気的閉回路でリアクタンスを出します。これが3次元の形状で決まるために歪みを持ちます。鉄芯を使わない空芯コイルは、今度はおなじリアクタンスを出すためには長い銅線をぐるぐる巻かなければならず、必然的に長いので大きな純抵抗値を持つことになり、これも歪みの発生原因となります。したがって、なるべく太い銅線を巻こうとすると巨大化し、これがお値段をいちだんと引き上げます。抵抗値というものは長さに比例し、断面積に反比例するわけで、したがって、簡単に言うと、体積に反比例することになります。つまり重さに反比例です。ですから、もっと簡単に言うと、重さに反比例して歪みは減ります。
 高いスピーカーは高価なネットワーク・デバイスをつかっているので、見た目が似ていても音は格段に違います。まあ、何事も値段相応でしょう。むしろ、一番高級なのは自作のスピーカーだったりします。
 完成された製品になると、人は見た目が同じなら少しでも安いものを買おうとしますが、こと趣味的な部分になると金に糸目を付けませんからね。ちぐはぐなほどに高価なパーツを奢ったりしますよ。完成品にケチが付いても半分以上はメーカーの責任なので、プライドは余り傷つきませんが、パーツを選んだのは100%自分の責任であり、逆に満足感もそれに比例して大きいからです。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7399.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月20日(金) 22時8分
Original Size: 1280 x 1280, 193KB Original Size: 1280 x 1280, 144KB

 チャンネル・デバイダを電子的回路でつくると、こちらは逆に極めてきっぱりと回路の定数だけで決まりますので、わりと安くできます。ネットワークを高級品で構成するより、むしろ、チャンネルデバイダとアンプを買った方が安いこともあります。しかも、結果的には思うとおりの性能が得られますので、CPに優れます。

 私がマルチアンプ・システムに走るのは、ひとえにCPの良さと、その自由自在さにあります。切り替えスイッチをひねるだけで分割する周波数を変更できるからです。スピーカーの特性にも影響は与えません。
 ひるがえって、ネットワークを使うと、大変高価なコイルとコンデンサーが必要になり、しかも、一筋縄には完成せずに泥沼化すると思うからです。写真の世界よりたちが悪いです。なぜなら、レンズ沼は完成品を買う程度の悩みですが、ネットワークは自作の世界で、つまり、自分で決めることというのは、あきらめの付かない世界であり、そもそもそれが泥沼なのです。

添付:昨年の初夏に西側に移植した椿の幼木がどういう訳か、東にある親より先に花が咲きました。もう一本隣にも少し大きめの移植椿があるのですが、それよりも早いです。どうなっているのかな。
 右の写真は、このすぐ近くに元々あった椿で、これは種類が違い、赤と白の紅入り花が同じ樹に咲きます。こちらは半日陰ですが、一番先に咲いたので、椿は日当たりが悪い方がいいのかな。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7400.Re: 5chマルチ・チャンネルスピーカー
名前:デジタル写真館長    日付:2015年3月22日(日) 21時27分
Original Size: 717 x 1280, 228KB Original Size: 717 x 1280, 117KB

そうそう、次の2点は強調しておきたいと思います。

1.マルチはユニットにスピーカーをダイレクトに繋ぎ、ボリュームでかんたんにバランスがとれますので、まったくユニットの能率を気にする必要がないのです。これは、ユニット選びの選択肢が無限大ということです。
 87dBの小さなウーファーに音のいい107dBのホーン・ツイーターを組み合わせることが可能です。その逆の能率が98dBもある大型38cmのウーファーに86dBのソフト・ドーム型ツイーターを組み合わせることも可能です。

2.途中に抵抗が入らないので小さな内部抵抗のアンプで駆動することによりボイスコイルを大きな磁気制動で信号以外の無駄な動きを止めることが出来ます。オーディオの用語では、ダンピングの効いた歯切れのいい音が出るということです。

 磁気制動というのは、黒板にマグネットを貼ったまま滑らそうとすると、かなり抵抗が大きくて動かしにくいことに気が付きますね。あれは、磁石が動くことによって鉄板内部に渦電流が流れ、レンツの法則により磁界の変化を妨げる向きに流れるものですから、磁石の運動は大きく妨げられるのです。そして、渦電流というのは電気抵抗が小さいほど大きく、抵抗ゼロの超伝導体の時が最大となります。これと同じことがアンプとスピーカーのボイスコイルが作る閉回路で起こります。

 磁界中でボイスコイルが動くと逆起電力が生じ、これが電流として流れると磁気制動力となります。閉回路を構成するボイスコイルとスピーカーコードとアンプの直流抵抗(純抵抗)は低い方が電流が大きくなるので、ここに無駄な抵抗などない方がいいのです。スピーカーコードは太い方がいいし、ネットワークのコイルも極力低抵抗を理想とします。

 ウーファーの高級品を買うと、±端子に金属プレートがかませてあって電気的にショートさせてある状態で梱包されてきます。これはボイスコイルを閉回路にし、強い磁気制動を掛けて輸送時の不用意な揺れでスピーカーを傷めるのを防ぐ目的です。実際、この金属プレートを付けたままコーン紙を押すと堅く固定された感じになりますが、外すとスカスカになります。同じことは、アンプを繋いで電源を入れると磁気制動がかかりウーファーはぴたっと動きにくくなるのですが、やってみると判ります。これがいわゆるダンピングがかかった状態です。

 以上の理由で、ツイーターやスコーカーをアッティネータで絞るのに私は非常に”抵抗”があります。いきおい、落とさないで使うことが多くなり、高音が出過ぎる傾向になりがちです。人の声で言うと”サシスセソ”が強くなり、やたらとシンバルやチンチンという鈴の音が目立つシステムになります。

 マルチでは、平気でツイーターの音を控えめに出来ますので、高音の出すぎない音、すなわち、まろやかな音が楽しめるのが、一番のメリットですね。
 なかなか、スーパー・ツイーターを付けたりすると、絞るのがもったいなくてハイ上がりの音になりますな。マルチではこの”貧乏性”が起こらず、リッチな気分で控えめに伸びたスーパー・ソニックを楽しめるのです。ま、少なくとも気分的にはそうなるのです。♪(*´○`)o¶~~

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 124-144-244-172.rev.home.ne.jp (124.144.244.172)



7767.ブルガリスーパーコピー
名前:ブルガリスーパーコピー    日付:2018年9月6日(木) 10時4分
スーパーコピーブランド専門店ルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、ルチェ&ガッバ―ナ、バレンシアガ、ボッテガ ヴェネタ、ミュウミュウ、クリスチャンディオールその他の偽物バッグコピー、偽物財布コピー、偽物時計コピー、偽物ベルトコピー、偽物指輪コピー、偽物キーケース、商品は全く写真の通りです。高級腕時計(S級品),スーパーコピー時計(N級品),財布(N級品)バッグ(N級品),靴(N品),指輪(N級品),万年筆(N級品),ベルト(N級品),マフラー (N級品)人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。全て激安特価でご提供.お願いします.★歓迎光臨★送料無料(日本全国) ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
http://www.ginza66.com/copy-19-b0.html 137.241.196.104.bc.googleusercontent.com (104.196.241.137)

3529.マグダラのマリア 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月23日(月) 23時33分
Original Size: 200 x 546, 88KB Size: 200 x 120, 8KB

ケーブルテレビでちょっと前に話題になった「ダヴィンチ・コード」をやっていたので録画して見ましたが、「魔女狩り」の意味が少し真実味を帯びて理解されます。通常の解釈がぶっ飛びますね。権威とか名誉とかプライドを守るために人は多くの命を簡単に犠牲にするだろうなと思いましたよ。

 最後の晩餐に隠された秘密ですがマグダラのマリアが描かれていたなんてすごいですね。ダン・ブラウンの話が仮に本当だとすると、レオナルド・ダヴィンチは何者?

 右の絵はペトロとマグダラのマリア及び「裏切り者ユダ」の3人の部分で、NHKに依るCGのようです。本物はもっとくすんでいるのか?
本物が見たくなりましたね。

http://www.geocities.jp/famitures/
125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3530.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月23日(月) 23時27分
Original Size: 853 x 1280, 211KB

こちらは港の見える丘公園にある外人墓地のステンドグラス
撮影:R1
http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3531.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月23日(月) 23時37分
Original Size: 1028 x 685, 122KB Original Size: 685 x 1028, 120KB

同じく外人墓地の墓碑銘の裏に咲いた薔薇の花、右は大佛次郎記念館の入り口を飾る黒猫の像
http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3532.Re: マグダラのマリア
名前:EXCLUSIVE    日付:2008年6月24日(火) 22時51分
Original Size: 960 x 720, 151KB

館長さん
>最後の晩餐に隠された秘密ですがマグダラのマリアが描かれていたなんてすごいですね。ダン・ブラウンの話が仮に本当だとすると、レオナルド・ダヴィンチは何者?

そうですね、この手の話はBS朝日が好きな様でBBC製作の番組を良く流しますよ!
今日もネッシーを放送してました・・・結論は存在に否定的?!

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でレオナルド・ダ・ヴィンチを調べていたら、関連で黄金比(黄金分割)が出てきました。

色々神秘的な数値が言われていますが、エジプトのクフ王のピラミッドの底辺と高さの比は√φ≒1.272ですね。

甲府カトリック教会のステンドグラスは祭壇側にしかありません。

PS:マグダラのマリアの子供(キリストの子供)はその後、生き延びて現在まで子孫がいるとか・・・
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ pdda764.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (218.221.167.100)



3533.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月27日(金) 23時16分
Original Size: 699 x 1048, 206KB

EXCLUSIVEさん、ギザのピラミッドで調べると底辺と高さの比が350:250とか出てきますよ。現在高さ138.74m〔もとの高さ146.59m〕、底辺:230.37m、勾配:51度50分40

>フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』でレオナルド・ダ・ヴィンチを調べていたら、関連で黄金比(黄金分割)が出てきました。

 黄金分割で検索したらフィボナッチ数が出てきました。

 これは、ダ・ヴィンチ・コードにも登場した数列ですが、割と簡単な漸化式fn+2=fn+1+fn(数学の嫌いな方ごめんなさい)で出てきますから、フィボナッチ数列を覚えなくても、この「前の数と足したら次の数が出てくる」という法則を覚えておけば、いくらでも「1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,…」が発生できます。この前後の数の比が高次の項で黄金分割1.618:1もしくは1:0.618に収束するということですね。

 ちなみに漸化式のn項をxのn乗と読み替えて出てくる2次方程式Xのn+2乗−のn+1乗−Xのn乗=0をXのn乗で割った2次方程式を根の公式で解くと(1±√5)/2この値1.618もしくは0.618が出てきます。

 フィボナッチ数は「ウサギの増え方」とか株のチャートのパターン「押し戻し」や「反発」にも顕れるそうですね。

教会を背景とした桜の写真、斬新な色遣いですね。しゃれた構図です。上手いですね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3534.Re: マグダラのマリア
名前:EXCLUSIVE    日付:2008年6月28日(土) 11時46分
Original Size: 960 x 720, 115KB Original Size: 960 x 593, 97KB

館長さん
>EXCLUSIVEさん、ギザのピラミッドで調べると底辺と高さの比が350:250とか出てきますよ。現在高さ138.74m〔もとの高さ146.59m〕、底辺:230.37m、勾配:51度50分40

そうですね、昔ピラミッドパワーが流行った時にアクリルで模型を作りましたよ。底辺40p

正しくは斜面の角度51度49分38秒で、底辺の半分と斜面の比が黄金比になります、従って底辺と高さの比は√φ/2=1.272/2≒0.636!
現実の計測値に非常に近いですね。館長さんの数値に当てはめると230.37m×0.636009825≒146.52m、その差7p余り・・・

ところでハイビジョン画面の比が黄金比では無く、16:9にしたのはどんな理由だったんでしょうかね?

A2、S100FSともに4:3と3:2が選択できるので縦位置では4:3を多用しましたが、オリンパスは4:3のみですね。選べるといいのに!

4:3モード VS 1.618:1モード
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ pdda461.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (218.221.164.97)



3535.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月28日(土) 13時4分
Original Size: 1048 x 699, 174KB

EXCLUSIVEさん 

>ところでハイビジョン画面の比が黄金比では無く、16:9にしたのはどんな理由だったんでしょうかね? 

 釈迦に説法(^_-)/ですが、これは、やはりビスタですね。ヨーロピアン・ビスタ1.66:1とアメリカン・ビスタ1.85の丁度中間のようですよ。映画を流す場合にどちらにも対応するように作ったんでしょうね。

 EXCLUSIVEさんの貼った写真では、右の黄金比の方は横長過ぎるように思いますね。風景は良いでしょうが、家族写真など日常のスナップでは、使い辛いと思います。新聞の写真は、しかし、このサイズがもしかしたら多い鴨ですね…と思って確認したら、トリミングしていて、いろいろでした。花の写真などは、これくらいの比で縦位置が多いですが。
 
 話はオーディオです。いまEXCLUSIVEさんのシステムの低音部を受け持つオリジナル・スピーカーEXCLUSIVE2301がオークションに出ています。昔、秋葉原をたまたま夫婦でさまよっていたときに、あるショップで素晴らしい音でなっていたのがこのEXCLUSIVE2301でした。そのときは女性ジャズ・ボーカルでしたが、圧倒的な音の広がり、濡れてしっとりとした生々しいリアルな音にはたまげたものです。ところで、低音の方はよくわかりませんでした。とにかく中高音のすばらしさは群を抜いていて別次元であることは確信しています。EXCLUSIVEさんにお聞きしたいのですが、ジャズのもう一つの魅力であるドラムのバスドラなどはいかがなものでしょうか?再生周波数は50Hzからですが、これはアルテックのA7と同じですね。そうだとすると、もう、フラットに50Hz出ている場合は過渡応答が特に優れているこのフロント・ローデッド・ホーン・タイプでは、アタック感、迫力とも十分なものだと思いますが、聴感上どのような感じでしょうか、アンプにも依ると思うのですが、教えて下さい。それと、この30cmウーファのエッジは当然布ですよね?

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3536.Re: マグダラのマリア
名前:nao    日付:2008年6月28日(土) 18時41分
Original Size: 1000 x 750, 45KB

割り込みすいまめーん(いつもですが)!
URLを見て、焦ってポチしてしまいました。
それにしても財布に優しいスピーカーです。

ペタのほうは、今日午前中撮った、小さな花。
E-3プアマンズです。
http://bbs.kakaku.com/bbs/20451110322/#7986714 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



3537.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月28日(土) 19時23分
Original Size: 1048 x 699, 104KB

えっ、ポチって、あれですか?

 アレを買ったんですか?!財布に優しいって、TDKのアレ

 音の方は思った通りでしたか?興味津々!楽器はどんな種類が良いですか? 私は弦楽器だと思うのですが。
http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3538.Re: マグダラのマリア
名前:EXCLUSIVE    日付:2008年6月28日(土) 20時39分
Original Size: 845 x 1153, 137KB Original Size: 827 x 1081, 150KB

館長さん
>ところで、低音の方はよくわかりませんでした。とにかく中高音のすばらしさは群を抜いていて別次元であることは確信しています。EXCLUSIVEさんにお聞きしたいのですが、ジャズのもう一つの魅力であるドラムのバスドラなどはいかがなものでしょうか?再生周波数は50Hzからですが、これはアルテックのA7と同じですね。そうだとすると、もう、フラットに50Hz出ている場合は過渡応答が特に優れているこのフロント・ローデッド・ホーン・タイプでは、アタック感、迫力とも十分なものだと思いますが、聴感上どのような感じでしょうか、アンプにも依ると思うのですが、教えて下さい。それと、この30cmウーファのエッジは当然布ですよね?

低域は私的には不満でした!良く鳴らないと言うか・・・多分磁気回路が強力なために磁気制動が利きすぎて超低域が出ないのでは?このシミュレーションを故人になってしまいましたが、JBLの副社長にもなったバート・ロカンシー氏がJ・B・ランシングに指摘したそうです。

この人を技術招聘して開発したのがTADのユニットで技術者の木下正三さんはその後、レイオーディオを設立しました。

当然アンプも制動力が弱い真空管ならば、豊かな低域が出たと思いますが、磁気制動と空気制動が過渡特性を改善させ、歯切れが良い音ですが!
その後、低域ユニットはソニーの平面SPを経由し、現在はダイヤトーンDS-V3000の30cmに到っています。

尚、オリジナルのウーハーは布コルゲーションエッジでビスコロイドが塗布されています。

説明書の一部をカメラで撮ってみました、ホーンロードとバスレフを両立させるためにウーハー側にはイコライザーが入って250Hz辺りの音圧を下げていますね、この帯域はバスドラに当るのにどうして?

PS:naoさん おめでとう御座います!レポートを楽しみにしています。私もよく考えたらカメラ以上にオーディオにお金を使ってますね(>_<) pdddd4d.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (218.221.221.77)



3539.Re: マグダラのマリア
名前:EXCLUSIVE    日付:2008年6月28日(土) 20時53分
Original Size: 679 x 590, 49KB Original Size: 1178 x 754, 120KB

EXCLUSIVE 2301その2

オーディオの足跡
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/index.html

にEXCLUSIVEシリーズが網羅されていますね
その後買ったユニットはTAD TD-2001とEXCLUSIVE ET-703ですが、今は手元にありません、思う所があって全てダイヤトーンユニットになりました。

最初はウーハーユニットしか買えなかったので、順次完成させましたが、オリジナルの組み合わせには一度もなりませんでした。

説明書その2

回路図は私が調べて書いた物です、右の回路が250Hz付近の音圧を下げるイコライザーでウーハーに直列に挿入されていました。低域が不満だったので途中で外しましたよ!
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ pdddd4d.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (218.221.221.77)



3540.Re: マグダラのマリア
名前:nao    日付:2008年6月28日(土) 23時7分
Original Size: 849 x 1000, 130KB

館長さん、そうですよ、Xaマスターがアマゾンで17,800円です。
前の投稿のURLをクリックしてみてください。
価格コムの口コミに、なんと1年半ぶりに書き込みをした方がいらっしゃいます。
さっき注文したばかりですが、在庫ありだったので来週にも届くでしょう。
とりあえず、液晶テレビの外部SPに使う予定です。

EXCLUSIVEさん、私もEXCLUSIVEブランド欲しかったな〜・・。
S-5かっこよかったですもんね。
私に買えたのは、バブル崩壊後に値崩れしたS-5000Tだったですが・・・。
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/speaker/s-5000twin.html
それでも艶のある高音、締まった低音で、岐阜サウンドハンターの玉石ベースに載せ、位相管理を心がけましたら、スピーカーの後ろにステージが広がるようになりました・・・と、自分では思っています。

ペタは、今日撮ったアミメアリ。
http://bbs.kakaku.com/bbs/20451110322/#7986714 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



3541.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月29日(日) 0時5分
Original Size: 1024 x 681, 80KB Original Size: 1028 x 684, 118KB

EXCLUSIVEさん、有り難うございます。

>その後、低域ユニットはソニーの平面SPを経由し、現在はダイヤトーンDS-V3000の30cmに到っています。

 このユニット、評判が非常に高く良さそうですが、能率が90dB/W・mですね。オリジナルのEW-304の97dB/W・mよりかなり低いと思うのですが、問題ありませんか?さらに、低音域が足りなくなるような気がしますが。まあ、低音域はセッティング次第で増減しますね。ウーファの交換で音色は変わりますか?

>説明書の一部をカメラで撮ってみました、ホーンロードとバスレフを両立させるためにウーハー側にはイコライザーが入って250Hz辺りの音圧を下げていますね、この帯域はバスドラに当るのにどうして?

 アルテックのA7などもフロント・ホーン・ロードを期待するよりも、中高音ホーン・ドライバとの位相合わせのために後ろへ下げるのが目的だったのですが、これ自体は極めて合理的で納得のいくものです。しかし、フロント・ホーン・ロードにより少なくとも3dB以上は中低音域が持ち上がるのは必定。それで、イコライザーが必要なんですね。やっと、永年の疑問が解決しましたよ。でも、わざわざ下げるのは勿体ないですね。過渡応答が良いことによるキレの良い中低音域は財産ですよね。この辺の帯域はボーカルの根音ですので、とても大切です。私も、フロント・ホーンを着けた自作システムをいくつも作っておりますが、とても魅力的な音でした。ジャズ・ボーカルなどは胸に抱かれて歌を歌ってくれているような温かい抱擁感があり、この特性は捨てがたいものがあります。ただ、超低音との音圧バランスが取れなくなるんですよね。それで、LOWをアンプで強烈にブーストしなければいけませんでした。まあ、それで、ほとんど解決するのですが、そのままでは重低音不足は避けがたかったものです。なるほどね、イコライザーでしたか。
 下げたとしても、過渡応答が良く、歪み率の点でもメリットが大きいのでフロント・ロード・ホーンは音を限りなく透明感のあるものにしました。
 ボーズ901シリーズという有名なスピーカーを持っている人に聞きましたが、これなどもイコライザー・アンプでアクティブに低音をブーストしているそうです。そうでなければあんな小さな箱に10cmのフルレンジを9個も並べただけでは、どう考えても重低音は無理です。

naoさん、おめでとうございます。楽しみですね!
 アリつながりで、私も。アリ巻きの世話をするアリたちです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



3542.Re: マグダラのマリア
名前:nao    日付:2008年6月29日(日) 0時3分
Original Size: 1000 x 750, 84KB

館長さん、ありがとうございます。
友だちも注文したそうです。
配送予定が6/30〜7/2となっていました!

アリは、私のと同じアミメアリですよ!
全体に柔らかい色調の中で、アリのツヤッとした質感だけが見事に浮き出ていますね。
チョト気になったんですが、シミのようなものはローパスフィルタについたゴミなんでしょうか?

質感といえば、シロコブゾウムシ。
この虫は、普通に撮ったら、白はトビ、どんな手触りかわからなくなってしまいますが、プアマンズストロボですと、石膏のようなざらついた質感がよく表現されます。
http://bbs.kakaku.com/bbs/20451110322/#7986714 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



3544.Re: マグダラのマリア
名前:EXCLUSIVE    日付:2008年6月29日(日) 14時26分
Original Size: 584 x 462, 55KB Original Size: 659 x 846, 74KB

naoさん
>私に買えたのは、バブル崩壊後に値崩れしたS-5000Tだったですが・・・。

わお!ダイヤモンドツィーター搭載で1本50万円、相当な出費ですね。私はオーディオマニアですがnaoさんは音楽ファンと、立場が違ってますね。

館長さん
> このユニット、評判が非常に高く良さそうですが、能率が90dB/W・mですね。オリジナルのEW-304の97dB/W・mよりかなり低いと思うのですが、問題ありませんか?さらに、低音域が足りなくなるような気がしますが。まあ、低音域はセッティング次第で増減しますね。ウーファの交換で音色は変わりますか?

部品注文で確か¥45.000でした。その前のソニー30p相当の平面ウーハーは¥46.000でしたから、以外に安いと感じました。
ソニーは一次分割振動を抑えた振動の節4点駆動でしたので、分割振動が少ない分面白みが無く、優等生的な音でソニー社員に聞いたらクロスがブロードの方が良いと言われました。
ダイヤトーンは既存のダイナミックSPで振動板のみ違うだけでしたので、違和感が無い音でしたね。

どちらにしてもホーンロードを掛けるSPとしては相性が悪い組み合わせを承知で導入しました。
館長さんもご存知でしょうが、適正なSPは振動系が軽く高能率なアルテック系ですね。

ついでながらバスレフチューニングもちゃんとやりましたが、今はこんな根性は無いですね。赤い線がダイヤトーン、黒がソニー、勿論当時はf特も取りましたが、ふりかえってみると一体なんでこんな情熱があったか不思議ですね?!
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ p6249f3.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (219.98.73.243)



3545.Re: マグダラのマリア
名前:デジタル写真館長    日付:2008年6月29日(日) 19時59分
Original Size: 1200 x 798, 220KB

EXCLUSIVEさん

 このダイヤトーンのスピーカー・コーンの色、コーヒーブラウンで良いですね。ウッディでナチュラルな音が出そうです。私もマルチ・アンプでならしている低音用のバック・ロードのSP、ダイアトーンにしようかな。振動板のイメージも大切ですね。
 Xa-Masterも振動板が透明な硬質プラスチックというのも、コオロギや鈴虫などのハネのようで、イメージがよいです。
http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



7766.スーパーコピーN級品激安販売通販専門店
名前:スーパーコピーN級品激安販売通販専門店    日付:2018年8月28日(火) 23時15分
激安ブランド 直営店 エルメス(バッグ、時計) シャネル(バッグ、時計)Christian Dior(バッグ、小物) COACH(バッグ)グッチ(バッグ、小物) ROLEX(時計)オメガ(時計) IWC(時計)FRANCK MULLER(時計)1.最も合理的な価格で商品を消費者に提供致します。 2.弊社の商品品数大目で、商品は安めです!商品現物写真。 3.数量制限無し、一個の注文も、OKです。 4.1個も1万個も問わず、誠心誠意対応します。 5.不良品の場合、弊社が無償で交換します。不明点、疑問点等があれば、ご遠慮なく言って下さい。以上よろしくお願いいたします営業時間:年中無休ホームページ上でのご注文は24時間受け付けております
https://www.taka78.com/products-3037.html bj141-153-3.bjtelecom.net (219.141.153.3)

6506.トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6) 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月9日(金) 20時28分
Original Size: 787 x 1400, 59KB Original Size: 1280 x 960, 147KB Original Size: 1280 x 960, 95KB

京都に行ったついでに、神戸と琵琶湖の湖畔、安土に寄ってきました。

 神戸と安土ではミノルタAF28-70mm/2.8Gに変わってα900にはすべてトキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)をつけて撮りました。70mmで終わるミノルタGレンズとのガチンコ勝負をさせるつもりでした。京都でも使えば良かったのかもしれませんが、そちらはそちらで、全部70mm止まりの画角という自己規制をかけました。
 以前も裏磐梯でこのレンズは使ったのですが、そのときはミノルタのGレンズは持っていなかったのです。さて、トキナーのオールマイティ・ズームの写りはいかに?しばらく使っていなかったので楽しみではあります。

添付:左、異人館通りで一番有名な「風見鶏の館」の風見鶏

http://www50.tok2.com/home2/famitures/
59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6507.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 10時11分
Original Size: 1280 x 960, 145KB Original Size: 1400 x 787, 152KB

このレンズはα7Dの頃からのお気に入りで、フルサイズで使うと周辺画像に崩れる部分もあるのですが、全体にさわやかで切れの良い描写をしてくれます。これ1本で大概の被写体はこなし、24mmから始まることもあって、とても気に入っていました。フルサイズの方が同じ大きさに縮小した場合のMTF値が1.5倍になるので、APS−Cサイズの使用より解像感があがります。

 左は神戸らしいショウウインドウの品物で、ミノルタAF28-70mm/2.8Gより最短撮影距離が近いので便利です。(すみません、左はサイバーショット DSC-HX100Vで、右が(トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6))でした。かくのごとく、同じBIONZなので撮った本人もEXIF見ないと区別がつきません。同様のことが他のレスに多々あります。スレの名称が不適切でした。m(_ _)m)
 右は神戸ポートタワーからの三宮方面の様子ですが、建物のすべてが新しくてデザインもよく、なんだかジオラマを見ているような印象ですね。ひときわ目立つ正面の大きなタワーは、阪神淡路大震災からの復興のシンボルでもあったホテル・オークラです。この手前に海洋博物館があります。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6508.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 10時12分
Original Size: 1280 x 960, 236KB

ポート・タワーから見下ろした海洋博物館の周りの紅葉がきれいでした。このレンズでもα900のインテリジェント・プレビューを活用して紅葉が最高に見えるように露出補正とコントラストを調整しています。(これもサイバーショット DSC-HX100Vでした。画像のアスペクト比でわかりますね。m(_ _)m)
http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6509.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 10時14分
Original Size: 1280 x 960, 125KB Original Size: 1050 x 1400, 122KB

場所柄、このような物撮りが多いのですが、左のような暗い室内でもぶれないで撮れるカメラの性能がうれしい。(これもサイバーショット DSC-HX100Vです。)
http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6510.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 10時17分
Original Size: 787 x 1400, 133KB Original Size: 1400 x 787, 140KB

元町の中に神戸の中華街「南京町」があります。横浜に比べて規模は小さく、1本の通りの両側に店が並ぶだけですが、全体にきれいです。再建されたせいもあるのでしょう。(これは両方ともα900+(トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)。画像を拡大しないと差が出ませんね。( ̄▽ ̄;))
http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6511.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月9日(金) 21時53分
Original Size: 1280 x 960, 94KB Original Size: 1400 x 934, 181KB

神戸に続いて帰る途中の安土です。安土といえば織田信長の安土城ですが、ここに来る人はたぶん信長ファンでしょう。私もご多分に漏れず山岡荘八の一連の歴史小説で夢中になったものです。忠信であったはずの明智光秀が主君織田信長を討ち滅ぼす顛末は日本の歴史の中で最大のミステリーではないでしょうか。そして、この室町時代を終わらせた信長、秀吉、家康へと天下が転がる戦国時代は、理系の私をも魅了する最も歴史ロマンを感じる時代ではないかと思います。

 この安土という土地は琵琶湖の東に位置し、平らで広大な土地がのびやかに広がり、非常に住むのに良い場所だと思うのですが、後世の秀吉、家康の両者によって意識的に抹殺された土地だったらしく、現在に至るまでまったく歴史の流れから取り残されたままであり、農地以外さしたる店も工場もなく、道路も狭く、車が結構通るのに交差点には信号もなかったりして、なんだか同じ国とは思えないほどです。
 本能寺の変さえなかったら、この地は21世紀の現在、超高層ビルが建ち並ぶ大都市だったかも知れません。その場合は、日本人自体も、今とずいぶん違うことでしょう。徳川幕府の江戸時代が300年続いたせいで、勤勉を最大の美点とする右にならえの国民性が形成されたのですから。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6512.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 12時22分
Original Size: 718 x 1280, 80KB Original Size: 1280 x 960, 108KB

この希代の革命的武将が最も栄華を極めた時期の象徴、安土城は西洋にも紹介され賛嘆されたといわれております。しかし、わずか3年で燃え落ちてしまったのですから、まさしく幻の城です。
 山の頂上にある天守閣跡に立つと、意外と狭いのがなんとも悲哀を覚えるのですが、考えてみると、どこの城もこんなものでしょう。
 それでも、急峻な石段の上り坂が続く大手道の登り口の初っぱなに、羽柴秀吉と前田利家の、最も信頼していた二大家臣の住まいを配し、周囲に臣下の家を格付け順に整然と配したといわれるこの過剰な権威の表象である安土城は、結果を知っている現代の勝手な感慨かも知れませんが、長続きしない非常に危ういものを感じてしまいます。格付けなんて永久不滅ではないのに、それを固定してしまった信長の感覚は、まるで最期を迎えていることを自らうすうす感じていたのではないかと勘ぐってしまうほどです。「人生五十年、下天のうちに比ぶれば、(天下のことは)夢幻の如くなり」…まるで信長自身を歌うかのような「敦盛」ではないですか!

添付:両方ともサイバーショット DSC-HX100V。暗いところがエラく強いカメラです。それと、左は確か縦スイング・パノラマによる超広角画像で、このカメラでないと撮れません。)右は、博物館の中の小さな安土城の模型です。左は実物大の再現建築物ですが、全体の城のイメージは右です。八角堂の能舞台を持つ階とか、非常に凝った作りの城でした。(もし、これを実物大で再現したら、いくらかかるかわかりませんが、きっと見物に来る人が増えますね。(・ω・)/

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6513.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 12時24分
Original Size: 1280 x 720, 139KB Original Size: 720 x 1280, 138KB

左が天守閣跡で、地下室から始まる基礎です。右は大手道です。この登り口の左右に(伝)秀吉邸と(伝)前田利家邸が在ったと言われております。石段はびっくりするほど一つ一つが高く大きく、とても着物を着た昔の女性は上れません。(女道は、左の方に織田家の菩提寺総見寺の仁王門と三重の塔を通る道(百々橋口道(南西の入口からの道)から城への通り道)がありますので、たぶんそちらを登ったものと思われます。ちなみに天皇も招待したらしいので、この御輿もそちらでしょう。それでも階段がありますので、かなり大変ですよ。信長はストイックな面を他にも厳しく見境なく要求したのですね。)
 この、厳しい大手道を100mちかく登り続けるのですから大変です。ですから、入り口に見学者のために杖がおかれております。一気に登ると息が切れます。毎朝この大手道を登り、城へ参上し挨拶をしなければならない重臣たちは、足腰が強靱な戦国の武将だったといえども、さぞ大変だったでしょう。大手道を登り切ったあたりの、途中に、武将ではない茶の師匠の住まいがあったというのも、多少の思いやりというものでしょう。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6514.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 12時26分
Original Size: 1400 x 787, 144KB Original Size: 1280 x 720, 152KB

安土城から城下町などに降りる道はいくつかあって総見寺の三重の塔を通る百々橋口道を降りると、途中に広場があり眺望が開け、西の湖という琵琶湖の付随湖が見え、そこの眺めはすばらしいです。ごらんのように家が密集しておりますが、うらやましくなるほどの自然環境に恵まれた場所です。気候は冬には日本海側からの冷たい風もここを抜けていくのでしょうが、風のない晴れた日には麗らかで温暖な感じがしました。

 ところで、重要文化財であるはずのハ見寺の三重の塔と仁王門ですが、塗装がしていない生木造りなので、風雨にさらされて朽ち果てつつ在るように思え、心配です。
 (総見寺=正式にはハ見寺ですが、このハという字がATOKから貼り付けられませんでした。一太郎もヴァージョンが古いのでVISTAにはねられたのかな。尚、WEBサイトでも字の混乱があります。)

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6515.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 16時51分
Original Size: 720 x 1280, 95KB Original Size: 1280 x 720, 88KB Original Size: 1280 x 720, 95KB

ルイス・フロイスとか信長旧臣の太田牛一が記した信長公記などに残る記述を元に再現された天守閣内部の様子。3年で築城され3年で燃えたのですから、実際、このように鮮やかな新しいイメージで在ったのでしょう。古くなることができなかった幻の内装です。
添付:3枚ともサイバーショット DSC-HX100Vです。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6516.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 16時52分
Original Size: 1400 x 787, 159KB Original Size: 934 x 1400, 124KB

打って変わって、400年の時の流れで寂れた三重の塔と仁王門の住人。こういうのって、どういう風に保存したらいいのでしょう。平泉のように乾燥した低めの一定温度となる室内保存?というのは無理なのでしょうね。
添付:2枚ともα900+(トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)です。なんとなく、室内はサイバーショット DSC-HX100V、屋外はこちらというような感じもします。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6517.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 17時4分
Original Size: 720 x 1280, 100KB Original Size: 1280 x 720, 94KB Original Size: 720 x 1280, 106KB

信長の年表を人形で表したものが「信長の館」の中に在りました。
 左は馬上で柿を喰らう「うつけ」時代。真ん中が「ねねと茶々と秀頼」でしょうか。右は「敦盛」を舞う信長と鼓を打つ濃姫。リアルさがいまいちですが、この人形の出来はなかなか立派です。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



6518.Re: トキナーAT-X242(24-200mm/3.5-5.6)
名前:デジタル写真館長    日付:2011年12月10日(土) 17時25分
Original Size: 1280 x 720, 72KB Original Size: 1280 x 720, 108KB Original Size: 1280 x 720, 104KB

築城の様子を人形で説明したガラスケースが在りました。この人形の大きさはそれぞれが1cmくらいの小ささで、上の信長より妙にリアルな感じがし、関心しました。実に良くできています。
 
 私は18年前にも、ファミリー・キャンプの時に琵琶湖畔に1泊してここに訪れたことがありますが、以前にはこういったものがあったか記憶を探っても出てきません。ただ忘れたのかも知れませんが、19年前の平成4年から、昭和の発掘に続いて大々的にここの発掘が再開されたので、展示物も増えた可能性もあります。現地の大手道なども昔は再現されてはいなかったように思います。そして、頂上近くの天守閣跡や信長本廟はありましたが、天守閣跡の周辺は樹が鬱そうとしていて周りの眺めは良くありませんでした。それが、結構いまは樹が切り開かれて、琵琶湖方面を臨む眺めが改善されました。信長は高さが180m在ったと言われる天守閣の上から、遠くの都の灯を琵琶湖と比叡山越しに想い描いたことでしょう。
添付:上の連続5枚はサイバーショット DSC-HX100Vによるものです。

http://www50.tok2.com/home2/famitures/ 59-171-77-253.rev.home.ne.jp (59.171.77.253)



7765.ブランドバッグスーパーコピー
名前:ブランドバッグスーパーコピー    日付:2018年8月24日(金) 18時11分
スーパーコピー*当店の信用の第一*商品の品質第一*在庫情報随時更新!*新品種類がそろっています。*品質がよい、価格が低い、実物写真!*100%品質保証 !*全品送料無料
https://www.taka78.com/products-9487.html bj141-153-34.bjtelecom.net (219.141.153.34)

7762.山歩きと1万3000歩の散歩 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2018年7月13日(金) 23時20分
6月25日から突然、毎日、たくさん歩くようになりました。最近、やけに血圧が上がり、170/102とか、とんでもない値が出て、そういえば少しめまいはするし、一念発起して、生活態度を改めることにしたのです。それと、もう一つ深刻な問題を解決するためです。
 およそ約30年前、ひどい風邪をひいたときに、視野に異常を覚え、霞んで見えるので眼医者に行ったら緑内障だと診断されました。そして、眼圧を下げる点眼とかレーザーの処置を受け始めました。しかし、風邪が治ると目の霞も軽減したのと、目薬が合わなかったこともあり、いつの間にか通院をやめてしまい、緑内障は20年ほど放っておきました。もともと近視がひどくて、免許の度に0.7がぎりぎりでパスしていたので、近視の方が重要課題だったのです。この頃は目を訓練すれば近視は治ると信じておりましたので、普段は度の弱い眼鏡をかけ、頑張っていたものです。でも、加齢とともに目の遠近調節良くは衰え、だんだん視力は落ちていきました。60歳の定年前の最後の運転免許の更新時に、とうとういくら眼鏡の度を上げてもパスしなくなり、思い余ったその足で中央眼科に飛び込み、レーシックをしてくれと泣きつきました。ところが、緑内障の患者は、エキシマ・レーザーで角膜を薄く削ると、眼圧が正しく出なくなるのでできないと断られました。そこで、なんとか眼科医の精密な調整になる眼鏡の処方箋をつくってもらい、近くの眼鏡店で作った眼鏡でかろうじて受かりましたが、緑内障が進行していたのでこの治療だけが結局再開することになったわけです。
 ところで、目のいいひとはわからないと思いますが、強度近視を矯正する眼鏡は−10ジオプトリーとかの焦点距離の短い、10cmが無限遠に見えるようなコップの底のような凹レンズをかけるのですが、これは視力は出るかもしれませんが、実は、ガリレオ望遠鏡を逆にのぞいた時のようになり、ものが小さく遠くに見えるのです。これで、0.7のランドル環をみると、非常に小さくて、もう、限界を感じました。これ以上近視が進むと運転免許をあきらめなくてはいけなくなります。転居先で眼科医にフェイキックという眼内コンタクトレンズという方法で、本来の目のレンズの前に人口のレンズを入れる方法を見つけ、それをやってくれと言ったら、今度は、あなたの場合、白内障もあるので、その手術をすれば人工レンズを入れるので近視は完ぺきに治るといわれ、この手術を受けたわけです。これは以前この掲示板で報告した通り、視力はたまげるほど改善し、ピンと調節力はないものの、左目1.5右目1.2という驚くべき成果が上がりました。しかも、いうまでもなく白内障が解消し、視野が非常に明るくなったものです。テレビやディスプレイの輝度を以前の半分以下に下げないとまぶしく感じるほどでした。
 さて、本題はここからです。これと同時に、眼圧を下げるために右目の方だけ緑内障手術を受けたのですが、癒着で眼房水の出口がふさがり、手術した当初だけ8とか12とか非常に低い眼圧だったのですが、半年もしないうちに眼圧が上がり始め、結局、手術していない左目と同じ点眼をするようになってしまいました。眼科医はもう一回手術しなければいけないというのですが、どうも納得がいきません。何回手術をしても、また、すぐに癒着して、眼圧が上がるのは火を見るより明らかです。これまで素直な患者のつもりでしたが、ついに、我慢の限界が来ました。そして、ネット検索で毎日1万3000歩の散歩をすると眼圧が劇的に下がるという記事に出会いました。2017年の眼科学会に名古屋大学の研究チームが散歩を続けることにより眼圧が劇的に下がるエビデンスがあったという発表をしたことがわかりましたので、早速これに飛びつき、これをやりたい、再手術はしないと宣言したのですが、眼科医にとってはいきなり治療方針を批判されたようなもので、到底受け入れてもらえず、喧嘩別れのようになって、眼科医の方から治療を放棄してしまいました。

 長時間の散歩により眼圧が下がるというこの方法を、私は直感的に信じる根拠があります。眼圧は目玉を球形に保つという働きのほかに、もともとピント調節に関係があると思っています。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7763.Re: 山歩きと1万3000歩の散歩
名前:デジタル写真館長    日付:2018年7月13日(金) 23時21分
余談になりますが、18世紀の数学者オイラーは強度の近視で始め右目を失明し、さらに両眼を失明した後76歳で亡くなるまで18年も研究を続けたという超人的な天才ですが、おそらく黄斑症か緑内障で失明したのでしょう。どちらも、近距離を見続けるために眼圧が非常に高くなり、その結果の失明と思われます。なぜ、近距離を見続けると眼圧が上がるかというと、近距離にピントを合わせるためにレンズを前に繰り出す必要があり、この時のピンと調整方法の一つに眼圧を上げることがあるのだと私は信じています。その証拠に、私が白内障手術をするときに目の中に入れる人工レンズの焦点距離は、普通の人よりかなり長い焦点距離を入れる必要があったことです。私も、ずいぶんと近距離を見つめ続ける生活習慣を長期に持っていました。そのために、近距離にピントを合わせやすいように眼圧が高めに維持され続け、目玉の形が超軸方向に伸びてしまっていたのです。生き物は生活習慣に適応して自分の体を変化させる性質があります。瞬時のピンと調節は毛様体と呼ばれる組織かもしれませんが、長期的には眼圧です。ですから、眼圧を下げようとするには、また、長期的に、遠距離を見続けなければならないのです。その、一番良い方法が散歩なのです。散歩というのはいやおうなく遠距離を見続け、しかも、きょろきょろと眼球運動もします。この状況が眼圧を下げる方向に目を適応させるのだと思います。眼球運動により網膜の中の血管の流量も増え、視神経は元気になるでしょう。色々な距離を見ることは、目の健康を保つには必要なことです。遠くのものにピントを合わせ、きょろきょろすること、これが、散歩で眼圧が下がる結果をもたらします。九州大学と名古屋大学の眼科学会での発表はしっかりとしたエビデンス(明確な効果という証拠)があってのものです。2か月後には劇的に眼圧が下がり始め、1年後には正常眼圧になりました。そして、緑内障の点眼薬は必要なくなったということです。私は、理論的に、これは正しい治療方法だと思います。従来の常識はまったく誤った観念にとらわれています。眼圧を下げる点眼薬は、眼圧の原因となっている眼房水の生産を制限し、眼房水が外に流れ出やすくする働きを持ったものですが、眼房水という目にとっては必要不可欠なものを抑えるというのは、どうも、不自然なことで、当然副作用が起こります。目が充血するようです。充血するということは目が悲鳴を上げていることにほかなりません。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7764.Re: 山歩きと1万3000歩の散歩
名前:デジタル写真館長    日付:2018年7月13日(金) 23時22分
本来の健康な営みを妨げることになるからです。ですから、血流を維持できなくなるほどの高い眼圧でない限りは、眼圧を気にしなくてもいいのではないかと、私は思うのです。眼圧より重要で本質的なものは血流量なのです。ガムをかむと血流量が70%も上がるという研究もありますので、私はガムを噛みながら散歩を毎日やることにしたのです。山歩きもいいのですが、ちょっときついのが玉に傷で、運動のし過ぎも逆に一時的に血流量が下がるので、平地での散歩が良いようです。要は、遠くを見続けてきょろきょろすること、これが本質的に肝要だということです。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)

7757.Tマトリックス接続スピーカー・進化 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2018年5月17日(木) 20時59分
Original Size: 654 x 980, 92KB Original Size: 654 x 980, 96KB

私の考案したスピーカー接続のマトリックスTQWTバックロードなどはそれぞれが進化して次のようになりました。
(写真参照)
 
 Tマトリックス接続のそれぞれの部分を、上型のTQWTに改造する予定ですが、上をヘッド、下をテイルと仮称しますが、左の写真は、将来下のテイルを新しく作る前に、試しに現在メインで使っているマルチチャンネルの20cmバックロードホーンにしてみました。
 左の写真がそれで、部屋のコーナーにぴったり押し込んで理想的なセッティングになっています。右の写真は、1号機の2WAI化を本格的にヘッドとテイルの箱にインストールした完成形です。しかも、テイルのウーファーを20cmに換装しています。これは、初期型では16cmのウーファー(テクニックスのEAS16pl017)でしたが、なにしろ40年以上前のデバイスなので、ウレタンエッジが劣化しており、大きな音を出すとバタバタという音が付随していました。よく見ないとわからなかったので、16cmでは30HzのTQWTをドライブするのに無理があるのかなあ、と思っていました。それで、20cmに交換しようと思い、取り外してよく見ると、エッジレスになっているではありませんか〜ლ(☉ิە☉ิ)ლ 
 それでも結構超低音が出ていたのはこはいかに…。(*´ω`)ノ 

 20cmのウーファーはサンスイ製ですが、このもう一方の片割れは、現在SONYのサブウーファの30cmに代わって働いています。そういうわけなので、1つだけになって無聊を託つていたので、指名打者として登場することになりました。ちょっと、オーバー・サイズなので後ろがラビリンスの板に当たってしまい、厚さ18ミリだけかさ上げするためのリムを着けて取り付けました。
 ウーファーが大きくなり、能率も少し上がって、低音の出方が凄いです。もうこれだけで十分なほどの完成した音になりました。

  ところで、エピソードですが、このウーファーは後はマグネットがケースに入っておりでかいです。これがラビリンスの途中に立ちふさがり、TQWTの動作がいまいち物足りません。そこで、もう一度取り外し、思い切ってディスクグラインダーを使ってカバーを取り外してやろうとしました。なかなか大変な作業でしたが、ようやっとカバーが外れて見ると、豈図らんや(思った通り)、このスピーカーはキャンセル・マグネットを持っていました。このマグネットもディスクグラインダーを駆使して取り外しましたが、えらくすっきりして、ラビリンスの中で音波がスカスカ抜けられるようになり、TQWTは上手く機能するようになったという顛末。てことは、嵩上げのリムも要らなかったかも知れませんが、音波の通は良くなったので結果オーライ。
  というわけで、結果的に低音はかなり改善されたということを付け加えておきたいと思います。
 
 ブラウン管のテレビの磁気による色ずれ自体、過去のものとなり、この古いスピーカーについているキャンセリング・マグネットは、百害あって一利無しとまではいいませんが、無用の長物ですね。時計だってクォーツロックだし、むしろ、ドライバーが使いやすいよう磁化するときにマグネットは露出していた方が重宝します。現に、誤って落とし、散らばった釘やネジを集めるのに、外したマグネットは大いに活躍しました。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7761.Re: Tマトリックス接続スピーカー・進化
名前:デジタル写真館長    日付:2018年6月7日(木) 22時11分
Original Size: 980 x 652, 106KB Original Size: 980 x 652, 80KB

このスピーカーは部屋のコーナーにセッティングした方がいいということで、オーディオルームを大幅に配置転換しました。テレビもコーナーに移動し、これにより、対角線の中心にソファーを置くことで、画面との距離も稼げます。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7758.美女柳 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2018年6月7日(木) 21時8分
Original Size: 980 x 654, 104KB Original Size: 980 x 654, 135KB Original Size: 654 x 980, 208KB

挿し木に成功した美女柳が初めて花を咲かせました。

 挿し木は2株成功し、庭の一番良いところに植えてあります。どちらも同じぐらいの大きさに育ってくれましたので、ザギトワとメドベージェワと名付けました。金メダルのザギトワが3日前、先に花を咲かせ、次に2日遅れて、メドベージェワが咲きました。今では両方とも花盛りです。
 

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7759.Re: 美女柳
名前:デジタル写真館長    日付:2018年6月7日(木) 21時47分
Original Size: 654 x 980, 82KB Original Size: 980 x 654, 88KB

この植物は、ヒペリカムという写真の園芸種によく似ており、違いは、ヒペリカムは花が少し小さく、花が終わった後に可愛らしいサクランボのような実をつけるのに対して、美女柳は大きくてはるかにゴージャスな花を咲かせた後、実をつけずに散ってしまいます。近縁種だと思いますが、どちらも簡単に挿し木ができます。ただ、美女柳は親木を植え替えたときが晩秋だったので、植え替えに失敗して根が傷みどんどんしおれ始めてしまいました。美女柳はとても気に入っていたので、大いにがっかりしました。

 あきらめきれずに、萎れた枝の何本かをダメもとで、急きょ挿し木をしたわけですが、なんとか3本だけ生き残りました。挿し木は湿度の高い6月の梅雨の時期が最適なのでしたが、さすがに、この種は強いです。そして、不思議なことに萎れた親木より挿し木にした方がピンピンしていたのにはびっくり。
 冬が来て、親木も挿し木もすっかり葉っぱがなくなりました。だめだったかと諦めかけていたら、春になり、ただの棒のようになった挿し木から芽が出始めました。なんという生命力でしょう!この時、まず、1本の挿し木から芽が出てしばらく元気で、これが唯一成功した株かと思っていましたら、いつのまにか成長が止まってしまい、ダメだと思っていた2本の方が急に芽を出して成長し始めました。それが、現在大きく育ち、1年半かかって花を咲かせたザギトワとメドベージェワです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7760.Re: 美女柳
名前:デジタル写真館長    日付:2018年6月7日(木) 22時3分
Original Size: 654 x 980, 148KB

ところで、親木(写真参照)の方も奇跡的に生きていたようで、新芽を出して来ており、日当たりの良いところに植えられた挿し木より成長が遅いのですが、どうやら花を咲かせそうです。いずれにしても、全て生きていてよかった。全滅しないで済みました。

 改めて、植物は日当たりと水と土で生きているのだなあと思いました。私の家の庭は、大きく茂った巨木のせいで、日当たりの良い場所が少ないのです。花が咲く植物は特に日当たりが大切で、バラなどはその最たるものでしょう。
 この親木は、建物とヒメシャラなどの日陰に生えていて、日が当たらないにもかかわらず、きれいな花を咲かせてくれたのでした。そこで、もっと表に植えてあげようとしたのですが、良かれと思ってしたことが裏目にでまして、結果的には生き続けましたが、とても小さな株に戻ってしまいました。

 

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7754.庭の植物たちに春が来た! 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2018年4月30日(月) 20時53分
Original Size: 654 x 980, 56KB Original Size: 980 x 654, 58KB Original Size: 980 x 654, 96KB

今年も忘れていた季節がやってきました。
 冬の間は寂しかった庭ですが、やはり、春はいいものです。こんなにも植物たちが喜ぶなんて!

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7755.Re: 庭の植物たちに春が来た!
名前:デジタル写真館長    日付:2018年4月30日(月) 20時58分
Original Size: 980 x 654, 78KB Original Size: 980 x 654, 81KB Original Size: 980 x 654, 137KB

上の3枚、すずらん水仙、ハナニラ、蛇の目エリカ
 個々の3枚、クリスマスパレード(エリカ)、ブルーベリー、野草

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7756.Re: 庭の植物たちに春が来た!
名前:デジタル写真館長    日付:2018年4月30日(月) 22時7分
Original Size: 1280 x 855, 208KB Original Size: 980 x 654, 145KB Original Size: 654 x 980, 122KB

これなんだろう?と「このきなんの木掲示板」に尋ねたら、判明したビワの幼木。
昨年、ビワの実ができたので食べた後、ダメもとでローズマリーの挿し木が成功して大きくなりつつある鉢の土に、無造作にぺっぺっと埋め込んだことをすっかり忘れていたんですね。だから、また鳥の糞から訳の分からない樹が出てきたのかと思っていたのが、なんとビワでした。もうびっくりです。

たしか、4個ぐらい埋めたと記憶しています。それが全部出てきたんですね。簡単に芽が出るんだねビワは。
 その親樹はまだ小さかったのに花が咲いていて3枚目のように立派に実ができました。食べたらとてもおいしかったので、うれしくて、種をダメもとで植えてみんですが、やってみるもんですね!

その昔、夏ミカンも食べた後の種を庭に放り投げたら芽が出てきて、10年ぐらいしたら実がなり始めた経験があります。いろいろな果物で試してみようと決心しました。
 ただ、もう、芽が出てきても植えるところがなくなりました。すでに勝手に生えて成長しているネズミモチなどの雑木を、可哀そうなのですが引っこ抜くしかありません。
 我が家の庭は、いつのまにか鳥の糞から生えたいろいろな樹がところ狭しと生えていて、基本、生えたものは成長を見守るものだから、もう、ちょっとした植物園のような状態です。巨木になるタブとかケヤキとかエノキまであります。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb