[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
なぽちゃんのデジタル写真館
ここはどこにでもあるようなスレ−レス型掲示板ですが、
流れに関係なく、単発での投稿などを歓迎します。かならずしも話題を続けなくて結構です。
自由に書き込みをして下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


ふと思いついたら…☆(*^_^*)/



7698.夏が来た! 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月15日(土) 16時51分
Original Size: 980 x 654, 105KB Original Size: 654 x 980, 115KB

我が家は、山岳地帯というわけではないが、朝夕は涼しい。しかし、日中は、暑い!特に、いまは蒸し暑い!

 パソコンの音が、最近うるさいなと思って、よく考えたら、ケースファンを止めていたのだった。現在のパソコンは、そういえば、下のスレにあるように、1月に組上げたものだった。
その時は厳寒の冬で、HDDを1台しか繋いでおらず、あとはSSDが二つなので、少しでも静かなパソコンにと思って、ケース・ファンを切ってしまった。オー、静かだねー。その時は室温も10℃前後、まったく、問題ない。でも、今は夏だ!パソコンも暑いぞ!
 おもむろに、側板を外し、CPUクーラーとかグラフィック・アクセレータとか、あちこち触ってみたら、HDDが一番熱かった。

 で、ケースファンを繋ごうと思ったら、なんと、いまの電源からはペリフェラル端子が出ていない!
だめじゃないの。PCデポに行けばアタッチメントぐらいはあるだろう。しかし、気がついたときは夕刻であった。猫の餌の時間が迫っている。往復1時間半は優に掛かる。今日のところは、我慢してもらおうと考えたが、よ〜く考えたら、要するにケース内が熱くならなければいいのだ。ということで、左右の側板を全部外し、スケルトンにしたら温度が下がったようで、音が静かになった。
 ファンが回っているのはCPUクーラと電源ファンで、これらは環境の温度で回転数を加減している。だから、周りが涼しくなると、回転数が下がり静かになる。1月の時点では大変静かだった。今は、そこそこファンが回っている。何度も言うように、夏だからね。でも、側板で密閉していたときのファンの騒ぎようはなかった。「ブィーン(アチィー!)ブヒーンビビビ(アヂーってば)」と叫んでいるかのようであった。外付けの2Tドライブを有効にしていたので、そのせいかと思ったが、無効にしても騒いでいる。結局、熱が籠もって温度が非常に上がっていたのだね。熱くて危険なので温度センサーがファンにめいっぱい回れと指示していたのであった。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7699.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月7日(金) 18時51分
Original Size: 654 x 980, 155KB

パソコンはキーボードの真下、膝で挟むように置いてある。ちょっと、熱を持ってくると冬はいいが、夏はやだね。理想的には、風がくる窓辺に置けば、もっといいのだろうが、まあ、現状でよしとしよう。窓辺に置いたら、配線やら何やらがやっかいなこと夥しいのでね。

 話は変わるが、皆さんは夏の涼はどういう手段でやり過ごしておられるだろうか。我が家は、最終兵器はエアコンだが、通常兵器は扇風機である。

 エアコンは使うにしても”除湿”のみ。”冷房”には決してしない。理由は昔、掲示板にも書いたが、除湿による湿度の低下が最も涼しいからである。40℃を越える砂漠でも日陰は涼しいと言われる。そんなところに行ったことはないけれど理屈はわかる。汗1g蒸発で540calの熱を奪ってくれるので体の比熱を水と同じとして体重60kgの体で計算すると、60000/540=111gの汗が乾燥すれば体温が1℃下がることになる。まあ、1度も下げる必要は無いから、汗1gでも、0.009℃下がり、涼しく感じるわけだ。

 この扇風機は業務用で、羽根の大きさが50cmもあり、回転数を下げないとうるさいし風も猛烈なので、家庭用にするには写真にあるように、スライダックで電圧を落として使う。50Vまで落とすと、普通の扇風機の'弱'のレベルになる。羽根が大きいので、回転数を下げても風量は多く、それが、40Vまで下げると、まさしく、そよ風となりまする。家庭用の扇風機だと、こうはいくまいね。業務用のでかい羽根だからこその美風である。夜中は40Vにして寝ています。それでも、外の気温がぐんぐん下がるので、結局眠る前に消します。
 ’スライダック'は何のために買ったか、さっぱり思い出せないくらい昔に、たしか東急ハンズで買ったのだが、いまになって大変重宝しております。一度、もっと、小型軽量にと、電子スライダックなるものをキットで買い、組み立ててはみたが、サインカーブを途中でカットして電圧を下げているので、ノイズがひどくて(扇風機自体の回転トルクがなめらかではなくなり)やめた。いろいろ、回路を考案しても、かえってその回路が熱を出すので本末転倒。結局、アナログな旧来のトランス式に戻ったものだ。夜中、ベッドから手を伸ばし、暗くても電圧が下げられるように、赤いテープで目印を付けています。0Vと100V の間のどの当たりか見当が付くようにです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7700.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月17日(月) 4時49分
Original Size: 1280 x 1024, 256KB

HDDの温度について注目した。故障は50℃を越えると危険になり、60℃でいつ壊れてもおかしくなくなり、65℃で即死だそうです。
 このモニターとして抜群の機能を持ったフリーソフト(CrystalDiskInfo7.05)を発見し、インストールしました。これは非常に優れものですが、現在地と最悪地という欄があり、いまいち意味が不明です。マニュアルがいっさい無いのでちょっと宝の持ち腐れですが、温度だけはリアルタイムに表示され、安心です。そして、インストールされたHDDとSSD全てが簡単に切り替わり表示されるので、比較ができ、寿命の心配がだいぶ無くなります。
 現在、メインで使っているHDDはWDC WD6400AAKS-22A7B0 640GBという中古のパソコンに付いていたものを外して換装したものですが、これが最近、変かなと疑い始めました。ときどき転送したフォルダが消えてしまう事故も、HDDのトラブルなのかも知れません。ということに気がついたのは、昨日、Delphiのプログラミングをしているときに、消したり転送したはずのない必要なDATAフォルダが消えていて、プログラムのラン・エラーが起こったのです。プログラムの中のデータを読み込んで起動する時に、肝心のデータが無いと、「ファイルの拡張子のデバイスが不明です。」と出てきて、エラーメッセージを出して止まってしまいます。これが、最初、全然意味がわからず、今まで正常だったプログラムが突然、異常事態を迎えております。有るべきものがなくなるのですから、しばらくは途方に暮れます。そこで、プログラムの入っているフォルダを冷静に点検すると、どこにも転送したはずのないDATAフォルダがないではありませんか!これでは、動くはずがありません。
 上のスレッドでケースファンを外して使ってると書いたことと合わせ考えると、このHDDの温度が高いのに思い至りました。上で述べた処置をして、スケルトンにした後でも、現在、外気温は30℃ですが、パソコンの起動時から徐々にHDDの温度は上昇していき、現在の時点で42℃です。他の2TのHDDは35℃、SSDは33℃を表示していますから、古いHDDはちょっとHDD的には微熱ですね。熱がある状態です。

 HDDの冷却には、HDDクーラーなるものがあるようで、これはファンをコバンザメのようにHDDの腹にくっつけるタイプのものですが、こういうのが必要なのかも知れません。 スケルトンにする前に、CPUと電源のファンがばんばん回っていた頃、いったいこのHDDは何度だったのか心配になります。だいぶ寿命が短くなったかも。大事なデータは新しい方の2T(WDC WD20EARX-00PASB0 2000.3GB)の方にデッド・ストックしておいた方が良さそうです。それとも、もっと最新のHDD3TBが7000円ぐらいで買えるので、メインのHDDを新しくするのも賢いかも知れません。ちょっと、様子を見ながら考えてみます。
 
添付:HDDの健康状態を表示してくれるフリーソフトの画面と、今開ゲームです。発中の自作の「倉庫番」

 今気が付きましたが、この古いHDDの使用時間が2万2479時間と表示されています。で、このソフトのサイトには、一般的なHDDの寿命は10000時間だそうです。ありゃりゃりゃ、人間でいうと250歳だわ。いつ死んでも不思議ではない使用時間です。こりゃあ、買い替えるかな。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7701.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月13日(木) 11時54分
Original Size: 1280 x 854, 172KB Original Size: 1280 x 854, 108KB

結局、PCデポに行き、ケースの新しいのを買ってしまいました。
 初めは古いケースのファンに繋ぐペリフェラル変換コードを買って、何とかしようと思ったんですけれど、よく考えると、ファン1つで解決できる問題ではないのでした。それに、展示品のケースを眺めていたら、レイアウトや風通しを重視した筺体で、電源スイッチやリセットボタンがケース上部に付いているタイプがあるではないですか!しかも、安い、消費税込みで6000円弱。(電源は付属していません)
 やはり、新しいケースのレイアウトは進歩してますねえ。ファンはフロントと背面にあり、前から後ろへ、プッシュプルで空気の流通を図っており、HDDの取り付けも、横から差し込みでネジ止めは不要、そして、HDDなどへの電源とSATAコードもこちら側を向いていますから、とても取り外しが容易です。一番重量のある電源は底部にきて、配線の動線も合理的になりました。いままでのレイアウトは何だったろうかと思っちゃいます。箱を開けてから全ての部品の取り付けて、起動テストまで1時間は掛かりませんでした。昔、このATXの組み立ての速さを競う大会がありましたが、私も、自作組み立ては延べ20台位はこなしたので、参加できそうな気分になりました。それくらい、スムーズに作業できるケースでした。
 現在、部屋の温度が32℃の環境で新しいケース内のそれぞれのHDDとSSDの温度は古HDDが37℃、新HDDが34℃、SSDが35℃ですので、夏としてはまずまず良好な状態でしょう。
 3TのHDDもネットで買いましたので、後日到着すれば、とりあえずパソコン関連のトラブルからは解放されます。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7702.Re: 夏が来た!
名前:EXCLUSIVE    日付:2017年7月15日(土) 10時44分
Original Size: 1280 x 960, 127KB

直接の関連がないですが!

SSDは結構持つみたいです?HP製PCのMBが半年で壊れ、メーカー修理せず、
台湾メーカーのMBに替えた際にCドライブをSSD化しました、

有名な東芝製で約2年経ちましたが、5年位は大丈夫かも?

お話し変わって16年乗った車を買い替え約14万キロ走行、ゴム類の劣化
とたまのエンスト、AT車では致命的現象!

10年乗るつもりで新車にしましたが、最近の安全装備は凄いですね!
歳を取っても安心かも?

スズキのスイフトがおじさん車かは疑問ですが、コンパクトカーで充分ですね
p784a423d.tkyea125.ap.so-net.ne.jp (120.74.66.61)



7703.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月16日(日) 10時9分
EXCLUSIVEさん、こんにちは!

 新車の購入、おめでとうございます! スズキは良心的なメーカーですよね。うちの50ccもスズキですが、それより、隣に住んでいた方が、昔、スズキに働いていたこともあり、スズキの軽に乗っていました。値段が普通車並で驚いたのですが、堅実なつくりで、いい車でした。最近の新車はいろいろと先進技術満載なんでしょうね。年取ったら安全第一ですよ。いや、若くてもそうです。この間は、後ろの車が信号停止のたびに携帯を見ているのにきがつき、とまるたびにバックミラーを確認しましたが、いろいろ、おっかない時代です。

 パソコンですが、上の記事を書いた直後、またもやマザー・ボードが壊れて動しなくなり、今年の1月と同じ症状で、ここ数日は、ああでもない、こうでもないと、大変でした。今回は買替えたのはマザーボードだけで済みました。今、ドライバのインストール中です。
 それと、新しい3T(TOSHIBA製)のHDDにはWindows7 Professionalを入れました。SSDに入れていたんですが、XPモードの設定フォルダを別のHDDに入れざるを得ず、そうなると、HDDなどを増減したりパーティションを変更するとドライブ・レターが変わり、起動しなくなるので、同じドライブの中にフォルダを作るように配慮しました。SSDだと120GBなので余裕がなくなるためです。
 このWindows7はもう発売から8年ぐらいたつので、アップデートのファイルを183個も送ってきて、これをインストールするのに半日かかりました。是非もなし。古いアプリをインストールするのに使うOSです。

 あっ、写真の添付欄が消えている。早2年、また、更新の時がきました。来週、やりますね。EXCLUSIVEさんは、ぎりぎり間に合いました。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7704.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月16日(日) 10時55分
Original Size: 654 x 980, 173KB Original Size: 980 x 654, 124KB

写真添付欄が消えていたのは、私の勘違い。写真を添付しない場合の編集画面にはその欄が現れない、この掲示板の仕様なのでした。

 マザーボードの不具合の件ですが、そういえば、最近、夜中に電源スイッチのLED(青)が、いつの間にか触ってもいないのに点滅していることがたびたびありました。そのたびに4秒長押しで消していたのですが、この症状はマザーボードがおかしくなる兆候だったのかも。
 マザーボードはたくさんの部品で構成され、そのうちの一つでも不具合になると全体の機能がダウンします。PCデポの人の経験ではCPUはほとんど壊れないのだそうです。壊れるのはいつもマザーボード。確かに、圧倒的に部品数が多いですからね。部品の内に、ダメになる代表格がコンデンサーでしょう。それと、ダイオードです。初期の点検時にはパスしても、翌日にはノー・グッドという可能性はあります。CPUは超精密LSIですから逆に不具合は起こらないのだと思います。
 この伝でいけば、次に不具合の起こる部品で影響の大きいものは電源と言うことになります。電源電圧に不具合が生じた場合、数珠つなぎに壊れるものは多数有るでしょう。電圧がゼロになる場合はまだしも、電圧安定回路のショットキー・ダイオードや定電流ダイオードが壊れても、大変なことになります。CPUなどはたぶん供給電圧のプロテクタが掛かるので大丈夫かも知れません。いずれにせよ、あまり高温になるような使い方はしない方がいいのでしょう。ファンは切ってはいけませんでした。 反省。

添付:正体不明の幼木が、庭の通り道の脇に生えていたので、邪魔になると思い、3年前、鉢に移し植え育てていたのですが、ついに、正体があきらかに。これは、エノキだったのです。密かにその気配は察していたものの、’このきなんの木'掲示板の通人いわく、’エノキ'以外には見えないとのこと。均整の取れた樹形が綺麗で大きくなるのが楽しかったのですが、エノキって、1里塚のあの巨木です。1里塚として思い浮かぶのは、国道1号、四日市から伊勢街道と鈴鹿峠、亀山、京都に続く分岐点に生えている巨木です。あんなのが庭に生えてしまったら、どうしましょう。クスノキだって生えてはいけない樹木ですが、我が家では鳥のプレゼントで、このような思いがけない木の幼木が生えるのです。ここまで大きくしてしまったのですが、さて、この後、どうしましょう。
  

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7690.バイオリン型モズライト・ギター 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年6月25日(日) 10時7分
Original Size: 640 x 428, 56KB

新しいデザインのギターを作りました。ボディ以外はモズライトの部品を使っているので、バイオリン型モズライト・ギターと命名します。略してバイオリンモズライト。


 モズライトというギターは、マニアの間ではエレキギターのロールスロイスとも尊称され、独特の粘りとサウンドでマニアの間では往年のベンチャーズ・ファンのシンボルとなっています。

趣味の世界はいろいろな切り口があり、同好の士といえども異夢同床、決して同じものを見ているとは限りません。こと、ベンチャーズ好きといっても、初期と後期ではメンバーも違い、パフォーマンスもまるっきり違います。
同じようなことは全ての趣味の世界でもあることでしょう。その中で、特にこだわりも持っている人々を信者と言いますな。信者とは時として宗教戦争を始めるので要注意。
 
 ベンチャーズ・ファンも宗派があるので、うっかり口もきけないのですよ。この宗派は、簡単に見分けられます。弾いている楽器で判断できるのです。モズライト好きという場合は、例外無しに初期のベンチャーズが好きという意味になり、ドルトンとかリバティとかのレコード会社が出した往年のヒット曲が主体となりますが、次の大きな分岐点はスタジオ録音派とライブ音源派が明確に分かれるところです。ライブ音源はというのは65年頃に来日した際の演奏音源を特に好む人種がいることを知っておくべきです。いわゆるオール・アバウトとアゲインというライブ録音盤を好む人たちで、レコード録音盤の音をまねるより楽な面があるのでこちらをマニアは良く演奏します。
 スタジオ録音盤は逆に新聞の活字みたいで、そっくりに演奏するのは相当難しいのです。ライブ音源は、特徴だけまねることが出来るので、アマチュアには人気があります。まあ、言うなれば自己流の通用する世界ですね。書道の世界と同じでしょう、楷書や明朝体の字をしっかり書くのは相当な腕前を必要としますよ。ライブ音源のまねは素人向きです。


 さて、閑話休題、自作のギターですが、私の狙いは、ボディを変更することで、音がどう変わるかという研究テーマです。コンタクト型のスピーカーがあれば、このボディの共鳴スペクトルを分析することで、どこを換えるとどうなるかという知見が得られるのですが、適当な圧着式スピーカーがないのですよ。昔はアイデア商品としてあったのですが、現在市販されていますかね。テーブルに載せると全体が共鳴して大きな音で音楽を再生できるという製品でした。一度、誰かが研究室に持ってきたのですが、以来見ていません。
これがあると、ギターに取り付け、ギターからはマイク経由で共鳴スペクトルが簡単にパソコン上に表示されます。スピーカーの性能評価のアプリがあるのでね。う〜ん、これも自作しかないかな。10cm程のスピーカーのボイスコイルをなんとかして板に密着する方法があればいいのかな。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7691.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年6月25日(日) 10時35分
Original Size: 640 x 427, 74KB

ところで、今回、なぜバイオリンの形になったのか、実は深いわけがあったのです。
昔、確かに私は、高校生の頃にエレキギターが欲しくて3台ほど自作しました。最初はネックからボディまで全部手作りで、そこらにあった木材で、ネックの音程を作るフレットなど、自作の定比コンパスで位置決めし、頭を取った釘を曲げて横倒しで貼り付け、弦のテンションで反らないようにネック自体は大いに太め(友達に大いに笑われました。)のギターでした。2台目は安いクラシックギターのネックだけ使い、ボディはラワンの板(厚さは薄くて15mmぐらいだったかな)、そして、3台目がベニアを火で炙って曲げたりして作ったバイオリン型のギターでした。

 この写真の上のものです。50年前の作品ですよ。引っ越しの際にも捨てきらずに屋根裏などに保管して保存していたのですが、どこにあるのか自分でもすっかり忘れていたのですが、探したら倉庫にありました。これを引っ張り出してきてびっくり、50年前のデザイン感覚がいまだに変わらずだったことです。ボリュームとピン・ジャックを取り付けた板がほぼ同じ形状だったとは!
 残念ながら、アンプにつないでも音は出ませんでした。後でゆっくり点検し、なるべく、もう一回、現在の演奏技術で鳴らしてあげようと決心しました。それにしても、人間のセンスとか感覚とかは一生の間変わらないのですね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7696.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月2日(日) 14時41分
Original Size: 428 x 640, 69KB Original Size: 428 x 640, 74KB

ところで、アマチュアがギターを弾く意味はどこにあるのか、敢えて疑問を挺してみますが、「そりゃあ趣味だから」と軽く答えられて簡単にお仕舞いなんですが、プロの演奏を聴いていればいいんじゃないの、という意見もそれなりに正当です。
そもそも、音楽の楽しみの本質は“心地いい音は心と体の両方に良い”というところがあり、それだけなら、鑑賞の方が苦労なしです。自分で演奏する価値は、山に実際に登ることとほとんど同じですね。登山は自分でやってはじめて価値があるものでしょう。人が登った山の記録を鑑賞するというのも、もしかするとアリなのですが、実体験は生きることそのものです。演奏も同じですね。
それは、遙かにアマチュアの演奏はプロに比べて劣ります。録音すると、さらにはっきりします。でも、はじめは弾けそうになかった曲が、苦労の末、弾けるようになる喜びは、代えがたいものがあります。

 というわけで、このバイオリン・ギターを使ったつたない私の演奏を聴いてみて下さい。アイガー北壁を登る登山家の気持ちと、同じであることが判りますよ。プロの登山家が、山を上手く登る、ということは、それは大いに有るでしょうが、”登った“ということ自体が価値があるのです。
 次のリンクにサンプル演奏があります。
  
 バイオリン・ギター

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7697.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月5日(水) 15時13分
Original Size: 427 x 640, 49KB

50年前の自作ギターを診察しましたら、マイクの信号線コードが腐って折れていました。半田付けで何とかしようとしましたら、配線引き出し部がミイラよろしくぼろぼろと崩れて、処置無しです。諦めました。

 マイクだけ新しいのを買ってつけてやろうかと思いましたが、それでは復活の意味がありません。マイク買うくらいなら、新しくボディも作り直した方が前向きというものでしょう。結局、これは、大英博物館?のニュートンの初めての反射望遠鏡みたいに、使えないけれど国宝みたいな扱いで、このまま永久保存となりました。
 昔の高校生時代の写真と同様、過去の遺物ですね。

添付は制作途中のバイオリンギターのボディで、ホームセンターに普通に売っているホワイトウッドという針葉樹の建築材です。これは、本物のギターのボディ材のバスウッドより堅い材で、加工はしやすく、木目も綺麗なので自作ギターにはうってつけだと思いました。ボディ材をその筋から買うと5000円ぐらいですが、ホームセンターで買うと、厚さ4cm、幅、24cm、長さ3.5mが2600円ぐらいです。断然、こちらの方が安いです。音自体、弾いてみましたが、まったく問題が無く、楽器として十分な強度が出ます。もともと、ピアノの響盤としても使われる木材なので、響きも良いのでしょう。
これからは、これでいこう。大きな樹らしく、節も所々にしかないので、それを避けて板取りすれば良いです。仮に、節のような堅い部分が一部あって、均一な硬度でなくても、実は問題が無いと考えております。本物のギター自体、いろいろなものがネジ止めされていますからね。むしろ、味が出て、いいかもしれません。エレキ・ギターなんてアコースティックな楽器ではないのでテキトーです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7692.植物たち 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月1日(土) 21時42分
Original Size: 1280 x 855, 146KB Original Size: 1280 x 855, 136KB Original Size: 855 x 1280, 101KB

7月になりました。カエルが夜の静寂をバックに鳴いています。
 春が来て、冬の寒さを耐えていた植物たちが元気に新芽を出したと思って喜び、賑やかになり始めた庭に満足していたら、今では所狭しと繁茂する季節です。至る所に草が生え、ミョウガは背丈を伸ばし、その中にローズマリーは埋まってしまいました。芹は大変強い植物で、土が見えないくらいに生い茂っています。

 昨年、台風の後、ジンチョウゲが急に枯れました。原因はいまひとつ確定できませんが、前回のような白絹秒ではなさそうで、地上の部分に比べて根が小さかったために、根が傷んだようです。肥料のやり過ぎで、葉っぱが茂りすぎたのかも。それで、急激に萎び始めた葉っぱを救うべく、急遽、まだ元気そうな枝を切り、挿し木にしました。すると、土に差した方の枝の葉っぱは、根っこがないにもかかわらず、急に元気になりました。本体はどんどん萎びていくのに、挿し木は生き残りました。これにはびっくりです。
 
 植物は不思議な能力を持っていますね。根から切り離されても、維管束から水を吸い上げる力があるのです。本体の根は、水を上に供給する力がなくなったのです。

 と、ここまで書いて気がつきました、松枯れ病は、湿った土の中の線虫が維管束に詰まって起こるのだそうです。もしかしたら、線虫の大量発生なのかな。前の年も、大雨の後、ジンチョウゲが同じ場所で枯れました。同様な現象は同じ場所のオリーブ似も起こりました。以前、掲示板で紹介した、根が自分自身に巻き付いて窒息し、急に枯れたエニシダも、もしかしたら、共通の原因なのかも。
 一度、顕微鏡で土を観察してみるといいかもしれません。線虫というのは、まだ、一度も見たことがないのですが、これは、根腐れと称す現象の正体なのかも知れません。

添付:紅(クレナイ)という名前の紫陽花の園芸種、左が紅色になったもので、右はその前段階。
 右は、美女柳という花。これは、シャクナゲの根元に生えていて日も当たらず、ひょろひょろ伸びた枝が地面を這っていたので、取り木した枝に花が咲いたものです。取り木ですから、挿し木と違って、半分は親株の根から水をもらっているので、弱らずに花がすぐに付いたのでしょう。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7693.Re: 植物たち
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月1日(土) 22時45分
Original Size: 1280 x 855, 257KB Original Size: 1280 x 855, 198KB

昨年の暮れに、場所が良くないと思い、通り道をふさぎ始めたシュロを植え替えたついでに、日陰者の美女柳を表の方に植え替えたら、時期が悪かったのか、どんどん萎びていき、枯れ始めました。そこで、これも、ダメ元で挿し木にしました。これも、挿し木のほうが葉っぱがしゃんとして元気でした。しかし、冬の間は、寒いし乾燥するしで、生きているんだか死んで知るんだか判らない状態が続きました。ジンチョウゲの方は冬に花芽を付け、春先に咲くので、こちらは何回も成功しているので、全然心配しませんでしたが、美女柳の方は、春になる頃には葉が落ちて単なる棒になっていました。それが、暖かくなる4月頃から芽を出し始めて、復活したのにはびっくりです。5本やった内の2本はどうやら生き残り、順調に成長しています。現在、9階建ての葉っぱになりました。

 写真は現在の挿し木たちの様子。右の写真がが美女柳です。その他、ジンチョウゲの他に、カエデの赤ちゃんとモッコクの挿し木が写っています。左の写真の右下の色の濃いのがモッコクです。これは、風が強かった日に落ちていた枝を3株に分けて挿したものですが、あちこちに差しました。モッコクは強い植物らしく、差した次の日からしゃんとしています。大概の植物は挿し木が出来るようですね。ただ、シャクナゲや柿のような葉っぱの大きな植物は、まだ、一度も成功していません。落葉樹は難しいかな。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7694.Re: 植物たち
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月2日(日) 9時47分
Original Size: 1280 x 855, 208KB Original Size: 1280 x 855, 171KB

なんかの拍子に折れてしまったローズマリーを、ダメ元で差したら根が付いたらしく、成長し始めました。明らかに大きくなっています。
 右は鳥の糞からの贈り物のヤブニッケイです。3行脈という特徴の有る葉っぱで、最初、クスノキが生えたと嬉しいやら心配になるやらでしたが、本物のクスノキを吾妻山公園で見たら、もっと葉が小さかったです。巨木になるクスノキは100年たったら家の大きさを遙かに超え、庭木をすべて蹴倒してを敷地を全部独り占めしそうですが、ヤブニッケイでした。でも、ヤブニッケイだって大木でしょう。(10m〜20mになる)こういう幼木を、せっかく生えたのだから可哀想と、鉢に入れて可愛がっている内はいいのですが、現実問題、それぞれが成長したら、庭木は寄せ植え状態です。100年と言わず、5年先でも心配です。

 自然が豊富なのは嬉しいのですが、厳しさも伴う世界であることを、日に日に思い知る余生です。

 近所の農家などは、突然、家を取り囲む森の大木をばんばん剪定し、丸坊主にしてしまいました。緑を守る気持ちと正反対の、これまた野性的な一面ではあるなあとみています。あるいは、ただ、単に、妙な占いにそそのかされて一大決心をしたのかも知れません。いずれにしても、都会の人たちには考えられない非常識の世界なのです。逆に、都会の人たちは、自然のない生活を根拠に、自然保護のイデオロギーを展開しているのです。全てのレジャーが、テキトーな幻想で成り立っているのだなあと諦観しています。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7695.Re: 植物たち
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月2日(日) 10時14分
Original Size: 1400 x 934, 168KB Original Size: 1280 x 855, 105KB Original Size: 855 x 1280, 175KB

ところで、庭が広いと草取りが大変だと思っている人は多いことでしょうが、ここに引っ越してきて、一つ判ったことがあります。それは、草刈りをするから雑草が生えるのだという事実です。刈られた地面は、リセットされた世界で、次に繁栄するのは強いもの達です。すなわち、雑草。

 一口に雑草と要っているのは、このような、草刈りをして再び草刈りに追われる人たちが命名した植物のことで、雑草という名の植物は存在しません。それぞれ、いわれのある(植物図鑑で調べれば必ず載っている)山野草です。それが証拠に、我が家では、まず、落ち葉を全然かたづけませんが、これが地面を覆っていると草が生えにくくなり、気に入った植物は大事にされ(つまり引き抜かれることなく)毎年咲きます。スギナとかドクダミとか茎に棘の生えた草(私はトゲトゲソウといってますが)は、ときどき抜いているだけで、だんだん生えなくなり、いつの間にかお気に入りだけが庭を占領していきます。こうなると、まったく草刈りなど必要としません。
 草は刈るから、どうでもいい草が生えるのだし、そもそも、全ては人間の勝手な行為です。越してから丸4年たち、徐々に、庭は整理されていきました。植物は、同じ種類をある程度まとめて植えると元気です。また、まとめて植えられていると見栄えも良くなり、全く”雑草”というものは無くなります。もともと、雑草というのは作物以外の望まなかった植物をさすので、我が家には雑草は1本も存在しないのです。ただ、風で飛んできたり、鳥のうんちで生えるものが、思わぬところで生えてくれるので、そういう場合は植え替えます。たとえば、タイラントキソウという野生のランがイワヒバの間から突然生えて非常に綺麗な花を咲かせました。これなども、そのままでは未来はないし、イワヒバにとっても迷惑なので、植え替えました。花は綺麗で、毎年咲いてくれると嬉しいのですが、果たして引っ越し先を気に入ってくれるでしょうか。
 こういった植物は斜面に生えるのがいいようですね。元々が、湿地に咲く植物なので、日光が豊富な場所で水の供給される斜面が理想郷です。我が家の庭も、すこし、土を入れて、起伏を造った方がいいと考え始めました。どうも、平坦だと、根腐れする場所が出来てしまいます。新たな目標が生まれました。他愛のない楽しみです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7684.吾妻山公園 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 21時28分
Original Size: 1400 x 788, 211KB Original Size: 1400 x 788, 83KB

二宮にある標高136mほどの高さの公園です。桜の木が280本あり、見事です。

 300段の階段を上り、途中いろいろな樹木や草花が名札付きでありますので勉強になります。芝桜も富士山をかたどり綺麗でした。
 帰りはついでに海まで降りて、久しぶりに広々とした相模湾を眺めました。

添付:手前の木は榎木で、その向こうに楠があります。我が家に、鳥の糞から生えた榎の幼木も、周辺の環境が許せばこんなに大木になるのかとびっくりし、いま、大きな植木鉢に入っている状態を甘受してほしいものだと思いましたよ。右の写真は、その頂上から見た富士山で、ちょっとかすんでいました。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7685.Re: 吾妻山公園
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 21時35分
Original Size: 1400 x 788, 222KB Original Size: 1400 x 788, 203KB

楠は宮崎駿さんも好きなようで、ジブリのアニメにはときどき登場する巨木ですね。三行葉という葉脈が3本走るのが特徴の木で、この葉っぱは藪ニッケイや白ダモも楠科なので同じです。我が家にも藪ニッケイの幼木らしきものが生えていて、最初クスノキかと思い、喜ぶやら将来を危ぶむやら致しました。榎木と同様、植木鉢に入っています。
http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7686.Re: 吾妻山公園
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 22時22分
Original Size: 1280 x 854, 256KB Original Size: 1280 x 720, 147KB

順序が逆になりましたが、桜の様子です。この写真画像は、転送に失敗して消えてしまい、ファイナルデータというオンラインソフトを急遽購入し、復元したものなのです。普通の復元モードではダメで詳細復元というモードでやっと復元できました。ついでにSDカードに残っていた、消去したデータも復元されましたが、かなり強力です。今後のトラブルの解決手段でしょう。

 通常のデータ消去などのレベルでは、楽勝ですが、今回の写真データの行方不明のような場合は、このファイナルデータという最新の復元ソフトでないと、出来ません。ちなみに、なぜ写真データが行方不明となったかというと、直接のエクスプローラの転送命令中に中断したためです。普通、このような中断はしないのですが、転送の画面表示が後れて、反応が悪かったために、2回転送をしてしまったので、二つ目を消したのですが、どうやら、これをやると、全部中断して、おまけにデータが消失します。何故だか判りません。データ量が非常に多いので、ふたつも転送をしたのでは、時間が掛かりすぎると思い、中断したのがいけなかったようです。データ量が小さければ、ほっといて、ダブったデータは後から消せばいいのですが、いっぱい撮ったので、相当時間が掛かると思ってしまったのが運の尽きでした。
ちなみに、ファイナルデータは体験版をもとに購入すると20%OFFとなりますが、それでも6400円ぐらいしますので、ちょっと決断がいりますね。貴重なデータが復活すると思えばの、思い切った出費でした。昔買った1480円のデータ復活パートナーというソフトは持っていたのですが、これはゴミ箱から削除したデータの復活がやっとで、こんがらかったデータ消失はそれなりの出費が必要でした。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7687.Re: 吾妻山公園
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 22時51分
Original Size: 1280 x 720, 208KB Original Size: 1280 x 720, 212KB

なぜ、カメラ付属のソフトで画像データをPCに取り出さないかというと、この手の付録ソフトは勝手にアルバムを作り始めるからで、該当のデータのアルバムばかりでなく、PCにある画像の入った過去のフォルダーをご丁寧にも全部探し出して、せっせと、延々とアルバム作りに精を出してくれるからです。私のような膨大なデータをPCに入れているものにとっては、迷惑千万です。途中でキャンセルしても、次には続きからアルバム作りをしてくれます。いらないってば!

 というわけで、私はいつもマウスの右クリックでのエクスプローラの転送をして、PCに取り込んでいるのです。カメラ付属のソフト、特にSONYのPlayMemoriesHomeは転送には決して使いません。純然たるデータ転送でいいのです。そのかわり、今回のような事故が起こるのですが。そして、ソフトもハードも、壊すのは大概私のようなPCに詳しいと自負する輩の方が圧倒的に多いようです。全くの素人と思っている謙虚な方は、付属のソフトを使うので、ほとんど壊しません。パソコン音痴の副操縦士などのパソコンは一度も壊れたためしがなく、壊れるのはいつも私のパソコンです。変な使い方をするからですね。これは思うに、メーカーもMSも初心者を念頭に置いて機械やソフトを設計するからで、特殊な使い方のエラーチェックはやりようがないからなんですね。少なくとも、圧倒的多数の人々の使い方をチェックしておけば、大体よろしいんですからね。マニアは自己責任です。メンテナンス対象外なんです。自覚していますよ。はい。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7688.Re: 吾妻山公園
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 23時6分
Original Size: 1280 x 854, 135KB Original Size: 1280 x 720, 114KB

念のために説明しておきますが、桜などの写真は、細々とした輪郭ですので、JPEGといえども非常にデータ・サイズが大きくなります。JPEGの圧縮が効かないからなのですが、それを500KBぐらいに圧縮すると、今度は写真のディテールを犠牲にして、解像度が落ちてしまいます。ですから、このような掲示板で使うと、極めて不満足な写真の印象になりますね。なんとなく甘いではないかという解像感になります。これに対処する方法はありません。花びらのアップなら解像感ばっちりです。輪郭の数は少ないので、圧縮してもサイズが大きくならず、あまり圧縮しないで済むからですね。

 桜の写真の他に、紅葉の写真も同じことが言えますね。ファイルサイズなど関係なく表現できるのは印刷ですね。写真を楽しむには、オンラインの画像よりも圧倒的に印刷した方がいいです。というわけで、ピンぼけのような桜写真のいいわけを致しました。ご容赦下さい。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7689.Re: 吾妻山公園
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月19日(金) 23時56分
Original Size: 1280 x 720, 233KB Original Size: 1280 x 720, 238KB

同じ吾妻山公園の芝桜の様子です。左が全体像で、右はその一部のアップです。ご覧のようにアップの写真は解像感が一応あります。決してカメラが悪いわけではなく、Jpeg圧縮が画像を甘くするのです。この二つの写真のファイルサイズはほぼ同じの240kBぐらいです。2枚載せようとすると、画像圧縮が掛かりますが、鮮明さを求めるならば、1枚だけ載せるという分別になります。掲示板での使用が主となる私の場合は、α900のようなフルサイズの1眼レフで撮ろうが、このカメラ(OLYMPUS STYLUS 1s)のような軽量ハイスペックカメラで撮ろうが、掲載画像に違いはなく、使い勝手のメリットが圧倒的にコンパクトカメラの方に軍配が上がるのです。なかなか、α900を持ち出す気になれません。ただ、孫の七五三のようなここ一番の写真では、名実ともにα900が使用されます。なにより、重くてでかい外観で他を圧倒するからですよ。特に、80-400mmの巨砲を付けると、いい写真が撮れそうな雰囲気にはなります。じつは、OLYMPUS STYLUS 1sでも、同じパフォーマンスかも知れませんが。小さいですからね、貫禄なさ過ぎです。

要するに、コンパクト・カメラだろうが、結果は同じで、2400万画素だろうが200万画素だろうが、圧縮したら悲しいことに結果は同じで区別できません。だから、印刷してコンテストに応募するのでなければ、高価な1眼レフは要らないのですね。かといって、あまりチープだと、ファインダーがなく液晶画面での撮影になり、さっぱり手応えがないので、ファインダーが1眼レフ並と言われるこのカメラになるのです。実際、老眼の方と同じで、白内障手術のおかげで視力1.5もあるけれど、ピント調節能力のない人工レンズを入れた私の目では、液晶画面はさっぱり何撮っているのか判らないので、ほとんどノー・ファインダーの撮影となります。楽しくないこと夥しい。だから、視度調節があるファインダーが必需品なのです。明るい昼間など液晶画面は全く見えませんよ。スマホも同じですが。

余談ですが、スマホなどで地図を見ようにも、野外での使用はほとんど不可能に近いものです。あれなども、ファインダーのような、覗く方式があるといいですね。HMD(ヘッドマウントディスプレイ)が欲しくなります。Galaxyの最新型には簡易VR(バーチャル・リアリティ)のHMDがありますので、それを使えば野外でもクリアに見えることでしょう。ただ、そのために機種替えをする気はありませんので、凸レンズを付けて覗くルーペ方式のアタッチメントを自作するより他はないのですが、さてねえ。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7677.スカイツリー 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年3月10日(金) 20時59分
Original Size: 1400 x 934, 175KB Original Size: 934 x 1400, 283KB

2017年の3月8日、5周年目に初めて登りました。展望デッキは下の350mでも東京タワーのてっぺんより高く、感動ものですが、さらにその上、450mの天望デッキは飛行機に乗って見下ろした眺めです。しかも、ふと気がつくとぜんぜん揺れを感じません。凄いです!さすが、潜水艦のボディに使われる特殊金属で造ったというだけのことはあります。

 あまり期待せずに行ったのですが、いやいや、たいしたものです。「ナポリを見ずして死ぬことなかれ」というのはゲーテの言葉ですが、「スカイツリーの昇らずして死ぬことなかれ」だと思いました。ただ、富士山と同じで、一度も登らぬバカ、2度登るバカ、かもしれません。私は富士山は5回登りましたので大馬鹿ですが。
 東京タワーは街を横から見る感じでしたが、スカイツリーは完全に上から見ます。というか、ビルが皆小さくて、東武ワールドスケアで東京の街があったらこんな感じでしょう。関東平野全域に電波を届かす、という目的で作ったわけですが、なるほどと頷けます。なにしろ、空気の条件が良ければ浅間山まで見えるそうで、筑波山はこの日でも見えました。
 空気の透明度は、台風通過後の雨後の晴天日が狙い目で、冬ならやはり嵐の次の日です。この日は家から富士山を見て決心しました。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7678.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年3月10日(金) 21時37分
Original Size: 1400 x 934, 214KB Original Size: 1400 x 934, 213KB

この橋は隅田川を渡る「桜橋」と「駒形橋」です。隅田川には花火大会で賑わうアサヒビール本社がある吾妻橋を中心とすれば、北に言問橋、桜橋、白髭橋、南に駒形橋、厩橋、蔵前橋、水道橋、両国橋、と、形も様々で色も一つとして同じものがない個性的な橋が東京湾に注ぐ直前の勝鬨橋まで続きます。ちなみに千住大橋はそのさらに北にあります。
 これらの橋になぜ詳しいかというと、私が好きな推理小説家、島田庄司氏の作品「ギリシャの犬」の中で、トリックの一つとして扱われたからです。この作品は「御手洗潔の挨拶」という短編集の最後の話として登場します。橋の形を暗号にして外国人を含む犯人側が身代金の受け渡し場所を特定するのに使われたののが印象的でした。外国人には日本語の漢字で書かれた橋の名前はわかりづらいので、形を記号化したというアイデアです。桜橋はXで蔵前橋はDです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7679.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月9日(火) 19時6分
Original Size: 1400 x 934, 228KB Original Size: 934 x 1400, 187KB

東京は、近代都市としても、超高層ビルがまだぽつぽつですね。すでに建っているビルがあるので、こうなるのでしょう。

 この高さは、東京タワーに比べて遙かに高く、視覚的にも非日常的ですよ。セスナ程度の飛行機から眺め下ろした景色が、ちょうど、こんな感じです。「静止した遊覧飛行」と言えるでしょう。
 

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7680.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月9日(火) 19時5分
Original Size: 934 x 1400, 257KB Original Size: 1400 x 934, 188KB

少女雑誌「りぼん」の初版本から現代までが展示されていました。さほど、というか全然趣味じゃないので、はじめ通り過ぎようとしましたが、初版本を見て、はたと気がつきました。これは実に、時代の移り変わりが読めます。

 初版は1955年ですよ。表紙は手書きの少女で、大変清純で健全な感じ、この頃と言えば昭和30年で、戦後、まだ10年しかたっていないのです。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7681.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月9日(火) 19時22分
Original Size: 1400 x 934, 210KB Original Size: 1400 x 934, 207KB

2015年くらいになると、少し落ち着きますが、最近の表紙は、完全に漫画チックで目が大きく、60年の間に日本の子供は別の生き物に変容したようです。幻灯機がまだ生きていた時代はインターネットやYou Tubeになり、黒電話や赤電話がスマホになったのですからね。
http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7682.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月9日(火) 19時23分
Original Size: 1280 x 854, 135KB Original Size: 1400 x 934, 228KB

ずーっと見ていると、整然と並んで立ち並ぶビルが墓石に見え始めました。ちょっと、文明批評的に過ぎますが、ビルの中で生きているはずの人間が、全く見えないことからくる突然の錯誤です。
http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7683.Re: スカイツリー
名前:デジタル写真館長    日付:2017年5月9日(火) 19時34分
Original Size: 1400 x 934, 250KB Original Size: 1400 x 934, 148KB

これが、東京タワーぐらいだと、ビルには人間の営みが見えて、決して墓石には見えませんが、ここまでちいさくなるとね。 

 宇宙から見下ろしたら、もっと、人間の存在感はなくなり、地球は青い水の惑星で、人間以外の動物や植物が、地球を代表する生き物になります。「地球が静止する日」という映画は、高度な文明から来た異星人が地球を救うという話なのですが、破滅に瀕した人類を救うのではなく、人類により絶滅されそうになっている人類以外の生物の救済が目的なのでした。スカイツリーからの景色からは、まさしく他の生物の存在が消えています。「地球は人類だけのものではない」という認識を持つような視点を与えてくれる場所の必要性を考えさせられました。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7667.府中郷土の森博物館 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月1日(水) 6時29分
Original Size: 1400 x 934, 284KB Original Size: 1400 x 934, 184KB

時季外れのアップロードになりますが、昨年、府中の聖蹟桜ヶ丘を見に行ったとき、ついでに府中郷土の森博物館に行きましたので、ご報告をしておきます。なぜ、時期外れになったかというと、写真のデータをパソコンに転送するとき、データが行方不明になって、しばらく、諦めていたからです。カメラかパソコンの不調かと思っていたら、別のフォルダに紛れ込んでいたのですね。転送したはずがどこにも無いのでデータが消えたかと、一時、がっくりしていたのです。検索しても出てきませんでした。それが、何かの拍子に発見されたので、このたびのアップロードとなった次第。私は、カメラ付属のアプリを使わずにカメラ内から直接パソコンのエクスプローラ内のフォルダにコピーしていたので、コピー先のフォルダを間違えることが、うっかりすると起こるらしいです。らしい、というのは滅多にしないミスなので、なかなか思いつかなかったのが、見つからない原因でした。ところが、魔が差してミスをしたのですね。歳のせいかもしれません。
http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7668.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月1日(水) 6時38分
Original Size: 1400 x 1400, 269KB Original Size: 1400 x 934, 171KB

この年の1月に愛知県の明治村に行きましたが、あそこと少し似ています。規模とレベルが違いますがね。
 最近、歳のせいか古いものが好きになりました。懐古趣味というやつです。ただ、明治村も、郷土の森博物館も、古き良き時代の生き証人みたいなもので、当時の日本の若々しい意気込みが、とても刺激的なんですね。物事がすべて単純だった時代、前例の無かった新鮮な発想の時代、こういう条件で発揮される「人間の良さ」というものが、垣間見られるからです。現代は、逆に「人間の悪さ」がいっぱい目立ちます。どうしても情報化時代は負の遺産が蓄積しがちで、良いものが埋没してしまうのです。でも、いつの時代でも、社会にとって、「人間の良さ」は基本です。これを見失うと、結論を急げば人類滅亡ですね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7669.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月1日(水) 7時6分
Original Size: 934 x 1400, 255KB Original Size: 1400 x 934, 194KB

教育基本法というのを創設するときに、参考になったのは江戸時代の寺子屋でした。読み書きそろばんというやつです。日本が明治維新でいきなり封建社会から自由民権社会に移行できたのも、煎じ詰めれば、教育の基盤があったからです。翻って、西の方の砂漠の国では、いまだに内乱というのをやっていて、武器ばかり先進的な技術のせいで悲惨なことになっているのは、こうした教育の基盤が国民にないからです。4年前に海外旅行をしたときの航空会社は石油産出国のもので、石油でお金がいっぱい儲かったために最新の航空機をそろえて最近出来た後発の航空会社でした。凄くエコノミーな海外旅行を用意するために、旅行会社が契約したのは、こうした後発の歴史の浅い航空会社ですが、まず、びっくりしますよ。たとえば、ドイツのルフトハンザのような航空会社ですと、機内サービスは洗練されていて、とても優雅で上品です。アテンダントは言葉遣いも丁寧で、お客様に対するサービスはこれぞ”おもてなし”のお手本ですが、エコノミーな航空会社は、はっきりいって民度が低いです。サービスの基本がなっていません。キャビン・アテンダントはお客の足にぶつかっても知らん顔して通り過ぎていきます。びっくりしましたよ。おまけに、機長の運動神経は抜群なのでしょうが、成田に帰ってきたときに肝を冷やしたことがあったのです。着陸時に足を出すのを忘れて降りようとしました。管制塔からおそらく注意されたのでしょう、着陸をやり直しました。大型旅客機に乗った経験のある方は知っておられるでしょうが、着陸態勢に入ると、ガタンと言う足を出す音がはっきり聴こえるものです。これが聴こえなかったのです。変だなと思っていた矢先に、急に上昇です。やり直しの旋回が始まりました。もしかすると、足を出すスイッチを押しても、出ないという故障が考えられますが、この石油成金の国が持っている飛行機は、とても新品で上等な飛行機です。どこかの国の使い古しではありません。そんな故障ではないと確信しております。大きく旋回してやり直した2度目の着陸は、幸い無事に終わり、固唾をのんでいた乗客が歓声を上げたくらいです。胴体着陸などやられた日には、炎上して運が悪ければ死ぬかも知れないと、恐らく、皆思ったことでしょう。この1度の経験で思い知ったのは、教育というものは1日にしてならず、です。日本が明治維新を成功させた裏には、江戸時代を含めて、国民がいろいろな形で、安定した価値観としつけという、社会全体が子供になす教育が徹底されていたからに他なりません。そういう意味でも、学校教育が形と機能をなしていない内乱続きの砂漠の民は、これから将来、国が平和を得るのは、なかなか期待できないのです。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7670.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月2日(木) 9時57分
Original Size: 1400 x 934, 164KB Original Size: 1400 x 934, 170KB

ところで、話は飛躍しますが、どこぞの大統領はもしかすると認知症ではないですかね。アクセルとブレーキを踏み間違えてお店に飛び込むような大統領令をどんどん出していますが。70歳ですしね。

 この複雑な時代に、単純きわまりない発想で思いつきのような大統領令を頻発するようでは、その国の将来も大変ですな。
 複雑なのを承知しているからこそ、謙虚に構えて、遠慮しいしい生きているのが人間社会です。それを、感情の赴くままにやろうとするのは、動物園のサル山のようなもので、それに気がつかないといけません。世界はサルに逆戻りの歴史を歩み始めたかも知れませんね。サルまで行かなくとも80年ぐらい前の世界情勢を彷彿とさせるニュースを耳にすることが増えました。銃社会で恐ろしいのは自警団や親衛隊が生まれることです。気に入らない人間を銃で排除するようになります。ハーバード大とまでは言わないまでも、少なくとも高等教育を満足に受けた人間を首領を据えないとね。誰かが言ってましたが、バック・トゥ・ザ・フーチャーの第2話のような世界に、突入ですよ。未来から持ち帰ったスポーツ年鑑を悪用して、スポーツ賭博で財をなし、有力者にのし上がり、めちゃくちゃな社会を作った“ビフ”みたいです。教養のないものが指導者になると、こうなるという見本を、これから見れるかも知れない期待で、ある意味わくわくしますよ。いや、憂慮しています。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7671.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月10日(金) 10時52分
Original Size: 1400 x 934, 236KB Original Size: 1400 x 934, 172KB

ここの一つの資料館では、昔の大きな薬屋さんの様子をうかがい知ることが出来ます。

 府中というのは競馬場と刑務所がすぐに想起されますが、なになに、現在の府中は、それはそれは立派な都市で、やはり東京都ですから、日頃見慣れた田舎から行くと、別な国に来たかと思うぐらいびっくりするぐらい綺麗に見えました。でも、現在でこそ都会ですが、当時は森や畑ばかりで、武蔵野の自然がいっぱいあったことでしょう。いまでも、そこここに森や林があり、緑が豊富で、環境は素晴らしく良いところです。いまから、中古住宅でも良いから新天地に引っ越そうと思っている人にはお勧めですね。ただ、お値段はそれなりに高いでしょうが。
 神奈川県と比べてもずいぶん豊かで発展しています。
 聖蹟桜ヶ丘になぜ行ったかというと、たまたま高級住宅地だったこの辺が住んでいる人たちの高齢化が進んで、現在は空き家が増え、売りに出された家が何軒もあるという情報を聞きつけ、見てみたくなったからです。といっても、現在住む家に不満があるわけでは無く、単純な好奇心からです。高台の高級住宅地で、宮崎駿さんのアニメ「耳を澄ませば」の舞台でもあるらしい場所でもあり、どんだけ高級なのかに興味もありました。たしかに良いところですが、それにしてもかなりの高台で、買い物は御用聞きが来ないと大変そうな土地柄です。アニメにも出てきた店と広場もありましたが、ここに住む人々もかなりのハイソサエティでしょう。家々は一軒一軒凝った造りでディベロッパーが一斉に作ったような似たり寄ったりの家ではありません。
 それにしても、聖蹟桜ヶ丘なんて洒落た名前を良く付けたものです。春になるとここらの街路樹の桜が見事なんですかね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7672.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月10日(金) 12時15分
Original Size: 1400 x 934, 159KB Original Size: 1400 x 934, 172KB

これらの琺瑯看板は結構あちこちで見かけられるものですが、どうしても「猫いらず」を「ズライ猫」って読んでしまいます。一瞬どんな猫かな、と思ってしまいます。隣のチョコラBBは西洋読みですからね。

 この表記の逆転はいつ頃起こったんでしょうか。やはり、明治時代でしょうね。調べてみます。

 なんと、改定案は昭和17年の東条内閣で、現代仮名遣いが始まったのは昭和21年、戦後でした。ということは、GHQも絡んでいるのでしょうか。旧仮名遣いは、結構美しいので好きですが。
 私が持っている旧仮名遣いで描かれた本は、「花ざかりの森」や「みのもの月」という三島由紀夫の本です。これは、昔の仮名の「み」のような「い」とか、「る」の下に「え」が付いている文字の活字があった時代に印刷されたものですから、現代のパソコンの日本語変換機能では出てきませんよね。出す方法があるのだろうか。

 

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7673.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月10日(金) 12時18分
Original Size: 1400 x 934, 196KB Original Size: 1400 x 934, 176KB

古いものは好きです。パソコンもウインドウズ3.1の画面が、古い映画館のようで良かったです。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7674.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月10日(金) 12時28分
Original Size: 1400 x 788, 148KB Original Size: 1400 x 788, 170KB

我が家には古いものとしては真空管のラジオがあります。これは、いまでも鳴ります。ヤフオクにでも出したら、結構な値段が付くかも知れません。

 真空管と言えば、何かで読みましたが、現代の技術で作ったらもの凄く優秀なものが出来るのだそうです。LPレコードがリバイバルで生産されているそうですから、真空管のアンプもSONYとかパナソニックで、デバイス毎復活して出しても良いような気がしますがね。そういう企画は却下ですかね。もっとも、オーディオ製品自体が儲からない商売らしいので、ダメの2乗でしょうね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7675.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月11日(土) 10時33分
Original Size: 1400 x 788, 152KB Original Size: 1400 x 934, 165KB

ところで、LPレコードの再生産であるが、ネット配信に慣れた若い世代のアナログ回帰とか団塊の世代の懐古趣味を目当てに、結構、世界的にも流行しているそうだが、私はちょっと懐疑的である。
このLPの新しいプレスの音源は、おそらくデジタル音源である。それを、単に、昔のプレス機で復元しているのだとすると、本当に昔の音の蘇りとは思えない。本来の録音技術、すなわちロクハン16インチのテープデッキで撮られたアナログ音源でマスター・レコードを作っていないからだ。

 するとどうなるか、CDなどの16ビット44.1kHzのような音源に慣れた耳には、アナログ・レコードの音は周波数特性にしてもダイナミックレンジにしても劣るかも知れない。では、24ビット128kHzならどうか、という問題であるが、音の善し悪しはなかなか奥が深いのでは無いかと愚考する。つまり、ナローな周波数特性が音のまろやかさをもたらすのだから。昔、テープデッキの音がCDより良いなと思ったことがある。だから、テープデッキもリバイバルしているのであるが、かくのごとく、オーディオマニアの耳というものは、純然たる“音”だけで成り立つものだけを味わっているわけではないのである。
 私は思うのだが、装置への愛着も関係している。部屋とかの再生環境もしかり。もっと、本質的なことを言うと、時代のもつ様々な要素からくる味付けが、オーディオマニアに音を楽しませている。趣味とか道楽というものはそういうものだ。当時だから、いまから思うと性能が劣る装置でも、充分、いい音に聴こえ、若かったから感動したかも知れない。若い世代が興味を抱くのは、まず、大きなサイズの紙ジャケだという。CDのケースサイズだと、あまり情報は載せられないが、LPサイズの紙ジャケだと、かなり詳しく、ミュージッシャンや録音・ミキシングの詳細な情報まで載せられる。これが受けているという。つまり、ファッションの世界である。ネット配信は味気ないからね。
 
 ちなみに、いまのCDの16ビット44.1kHzのフォーマットは、単に、RCAがベートーベンの「合唱」を1枚の中に納めるためのぎりぎりの圧縮データのためのものだから、いまならDVD音源という選択肢があるが、どのみちデジタル時代なので、圧縮技術は格段に進歩しているし、耳の方もいい加減であるから、ファッションでいっこうにかまわないのだろう。そういうことを考えると、LP再生産のブームには食指は動かない。
 むしろ、回路を研究して、アナログ・レコード・モードをつくり、それでCDなりDVDなり、はたまたハイレゾ音源を聴いた方が意味があるというものである。そもそも、スピーカ・システムがかなりのアナログ装置なので、どうでもいいのではないかね。偉そうに、上から目線の文体で書いてみました。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7676.Re: 府中郷土の森博物館
名前:デジタル写真館長    日付:2017年2月11日(土) 11時8分
Original Size: 1400 x 788, 179KB Original Size: 1400 x 788, 247KB

そこで、はたと気がついた。ことデジタル写真機とフィルム写真機の問題があったですね。では、フィルム写真機はリバイバルするか、である。私は、これは無いと思っている。たしかに、フィルム写真のもつ味わいというものはあるし、グラデーションとかダイナミック・レンジとかはデジタル写真とは違うので、そのこと自体は意味があるかも知れないが、現代では現像して印画紙に写真を焼くと言うこと自体、著しく手間が掛かる作業で、では、フィルムスキャナーでデジタル化して楽しむかというと、これは本末転倒である。そんなことをするくらいなら、初めからデジタル・カメラでよい。遙かに楽で上質の写真が手に入る。

 富士フィルムという会社が昨年、フィルムの生産をやめたというニュースを見て、さもありなんという感慨を持った。会社の名前はどうするんだろう。コニシロクは問題が無いかも知れないが、富士はその後にフィルムが付かないと、変なことになる。富士という名前は当然ながら富士山から来ているので、それに関係する会社はいっぱいあるだろうから。もっとも、写真フィルムだけを作っているわけではなく、いろいろなフィルムを生産しているらしいから問題ないとは言えるので、余計な御世話か。

 写真フィルムも真空管やブラウン管と同じ道を歩むのでしょう。白熱電球とかニクロム線も姿を消すか。そういえば、鉛の活字もね。
 人間という生き物がアナログなので、これとデジタル機器とのインターフェイスの技術がこれからの発展すべき産業技術だと思う。ロボットなどと関連して、重要な技術である。iPS細胞による再生医療といった分野はもとより、脳と機械を結ぶインターフェイス技術など、視覚障害者や聴覚障害者に希望が見えてきたし、機械と人間はますます境界領域を豊かなものにしていくだろう。聴覚神経に直接音楽を流し込む技術は、必ず実現するだろう。そうなれば、スピーカーシステムなどという重くて大きなものはいらなくなるし、それを駆動するための重くて大きなアンプもいらなくなる。網膜にダイレクトに映像を送る装置も可能となるに違いない。この二つは、私がずっと前から期待していて、あれこれ素人なりに考えている。もし、これらが可能となると、学校も会社もずいぶん様変わりするはずである。
 試験の形態も変えないといけない。カンニングやコピペが常識となるからだ。大統領の記者会見も、網膜に写った文章を読めば良いので、そつが無くなるでしょうね。俳優もニュース・キャスターも記憶力の優秀な人でなくても勤まるね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7664.再びパソコンの故障と修理 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年1月10日(火) 13時32分
Original Size: 1400 x 934, 188KB Original Size: 788 x 1400, 176KB

3年に1度ぐらいのペースでパソコンが壊れます。

 このたびはBIOSが異常を起こし、マルチ・ブートのための3つある起動ドライブの選択ができなくなりました。BIOS設定するたびに違うドライブを間違えて起動し、やがて、一つも起動しなくなったのです。
 原因は、PC−デポで調べてもらったのですが、私の予想通りマザーボードの故障でした。結局、また、マザーボード、CPU,メモリの3点セットの買い替えとなり、2万8000円ほどの出費となりました。この程度で済んだのはすべて中古製品のセットが売っていたからで、XP,VISTA,W7などが起動できるマザーボードはすでに生産されなくなって、中古品しかすべがないからです。
 それにしても、世の中、ほとんどがノート型ユーザーばかりで、私のようなでかい箱に入った重いデスクトップを使う人間が、一部のマニア、それも、おそらくスピードをものすごく必要とするゲーマーぐらいになったからなのでしょう。
 相変わらず、店にはでかい箱も超高速のCPUも高速大容量のグラフィック・ボードも売っていますが、大半の客はノート型のパソコンの初歩的なトラブル相談です。

 中古とはいえ、クロックは3.8GHzで、私からすれば超速いし、ネットなど閲覧もさくさくで、全く問題ありません。

 ところで、一大ニュースです。W10でなんとDelphi2005がインストールできてしまったのです。

 プログラミング言語Delphi2005はXP時代までは大いに楽しみ活躍しました。
 ところが、10年前ぐらいからプログラミングしている暇が無くなり、放置していた時期があって、OSをVISTAにしたとき、インストールが出来ないことに失望して、すっかり諦めていたのです。最近、W7で仮想PC上でのXPモードで走ることがわかり、これは福音とばかりに昨年にW7をネットで購入して、仮想PCを構築しXPモードでインストールして使っていました。
 BIOS不調が原因だと最終的には判明したのですが、BIOSのプライオリティの選択画面からSSDが認識されなくなったので、起動ファイルの破壊と判断し、SSDをフォーマットしてW7を入れ直し、さてもう一度仮想PCとXPモードの設定プログラムをダウンロードしようとマイクロソフトのサイトに行ったら、なんと!マイクロソフトがこの仮想PCとXPモードを切り捨ててしまったことに気がつきました。W7professionalの約束をMSが破ったのです。「災い転じて福となす」ではなくて「怒り転じて福をなす」ですが、W7にダメ元でインストールしてみたら、これが出来てしまったのですね。

 VISTAでインストールできなかったとき、セット・アッププログラムが途中でエラーを出して止まったので、諦めたのですが、抜け道があったらしいのです。32ビットアプリケーションが64ビットOSでは無理だろうという先入観もあったのも諦めた原因ですが、W7でインストールが止まるたびに、裏で一つのステップでインストールが完了していることに気が付いたのです。エラーメッセージのメッセージダイアログに隠れていたのですが、裏に完了のダイアログがあったのです!もしかするとと思い、再び最初に戻りセットアッププログラムを走らせると、なんと、次のステップから始めるではありませんか!そうして、とうとう最後のステップまでインストールが完了してしましました。走らせても完動します。
 これに味を占めて、さらにダメ元で最新の64ビットOSW10にも同じ手口でインストールしたら、これも、出来てしまいました。
 インストーラがOSで撥ねられていたのですね。そういうことがあるとはどこかで読んだことがありましたが、新OSが出るたびに、ゲームやアプリなどが新OSのW7対応とかW10対応とか書いてありますが、あれらは、どうも業界の新しい製品を買い直させる姑息な手口であることが判明。対応していなかったのはインストーラー・プログラムだけなのです。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7665.Re: 再びパソコンの故障と修理
名前:デジタル写真館長    日付:2017年1月10日(火) 14時21分
Original Size: 1174 x 1280, 136KB Original Size: 1280 x 854, 122KB Original Size: 1280 x 854, 159KB

昔、10年以上も前にDelphiで作ったプログラムが、最新のOSで走るという事実を、よ〜く考えて考えてみる必要がありました。

 マシン語までやっていた私ですが、ようやく気づきました。アプリケーションが高度になるほど準備が必要で、いわゆる手続きがたくさん用意され複雑になり、手続きどおりにしないといっさい先に進まなくなるというのは、実は人間の社会がまさにそうなのです。ルールを作って間違いを防ぐシステムが過剰になると、簡単なことが簡単では無くなります。OSの進化はこの手続きの進化なのですね。

 どんなにOSがアップデートして進化しても、パソコンの内部では原始的なマシン語が走っています。進化するのは周辺機器を使いこなす手続きです。それらは、すべてドライバというプログラムが処理してくれます。ドライバは機器が進歩するとアップデートしないといけません。このドライバを呼び出す窓口は幸いなことにあまり変わらないのです。市役所が、いつまでも市役所という名前のようなものです。住民課が何十年たっても住民課というようなものです。これがあるために、昔のプログラムが走れるのです。
 
 つい最近も、自作倉庫番の改良をしました。新たなキャラクタも造り、使い勝手を良くするボタンも新調しましたが、それらは全部手続きをプログラミングしただけで、その先の具体的な細かい処理は全部OSが面倒見てくれるのです。キャラクタを表示するというのはプログラマがいちいちやるのではなく、担当プログラムがやるので、プログラマは機械の中の構造を詳しく知っておく必要は無いのですね。これは、先ほどのたとえで理解できます。一般市民は市役所の中の具体的な仕事を知らずに、住民票を手に入れることが出来ますね。あれと同じで、この絵を描け、動かせ、というのは実際にはかなり複雑な命令の集大成ですが、プログラマは”描け"、"動かせ"という命令のセットを駆使するだけのことなのです。

添付:最新プアマンズ・ストロボの作品から。これらは昨年の夏のものですが、左は、アリの社会での出来事の一端で、なにかトラブルを起こした1匹のアリ(ひっくり返っている)に集まり、何かをしようとしています。これが何であるかは、残念ながらわかりませんが、アリの社会もいろいろ複雑でしなきゃ行けない仕事があることを知ることが出来ます。我々人間は、アリのことを何も知りません。
    中は、長さ2cm位の線形動物です。陸生のウナギのような動きをします。右も、名も知らぬ生き物です。知らない世界が小さな世界にはいっぱいあります。小さいと言うだけで知らなくても良いと思っていますが、一つ一つ観察すると、大変興味深く、示唆に富んだ、もしかすると人間にとっても有用な知識や技術を得られる事柄のような気がしてなりません。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7666.Re: 再びパソコンの故障と修理
名前:デジタル写真館長    日付:2017年1月11日(水) 12時19分
Original Size: 1280 x 854, 196KB Original Size: 1280 x 854, 92KB Original Size: 854 x 1280, 75KB

上の文章で、3点セットと書きましたが、じつは電源もピーク値520Wでは足りないといわれて650Wの新品に換えてあります。この値段を入れて約2万8千円なのです。

 パソコンのパーツは大部分台湾製ですが、この電源も台湾なんだろうか。CORSAIR製CX650Mという製品です。特筆すべきは大きさが従来の電源より少し小さいのですね。昔買った、といっても10年ぐらい前になるでしょうか、鎌力360Wの電源の方が大きく、次に買った(箱に付いていた)460Wよりも少し小さい感じなのです。
 そういえば、CPUは再びAMDで、A10 5800K4.2GHz MAX Turboというもの。これの大きさも一昔前より小さくなっており、CPUクーラーも小さくてチャチナもの。前回のIntel製は凝った造りで、世の中進歩したなあと思ったものでしたが、今回は昔のタイプで締め付けるバネも弱く、なんだかなあ、というしろもの。でも、別に、そんなものを見ながらパソコンをやるわけでも無いので、壊れずに長持ちすればよし、です。

 マザーボードもASROCKというメーカーで、初めて聞いた名前ですが、ASUSの子会社だとか。PCデポにはGIGABITEやAOPENという昔なじみのものがなくなり、パソコンのパーツの世界も少し変わりました。

添付:砂糖水にアリが集まることを期待したのですが、以外と不人気で、あまり集まってくれませんでした。この写真には2種類のアリが写ってますが、いっぱい種類がありますね。どれも、棲み分けて仲良く共存しているのが平和でよろしい。右はアオバハゴロモというおなじみの虫。学名がGeisha distinctissima(Walker) で、芸者が歩く姿を連想したのでしょうか、おもしろい学名で記憶にとどめていました。大量に発生すると樹液を吸って木を衰えさせる害虫とされていますが、人間が付けた勝手な名称で、雑草と同じで害虫もへったくれもありゃしません。雑草という呼び方は「作物」に対するお百姓さんの専門用語で、一般市民までそう呼ぶ筋合いはありません。いずれ名のある植物たちなのです。強いて言えば、買ってきた草花に対して"タダで生えた草花"とでも言うのでしょう。我が家には、この手のタダの植物がいっぱい生えております。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7661.あけおめ ことよろ 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年1月1日(日) 10時56分
Original Size: 1400 x 787, 116KB

皆さん、明けましておめでとうございます。

 今年は、α900やLumix−G1など、しばらくぶりに電源を入れ、使ってみようと思います。
 SONYのR1ももしかしたら…
 道具は使ってやってなんぼのモノですからね。せっかく生まれたのに、能力を発揮できずに、では可哀想ですからね。
 昨年は、使い古した死蔵のギターをセミアコで、色もサンバーストに塗り直して復活させ、画期的に音も良くなったので、このような活動をして行こうと思います。

 いろいろと、復活させるアイテムや、そう、体の方も鍛えようかな。"復活"をテーマにしよう。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7662.Re: あけおめ ことよろ
名前:EXCLUSIVE    日付:2017年1月1日(日) 16時4分
Original Size: 1895 x 1066, 398KB

たまにロムしてますよ!
6年目にして一眼デジカメからミラーレスに移行しますが、
品薄で納期は1月下旬以降とか・・・

オリンパスE-M1MK2と悪魔のレンズ?12-100F4 IS PRO
4/3もやっと2000万画素
p6e424f70.tkyea104.ap.so-net.ne.jp (110.66.79.112)



7663.Re: あけおめ ことよろ
名前:デジタル写真館長    日付:2017年1月6日(金) 16時5分
Original Size: 1400 x 788, 131KB Original Size: 1400 x 788, 197KB

EXCLUSIVEさん、明けましておめでとうございます!

 最近は、とんと出不精になったので、めぼしい成果は上がらないのですが、この掲示板はそんな私の防備録の役目も果たしているので、生活の一部みたいなものですから大事です。

 3日前からひどい風邪をひいていて、昨日まで丸二日、寝込んでいました。今日は比較的症状が軽くなり、先に風邪を引いた女房はまだダメで、とうとう医者に行きましたが、私は市販の風邪薬でなんとかしました。凄く昔の風邪薬ですが、ある意味、現在の薬より強いかも。
 咳止めなど、フルケンというのですが、もうそんな薬、売っていません。これは実に良く効きましたね。
昔の人間には昔の薬が効くのかも。これを言うなら、賞味期限の切れたモノは賞味期限の切れた人間によく似合う、というモノです。

 最近、車を買い換えました。前と同じアクセラの次世代のやつ。4年ほど新しいのですが、やたらと進歩していますね。ETCカードのスロットはデフォルトで付いているわ、カーナビはフル装備でMP3音源を3000曲ほど流せるわ(昔はカーステレオもテープデッキでつい最近でもCD−Rでしたから、たびたび入れ直しましたね)、バックカメラとタイヤの空気圧モニターがオプションで付いていましたので、大変便利になりました。
 タイヤがFIREHAWK WIDE OVAL 215/45R18という代物で、よくわかりませんが、前の持ち主は相当な飛ばし屋だったようです。ただ、乗り心地はタイヤがタイヤだけにがたがたと乗り心地は悪く、彼女に嫌われたのかも知れませんね。走行キロ数は4万kmで年数の割に走っていません。外見は新車と言ってもいいくらいのピカピカなんですが、売りに出されてしまいました。もう発売から7年もたっていますが、私のような者にはちょうど良い車です。新車じゃ勿体ないし。この先も、あまり走りませんから。エアロスポイラがフロントに付いているので、田舎道はちょっと危険ですがね。なんで、こんな車を買ったんだろうと、自問自答する向きもあるのですが、なにしろ気に入ったのですから仕方がありません。現在のアクセラよりデザインも含めてカーナビの位置が下にあるなど、とてもグーなのです。こちらも賞味期限の切れかかった車に賞味期限の切れた人間が乗るので大変グッドなのです。出かけなくなってから車が良くなり皮肉なものです。
 
PS:オリンパスE-M1MK2と悪魔のレンズ12-100F4 IS PROとはずいぶん良いカメラを買いましたね。ブラックボディの軍艦部は昔のOM−1を彷彿としていて、オリンパスもずいぶん頑固なメーカーだなと思いました。海野和男氏がべた褒めでは無いですか!
   悪魔のレンズもなかなかの切れ者のようです。18mmから始まるというのが凄い!

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb