[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
なぽちゃんのデジタル写真館
ここはどこにでもあるようなスレ−レス型掲示板ですが、
流れに関係なく、単発での投稿などを歓迎します。かならずしも話題を続けなくて結構です。
自由に書き込みをして下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


ふと思いついたら…☆(*^_^*)/



7864.DiMAGE A1の画像 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月5日(金) 13時5分
Original Size: 1024 x 768, 318KB

久しぶりにA1の画像を見たら、えらく渋い色味で、緑がかっていて、当時「緑かぶり」などと揶揄されていたのを思い出しました。しかし、被写体によっては、鎌倉のような古キを撮るのには最適な色味だと思いました。私は、この色味が好きだったんだと言うことを思い出しました。
http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7865.Re: DiMAGE A1の画像
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月5日(金) 13時11分
Original Size: 768 x 1024, 427KB

特に、こういう被写体ですね。古道具屋の品々はA1でこそ撮れるでしょう。現在のカメラでは、絶対、こうは撮れないと断言できます。

 この当時のデジカメは、まだ、フィルムカメラの写りを意識していて、画像処理の技術も未熟で、色味という言葉自体が存在感を持っていました。今では、おそらく、若い人に聞いても「色味」って何?って聞き返されることでしょう。つまり、死語でしょう。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7866.Re: DiMAGE A1の画像
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月5日(金) 13時33分
Original Size: 1024 x 768, 457KB

ということは、いまこそ、このカメラを持って町に、京都や鎌倉はもちろんのこと、谷根千(谷中、千駄木、根津)などの下町に繰り出すべきかも知れません。DiMAGEシリーズのGTレンズは5倍ズームで、45倍ズームとか言っている、いまどきのコンパクトカメラより切れ味が良いのではないか。復活すべし、DiMAGE A1!

 それにしても、色薄いねえ、カメラの設定で彩度を意識的に下げていた記憶は無いです。このカメラは「なぽちゃんスタビ」を付けていたかも知れませんので、ぶれは皆無といって良いほどシャープな写りだと思います。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7867.Re: DiMAGE A1の画像
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月5日(金) 13時46分
Original Size: 768 x 1024, 455KB

今見ると、以前に発表したアルバムで使ったものより良いものもあり、この企画は”あり”だな。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7860.霊山 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月3日(水) 10時4分
Original Size: 735 x 980, 340KB

福島県がまだ3.11以前で何もなかった頃、観光案内の画像を見て、惹かれ、常磐自動車道を飛ばし、2度ほど行きました。隆起山系の浸食地形が奇岩、奇景を形作る土地で、ちょっとした山登りをしますが、良いところです。

 写真のこけし人形は、そことは違う土湯温泉のものですが、霊山に行ったついでに通りました。
 その頃から、温泉地は人々のレジャーの形が変わり、客足が遠のき、経営に困窮しているのでした。正面玄関付近を綺麗にしてはいるものの、後ろ姿は惨めな「びっぼちゃま」で、哀愁が漂います。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7861.Re: 霊山
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月3日(水) 10時27分
Original Size: 980 x 735, 389KB

霊山は「りょうぜん」と読みます。歴史も古く、山岳信仰の地 ですが、辺鄙なところにあるので訪れる人は非常に少ないです。

 最高峰は825mありますから、立派な登山になるでしょう。でも、普通の格好で行けます。夏は避け、晩秋が良いでしょう。紅葉した山の姿が綺麗です。
 私は、残念ながら紅葉真っ盛りではなかったです。雨も降るような天候でしたが、上がると遠く吾妻山などが望めて非常に広い空間を抱いた南側の景色を楽しめます。護摩壇とか天狗の相撲場とかの奇岩が面白いところでした。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7862.Re: 霊山
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月3日(水) 10時45分
Original Size: 780 x 585, 306KB Original Size: 780 x 585, 187KB

全部廻るのには1日かかります。足腰を鍛えておかなきゃ。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7863.Re: 霊山
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月3日(水) 10時49分
Original Size: 780 x 585, 376KB

この通り、周りには山しかありません。昔の修験者たちは、文字通り、命がけで旅をしてきたことでしょう。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7859.呉、ゼロ戦博物館 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 22時29分
Original Size: 816 x 544, 59KB

この「ゼロ戦博物館」は、後年解ったことですが、わたしの幼友達、T高K成君が館長をやっているテーマ館です。私が結婚するとき、結婚式に呼んだけれども来なかった幼友達ですが、一応、親友でした。少年時代は木材をかき集めて全長1mぐらいの戦艦大和などを作ったり、自分の家の床下に潜る、器用で凝り性で変な趣味の少年でした。そして、私と同じく、夜空を望遠鏡で覗くのが好きな天文少年でもありました。

 大学卒業後ぐらいの頃には、明治時代の新聞の「題字」(というのだっけかな)を収集する趣味などに懲り、あまり重要ではないことに血道を上げる性癖がありました。そして、最後はゼロ戦記念館館長です。結局、偉いんだか偉くないんだかよくわかりません。とにかく、少年時代の夢を実現する能力に長けていることには間違いありません。なんといっても、天下のゼロ戦ですから。そうとは知らずに、私も、研修で江田島に行ったときについでに寄っています。

 

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7853.アーカイブ写真集初め 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 11時9分
Original Size: 980 x 735, 366KB

過去に取った写真が山ほどあります。このまま埋もれてしまうのも忍びないので日の目を見させてやろうと思いました。

 というのは、私が作ったJpegViewerGというソフトを使ってみたら、BESTフォルダの作成やら、写真閲覧のスピードがサムネイルから選ぶスピードが速かったので我ながら快適でした。その過程で、表示した次の写真を見て、この企画を思い立ちました。今後しばらくは、これで行こうと思いました。なかなか、写真撮りに出かけなくなったし、…

 いまから行っても、似たような写真を撮ると確信したからです。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7854.Re: アーカイブ写真集初め
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 11時15分
Original Size: 1280 x 960, 228KB Original Size: 1280 x 960, 223KB

夏目漱石の家の復元、明治村です。

 この猫の表情に訴えられた結果です。夏目漱石の「吾輩は猫である」というデビュー作品というのは、他の作品群の中では軽く扱われるかも知れませんが、あらためて読むと、大変な傑作です。落語の台本と思うくらい面白いです。この猫、最後は主人の飲み残したビールを飲んで酔っ払い、水に落ち溺れてしまうのですが、そこだけ安易なエンディングで残念ですが、とにかく、最後まで読ませます。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7855.Re: アーカイブ写真集初め
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 20時6分
Original Size: 1280 x 960, 189KB Original Size: 960 x 1280, 118KB

高校生の頃、一番最初に読んだのは「猫」でしたが、「虞美人草」や「草枕」など、夏目漱石のメジャーな作品を読みふけり、いっぱしの文学青年になってしまいました。高校の卒業文集に、「草枕」風の文章を書き、傑作をものにしたと思ったら、後で読むと恥ずかしくよせば良かったと思うような淺知恵の目立つ青臭い内容で顰蹙ものでした。

 夏目漱石の影響は強く、おかげでいっぱい漢字を覚えましたが、今思うと、まねしやすい文体だったなと思います。その後に嵌まった太宰治や三島由紀夫などは文体を真似するのは易しいようで意外と難しく、文章の背景にある人間力がまるでなっていないので、架空の物語を作る才能がありませんでした。理系は「嘘」が付けませんからね。そのようなわけで、文学漬けの生活を現役、1浪と立て続けに受験に失敗しました。Zライトという100ワットの白熱電球による照明器具のせいで近視だけが進行したのでありました。しかし、その後、教壇に立ってからはこの文学修行が大いに役立ち、職務上の文章作成にも大いに役立ちましたから、まあ、ものにならなかったけれど、ためにはなったのでしょう。

 転んでもただでは起きない「なぽちゃん」でした。とさ。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7856.Re: アーカイブ写真集初め
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 20時17分
Original Size: 1280 x 960, 137KB Original Size: 960 x 1280, 237KB

アーカイブなので、何を面白くて狙ったのか今では思い出せないものを逆に選びます。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7857.Re: アーカイブ写真集初め
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 20時36分
Original Size: 1280 x 960, 79KB Original Size: 980 x 735, 310KB

何が面白くて撮ったのかシリーズ。

 写真というものは、撮った直後はBEST版を発表しますが、いつまでも同じシリーズを続けるわけにはいかず、その他大勢はすぐに死蔵されて、しばらく見ません。ですが、何年かすると、新たな意味を持ってくるらしく、BEST版以外の方が面白くなってきます。そういうのがいっぱいあるに違いないです。(と、期待するわけであります。)

上5つの写真は、漱石亭にあるものではありませんが、最後の1枚はふたたび漱石の家の、玄関の一部で、小さな扉が付いていますね。これがなんだか忘れてしまったので、今となっては、あれこれ想像するしかないのであります。なぜ、下の方についているのか。来たお客と、書斎にいる漱石がいちいち顔を合わせなくても、用だけ足せるように作られたものなのかも知れません。面倒くさがり屋で人嫌いの漱石らしいと言えばいえなくもありません。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7858.Re: アーカイブ写真集初め
名前:デジタル写真館長     日付:2019年7月2日(火) 20時44分
Original Size: 1280 x 960, 275KB Original Size: 960 x 1280, 156KB

明治、大正、昭和、平成、令和と、5つも昔の時代のものなので懐かしい感じばかりがしますね。現代の令和はこのころからたった100年ぐらいの未来ですが、テクノロジーはものすごく進歩して、信じられないぐらいです。ひるがえって、明治の頃は、すべてが大きく手作り感があり、大がかりに見えます。文明が、天才一人いたって築けないということを教えてくれる場所でした。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7849.スーパーコンピューターの威力 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月22日(土) 10時55分
Original Size: 815 x 653, 163KB Original Size: 800 x 508, 110KB

近年、スーパーコンピューターを使ったシミュレーションにより、超弦理論や核子の中のクォークの運動を解析して多体問題を解く研究が盛んに行われ、日本の優秀な若い人たちがたくさん活躍しています。

肥山詠美子(理化学研究所仁科加速器研究センター准主任研究員)の話はその一例で、その他、伊藤祐太(高エネルギー加速器研究機構)など、たくさんダイジェスト番組がYOUTUBEに発表されています。解説本を読むより、手っ取り早く最先端の科学の情報が得られて、勉強になります。 

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7850.Re: スーパーコンピューターの威力
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月22日(土) 12時57分
Original Size: 854 x 688, 88KB

超弦理論では通常の時空4次元の他に6次元の超空間を加え、全部で11次元で考えることにより、いままで、どうしても解決できなかった問題、たとえば、ダークマターの存在やブラックホールの中の温度というホーキングパラドックスが解決されます。
 ホーキング・パラドックスというのは重力崩壊で点にまで収縮したブラックホールの中心では、熱振動する空間自体が存在できないので、熱振動が出来ず、温度が定義されないというパラドックスです。これが、6次元の余剰空間の中のカラビゥ多様体に起きる振動で説明されます。ホーキングはようやく成仏出来ることになりました。
 そして、スパコンで超弦理論の方程式を解く(この場合、格子モデルでのシミュレーション計算ですが)と、なんと、宇宙の誕生の瞬間、インフレーションの後にビッグバンが始まるということまで、自動的に出てきてしまうのです。これにより、インフレーションは通常のバリオン世界(私たちの4次元時空ですね)だけが膨張し、隠れた時空間は相対的に膨張しないので、余剰次元のたたみ込みが説明されます。このことは実に驚くべきことで、方程式を解析的に解くのはほとんど不可能な超弦理論の方程式の解かれた結果を、スーパーコンピュータは示してくれるのです。
 さらに、重力を伝えるグラビトンが光の速さで伝わるということが、11次元空間では解としてでてきて、かつ、重力子だけが通常の時空間と余剰空間との間を自由に行き来できるためにダークマターと我々の世界の間に引力が働くことまで解りました。光子(電磁波)はそれが出来ないので見えないと言うことになります。つまり、ダークマターの質量というのは、6次元の物質のことである可能性が出てきました。超弦理論ではきわめて小さな紐(閉じられた紐と開かれた紐の2種類)の振動モードで素粒子を定義します。このとき、振動方向が通常の空間方向と異次元の方向の2種類に大別できます。振動というのは重ね合わせると回転になりますが、通常の空間の回転では荷電粒子は核磁気モーメントをもちますが、異次元の回転はスピンと呼ばれる実際の空間の回転では説明できないものを生み出すと理解できます。私も、学生の時に量子力学の勉強をしているときにこのスピンの回転が超空間での回転ではないかと理解して済ませました。なにしろ、初学者は物事すべてアナロジーで理解しないと解った気にならないものですから。そんなものを考えるなと言われても、考えたくなるものです。それが、今になって、ようやく腑に落ちる形で理解できたのです。
 
 SFの世界で登場する、重力を遮断する魔法の絨毯があり得ないことや、UFOなど夢の移動手段も、この超空間における物理法則を考えることで可能になるのではないかと夢見ましたが、事実はもっと厳しく規定されるべきものです。ダークマターやダークエネルギーの正体が超弦理論で実証される日がすぐそこに来ている気がします。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7851.Re: スーパーコンピューターの威力
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月22日(土) 13時20分
Original Size: 508 x 591, 102KB

最近、日本のすばる望遠鏡による観測で、私たちの銀河のハローの正確な姿 が解明されました。

 ハローというのは銀河系の外まで広がった非常に寿命の長い希薄な星々とこれまた古い星で形成される球状星団とを含む、直径が65万光年の球形の空間です。ご存じのように、銀河系というのは渦巻き状の円盤と中心部の星が密集し中心部に超巨大なブラックホールを持つバルジと呼ばれる明るい部分を持ちます。私たちの太陽系はその渦状の腕のひとつオリオン肢という腕の近くの比較的星々が希薄なところに存在していますが、半径約5万光年の銀河の中心から約2万6000光年に位置していて、超新星爆発という恐ろしい現象も少ない穏やかな場所らしいです。

 このハローの形成なども、ダークマターをモデルとしてスーパーコンピューターでシミュレート すると観測結果と近い状態が再現されると言うことです。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7852.Re: スーパーコンピューターの威力
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月22日(土) 13時22分
Original Size: 694 x 480, 140KB Original Size: 505 x 476, 82KB

ここで、重要な事実があります。それは、ハローの中の星々は宇宙誕生の初期段階でたくさんの小銀河団の間の衝突で銀河同士がだんだん大きく成長したときに、中心部に集まった銀河本体から取り残された部分に相当するものらしく、小さいために核融合反応がゆっくり進み、寿命が非常に長いものが多いのです。それで、宇宙の年齢の137億年に近い120億歳という星などからなりますが、ほとんどが宇宙の初期に出来た星々で、成分に重金属を含まないことが解っています。重金属は核融合反応では作れません。超新星爆発によってのみ生成されるのです。これが起きる銀河系本体の中の恒星です。我々の地球で解るとおり、惑星には鉄ニッケル合金の核を持ち、地殻にもたくさん重金属鉱床を持ちます。大量の鉄などがある地球のような惑星は超新星爆発の重金属元素が蓄積した歴史を持つ星なのです。いうまでもなく、ほ乳類の血液の成分ヘモグロビンは鉄。タコ・イカ、昆虫などの血液のヘモシアニンは銅、海鞘などにはバナジウムを含む血液を持っていますから、生命誕生には重金属が必要なのです。

 ハローの中の星々は非常に歴史が古いので、生命が誕生していたら、知的生命体が進化する時間的な余裕があり、銀河帝国を築いていそうですが、鉄以上重い元素がないと言うことは、仮に生命が進化しても石器時代より先には進めないと言うことになります。なにしろ、人類がここまで文明を進化させ得たのは、鉄の存在が大きいし、それ以外にもニッケル、銅、銀、金、鉛、ウラニュームなどの重金属の存在が欠かせません。
 ハローの中の知的生命体の教科書は周期律表が我々の周期律表の半分以下しかないということになりますね。

 気がつくべきは、私たちの体の中には超新星が入っている事実です。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7845.HP(ヒューレットパッカード)パソコンの修理 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月14日(金) 22時7分
Original Size: 640 x 427, 168KB

副操縦士が使っているHPが壊れたので分解しました。ウインドウズが起動せず、また、起動しても画面が不安定です。いろいろ、起動HDDを換えてみても同じ症状が続くので、どうやらマザーボードがおかしいようです。グラフィックボードかも知れませんが、そのうちに起動すらしなくなったので、やはり、マザーボードという診断を下しました。マザーボードを交換するとなると、現時点ではCPUからメモリも新調しなければならなくなります。予備に取っておいたマザーボードがありますが、CPUが幸いAMDで、これも予備があります。つまり、私のパソコンが1台まるまる使用停止していた箱があったので、部品を入れ替えてくみ上げることにしました。

 何台も組んでいるので、お手の物と思いきや、CPUにシリコングリースを塗って取り付ける前に、念のためにと、接触不良の箇所があるといけないと考え、よせば良いのにCPUの基板に接点復活材を吹き付けてしまいました。これがいけなかったのか、まるで起動しなくなりました。

 この接点復活材の成分は、簡単に言えば有機溶剤です。普通金属の接点の表面に出来た酸化皮膜とか汚れを溶かして、接点を復活させるものですが、ものによってはプラスチックを溶かすので、そのようなものがあるときは良くないとされています。通常、電子基板などはエポキシで、溶けないと思うのですが、CPUに流れる電流は、超高周波の微弱電流なので、有機物の皮膜が出来ると、もしかすると、コンデンサーを形成して、高周波がショートしてしまった可能性が考えられます。従って、一度、アルコールと水で洗浄しないといけないかも知れません。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7846.Re: HP(ヒューレットパッカード)パソコンの修理
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月14日(金) 23時3分
Original Size: 640 x 427, 196KB

念のために、説明しておきますと、接点に油膜があっても、トンネル効果で電流は流れます。昔、DiMAGE7で、電池とか接点に油が付いていると接触不良になるので、接点をアルコールなどでクリーニングするという話がありました。油は絶縁性なので、少しでも接点に付いているといけないという素人考えです。一時期、私はそんなことはないとネットで議論をしたことがありましたが、このCPUの場合は導通不全ということではなく逆のことが問題になります。超高周波が飛び交う世界なので、端子間に有機物のようなものがあると、有機物というのは誘電体ですから高周波にとっては電流が流れ易いのです。隣同士の端子間でオイルコンデンサーを形成しますからね。コンデンサーは高い周波数交流ほどインピーダンスが小さく、電流が流れます。したがって、端子間をショートさせたことと同じことになってしまったのです。物性と電気の専門の私は恥ずかしい失態でした。
 CPUとソケット基板を洗浄し無ければなりません。CPUの方は比較的簡単ですが、基板はそのほかの部品も付近にはいっぱい着いているので、どうしましょう。
 気長に、上から垂らしたアルコールを下で吸い取りながら、最終的にはコンプレッサーを使って吹き飛ばし、乾かさないといけないでしょう。CPUも同様ですが。
 CPUは端子がむき出しなので、静電破壊が大いに懸念されます。もう、すでに成仏してしまっているかも知れませんが、静電気の起こりにくい梅雨の時期になったので、そろそろ、CPUクリーニング作戦を実行してみようかと考えています。有言実行と言うことで、まず、やるぞと宣言し、意欲を奮い立たせているのです。

 ちなみに、パソコンが壊れたことは、ネットで検索したら企業放出のWINDOWS7マシンが3400円というべらぼうに安い値段で売っていたので、これを買って解決しております。いまどき、中古のデスクトップ型のパソコンなどは二束三文なのです。一時は反射的にPCデポに行き、金で解決しようとしましたが、運が悪いというか良かったと言うべきか、定休日だったのでした。それで、ネット検索したという経緯です。

 現時点では、全然急がなくても良い状況ですので、その他、いろいろやることが山積していたのでペンディングになっている計画なのです。明日、いよいよ、やってみます。
 なぜ、復活に執念を燃やすかというと、HPの箱が、いまどきには無い、できの良いものだと気がついたからです。最初の写真にあるようにグッドデザインです。マニアの心を魅了します。売っているケースは味気ないデザインです。HPという会社はなかなか物作りに凝る職人気質の社員がいたのではないかと思いました。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7848.Re: HP(ヒューレットパッカード)パソコンの修理
名前:デジタル写真館長    日付:2019年6月16日(日) 15時28分
Original Size: 1280 x 1024, 285KB

作戦は成功し、HPのパソコンは復活しました。

 CPUとマザーボード、およびグラフィックカードもついでにお湯に溶かした洗剤で、歯ブラシでごしごしして、丁寧に水道水で濯ぎ、コンプレッサーのダスターで水を吹き飛ばし、乾燥させたら、全部正常に機能しました。やってみるもんだね−。
 ハードディスクは初期化されて、データはまっさらとなり、こちらはUSBスティックかなにかで必要なものはコピーしないといけないけれど、一応、使えるコンピュータが1台出来たのでめでたしめでたし。これは、現在メインで使っているハードがダウンしたときの予備として待機させます。このHPパソコンは中古で買ったときにWindows7へのアップグレード用のDVDなどがついていたので、いずれ7にして使いますが、ここまで来たらいつでもOKです。現在は買ったときのリカバリー・ディスクによりVISTAが走っています。いま、そのVISTAで書き込んでいます。写真画像も何も入っていないので、文字だけの書き込みです。

 この洗剤丸洗い作戦は、古いオーディオの基板でもいけそうです。なにしろCPUすら出来たのですから。それに、これを行う上での注意事項など何もありません。電気器具は通電状態でぬれない限り壊れないのです。よく、携帯などが水に落ちて成仏するのは、電池を含め、通電状態なので濡れることにより異常電流が流れ、壊れるのです。完全に電源から切り離された回路は、コンデンサーも抵抗素子もジャブ洗いOKなのです。ただ、コンプレッサーの強い水で急速に乾燥状態へ持って行けることが強みでした。ただ、ダスターでの水飛ばしは必須ではありません。タオルとドライヤーでもいいでしょう。風呂上がりみたいにきれいになった基板やCPUは機嫌良く動いております。

 それにしても、この自動改行され、全部が編集画面に表示されるのは久しぶりに見るけれど、便利だねー。これはVISTAまででした。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7843.外国人が見た150年前の日本 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月10日(月) 20時1分
Original Size: 789 x 442, 116KB

YouTubeで次のようなものを見つけ、久々に心が洗われました。
ご覧ください
現代日本人に、残念ながら失われつつあると思われる美徳です。2000万円ないと老後を豊かに暮らせないという愚かなことを言う日本人が出てきたことが情けなく、今後が心配です。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7838.さつき咲く 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月4日(火) 19時12分
Original Size: 1024 x 768, 425KB

全然剪定しない伸び放題のさつきが疎らに咲きました。皐やツツジは刈り込まないと花が咲かないようです。
うちの皐は伸び放題にしていますので、チラホラ。植物も刈られて危機感を覚えると、子孫を残そうと花をいっぱい咲かせます。逆に、栄養たっぷりの土壌にして、満ち足りた状態ですと花を付けないようです。ご近所の丸く刈り込まれたツツジや皐は花が満載ですが、そういう風に完璧に刈り込み、管理された不自然な状態は嫌いなのですから、しょうが無い。そういう意味で、私は兼六園は嫌いです。放置状態の明治神宮のような庭が好きですね。この間、天皇家の庭がテレビに出ましたが、伸び放題で自然のままの庭を愛でていることを知り嬉しくなりました。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7839.Re: さつき咲く
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月4日(火) 19時20分
Original Size: 1024 x 768, 472KB

ところで、この掲示板の添付可能な画像のファイルサイズの上限が、以前と同じ500kBであることを今日確認しました。一時、300kBだったような気がするのは勘違いだったか。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7840.Re: さつき咲く
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月4日(火) 19時34分
Original Size: 1024 x 768, 498KB

実は昨日、うちの樫の木の一本が、テッポウ虫にやられ枯れたので、チェーン・ソーで切り詰めました。枯れ始めた頃から、根元には何本も若木を出し始めています。それを枯れた母木に代わって育てようと思います。

 ところで、この樫の木の幹は太さが30cmほどにもなるので、枯れたとはいえ50cmほどの長さにして切り落としても、ものすごい重さでした。切って滑り落としたとき、はしごの上を落ちていき、アルミのはしごが曲がりました。足の上にもかすめ落ちて痛かったです。危うく足をつぶすところでした。上から4回に分けて段階的に切り落ちしたのですが、大仕事でした。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7841.Re: さつき咲く
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月4日(火) 19時48分
Original Size: 585 x 780, 442KB

この高さでとりあえずとどめましたが、幹の途中から一本だけ大きな若木が生えているからです。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7842.Re: さつき咲く
名前:デジタル写真館長     日付:2019年6月4日(火) 20時25分
Original Size: 585 x 780, 343KB

曲がったアルミハシゴ。ちょっと、想定外の事故でした。こんなに重いとは。

 この一連の写真はミノルタのA1で撮りました。液晶とファインダーが暗くて、うまくとれたか不安なカメラですが、パソコン画面上で見る限りは十分現役です。シャッターショックはないし、しっかり撮れます。
  
 ところで、A1は2台持っていますが、10年ぐらいだったか前に、CCDの不具合で緑かぶりする騒ぎがあって、2台とも念のために無償修理に出しておいたものです。やっといて良かったです。今頃はとっくのとうに使用不可状態だったでしょうから。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7836.最新のデジタル1眼 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年5月11日(土) 18時32分
Original Size: 960 x 640, 296KB

久しぶりに横浜のヨドバシに行きました。左上の一番奥の親知らずを残して全部インプラント3本を打ちブリッジでつないだ手術をしたとき、仮歯を止める都合でまだ使える前歯2本をメタルボンドの差し歯にしておいたところがぐらぐらしてきたのを直してもらうために行きましたが、早く着いたので時間調整でした。

 いやあ、カルチャーショックでしたね。最新のデジタル1眼の進歩の凄さを思い知りました。展示ブースの1番良いところに、なんと、オリンパスのOM-D EM-1MK2が展示されていました。以前はSONYのミラーレス・フルサイズだったんですが、現在はオリンパスです。事実、私が見たところ、SONYより、キヤノンより、ニコンより、ましてやフジなどよりオリンパスが現時点で一番良いカメラを造っていることがわかりました。
 小さくかっちりとしたデザインもさることながら、まず、何が良かったかというとシャッター・ショックがきわめて小さく、全体の印象が軽快で、連写なども高速の微振動を感じるにすぎません。単写に至ってはもう、これは、シャッター・ショックなど無きに等しいです。他のメーカーはどうかというと軒並み一桁は大きかったように思いました。音もです。現時点で、最もお勧めなカメラだと言って良いでしょう。そして、レンズ資産がたくさんある他のメーカーのマニアにとっては、きわめて目の毒なカメラでした。このカメラに乗り換えるということは、今持っているカメラのすべてが死ぬことを意味するとからです。
ファインダーもクリアで明るくシャープなものです。
 1眼レフについては、私はOM-1からスタートしております。当時、今から約50年前ですか、OM-1はミラーショックの最も小さなカメラを売りにしていました。いまはミラーレスなので、そのようなショックはないものの、ファインダーの切り替えとシャッター膜があるので、どうしてもショックは残りますが、ミラーレスの時代でもオリンパスが一番すべてのショックが小さいのです。やりましたね!
 
 EXCLUSIVEさんがこれを買った意味がようやくわかりましたよ。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7837.Re: 最新のデジタル1眼
名前:EXCLUSIVE    日付:2019年5月13日(月) 22時36分
Original Size: 1400 x 1050, 276KB

実は4/3センサーが高画素かされるとミラーレスでも特定の条件でシャッター・ショック
でブレが発生する不具合がありました、

私の前機種でその事を指摘した海外のサイトを見ていたので、このカメラでは問題が
ないと思いましたが、静止画しか撮らないので電子シャッターにしてます

ちょっと遊びで作ったミラーイメージ画像を
ccnetptb.64.63.95.206.nns.ne.jp (64.63.95.206)


7833.Delphi10.3.1CommunityEdition 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年5月9日(木) 23時33分
Original Size: 1128 x 494, 85KB

なんと!プログラミング言語のDelphi10.3CommunityEditionというのが無料で配布されているのを発見!これは素晴らしいことです。
 世界中で実際にプロのプログラマーが宇宙開発関連やロボットの制御プログラムなどに使っているパスカル系コンパイラ言語のダイジェスト版ですが、私が愛用していたDelphi 2005より遙かに進歩したバージョンです。もう感激ですね!実はOSをW7にした理由がDelphi2005が走るということでした。ところがです、インストールしたら、昨年中に使用許諾回数が限界を超え、終了していて登録ができず、試用モードでしか使えないことが判明しました。使用期間30日限定で、なんとかこの許諾プログラムを出し抜こうと、ここ数日、頑張って見たのですが、インストールしたときに出来るレジストリのインストール情報を参照しているらしく、どのファイルにそれが隠されているのか、とうとう探し出せませんでした。OSの再インストールから始めれば、使えないはずはないとは思うのですが、相当面倒なことになります。あれこれ調べてみるうちに偶然、CommunityEditionなるものの存在を発見!喜び勇んで早速インストールの運びになったとさ、めでたしめでたしの巻。
 現在Delphiは開発元のBorland社から版権がEmbarcadero社に移り、一番安い版でも17万円、企業などの版では100万円以上という途方もない値段になっており、とても素人が手を出せる料金でなく、高嶺の花になっています。(昔は私が持っているProfessional版でも2万5000円ぐらいでした。)。正式版はインターネットをハンドリングするようなプログラムが出来るのでしょうが、もう若くもないし、飛ばしもしないのにフェラーリを買うようなものです。が、試用してみて感じる印象では、CommunityEditionとはいえ、かなりのカウンタックです。
 昔作ったプログラムを再コンパイルしても、十分使えます。こういう素晴らしいものを無料で配布して、プログラミングする人々の世界に貢献するなんて、なんて心の広い人たちがいるのだろう、と大いに感激したので、このたびの書き込みとなりました。世の中、こうでないといけませんな。たった1回使うかどうかわからない「引っ越しソフト」みたいなソフトに1万円近くの値段をつけて、しかも、マザーボードを交換したら、登録を拒絶するようなものを販売する金儲けだけのソフト会社は、ある意味、詐欺みたいなものです。
 知識と太陽は万人の共有物です。値段なんかつけるんじゃない!
 昨日は久しぶりに夜更かしをして、寝たのは25時でした。プログラミングは非常に面白いけれど、健康によくないね!

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7834.Re: Delphi10.3.1CommunityEdition
名前:デジタル写真館長     日付:2019年5月10日(金) 0時41分
Original Size: 1024 x 768, 201KB

下のスレでEmbarcadero社の製品版のお試し版をインストールしたけれど、昔造った私のDelphi2005のプログラムが走ってくれないと書きましたが、解決しました。
このEditionでも全く同じエラーメッセージが出てがっくりきたのですが、そのエラー・メッセージ「Unicode文字のマッピングがターゲットのマルチバイトコードページに存在しません」を無視して、一番右に表示されている.pasファイルをクリックしたらエラーメッセージが消え、正常にプロジェクトファイルは読み込まれ、実行ボタンを押すと快調にコンパイルが始まるではないですか!ウホッホ〜イ!☆(*^_^*)/

 パスカル・プログラムを一切書き換えずにすべてのプロジェクトが問題なく走りましたが、どういうわけか百人一首のプログラムだけ、一部変な動作をします。百人一首は短歌ですから縦書きに歌を書くように工夫した部分が、どうも、Delphi2005のようにはうまく行かず、文字が乱れます。これだけ課題が未解決です。後のプログラムは、一番ややこしいと思われる画像閲覧ソフトJpegViewerさえ完璧に走ります。孫のためにリニューアルした倉庫番もきっちり走ります。もう、嬉しいったらありゃしない!

 プログラミングは10年以上離れていたので、すっかり忘れており、もう復活できないかと思っていましたが、やっているうちにだんだん思い出してきて、改良も出来るようになってきました。人間、熱心にやっていたことでもしばらく離れているとまるで異邦人のように右も左もわからなくなるものだという経験をしたわけですが、さらに思い知ったのは、使わなくなった筋肉と一緒で、再び訓練すると、あっという間に回復するものだと言うこともわかりました。貴重な経験です。
 それにしても、記憶力は衰えたですね。というより、年をとるにつれ記憶量が増大し、メモリの上限に達し、アクセス時間がやたらかかると言う表現の方が穏便で適切なのかも知れませんが、一番出てこないのは人の名前や物の名詞ですね。これはどういうわけだろう。いわゆる「ど忘れ」ですが、これも、ふと「出てこないかな」などと予感がすると、もうだめです。そう思った瞬間に記憶の扉に鍵が掛かるみたいです。この年になるともう避けがたい日常茶飯事ですね。一度出損なうと、もう、いくら頑張っても出てきませんよ。頑張れば頑張るほどです。むしろ、しばらく離れていた方が良いですね。すると、突然、ひょんなときに頭に浮かんできます。

 あまり愚痴っても、冴えない話ですが、蓄えた記憶がその人の人となりを形成しているわけで、アルツハイマーなどで記憶を失うと、とどのつまり人格を失うことになるわけで悲しい話です。プログラミングやこういう掲示板の文章を書く行為は認知症予防になると思いますので、せっせと続けましょう。
 
添付写真:プログラミングの一例、百人一首。これも、手の込んだプログラミングですが、まだまだ改良の余地があります。下手にいじくるとバグの密林にはまり込みます。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7835.Re: Delphi10.3.1CommunityEdition
名前:デジタル写真館長     日付:2019年5月10日(金) 0時43分
Original Size: 1274 x 997, 334KB

ところで、この掲示板、以前は一時500kBまで写真がアップロード出来たんですが、現在は300kBですね。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7826.またしてもギター 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年4月23日(火) 12時46分
Original Size: 427 x 640, 219KB Original Size: 427 x 640, 192KB

これが、このたび誕生しましたオリジナル・デザインのギターです。このギターは悲しい前世がありました。以下が、このギターの魂が遍歴をした物語です。暇な人は読んでいってください。

  ☆   ☆   ☆

 昔々、私(当時30代)が防衛庁の理科の教官という職業に就いていたとき、職場の仲間とバンドを組み、学校祭で職員バンドとして出演しようという企みが生まれたのあります。あるときの宴会で、私がギターを弾くということを知った別の部署の若い人たち2人ともう一つ別の部署の少し年のいった人の4人でベンチャーズ・バンドをやろうというのです。特にドラムをたたく人(30代前半)がベンチャーズが好きだという人とは完全に意気投合したのですが、その人が引っ張り込んだベースの人(20代)はハードロック好きで、もう一人、リズムギターを担当してもらおうとした方は、40代なのか50代なのか正体不明のウエスタンかぶれの怪しい人でした。このウエスタンかぶれの人は髪型からしてエルビスのように揉み上げの長いカントリー・ウエスタンでして、この防衛庁という服装規定が厳しく堅い職場の割に見事な長髪でラッパズボンをはくような変な年寄りでした。こういう人は士気に関わるというので実戦部隊からは敬遠され学校という、とりあえず最も平和な部署に飛ばされてきます。あだ名は“モミアゲ”でした。そして、このひとが参加するといって持ってきたギターがエレキ大全盛で一世を風靡したベンチャーズのモデル、モズライトギターをコピーした全音のモラレスです。このギターはいまでも中古で根強く売られており、愛好するマニアもいるギターなんですが、当時からすでに、もっと精巧なコピーのモズライト・ジャパンが出回っておりましたから、かなり位の低い、値打ちの感じられないギターという存在でした。そして、その人自体もギターの腕前はほとんどカントリー・ウエスタンの歌をきわめてリラックスしたテンポで歌う程度のレベルで、決して器用なタイプではなかったのです。知っているコードも3コード。ギタースタイルといえばローポジション・コードを、悠然とうちわでも扇ぐようなテンポで、ほのぼのとした気分で弾くスタイルでした。私らが求めていたアグレッシブな速いテンポのものからはほど遠いもので、それを見た瞬間、私の胸の内に暗雲がたちこめ、これはダメだ、と思いました。そういう雰囲気が顔に出たのか、練習には1回来ただけで、もしかしたら忙しいのか、本来のんびりとした性格なのか理解不能のキャラクターでしたが、その後もいくら待っても練習に来ませんでした。結果、学校祭が近づいてきて焦りはじめ、私はリズムギターを担当してもらうために、もう一人の同僚を拝み倒して無理矢理参加してもらいました。結局、バンドの出来は散々で、本番はしっちゃかめっちゃか。ウエスタンかぶれの持ってきたモラレスは取りに来なかったのでそのまま放置されました。

http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7827.Re: またしてもギター
名前:デジタル写真館長     日付:2019年4月23日(火) 20時20分
Original Size: 427 x 640, 163KB Original Size: 640 x 427, 162KB

学校祭が終わったあとに、練習場の教会跡(これは米軍が日本の敗戦時に接収した旧陸軍後に建てた教会で、隣には映画館だった建物もあって木造でしたが練習にはもってこいの隠れ家だったのです。ベトナム戦争の最中は戦死者を本国に送る前の死体置き場となっていた教会です)が取り壊されるということになり、すべて撤去となったため私が引き取りました。手にとってみたら、ギターはひどい状態で、ネックは順ぞり(弦が引く方向に反ることをいう)で弦高が異常に高く、きわめて弾きにくいことがわかりました。ウエスタンかぶれは、このギターには未練がなかったみたいで、その人に返すにもほとんど会うこともなくなり、自然と最終的にリーダーだった私のものなった次第です。で、保管していたのですが、いつまでも弾けないギターを持っていてもしょうがないので、思い切ってそのギターの治療に取りかかりました。まず、ネックのそりは水につけた後おもりをぶら下げて矯正し、しかる後に太かったものですから補足削って握りやすくしました。ギターのネックというのは当然握って弾くので太いと握るのが精一杯となり、弦を押さえる指の動きに悪影響をします。これは細いに越したことはありません。リードギターではなくリズムギターなどは手の指全体でコードを押さえるので、あまり細いと逆に握力を消耗するのである程度太くないと弾きにくいのですが、メロディーを担当するリードギターは、細い方がいいのです。うんと細くしても、ギターのネックには中心にテンションロッドという鋼鉄製の芯が入っていて、ねじ式に締め付けて弦の引っ張りに対抗するように出来ていますので、大丈夫なのです。このテンションロッドを締め付けると逆反りしていき、弦の張力とバランスして反りと弦高を最低にするように調整可能な構造になっています。さて、件のウエスタンかぶれはコードしか握らなかったので、太くても気にならず、弦高だって高くても良かったのでしょう。(ただし、それでも弦高は必要最低限の低さの方がいいとは思うのですが)ボディも非常に重かったので、窮地の思い付きで裏を堀削り化粧板という3mmのベニヤ板でふさぎ、セミアコースティック風の中空になった軽いボディにしました。これでいろいろ調整した結果、なんとか弾けるようになったのですが、結果がびっくりでした。これが意外といい音で鳴ったものです。ギターなんて、もう、見た目とか値段ではありませんね。結果オーライです。いい音で鳴らなければ何十万円何百万とかする楽器があっても弾く気にもならないものです。ホント。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7828.Re: またしてもギター
名前:デジタル写真館長     日付:2019年4月23日(火) 20時26分
Original Size: 640 x 427, 164KB Original Size: 640 x 427, 208KB

この写真では、生まれ変わる前の改造モラレスが見られます。これ以上古い写真は残っていません。完全に元の状態のモラレスの写真はないのです。現行のモラレスも、もはや、ハードオフなどにしか存在していません。しかも、それも素人改造されたきわめてへたくそな塗装をされた代物ですが、2万6000円の値がついていたので、2度びっくりですよね。いつまで売れ残るか、ちょっと興味津々です。
 
 閑話休題、この青く塗った以前には真っ赤に塗っており、その前はデフォルトの白(アイボリー)でした。ボディの色というものは実はデザインだけの問題でして、何色だろうと音には一切関係ないのです。しかし、塗料の違いは重要です。大量生産されるギターの大部分はポリウレタンといってプラスチックの塗装が主流です。なにより、経年劣化がなく傷もつきにくいからですし、工業製品としても安価で丈夫だからです。これに反して、楽器はバイオリンやチェロといったクラシック楽器の時代はポリウレタンなどなくいわゆるニスでした。それも、現代の合成ニスではなく植物由来のニスです。これは塗装としては薄く塗れてしかも渋い艶があり、磨くことが出来て理想的なのです。古くなると、適度に剥げてきて、ビンテージ感が出てきます。エレキ・ギターなどはラッカー塗装が主流でした。これも、クラシック塗装といってもいいでしょう。現代ではポリウレタンです。これに反して、耐久性はともかく、ニスは薄く塗装できるので、板の響きを殺しません。ポリウレタンはその点、響きに関してはネガティブで響きを押さえます。ラッカー塗装されたギターとポリウレタン塗装されたギターとを聴き比べると、あきらかにラッカーの方がクリアな音が出ているし繊細な感じがします。ポリウレタンは鈍いです。これは、ちょっと繊細な人なら聞き分けられるほどの違いです。大音量のロックなどでは、耐久性に優れるポリウレタンの方がいいでしょうが、微妙な音色のニュアンスをつけようと思うような静かな楽曲では、はっきりいってラッカー塗装された楽器が向いていています。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7829.Re: またしてもギター
名前:デジタル写真館長     日付:2019年4月23日(火) 15時19分
Original Size: 854 x 1280, 156KB

 そもそも、なぜ楽器は塗装されるのでしょう。その回答は単純なものです。汚れや湿気から楽器を守るためです。本当は音響的には木材そのままの生の表面の方が圧倒的に響きに対していいのです。これは、物理的に明快な理由があります。材質が単一の物体の方が振動しやすくサスティーン(音の持続)が長いからです。
 複合材になるほど音速の違いから来る二つの異なる固有振動がお互いを殺し合うことになり、内部損失という名で呼ばれる音響振動を熱に変える現象が起こります。振動エネルギーはどんどん熱エネルギーに代わり、振動があっという間に減衰してしまうからです。これはエントロピー増大の原理に起因します。あまり単一の固有振動が続いても楽器としては困るでしょうが、そもそも楽器の形は単純ではなく、いろいろな固有振動に対応した振動をしているものです。これが豊かな”なり”を生みます。
 たとえば、音叉は一つの固有振動で鳴りますが、これが鐘になると、中心周波数の周りにいろいろな倍音が付随して鳴りますので、音が単純ではなくなり豊かな味のある音で響き渡りますね。音叉のようなものは響くとはいいません。鳴るです。
 楽器は独特の形状をしており、いろいろな周波数に連続して共鳴するように造られております。これは長い年月の経験の積み重からくるノウハウで決まった形なのです。変な形のギターがたまにありますが、それらは、音響学的には何の根拠のない、出たとこ勝負の音なのです。写真は理論は一切超越したバイオリン型ベース。ベース楽器ですから、本当は大きなボディが必要ですが、これはベース音はマイクで拾うので形とは関係ないものです。強いていうと、倍音だけ拾い、音に独特の味付けを期待するものなのです。本当のベース楽器は巨大なコントラバスですね。

 塗装から楽器の形まで話が広がり、焦点がぼけましたが、本質は振動を殺すのは複合材だということで、なるべく単純でシンプルな材質がいいのだというのが”きも”です。
 よく、エレクトリック・ギターでもトップ材はメイプルで母体はアルダーとかアッシュだとかいうものがあります。メイプル材には美しい模様の”虎目”とか”鳥目”といった木目のものがあり、高級感がありますので、表面だけメイプルにするものがあります。音響的にはこれは疑問です。ただ、音楽は理屈だけではないので、見た目も重要かもしれません。ここでいえることは合板や集積材はダメだろうなということです。木材については、堅い木材のものは木材内部の音速が速いので、振動スペクトルが高音側に偏り、カンカンした音に鳴り、木材が軟らかいと音速が遅くなり低音側に偏るので、ぼんぼんした音になります。
 また重量も、木材が軽いと抜けるような高音という表現になり、重いと詰まったような渋い音、といった具合で、木材は音を決める重要な役割を持ちます。いずれにしても、適度に堅くて、しかも加工しやすく、重くないのが理想です。ざっくりいうと、軽いギターの方が音がいい、とまで言われます。その理由は、響きがいいからです。プレイアビリティ(演奏しやすさ)からいって、軽い方がいいですよね。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7830.Re: またしてもギター
名前:デジタル写真館長     日付:2019年4月23日(火) 15時53分
Original Size: 640 x 428, 65KB Original Size: 640 x 428, 79KB

 さて、話が長くなりましたが、この新しいギターは、新生モラレスの4台目です。
 
 ひいき目かもしれませんが、生まれ変わって喜んでいると思います。なにより、弦を張るときに感じた響きの良さです。サスティーンも長く感じられます。今まで改造してきたギターの中で一番響きがいいです。アンプを通さない状態での生音が一番大きく綺麗です。もっと誇張していうと、持っているギターの中で一番音がいいです。42万もしたUSAより、20万したジャパン製より、その他、16万も14万も8万も1万6800円よりも、音がいいです。理由は正直わかりません。ただ、裏をくりぬいたセミアコースティック構造と、明らかに異なる形とか、ボディに直づけしたボリューム類とか、裏の配線のために開けてそのままにしたホールの存在が違いの原因でしょう。もちろん、木材が安いホームセンターで買ってきた建築材のホワイトウッド(別名スプルース材)なのかもしれません。が、これは一度、バイオリンギターで使っており、そのときの響きと違うので、やはり形が一番おおきな理由かもしれません。あと、うらの共鳴ホールか。

 添付:左がバイオリン型ギターで、赤いポリウレタン塗装されたメーカー製の取り外されたボディ。このボディの時は響きがいまいちで、はっきり言って音が塗装に殺されていると感じました。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7831.Re: またしてもギター
名前:EXCLUSIVE    日付:2019年5月6日(月) 19時38分
いつもROMばかりなのでたまには!以前から理科の先生とはわかってましたが、
防衛庁でしたか

オーディオマニアですが音楽はまるきっしダメです、歌うのは好きですが音符が読めない、
中域ウッドホーンですがハードメイピルの集成材です、積層板よりましですが
響きを殺す方向ですね!

所でカメラが変わった事、言いましたっけ?オリンパスのEM-1MK2ですが
最近プロスペックのEM-1Xで30万円のカメラを出しましたが、オリンピック
でも使ってもらうつもりでしょうか?

私にはとても買えませんが、手持ちハイレゾで8000万画素で撮影出来るそうです
ccnetptb.64.63.95.206.nns.ne.jp (64.63.95.206)


7832.Re: またしてもギター
名前:デジタル写真館長     日付:2019年5月9日(木) 23時3分
Original Size: 980 x 654, 213KB Original Size: 980 x 654, 174KB

EXCLUSIVEさん、こんばんは!

 楽器は響きを追求する道具ですが、オーディオのスピーカーはたとえばコンクリートのような響かない素材が理想的ですね!そして、吸音材も使うし、デッドニングといって音を殺す加工をしますね。
 ところで、私は、あのマトリックス・スピーカーを考案し、現在2台製作して使っておりますが、あれはEXCLUSIVEさんが「ステレオという、二つのスピーカーで鳴らす現在のオーディオ装置を疑問に思う」とおっしゃっていたことへの回答のつもりでした。お気づきでしたでしょうか?
 いわゆる4chマトリックスのようなサラウンドとは結果的に全く違う音になりましたが、中抜けがなく、音楽に集中できるシステムだと思っています。造った当初は画期的だと思いましたが、似たようなものは既に長岡鉄男氏が発表しているのを最近発見しました。ただ、低音再生の部分は私のオリジナルですが。

 私はどうも飽きっぽい性格で、同じことを続けることが出来ない性分です。カメラもギターもスピーカーもいわゆるブランド品をいつまでも使うという、いわゆる大人の趣味は持てません。パイオニアのS955がブランド品かどうか疑問ですが、これは5.1chのフロントとしていまでも使い続けているので、首尾一貫性はもとよりありません。
 カメラは、現在のところ、オリンパスの一番安い(確か¥9600だったかな)のコンパクトカメラSZ-16が気に入り、いつもポケットに入れて、散歩や山登りに持って行きます。もう、最先端のカメラは欲しいとも思いません。デジタル写真館長を名乗り、掲示板を運営する人間としては若干問題がありますね。中古で買ったSTYLUSが、これまた実にシャープな画像なんですね。あきれるほどです。
 ただし、風景写真という世界に限ると、レンズ交換が出来る1眼レフの最先端カメラが必要だと思いますよ。ボケ味とかHDRとか極限の被写界深度を追求した写真が新しい表現を生み出すことでしょうね。私も、そうは言いながら、ここ一番の撮影ではα900かα37に私としての最先端のレンズ群を付けて出張りますが。普段着と一緒で、日常的な写真はSTYLUSで十分です。
 
添付は駒ヶ岳に行った時のもので、これはSTYLUS SZ-16です。
 

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7823.焼却炉の防火擁壁 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2019年3月24日(日) 23時0分
Original Size: 853 x 1280, 346KB

剪定枝の焼却炉に、石膏ボード製の断熱擁壁を作りました。熱でまわりの植物が痛まないようにすることと、風で火の粉が飛ばないようにするためです。いままで、周りにケイカルという軽い断熱材を立てかけておりましたが、風で倒れて割れてしまい、効果も不十分でしたので、今回本気モード全開で、鉄製のLアングル30mmを使い電気溶接にて枠を作り、9mmの石膏ボードで92cm四方をしっかり囲むようにする本格的なものを作りましたので、その成果報告をいたします。石膏ボードの威力は絶大です。焼却炉から激しい炎が吹き出してもびくともしません。熱も完全に遮断します。手で触っても裏側の温度は低く熱くなっておりませんでした。風が吹いても焼却炉は完璧に囲われていますので、全く火の粉が舞い上がるようなことはありません。ちなみに石膏ボードが急な雨で濡れても、崩れないように灰色の塗料を吹き付け塗装してあります。これは、焼却終了後、日没後に放熱させるために夜間放置している間に雨が降るかもしれないからです。朝になっても、まだ灰の内部は燃焼が続いており、完全に温度が下がって灰が採取できるようになるのはさらに1日かかります。この灰は、後日、樹木たちの根元に撒かれミネラル補給に使われます。つまり、花咲かじじいです。灰撒きのおかげか、うれしいことに枯れかけた海棠が今年は花がいっぱい咲きそうで、新芽と花の芽がいっぱいつきました。他の植物たちも健康そのものです。庭の植物が元気だと、こちらも元気をもらえます。(*^ _ ^*)
http://kurumi.bitter.jp/
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7824.Re: 焼却炉の防火擁壁
名前:デジタル写真館長     日付:2019年3月24日(日) 23時30分
Original Size: 853 x 1280, 238KB

剪定と焼却はもう6年続けております。最初は木材でケイカルを3枚上下に角材で溝のついた足をはかせていただけで、ケイカルが熱で変形し反るために、枠から外れ、倒れてしまいました。その失敗で、しばらく何枚も使って周りの植物にも垂れかける方式でやっていましたが、今年、大々的に剪定をしたので、いっぱい燃やすものができ、一念発起して本格的なものを作る気になったのです。
 やはり、物事は本気にならないとダメなようです。中途半端な気持ちでは失敗するのは目に見えています。今回のように、思い切って鉄材を溶接して完璧な枠を作ったおかげで、焼却途中で燃やすこと以外に気を遣わずにすみました。非常に気分よく燃やせます。
 
 植物というものは剪定したばかりの生木で、青々とした葉っぱがついていてもよく燃えます。特に常緑樹の葉っぱは油が豊富で、落葉樹の枯れ枝より燃えます。山火事が起こるわけです。雨が降った後でも燃えますよ。

http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7825.Re: 焼却炉の防火擁壁
名前:デジタル写真館長     日付:2019年3月24日(日) 23時40分
Original Size: 853 x 1280, 200KB

石膏ボードに塗った塗料は、トタンのさび止め塗料で、亜鉛を主体としたもののようで溶剤が乾燥して抜けた後は熱に非常に強いです。激しい炎が吹き出しても変色しませんでした。これを石膏ボードの両面に吹き付け塗装した理由は、焼却後に熱が冷めるまで二晩放置するからで、その途中に雨が降り、石膏ボードが水分を吸って崩れないようにするためでした。ご存じかもしれませんが、石膏ボードは片面が石膏むき出しでもう一面には紙が貼ってあります。このままでは水にも熱にも弱いと判断したので、塗料としては一番安上がりのさび止め塗料を使ったのです。ふつうのペイントではたぶん雨にはよくても熱にはダメでしょう。灰色のさび止め塗料は見込んだとおり目的に適っておりました。大成功です。衝撃にも強くなり、耐久力も増しますから。
http://kurumi.bitter.jp/ 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7822.Windows7 Professional 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2019年3月20日(水) 13時4分
Original Size: 1280 x 1024, 359KB

OSをW7に戻しました。W10の使用中でOlympusStylus16の画像を取り込もうとしたら、USBが機能していないと表示されたので、コントロールパネルをいじっても回復せず、仕方がないと思い、「システムの復元」をやりました。そうしたら、ブルー画面の登場!復元に失敗し起動しなくなったのです。このような場合、元に戻す方法がありません。リセットしてもだめです。
決断の超速い、つまり通常の表現で極めてそそっかしい私は、W10を再インストールしようと決断、ところが、すぐに気がつくことにこのW10はW8.1からの無料アップグレードなのでした。製品版ではないので、再インストールができません。ほかの人の記事にもあきらめてW8に戻したということを言っていた記憶があります。やれやれ、あの不便な8.1かとテンションは10段階の5ぐらいに下がりました。
 ところがです、そそっかしいのですぐになにかボタンを押しましたら、CDROMを入れていないのにインストールが始まり、どういう理屈か、W10をインストールしているではありませんか!OSは初期化されてしまいましたが、W10が復活しました。これで、アプリのインストールしなおしで、面倒くさいのですが、時間はたっぷりあるリタイヤ組ですのでかまいません。すっかりインストールが終了しました。
 再びところがです、以前にW10でインストールができたDelphiができません。この掲示板でも報告しましたが、何回かインストーラーがとまっても最後までいった、あの奇跡は再びは起きませんでした。
 
 なんだよー!消えちゃったじゃない!

 と、心の中で叫び、現時点での最善の選択肢と思われた最新バージョンのDelphiを購入するべく、サイトから最新版の”おためし”バージョンをインストールしました。
 続ところがです、最新版のDelphi、現在はBorlandではなくEmbarcaderoに売却されていて開発も販売も変わっているせいなのか、私が昔作ったプログラムが一部はOKですが、ほとんど走りません。たしかに、私の持っているDelphiは2005年版という14年前の化石なので、クロマニヨンがホモサピエンスの社会で生きていくのは難しいとは思いますが、なにか書式が変わったための最初のオブジェクト・ファイルがちょっと違うので、コンパイラがたちまちストップします。
 はじめから最新バージョンでプログラムしなおせば、走るとは思いますが、昔のソースリストとフォームをコピーする手間はもういっかい人生をやり直すぐらいの大変さが予測されます。

 そこで、インストーラーが正常に走った実績があるW7の復活となりました。

 W7を復活するついでに新たに500GBのSSDを買いまして、これにインストールすることにしました。W10のときに経験済みですが、SSDにすると起動からシャットダウンまで、えらく速くなり、ストレスフリーになりますから。
 ついでに、HDDの整理も行いました。3TBのHDDは依然として2TBまでしか利用できませんが、データのサイズは写真画像のファイルが一番でかくて、その他、アプリ関連はいくらでもないです。したがって、写真や動画のファイルを扱わない人は、おそらく1TBも要らないでしょう。私は画像ファイルが大量にあるので5TB必要ですが、重複を避けるとかなりとっちらかっていたHDDの中身は2つのHDDにどうやら収まり、もう、十分な広さの世界に収まることができました。
 思うに、一人の人間の趣味の世界なんて、数TBもあれば収まってしまいます。それ以上あっても、記憶の限界を超えて、自分の世界をハンドリングできません。パソコン以外でも、たとえば本なども、一度読んだ本でも細部は忘れますので、何度でも楽しめます。映画の録画したものも、何度でも楽しめます。これについては、また別の機会に論じますが、とにかく、W7に戻って現在、フェイスブックも、掲示板も、ホームページもやっています。W10よりW7の方が、昔の人間にはしっくりします。コントロール・パネルなども使いやすいです。なにしろ、W10は、パソコン・マニアでなくても使えるようにすべてが非マニアックになっていて、操作事態が簡便ですが、レジスタなどをいじっていたずらするような野蛮人には返って不便なものだからです。

 W7は、XP時代の膨大なアプリケーション資産を生かすことが”うり”のOSでした。いつまで、マイクロソフトがサポートしてくれるか、若干心配ですが、古いとは言っても、内実、もう、かなり充実した機能を持っていて、サポートが切れても、インターネットさえつながれば用は足ります。ただ、ハードの方が壊れて、たとえば、マザーボードが壊れたりすると、それのドライバがすでにサポートが切れたOS用にはないことが起こります。現に、XPに対して対応するドライバは、もうありません。ハードが壊れたら、寿命が尽きるわけです。

 ですから、ハード、特にマザーボードには壊れてほしくありませんね。幸い、数年前に壊れたとき、新規に購入したマザーボードが2,3ヶ月で壊れたために、保障期間でしたから無料で交換したものが1台待機しています。電子部品は通電しないでおくと使えなくなる恐れがあるのですが、そのときはそのときで、また新たな出発をしましょう。
  
 ちなみに、W7の背景画像には、マニアがまだたくさんいた時代を彷彿とさせる凝った壁紙がサンプルでついていました。なかなかセンスがいいもので、気に入りましたのでご紹介いたします。PrtScrで撮ったものです。

61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)


7819.反射鏡のアルミナイズ 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2019年3月2日(土) 0時6分
Original Size: 840 x 559, 83KB Original Size: 840 x 559, 95KB

30年近く前の一時期、天体望遠鏡の自作を趣味としており、私は反射望遠鏡の主鏡と副鏡の研磨に凝っておりました。そもそもが、教え子達に何か熱中できるものを与えたかったことと、私も子供の頃に望遠鏡作りをしていて、大人の趣味としての反射鏡磨きをしてみたかったことが発端でした。

 反射鏡を磨くというのは、趣味としてはかなりマイナーで専門的になりますので詳細は端折りますが、ガラスを磨き放物面鏡ができたとしても天体を見るにはその表面を反射率の高い銀やアルミで表面メッキしなければ、暗い夜空の星々や月面を鑑賞することは出来ません。ガラスの反射率は4%ぐらいですから。その話だけします。
 当時は、最初、硝酸銀で銀鏡反応を使い出来上がった鏡の表面に銀のメッキをしていました。続いて、学校の教育教材として納入された約200万円の真空蒸着装置を使って、自分でアルミナイズをしていました。ただ、真空ポンプがオイルポンプのみで付属していた拡散ポンプを使って真空度を上げていなかったので、メッキの出来具合はいまいちでしたし、表面処理も不完全でメッキの寿命が短かったものです。それと、前処理の表面のクリーニングが十分でなかったことと、アルミを飛ばす最初の蒸気まで付けてしまっていたので、メッキ面の寿命が短かったのです。それでも、真空蒸着装置の威力はたいしたもので、銀鏡反応の銀より、アルミ蒸着の方が長持ちもしました。
 当時の作品で、最高傑作は26cmカセグレン鏡を使った望遠鏡でした。これは、20cmのミードやセレストロンのシュミットカセグレン望遠鏡より遙かに解像度が高く、倍率も600倍ぐらい出せて、特に月面の鑑賞には威力を発揮してくれました。しかし、私の興味は次の趣味の写真に写っていったので、望遠鏡は分解されて仕舞い込まれていたのでした。(写真参照)
 左の写真が新しくメッキされてきた26cm放物面鏡と6.7cmの双曲面副鏡です。アルミの真空蒸着をしてくれる工場はあまりなくて、横浜の都筑区にあるカネコ真空という町工場だけでした。昔なら、こういう趣味も結構サポートがたくさんあって、あちらこちらでやってくれていましたが、現代では、望遠鏡自体もカメラ以上にマイナーな趣味で、ましてや反射鏡研磨をするマニアなど絶滅危惧種でしょう。それで、ネット検索で探して、1件だけ見つかりました。この工場では、普段はスタンレーなどに自動車の照明灯のミラーなどを納入している仕事の合間に、個人のいろいろな趣味の作品、たとえば置物とかヘルメットや模型などのメッキなどを引き受けてくれる、非常に奇特な工場です。
 
 このたび、物置に埃をかぶって死蔵されていた26cmのカセグレン主鏡と双曲面副鏡をプロのアルミメッキ屋に発注し、出来上がってきましたのでご紹介します。

http://kurumi.bitter.jp
61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7820.Re: 反射鏡のアルミナイズ
名前:デジタル写真館長    日付:2019年3月2日(土) 0時26分
Original Size: 840 x 559, 76KB Original Size: 840 x 559, 50KB

古いアルミを剥がすためにトイレ掃除に使う次亜塩素酸とマジックリンを使い長いことかかってアルミの剥離処理したのですが、主鏡だけ表面が微妙に変な模様が出てしまい、完璧な仕上がりにならなかったのが、期待外れでした。でも、主鏡と同じ処理をしたはずの副鏡の方はそんなことはなく完璧に綺麗な仕上がりでしたので、以前、何回かメッキを繰り返したときに使ったアルカリ性の強い剥離剤が研磨面を少し腐食したのが影響したのかも知れないと思っています。一番良いのは、もう一回ピッチ研磨をして、アルミを剥がす方が良いのかも知れません。ただ、そうすると、放物面の微妙な精度を再現しなければならず、フーコー・テストの検査をやり直すので大事です。

 さすがに、プロの仕事は完璧で、裏までアルミが蒸着していて綺麗です。このカセグレン望遠鏡の筐体は1cmのパイプ材と各種アングル材を電気溶接して組上げられております。なるべく軽量にと、普通の望遠鏡の筒ではなくスケルトン構造です。副鏡支持体なども、軽いので赤道儀があちらこちらを向いても重力による変形で光軸の狂いは生じないように出来ております。 

http://kurumi.bitter.jp 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



7821.Re: 反射鏡のアルミナイズ
名前:デジタル写真館長    日付:2019年3月2日(土) 0時45分
Original Size: 840 x 559, 75KB Original Size: 840 x 559, 58KB

実際に天体を観測して、完全復活したかどうかのテストをしないといけないのですが、なかなか気象状態が悪くて、光軸調整に都合の良い月が出てくれません。メッキを新しくしただけで満足している状況です。

 このアルミナイズは、蒸着膜の厚さも厳密に言えば非常に高い精度で同じ厚さを全面にわたって保たなければいけないので、望遠鏡専門の工場でない点が若干心配です。しかしまあ、自分でやった真空蒸着膜よりは厚さが均一だと期待しております。なにしろ、蒸着装置自体が大きいので、局部的な厚さムラは出ないと思うからです。
 結果が良かったら、いろいろまだ鏡はあるので、カネコ真空にアルミ蒸着をしてもらう予定です。できの良い16cmのコンパクトなカセグレン鏡があるので、それも永久保存版にしようと思っております。
 
 もう一度、反射鏡磨きを初めても良いのですが、アスファルト・ピッチやガラス材など、なかなか手に入れにくい時代です。本当はパイレックスやゼロ・デュアーという熱膨張係数の小さい光学ガラスが手に入れば良いのですが、それこそ、余りにも特殊なので、完成品をアメリカなどから買った方が良くなります。アメリカは、まだまだマニアックな人種が多くいる国で、そういう需要に応じて各種メーカーも対応している夢のある国なのです。なにしろ、小型飛行機まで自作する人がいるという驚くべき国ですからね。日本は経済効率だけを追求する夢のない国なので、その点は、あちらの国の方が格段に住みやすいのです。

http://kurumi.bitter.jp 61-24-236-106.rev.home.ne.jp (61.24.236.106)



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb