[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
なぽちゃんのデジタル写真館
ここはどこにでもあるようなスレ−レス型掲示板ですが、
流れに関係なく、単発での投稿などを歓迎します。かならずしも話題を続けなくて結構です。
自由に書き込みをして下さい。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


ふと思いついたら…☆(*^_^*)/



7726.チャンネルデバイダの交代 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年10月19日(木) 23時16分
Original Size: 1280 x 855, 100KB Original Size: 1280 x 855, 112KB Original Size: 855 x 1280, 102KB

SONYのチャンデバTA-4300Fがついにノイズを出し始め、パイオニアSF-70と交代しました。
右CHの中音で小さな不規則雑音がだいぶ前からあって、我慢していたんですが、ついに辛抱たまらなくなり我慢の限度を超えました。最初は自作して対処しようと考え、回路図を探しましたが、いまどきマルチチャンネル・システムを組む人が少なくなったのか、どこを探しても回路図がありません。図書館に行っても本屋に行っても、ただのアンプの回路図集すら、全くないのです。いや、それ以前にオーディオ誌がほとんど本屋にありません。1誌だけありましたが高級オーディオの紹介本で、それも、自慢のシステムの紹介記事です。今時自作派は絶滅種なのでしょう。秋葉原に行けばあるのでしょうがね。
手持ちの本にはフィルタアンプの基本図はありますが、簡単なものですから−6dB/octでカットオフが甘くて、ツイーターやスコーカーの低域で振幅が大きくなり歪むのが怖いので、自作は諦め、結局オークションで買うことにしました。もはや品薄になっていて、こういったアナログのチャンデバは高いです。安くて4万円。以前買った安いデジタル方式のチャンデバは、使おうと思ったら片チャンネルの低音出力がなくなっていました。

 それぞれのリンクで解ると思いますが、SONYの方が1970年式でパイオニアの方は1969年式です。なんと、選手交代したのは1年先輩の機種でした! ですが、音は遙かに良いので驚きです。SONYのはオールFETでしたが、以前も高周波ノイズが出始め、1つのFETが不良でしたので、適当な手持ちのFETと交換したものです。
 今度のはクロス特性が-18dB/octです。これは写真にあるように、黒いつまみで-12dB/octでも-6dB/octでも設定を切り替えられるようになっており、TA-4300Fよりマニア志向だと思いました。
 この-18dB/octがいいのか、スコーカーのクロスポイントが800Hzから700Hzに変わったのが原因なのか、それとも回路が優秀なのか、音の粒立ちが改善されました。スピーカーユニットもアンプも同じなのに、デバイダを替えただけでずいぶん変わるものです。非常に音が綺麗になりました。言葉で表現するのは難しいのですが、ツイータのレベルを少し上げ気味にすると、音のつぶつぶ感が視覚的にイメージされ、黒い細かなつぶつぶで、水がしたたるようで、澄んでいて瑞々しく、気持ちがいいです。どちらもオーディオ全盛時代の製品ですが、音響専門メーカーのパイオニアの方がさすがに優れていたのだろうかと思い込んでしまいます。
 電源コードやPINコードなど繋ぎ終わって、音を出した時に、余りの違いにびっくりし、しばし聴き惚れてしまいました。一番左の写真が、ツイータとスコーカ用のアンプで、それらもパイオニアのインテグレーテッドアンプです。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7727.Re: チャンネルデバイダの交代
名前:デジタル写真館長    日付:2017年10月30日(月) 16時28分
Original Size: 1280 x 855, 151KB Original Size: 1280 x 855, 117KB Original Size: 1280 x 855, 103KB

ところで、本屋に行って気がついたのですが、我々の時代はすでに終わっていたのでした。戦後の団塊の世代は既に老境に入ったことはすでに重々認めるところではありますが、このたびいやと言うほど思い知らされました。必要な情報を求めても世の中にはないのです。本屋に並ぶ本も雑誌もこれからの若い世代にチューニングされたものばかりです。私らの先輩の世代が味わってきただろう悲哀を、改めてこのたび味わいました。
それだけでなく、図書館に行っていろいろと周りを見回してみると、何万冊という本の中で1冊あるかないか、という具合に、自分が関心を持っている世界は、まことに狭いものだと気づかされます。欲しい情報が一つも見いだせないにもかかわらず、本はそれこそ海の水のように夥しくあるのです。たとえば手芸や陶芸などの趣味本なども関心のないものはたくさんあります。技術的な分野でも、科学的な分野でも、都市開発や建築関係など、はたまた近現代の歴史のあれこれなども、いっぱいあります。それぞれに関心を持って取り組めば、時間がいくらあっても足りない世界が広がっているわけです。自分の世界は大宇宙比較するちいさな一人の頭脳の中という極めて矮小な世界です。0/∞ですね。

 人生が1000年有ったら、もう少しまじめに勉強するだろう考えたことがあります。なにしろ、1000年ですから、退屈しないようにいろいろと知識や見聞を広めないといけませんね。でも、100年ですからね。長いようで短いです。

 ちょっと、写真の補足説明

 TASCAMのデジタル・レコーダーはアナログ・レコードLPの音源をCDに焼くために主として使っております。もちろん、本来の生録としても大変な性能なので、使いますが、ロピアの宣伝曲が流れているのを生録したのと、虫の鳴き声を録ったのと、一度だけセッションに出かけて自分の演奏を録ったのに使ったのみで、後は全部LPのCD化に使っているのです。以前はパソコンに入力して録音していましたが、あまり音が良くないことと面倒くさいので、こちらを購入した次第です。
 デジタル化はCDフォーマットですので44.1kHz、16bitですが、PCM録音の性能はサンプリング96kHz、フォーマット24bitまであります。データサイズが大きくなるのと、CDに焼くだけですので44.1KHz、16bitのWAVで充分です。これでも、パソコンを使って焼いたものより遙かにいい音に仕上がります。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7728.Re: チャンネルデバイダの交代
名前:デジタル写真館長    日付:2017年11月1日(水) 12時18分
Original Size: 1400 x 931, 197KB Original Size: 1400 x 931, 182KB

続き) 上のスレの真ん中の写真はVictorのQL Y44Lというダイレクト・ドライブのオートマチック・プレーヤーです。S955の上に置いてありますが、この往年の名器はCATVの映画をサラウンドで見るときに使い、オーディオの時は上のスレにあるバックロードホーンが鳴るので全く問題はありません。
 右の写真は、三菱製VHSレコーダーとPD TO5というパイオニアのCDプレーヤーです。昔のVHSテープをデジタル録画するために6年ほど前にオークションで買ったもので、これはずーっと使っていなかったものですが、今回初めて使ってみたら、全く問題なく動き、古いVHSテープを綺麗な画質で再生しました。さすが三菱なのか、以前見た画像より綺麗で、ちょっぴり得したような気持ちになりました。そのうちに劣化して再生できなくなるVHSのテープですが、BDに焼けるようにデジタル録画をしておいた方が良いだろうと思って最近メイン・ストリームに並びました。SHARPのブルーディスク・レコーダー AQUOS BD-W550SWは4年前に新居に移った記念に買ったものですが、ようやくVHSが録画されました。
 
 音源もVHS画像もすべてデジタル・データ化して、コンパクトになっていきます。
 
添付:左の下に置いてある自作のスピーカーは、ウーファーのウレタンエッジが腐ってぼろぼろに抜け落ちたので、Tシャツに外壁修理用のシリコンを塗りつけて自作したエッジが付いている16cmバスレフですが、スピーカースタンドではなく床に直に置いたら結構いい音で鳴ったので、現在これを聴いています。外壁用のシリコンシーラントを塗りつけて、ジャージやTシャツの生地でエッジを作るのは意外とサウンド的にも良好で、乾くとゴム弾力のある丈夫な皮膜になり純正のメーカーエッジより逆に耐久性でいいのではないのかと思いました。スピーカーコーンへの接着についても、シリコンなのでちょっと高価な多用途接着剤で着けますが、接着面の面積も形状も結構適当に浸けた割には音質面で問題なく、純正のウレタンエッジや布エッジ、あるいはセーム革などの自作エッジと比べても全く違和感はありません。(見たとおり、ハサミで適当に切ったことと、着色できないのでルックスはいまいちですが…)
 この筺はフォステックスの推奨箱で、設計がいいのか低音も抜群に出ます。下手に自分で設計したものよりいいです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7729.Re: チャンネルデバイダの交代
名前:デジタル写真館長    日付:2017年10月30日(月) 16時38分
Original Size: 1400 x 931, 127KB Original Size: 1400 x 931, 118KB

コンパクトと言えば、中古で買ったMAZDAのアクセラですが、付いていたクラリオンのカーステレオが進歩していまして、64GBのSDカードにMP3に変換して入れて再生でき、3000曲ほども入れ替え無しに再生できる時代です。昔のカーステレオは、最初は8トラックで、次がカセットテープ、次いでCDと言う具合に、大変嵩張り面倒で音も良くなかったのですが、現在はMP3で、車の中での運転中のリスニングですから、十分な音質ですね。少なくともカセット・テープより遙かに良い音です。しかも、SDカード1枚で3000曲ですからね。普通のドライブでは、大体12曲聴く内に目的地に着いてしまいますからね。もう、カーオーディオは究極のスタイルになっています。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7730.Re: チャンネルデバイダの交代
名前:デジタル写真館長    日付:2017年11月1日(水) 13時7分
Original Size: 1400 x 931, 179KB Original Size: 1400 x 931, 140KB

補足しますが、そのSONYのアンプ上には、ご覧のようにセレクターが二つ乗っていますがオーディオとビデオセレクターです。アンプの入力セレクターより構造がシンプルで、こちらの方がノイズレスですので、重宝して使っているのです。アンプのセレクターは経年劣化で切り替えにノイズも出て、いまいちなので、この方式にしました。
 
 二つ上のスレの右の写真は一番下がマルチの低音用のSONYのFETアンプ555ESL、これを買った6年前はいろいろオークションでオーディオ製品をいっぱい買いまして、アンプとしてはYAMAHAとかSANSUIとかKENWOODなどのアンプを同時に買ったものでしたが、SONYが一番気に入ったものです。FETらしく音に粘りと重さがあり、ちょっとばかし真空管っぽい音がしました。このとき、同時に、メーカーによってずいぶん音作りに違いがあるものだという印象を受けました。サンスイのAU-α777DGというアンプは総合的には最も音が良くてなかなかのものですが、セレクタースイッチにがりが出始めたのでSONYを使っています。KENWOODはFETアンプですが音がだいぶ軽いですね。比べるとサンスイやSONYに負けます。マルチの低音用ですから、山水ではなくてSONYで充分です。
 アンプ1台で鳴らすネットワーク式のスピーカーシステムだったら、サンスイのAU-X111MOS VINTAGEぐらい欲しいところですが、マルチですからね、3台のパワー・アンプが必要ですが、あまり大きな消費電力のものは使えません。ですから、C-90aと同時に買った、パイオニアのM-90のような超弩級アンプは勿体ないことに死蔵されています。このように、軽量のインテグレーテッド・アンプを3台使います。中、高音用のアンプはパイオニアの廉価版A-D5aと同じくA-D3で、単体で使ったときに高音域が非常に解像感が高く綺麗な音でしたので消費電力も小さくてマルチにはうってつけです。廉価版ですが、それぞれ出力は100W+100W以上有りますのでSONYの555と合わせると単体でしたら400W+400Wぐらい有りそうです。そんなアンプ、業務用でもあまりないですよね。
 問題は音量調節で、ボリュームがそれぞれ聴くたびに動かしますので、低音、中音、高音のバランスが毎回変わることになります。しかし、これも、気分次第で加減するので全体のバランスが変わっても毎度違うシステムで聴いているようなもので、飽きなくていいかもしれません。まあ、面倒なんですがね。本当はチャンデバの入り口に総合音量調節器があれば解決しますが、永いこと考えているだけで実行に移していません。理由は、面倒でもバランスが変わることのメリットもあるからです。

添付:右のS955スピーカーの上に乗っているA&DのGX-Z7100というカセット・テープデッキもオークションで購ったものです。この地に来るまで使っていたSONYのデッキは再生が出来なくなったので探しまくったあげくに買ったアカイの血統種で、なかなかいい音がします。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7721.宮が瀬ダム 8月の渇水時 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月26日(火) 22時20分
Original Size: 1280 x 851, 103KB Original Size: 1280 x 851, 201KB

今年の空梅雨でせいで、渇水になり満水時の56パーセントまで貯水量が減り、ついに沈んだ村の道路や電信柱等が見え始めたというニュースを聞き、ちょっと遅くなったのですが、これは見ておかないとと思い、ヤビツ峠を越えて、8月28日に行きました。該当地区は宮ケ瀬湖の北端だそうですが、すでに63パーセントまで復活したとのことで、村の跡は見えませんでした。それでも御覧のとおり、かなり水面が下がっていました。植物が生えているあたりが通常の水面です。このような宮ケ瀬ダムの姿は、確かに初めてです。同じような目的で来ている同年代の暇人が何組かいましたが、村の跡というのは、地形的にはもっと下のはずで、これでは見えるはずがありませんよね。
 このダムは1994年に約30年かかってダム本体が完成したのですが、その昔、家族で丹沢にキャンプに行った帰りに見かけた頃はまだ建設途中の看板が立っていました。やがて、ここが宮ケ瀬湖となってからも、最も身近なダムということで何度も写真を撮りに行ったものです。緑色の水はいつもの静けさを保っていて、広い空間は、すがすがしい気持ちになれます。

 ダムの周辺施設も充実してきているようです。駐車場なども、昔は(つい最近まで)タダだったのに、ゲートができて、有料になっていました。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7722.Re: 宮が瀬ダム 8月の渇水時
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月26日(火) 22時20分
Original Size: 1280 x 851, 224KB Original Size: 1280 x 851, 201KB

こちらはダムの下(外)で、渇水とは無関係の景色です。この景色はDiMAGE7で何度も撮ったものでしたが、昔は川岸も未整備なところが残り、右の写真の枯れた枝みたいなものはもっとあって、今より野趣がありました。いまは、私の見る目が変わったせいもあるのか、季節が中途半端なのか、野趣どころか風情のかけらもありません。
 
 駐車場の近くにできた郷土博物館に行って、この辺りの歴史を勉強してきました。昔の獅子舞についてのビデオが放映されていましたが、初めて獅子舞なるものがなんであるかわかりましたよ。正式な獅子舞の作法というかやり方について、この年になって初めて知ったのですね。獅子舞は、まず統合指揮官が天狗で、ばんばという女の踊りの指揮官がいて、そのほか笛師と歌師の一隊が取り巻き、3体の獅子が躍るのです。その内訳は、父獅子と母獅子とその子供の3体が踊ります。
 この踊りも、寄付金集めのやくざな獅子舞とまるで異なり、礼式にのっとり、手振り足取りとポーズに切れがあって、なかなかかわいくて格好いいものでした。こういう獅子舞であれば、伝統芸能としての価値があり、子々孫々、伝えていってもいいなと思いました。残念ながら、写真は撮ってありません。郷土博物館内には先の戦争の特攻飛行隊が厚木にもあったらしく、その展示物もあって、撮影禁止なのでした。
 愛川町のHPに動画があるのを発見しましたので、ご紹介します。次のサイトです。

 愛川町の文化財「三増の獅子舞」(平成28年)

 

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7723.Re: 宮が瀬ダム 8月の渇水時
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月26日(火) 22時20分
Original Size: 1280 x 851, 169KB Original Size: 1280 x 851, 178KB Original Size: 1280 x 851, 131KB

以前にも、この掲示板では何度も掲載された、宮ヶ瀬ダム広場の土産物屋と食堂です。

 大変絵心のある店主が、看板等を至る所に飾り、私は何度行ってもシャッターを押させられてしまうのですが、心なしか全体が古びてきています。一番の理由はそれらの看板が更新されないことですが、店主が高齢化して意欲の減退なのか、体の具合でも悪いのかといささか心配になります。
 

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7724.Re: 宮が瀬ダム 8月の渇水時
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月26日(火) 22時20分
Original Size: 1280 x 851, 240KB Original Size: 1280 x 851, 125KB

豚汁ではなくドン汁です。いったい何なのでしょう。

 ここが経営する食堂のとんかつ定食は豚肉が格別に美味しいのです。一度、是非行かれた方は注文されたし。
 この場所は宮ヶ瀬湖のダム広場の駐車場にありますが、昔はもっといろいろな店がありました。セルロイドのキューピー人形とかの懐かしのおもちゃがたくさん売られているお店は、シャッターが降り、つぶれたみたいですね。
 この手のお店は、大都会の横浜なら成り立ちますが、宮ヶ瀬は観光地ですからね、その手の品物は金に糸目を付けないリッチなお客が足を向けるところでないと繁盛しませんでしょう。観光地は、そのつもりなどない人たちがリフレッシュしに行くところですからね。
 もっとも、思い過ごしで、ただ単に月曜日だったからなのか。
 

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7725.Re: 宮が瀬ダム 8月の渇水時
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月26日(火) 22時21分
Original Size: 1280 x 851, 178KB Original Size: 1280 x 851, 168KB

宮ヶ瀬駐車場のインフォメーションセンター内には幼児用のプールも開設され、なんとなく時代が進んでいるのを感じます。このような設備はあちこちの公園で見られます。平和で豊かになったと言うことでしょう。
 ダムに沈んだ村人の孫かひ孫の遊び場になっているのかも。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7717.クチナシの根っこ 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2017年8月29日(火) 13時43分
Original Size: 980 x 654, 177KB Original Size: 654 x 980, 156KB Original Size: 654 x 980, 161KB

挿し木が成功し、次の年には花も咲いたクチナシが、長雨の続いた8月も終わろうとしている今になって、急に元気がなくなったので、またしても根っこの病気が発生したかと気を病みました。
 我が家では南側の日当たりの良い場所でもジンチョウゲが白絹病になったり、オリーブの木が原因不明で枯れたり、エニシダが突然死したりしていて、このところ樹木の立ち枯れが続いています。
 北側の玄関の脇の日陰に植えられたトチノキもアセビも元気がなくなり、ついには枯れました。その他の庭の植物は元気なので、ある特定の場所だけ、何故か不慮の事故が続くという、問題を抱えた庭なのです。

 左の写真の一部土だけになっている場所にクチナシが植えてありました。周りには山椒やカエデやマンリョウの幼木などがあります。ここは、建物の北側なので普段は日当たりが悪く、午前中に一瞬だけ直射日光が差す日陰なのです。このような場所に向いている樹木と思ってクチナシを植えたのですが、突然元気がなくなったのです。

 このクチナシは、今年の6月になくなった義母が、南側に咲いていたクチナシを一輪切り取り、コップに挿してくれたものが萎れたので、捨てようかとも思ったとき、念のために挿し木にしたら、奇跡的に成功して成長してきたもので「おばあちゃんのクチナシ」と名付けていたものです。元気がなくなり、枯れてしまうのは悲しいことです。
 そこで、藁をもつかむ気持ちでネット検索したら、ガーデニングのサイトがありましたので、窮状を訴えましたら、すぐに返信を戴き、「群馬の山さん」という方から以下のようなアドバイスを戴くことが出来ました。
 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 コウモリガの幼虫などが株元に食入して弱る場合と「モンパ病」で根を腐らせる非常にやっかいな病気に罹った疑いがあり、
 株元の土をそっとどけていって根を出してみて、褐色のビロード状のカビがあれば「ムラサキモンパ」白いカビで匂いをかぐとキノコのような匂いがするカビなら「シロモンパ」とのこと。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 これは不治の病らしく、大変なことになりました。
 

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7718.Re: クチナシの根っこ
名前:デジタル写真館長    日付:2017年8月29日(火) 13時20分
Original Size: 980 x 654, 99KB Original Size: 980 x 654, 133KB

 さっそく、本体を確認しに行きました。
 まず、虫に食われた様子ですが、幸いこれは見当たりません。
 次に、指で土を掻いてみましたらすぐに白くて細い根が出てきます。
 この段階ではまだ根の病気かどうか解りませんが、浅いところの根が元気そうなのでほっとしました。

 そこで、もう少し本格的に掘らないと反って根を傷めると思い、移植用のスコップで根元の周りを掘ってみましたら、土はかなり柔らかい状態で、異常にスカスカです。
 私の以前からの思い込みで、ここは水はけが悪いと決めつけていたのですが、これは意外な感触を得ました。土が固まって窒息したり、水はけが悪く根腐れしたような気配が全くしません。匂いを嗅ぐと、昨日撒いた殺菌剤の匂いがするだけで、恐れていた腐敗臭やキノコのような匂いは全くしませんでした。
 スコップを使うと株が少し動くので、慎重に周り全体を掘ったら、簡単に根は抜けてしまいました。
 驚くことに、地上の株の大きさに反して根は20cmにも満たない大きさです。

 土の状態と根の大きさとを考え合わせると、どうも、このところの夏日のせいで水分不足になっていたのかも知れません。

 念のために、根を水洗いして、総合殺菌剤のトップジンと白絹病専用のリゾレックス殺菌剤半々の0.1%液を用意し、しばらくこれに10分ほど浸けて、根の消毒をしました。

 そのあと、赤玉を底に敷いた鉢にプランター用の新しい土を入れたものに植え、たっぷりと水を与え、しばらく、これで様子を見ます。
 元気になったら、また同じ場所に地植えするつもりですが、水はけが良すぎるかも知れないので黒土を増やして、もう少し堅くしますかね。

 いろいろと、土を調整するのは難しいですね。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7719.Re: クチナシの根っこ
名前:デジタル写真館長    日付:2017年8月29日(火) 13時29分
Original Size: 654 x 980, 108KB Original Size: 654 x 980, 150KB Original Size: 654 x 980, 146KB

いずれにしても、日陰にもかかわらずに水のやり過ぎたため根が伸びず、ひ弱な株になっていたと言うことです。

 解っているつもりが、経験不足で失敗しました。日陰と日向が両方ある庭なので、どちらに基準を合わせて水やりを調整するか、とても難しいです。日向に合わせると、日陰はいつもじくじく、日陰に合わせると、日向は干上がりますからね。

 最後の写真が鉢のICUに入ったクチナシですが、葉っぱの萎れ具合はこんな調子で、一部はそれでもまだシャキッとしているので、全体の復活を期待しているところです。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7720.Re: クチナシの根っこ
名前:デジタル写真館長    日付:2017年9月2日(土) 12時38分
Original Size: 654 x 980, 140KB

モンパ病のサイトで「土耕菌なるなる」というものを知り、早速取り寄せて撒きました。写真のように、クチナシは辛うじて、まだ生きています。昨日、雨が降る前に直射日光の照る場所に放置してしまい、気がついたらシナシナの惨憺たる姿になっていましたので、急いで水を掛け、日陰に避難させました。

 ところで、別のサイトではEM菌というのも有効らしいので、これが入っている生ゴミ処理剤をケーユーD2で買ってきて、これも追加しました。
 このクチナシが植わっていた場所というのは、トチノキが以前あって、これが根元に虫に食われたのが原因なのか、大きな穴が開き、周辺が腐って枯れてしまった場所で、トチノキを抜いた後に、付近全体を掘り起こし、石などを除去した後、再び土を埋め戻した場所です。このとき、土の間に枯れ葉などを何層かに分けて、有機肥料のつもりで埋めたのが良くなかったのでしょう。その後に、隣に植わっていて、少し弱っていたアセビも植え直しましたが、とうとうこれも枯れました。根が腐ってもの凄く小さくなってしまっておりました。違う場所に植え替えて、一時は回復したと思いきや、やはり、ダメで、現在枯れ木の状態で放置しています。復活は期待できません。
 有機物を30cmより深くに埋めてはいけないと知らなかったのです。よく、肥料のつもりで穴を掘って生ゴミなどを埋めた話を聞いていましたが、これは絶対やってはいけないことだったのです。

 30cm以下では地表からの酸素が届かず、嫌気性菌が繁殖し、やがて有機物ゴミは腐敗し、硫化ガスやアンモニア・ガスの発生で根を傷めるのです。腐葉土というのとはまるで条件が違うのでした。腐葉土の作り方を誤解していたのです。森では枯れ葉や枝などが堆積して、やがて腐って消えていき、これが植物の栄養となっていきますが、このとき繁殖する菌は好気性菌です。そして、土は健康的な、ふかふかのいい匂いのする土になっていくのでした。つまり、有機ゴミは地表に堆積しないといけないのです。
 
 実は、同じことを、私は別の場所で2度もやってしまっております。2年前に水道管から水漏れが始まり水道工事をしたのですが、工事の都合で庭木を引っ越した後の開いた穴を埋めるのに、土が足らずバーク肥料を足して埋め戻しました。このバーク肥料というのは本来は樹皮を発酵させ作った有機肥料のことですが、最近まがい物が出回っているそうです。建築廃材などを粉砕して作ったものがあるそうで、これなどは木材に塗られた防腐剤のタールなどが含まれていれば、菌は死に、発酵が充分に行われない可能性があります。結果として、腐敗してしまう有機物となり、植物の根によくありません。
 今思うと、これが良くなかったのか、後に植えたバラの苗は病弱となり、成長する前に1本枯れました。他のエリカなども成長が悪いのです。
  
 生ゴミ処理剤は、土の中の有機物、古い根や枝などの大きめのゴミも分解してくれるので、有効かと思います。「土耕菌なるなる」は結局、生ゴミ処理剤と同じものかもしれません。値段は1/5でホームセンターに行けば簡単に手に入りますので、これから、これを怪しい庭の土には撒いていこうかと考えました。

 とにかく、何事も経験ですね。

http://www2.ezbbs.net/26/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


2643.金沢動物園 返信  引用 
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月24日(月) 22時9分
Original Size: 1024 x 680, 83KB Original Size: 1024 x 680, 137KB

トキナー80-400mmのレンズを付けて動物園に行ってきました。
 横須賀横浜道路の途中に並木道路の分岐点があり、同時にそこの分岐する高架橋の付近に横浜市営金沢動物園があります。横浜にはこのほか緑区と旭区の中間地点、保土ヶ谷バイパスの下川井インター付近にズーラシアがあります。そちらには美しいオカピという奇蹄目や珍しいキンシコウというサルがいるのですが、こちらはコアラがいるのが特徴です。

 この動物園は比較的歩く距離が少なく済み、森の中にあるので木陰が涼しいのです。観光地の三浦半島は東京方面から車が集まり、昼過ぎると身動きが取れなくなります。実際、どこに行っても混雑で、駐車場はいっぱいでしたね。

 AT-X80-400mm/4.5-5.6は無駄に大口径でないので、比較的軽いし機動性があるので、動物園などでは重宝します。ミノルタのアポテレ100-400/4.5-6.7でも良いのですが、80mmから始まるのと100mmから始まるのとでは大違いで、実際80-300ぐらいが使用範囲です。400mm望遠端はよほどのことがないと動物園でも使いません。

http://www.geocities.jp/famitures/
125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2644.Re: 金沢動物園
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月24日(月) 22時19分
Original Size: 510 x 767, 79KB Original Size: 1024 x 680, 145KB

第2弾:この動物園は、比較的近いところに動物たちがいるのでいいです。あまり暑くなかったので動物たちは元気で、カンガルーのボクシングを見ることが出来ました。顔を背けあってけんかしているのが笑えます。まるで幼児のつかみ合いです。本気ではないのは言うまでもありません。
http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2645.Re: 金沢動物園
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月24日(月) 22時35分
Original Size: 1024 x 680, 85KB Original Size: 510 x 767, 52KB

第3弾:下の駐車場から山の上にある動物園へは2台のバスがピストン輸送します。上にも駐車場がありますが、こちらは首都高からのお客さん用。動物園入り口を入ると、まずイッツ・スモールワールド風のこのような人形たちが音楽演奏しているトンネルをくぐります。このアイデアはグッドですね。動物園に入る人たちはまずここで日常生活から切り離され、野生の動物のいる異空間に飛び込むのです。

 この2枚はAT-X235PROです。ISOは動物を含めてすべて800でした。

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2646.Re: 金沢動物園
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月24日(月) 23時53分
Original Size: 510 x 767, 196KB

そうだ!人形たちが音楽を演奏している写真で思い出しましたが、オークションで買ったパイオニアのCDプレーヤーPD-HS7、最高ですよ!
 
 レガートリンク・コンバージョンS回路の威力なのか、機械的な安定性が良いのか(まるでレコードプレーヤーのようなゴム引きの重いターンテーブル(CDを上向けて載せるもの:レーザーピックアップが汚れない)と、重量級のシャーシは、これまでのDENONのDCD790に比べて3倍以上は悠にあると思われる)、サラリとした自然な音作りと、極めて定位のしっかりした音像です。
 J.S.バッハのオルガン曲集(オーディオマニアの評価が高いドイツ・グラモフォン/デジタル録音盤:演奏者プレストン)を比較試聴しましたが、まさに教会でオルガンの「生」を聴いているようでした。録音の違いをまざまざと知ることになる装置です。もっているCDがすべて生まれ変わりました。このCDプレーヤーはおすすめですね−。
 
 パイオニアの最近の機種にはレガートリンク載せていないのかな。44.1kHでサンプリングされた階段状の波形をローパス・コンデンサーで丸めるのではなく、滑らかな包絡曲線を予測して補うことにより、理論上は50kHzまでの波形が出力可能だそうです。120kHzまで伸びたリボン・トゥイータを持つパイオニアのS-955はようやく本領発揮です。
 20kHz以上は聴こえないけれどね。

 S-955とZDR回路付き全段FET直結の自作アンプにより、これまで結構いい音と思っていましたが、CDプレーヤを替えたら格段に音が良くなりました。一挙に五合目から頂上に飛んだ感じです。これで、レンズ沼とオーディオ沼の両方から脱出して、しばらく安泰です。

添付:ユーカリの木
 

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2647.Re: 金沢動物園
名前:EXCLUSIVE    日付:2007年9月24日(月) 23時42分
Original Size: 816 x 544, 64KB

>20kHz以上は聴こえないけれどね。

そんな事ないですよ!単音では判らないけれど、楽音では有る無しの変化が判りますね・・・空気感が変わってきます、聴覚ってまだ不思議な所がありますね

友人のオーディオ店で常設されている「ムラタ」のセラミック・ツィーターは私が聞いても変化が判りますね、SACDでも、またCDをアップ・コンバーターするD/Aコンバーターでも!

レガートリンク・コンバージョンS回路も一種のアップ・コンバーターですから当然ですね。

ムラタ 球形スピーカー
http://www.murata.co.jp/speaker/index.html

このSPの設計者は以前「オンキョー」に居たみたいです。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ p624622.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (219.98.70.34)



2648.Re: 金沢動物園
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月25日(火) 0時17分
Original Size: 1024 x 680, 69KB

EXCLUSIVEさん

>>20kHz以上は聴こえないけれどね。
>そんな事ないですよ!(はい、わかっております。)

 これって、なにかと取りざたされますね。いまでも、知ったかぶりが20kHz以上は聴こえないので必要ない、という発言をしたりして、経験者にたしなめられておりますな。http://www.kujinet.jp/roompic/
 
 以前、発振器で純音を出しながら実験したことがありますが、確かに単音だと17kHzぐらいから音ではなくなってきて、なにか「ツ〜ン」とした圧迫感に変わり20kHzが聴こえるのはもはや若い人(十代)だけになります。FM放送が15kHzで高域をカットしているのもうなずけます。もう15kHzで充分なんですね、イージーリスニングとしては。 
 しかし、矩形波のフーリエ展開には無限の振動数の波形まで必要なことは常識です。つまり、音の立ち上がりが違ってくるのですね。特に高音楽器の打撃音、耳に聞こえる15〜18kHzの立ち上がり(アタック音)には、20kHzのフーリエ成分が必要で、はっきり違ってきます。 いま、シタール&チューブラというCDを聴いていますが、ギュイーンという音の立ち上がりと余韻のなかにもの凄く高い音の気配を感じます。

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2652.Re: 金沢動物園
名前:nao    日付:2007年9月27日(木) 0時6分
Original Size: 431 x 624, 249KB

レガートリンクは、本当にいいですよね!
原音再生という観点からするとイマイチかもしれませんが、空間や気配がよく出ますし、不自然な感じがしません。

ですが、高音をカットしたFM放送をスーパーステレオで聞いたら、これがまたいいんですよね〜!
スーパーステレオを使っていると、最近のCDはどうしてこんなに低音がぶかぶかなんだろうと思ってしまいます。
FM放送の音が、丁度いいバランスなんですよ、不思議なことに!

写真は、ベッコウハゴロモという虫なんですが、見ているうちに、和菓子の包装に使えるんじゃないかと思って、チョト遊んでみました。 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



2653.Re: 金沢動物園
名前:nao    日付:2007年9月27日(木) 0時28分
Original Size: 567 x 430, 48KB Original Size: 680 x 414, 65KB

話が逸れるようなんですが、スーパーステレオについてもう少し。
アニメがCGになって、放物線を描いてとぶ物体とか、遠近感といった要素がめっちゃリアルになったのは、質感表現よりも、モノの動き、振る舞いなどが正確に再現されていることが大きいと思うんです。
たとえ荒い造りのポリゴンであっても、振る舞いが正確であれば、人間はアッという間にバーチャルな世界に馴染んでしまうそうです。
スーパーステレオは、質感よりも、音がどう拡散し、空気を伝導し、どう反射するのかという、音の振る舞いを非常に正確に再現する装置だと思います。
私のセットでは、アンプはマランツの一番安いパワーだし、スピーカーも5pフルレンジです。
そんな音のポリゴンでも、振る舞いさえキチッと再現してくれれば、驚くべきリアルなバーチャル音場が広がるんですよ。

もう一つ、口に出すのもはばかられるような、書いたとたん掲示板に荒らしが踏み込んでくるような、○ディー○ーというスピーカーがありますが(笑)、これは絶対にオススメはしませんけれどとんでもなくリアルな音場が体験できました。理屈はよくわかりませんが・・・。

ツチイナゴ幼虫と成虫です、長文失礼いたしました。 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



2654.Re: 金沢動物園
名前:EXCLUSIVE    日付:2007年9月27日(木) 20時59分
Original Size: 816 x 544, 67KB

>○ディー○ーというスピーカーがありますが

例の波動スピーカーですね(^_-)

意外に音の本質は未解明の領域が存在しますね、例えばマイクではダイナミック型とコンデンサー型は発電方式が違い、一方は速度比例、もう一方は振幅比例ですが、録音現場ではそれぞれを使分けていますね。

裏技でカラオケで低音を効かせたい場合は、マイクを口に近づけると近接効果で低音が増強されるのは、ダイナミックマイクですね。

この効果を利用して、低音域になるとマイクを口元に寄せる歌手がいました。

生活の中のオーディオが良いですね、今日はまた余分な機材を購入しました。CSEのゼロクロス・スイッチですが、電源投入時にプリ系に入れたアイソレーション・バランスフォーマーのブレーカーがよく落ちてしまうので、やむを得ずの購入でした。

結果は良好で以前は電源投入時に照明が一瞬暗くなったのですが、それが全然ありません、それと機材の寿命が長くなるので・・・まー道楽に理由はいらないかな?

CSE 
http://www.cse.ne.jp/products.htm

稲刈りは今週で全て終わってしまった棚田:明野町にてレタッチ有り
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ p624e95.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (219.98.78.149)



2655.Re: 金沢動物園
名前:デジタル写真館長    日付:2007年9月27日(木) 23時21分
Original Size: 1024 x 680, 96KB Original Size: 1024 x 680, 72KB

EXCLUSIVEさん

>今日はまた余分な機材を購入しました。CSEのゼロクロス・スイッチ…

 AC電源の最初の交流電圧ピーク時にスイッチを入れたときの「突入電流」防止ですね。確かに、大容量電源を持つアンプ等をスイッチオンしたときに「ブン」という音と共に一瞬大電流が流れるのは気持ち悪いです。電源投入時は空っぽだった電源回路の大容量ケミコンに「ラッシュ電流」がどっと流れることで電源トランスが磁気飽和を起こしインピーダンスがダウンして更に大電流が流れる、という負のスパイラル現象だと思いますが。ゼロクロス・スイッチとは想像するに交流波形のピーク値の逆、横軸をクロスする電圧ゼロの時にタイミング良くスイッチを入れる回路ですか?
>結果は良好で以前は電源投入時に照明が一瞬暗くなったのですが、それが全然ありません。

 効果抜群ですね。最初のサイクルで磁気飽和を防ぐのでしょうね。
私の自作アンプもリレーを入れていませんのでスイッチ・オンで「ブン」です。まあ、かすかな音なので気にしませんが。少なくともスピーカーOFFスイッチを入れるべきか。シリーズに蛍光灯に使われるチョーク・トランスでも入れたら効果ありますか?その後、手動でチョーク・トランスをバイパスするとか。

naoさん

 スーパーステレオ、興味深いですね! しかも
>私のセットでは、アンプはマランツの一番安いパワーだし、スピーカーも5pフルレンジです。(おお!画期的!)

 最近の製品に通常の2CHシステムで3D音場を作るアンプがでています。http://pioneer.jp/press/release583-j.html

 命名が変ですが「波動スピーカー」も、その回路内蔵のスピーカーだと思いますよ。スーパーステレオは、リアからの出力で空間に干渉縞を作り、これを動かして音場を作るのだと思いますが、「波動スピーカー」はもっと原理が簡単だと思いますね。自作できそうですから、以下、原理を説明し、後日作ってみましょう。(というか、昔作ったことがあります。そのときは円筒ではなく、120度ぐらいの角度を持った三角バッフルでしたが。円筒というところが、デザイン的にうまいと思いました。)

 簡単に言うと、円筒の筒の両端にスピーカーを取り付け太鼓のようなものを作ります。配線ですが、ふたつのスピーカーの−側を結合し、その結合した処から8Ωぐらいの抵抗を通してアンプのRとLの共通アースに落とすいわゆる−端子をふたつ出します。これで出来上がり。こうすると、RとLの+側に入った左右の信号に一部に−Lと−Rの逆送信号が混じることになり、音を出すと磁石が作る磁界のような形の8の字型の音圧ベクトルが形成され、音場は無限大に拡大します。これを4つのスピーカーでやったのが長岡流スピーカーマトリックスですが、16Ωのスピーカーでやらないと合成インピーダンスが小さく成りすぎてアンプを壊すので、結局廃れました。ちなみに8Ωの共通抵抗の値をゼロにすると、RとLの普通のステレオに戻ります。ただし、太鼓の両側から横に出るので変な感じになりますし、音場もスピーカーの間隔が狭いので、非常に小さいです。で、逆に大きくしていくと逆送成分が増え始め、共通抵抗無限大で、R-LとL-Rが左右から出ることになり、これまた音場が無限大というか、さっぱり音像の定まらない不明の世界が現出することになります。ですから、R−αL、L-αR(α=1/√2≒0.7)のようにするのが理論的にいいわけです。
 昔、これを作って、音がとんでもない方角から聞こえるので、なかなかのものでした。ただし、バランス回路(BTL)の高級アンプ(サンスイのダイヤモンド結合AU-607XDecade等)を壊す羽目となりました。逆に大出力ではない安いアンプ(シングルドライブ)は壊れません。
 
 「波動スピーカー」はアンプの方でR−αL、L-αR信号を初めから作り(デコーダー内蔵)、スピーカーの駆動は通常の2CH結合です。それで、アンプ内蔵なのです。

 というわけで、「波動スピーカー」というのはデザイン料に金を払うようなものになりますね。
※たぶん、このシステムは容積が小さいので低音が不足します。アンプで低音をブーストしているはずです。大型にすると、それなりに低音も出てきて迫力も増しますが、誰も買わなくなるでしょう。ましてや、高音質を狙って2WAYとか3WAYにするとクロスオーバー付近の周波数で位相が思うように逆位相を保てませんのでフルレンジのみが成功することになり、自ずとフルレンジの小口径が良い結果をもたらします。大口径フルレンジはコーン紙の分割振動により位相がめちゃくちゃになるので、このシステムはなるべく小口径フルレンジでやる必要があるのです。
 オーディオ・マニアにも音質派と音場派がありますからね! あとはインテリアとしての雰囲気重視派かな。

http://www.geocities.jp/famitures/ 125-14-179-194.rev.home.ne.jp (125.14.179.194)



2656.Re: 金沢動物園
名前:EXCLUSIVE    日付:2007年9月27日(木) 23時59分
Original Size: 612 x 816, 100KB

三人でオーディオネタで盛上がりましょう(^o^)丿

館長さんゼロクロス・スイッチの機能はその通りです。最近のトランスは鉄心に継目が無いRコア型トランスが増えた為の弊害で、ラッシュカーレントが大きくなっていますね。私が購入したプリ系のアイソレーション・トランスフォーマーは

株式会社中村製作所 
http://www.ns-t.com/product/audio/nsit-160twmk2.html

製の旧タイプですが、中々サーキットプロテクターがON出来なかったですね、元々は24時間通電使用なんですが、そうもいかずに聞くたびに電源ONをしてました。

今年中古で入手したパワーアンプ用のアイソレーション・バランスフォーマーはこの回路が内蔵されているので、問題は無いんですよ!
ちなみにこのトランスは更に高性能なWBトランス使用ですから、ラッシュカーレント対策で必要な回路ですね。

作っているメーカーはこちらです。パテント?

WBトランスとは
http://www.hzi.co.jp/wbfeatures.html

PS:どちらのトランスにも唸り防止回路を自作で追加しました・・・メーカー修理不可?
http://www003.upp.so-net.ne.jp/m-vaio-hp/ pdd3996.tkyoac00.ap.so-net.ne.jp (218.221.57.150)



2657.Re: 金沢動物園
名前:nao    日付:2007年9月28日(金) 0時3分
Original Size: 680 x 510, 63KB

ゼロクロススイッチ・・・・。

いくらしたんですかぁーっ(笑)!

よくまあ、そんな製品があったモノです。
でも、よくよく読んでみたら必需品なんですね。

ハーモニクスのルームチューニングデバイス2箱でカミさんにこっぴどく叱られて以来、怪しげなモノから撤退した私ですが、
波動スピーカー(最近では、物質派スピーカーと言っているようです)には食指がピクピクーッと動いています。
館長さんの仰るのはエムズシステムの太鼓みたいなヤツですよね・・。
私のイメージするのは、ラリーマスターの方なんです。
音は空気の粗密で伝わるのではないということを、布団をかぶって寝ているのに聞こえる庭のコオロギから思いついた人がいたんでしたっけ。
それで、たわませて張力がかかった状態の素材に振動を与えて発声させたのが波動スピーカーだったと思うんです。
コーン紙の前後運動がないから、空気の粗密は生じない。
チョト前にあった、楽器スピーカーみたいなモノでは?
ラリーマスターの幻の製品は、外観だけ見たら、その原理で作っていそうな気がします。
エムズシステムのは、チョト違うような気が・・・。

文系人間の戯言、すみませんです・・。 KD121106203121.ppp-bb.dion.ne.jp (121.106.203.121)



7716.ブランド時計コピー品
名前:ブランド時計コピー品    日付:2017年8月25日(金) 0時43分
★弊社は「信用第一」をモットーにお客様にご満足頂けるよう★全物品運賃無料(日本全国)★不良品物情況、無償で交換します.★税関没収する商品は再度無料で発送しますブランド時計コピー品 http://www.kopi356.com/category-63-b0.html
http://www.kopi356.com/category-63-b0.html 203-202-254-157.aamranetworks.com (203.202.254.157)

7711.天下布武 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月31日(月) 19時13分
Original Size: 1400 x 935, 87KB Original Size: 935 x 1400, 165KB

岐阜城に、とうとう登った! 高い山の上(標高326m)にある戦国時代の幕開けを飾る城である。後の斎藤道三が油売りから身を起こし、策謀の限りを尽くしてどんどん武士の世界を上り詰め、稲葉山城主となる「国盗り物語」は非常に面白い。改めて紹介することもないだろうが、この城の価値を理解するためには、ざっと、概観しておく必要があるので、ウィキペディアをさらに私が要約して、以下紹介する。

 明応3年(1494年)に山城乙訓郡西岡で先祖代々北面武士を務めた家に生まれ、父は松波左近将監基宗といい、道三は幼名を峰丸という。11歳の春に京都妙覚寺で得度を受け、法蓮房の名で僧侶となった。
 その後還俗して松波庄五郎、油問屋の奈良屋又兵衛の娘を娶り油商人となり山崎屋を称した。この結果松波庄五郎改め山崎屋庄五郎と名乗る。油売りの行商の際、「油を注ぐときに漏斗を使わず、一文銭の穴に通す技」で評判となり、大いに繁盛という逸話が残っているくらい才覚に富んだ彼だったが、ある武家のアドバイスで武士になる決心をする。槍と武術の鍛錬に励んだ結果これも大変上達し、その武芸と才覚で次第に頭角を現し、土岐守護の次男である土岐頼芸の信頼を得て家臣に潜り込む、つまり、侍となったわけだ。この段階で庄五郎改め勘九郎と名乗る。そのパトロンの頼芸が家督を争った兄の政頼を、勘九郎の才覚で革手城に急襲して越前へ追いやり、頼芸の守護補任に大きく貢献した。頼芸の信任篤い勘九郎は、同じく頼芸の信任を得ていた長井長弘の除去を画策し、長井長弘を不行跡のかどで殺害し、長井新九郎規秀を名乗る。いやはや、凄いね。
 さて、いよいよ国盗りである。天文7年(1538年)に美濃守護代の斎藤利良が病死すると、その名跡を継いで斎藤新九郎利政と名乗った。天文8年(1539年)には居城稲葉山城の大改築を行なって、後の岐阜城の城主となるわけだ。岐阜城という名は後に信長が道三の孫龍興を滅ぼした後に、さらなる改築を施し、造り上げた時の新しい名前である。
 
 道三も信長も眺めた326mの山城からの眺めは、実際、そこに登って初めて理解できる世界である。天下布武という信長の天下取りのキャッチフレーズは、じつに、この眺めがもたらしたのだと確信する。じつに、素晴らしい眺めなのだ。東京スカイツリーの第1展望台が350mだから、ほぼ、その眺めに匹敵する。
 東名・名神から降りて国道22号線を北上すると、やがて正面の山頂に城が見えてきて、何度見ても驚く。何という高いところに城を作ったのか!難攻不落の山城を後の秀吉、木下藤吉郎が背後から登り、攻め落としたという逸話は、本当に凄いことなのだと実感する。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7712.Re: 天下布武
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月25日(火) 19時20分
Original Size: 1400 x 935, 313KB Original Size: 935 x 1400, 149KB

ケーブルカーを降りても、のぼり道がしばらく続き、蒸し暑いのでいささか往生する。頂上についても、涼しくない!

 城の中はエアコンがあったような気がするが、気がするだけで、本当はどうだったんだろう。天守閣の一番上は吹きさらしなので、風があると日陰は涼しい…かな。
 秀吉が登った険しい断崖絶壁は、樹木に隠れてよくわからなかった。

添付:右、斎藤道三の娘、信長の妻濃姫の肖像絵。当時としてはこのような女性の肖像画は大変珍しいといえます。お市の方もちゃちゃも美人の誉れが高かったにもかかわらず、残っていないんですから。これ、本物かな…。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7713.Re: 天下布武
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月25日(火) 19時11分
Original Size: 1400 x 935, 252KB Original Size: 1400 x 935, 168KB

山城なので、城の石垣もかなり荒々しい。この山は、糸魚川静岡構造線に近いので、堅い変成岩隆起の山であり、岩が地面に露出している。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7714.Re: 天下布武
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月25日(火) 19時15分
Original Size: 1400 x 935, 162KB Original Size: 1400 x 935, 265KB

長良川がこのように見えます。遠くは霞に溶け、北アルプスや木曽の御嶽山から鈴鹿山脈も見えます。気象状況が良ければ名古屋城も見えるでしょう。とにかく、天守閣に登ると天下取りの気分を味わえます。
http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7715.Re: 天下布武
名前:デジタル写真館長     日付:2017年8月2日(水) 11時5分
Original Size: 935 x 1400, 142KB Original Size: 935 x 1400, 140KB Original Size: 1400 x 935, 98KB

信長が実際に戦場でかぶったと言われる、西洋式兜と具足(もちろん、レプリカ)。ご存じのように、信長は合理精神に富み、偏見を持たず、当時としてはかなりの自由人であった。ザビエルが拝謁したとき献上した地球儀と黒人にえらく興味を持ち、肌が黒いのが本当かどうか、実際に触ってみたという話が残っている。地球儀を見たくらいだから、戦国武将の中で最もグローバルな視点を持っていたわけだ。西洋のお土産の中にはパイプもあった。信長が永く世を治めたなら、もしかすると、明治維新はなかった。その必要が無いくらいに、早くから西洋文明を取り入れて、生活は洋風化したことだろう。なんとも、複雑な気持ちになる。光秀のせいで、秀吉・徳川の世となり、徳川家康のしきたりや伝統を重んじる封建的な江戸幕府300年と鎖国が続くことになった。家康は保守的で臆病者だからね。一瞬革新的な未来がくるかと思いきや、信長が本能寺の変で突然命を奪われ、180度ひっくり返った完全に封建的で保守的な社会に逆戻りしたのだから。
 信長は楽市楽座のあとに、どういう風な施策を考えていたんだろう。世界や宇宙に目を向け、教育も大いに奨励して、科学的な才能を重視し、人材も育てただろう。海外との交易も盛んになり、たちまち、丁髷の代わりに帽子をかぶるようになったかも知れない。つまり、日本は400年前から洋装を着、社会も進み、全然違った歴史が有ったに違いない。だから、明治村と岐阜城という二つは、皮肉なことに極めて近くにありながら、タイムラインの分岐点とその象徴なのである。いろいろな切り口でタイムマシンがあったら、というストーリーが考えられている。もしかしたら、という空想と、現実の歴史の重みを思うとき、なぜか、アイスクリームの天麩羅のイメージが浮かんできた。想像を絶する断絶したタイムラインのつくるパラレルワールドである。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7705.アゲイン!明治村 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 21時27分
Original Size: 1400 x 931, 184KB Original Size: 1400 x 931, 218KB

愛知県犬山市に有るテーマ・パーク「明治村」に行きました。2年ぶりです。
 島田庄司氏の「占星術殺人事件」の中でこの場所のことが出てきますので、興味が湧き、甥の結婚式のついでに寄ってみましたが、とても勉強になり、面白かったのでまた行きました。
 ここは、大変広いので、前回は1丁目と2丁目の一部を見て日が暮れました。今回は、逆に後ろの5丁目から見て回りましたが、4丁目でまたしても日暮れ。もう一回行かなければなりません。何がそんなに面白いかというと、たとえば、今回勉強になったのは、明治時代の刑務所の内部と、精綿機械です。
 明治時代は、罪人の扱いにもまだまだ人間味がありました。受刑者にも人間的な印象があります。現代は、やむにやまれぬ人情から発した罪ばかりではありません。”誰でもいいから殺したい”などという正常な精神の営みからかけ離れた犯罪が多くなりました。昔は、貧しさゆえの、追い込まれた状況からの犯罪ばかりだったのではないでしょうか。家族に手紙を書く設備というものがあり、その中で、悔い改めた受刑者の姿(もちろん人形)が展示されていました。

添付写真:左が、綿花を繊維にするために、ゴミ等を人間の手ではなく機械で行う機械の一部分です。機械は現代の機械に比べて皆大きいです。いろいろな人の発明や工夫で機械化され、人々の着る衣服が作られたのでした。こういう発明や工夫の積み重ねで技術が進歩して、現代の布地が、ひいては衣装が作られ、私たちはなんの不思議に思わず、毎日着用しているのです。江戸時代の人々の着ていた服装の布地は不揃いの織り目の粗い繊維だったのですが、現代はどうでしょう、もの凄く洗練された布地で縫製された衣服が、これまたもの凄く安く手に入る時代です。
 ここで、思いました。どんなに頭が良く才能があっても、一人では文化的な生活を手に入れることは出来ないのだと。江戸時代にタイムスリップできたとしても、その時代の生活を甘受するしかないのです。暑い夏にも、団扇があるのみ。キンチョウの蚊取り線香はなく、蚊に刺され放題でした。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の第3作目のように、氷一つ作るにも、大げさな機械が必要になるのです。手にしているα37カメラを改めて見直しましたよ。なんという小型で洗練されたデザインの精密機械なのでしょう! 目の前の「機械を作る機械」の、立派ではあるが、なんと大きく大袈裟なものであることか! 両者を比べると、驚異を超えて、夢のようです。わずか100年で、この進歩! これから、ますます加速度的な技術の進歩だといわれます。
 右は、明治時代の仙台刑務所の建物。八角堂で洒落ています。こんなの、今だったら絶対作らないね。明治時代の人々が、ある意味、未来に勘違いをして、夢を見ていたとしか思われません。ここの展示物は、ことごとく、明治という時代のドリーム・ランドなのです。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7706.Re: アゲイン!明治村
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 21時1分
Original Size: 1400 x 931, 171KB Original Size: 931 x 1400, 101KB Original Size: 1400 x 931, 213KB

 徳川幕府が禁制していたキリスト教。開国後も建築に際し、大工が西洋建築を知らなかったので、建物自体はお寺で中身だけキリスト教会というめずらしい教会です。
開国後、長崎の町に建てられた最初の教会は大浦天主堂(1865年完成)ですが、それから15年後につくられたという大明寺聖パウロ教会堂なのです。

このほか、この明治村には聖ザビエル天主堂があります。京都市中京区河原町三條から移築された本物。(ここは、全て本物で、いわゆる「江戸村」とは違います。

添付:左が大明寺聖パウロ教会堂内部。右は聖ザビエル天主堂。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7707.Re: アゲイン!明治村
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 21時24分
Original Size: 931 x 1400, 270KB Original Size: 1400 x 931, 129KB

前回も掲載したと思いますが、何度見ても感心する「皇居二重橋の欄干を飾る照明灯」。我が家の玄関にも欲しいけれど、何様のつもりじゃ!と怒られますね。

右の写真は、手紙を書いている受刑者の様子。八角堂の真ん中には監視する刑務官が目を光らせています。明治時代ですから、刑務官や裁判官など、権威を示すためにひげを生やしていました。今では、このようなカイゼル髭は、ほとんど見かけませんね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7708.Re: アゲイン!明治村
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月25日(火) 18時39分
Original Size: 1400 x 931, 146KB Original Size: 931 x 1400, 237KB

お白砂でのお裁きから進歩して、日本で初めての裁判所の様子。

東京都中央区浜町に作られた江東区深川新大橋。隅田川に架けられた五大橋の内の一つ。五大橋とは、上流から順に吾妻橋、厩橋、両国橋、新大橋、永代橋。
関東大震災の時に、この鉄で出来た橋だけが残り、火災から逃げる人々を救った橋です。その一部分だけ移築。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7709.Re: アゲイン!明治村
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 21時41分
Original Size: 1400 x 931, 205KB Original Size: 1400 x 931, 204KB

タイムスリップしたような感じに襲われる一角。駄菓子屋がありました。むかし、子供の頃にも「駄菓子屋」という子供専売の店がありましたね。五円、十円握って行ったものです。五円で食べられる「なんじゃもんじゃ」みたいなお好み焼きとか、試験管の中に入っているゼリーとか、「ヌキ」とかいう型打ちされたピンク色の薄い小麦粉を練って作った(らしき)お菓子を、なめて「型」から外せると、おまけが貰えるもの。
駄菓子屋は気がついたときには消えていましたね。当時はスイカが五十円でした。ラーメンが三十五円。明治時代は、それの五十年前です。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7710.Re: アゲイン!明治村
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 21時57分
Original Size: 1400 x 931, 287KB Original Size: 931 x 1400, 147KB

今回は、α37を最高画質で使いました。今までは、掲示板に載せるだけの用途という意識で、Mサイズでしたが、初めて、といっていいL設定で望みました。もともと、解像度はレンズの性能で決定されてしまい、L,M,Sのどのサイズで撮っても繊細さは同じようなものだと思っていたからです。でも、久しぶりに1眼レフカメラを使ったのですが、OlympusのStylus1sに比べて画質がいいように思えます。
大きく、拡大すると歴然です。これから、このカメラをもっと使っていこうと思いました。α900とともに、宝の持ち腐れでしたから。使ってみたら、重いという難点より、はっきりくっきり撮れる利点の方が大きいような気がします。コンパクト・カメラは場合によりけりです。この後岐阜城にも行きましたが、その時はα37が電池切れのためにStylus1sを使いました。霞のある曇天という天候のせいか、いまいち写りが良くありません。α37だったらどうだったんだろ言うかという疑問が残りました。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7698.夏が来た! 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月15日(土) 16時51分
Original Size: 980 x 654, 105KB Original Size: 654 x 980, 115KB

我が家は、山岳地帯というわけではないが、朝夕は涼しい。しかし、日中は、暑い!特に、いまは蒸し暑い!

 パソコンの音が、最近うるさいなと思って、よく考えたら、ケースファンを止めていたのだった。現在のパソコンは、そういえば、下のスレにあるように、1月に組上げたものだった。
その時は厳寒の冬で、HDDを1台しか繋いでおらず、あとはSSDが二つなので、少しでも静かなパソコンにと思って、ケース・ファンを切ってしまった。オー、静かだねー。その時は室温も10℃前後、まったく、問題ない。でも、今は夏だ!パソコンも暑いぞ!
 おもむろに、側板を外し、CPUクーラーとかグラフィック・アクセレータとか、あちこち触ってみたら、HDDが一番熱かった。

 で、ケースファンを繋ごうと思ったら、なんと、いまの電源からはペリフェラル端子が出ていない!
だめじゃないの。PCデポに行けばアタッチメントぐらいはあるだろう。しかし、気がついたときは夕刻であった。猫の餌の時間が迫っている。往復1時間半は優に掛かる。今日のところは、我慢してもらおうと考えたが、よ〜く考えたら、要するにケース内が熱くならなければいいのだ。ということで、左右の側板を全部外し、スケルトンにしたら温度が下がったようで、音が静かになった。
 ファンが回っているのはCPUクーラと電源ファンで、これらは環境の温度で回転数を加減している。だから、周りが涼しくなると、回転数が下がり静かになる。1月の時点では大変静かだった。今は、そこそこファンが回っている。何度も言うように、夏だからね。でも、側板で密閉していたときのファンの騒ぎようはなかった。「ブィーン(アチィー!)ブヒーンビビビ(アヂーってば)」と叫んでいるかのようであった。外付けの2Tドライブを有効にしていたので、そのせいかと思ったが、無効にしても騒いでいる。結局、熱が籠もって温度が非常に上がっていたのだね。熱くて危険なので温度センサーがファンにめいっぱい回れと指示していたのであった。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7699.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月7日(金) 18時51分
Original Size: 654 x 980, 155KB

パソコンはキーボードの真下、膝で挟むように置いてある。ちょっと、熱を持ってくると冬はいいが、夏はやだね。理想的には、風がくる窓辺に置けば、もっといいのだろうが、まあ、現状でよしとしよう。窓辺に置いたら、配線やら何やらがやっかいなこと夥しいのでね。

 話は変わるが、皆さんは夏の涼はどういう手段でやり過ごしておられるだろうか。我が家は、最終兵器はエアコンだが、通常兵器は扇風機である。

 エアコンは使うにしても”除湿”のみ。”冷房”には決してしない。理由は昔、掲示板にも書いたが、除湿による湿度の低下が最も涼しいからである。40℃を越える砂漠でも日陰は涼しいと言われる。そんなところに行ったことはないけれど理屈はわかる。汗1g蒸発で540calの熱を奪ってくれるので体の比熱を水と同じとして体重60kgの体で計算すると、60000/540=111gの汗が乾燥すれば体温が1℃下がることになる。まあ、1度も下げる必要は無いから、汗1gでも、0.009℃下がり、涼しく感じるわけだ。

 この扇風機は業務用で、羽根の大きさが50cmもあり、回転数を下げないとうるさいし風も猛烈なので、家庭用にするには写真にあるように、スライダックで電圧を落として使う。50Vまで落とすと、普通の扇風機の'弱'のレベルになる。羽根が大きいので、回転数を下げても風量は多く、それが、40Vまで下げると、まさしく、そよ風となりまする。家庭用の扇風機だと、こうはいくまいね。業務用のでかい羽根だからこその美風である。夜中は40Vにして寝ています。それでも、外の気温がぐんぐん下がるので、結局眠る前に消します。
 ’スライダック'は何のために買ったか、さっぱり思い出せないくらい昔に、たしか東急ハンズで買ったのだが、いまになって大変重宝しております。一度、もっと、小型軽量にと、電子スライダックなるものをキットで買い、組み立ててはみたが、サインカーブを途中でカットして電圧を下げているので、ノイズがひどくて(扇風機自体の回転トルクがなめらかではなくなり)やめた。いろいろ、回路を考案しても、かえってその回路が熱を出すので本末転倒。結局、アナログな旧来のトランス式に戻ったものだ。夜中、ベッドから手を伸ばし、暗くても電圧が下げられるように、赤いテープで目印を付けています。0Vと100V の間のどの当たりか見当が付くようにです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7700.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月24日(月) 19時41分
Original Size: 1280 x 1024, 256KB

HDDの温度について注目した。故障は50℃を越えると危険になり、60℃でいつ壊れてもおかしくなくなり、65℃で即死だそうです。
 このモニターとして抜群の機能を持ったフリーソフト(CrystalDiskInfo7.05)を発見し、インストールしました。これは非常に優れものですが、現在地と最悪地という欄があり、いまいち意味が不明です。マニュアルがいっさい無いのでちょっと宝の持ち腐れですが、温度だけはリアルタイムに表示され、安心です。そして、インストールされたHDDとSSD全てが簡単に切り替わり表示されるので、比較ができ、寿命の心配がだいぶ無くなります。
 現在、メインで使っているHDDはWDC WD6400AAKS-22A7B0 640GBという中古のパソコンに付いていたものを外して換装したものですが、これが最近、変かなと疑い始めました。ときどき転送したフォルダが消えてしまう事故も、HDDのトラブルなのかも知れません。ということに気がついたのは、昨日、Delphiのプログラミングをしているときに、消したり転送したはずのない必要なDATAフォルダが消えていて、プログラムのラン・エラーが起こったのです。プログラムの中のデータを読み込んで起動する時に、肝心のデータが無いと、「ファイルの拡張子のデバイスが不明です。」と出てきて、エラーメッセージを出して止まってしまいます。これが、最初、全然意味がわからず、今まで正常だったプログラムが突然、異常事態を迎えております。有るべきものがなくなるのですから、しばらくは途方に暮れます。そこで、プログラムの入っているフォルダを冷静に点検すると、どこにも転送したはずのないDATAフォルダがないではありませんか!これでは、動くはずがありません。
 上のスレッドでケースファンを外して使ってると書いたことと合わせ考えると、このHDDの温度が高いのに思い至りました。上で述べた処置をして、スケルトンにした後でも、現在、外気温は30℃ですが、パソコンの起動時から徐々にHDDの温度は上昇していき、現在の時点で42℃です。他の2TのHDDは35℃、SSDは33℃を表示していますから、古いHDDはちょっとHDD的には微熱ですね。熱がある状態です。

 HDDの冷却には、HDDクーラーなるものがあるようで、これはファンをコバンザメのようにHDDの腹にくっつけるタイプのものですが、こういうのが必要なのかも知れません。 スケルトンにする前に、CPUと電源のファンがばんばん回っていた頃、いったいこのHDDは何度だったのか心配になります。だいぶ寿命が短くなったかも。大事なデータは新しい方の2T(WDC WD20EARX-00PASB0 2000.3GB)の方にデッド・ストックしておいた方が良さそうです。それとも、もっと最新のHDD3TBが7000円ぐらいで買えるので、メインのHDDを新しくするのも賢いかも知れません。ちょっと、様子を見ながら考えてみます。
 
添付:HDDの健康状態を表示してくれるフリーソフトの画面と、今開発中のゲームです。自作の「倉庫番」

 今気が付きましたが、この古いHDDの使用時間が2万2479時間と表示されています。で、このソフトのサイトには、一般的なHDDの寿命は10000時間だそうです。ありゃりゃりゃ、人間でいうと250歳だわ。いつ死んでも不思議ではない使用時間です。こりゃあ、買い替えるかな。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7701.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月13日(木) 11時54分
Original Size: 1280 x 854, 172KB Original Size: 1280 x 854, 108KB

結局、PCデポに行き、ケースの新しいのを買ってしまいました。
 初めは古いケースのファンに繋ぐペリフェラル変換コードを買って、何とかしようと思ったんですけれど、よく考えると、ファン1つで解決できる問題ではないのでした。それに、展示品のケースを眺めていたら、レイアウトや風通しを重視した筺体で、電源スイッチやリセットボタンがケース上部に付いているタイプがあるではないですか!しかも、安い、消費税込みで6000円弱。(電源は付属していません)
 やはり、新しいケースのレイアウトは進歩してますねえ。ファンはフロントと背面にあり、前から後ろへ、プッシュプルで空気の流通を図っており、HDDの取り付けも、横から差し込みでネジ止めは不要、そして、HDDなどへの電源とSATAコードもこちら側を向いていますから、とても取り外しが容易です。一番重量のある電源は底部にきて、配線の動線も合理的になりました。いままでのレイアウトは何だったろうかと思っちゃいます。箱を開けてから全ての部品の取り付けて、起動テストまで1時間は掛かりませんでした。昔、このATXの組み立ての速さを競う大会がありましたが、私も、自作組み立ては延べ20台位はこなしたので、参加できそうな気分になりました。それくらい、スムーズに作業できるケースでした。
 現在、部屋の温度が32℃の環境で新しいケース内のそれぞれのHDDとSSDの温度は古HDDが37℃、新HDDが34℃、SSDが35℃ですので、夏としてはまずまず良好な状態でしょう。
 3TのHDDもネットで買いましたので、後日到着すれば、とりあえずパソコン関連のトラブルからは解放されます。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7702.Re: 夏が来た!
名前:EXCLUSIVE    日付:2017年7月15日(土) 10時44分
Original Size: 1280 x 960, 127KB

直接の関連がないですが!

SSDは結構持つみたいです?HP製PCのMBが半年で壊れ、メーカー修理せず、
台湾メーカーのMBに替えた際にCドライブをSSD化しました、

有名な東芝製で約2年経ちましたが、5年位は大丈夫かも?

お話し変わって16年乗った車を買い替え約14万キロ走行、ゴム類の劣化
とたまのエンスト、AT車では致命的現象!

10年乗るつもりで新車にしましたが、最近の安全装備は凄いですね!
歳を取っても安心かも?

スズキのスイフトがおじさん車かは疑問ですが、コンパクトカーで充分ですね
p784a423d.tkyea125.ap.so-net.ne.jp (120.74.66.61)



7703.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月16日(日) 10時9分
EXCLUSIVEさん、こんにちは!

 新車の購入、おめでとうございます! スズキは良心的なメーカーですよね。うちの50ccもスズキですが、それより、隣に住んでいた方が、昔、スズキに働いていたこともあり、スズキの軽に乗っていました。値段が普通車並で驚いたのですが、堅実なつくりで、いい車でした。最近の新車はいろいろと先進技術満載なんでしょうね。年取ったら安全第一ですよ。いや、若くてもそうです。この間は、後ろの車が信号停止のたびに携帯を見ているのにきがつき、とまるたびにバックミラーを確認しましたが、いろいろ、おっかない時代です。

 パソコンですが、上の記事を書いた直後、またもやマザー・ボードが壊れて動しなくなり、今年の1月と同じ症状で、ここ数日は、ああでもない、こうでもないと、大変でした。今回は買替えたのはマザーボードだけで済みました。今、ドライバのインストール中です。
 それと、新しい3T(TOSHIBA製)のHDDにはWindows7 Professionalを入れました。SSDに入れていたんですが、XPモードの設定フォルダを別のHDDに入れざるを得ず、そうなると、HDDなどを増減したりパーティションを変更するとドライブ・レターが変わり、起動しなくなるので、同じドライブの中にフォルダを作るように配慮しました。SSDだと120GBなので余裕がなくなるためです。
 このWindows7はもう発売から8年ぐらいたつので、アップデートのファイルを183個も送ってきて、これをインストールするのに半日かかりました。是非もなし。古いアプリをインストールするのに使うOSです。

 あっ、写真の添付欄が消えている。早2年、また、更新の時がきました。来週、やりますね。EXCLUSIVEさんは、ぎりぎり間に合いました。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7704.Re: 夏が来た!
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月16日(日) 10時55分
Original Size: 654 x 980, 173KB Original Size: 980 x 654, 124KB

写真添付欄が消えていたのは、私の勘違い。写真を添付しない場合の編集画面にはその欄が現れない、この掲示板の仕様なのでした。

 マザーボードの不具合の件ですが、そういえば、最近、夜中に電源スイッチのLED(青)が、いつの間にか触ってもいないのに点滅していることがたびたびありました。そのたびに4秒長押しで消していたのですが、この症状はマザーボードがおかしくなる兆候だったのかも。
 マザーボードはたくさんの部品で構成され、そのうちの一つでも不具合になると全体の機能がダウンします。PCデポの人の経験ではCPUはほとんど壊れないのだそうです。壊れるのはいつもマザーボード。確かに、圧倒的に部品数が多いですからね。部品の内に、ダメになる代表格がコンデンサーでしょう。それと、ダイオードです。初期の点検時にはパスしても、翌日にはノー・グッドという可能性はあります。CPUは超精密LSIですから逆に不具合は起こらないのだと思います。
 この伝でいけば、次に不具合の起こる部品で影響の大きいものは電源と言うことになります。電源電圧に不具合が生じた場合、数珠つなぎに壊れるものは多数有るでしょう。電圧がゼロになる場合はまだしも、電圧安定回路のショットキー・ダイオードや定電流ダイオードが壊れても、大変なことになります。CPUなどはたぶん供給電圧のプロテクタが掛かるので大丈夫かも知れません。いずれにせよ、あまり高温になるような使い方はしない方がいいのでしょう。ファンは切ってはいけませんでした。 反省。

添付:正体不明の幼木が、庭の通り道の脇に生えていたので、邪魔になると思い、3年前、鉢に移し植え育てていたのですが、ついに、正体があきらかに。これは、エノキだったのです。密かにその気配は察していたものの、’このきなんの木'掲示板の通人いわく、’エノキ'以外には見えないとのこと。均整の取れた樹形が綺麗で大きくなるのが楽しかったのですが、エノキって、1里塚のあの巨木です。1里塚として思い浮かぶのは、国道1号、四日市から伊勢街道と鈴鹿峠、亀山、京都に続く分岐点に生えている巨木です。あんなのが庭に生えてしまったら、どうしましょう。クスノキだって生えてはいけない樹木ですが、我が家では鳥のプレゼントで、このような思いがけない木の幼木が生えるのです。ここまで大きくしてしまったのですが、さて、この後、どうしましょう。
  

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)


7690.バイオリン型モズライト・ギター 返信  引用 
名前:デジタル写真館長     日付:2017年6月25日(日) 10時7分
Original Size: 640 x 428, 56KB

新しいデザインのギターを作りました。ボディ以外はモズライトの部品を使っているので、バイオリン型モズライト・ギターと命名します。略してバイオリンモズライト。


 モズライトというギターは、マニアの間ではエレキギターのロールスロイスとも尊称され、独特の粘りとサウンドでマニアの間では往年のベンチャーズ・ファンのシンボルとなっています。

趣味の世界はいろいろな切り口があり、同好の士といえども異夢同床、決して同じものを見ているとは限りません。こと、ベンチャーズ好きといっても、初期と後期ではメンバーも違い、パフォーマンスもまるっきり違います。
同じようなことは全ての趣味の世界でもあることでしょう。その中で、特にこだわりも持っている人々を信者と言いますな。信者とは時として宗教戦争を始めるので要注意。
 
 ベンチャーズ・ファンも宗派があるので、うっかり口もきけないのですよ。この宗派は、簡単に見分けられます。弾いている楽器で判断できるのです。モズライト好きという場合は、例外無しに初期のベンチャーズが好きという意味になり、ドルトンとかリバティとかのレコード会社が出した往年のヒット曲が主体となりますが、次の大きな分岐点はスタジオ録音派とライブ音源派が明確に分かれるところです。ライブ音源はというのは65年頃に来日した際の演奏音源を特に好む人種がいることを知っておくべきです。いわゆるオール・アバウトとアゲインというライブ録音盤を好む人たちで、レコード録音盤の音をまねるより楽な面があるのでこちらをマニアは良く演奏します。
 スタジオ録音盤は逆に新聞の活字みたいで、そっくりに演奏するのは相当難しいのです。ライブ音源は、特徴だけまねることが出来るので、アマチュアには人気があります。まあ、言うなれば自己流の通用する世界ですね。書道の世界と同じでしょう、楷書や明朝体の字をしっかり書くのは相当な腕前を必要としますよ。ライブ音源のまねは素人向きです。


 さて、閑話休題、自作のギターですが、私の狙いは、ボディを変更することで、音がどう変わるかという研究テーマです。コンタクト型のスピーカーがあれば、このボディの共鳴スペクトルを分析することで、どこを換えるとどうなるかという知見が得られるのですが、適当な圧着式スピーカーがないのですよ。昔はアイデア商品としてあったのですが、現在市販されていますかね。テーブルに載せると全体が共鳴して大きな音で音楽を再生できるという製品でした。一度、誰かが研究室に持ってきたのですが、以来見ていません。
これがあると、ギターに取り付け、ギターからはマイク経由で共鳴スペクトルが簡単にパソコン上に表示されます。スピーカーの性能評価のアプリがあるのでね。う〜ん、これも自作しかないかな。10cm程のスピーカーのボイスコイルをなんとかして板に密着する方法があればいいのかな。

http://www.geocities.jp/famitures/
210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7691.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年6月25日(日) 10時35分
Original Size: 640 x 427, 74KB

ところで、今回、なぜバイオリンの形になったのか、実は深いわけがあったのです。
昔、確かに私は、高校生の頃にエレキギターが欲しくて3台ほど自作しました。最初はネックからボディまで全部手作りで、そこらにあった木材で、ネックの音程を作るフレットなど、自作の定比コンパスで位置決めし、頭を取った釘を曲げて横倒しで貼り付け、弦のテンションで反らないようにネック自体は大いに太め(友達に大いに笑われました。)のギターでした。2台目は安いクラシックギターのネックだけ使い、ボディはラワンの板(厚さは薄くて15mmぐらいだったかな)、そして、3台目がベニアを火で炙って曲げたりして作ったバイオリン型のギターでした。

 この写真の上のものです。50年前の作品ですよ。引っ越しの際にも捨てきらずに屋根裏などに保管して保存していたのですが、どこにあるのか自分でもすっかり忘れていたのですが、探したら倉庫にありました。これを引っ張り出してきてびっくり、50年前のデザイン感覚がいまだに変わらずだったことです。ボリュームとピン・ジャックを取り付けた板がほぼ同じ形状だったとは!
 残念ながら、アンプにつないでも音は出ませんでした。後でゆっくり点検し、なるべく、もう一回、現在の演奏技術で鳴らしてあげようと決心しました。それにしても、人間のセンスとか感覚とかは一生の間変わらないのですね。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7696.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月2日(日) 14時41分
Original Size: 428 x 640, 69KB Original Size: 428 x 640, 74KB

ところで、アマチュアがギターを弾く意味はどこにあるのか、敢えて疑問を挺してみますが、「そりゃあ趣味だから」と軽く答えられて簡単にお仕舞いなんですが、プロの演奏を聴いていればいいんじゃないの、という意見もそれなりに正当です。
そもそも、音楽の楽しみの本質は“心地いい音は心と体の両方に良い”というところがあり、それだけなら、鑑賞の方が苦労なしです。自分で演奏する価値は、山に実際に登ることとほとんど同じですね。登山は自分でやってはじめて価値があるものでしょう。人が登った山の記録を鑑賞するというのも、もしかするとアリなのですが、実体験は生きることそのものです。演奏も同じですね。
それは、遙かにアマチュアの演奏はプロに比べて劣ります。録音すると、さらにはっきりします。でも、はじめは弾けそうになかった曲が、苦労の末、弾けるようになる喜びは、代えがたいものがあります。

 というわけで、このバイオリン・ギターを使ったつたない私の演奏を聴いてみて下さい。アイガー北壁を登る登山家の気持ちと、同じであることが判りますよ。プロの登山家が、山を上手く登る、ということは、それは大いに有るでしょうが、”登った“ということ自体が価値があるのです。
 次のリンクにサンプル演奏があります。
  
 バイオリン・ギター

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



7697.Re: バイオリン型モズライト・ギター
名前:デジタル写真館長     日付:2017年7月5日(水) 15時13分
Original Size: 427 x 640, 49KB

50年前の自作ギターを診察しましたら、マイクの信号線コードが腐って折れていました。半田付けで何とかしようとしましたら、配線引き出し部がミイラよろしくぼろぼろと崩れて、処置無しです。諦めました。

 マイクだけ新しいのを買ってつけてやろうかと思いましたが、それでは復活の意味がありません。マイク買うくらいなら、新しくボディも作り直した方が前向きというものでしょう。結局、これは、大英博物館?のニュートンの初めての反射望遠鏡みたいに、使えないけれど国宝みたいな扱いで、このまま永久保存となりました。
 昔の高校生時代の写真と同様、過去の遺物ですね。

添付は制作途中のバイオリンギターのボディで、ホームセンターに普通に売っているホワイトウッドという針葉樹の建築材です。これは、本物のギターのボディ材のバスウッドより堅い材で、加工はしやすく、木目も綺麗なので自作ギターにはうってつけだと思いました。ボディ材をその筋から買うと5000円ぐらいですが、ホームセンターで買うと、厚さ4cm、幅、24cm、長さ3.5mが2600円ぐらいです。断然、こちらの方が安いです。音自体、弾いてみましたが、まったく問題が無く、楽器として十分な強度が出ます。もともと、ピアノの響盤としても使われる木材なので、響きも良いのでしょう。
これからは、これでいこう。大きな樹らしく、節も所々にしかないので、それを避けて板取りすれば良いです。仮に、節のような堅い部分が一部あって、均一な硬度でなくても、実は問題が無いと考えております。本物のギター自体、いろいろなものがネジ止めされていますからね。むしろ、味が出て、いいかもしれません。エレキ・ギターなんてアコースティックな楽器ではないのでテキトーです。

http://www.geocities.jp/famitures/ 210-194-48-182.rev.home.ne.jp (210.194.48.182)



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb