[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
史華堂掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1677.【要申込】連続講座 転換期を生きた梟雄たち 返信  引用 
名前:福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館    日付:2020/9/16(水) 11:48
特別公開展「本能寺の変と将棋」関連イベントとして、連続講座「転換期を生きた梟雄たち」を下記のとおり開催します。

連続講座「転換期を生きた梟雄たち」
 【内容】
  ・基調講演「織田信長と松永久秀」
    日時:11月28日(土)14:00〜15:30
    講師:天野 忠幸氏(天理大学准教授)

  ・歴史講座「医療人・明智光秀
            〜生蘇散(せいそさん)の発見〜」
    日時:11月15日(日)14:00〜15:30
    講師:石川 美咲(当館学芸員)

  ・歴史講座「本能寺の変後の柴田勝家」
    日時:12月12日(土)14:00〜15:30
    講師:大河内 勇介氏(福井県立歴史博物館学芸員)
   
 【場所】
  いずれも福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館講堂

 【定員】
  各回40名(事前申込が必要。抽選)

 【その他】
  聴講無料  
  ご来館の際は、マスク着用およびアルコールによる手指消毒な
  ど、新型コロナウイルス感染防止にご協力下さい。
  新型コロナウイルス感染状況によっては、開催時期が変更にな
  ることがあります。

 【申込方法・締切】
  往復はがきにて、以下(1)〜(6)の事項をご記入の上、
  下記郵送先までご郵送ください。
   (1)参加を希望する講座の日程・演題
   (2)住所
   (3)氏名
   (4)人数(3名まで)
   (5)電話番号
   (6)メールアドレス
   ※往復はがき以外での申し込みは受け付けません
   ※往復はがき1枚にて1講座のみの受付となります
    (すべての講座に申し込む場合は、
     3通に分けてお申し込みください)

  締切:3講座いずれも11月2日(月)申込〆切
     (当日消印有効)です。

【問い合わせ先・郵送先】
  福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
  電 話:0776-41-2301
  メール:asakura@pref.fukui.lg.jp

 <当館フェイスブックでも情報更新中>
 https://www.facebook.com/IchijodaniMuseum

http://asakura-museum.pref.fukui.lg.jp/030_event/detail.php?id=353

1676.西尾城の講演会と二之丸丑寅櫓見学会 返信  引用 
名前:ココア    日付:2020/9/6(日) 0:40
日時 2020年10月3日(土)午後3時〜
場所 中央ふれあいセンター(西尾市錦城町162-14)
内容 「西尾城の基礎知識―知らないと〇〇ちゃんに叱られる」浅岡優氏(西尾市教育委員会文化財課)
講演会の後に二之丸丑寅櫓の初めての見学会を行います。
参加費 無料
定員 40名(往復はがきでの申込)
申込
往復はがきで住所・氏名・電話番号を記入の上9月16日(消印有効)まで、〒445-0847愛知県西尾市亀沢町480 西尾市文化財課西尾城講演係
1通のはがきで1名まで、応募者多数の場合は抽選(西尾市在住者優先)となります。
新型コロナウイルスの影響により中止する可能性があります。
問合せ
西尾市文化財課 0563-56-6660

1675.織豊期研究会9月例会(名古屋・オンライン) 返信  引用 
名前:かわと    日付:2020/9/5(土) 22:52
日時:9月15日(火)18時より開始*
報告者:前田徹氏
題目:「播磨・但馬の天正八年羽柴検地帳」
(Zoomを用いた遠隔方式によるご報告の予定)

会場:ウインクあいち(愛知県県産業労働センター)904会議室
(会場では、スクリーンで報告者を投射。会場に来場を希望される方は参加可能。ご自宅でZoomを通じて視聴を希望される方は9月14日(月)までにメールをお送り下さい。

(※かわと注)
送信先メールアドレスは、研究会HP http://www.shokuhou.edu.mie-u.ac.jp/を参照。

1674.歴史学研究会日本中世史部会10月例会(オンライン) 返信  引用 
名前:かわと    日付:2020/9/5(土) 22:48
日時:2020年10月3日(土)15時00分〜
会場:zoom
報告者:橋傑氏
題目:「中世における検注の展開―関連史料の残存状況から―」

◼︎参考文献
富澤清人『中世荘園と検注』(吉川弘文館、1996年)
榎原雅治「荘官家の帳簿からみる荘園の実相」(春田直紀編『中世地下文書の世界』勉誠出版、2017年)
薗部寿樹『日本中世村落文書の研究』(小さ子社、2018年)

なお、新型コロナウイルスの感染拡大状況をふまえて、卒業論文報告会や第3回大会準備報告会と同様に、今回もzoomを使用してのリモート開催となります。
したがいまして、ご参加を希望される方は、お手数ではございますが、下記Googleフォームより参加登録を済ませていただきますようにお願い申し上げます。
回答の期限は、【9月26日(土)まで】とさせていただきます。
https://forms.gle/SRpRVboko1tCWsxp9

1673.ゴーランドの横穴式石室研究とその後 返信  引用 
名前:ハニワ    日付:2020/8/29(土) 23:17
講演会
日時 2020年10月11日(日)午後2時〜
場所 幡豆いきいきセンター(西尾市西幡豆町仲田)
内容 「ゴーランドの横穴式石室研究とその後」土生田純之氏(専修大学教授)
参加費 無料
定員 60名(要申込・先着順)
申込
往復はがきで住所・氏名・電話番号を記入の上9月18日(消印有効)まで、〒445-0847愛知県西尾市亀沢町480 西尾市文化財課講座係
問合せ
西尾市文化財課 0563-56-2459

1671.里見氏研究会第7回例会・臨時総会(千葉) 返信  引用 
名前:かわと    日付:2020/8/23(日) 18:47
第7回里見氏研究会および臨時総会を下記のような内容で実施したいと思います。里見氏を中心とした房総(関東)戦国史に興味がある方は、是非ご参加くださるようお願いいたします。

日時:2020年8月29日(土)14時00分〜17時00分
場所:千葉市蘇我コミュニテーセンター3Fホール
 (JR蘇我駅 改札を出て右 線路沿いの道千葉駅方面徒歩5分)
  千葉市中央区今井1-14-43
臨時総会 規約改正および役員人事について
研究発表者および内容
研究発表:
岡田晃司氏(館山市立博物館)「里見氏旧領における百姓系図の検討―帰農と由緒の側面から―」

・資料代・会場費等として300円徴収させていただきます。
 (高校生以下、無料。釣銭がないようにしていただければ幸いです。)
・研究発表・報告以外に情報交換も行います。
・研究会終了後の全体での懇親会、今回は見合わせます。



1672.Re: 里見氏研究会第7回例会・臨時総会(千葉)>注意事項
名前:かわと    日付:2020/8/23(日) 18:48
お願い
 新型コロナウイルス感染拡大が懸念されるなかでの開催のため、参加される方は以下の点についてご協力をお願いします。

1、当日、マスク着用厳守でお願いします(アルコール消毒液は用意します)。
2、当日、体調等の不安のある方は参加を見合わせて下さい。
3、当日、念のため入場の際検温をさせていただきます。そこで発熱の兆候がある方は参加をご遠慮いただく場合があります。その点ご了承ください。
4、ソーシャルデイスタンス確保のため、会場はいつもの3階講義室ではなく、同階のホールとします。

1670.山城講座「戦国大名、山の上に城を築く 守護館から戦国山城へ」を開催します! 返信  引用 
名前:よしかげ    日付:2020/8/14(金) 16:32
このたび、一乗谷朝倉氏遺跡活用推進協議会では、下記のとおり山城講座「戦国大名、山の上に城を築く 守護館から戦国山城へ」を開催します!


                     記

1 日 時 令和2年8月30日(日)14:00〜15:30

2 場 所 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館 講堂
     (福井市安波賀町4-10)

3 概 要 山城講座「戦国大名、山の上に城を築く 守護館から戦国山城へ」
      ・一乗谷城は、戦国時代を代表する拠点山城の一つです。一乗谷城に
      ついて、なぜ築かれたのか、どのような役割があったのか。講師をお
      招きし、その「秘密」に迫ります。

4 講 師 近畿大学文芸学部講師
      新谷 和之(しんや かずゆき)氏
※略歴については、別添参照

5 定 員 40名(事前申込)

6 申込先 一乗谷朝倉氏遺跡活用推進協議会
     (福井県交流文化部文化課内)
      TEL 0776-20-0580
      FAX 0776-20-0661
      メール bunka@pref.fukui.lg.jp

7 その他 聴講無料
      手指消毒、マスク着用など新型コロナウイルス感染防止対策にご協力を
      お願いします。 
http://www2.pref.fukui.lg.jp/press/view.php?cod=544cbN1596685418bc

1668.西尾城二之丸丑寅櫓完成記念講演会 返信  引用 
名前:いえやす    日付:2020/7/30(木) 0:22
西尾城二之丸丑寅櫓完成記念講演会

日時 9月5日(土) 午後1時開演
場所 西尾市文化会館小ホール(西尾市山下町泡原30)
第1部 講演会
「建築学からみた西尾城」三浦正幸氏(広島大学名誉教授)
「縄張りからみた西尾城」中井 均氏(滋賀県立大学教授)
第2部 お城鼎談
三浦正幸氏、中井均氏、クリス・グレン氏(ラジオDJ/城郭愛好家)
定員 100人(申込多数時は抽選)
入場無料。資料代500円
申込 8月18日(必着)までに、往復はがき(往信面…氏名、電話番号 返信面…郵便番号、住所、氏名)で西尾市文化財課「西尾城講演」係(〒445・0847西尾市亀沢町480)へ。
西尾市教育委員会文化財課(0563 56・6660/岩瀬文庫内)



1669.Re: 西尾城二之丸丑寅櫓完成記念講演会
名前:いえやす    日付:2020/7/30(木) 0:24
ハガキは一人につき一枚です

1667.歴史学研究会日本中世史部会卒業論文発表会(オンライン) 返信  引用 
名前:かわと    日付:2020/7/13(月) 4:47
日時:2020年8月1日(土)10:30-18:00
会場:zoom
内容:
第1報告(10:30-12:00)
「中世東寺院家の性質と経済基盤」 貝塚啓希氏(東京大学大学院修士課程1年)
第2報告(13:00-14:30)
「戦国期の今川領国における境目領主の実態」 藤原大志氏(早稲田大学大学院修士課程1年)
第3報告(14:45-16:15)
「東国惣無事における取次担当者の関係」 江田万結子氏(学習院大学大学院博士前期課程1年)
第4報告(16:30-18:00)
「豊臣政権における「四奉行」論の再検討」 木村俊哉氏(國學院大學大学院博士課程前期1年)

新M1の方や、これから卒論を書く学部生の方をはじめ、多くの方々にご参加いただき、活発な議論が交わされることを運営委員一同願っております。
終了後、懇親会の開催を予定いたしておりますので、そちらもぜひご参加ください(18:30〜)。

本年度は、例年とは異なり、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点よりzoomを使用してのリモート開催となります。そのため、参加者の皆様には事前に参加申込をしていただき、個別に招待状をお送りするかたちとなりますことをご了承ください。
*事前登録のない方は、原則としてご参加にはなれませんので、この点にくれぐれもご注意ください。*
参加登録は、下記URLリンク先のフォームよりお申し込みいただけますので、お名前とメールアドレス、ご所属等をお答えください。(ご回答後、確認のメールが届きます)

(※かわと注:URLを公開してよいか判断ができないため、ここには掲示しません。詳細は部会運営委員会にお尋ねください。)

1666.中世阿波海部氏と室町幕府(著名研究者による削除・改変・歪曲) 返信  引用 
名前:阿波かいふ    日付:2020/6/26(金) 20:6
徳島県海部郡海陽町の出身者です。

阿波の中世は室町幕府の細川氏と関係が深く、
その細川氏との関係で、郷里の海部氏が史料に登場してきます。

その名前が登場する史料、国宝『東寺百合文書』の写真版を、
私の個人サイトにUPしました。

読み下しと、国宝の写真版がリンクしているページ
http://hiyori.yamanoha.com/dainipponnsiryou.gennbunn.nukigaki.html

それから、<中世海部氏と中央政権との関係>を書いた、
平成7年版(1995)『海南町史』の、該当18ページを、
写真版にしてUPしました。

中世海部氏と中央政権
http://hiyori.yamanoha.com/a200626kainantyosi.html
  (当時、海南町は海部町の隣町、現在3町が合併して海陽町)

阿波海部氏が南北朝の「観応の擾乱」に登場します。


「中世海部氏関係の文献についての年表」ページ  
http://hiyori.yamanoha.com/kaifusi.bunnkennnennpyou.html
にありますように、

中世海部氏に関しては、著名研究者による削除・改変・歪曲が激しく、
その点について、中世史研究者の皆様方に、
強くご留意いただきたいと思っています。

目を通していただければ大変ありがたいです。

現在活動中のサイト「地球と社会の研究所」
   http://tikyuudaigaku.web.fc2.com/

1665.第136回 実隆公記を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2020/4/23(木) 16:16
再中止・延期されていた第136回『実隆公記』を読む会ですが、データ交流により継続いたします。下記の要領となりますので、新規でご参加ご希望の方はご連絡ください。

データ内容
(1)『実隆公記』本文テキスト(文明18年正月26日条〜)
(2)当該部分の注釈(人名・事項)
(3)当該部分の訓読文および現代語訳

 以上のデータをお送りしますので、ご質問ご意見をお寄せください。
 とりまとめて、再送信いたします。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年〜12年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

https://www.shujitsu.ac.jp/news/detail/1424

1664.『新編西尾市史 資料編2 古代・中世』予約受付中 返信  引用 
名前:伴五郎    日付:2020/4/16(木) 22:38
『新編西尾市史 資料編2 古代・中世』予約受付中。
令和2年5月30日発売予定。
4,000円。
予約特典は岩瀬文庫特別展「西尾の古代・中世」の図録。

西尾市に関する古文書1500点を収録。
古代では「和名類聚抄」や木簡などから西尾市(旧幡豆郡)の史料を初めて網羅。
中世では吉良氏や松平氏関係の古文書を収録。特に吉良氏は在京の資料など吉良氏に関する殆どの史料を初めて収録。

古代部会長 田島公(東京大学史料編纂所教授)
中世部会長 山田邦明(愛知大学教授)

問合せ
愛知県西尾市亀沢町480(岩瀬文庫内) 
西尾市教育委員会文化財課市史編さん室
0563-56-8711


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb