[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
クラシック音楽掲示板

クラシック音楽に関するあらゆる話題を扱います。 新潟、日本、外国を問いません。

クラシック音楽以外の話題はお断りします。

不適切と思われる書き込みは予告なく削除することがあります。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



5256.メータ+イスラエル・フィル、公演中止  
名前:drei Buchten    日付:2018/4/13(金) 10:49
この5月27日にりゅーとぴあでの公演が予定されていたズービン・メータ+イスラエル・フィルのコンサートは、メータの体調不良により公演中止となったそうです。
りゅーとぴあのサイトにも公演中止は(あまり目立たないけど)告知されていますが、招聘元の告知が以下から読めます。日本公演はすべて中止とのことです。

http://www.kajimotomusic.com/jp/news/k=2940/

5255.>ぶりちょふさん  
名前:drei Buchten    日付:2018/3/22(木) 19:23
>下の子供が大学生になったため、これまで会社から支給されていた帰省旅費や単身赴任手当がなくなりました。

なるほど。
会社にもよるのでしょうが、子供は大学生になったら独立するから夫婦は一緒に住め、ということなんですかね。そうは言われても、子供が大学に行くくらいになると持ち家を持っているケースが多いでしょうし、そう簡単にはいきませんよね。

>居住地八戸から週末前夜にヌェリーに乗り翌朝苫小牧へ。新千歳空港に移動してLCCで中部国際空港へという作戦。時期にもよるのでしょうが往復2万円前後で帰省できてしまいます。
>中部ではなく(あれ?)関空へ飛んでフェスティバルホールで大フィル定期を聴き、夕刻近鉄アーバンライナーで名古屋入り。翌日は夕方のLCCで新千歳へ、

なるほど。LCCが運行されているところをうまく利用すれば格安で、ついでにコンサートも楽しめるというわけですね。

>新潟からのLCC就航もあってdreiさんと大阪で待ち合わせということが現実味を帯びてきたように思います。

うーむ、私も年金暮らしが始まるので、やってみないと分からないところはありますが、今までのような暮らしができるかどうか、ちょっと怪しい気がします。今までは基本的に年4回上京していましたが、これを維持できるかどうか。これまでも初夏や初秋には新幹線の代わりに高速バスを使うなどして節約に努めて年4回ですからね。

5254.名古屋への帰省  
名前:ぶりちょふ    日付:2018/3/19(月) 19:11
この春から下の子供が大学生になったため、これまで会社から支給されていた帰省旅費や単身赴任手当がなくなりました。そこで何か今までとは別の方法で安く帰省できないかと色々調べてみると、捨てる神あらば拾う神あり。居住地八戸から週末前夜にヌェリーに乗り翌朝苫小牧へ。新千歳空港に移動してLCCで中部国際空港へという作戦。時期にもよるのでしょうが往復2万円前後で帰省できてしまいます。今まで青森までの新幹線とFDAで3〜4万はかかっていたので6割程度の費用です。フェリーの移動が大変かもしれませんが、寝ているだけですからこれほど楽な移動手段はありません。

今回実験ということで4/7−8で使ってみることにしました。4/6の晩に我が家を出発、7日に中部ではなく(あれ?)関空へ飛んでフェスティバルホールで大フィル定期を聴き、夕刻近鉄アーバンライナーで名古屋入り。翌日は夕方のLCCで新千歳へ、苫小牧から八戸に着くのが4/9月曜朝4時半という行程です。

現在、3/25盛岡でのウィーン・マスタープレイヤーズ、4/28札響定期、4/29キュッヒル仙台フィルの3公演が購入済み。大フィルは尾高さんによるブルックナー8番で、しばらくヤフオクの出物をウォッチしたいと思っています。新潟からのLCC就航もあってdreiさんと大阪で待ち合わせということが現実味を帯びてきたように思います。

5253.概ねそのとおりですw  
名前:ぶりちょふ    日付:2018/3/14(水) 0:32
マイレージの期限切れ前に消化するためということが大きかったのですね。そのマイルを名古屋帰省に活用できないのが困ったところでして。東京や名古屋発で沖縄に2回行くこともできたのですけれど、LCCも使えるので全然マイレードの旨味がないのです。

イタリアに行ったけれどもパスタは一口も食べていません。まあシジイになっただけのことかもしれませんが、ワインをボトルで注文したら前菜とメインで終わりという感じでした。

移動が多くて、みんな早朝出発(ドレスデンは朝5:50発)だったのがしんどかったです。だから夜遊びできませんでした。でもコンサートトが楽しめたのでゴキゲンです。

5252.おかえりなさい  
名前:drei Buchten    日付:2018/3/11(日) 14:12
ぶりちょふさん、ヨーロッパ音楽旅行、ご苦労様でした。

今冬は北半球はどこも寒波に見舞われているようで、ヨーロッパも交通事情が悪かったのでしょうね。色々あったとはいえ、総体的に見ればまあまあ順調だったということでしょうか。フィレンツェの劇場には私も行ってみたいものです。

私も今月限りで定年退職となり、できればヨーロッパに長期滞在してオペラやコンサート三昧と行きたかったのですが、私の年金の額ではどうも無理なようです。世の中、暇とカネは両立しないものなのかも。

奥様には内緒にして出かけられた、ということなのですか? へそくりを使用してですか(笑)。

5251.帰国して1週間  
名前:ぶりちょふ    日付:2018/3/11(日) 10:23
お久しぶりです。ベルリンから持ち帰った風邪なのか東京でもらった花粉症なのかわかりませんが、鼻水とそれによる咳が続いております。体調そのものはそんなに悪くないのですが。

旅行の概要を報告します。まずベルリンでのバレンボイム「トリスタン」。マイクが歌手ばかりでなくオケにも使われているのかどことなくミュージカル的に響きました。演出が変です。特に第2幕の逢引からマルケ王に見られてしまうあたり、まるで「こうもり」のアイゼンシュタインとロザリンデを観ているかのような気になりました。喜びの爆発にハイタッチというのも変なんですが、時計を返してくれと言わんばかりのアクションが続きます。二人を発見するマルケ王もオルロフスキー侯にも見えました。でもトリスタンが最後まで立派に歌い切ったのは自分にとって初めての経験でした。バレンボイムの指揮は素晴らしかったです。翌日のティーレマン/SKDによるマーラーの3番は美しいオケの響きを活かした比較的オーソドックスな演奏でとても感動しました。フィレンツェでのルイージによるドニゼッティ「寵児」(愛人)は永遠のオペラ初心者には抑揚が少ない作柄のためしんどいところもありましたが、美しいアリアや重唱に浸ることができました。フィレンツェの劇場は5年前は改築中のため多目的ホールのような「新劇場」だったので、今回は本劇場と勇んで足を運びましたが、結局その新劇場が新しいテアトロ・コムナーレとして名付けられていました。ベルリンへは交通の大幅な乱れでコンサートに遅刻。チケットを引取る窓口も閉まっていたので会場係員にスマホを見せて説得し入場が叶いました。ファウストとメルニコフによるブラームスの3曲のソナタは、コンサートの冒頭にFAEスケルツォやピアノ小品がプログラムされていたため、1番の第1楽章はドアの外で聴いた以外はちゃんと聴くことができました。ややピリオド奏法が入った直線的な表現が特徴で、すっきりとしたブラームスが欧州の空気を運んでくれるようでした。ピアノも古楽器だったのではないでしょうか。最後のベルリン・フィル定期はハーディングの指揮でシューベルトの歌曲とアルペン。歌曲のアンコールで「汝は我が憩い」が謳われたのには大いに喜びました。アルペンはオケの機能美を活かした大伽藍で大いに満足。たまに指揮がオケに引っ張られている印象なきにしもあらずという場面もありましたが。

ベルリンに戻る列車のトイレが中から開けられず、乗客に救出?していただきました。イタリアは降雪の影響で初日は列車が遅れ、ベルリン帰還の日はボローニャ空港が大混乱で4時間遅れ。それでも飛んだだけましでした。ベルリンとデュッセルドルフで旧交を温めることができたのは嬉しい話です。TXL-DUSの飛行機が早朝だったので、待合せまでの空き時間にアンティーク市場へ出かけました。何も買わないという強い意志を持って探索しましたらクラシックの中古LPの塊を見つけてしまって。。。フルベンの疑似ステレオ盤「運命」とシュナイダーハンと録れたベートーヴェンの協奏曲。いずれもピカ盤で€5。店主に購入の意思を伝えると3枚なら1枚当たり€4だということで、オイストラッフ/ガウクのブラームス協奏曲をチョイスしてスーパーのレジ袋タイプのビニールバッグでそのまま日本に持ち帰ってきました。デュッセルドルフで談笑中に家内から電話がかかってきましたが、さも日本で受けているかのように振舞って無事通話を終えました。危ない危ない。ということで9日間にわたる秘密工作wは無事終了いたしました。

5250.頑張りましょう!  
名前:drei Buchten    日付:2018/3/5(月) 1:10
ひま人28号さん、ご投稿ありがとうございます。

人口で言えば新潟市のほうが多いのですから、金沢に負けないように頑張らなくてはいけないと思いますね。

新潟市のクラシック・ファンよ、奮起せよ!と檄を飛ばしたいところです。

とりあえず新潟市長の尻をはたくことから始めたいところですが、本日(3/4)の東響新潟定期にしてもあまり入りが良くありませんでした。

まず、足元を固めないといけませんね。

今後ともよろしくお願いいたします。 

5249.いしかわ・金沢の音楽祭が凄い!!  
名前:ひま人28号    日付:2018/3/4(日) 12:59
唐突にお邪魔します失礼をお許しください。

新潟のクラシック音楽ファンにとりましては、今年からラ・フォル・ジュルネが中止になりましたことは、とても残念なことと思います。
財政的な問題、新潟のクラシック音楽の浸透度、他企画との優先順位等考慮すると、致し方のない事かも知れませんが、ファンとしては代替えとなる企画を望みたいものです。

ところで、金沢市も以前ラ・フォル・ジュルネを開催しておられましたが、昨年より独自企画で音楽祭を開催されているようです。
私は先日たまたま、りゅーとぴあで「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018」(https://www.gargan.jp/)のパンフを見てビックリしました。

参加ア―ティストが・・・・・ウラディーミル・アシュケナージ、ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団、アマデウス室内オーケストラ、ライナー・キュッヒル(Vn)、辻井伸行(pf)・・・・・・等々、錚々たるメンバーのオンパレード!!!
各公演はラ・フォル・ジュルネと同じ形式で、1時間以内で料金は3千円以内!!
夢中で先行予約に申し込んで、十数枚の公演チケットを予約しました。

これだけのアーティストを集められる石川・金沢市の企画力・都市力には脱帽です。『加賀百万石』の歴史と伝統を前にただただ平伏すのみです。
我が新潟も、あせらず一歩一歩基盤を築いていきたいものです。

5248.横浜山手町のグランドピアノ付き賃貸  
名前:みみ    日付:2018/2/25(日) 19:3
失礼いたします。クラシック好きの女性です。自宅の賃貸を掲載させて頂きます。防音室で思いっきり弾きたい方向けです。

横浜の山手町で、グランドピアノ付きの68平米
の一軒家で、5.5畳の独立部屋、専用のお手洗
い、キッチン、リビングをお使い頂けます。家主は週末中心に来ます。2LDK。
ピアノは防音室にあります。24時間利用可です。
土日は家主がピアノを使う時間だけお使い頂けませんので、割安でお貸しします。週末
は仏英の語学教室に利用しております。平日も利用予定ですが、今のところ未定です。

家主はクラシックファンの女性です。女性
でクラシックのピアノをなさる方を募集しております。
根岸線石川町徒歩11分の山手町で、元町、外人墓地、イタリア庭園など、オシャレな地域の可愛らしい一軒家です。
光熱費込み、ピアノ使用料込みで月12万円、
です。ピアノ教室を開かれる方は15万円です。
広いシステムキッチン、小さなお庭、ガーデンテーブル、洗濯機、冷蔵庫、炊飯器、ドライヤー等備品付き。リフォームしたばかり、日当たり良好です。山手風致地区です。
※内覧は四月以降で、お問い合わせ頂いた順にご連絡申し上げます。

お写真お送りしますので、よろしくお願い致します。

5247.>初めまして。  
名前:drei Buchten    日付:2018/2/23(金) 17:17
ノアゼット〜♪さん、初めまして。
書き込み、ありがとうございます。

モーツァルトのピアノ協奏曲第1番と交響曲第20番がお好きだとのこと。
たしかにモーツァルトのピアノ協奏曲第1番は他人の書いた曲をピアノ協奏曲にアレンジしたもののようですけど、曲がお好きなら別段だれが書こうが構わないのではないでしょうか。

なるほど、交響曲第20番をお聴きになるとそういうイメージが湧いてくるのですね。
曲と視覚的イメージの結びつきというのも、多分、人それぞれ多様なのでしょう。

私も全然楽器が弾けない人間ですが、それでもクラシック・ファンを自称しております。弾けても弾けなくても、要するに好きならそれでいいのではないかと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

5246.初めまして。  
名前:ノアゼット〜♪    日付:2018/2/22(木) 19:57
始めまして。今生理前でどうも気分が優れないので久々にクラシックでも聞いてみようかと思って検索してこちらに来ました。久々にベートーヴェンの交響曲第4番第一楽章第二楽章でもきいてみようかと・・・。あとはモーツァルトのピアノコンチェルト第一番、それからモーツァルト交響曲第二十番第一楽章第二楽章などなど・・・ちなみにモーツァルトピアノ協奏曲代第一番はモーツァルトの作曲ではない・・・という説もあるのですが、私はなにか童心・・・それも幼い頃に帰った様で大変好きなナンバーです。なにか「魂の故郷」のような懐かしさを感じさせるナンバーで、私はとても好きです。またモーツァルト交響曲第二十番はどこかSFチックで冬の夜空に輝く星を彷彿させますね。オリオン座とか・・・あるいはシリウスとか・・・。思春期の繊細な感覚を彷彿させるのかもしれません。ほかにはハイドンのトランペット協奏曲、それからハイドンのセレナーデも不思議な懐かしさを感じさせて私は好きです。ちなみに私はクラシックではハイドン、モーツァルト、そしてたまにはベートーヴェンの一部ぐらいしか聞かないのですが・・・なにも楽器が弾けないのが悲しいです・・・。とにかく生理前で鬱屈した気分なので、周囲にヤツアタリしないためにもホットチョコレートでも居れて、オリオン座の下、美しい宵でも過せれば・・・と思います。

5245.新潟室内合奏団第76回演奏会 (2/18、新潟市音楽文化会館)  
名前:drei Buchten    日付:2018/2/20(火) 19:26
一昨日は標記の演奏会に出かけました。午後2時開演。
今年に入ってから、1月に東響新潟定期がありましたが、あれ以来、約一ヵ月ぶりの音楽会。

開演ぎりぎりに会場に入ったら、客の入りがいいのにびっくり。
日ごろ、この団体の演奏会(いつも全席自由席)では中ほどの座席にすわるのですが、中ほども後ろのほうもいっぱい。仕方がないので、比較的空いている前のほう、前から3列目の中央付近に席をとりました。指揮者や演奏者を上に見る位置で、近すぎるので音質的にはイマイチですが、ヴァイオリンの若い女性奏者の顔がよく見えるのが長所かな(笑)。

それにしても、こんなに客の入りがいいのは、地元出身のソプラノ歌手小山さんが出演するためもあるのかも知れませんが、今冬の新潟は特に寒さが厳しくて雪も多いので、生の音楽で心をリフレッシュしたいという方々が多いのではないか・・・そんな気がします。私も、一ヵ月ぶりの音楽会なので楽しみにしていました。

 指揮=松川智哉、ソプラノ=小山瑠美子

 グノー:歌劇『ロミオとジュリエット』より
      序曲
      第1幕よりアリア「私は夢に生きたい」
      第4幕より前奏曲
      第4幕より「ポイズンアリア」
 (休憩)
 ブラームス:交響曲第4番
 (アンコール)
 グノー:歌劇『ファウスト』より「トロイの娘たちの踊り」

前半は何と言っても、新潟市出身のソプラノ歌手小山瑠美子さんの美しい声を堪能できました。小山さんは洗足学園音楽大学および大学院修了後、フランス・ストラスブール音楽院声楽プロフェッショナルコースを最優秀の成績で卒業したという経歴の持ち主です。さすがその経歴に違わぬ実力ですね。客席からは盛大な拍手が送られました。

オペラにうとい私のことで、グノーに『ロミオとジュリエット』という歌劇があったことすら初めて知りましたが、目下イタリア歌劇を勉強中だけどフランス歌劇にも手を伸ばさなきゃなと思ったことでした。

ただ、前半は全部で20分に満たないプログラムだったので、その点ではやや物足りなさが残りました。できればもう1曲、フランスものの管弦楽曲を入れたかったところです。私の趣味だとフォーレあたりを。

後半はブラームスの4番。パンフレットによると結構技術的に難しい曲なのだそうですが、それなりの演奏でした。

アンコールでまたグノー。これは有名な曲でもあり、締めくくりとして悪くなかったと感じました。ただし、繰り返しになりますが、途中休憩を入れて1時間半の演奏会はやや短めかなと。

次回は6月9日で場所は同じく音文、プログラムはモーツァルトの「プラハ」交響曲、シューマンのピアノ協奏曲(独奏は小黒秀星)、ベートーヴェンの4番だそうです。また楽しみにして待ちたいと思います。

5244.お礼及び訂正  
名前:ikaubon    日付:2018/2/14(水) 20:6
 この場をお借りしてご連絡いたします。
 新潟シューベルティアーデ10周年記念スペシャルコンサートおかげさまで終演いたしました。ありがとうございました。
 重大な訂正がございます。歌曲集《美しき水車屋の娘》全曲演奏会は6月3日ではなく6月10日(日)でした。すでに誤ったチラシが出回っておりますが、現在チラシを印刷し直しております。

5243.(untitled)  
名前:ikaubon    日付:2018/2/11(日) 10:18
明後日2月12日の「新潟シューベルティアーデ〜10周年記念スペシャル公演」おかげさまで、第一部は満員御礼となりました。第二部は若干残券ございます。
合わせて6月3日(日)スタジオAで開催される歌曲集《美しき水車屋の娘》全曲演奏会もよろしくお願い申し上げます。

5242.なかなかうまくいかない  
名前:ぶりちょふ    日付:2018/2/2(金) 7:46
先日青森のホールへ仕事に行った際、シューベルトの「美しき水車屋の娘」リサイタルがあるのを見つけ飛び上がりましたが、開催日が2月24日というこでドイツ旅行の出発日となっており聴くことができません。たまにしかない青森でのコンサート、うまくはいかないようです。

実は2月24日、以前出させていただいていたウィーン・オフという素人中心の(たまに専門家もおられるので「中心」なんです)のコンサートの開催日でもあり、5年ぶりの復帰を狙っていただけにこちらも残念です。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb