[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
クラシック音楽掲示板

クラシック音楽に関するあらゆる話題を扱います。 新潟、日本、外国を問いません。

クラシック音楽以外の話題はお断りします。

不適切と思われる書き込みは予告なく削除することがあります。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



5968.高齢化…。  
名前:りゅーと    日付:2021/8/3(火) 1:55
私は日曜日は新潟県音楽コンクールを声楽部門から聴させていただきました。TOKI弦楽四重奏団も行きたかったですね。
新潟県音楽コンクールの方は恒例(?)のご婦人方のおしゃべりはなく(大体ご婦人グループの方々はほとんどいませんでしたけど)、自分で採点(?)なのか書き込みをされていた方もいました。聴きにこられた皆さんの真剣度は高かったですかね。演奏の方も独特の雰囲気があって「コンクールってこう言うものなのか…」と初めて知りました。
(コンクール初体験できて良かったです)

TOKI弦楽四重奏団のコンサート、ミュージカルのフィナーレ再現聴きたかったですね。(残念…。)

 クラシックコンサートに行っていつも感じるのは「日本の高齢化社会の象徴だなぁ、クラシックコンサート」ってことですね。私は今56歳ですが「最年少オレ?」ってこともありますし…。
 自分が本格的にクラシックコンサートに足を運びだしたのは30歳代になってから、りゅーとぴあが出来てからですけど、それ以前も「クラシックコンサート=高齢者が聴くもの」と言うイメージだったのでしょうか。
 いずれにしても、若い方々にもクラシックコンサートに足を運んで欲しい…と思っております。

5967.無神経な音楽愛好家  
名前:drei Buchten    日付:2021/8/2(月) 12:37
ぶりちょふさん、いつもありがとうございます。

昨日はTOKI弦楽四重奏団の演奏会でした。
多彩なプログラムを充実した演奏で聴くことができました。
アンコールでは第一ヴァイオリン岩谷祐之氏の歌唱も入るという意表の大サービス。

客の入りも良かったのですが、またコロナ感染者が増えている中、座席で間隔を空けてすわっていても、開演間際にやってきて、意図的に空けているのに気づかず坐ってしまう無神経なヤカラもいました。

映画館では「距離感覚がないな」と思う客は若い人に多いのですが(他にも席があるのに当方のすぐ近くに坐ってくる)、クラシックの演奏会は全体的に年齢が高めなので、老人でも距離感覚がないなと思い知らされますね。
音楽ファンはコロナ時代でもマナーがいい、と言われるようであって欲しいものです。

今回も朗々たるヴィオラの音色を聴かせてくれた鈴木康浩氏のヴィオラ・リサイタルが、11月16日(火)に同じ音文で開催されるとか。よほどのことがない限り、行くつもりです。

5966.日曜webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/8/1(日) 10:51
いつもありがとうございます。本日はCluytensによるCarmenをお送りします。オペラは永遠の初心者なので、このオペラコミーク版と通常版の違いなどさっぱり分かりませんが、SP録音とは思えないくらい鮮明な音で入っています。どうしても観たい作品ではないということもあって、本格上演の経験がありません。知人が出演する小編成上演だとか、大須オペラとかで観たきりです。今後も海外旅行で日程の谷間でもない限り観ることはないと思います。それでは感染拡大を抑制しつつ、素敵な日曜日でありますよう。
https://eqcurves.com/2021/08/01/carmen-cluytens/

5965.週末webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/31(土) 8:30
いつもありがとうございます。今日はFurtwängler / WphによるBrahmsの1番交響曲。1952年のLive録音でお届けします。こちらは音質イマイチとの世評であり、DGのBph盤が決定盤的な扱いですが、音質が改善されているのでニュアンス豊かなこの盤だって負けていないと思います。
https://eqcurves.com/2021/06/20/brahms-sym1-furtwangler-1952/

りゅーとさん、その節はピンチヒッターありがとうございました。長野時代は高速バスが激安だったので毎月N響定期に通うことができました。NHKホールでは大抵当日の貧民席に座れるのが良いですね。何度か完売の時もありましたけれど。

5964.8月の音楽会&N響巡業ブラ1の思い出  
名前:りゅーと    日付:2021/7/30(金) 20:40
私はジャズライブの方も行くので、8月の音楽会は現在10回の予定です。
 ちなみに今年行ったコンサートは現在104回です。ドイツビールの店モルゲンロートさんに行った回数は124回ですけど…。
 サッカー観戦は6回位でしょうか。映画の方は10回とあんまり伸びていませんね。気がついたら終わってしまっていた…と言うパターンが多いのが残念です。
 今年一番印象に残ったのは「群衆」でしょうか。これから早めにチェックしてシアターに足を伸ばしたいと思っております。 

 N響巡業ブラ1の思い出>
 ぶりちょふさんのおかげで長野であったブロムシュテットさんが指揮したN響の演奏が思い出深いですね。この時もブラ1でした。
 今年の家族旅行は長野にしよう…と言って家族で行ったのですが「これからクラシックコンサートなんで後はヨロシク」と言って後で睨まれました。
 金沢の家族旅行も「これからアンサンブル金沢のコンサートなんで後はヨロシク」と言って睨まれたような気がします。
 まぁ、ウチのカミサンは家事は全くしないで私が全てやっているので「この位全く問題ないでしょ」って思っていましたが…。
 しかしブロムシュテットさん今94歳ですか…。現役でがんがん振っているなんてホント凄いと思います。

5963.8月の音楽会は二つ  
名前:drei Buchten    日付:2021/7/29(木) 13:4
だけですね。いずれも上旬。

8月1日がTOKI弦楽四重奏団。新潟市では恒例ですが、音楽文化会館にて。

8月6日が柳本幸子さん(ソプラノ)と石井朋子さん(ピアノ)による「イタリア古典アリア」の3回目。りゅーとぴあのスタジオA。午後2時開演と午後6時半開演の2部構成なので、聴く方もなかなか大変ですが。

中下旬の予定はありません。他の仕事をしろ、という天の声でしょうか・・・

5962.コンサートシーズン到来?  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/29(木) 6:14
8月はいくつもコンサートが控えています。8/7から夏休みなのですが、名古屋で中部フィルの創立25周年記念コンサートが皮切りです。ショスタコ祝典序曲、チャイコVn協奏曲(竹澤恭子)、サンサーンスのオルガンというプログラム。指揮は秋山和慶さん。

8/13-19では八戸イカール国際音楽祭です。出演者は次の通り

ピアノ:上田晴子 植田克己 及川浩治 岡田敦子 岡田奏 岡原慎也 橘高昌男 宮谷理香
ヴァイオリン:小林美恵 澤和樹 永峰高志 谷本華子
ヴァイオリン&ヴィオラ:松実健太
チェロ:カンタ・ルドヴィート フェイギン・ドミトリー 金子鈴太郎 笹沼樹
コントラバス:佐川裕昭
ソプラノ:津山恵 バリトン:小玉晃 フルート:上野星矢

更に8/22にはむつ市でN響巡業。ブラ1であれなんですが(笑)、尾高さんの指揮なもので。もっとも尾高さんが療養中なのが心配です。

先週土曜日は青森市でのサロン風コンサートで、金子錫太郎さんのチェロを聴きました。ピアソラのグランタンゴが圧巻。聴衆38名でお酒を飲みながらの贅沢な時間でした。

5961.本文訂正 すみません  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/25(日) 9:42
今日はchumannの3番交響曲をSchurichtの旧盤で。こんなに素晴らしい録音だったのですね。1953ム年のParisでは早くもNew Orhophonicカーブを使用していたことが確認できました。細かいニュアンスが手に取るように聴いて取れます。こんなに手の込んだ表現をしていたのかと今更ながらに驚きます。

素敵な日曜をお過ごしください。
https://eqcurves.com/2019/03/02/schumann-sym3-schuricht-1953/

5960.日曜webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/25(日) 9:39
日曜webコンサートです。今日はchumannの晩交響曲をSchurichtの旧盤で。こんなに素晴らしい録音だったのですね。1953ム年のParisでは早くもNew Orhophonicカーブを使用していたことが確認できました。細かいニュアンスが手に取るように聴いて取れます。こんなに手の込んだ表現をしていたのかと今更ながらに驚きます。

素敵な日曜をお過ごしください。
https://eqcurves.com/2019/03/02/schumann-sym3-schuricht-1953/

5959.週末webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/24(土) 17:30
今日は再放送でMozartのHaffner SerenadeをLeitnerの指揮で。典雅なセレナーデでのんびり週末をお過ごしください。Leitnerは一度だけ実演の経験があり、年末の第九でした。1988年。
https://eqcurves.com/2021/02/19/mozart-haffner-serenade-leitner-1951/

5958.祝祭日webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/23(金) 9:14
祝祭日webコンサートです。Tchaikovskyの第5交響曲をKubelikの指揮でお届けします。Wphの同曲の録音の中でもあまり顧みられることがない演奏ですが、子供の頃最初に買ったのがこの廉価盤でした。第2楽章のホルンソロはDeccaのKrips版よりも綺麗に録れていると思います。

5957.祝祭日webコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/22(木) 11:41
祝祭日なのでwebコンサートで1曲。Rostropovichが最初に録音したDvorakチェロ協奏曲です。1950年録音ですが、当時のDGと同じEQカーブで鳴らしています。ロストロさんは小澤さんの指揮で同じ曲を1988年に聴いています。
https://eqcurves.com/2021/07/17/dvorak-vccon-rostropovich-1950/

5956.シューベルトのピアノソナタ&ドイツビール  
名前:りゅーと    日付:2021/7/22(木) 6:0
 シューベルトのピアノソナタD784は魅力的な曲ですよね。私もコンサートで聴いてみたいのですが、新潟あたりではやっぱり興行的に難しいんでしょうかね。
 
 昨日はりゅーとぴあで開かれた「宮田 大&大萩康司 デュオ・コンサート」に行ってきました。アコースティック・ギターとチェロと言う珍しい構成のコンサートで、生誕100年と言うことでピアソラがメインでしたが、どれも魅力的な演奏で「行って良かった…」と言うコンサートでした。
 りゅーとぴあ 会員限定コンサートと言うこともあって観客の方もマナーが(比較的ではありますが)良かったですね。
 9月に予定されているりゅーとぴあ 会員限定コンサート 長富 彩さんのピアノ・リサイタルも(2000円と言うこともあって)行こうと思っているのですが、プログラムはお決まりの「ベートーヴェン三大ソナタ 悲愴・月光・熱情」ですからねぇ。流石にもうちょっと考えて欲しいですね…とかなんとか言いながら、今年行ったコンサートはジャスト100回になりました。(私はジャズも聴くので…)

 昨日はお決まりパターンでコンサートの後、ドイツビールのお店モルゲンロートさんに行ってきました。(今年116回目でした)
 今年最も感動したのは(コンサートでなくて)キュベ・ヴァリックと言うドイツビールを飲んだ時でした。「こんな凄いビールがあるのか…」と本当に感動しました。(去年最も感動したのはシュレンケルラ・ラロホ・ヴァイツェンと言うビールを飲んだ時でした)
 香りをかいでいるときから「う〜ん」「ひゃ〜」、「うわっ」とか言って、飲めば「美味い…」「圧倒的だ…」とか(小声で)呟いている私です。
 1回行くと「美味い」を30回は呟いているので、このペースですと今年6000回「美味い」と言う計算です。交通事故で死ななくて本当に良かったです。

5955.シューベルトのピアノソナタで一晩の演奏会をやるピアニストは  
名前:drei Buchten    日付:2021/7/21(水) 12:24
最近、シューベルトのピアノソナタD784をよく聴いています。

ディスクで持っているのはブレンデルとシフですが、ぶりちょふさんからいただいた接続器具のお陰で、ネット上の音源からもちゃんとしたスピーカーで聴けるようになり、アブデル・ラーマン・エル=バシャ、リヒテル、ギレリス、マリア・ジョアン・ピレシュなど色々な演奏を楽しめるようになりました。

シューベルトのピアノソナタだけのプログラムで新潟でリサイタルをやるピアニストは、いないものですかね。

りゅーとぴあの企画は、ベートーヴェンの三大ピアノソナタだとか、あまりに大衆路線に走っていて、ちょっとしらけます。

人口二十万程度ならともかく、一応政令指定都市になっているのだから、もう少し工夫が欲しいと思う。

5954.ドイツビール  
名前:ぶりちょふ    日付:2021/7/20(火) 6:47
りゅーとさんが羨ましいのでドイツの瓶ビールを飲んでみました。
Radeberger, Bitburger, Warsteiner, Soefferhoffer, Erdinger
瓶も良いけど生が最高ですね。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb