[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
クラシック音楽掲示板

クラシック音楽に関するあらゆる話題を扱います。 新潟、日本、外国を問いません。

クラシック音楽以外の話題はお断りします。

不適切と思われる書き込みは予告なく削除することがあります。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



5341.ぶりちょふさん、ありがとうございます。  
名前:りゅーと    日付:2019/10/22(火) 21:12
 ぶりちょふさん、ありがとうございます。

 本当にdrei Buchtenさん、ぶりちょふさんにはお世話になりました。
 交通事故にあって、所謂記憶消失ってヤツで「仕事何やっていたんだっけ?」って感じなのですが、
自分が聴いたLP、CDの事や足を運んだコンサートのことは良く覚えているんですよねぇ…。
 自分のベストクラシックコンサートはハイティングが振ったシカゴ響の「英雄の生涯」でした。
  
 青森>
 青森県には1回しか行ってないのですが、民放でクラシック音楽を取り上げている番組があるって凄いですね。
 なかなかすぐにコンサートへ…という訳にはいかないと思いますが、それでも積極的にコンサート遠征しているぶりちょふさんってやっぱり
凄いと思います。

 先月くらいからコンサート復帰始めましたが、次の東京交響楽団定期から本格的にコンサート通いを再開したいと思っています。
 ディスクも良いですが、やはり生演奏は良いですね。また県外のホールへも足を運んでみたいと思っています。
 (自分が行ったホールで良いホールだなぁ…と思ったのは札幌のキタラですかね)

 長々スイマセンでした。これからもよろしくお願いします。

5340.りゅーとさん、お帰りなさい!  
名前:ぶりちょふ    日付:2019/10/22(火) 19:49
コンサート&掲示板ご復帰おめでとうございます。
またよろしくお願いします。
現在私は八戸在住で所謂コンサート難民状態なのですが、
盆明けから内外著名アーティストによる室内楽コンサートが
連日行われ、オアシスのごとく渇きを癒すことができました。

もっとも青森県は土曜日の朝7:30から30分の番組で
クラシック音楽を取り上げており、それが30年以上継続して
いるなどなかなか奥深さもあるようです。しかも民放で。

現在はコンサートの回数が減ったので音盤研究に勤しんで
おりBlogも開設して約1年になります。週末日曜日には
webコンサートを予定しており、素晴らしい音質で往年の
名演が楽しめます。開催は10/27 19:00-22:00です。
詳細はURLからお願いいたします。
https://eqcurves.com/an-announcement/

5339.>ダブル・ヘッダー  
名前:drei Buchten    日付:2019/10/22(火) 16:50
りゅーとさんも両方いらしていたのですね。

柳本さんは勉強もよくされているようですが、おしゃべりも好きなようで。
俗に「歌の人は(器楽の人より)明るい」と言いますが、そんな感じの方でした。

コンサートをハシゴされるくらいなら、お体のほうも大丈夫なのでしょう。
ホールで一緒になる機会もそれなりにありそうです。
今後ともよろしくお願いいたします。

5338.ダブル・ヘッダー  
名前:りゅーと    日付:2019/10/21(月) 21:5
私も柳本幸子さんのイタリア歌曲リサイタルと新潟室内合奏団のダブル・ヘッダーでした。
 いらっしゃることに気が付かずスイマセンでした。どちらのステージも良かったですね。

 イタリア歌曲リサイタルの方は歌も良かったですが、トークの方も楽しかったですね。
 新潟室内合奏団の方は藤元高輝さんがやはり印象に残りましたが、オケの方もがんばっていたのではないでしょうか。
 最初は「う〜ん、ちょっと緊張気味かなぁ…」と思いましたが、だんだん調子が出てきたな…と言う印象でした。

 LFJ新潟がなくなったには残念でしたが(って言うか、なくすの間違ってない?って感じがしますが…)新潟市のコンサート充実していますし、
これから積極的に足を運びたいと思っています。

5337.新潟の音楽会  
名前:drei Buchten    日付:2019/10/21(月) 15:3
りゅーとさんも新潟室内合奏団の演奏会に行かれたのですね。
私も聴きに行きました。
藤元高輝氏の、アンコールを含めたギター演奏が印象に残りました。

一昨日はそれに先だって、だいしホールで行われた柳本幸子さんと石井朋子さんのイタリア歌曲のリサイタルにも行きました。「地元演奏家」という枠を大きく超えた、プロの音楽家の演奏会という印象でした。

新潟市の予算難でLFJ新潟がなくなったりしていますが、新潟市で行われる演奏会は結構多いし、バカになりませんね。

5336.レスありがとうございました。  
名前:りゅーと    日付:2019/10/20(日) 19:6
 drei Buchtenさん、レスありがとうございました。
 りゅーとぴあのコンサートは事故以来4年振りでしたが、やっぱりりゅーとぴあで聴く生の演奏は
良いですね。
 昨日行った新潟室内合奏団のコンサートでは、途中休み時間に赤ワインを飲みましたが、
以前の様にキンキンに冷やしたワインではなく「幾分改善されたかなぁ…」と感じた次第です。

 今日の東京交響楽団の定期演奏会はラグビーの日本戦代表戦もあって(?)パスさせて
戴きましたが(定期会員もままならコンサートを当然選んでいたと思いますが…)、次の第117回定期からは復帰したいと考えております。
 お声をお掛けしたいと思っております。その際はよろしくお願いします。

5335.復帰、おめでとうございます!  
名前:drei Buchten    日付:2019/10/20(日) 15:16
りゅーとさん、お久しぶりです。

事故にあわれた直後にはご自分のブログへの投稿があったりして、大丈夫かと思っていたのですが、その後書き込みがなくなったので、ご容体を案じておりました。

ともあれコンサートなどに通われているとのことで、安心いたしました。
また書き込みをよろしくお願いいたします。

本日は東京交響楽団の新潟定演の日ですね。私はこれから出かけるところです。
いらっしゃるようであれば、お声をかけて下さい。
私はいつものように、Gブロック3−5におります。
https://www.ryutopia.or.jp/performance/event/13462/

5334.お久しぶりです、りゅーとです。  
名前:りゅーと    日付:2019/10/20(日) 14:0
本当にお久しぶりですりゅーとです。(…って覚えていただいているかなぁ…)
 個人的な話で申し訳ありませんが、4年程前に通勤時、歩行上トラックに引かれて重傷、その後絶望感から
新大精神科に入院するなど21世紀スキッツォイド・マン状態にあったのですが、今は家に戻って
職場休職状態にあります。

 状況が状況ということもあって長く家に引きこもり状態だったのですが、保険が適用されることになり、
住宅ローンも完済、今が人生で一番お金を持っている状態になりました。
(もう働かなくても一生食べていくには困らない感じでしょうか。涙状態ではありますが…)

 そんなこともあって長くコンサートに行く気力もない日々だったのですが、最近、復帰してりゅーとぴあに再び行くようになりました。
 失われた健康は戻りませんが、どうせだったら残りの人生楽しむか…って言う気分になってきたって感じでしょうか。

 drei Buchtenさん、ぶりちょふさんには大変お世話になりました。
 
 事故によって所謂記憶消失ってヤツで、仕事なにやっていたのかもほぼ忘れた状態なのですが(上司に怒られたことはやたら覚えているのですが)、
自分が持っていたLP、CD、行ったコンサートのことは良く覚えているんですよね。(不謹慎で申しわけないですが)

 drei Buchtenさんの「隗より始めよ」読ませていただいております。
 ぶりちょふさんは今、青森ですか。いろいろ大変な点もあるのかももしれませんが、精力的なコンサート通い、音楽への情熱には「凄いな…」と驚くばかりです。
 
 これから本掲示板に登場させていただきたいと考えております。ご迷惑かもしれませんが、
よろしくお願いします。

5333.山本真希さん、りゅーとぴあの専属オルガニストを退任  
名前:drei Buchten    日付:2019/10/20(日) 12:36
山本真希さんが来年3月限りでりゅーとぴあの専属オルガニストを退任するそうです(いちばん下のURLを参照)。

吉田恵さん、和田純子さんに続く3代目の専属オルガニストで、先の2人に比べるとずいぶん長く勤められたわけですが、何事にも終わりはある、ということでしょうか。

山本さんのオルガン・リサイタルは、この12月14日にバッハのクラヴィーア練習曲集第3部の演奏会が開かれますが、来年3月15日に行われるものが専属としては最後の演奏会になる模様です。

次の専属は誰になるのでしょうか。
https://www.ryutopia.or.jp/performance/event/13462/

5332.飯森氏  
名前:ぶりちょふ    日付:2019/10/17(木) 7:29
内情は分かりませんが、トリスタンで金を喰うのは間違いないところですね。大友氏のときは群響シェフ就任で市場が東響と一部被るからかなと思ってました。群響シェフが満了なので大友氏の東響復帰があるかもしれないですね。飯森氏はそのパターンで勘ぐると首都圏近郊のシェフ就任計画があるのかしら。たまに振っているイメージがあるのは日フィルとかシティあたり?振ってるイメージないけど新日などはシェフ交代の噂があったりなかったりとか。来年3月に仙台フィル客演もあって、何か動きが出るのか注目しています。
http://eqcurves.com/

5331.飯森範親氏、東京交響楽団の「正指揮者」から「特別客演指揮者」に  
名前:drei Buchten    日付:2019/10/14(月) 15:10
来年度の東京交響楽団のパンフレットが送られてきました。

長らく常任の指揮者として(最初は「指揮者」、次に「正指揮者」)勤めてきた飯森範親氏が、来年度から「特別客演指揮者」になるそうです。

事実、来年度のサントリーホールでの定期演奏会には飯森氏が振るコンサートはありません。それどころか川崎定期でもオペラシティ・シリーズでも振りません。川崎の名曲全集と新潟定期で振るだけです(ただし別のプログラム)。

といって誰かが代わりに常任の指揮者になるわけではありません。

数年前、大友直人氏がやはり常任をはずれて「名誉客演指揮者」になったことが思い出されます。

勘ぐれば、ジョナサン・ノットの独裁体制(というのは言葉が悪いけど、要するにノットが万事を決めるようになりつつあるということ)が固まってきたということでしょうか。

もっとも、飯森氏も山形交響楽団の音楽監督と日本センチュリー交響楽団の首席指揮者を兼務しているので多忙なのかも知れません。

或いは、単なる人減らし(予算の関係などで)でしょうか。外野席で見守っているシロウトには分からないことではありますが。

来年度のコンサートで注目されるのは、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」を間に5日間を置くだけで2回の定演を通して全曲演奏すること。ただしサントリーと川崎だけで、新潟ではやりません。

来年度の新潟定期の内容を含めて、興味のある方は下のURLからネット上でごらんになれます。
http://tokyosymphony.jp/common/tso/images/pdf/2020pamphlet.pdf

5330.加藤訓子「バッハを弾く。」  
名前:kuniko kato arts project    日付:2019/9/27(金) 20:50
2017シーズンよりグローバル展開するマリンバ・ソロリサイタル。サントリーホールでの公演。ライヒ、ペルト、クセナキスの次作へ加藤訓子が選んだバッハ、英リンレコーズ待望の第四作目としてリリースされ、レーベルの2017年間ベストアルバムに輝く。国内でも第10回CDショップ大賞2018を受賞。 優れた音楽的洞察に基づくバッハ作品への解釈と深く澄んだ中世教会の響きを圧倒的な演奏で再現します。

「2017年度英リンレコーズ年間ベストアルバム・ライブ版公演」
「第10回CDショップ大賞2018受賞作品」

加藤訓子「バッハを弾く。」
11/07(木) / 08(金)
開演19:00開場18:30 (両日)
主催:芸術文化ワークス

【会場】
サントリーホール・ブルーローズ
〒107-8403東京都港区赤坂1-13-1
tel.03.3505.1001

【チケット】
全席指定 6,000円
二夜(11/7-8)通し券 10,000円

【プレイガイド】
サントリーホールチケットセンター tel.0570.55.0017
チケットぴあ http://t.pia.jp
Peatix  https://peatix.com
メール予約  ticket@kuniko-kato.net

【お問い合せ】
tel. 080.5075.5038(芸術文化ワークス)
email. info@kuniko-kato.net

【プログラム】

第一夜
11/07
・平均律クラヴィーア曲集第一巻プレリュード
 第1番前奏曲ハ長調 BWV846
・無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007
・無伴奏チェロ組曲第3番 BWV1009
・無伴奏チェロ組曲第5番 BWV1011

第二夜

5329.新潟のコンサートから見た立地  
名前:ぶりちょふ    日付:2019/9/27(金) 7:22
人口が一定数あるということもあって立派なコンサート会場を持ち、演奏会頻度も高いことに加えて主な音楽会開催地にも出やすいことが挙げられます。近年はLCCであるPeachが飛んでいて大阪に片道6-7000円程度で行けるのでコンサートに行く環境が整ってきたということもありますから、新潟在住の音楽ファンは恵まれているなぁと羨ましく思います。政令指定都市でもオーケストラのコンサートができる音楽用ホールを持たないところすらあります。新潟のクラシック音楽に対する高いポテンシャルに敬意を表するものです。

さて、先週末マーラーの5番を2回聴いてきました。いずれも高いレベルのコンサートでしたが、会場の違いが大きいように思いました。NHKホールでは、以前よりもアンプによる拡声する場面を選ぶようになってきており歓迎したい反面、部分的に音が小さく感じられたことも事実ですし、ヤルヴィの手際の良い指揮・音楽づくりに悶々としたマーラーの音楽とはそぐわないようにも思うところが多少ありました。その点では会場もコンサート専用ホールだし熱い音楽を奏でるヴァイグレのほうが曲にッチしていたようにも思いますが、いずれも優れた演奏で堪能させていただきました。

マーラーの交響曲は9番が圧倒的に好きでコンサート回数も最多なのですが内容が陰鬱で気軽に聴くことができないのですが、5番は特に後半明るく楽しいのでオーケストラを聴く醍醐味みたいなものが感じられて楽しめるのが良いと思っています。


演奏会出没情報
10/26 飯守/仙フィル
11/22 メータ/Bph
11/23 ブロ/N響
01/25 ルイージ/N響
01/26 飯守/群響

月明けに消費税が上がるので飛行機や新幹線、ホテルなど支払えるものは極力買っています。コンサートチケットも今のうちでしょうか。仙台のコンサート、新幹線の25%offが往復とも当たったので嬉しいです。片道6000円ちょいなので、高速バスの値段に毛が生えたようなもの。1月のコンサートは大人の休日倶楽部パスを活用予定。八戸に帰還して翌日また出かけることも可能ですが、高崎酒飲みの聖地である麒麟ビヤホールで飲んだくれるのも良いかなと思っています。
http://eqcurves.com/

5328.>ぶりちょふさん  
名前:drei Buchten    日付:2019/9/23(月) 16:16
相変わらず意欲的なコンサート生活を送っておられますね。

私は先日上京して、9月18日に英国ロイヤルオペラの「ファウスト」を聴いてきました。

原作は「ファウスト」第一部ですが、これはゲーテ中年期の作品で、つまり19世紀初頭に成立しているのですが、オペラは19世紀後半の作であり、第二帝政期フランスの爛熟した文化が反映しているようで、ヒロインに対する扱いがその分サディスティックになっているのが面白いというか、今風に感じられました。

東京では、できればアマリリス弦楽四重奏団の演奏会にも行きたかったのですが、会場の武蔵野市民文化会館に電話したらチケットは売り切れで当日券はないとのことだったので、断念しました。

今月は15日に、午後2時からのプロジェクト・リュリの演奏会と午後5時からの東響新潟定期をハシゴしました。

このほか、今月は26日にりゅーとぴあでル・サージュのピアノリサイタル、そして29日に新潟メモリアル・オーケストラ(新潟大学管弦楽団OBによるオケ)の無料コンサートがあります。シベリウスの7番をやるというので楽しみです。

10月は19日が新潟室内合奏団、20日が東響新潟定期。

11月はできれば東響新潟定期会員の無料招待枠で、サントリーホールでの東響のマーラー7番に行きたいと考えています。なにしろこの曲は、昨年秋、バイエルン放送交響楽団の東京公演で聴くはずが、指揮者ヤンソンスが急病でキャンセルしたために、代役の指揮者がメータ、曲目も大幅に変わってマーラー1番になってしまって聴き損ねた、という因縁の曲(?)ですので。

5327.今後のコンサート  
名前:ぶりちょふ    日付:2019/9/18(水) 19:39
今月は久々に上京してN響と読響でどちらもマーラーの5番を聴きます。最近連日同じ曲を聴くコンサートにぶち当たることがあります。去年はブルックナー9番が土日で続きました。

この後、11月22日、23日に状況を計画しています。22日はベルリンフィルで、ブルックナーの8番をやると聞いては参戦せざるをえません。チケットが入手できるかわかりませんが(笑)。本当はティーレマンのほうを聴きたかったのですが、やはり金土日でないと現役世代なので地方からは出にくいですので。翌日はブロムシュテットによるモーツァルトです。久々にN響定期でS券を購入しました。ブロさんは自分が継続して聴いている中でも一番多くの公演を聴いている人ですし、高齢でいつ聴けなくなるか分からないので毎回が貴重な機会です。年明けはルイージのN響オーチャード定期と群響定期(飯守のブラームス)を新ホールで聴きたいと思っています。

相変わらずウラジオストクのHPをチェックしているのですが、公演予定の発表が遅いですね。来月は{f[/d@2#.}がいよいよレパートリー公演として上演されるようです。指揮者は知らない人ですが、見てみたい演目です。
http://eqcurves.com/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb