[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
みんなの広場〜ペットサーチ@ふふ
ペットに関する情報交換の場です。
書き込み内容はペットサーチ@ふふサイトやマガジンに掲載する場合があります。
広告は禁止です。不適切なものと判断した場合、予告なく削除することがあります。
メールアドレスは入れなくても投稿いただけます。(推奨)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



185.あなたと過ごした日々、絶対に忘れないよ 返信  引用 
名前:    日付:2017/4/7(金) 0:5
私が17歳の春あなたと出会いましたね。

私を上目づかいで見て、とても可愛い顔をしていたのを覚えています。
始めは緊張していたのか鳴きもせず、大人しかったね。
でも、すぐに私たちに懐いてくれて、たくさんイタズラもしたし、一緒にいろいろなところへ行ったね。
毎年必ず一緒に花見に行ったね。
今年も一緒に行くはずだった。
姉妹のいない私にとって、あなたは妹のようでした。いや、妹だと思ってました。
何も病気もせず8才になってくれて、まだまだ一緒に過ごせると私は思っていたよ。
でも、今から1年前に病気になって...それでも病院に通って薬をもらってあなたは元気でしたね。
なのに、今年に入ってから合併症でどんどん痩せていくあなたを見てとてもつらかった。
そして2日前から体調がよくないみたいだったから、今日仕事が休みだから病院に連れて行こうと思ってた。
なのにあなたは朝誰にも見送ってもらえず冷たくなっていましたね。
後悔ばかり残りました。
免許がない母は1人では病院に連れてくことは出来ない。
どうして私は仕事を休んででも病院に連れて行かなかったのか。
連れて行っていれば、1日でも長く一緒にいれたのではないだろうか...と。
私が辛いとき、いつもそばにいてくれた。なのに私は10戒の10番目を守れなかった。
何で昨日もっと一緒にいてあげなかったのか、病院が水曜日休みでも緊急時ならば診てもらえたはず...と
自分を責めるばかりです。
今日1日ずっとあなたを思い出して、涙を流すばかりしています。
もっとこうしてやれたんじゃないか、こうしたほうがよかったんじゃないのか。
と思うばかりです。ごめんね。こんな飼い主でごめんね。

でも、虹の橋を読んで少し心が安らいだ気がします。
いつか会える。そして今はきっと元気な姿で草原を走り回っているよね。
いつか私もそこに行くから、ライム待っててね。
思い出が本当にたくさんあるね。
いつも窓の外から外を眺めるのが好きだった。車の窓からも外を眺めていたね。散歩も大好き。
おてんば娘。そしてどんなときも一回も家族のことを噛んだことはなかったね。
とてもとても優しかったね。

17歳で出会って、27歳でお別れなんて寂しいよ。
もっともっと生きてほしかった。一緒にいたかったよ。

でも私の誕生日まで一緒に過ごしてくれて、ありがとう。

あなたと過ごした9年と2カ月を絶対に忘れません。
ずっとずっと。
本当に楽しくて、幸せでした。ありがとう。



187.Re: あなたと過ごした日々、絶対に忘れないよ
名前:用務員たま    日付:2018/3/26(月) 11:35
ご返信しないまま、約一年もたってしまいました。
お元気でお過ごしでしょうか。

「お別れのとき」に掲載させていただきました。

やさしいライムちゃん、
きっと見守ってくれていますね。
http://www.pet-fufu.com/kurashi/owakare.htm

184.カリーナちゃんへ 返信  引用 
名前:ふみ    日付:2017/4/1(土) 19:15
長い時間一緒に居てくれてありがとう

ルイ君のお嫁さんとして自宅で出会が初めてだったね
仕事が忙しくなかなか会えなかったけど、帰って顔を近づけるといきなり顔にジャンプし「頭突き犬」として楽しませてくれました、ソファーに転がると一緒に寝てくれた事をよく覚えてるよ

散歩の途中デカイ犬が来てるのに警戒もせず尻尾振りながら近く肝っ玉
海辺で人とすれ違い挨拶をし、気がつけば挨拶をした人について行ってた自由な子

僕の都合で住む場所を変えそしてジャンボが生まれた辺りから体調が悪くなって一度は死にかけもしたが立ち治り、病が完治しないまま長生きして頑張ってくれました、
体のケアする時は嫌がって警戒されるようになったけど、ルイ君が旅立った後なぜか一緒に寝てくれるようになり甘えてくれてとても嬉しかったよ、
強く優しい、わがままやイタズラもしない自由奔放な自慢の子でした

さよならの一ヶ月前に少しだけおねだり声をあげてたのは何か伝えたかったんだろうね、まだ元気だった時、台所に向かってピョンコピョンコしてた頃に戻してあげれなかったことが悔やまれます、カリーナにとって本当に過ごしやすい環境を与えることが出来なく、本当にごめんね、ルイ、カリーナにいつも支えられてたこと一生忘れないよ

カリーナ一緒に過ごしてくれて我が家を守ってくれて本当にありがとう、お疲れ様、おやすみなさい

ルイ君に会えたらまたよろしく伝えてください

パパより



186.Re: カリーナちゃんへ
名前:用務員たま    日付:2018/3/26(月) 11:30
書き込みありがとうございました。
ご返信していませんでしたが、「お別れのとき」に掲載させていただきました。

そろそろ一年になりますね。
お心が癒えてきましたか。
どうぞお元気でお過ごしください。
http://www.pet-fufu.com/kurashi/owakare.htm

180.幸せでした 返信  引用 
名前:    日付:2016/2/25(木) 2:5
食べてるから。散歩に行くから。
病院にずっと連れてっていませんでした。
うじ虫がわいて病院に行くと、ご飯も本当は食べれてなかったみたいで。
もっと早く病院に行っていたら。
こんなに苦しまずに天国に行けたのに。
ごめんね
看取る事も出来ず病院で逝ったね。
幸せでしたか?
14年間生きててよかったと思ってくれますか?
私はこの先も人生で一番あなたに会えて幸せでした。
賢くて、まずふせを覚えさせたら次のお手は5分もかからず覚えて。
初めて涙を見せたら顔を舐めまわしてくれて。
シャンプーされるのが大好きで、お風呂行く?って言うと先にお風呂場で待っててくれて。
よく脱走して追いかけたら楽しそうに逃げてたね。
とにかく優しくてやんちゃでご飯が大好きで可愛くて可愛くて
また触れたい。会いたい。抱きしめたいです。
もう2年経つのに後悔ばかりしています。
ごめんねと何度も呟いてます。
よくこの状態までほってましたね。ずっと痛かったと思いますよ。もう痛みを通り越して麻痺した状態です。ペットは人形じゃないんですよ。
と病院で言われた言葉が忘れれません。
どんな気持ちで生きてたんでしょう
どんだけ痛かったんでしょう
ごめんね。大好きなあなたを苦しませてしまった。
でももう、痛みから解放されて天国で草原を駆け巡ってるのかな。
もし生まれ変わったら、またあなたの飼い主にさせてください
そして今度は、もっともっともっとあなたを幸せにしたいです



183.Re: 幸せでした
名前:用務員たま    日付:2016/3/15(火) 3:35
後悔する気持ちはとてもよく分かり、思わず泣いてしまいました。

でも、きっとこう答えると思います。

14年間、幸せでした。
生きてて良かったです。
あなたにあえて、幸せでした。
生まれ変わったら、また一緒に暮らしたいです。

何があっても、きっとあなたを大好きだったでしょうから
「ごめんね」はもうおしまいにして、
楽しい思い出を「ありがとう」にしてくださいね。

179.(untitled) 返信  引用 
名前:ネオへ    日付:2016/2/22(月) 5:18
15年間、今までありがとう
辛かった時いつもそばにいて励ましてもらいました
最後もっと良くしてあげればよかったという後悔ともっと一緒にいればよかったと思う後悔。
色々考えることはあります
ただただ、寂しいです
いつもいた犬小屋にもういません
通るたびに居るような気がして覗いてももういません
最後は苦しまずに安らかに眠っていきました
天国でも元気でね。
忘れずにいつまででも覚えています。



182.Re: (untitled)
名前:用務員たま    日付:2016/3/15(火) 3:26
ネオちゃんとの良い家族関係が目に浮かぶようです。

さよならは寂しいですよね。
ともにすごした日々に感謝、ですね。

178.さよならコロ 返信  引用 
名前:つっきー    日付:2015/12/11(金) 11:41
19年も生きててくれてどうもありがとう。最期にお別れすることが出来なくてごめん。今度帰ったら話しようね。コロが苦しんでいる時は本当に辛かった。一番辛かったのはコロだったハズだコロの大好きなお母さんはずっと一緒にいてくれて良かったね。お母さんも辛かったはずだ。
こんな悲しいことは初めてなので今は辛いです。また会おうね。



181.Re: さよならコロ
名前:用務員たま    日付:2016/3/15(火) 3:23
つっきーさん

コロちゃんは、お母さんのことはお母さんとして
つっきーさんのことはつっきーさんとして、大好きだったはずです。
時間薬で、辛さを大切で素敵な思い出に変えてくださいね。

176.ココアが教えてくれたこと 返信  引用 
名前:    日付:2014/12/11(木) 13:5
今年の11月に犬(キャバリア)のココアが14歳で旅立ちました。
前日の夜寝るまではいつものように元気だったのですが、朝起こそうとした時には既に体が固くなっていました。
その日のうちに火葬しましたが、あまりに突然の死で今でも泣いてしまう時があります。
犬を飼いたいという妹の願いが叶い、ココアが家に来た時、私は中学生で最初は動物に興味がありませんでした。
しかし、大学生の頃から自然と好きになり、県外での仕事を辞め実家に戻ってきた3年前からは、休日や帰宅後散歩したり、スキンシップをして癒されるようになりました。
ココアが亡くなったのは、私が実家に帰って来てからちょうど3年を迎えた翌日で、何かの因縁を感じずにはいられません。

ココアの死後、家の中から血統書が出てきました。
彼は14年前、遠い県外のブリーダーの元から近くのペットショップに連れられてきました。
その血統書や生前の出来事を振り返って、私は気付かされました。
もし彼が車で運ばれる最中に事故や病気で死んだら、もし妹が犬を飼いたいと言わなかったら、(私が高校生の時に家から逃げ出して車にひかれそうになったが運転手が止まってくれた時に)もしタイミングがずれて車にひかれてしまっていたら…
もし震災の時に落ちた家の瓦が直撃していたら…
ココアと出会えなければ、あるいは好きになる前に死んでいたら、私は今も動物が苦手だったと思います。
さまざまな偶然が重なって、楽しい思い出や後悔があることに気付かされたのです。
突然の旅立ちも、私が死期の近さに気付いたら毎朝家を出たり寝床につくのができなくなってしまうことを察してくれたからかもしれません。
飼い主孝行なココアは、きっと今頃お父さんお母さんと兄妹と一緒に、こっちにいた時と同じくやんちゃに走り回っていると思っています。

彼が教えてくれた「偶然の大切さ」を胸に、これからも生きていきます。
出会えて良かったよ。そして大切なことを教えてくれて、ありがとう。



177.Re: ココアが教えてくれたこと
名前:用務員たま    日付:2015/4/17(金) 15:42
成さん

「偶然の大切さ」
ほんとうにそうですね。

すばらしいお話ありがとうございます。

別れは悲しいですが、
大切な命は私たちにさまざまなことを教えてくれるのですね。

174.カービーへ 返信  引用 
名前:いくたん    日付:2014/10/31(金) 4:30
昨日、旅だったカービー、今想えば4回さよならの声をあげていました。最期のあなたは家族の見守る中必死で使命を立派にはたしました。         カービーと生きてきた15年と7ケ月思い出いっぱいです。          車の中から外を見るのが大好きだったね。家の窓から外を眺めてもいたね。  可愛い笑顔と何事もマイペースだったカービー。いっぱいありすぎて……。  頭が良すぎて、いたずら好きでやんちゃだったね。             可愛い可愛い、カービーしゃん、今までありがとう、本当にありがとう。   ペンペン同様カービーしゃんのことは、忘れません。            長い間本当にお疲れ様でした。      (いくたんH26.10.31)



175.Re: カービーへ
名前:用務員たま    日付:2014/12/11(木) 3:45
投稿いただいてから、随分日がたってしまいました。
気持ちは落ち着かれたでしょうか。

楽しかった思い出はしばらく胸に痛いかもしれませんね。

でも、カービーちゃんも楽しい思い出をたくさん胸に抱きながら
旅立つことができて、きっと幸せだったでしょう。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb