[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
おっさんの画像掲示版!
ZENNJIROU'S 画像BBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



7902.新年のご挨拶 返信  引用 
名前:ミ美(マリア)    日付:1月19日(日) 0時9分
zeroさんへ
とうとう新年を迎えました


長い間ご無沙汰しています、。
年末から風邪をひき体調を崩しやっと少し元気になりました。
新年のご挨拶も出来ませんでしたが今年も宜しくおねがいいたします。
今年はなんとか良い年になれるように頑張ります。

ミ美

7901.1日のはじめに 返信  引用 
名前:ふたりっ子はん    日付:12月16日(月) 10時42分
★おっさん(=ZEROはん)、おはようございます(^_^)v。
 僕は、おっさんがいなくなってからも、毎日、1日のはじめに、必ず、このページ(上の画像)を見ています(*^_^*)。
 この「行って来るわぁ〜」が、ホンマ、いいですね。
 風呂に行ったら、今でも、おっさんに会えるような気がします。

 近いうちに風呂に行く予定ですよ。

  ……と、ここまで打って、もう画像がアップできないことに気がつきました。
 アップしたかった画像は、おっさんのgooブログの最後の記事です。
http://www.htv-net.ne.jp/~odaka599/

7900.お空から 返信  引用 
名前:ミ美(マリア)    日付:11月4日(月) 16時11分
zeroさん、もう11月になりましたよ。
今日は本当に寒い一日になりまして。
zeroさんは天国で暖かなお風呂に入り美味しいビールを飲んでいますか?
天国からみんなを見守っていてくださいね。
寂しさが募るばかりです。

    ミ美

7899.早いね。 返信  引用 
名前:ミ美(マリア)    日付:9月15日(日) 22時20分
Original Size: 640 x 480, 241KB

あれから早や5か月過ぎようとしています。
いまだに信じられないミ美です。
本当なのと何度も問いかけていますがzeroさんからの答えはかえってきません。
楽しく天国で暮らしていますか?
美味しいビールとハイライトそして朝ぶろと信じています。
あっけらかんと天国にいってしまつたあなた。
この世に未練がなかったのでしょうね。
天国でまた出会えることを楽しみにしています。
見守っていてくださいね。

     ミ美


7898.送り火 返信  引用 
名前:ふたりっ子はん(大阪野郎)    日付:8月18日(日) 11時35分
Original Size: 800 x 800, 61KB Original Size: 800 x 800, 59KB Original Size: 800 x 800, 47KB

★送り火。
 手を合わせる。
 あの世に帰る魂を追いかけていきたいという衝動がある。
 同時に、送り出した、その反動で、逆方向に新たに一歩踏み出そうという気概が沸いてくる。
 魂とともに送り火の上をジャンプした。
 僕の一族にこの風習はない。
 インターネットから得た情報を参考に、いつ頃からか、僕が勝手にやり始めた。
 玄関先から外側に向かって、3度、ジャンプした。
 1度は、お盆の夢に登場した「おっさん」(ZEROさん)の魂とともに。
 
 「おっさん、お気をつけて。」
http://www.htv-net.ne.jp/~odaka599/


7897.★やっぱりお盆やなぁ〜。「おっさん」が会いに来てくれた 返信  引用 
名前:ふたりっ子はん(大阪野郎)    日付:8月16日(金) 12時45分
Original Size: 403 x 237, 90KB

★昨夜、眠る前に、大西ユカリの「天王寺」を聴いた。
 出だしの歌詞で、現在の僕の「重心」が、トロトロッと溶けだしてしまった。

 ♪大阪みなみの玄関口は、
 通天閣がそびえ立つ天王寺。
 坂を下って新世界、動物園に茶臼山。
 おっちゃん、おばちゃん、アベックさんと、
 家族連れまで気楽に過ごす。
 これがおいらのふるさと、天王寺。

 大阪の生野区生まれ、生野区育ちの僕にとって、天王寺は宇宙への出口、あるいは入口だった。
 あこがれ、あきらめ、幻滅、自棄、絶望、希望……人生の感傷の原点だ。

★この♪「天王寺」が、きっと、お盆の、明け方の夢に、初速度を与えたのだろう。

 バリバリと音をたてて、僕は、床の上に白い模造紙をひろげた。
 まず、真ん中に、マジックで大阪環状線・寺田町駅のプラットホームを描いた。
 次に源ヶ橋の交差点から、生野本通商店街、生野中央商店街、生野銀座商店街……と緑色の太線を引いた。
 いつ頃からいたのか? 僕の隣に、4月に亡くなったZEROさん(=通称「おっさん」)がいた。
 露地のこまかな部分は、このおっさんが手伝ってくれた。
 「喫茶太子の筋向かいが駄菓子屋や。おっさん、小さい頃、よ〜、たこ焼き買いに行ったんや」
 「ここをまっすぐ行くと、肉屋の井上はんとこでっしゃろ。井上はんとこの三兄弟は、おっさんの幼なじみやんか」
 おっさんは地図づくりとは直接、関係のないことをベラベラしゃべるが、露地の隅々まで、よく知っていて、ホンマ、頼りになる。
 疎開通沿いに生野中学校、その隣に西生野小学校、勝山通のそばに勝山小学校……と書き込んでいった。
 気がついたら、空が白みはじめている。
 「おっさん、もう夜が明けるでェ。ピッチをあげんとアカンなァ」
 と、顔をあげると、おっさんの姿がない。
 おっさんが使っていた赤マジックだけが転がっている。
 仕方がないので、ひとりで天王寺公園付近を描き始めたが、谷町筋、上町筋、勝山通がこんがらがって、よくわからない。
 汗をかいて、途方に暮れているところで、目が覚めた。……

 夢のピークは、僕が「汗をかいて、途方に暮れている」場面だった。
 しかし、目覚めてからのピークは「おっさんが使っていた赤マジックだけが転がっている」光景だった。
 赤マジックを見つめていたら、おっさんのブログの最後の記述「行って来るわぁ〜。おっさん何時も通り、今日も朝風呂に出かけてますぅ〜」という声が聞こえてきた。

 画像=冬のお天道さんを浴びて、芝生(大阪管区気象台跡地)に横たわり、大好きなハイライトを吸うおっさんの勇姿(ZEORさんのブログ「2月20日」から)。
http://www.htv-net.ne.jp/~odaka599/


7896.ありがとうございました。 返信  引用 
名前:ミ美(マリア)    日付:7月23日(火) 14時21分
zeroさんへ
今日掲示板を見て初めて知り本当にショックをうけております。
4月15日ミニ野菜の画像を送ってくださり美味しく食べたとの報告を受けミ美もその後体調を壊して訪問をしていなくてまさかの出来事に動転しています
訪問がないのはお仕事が入り忙しいとばかり思っていました・・・・
今はzeroさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
長い間お付き合いいただき感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。

   ミ美

7895.ありがとうございました 返信  引用 
名前:    日付:6月20日(木) 16時28分
ZEROさん お姿をお見かけしないのでお仕事がお忙しいのかと思っていました。。。
今 言葉にできないほどのショックを受けています。
旅立つ前に大好きな朝風呂に入ることができたんですね。
大好きなお酒も飲めたのかな・・・?
ZEROさんらしい旅立ちだったのかな・・・と今 考えています。

ZEROさん 温かい言葉をたくさんたくさんありがとうございました!
安らかに御眠りください。

7894.4月にお亡くなりになられたと今日知りました 返信  引用 
名前:万五郎    日付:6月17日(月) 0時0分
よっしゃん、このところ書き込みがなかったので
どうかされたのかなと思っておりましたが
4月に朝風呂に行かれた後で、お亡くなりになったとは
天国でも大好きなビールたくさん飲んでください。
ありがとうございました
ご冥福をお祈りいたします

7893.祈る・ZEROはんの『のほほん 日和見帳』の復活! 返信  引用 
名前:ふたりっ子はん&大阪野郎    日付:6月7日(金) 4時43分
Original Size: 800 x 800, 168KB

★ZEROはん、その後、具合はいかがですか?
 遂に6月――僕は6月というと、伊東静雄の詩「水中花」が口を衝いて出てきて、身が引き締まります。

 今歳(ことし)水無月(みなづき)のなどかくは美しき。
 軒端(のきば)を見れば息吹のごとく
 萌えいでにける釣つりしのぶ。
 忍しのぶべき昔はなくて
 何なにをか吾の嘆きてあらむ。
 六月の夜と昼のあはひに
 万象のこれは自ら光る明るさの時刻。
 遂ひ逢はざりし人の面影
 一茎(いつけい)の葵の花の前に立て。
 堪へがたければわれ空に投げうつ水中花。
 金魚の影もそこに閃(ひらめ)きつ。
 すべてのものは吾にむかひて
 死ねといふ、
 わが水無月のなどかくはうつくしき。

 一昨日は、北国への出張でした。
 ずっと新幹線でもよかったのですが、時間に余裕があったので、旅程の最終区間は在来線に乗り換えました。
 新幹線だと、30分。
 在来線だと、1時間30分。
 画像は、その乗換駅で、ひとつ向こうのホームをパチリ。
 静かなプラットホームで、こんなふうに列車を眺めていると、伊勢物語の「はるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」とか「かぎりなく遠くも来にけるかな」とかというしみじみとした旅情にうたれるとともに、「すべてのものは吾にむかひて/死ねといふ、/わが水無月のなどかくはうつくしき」という静雄の絶唱に襲われました。

 僕の人生の旅はもう少しつづきます。
 祈る・ZEROはんの『のほほん 日和見帳』の復活!
http://www.htv-net.ne.jp/~odaka599/



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb