[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
伊勢中世史研究会掲示板
中世の伊勢に関して議論をしていく掲示板です。会員の方以外もご自由にどうぞ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




491.第26回中世土器研究会のご案内 返信  引用 
名前:伊藤裕偉    日付:2007年11月17日(土) 23時0分
中世土器研究会からの案内をお知らせします。

第26回中世土器研究会:瓦質土器の出現と定着‐瓦質土器を考える‐(前編)
日時: 平成19年12月1日(土)・2日(日)
会場: 大手前大学 メディアライブラリーCELL(西宮市御茶家所町6-42)   
JR神戸線さくら夙川駅、阪急神戸線夙川駅、または阪神線香櫨園駅より徒歩約7分。 
会費: 参加費1500円、懇親会費4000円程度
共催: 大手前大学史学研究所
内容
中世後期を代表する瓦質土器は、近年各地で研究が進展し、その出現が中世前期までさかのぼること、また瓦質焼成の技術系譜が多元的であることが明らかになってきています。今回の研究会では、この瓦質土器出現の契機と技術拡散過程に焦点をあて、中世前期から15世紀ごろの全国各地の様相を整理してゆくなかで、鍋や釜も含めた瓦質焼成製品がいつごろ、どのような過程で出現、定着していくのかを検討し、その地域性を議論したいと思います。
第一日目(14:00開会、17:10閉会)   
  13:30〜       受付
  14:00〜14:10   開会挨拶、事務連絡
  14:10〜14:50   瓦質土器研究の課題      佐藤亜聖((財)元興寺文化財研究所)
  14:50〜15:30   京都・奈良の瓦質土器     立石堅志(平城遷都1300年記念事業協会) 
  15:30〜16:10   大阪の瓦質土器         續伸一郎(日本中世土器研究会)
  16:10〜16:30   休憩・遺物見学
  16:30〜17:10   四国の瓦質土器         首藤久士(西条市教育委員会)
  17:30〜       懇親会

第二日目(10:00開会、16:00閉会)
   9:30〜        開場
  10:00〜10:40   九州の瓦質土器       山本哲也(大分市教育委員会)
  10:40〜11:20   鎌倉の瓦質土器       鈴木弘太(鶴見大学大学院)
  11:20〜12:00   東北の瓦質土器       高桑登((財)山形県埋蔵文化財センター)
  12:00〜13:00   昼食・遺物見学
  13:00〜13:40   北陸の瓦質土器       滝川重徳(石川県金沢城調査研究所)
  13:40〜14:00   休憩・遺物見学
  14:00〜16:00   討論

申し込み ・参加をご希望の方は、懇親会出席の有無も記入して、11月30日までにe-mailでお申し込みください。
中世土器研究会Webサイト管理人:chudoken@hotmail.com
・各遺跡の出土資料をお持ちいただけると幸いです。当日は会場内に展示スペースを設けます。
・宿泊は各自でご手配ください。神戸(三宮)、大阪(梅田)周辺のご宿泊が便利です(それぞれ鉄道で15分程度)。
・図書交換をご希望の場合は、スペースの都合もございますので、管理人まであらかじめお知らせください。



718.『大内氏館跡12』と『陶窯跡群I』の報告書を頒布します
名前:山口市教育委員会 北島大輔    日付:2011年7月4日(月) 12時52分
山口市教育委員会では、このたび上記の報告書を刊行しました。
・『大内氏館跡12』…龍福寺本堂地下など大内氏館跡中心部の発掘調査成果や自然科学的論考などを収録。
・『陶窯跡群 I』…県内最大規模を誇る須恵器窯跡群の発掘調査成果を収録。窯6基からの出土品は周防地域の古代須恵器編年の基準資料として注目されます。

注文方法
 山口市歴史民俗資料館窓口で頒布するほか、郵送でもご注文いただけます。
 郵送をご希望の場合は、送り先と冊数を明記の上、現金書留か郵便局の定額小為替にて、価格と送料の合計金額を下記まで送付してください。ご注文はFAXでも受けております。なお、送料に関しては、着払いにすることもできます。 

定価
 『大内氏館跡12』2,400円(送料別途 1冊450円)
 『陶窯跡群 I』  1,700円(送料別途 1冊340円)

問合せ・申込み先
 山口市歴史民俗資料館 
 住所:〒753-0073 山口市春日町5番1号
 TEL兼FAX:083-924-7001
 E-mail:yrekimin@c-able.ne.jp
http://www.city.yamaguchi.lg.jp/dannai/soshiki/kyouiku/bunkazai/H22-houkokusyo.html


747.『大内氏館跡13』刊行しました
名前:北島大輔    日付:2012年5月24日(木) 21時7分
中世の山口を拠点に活躍した守護大名大内氏の館跡の発掘調査の報告書を刊行しました。山口市歴史民俗資料館において1冊3,900円で販売します。
 大内氏館跡の史跡整備に伴って、指定地北部で実施した第16・18・30・36次調査の成果を報告しています。調査では、館の外郭施設のほか、庭園状遺構や方形石組・石組水路・廃棄土坑などを検出し、土師器皿や動物遺存体などが大量に出土しました。
 館跡北部の変遷と空間構成、動物遺存体について考察を行なうとともに、大内氏の宴の再現なども行なっています。

注文方法
 山口市歴史民俗資料館窓口で頒布するほか、郵送でもご注文いただけます。
 郵送をご希望の場合は、送り先と冊数を明記の上、現金書留か郵便局の定額小為替にて、下記まで送付してください。ご注文はFAXでも受けております。なお、送料は着払いとなります。 

定価
 『大内氏館跡13』3,900円
 『大内氏館跡12』2,400円
 『大内氏館跡11』2,400円

問合せ・申込み先
 山口市歴史民俗資料館 
 住所:〒753-0073 山口市春日町5番1号
 TEL兼FAX:083-924-7001
 E-mail:yrekimin@c-able.ne.jp
http://www.city.yamaguchi.lg.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=4429

981.三重県埋蔵文化財センターのFBページ開設しました 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年4月27日(月) 7時15分
三重県埋蔵文化財センターのFBページが開設されました。下のアドレスからご覧ください。
https://www.facebook.com/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C%E5%9F%8B%E8%94%B5%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-107620164259157
https://www.facebook.com/%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C%E5%9F%8B%E8%94%B5%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-107620164259157

977.第53回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年3月8日(日) 8時20分
皆様
見出しの会を行いますので、奮ってご参加ください。
日時:令和2年3月15日(日)9時30分から16時まで
場所:丹生神宮寺(三重県多気郡多気町丹生)
内容:神宮寺山門瓦のデータ取りと分布調査を行います。



978.Re: 第53回三重県の中近世瓦を見る会のご案内
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年3月17日(火) 9時2分
本日、第53回三重県の中近世瓦を見る会を開催しました。

参加者は、河北さん、亀山さん、藤岡さん、竹田の4名でした。

丹生神宮寺山門の鳥衾瓦、軒隅丸瓦、軒隅平瓦のデータ取りと、神宮寺山門に特徴的な、一巴文軒平瓦と雷文軒平瓦が使用されている寺院がないかを確認してきました。写真の宝篋印塔は相可浄光院のものです。

作業途中、神宮寺さんから、地元産の大きなイチゴを差し入れていただきました。12個いただいたので、ひとり3個です。

次回の調査は、4月19日(日)に行います


979.Re: 第53回三重県の中近世瓦を見る会のご案内
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年3月17日(火) 17時17分
Original Size: 960 x 720, 94KB Original Size: 720 x 960, 162KB

調査時の写真です。



980.Re: 第53回三重県の中近世瓦を見る会のご案内
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年4月9日(木) 5時38分
皆様
昨今の新型ウィルスによる、肺炎蔓延の影響を受けて、4月18日に予定していました石造物調査会を延期することになりました。
終息後、改めて日程調整をいたしますので、よろしくお願いします。

975.再発見 東紀州の城の入手方法について 返信  引用 
名前:渡P敏文    日付:2020年2月11日(火) 20時49分
お世話になります。伊藤徳也氏の「再発見 東紀州の城」の入手方法についてご教示をお願いいたします。



976.Re: 再発見 東紀州の城の入手方法について
名前:事務局 竹田憲治    日付:2020年2月22日(土) 5時39分
渡瀬様
入手についてのご連絡をメールしましたのでご確認ください。メールではお名前を間違えてしまっておりました。ご容赦ください。

966.白米家墓地総合調査報告書入手希望 返信  引用 
名前:上平    日付:2019年10月29日(火) 0時6分
はじめまして、東京の上平と申します。
白米家墓地総合調査報告書の入手を希望しています。
頒布可能な報告書は残っていますでしょうか。
お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。



969.Re: 白米家墓地総合調査報告書入手希望
名前:竹田憲治    日付:2019年12月15日(日) 7時29分
上平様
ご返事が遅くなり、申し訳ありません。一冊500円+送料にて頒布することができます。ご検討ください。


974.Re: 白米家墓地総合調査報告書入手希望
名前:上平    日付:2020年2月9日(日) 9時18分
竹田様
お世話になります。
郵便振替にて送金させて頂きました。
ご確認の程宜しくお願い致します。
尚、不備等ございましたらお手数ですが
メールにご連絡頂ければ幸いです。

973.第52回三重県の中近世瓦を見る会 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2020年1月11日(土) 21時40分
今日は月例の三重県の中近世瓦を見る会、多気町丹生神宮寺山門瓦の実測と写真撮影を行いました。
これで実測と写真撮影は終了。次回3月15日にはデータ取りを行います。

972.第52回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2020年1月1日(水) 9時18分
皆様
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、見出しの会を行いますので、奮ってご参加ください。
日時:令和2年1月11日(土)9時30分から16時まで
場所:丹生神宮寺(三重県多気郡多気町丹生)
内容:神宮寺山門瓦の写真撮影を行います。

971.第49回三重大学歴史研究会大会の御案内 返信  引用 
名前:三重大学歴史研究会事務局    日付:2019年12月30日(月) 17時59分
Size: 273KB

 三重大学歴史研究会大会を、次のように開催します。午前は学生の研究報告を2本予定しています。
 午後は、専門の研究者をお招きし、御講演いただきます。末吉氏からは、江戸時代初期の城下町から考える現代のまちづくりについて、主に水害の観点から報告いただきます。瀧川氏からは、三重県史の編さんや企画展「三重の仏像」の展示を通じてわかった様々なことについて、平安・鎌倉時代の仏像を中心にその概要を報告いただきます。
 例年、会員以外の一般の方にも多く御参加いただいております。日程のうちの一部のみの参加も可能です。今大会もみなさまの幅広い御参加をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

第49回三重大学歴史研究会大会
日時:令和2年2月1日(土)午前8:45 受付開始
場所:三重大学地域イノベーション研究開発拠点C棟
   イノベーションホール

【大会日程】
8:45 受付開始
9:15 開会
9:25 学生部会報告
     「大名茶の受容」
     「近代中国における流行歌の創出」
11:30〜13:00〔昼食休憩〕
13:00 講演
     末吉 敏弘 氏(三重大学大学院地域イノベーション学研究科博士課程)
     「慶長期城下町に見る現代のコンパクトなまちづくりの将来像
                         〜水害の観点から〜」
     瀧川 和也 氏(三重県総合博物館展示・交流事業課長)
     「三重の仏像―平安・鎌倉時代を中心に―」
16:10 閉会

※講演終了後は、会員の総会等となりますので、会員以外の方は16:10迄となります。
※会員以外の方は資料代(200円)をお願いいたします。

〈お問合わせ〉
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学教育学部歴史学研究室内 三重大学歴史研究会
電話(059)−231−9219(大坪) E-mail:otsubo@edu.mie-u.ac.jp

 会場の位置は添付のチラシ2枚目か、三重大学ホームページを参照してください。トップページ一番下(緑色の部分)の右端にある「キャンパスマップ」をクリックするとマップが表示されます(マップを更にクリックすると拡大表示されます)。マップ内のアルファベットのOが地域イノベーション研究開発拠点で、この中のC棟が会場となります。


970.第51回三重県の中近世瓦を見る会のご報告 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2019年12月22日(日) 17時30分
今日は、月例の三重県の中近世瓦を見る会、三重県多気町丹生の神宮寺山門に使われていた鳥衾と軒隅瓦の実測を行いました。
実測はほぼ終了、次回(1月11日)は写真撮影を行います。

968.第51回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2019年12月15日(日) 7時27分
皆様
見出しの検討会を開催しますので、よろしくお願いします。
日時:令和元年12月22日(日)9時30分〜
集合場所:丹生神宮寺(多気郡多気町丹生)
作業内容:神宮寺山門瓦の実測を行います。実測用具をご持参ください。

967.徳川四天王本多家と家臣たち 返信  引用 
名前:おたどさん    日付:2019年12月13日(金) 21時18分
徳川四天王本多家の岡崎藩主就任250年を記念して、本多家と家臣をテーマとしたシンポジウムが開催されます。


1名称 本多家シンポジウム 「徳川四天王本多家と家臣たち―忠節を守るを侍と申す也―」
2日時 令和2年2月16日 日曜日 13時〜17時(12時30分開場)
3会場 岡崎信用金庫本店2階大ホール(菅生町)
4定員 200人(事前申し込み不要、当日先着順)
5シンポジウム内容
 ・基調講演
  小宮山敏和氏(国立公文書館)「徳川四天王と家臣たち」
 ・報告1
  水野伍貴氏(株式会社歴史と文化の研究所)「関ヶ原合戦における本多家」
 ・報告2
  石神教親氏(桑名市役所ブランド推進課)「桑名時代の本多家」
 ・報告3
  湯谷翔悟(岡崎市美術博物館)「本多家の家臣団」
 ・パネルディスカッション
  司会 堀江登志実(岡崎市美術博物館)
6主催 岡崎市美術博物館
7協力 岡崎信用金庫
8後援 岡崎商工会議所

965.再発見 東紀州の城 返信  引用 
名前:増山 政昭    日付:2019年8月12日(月) 8時55分
伊藤徳也氏の「再発見 東紀州の城」が刊行されたことを知りました。
入手したいと思いますので、申込み、送金方法など教えて頂きたいと
思います。よろしくお願いします。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb