[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
伊勢中世史研究会掲示板
中世の伊勢に関して議論をしていく掲示板です。会員の方以外もご自由にどうぞ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




966.白米家墓地総合調査報告書入手希望 返信  引用 
名前:上平    日付:2019年10月29日(火) 0時6分
はじめまして、東京の上平と申します。
白米家墓地総合調査報告書の入手を希望しています。
頒布可能な報告書は残っていますでしょうか。
お手数ですがご連絡頂ければ幸いです。

965.再発見 東紀州の城 返信  引用 
名前:増山 政昭    日付:2019年8月12日(月) 8時55分
伊藤徳也氏の「再発見 東紀州の城」が刊行されたことを知りました。
入手したいと思いますので、申込み、送金方法など教えて頂きたいと
思います。よろしくお願いします。

909.再発見 志摩・南伊勢の城 返信  引用 
名前:増山 政昭    日付:2016年6月5日(日) 19時51分
私も伊藤徳也氏の出された「再発見 志摩・南伊勢の城」の入手したいのですが
で入手方法お知らせいただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。



911.Re: 再発見 志摩・南伊勢の城
名前:事務局    日付:2016年6月21日(火) 6時34分
ご返事が遅れまして、申し訳ありません。
購入方法について、メールを差し上げましたので、ご確認ください。


960.Re: 再発見 志摩・南伊勢の城
名前:青木 良二    日付:2019年6月13日(木) 21時55分
>遅ればせながら 私も伊藤徳也氏の出された「再発見 志摩・南伊勢の城」の入手したいのですが
> で入手方法お知らせいただけないでしょうか。
> 宜しくお願いいたします。


961.Re: 再発見 志摩・南伊勢の城
名前:事務局    日付:2019年6月16日(日) 6時36分
志摩・南伊勢の城は、残部がどれほどあるかを調べています、しばらくお待ちください。


963.Re: 再発見 志摩・南伊勢の城
名前:事務局    日付:2019年6月17日(月) 8時22分
増山様
残部を確認しましたが、販売用の残部はありませんでした。
もうしわけありません。


964.Re: 再発見 志摩・南伊勢の城
名前:事務局    日付:2019年6月17日(月) 8時24分
すみません、青木様でした。

962.令和元年度総会及び第1回例会のご報告 返信  引用 
名前:事務局    日付:2019年6月16日(日) 6時41分
皆様
6月15日に、総会及び今年度第1回の例会を開催しました。
総会では平成30年度事業報告・決算報告、令和元年度事業計画・予算案が可決しました。

例会では、伊藤裕偉氏「棟札資料論〜紀伊国入鹿八幡宮棟札に見る中世以降の地域動向〜」、水谷侃司氏「松坂城下町の調査成果について」の2本の報告がありました。

いずれも興味深い内容で、活発な議論を行うことができました。今後が楽しみです。

959.野村証券パート2 返信  引用 
名前:おたどさん    日付:2019年6月6日(木) 18時4分
野村證券津支店のショーウィンドウにおいて、桑名市の
PR展示を開催します。

関連行事第2弾
講座:7月2日(火)13:30〜15:00
場所:野村證券津支店6階ホール
講師:石神教親(桑名市役所ブランド推進課)
演題:「長島一向一揆と安濃津」
定員:50名 ※参加費無料
申込先:野村證券津支店 059-223-2111

958.「再発見 東紀州の城」 購入したい 返信  引用 
名前:山本芳文    日付:2019年6月5日(水) 10時20分
今年度の「伊賀中世城館調査会」総会に間に合えば、当日購入したいのでお願いします。
以上

957.野村證券 返信  引用 
名前:おたどさん    日付:2019年6月1日(土) 16時24分
野村證券津支店のショーウィンドウにおいて、下記内容で桑名市の
PR展示を開催します。
津駅前ですので、津に行く機会がありましたら、ご覧ください。

【期間】
  令和元年6月3日(月)〜令和元年8月30日(金)

【展示内容】
  石取祭・伊勢太神楽・六華苑・はまぐりなどのパネル

【関連行事】
   講座:6月6日(木)13:30〜15:00
   場所:野村證券津支店6階ホール
   講師:久保田恵友(桑名市観光文化課 学芸員)
演題:「桑名石取祭とユネスコ無形文化遺産
       〜山・鉾・屋台行事の世界〜」
   定員:50名 ※参加費無料
   申込先:野村證券津支店 059-223-2111

956.『再発見 東紀州の城』のご案内 返信  引用 
名前:事務局    日付:2019年5月5日(日) 9時9分
Original Size: 720 x 960, 209KB Original Size: 720 x 960, 145KB

会員の皆様

会員でもある伊藤徳也さんの城郭縄張り図集の第3弾、『新発見 東紀州の城』が刊行されました。購入されたい方は、添付ファイルをご覧のうえ、購入希望冊数、送り先、氏名を記して申し込みをお願いします。


955.第43回三重県の中近成瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2019年4月3日(水) 18時42分
皆様

桜の花が満開ですが、肌寒い日が続いています。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、第43回三重県の中近世瓦を見る会を下のように行いますので、奮ってご参加ください。

日時:平成31年4月14日(日)9時30分から
場所:多気町丹生神宮寺
内容:丹生神宮寺山門瓦の実測、写真撮影
神宮寺山門に使われていた瓦(江戸中期以降)の実測と写真撮影を行います。実測用具持参でお願いします。

954.第42回三重県の中近世瓦を見る会 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2019年3月25日(月) 7時13分
皆様
第42回三重県の中近世瓦を見る会を行いますので、年度末のお忙しい時期ですが、よろしくお願いします。
日時:平成31年3月30日(土)9時30分から
集合場所:丹生神宮寺
調査内容:丹生神宮寺山門の瓦の実測と写真撮影を行います。道具持参でお願いします。

952.『ふびと』最新号のご案内 返信  引用 
名前:三重大学歴史研究会    日付:2019年2月16日(土) 21時57分
 三重大学歴史研究会では、このたび『ふびと』70号を刊行しました(1冊1,300円)。ご興味のある方はぜひともご購入ください。

【69号 目次】
特集「歴史遺産の発掘と活用―三重県南部地域の事例から―」
藤田 達生:特集にあたって
磯野 巧 :三重県南部地域の活性化に向けた地理学的アプローチの可能性
伊藤 裕偉:歴史遺産の継承に歴史学関係者はどう向き合うのか
安部龍太郎:紀伊半島を訪ねて―鳥羽・熊野での取材から―
〈論文〉
藤田 達生:二条城と慶長期の国制―延命寺本洛中洛外図屏風の世界―
藤谷 彰 :野村増右衛門像の再考
〈研究ノート〉
石神 教親:『平家物語』と多度大社
〈史料紹介〉
斎藤 隼人:三重県立図書館所蔵「白子領下津大庄屋文書」目録
〈講演〉
杉山 清彦:近世東アジアの二つの武人政権―大清帝国と織豊政権・徳川幕府―
ふびと61〜70号目録

 また、バックナンバーも販売しております。三重県内を中心とした研究、遺跡・古墳の発掘調査などの報告が多数あります。
 購入を希望されます方・バックナンバーのお問い合わせは下記までご連絡ください。
 2,000円以上購入の場合は送料無料です。振込手数料は購入者負担となります。発送までは日数がかかる場合がありますので、予めご了承下さい。

【連絡先】
〒514-8507
三重県津市栗真町屋町1577
三重大学教育学部歴史学研究室内
三重大学歴史研究会
電話:059−231−9219(大坪研究室)

951.第41回三重県の中近世瓦を見る会 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2019年1月27日(日) 17時44分
第41回三重県の中近世瓦を見る会を行いますので、よろしくお願いします。
日時:平成31年2月10日(日)9時30分から
集合場所:丹生神宮寺
調査内容:丹生神宮寺山門の瓦の実測と拓本を行います。道具持参でお願いします。

950.第48回三重大学歴史研究会大会の御案内 返信  引用 
名前:三重大学歴史研究会    日付:2018年12月15日(土) 11時47分
Size: 265KB

 三重大学歴史研究会大会を、次のように開催します。
 午前は、学生の研究報告を2本予定しています。
 午後は、欧州軍事博物館の国民統合機能に関する比較考察、江戸時代の城下町空間の形成について、それぞれ専門の研究者をお招きし、御講演いただきます。
 例年、会員以外の一般の方にも多く御参加いただいております。日程のうちの一部のみの参加も可能です。今大会もみなさまの幅広い御参加をいただきますよう、よろしくお願いいたします。

第48回三重大学歴史研究会大会
日時:平成31年2月2日(土)午前8:30 受付開始
場所:三重大学地域イノベーション研究開発拠点C棟
   イノベーションホール

【大会日程】
8:30 受付開始
9:00 開会
9:10 学生部会報告
     「幕末における松浦武四郎の人物関係」
     「中国キリスト教の受容と禁教の背景」
11:30〜13:00〔昼食休憩〕
13:00 講演
     馬原 潤二 氏(三重大学教育学部准教授)
     「メモリーとしてのミリタリー
       ―欧州軍事博物館の国民統合機能に関する比較考察」
     山村 亜希 氏(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授
             三重大学大学院地域イノベーション学研究科客員准教授)
     「近世城下町空間の形成過程」
16:10 閉会

※講演終了後は、会員の総会等となりますので、会員以外の方は16:10迄となります。
※会員以外の方は資料代(300円)をお願いいたします。

〈お問合わせ〉
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学教育学部歴史学研究室内 三重大学歴史研究会
電話(059)−231−9219(大坪) E-mail:otsubo@edu.mie-u.ac.jp

会場の位置は添付のチラシ2枚目か、三重大学ホームページを参照してください。トップページ一番下(緑色の部分)の右端にある「キャンパスマップ」をクリックするとマップが表示されます。マップ内のアルファベットのOが地域イノベーション研究開発拠点で、この中のC棟が会場となります。


949.第39回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2018年12月12日(水) 7時16分
皆様

12月16日(日)に調査会を行いますので、ふるってご参加ください。
日時:12月16日(日)9時30分から16時
場所:丹生神宮寺
実見資料:神宮寺山門瓦(江戸時代中期以降)
※神宮寺の山門で使用されていた瓦の拓本と実測を行います。参加される方は、実測用具、拓本用具をご持参ください。

948.第38回三重県の中近世瓦を見る会のご案内 返信  引用 
名前:竹田憲治    日付:2018年11月19日(月) 5時40分
皆様

第37回のご案内をパスしちゃいました。すみません。
見出しの研究会を行いますのでふるってご参加ください。
日時:平成30年11月24日(土)9時30分から16時まで
場所:神宮寺(三重県多気郡多気町丹生)
資料:神宮寺山門瓦
内容:神宮寺山門瓦の洗浄、拓本、実測を行います。洗浄道具(ブラシ、タワシ、バケツ)、拓本用具、実測用具をご持参ください。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb