[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
老健レセプト点検

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



519.(untitled) 返信  引用 
名前:しばこ    日付:2009/7/24(金) 14:40
再び血糖の事なのですが・・・
特養で耳からの血糖を、特養の看護師さんが測定したらこれは何の算定もできないのでしょうか? 

 あと以前の書き込みをみていて、特養の看護師さんがした行為はすべて、薬剤まで算定不可とあったのですが、不可なのでしょうか?
当院では薬剤のみとるよう、引継ぎをしてもらった事務の方から教わり、そのようにしていたのですが。。。
でも一度も返戻はないのですが、今まで間違えていたのでしょうか?今非常に焦ってます。



520.特養の看護師の医療行為
名前:    日付:2009/7/24(金) 19:17
医師以外が医療機関以外で単独で医療行為をした場合に算定できるものは、決められています。

看護師の場合は、「C005 在宅患者訪問看護・指導料」、「C005ー2 在宅患者訪問点滴注射管理指導料(1週につき)」

理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士の場合は、「C006 在宅患者訪問リハビリテーション指導管理料」

薬剤師の場合は、「C008 在宅患者訪問薬剤管理指導料」

管理栄養士の場合は、「C009 在宅患者訪問栄養食事指導料」

以上のもの以外は、実施しても算定できません。

看護師の場合、医師の指示の基に算定できる医療行為は、多数ありますが、医師の監視下にない患家では、上記以外の診療行為は算定できません。

薬剤まで算定不可ですが、例えば、投薬ですと処方等は医師がしますので、その薬剤を飲ませる等の行為を看護師が実施しても薬剤が算定できないことはありません。注射も同じで算定負荷ですが、在宅で投与可能な注射薬の場合は、投薬と同じで、看護師のサービス行為であり薬剤が算定できないことはありません。

又、返戻がない査定がないからといって正しいとは限りません。レセプトからは、施設の看護師が実施したか意思が実施したかがわからない場合があります。

511.医療保険と介護保険の訪問看護算定基準について 返信  引用 
名前:かね    日付:2009/7/18(土) 23:1
診療所で事務をしています。
看護師が訪問看護にいきます。医療保険の在宅患者訪問看護指導料と介護保険の訪問看護費どちらで算定すればよいのでしょうか。算定の基準を教えて下さい。



512.Re: 医療保険と介護保険の訪問看護算定基準について
名前:    日付:2009/7/22(水) 13:9
迷うということは、患者さんは、要支援・要介護者ということですね。

普通は、分かって訪問しているはずですが?

要支援・要介護者のうち下記の状況のときは、医療保険での請求になります。
 ●末期の悪性腫瘍の方
 ●厚生労働大臣が定める疾病等 の方(神経難病等)
●急性増悪期の方(14日以内)


513.Re: 医療保険と介護保険の訪問看護算定基準について
名前:かね    日付:2009/7/22(水) 21:50
山様
言われるとおりです。
返信ありがとうございました。

492.(untitled) 返信  引用 
名前:さり    日付:2009/5/14(木) 12:11
すみませんが、また質問させて下さい。
特別養護老人ホームの配置医師ですが、特別の必要があって行う診療とは、

「緊急の場合以外でも検査・画像診断の為の外来受診した場合等も該当する」ということですが、定期検診で画像や検査の為外来受診した場合でも再診料は算定できるのでしょうか?ご教授よろしくお願いします。



494.Re: (untitled)
名前:    日付:2009/5/21(木) 16:58
事務連絡(平成18年4月24日)では
http://www.hospital.or.jp/pdf/14_20060424_01.pdf

『2 通知の3において、「保険医が、配置医師でない場合については、緊急の場合又は患者の傷病が当該配置医師の専門外にわたるものであるため、特に診療を必要とする場合を除き、それぞれの施設に入所している患者に対してみだりに診療を行ってはならない」とされたが、この趣旨は、緊急の場合や専門外にわたる場合に、入所からの求め(入所者のニーズを踏まえた家族や施設側からの求めよる場合を含む。以下同じ。)に応じ、配置医師でない保険医が往診を行うことを妨げるものではないこと。』

と通知されており、「緊急の場合」や「配置医師の専門外の他医の診療」は、配置医師以外の保険医の診療として規定されている範囲で診療報酬の請求は認められております。
「在宅療養指導管理料」も配置医師が専門外で他医が実施したのであれば、その請求に制限はなく、保険請求すべきです。そうでなければ、特別養護老人ホームの負担すべき配置医師に対する委託料も高額となってしまい特別養護老人ホームの存続にも影響するでしょう。

また、役所によっては、特別養護老人ホームの入所者が治療のために医療機関に定期的に受診することを「配置医師が委託されている入所者に対して行う健康管理、生活指導等」と勘違いする場合もあるかもしれません。(従って、これに関する、診察料の請求はできないと解釈する場合もあるようです。)

配置医師の委託されている定期的な訪問はせいぜい週1回くらいでしょう。入所者が、疾病のために配置医師の医療機関に受診した場合(又は、定期訪問以外の往診)は、委託料に含まれている「健康管理、生活指導等」ではありません。ですから、通知では、「特別の必要があって行う診療」についての初診料、再診料(外来診療料を含む。)、小児科外来診療料及び往診料の算定は制限していません。


497.Re: (untitled)
名前:さり    日付:2009/5/22(金) 10:34
分かりました。いつもご指導ありがとうございます


509.Re: (untitled)
名前:シーラ    日付:2009/7/14(火) 23:21
山サンに質問です。

古レスで申し訳ないです。

内科Drが配置医師の場合…
眼科や皮膚科、外科等は初・再診料が算定できると思いますが、
配置医師が学会等で不在の場合、他の内科Drが病院で診療を
行った場合は初・再診料は算定できるのでしょうか?


510.Re: (untitled)
名前:    日付:2009/7/16(木) 23:5
上記に記載したとおり、「配置医師の委託されている定期的な訪問はせいぜい週1回くらい」です。

委託されている「健康管理、生活指導等」以外の治療が必要な患者に対する診療は、再診料の算定対象です。

したがって、明細書記載要領では

『オ 平成18年3月31日保医発第0331002号通知に規定する特別養護老人ホーム等に入所中の患者について診療報酬を算定した場合は、「特記事項」欄に「施」と記載すること。
なお、当該診療が同通知に規定する配置医師による場合は、「摘要」欄に「配」と表示して回数を記載すること。
また、同一月内に同一患者につき、特別養護老人ホーム等に赴き行った診療と、それ以外の外来分の診療がある場合は、それぞれ明確に区分できるよう「摘要」欄に記載すること。』

基本的に医療機関で実施する診療は委託されているもの以外です。

503.同日の緊急往診と訪問診療の算定 返信  引用 
名前:なかちゃん    日付:2009/7/1(水) 22:51
 教えて下さい。
 定期的に訪問診療を行っている患者様ですが、午後に訪問診療の予定でしたが午前中(8時20分)に家族より往診の依頼があり緊急往診に行きました。その後予定してた通りに訪問診療を実施しました。この場合、両方(緊急往診、訪問診療)の算定は可能でしょうか。



504.Re: 同日の緊急往診と訪問診療の算定
名前:    日付:2009/7/2(木) 12:44
C001 在宅患者訪問診療料に関する通知では

(12) 往診の日又はその翌日に行う訪問診療の費用については、算定できない。ただし、在宅療養支援診療所若しくは在宅療養支援診療所と連携する保険医療機関(特別の関係にある保険医療機関を含む。)又は在宅療養支援病院の保険医が、往診及び訪問看護により24時間対応できる体制を確保し、在宅療養支援診療所又は在宅療養支援病院の連絡担当者の氏名、連絡先電話番号等、担当日、緊急時の注意事項等並びに往診担当医及び訪問看護担当者の氏名等について、文書により提供している患者に対して、往診を行った場合はこの限りではない。

在宅療養支援診療所では、基本的に必要性があれば、算定可能のようです。

往診したその日の訪問診療の必要性に疑義が出るかもしれません。(症状詳記があれば、いいでしょう。)


508.Re: 同日の緊急往診と訪問診療の算定
名前:なかちゃん    日付:2009/7/2(木) 23:1
山さま
ありがとうございました。

505.末期の悪性腫瘍患者さんにとれる点数 返信  引用 
名前:かね    日付:2009/7/2(木) 14:31
末期の悪性腫瘍患者さんが今月から診療所でみることになりました。
月2回の訪問診療を予定しています。とれる点数を教えて下さい。



506.Re: 末期の悪性腫瘍患者さんにとれる点数
名前:    日付:2009/7/2(木) 19:56
計画的な医学管理の下に訪問診療を実施していて場合に算定できる総合管理料には下記の2つがあります。

在宅末期医療総合診療料の算定要件の1つである「訪問看護」については、自院ではなくとも、訪問看護センターの「訪問看護」でいいのです。その場合、医師の「訪問診療」1回と「訪問看護」が3回あれば、週ごとに算定可能です。
ただし、訪問看護センターの「訪問看護」の費用は、医療機関が負担します。

C003 在宅末期医療総合診療料(1日につき)

計画的な医学管理の下に総合的な医療を提供した場合に1週を単位として算定


在宅時医学総合管理料(月1回)

計画的な医学管理の下に月2回以上の定期的な訪問診療を行っている場合


507.Re: 末期の悪性腫瘍患者さんにとれる点数
名前:かね    日付:2009/7/2(木) 21:17
山様
返信ありがとうございました。助かりました。
いつも思うんです。「医科点数表の解釈」ってわかりにくいー。

500.管理料について 返信  引用 
名前:さり    日付:2009/6/5(金) 9:27
また質問なのですが、
特別養護老人ホームの配置医師です。
入所している方の中に難病外来指導管理料に該当する病名の方がいます。
特別養護老人ホーム等における療養の給付の取り扱いについての中で、算定できない管理料に含まれていないので普通通り算定してよろしいんですよね?初歩的な質問ですみませんが、不安でおたずねしてます。



501.Re: 管理料について
名前:    日付:2009/6/17(水) 1:48
通知どうりでよいと思います。


502.Re: 管理料について
名前:さり    日付:2009/6/17(水) 10:39
山様 いつも返信ありがとうございます

499.公費併用の一部負担額の算定について 返信  引用 
名前:あぶ    日付:2009/5/31(日) 22:59
後期高齢者7割給付の公費併用レセプトにて、
請求点数ー公費点数が80100点を超えている場合の
請求一部負担額の求め方を教えてください。


ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb