[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
子供の人権と表現の自由を考える会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1017.二次元も含む可能性大っぽい・・・ 返信  引用 
名前:あーる    日付:2013/5/23(木) 10:42
2013年5月21日
自公が児童ポルノ法禁止法改正案「わいせつ画像単純所持禁止」を
来週中に提出を決定。
「性的好奇心を満たす目的」の所持には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金を科す。
インターネット上の児童ポルノ閲覧の制限措置も検討規定。

児童に実害が出ているから一刻も早く・・・みたいな事言ってる馬鹿がいるらしい。「児童に実害が出てるから」と「だから規制する」の繋がりが無いといつになったら分かるのか・・・。
 もはや完全に言葉遊びの領域だなこりゃあ・・・そりゃウヨ連中も「裏で犯罪をしている」なんて陰謀論持ち込んでもおかしくはないわな・・・。実際に犯罪をしているのか、それともガチで頭がおかしいから「犯罪に駆り立てているもの」なんていう存在しない物を妄想しているのか・・・。
 どちらにせよ本っ当に昔から変わらんなこいつら・・・。



1018.Re: 二次元も含む可能性大っぽい・・・
名前:・・・。    日付:2013/5/24(金) 16:23
未成年に対しての性行為を犯罪だと受け入れてるのなら、それを助長する表現も当然規制の対象になっていくでしょ。
これは児童に実害が出ていないから問題ない、なんて理屈は通用しないよ。
それを助長する事そのものが実害だと判断されてるのです。

例えば未成年の飲酒という行為が犯罪だから、それを助長させる表現が出来ないのと同じです。

それと犯罪に繋がっていないという理屈は通用しませんよ。
人がいる限り犯罪は起こる、その時にマスコミに槍玉にあげられ、そら見た事かと規制を促されるだけですから。


1019.Re: 二次元も含む可能性大っぽい・・・
名前:あーる    日付:2013/5/28(火) 14:24
なら車もアウトだな?
人をさんざん轢き殺しているんだ。
例えば速度制限を守れば死ななかった人間なんてたくさんいる。
なら当然「レーサー」はアウトだよな?
明らかに公共の速度制限を大幅に上回っているわけだし、
それをTVで写すとか、専門の雑誌があるとか許されないわなぁ。

格闘? 100%アウトだろ、子供はよく真似するぞ?
空手とか、子供が覚えたら確実に他の子供に使うんじゃね?
それで大怪我したらどうするんだ?(つーか、された事あるわw)

助長するのが実害? 助長の根拠はどこだ?
上のレーサーやら格闘やらはそれに入らんのか? その根拠は?

人が犯罪を起こす、それは当然だわな。
その理屈も十人十色で、それも当然だわ。

まぁ、結局アレだよな。頭のおかしい人間が犯罪を犯したら、
「頭がおかしい」事を理由にせずに、その人間の環境そのものを理由にしようとしてる間抜けがたくさんいるだけか。


1020.Re: 二次元も含む可能性大っぽい・・・
名前:れいんぼう    日付:2013/5/29(水) 15:59
夜に外出する事を禁止する条例があちこちに出来るような時代なんですから、理屈なんか通用しません。
外にでれば犯罪に繋がるから、外出を禁止する、もうそこまで来てるんです。

1012.家族制度=児童虐待 返信  引用 
名前:規制は今に始まった事じゃない    日付:2013/5/9(木) 9:20
国家はアメリカのまねをして、児童ポルノを規制しているが。かつての
禁酒法ぢゃあるまいし、児童の権利を否定するような制度を私は許さな
い。『ありのままの、私を見て欲しい』という児童・少女たちの願いも
空しく、政府は「児童・少女たちの裸やヌードは御法度だ」という法律
を作った。

ありのままの姿を否定されて、無視され続けている児童・少女たちの
『心のケア』を、人間としてもっと深刻に考えるべきだと思う。

かつて「女性は、その処女や貞操を守りぬくことが命よりも大切なこと
だ」という国民教育がなされていたが。政府は、その処女や貞操概念を
年端も行かない幼女や小学生までにも拡大して『女子は生まれた時から
裸を見せてはいけない。ましてや、児童ポルノや写真集やDVDにする
など、もっての他だ。これは、古来よりの女子の貞操観念から言っても
当然のことだ』などと、言っている。

私は、ニッポンの児童・女子たちが "本当に、自分自身の肉体をさらけ
出すことができる" 本当の愛と平和に満ちた国家を取り戻せるようにな
ることを願って止みません。



1013.自分の価値観を捨てる事が一番のダメージ
名前:規制は負けじゃない    日付:2013/5/9(木) 15:47
例えこれから先も規制が進んでいっても、自分の価値観は捨てなければ、いつかチャンスが来ます。
一番問題なのは規制が作られた後、簡単に自分の価値観を捨て、それを簡単に受け入れてしまう事です。

規制は決して負けじゃない。
本当の負けは簡単に自分を捨てる事です。


1014.Re: 家族制度=児童虐待
名前:あーる    日付:2013/5/12(日) 10:42
まるで、二次元でなく現実の児童ポルノを容認させるような言い方だな。下でも「民主主義はマスコミ独裁主義」みたいな事言っているが・・・。すまんが、余裕が無いので疑わさせてもらう。

@:「民主主義は〜」は「民主」と名を付ける事で民主党を、見てる者に非難させるよう誘導。
A:そもそも、過去の例から見ても、マスコミが攻撃してるのは民主党。マスコミは自民・公明が操っていると推測する。
B:一見、規制反対派に見えるが、遠回しに規制派の人間が見てて「こういう事言ってる人間が・・・」と、規制反対派を攻撃する武器を、規制派に与えているようにも見える。

 前から似たような事を言う人間がいて、正直疑いながらも明確な敵かどうかも分からなかった為放置していたが・・・。

 それが間違いだったんだな・・・すまんがもう一度言う。

         疑わさせてもらうよ。

       おまえは規制派ではないかと。


1015.アールさんへ
名前:規制は今に始まった事じゃない    日付:2013/5/13(月) 15:22
No1011の規制は今に始まった事じゃないのコメントは私が書きましたが、No1012は私ではありません。
別人です。

ちなみに規制という流れはどこの党を支持するとかそういう問題ではありません。
マスコミと私達一般人との発信力の違いから生まれるものです。
単純にテレビの影響力だけで見ても、仮に視聴率10%だったとしてそれだけで単純に1200万人の人間が見る事になる。
ニュースは同じ事件を各局、色々な報道番組で報道されます。
そうなればほぼ視聴率100%です。

こういったメディアと私達一般人との発信力の違いに対して何の対策も取らなければ、規制が進むのは当然の事です。
いくら思想の自由を訴えても、報道の自由に支障をきたさない、ましてや事件報道の産物で生まれた表現規制など取るに足らないものとして、政治家が真剣に聞くわけがありません。
党の争いは単なる権力争いからくる、足の引っ張り合いです。

政治家を動かすには圧力が必要です。
今はマスコミの圧力とアメリカの圧力によって政治は動いています。
ポルノとか表現の自由に限らず、個人の他愛も無い権利や価値観が、マスコミの極端な結果論で一括りにされ、それに対して対抗する手段が無いのでマスコミの凄まじい発信力の前に簡単に孤立化し、その流れに同化せざるを得ない状況が永遠と続いています。

今この状況で不特定多数の人間を説得しようとすると、反対する側に遠慮が生まれてしまい、それも規制を進ませる原因の一つです。

私たちはまだ、議論や交渉を真面に出来る段階まできていません。
それを行うには相手と対等に渡り合える手段を持たなくてはなりません。
でないとこれからも不平等な法律が作られ続けるだけです。


1016.Re: 家族制度=児童虐待
名前:規制は負けじゃない    日付:2013/5/15(水) 12:13
外圧によって、喫煙やニッポン人の「クジラ食い」が規制されている
ように・・・1990年代以来、少女たちのありのままの姿も規制さ
れて来た。子供のために、毎日汗水流して一生懸命に働いている母子
家庭の母親が「車に子供を残した」からという理由で逮捕されてしま
うアメリカと日本とでは命に対する価値観が違うようだ。

ブルーギルや朝鮮イタチなど「日本を滅ぼす朝敵外来種」を追い払おう
天誅攘夷!!

1011.民主主義はマスコミ独裁主義 返信  引用 
名前:規制は今に始まった事じゃない    日付:2013/5/8(水) 22:17
私は児童ポルノ規制法に限らず、ありとあらゆる問題が、マスコミが提起する極端な結果論ですべての国民を一括りにする事に憤り感じる。
今ある思想の自由は報道の自由を守るための、都合の良い言葉に過ぎない。
今私たちが、行っている主な活動と言えば、署名運動だが、これには最低限、表現の自由が必要で、それをおろそかにされている状況下で数で対抗できるわけがない。

大体メディア一つ取ってみてもテレビであれだけ煽られれば、太刀打ちなんかできるわけがない。
報道なんか世間体を利用した脅迫です。

私は、報道が、個人個人一人一人の権利や価値観が守られる事を前提に考えなければ、はっきり言って、共産主義や独裁政権となんら変わりませんよ。

まずマスコミとの発信力の差と、今ある、表現規制などによる価値観の偏りなどを考えた上で対策を取らなければ、この先、状況は変わらないと思います。

1010.・・・・・・・・・・・・・・・・長めですんません 返信  引用 
名前:あーる    日付:2013/4/26(金) 18:30
 コアマガジンの件といい・・・・・・もういろいろ駄目な気がしてきた。このままテロ国家時代がやってくるのか・・・。日本での二次元単純所持規制は他の国とは比べ物にならない、桁外れの影響があるというのに・・・。
 ・・・・・・皆、もう疲れたのかもね。何言っても通じない。何をやっても反応しない。TVにはいつまで経っても何も報道されない。犯罪が増えたら全部オタクのせいで減ったら自分達のおかげ。
 「規制なんかしたら犯罪は増えるだろう」という言葉にもまったく耳を貸さない。結果増えたら、今度をそれを理由にまた規制。そして、犯罪がまた増えて・・・・・・とエンドレス。
 ちなみに犯罪が増える理由は至極簡単。
『過去、これまで一切犯罪なんてした事もなく、未来でもするつもりはない』という『ほとんどのごく当たり前の人達』を逮捕しようとするから。当然納得なんてできないから、ほとんどの人間はそれこそパニックを起こすだろう。それでも元来の優しさから、我慢して通常運行をしだす。でも、実際そんな人間だけじゃない。
 仕事は? 家族は? 自分の大切な思い出は? アイデンティティーは? プライドは? ご近所付き合いは? それからの生活は?

 犯罪なんぞした事もない、しようとも思わない。

そんな人間が徹底的に差別される環境に堕とされるのだ。
なんで差別が起こるのかって、実際逮捕されれば分かるだろう。

 だってTVでは貴方はただの『児童ポルノ法規制』というものに引っかかった、ただの変態なのだから。それこそ『隠し撮り』とか『痴漢』とか、そういった本物の犯罪者と完全に同列に扱われる。

情報が行き渡らないとはそういう事。
さて、実際そんな理不尽に直面したとして、
例えばこの文章を見ている「対応する人」が1万人程いたとして・・・

あなたは復讐を考えないかい? 1万人全員が泣き寝入りするだけだと思うのかい? 答えは簡単だ。

          『ありえない』

そこで最初の「テロ国家時代」というのが成り立つ。
・・・勘では「一度目」が起きたら、もう歯止めが利かなくなる。
何故なら、これは実際に「それら」行動を起こす者にとっては即物的な問題では無く、どこまでも精神的な問題だからだ。だからこそ「歯止めが利かない」たとえ最悪の事態に陥って、国が法を取り消したとしても、その時には手遅れだ(『一度目』の前ならたぶん治められる)

実際そうなったら一応ネットで、平和的な方法で抗議すべきだと呼びかけるつもりだが・・・まぁ、焼け石に水だろう。

あぁ、それとこれも話しておかなくてはいけない。
それは「ネットの事」について。下手すると今回の件にも関わってくる大事な事だ。

別にネットに限らずだが、一つの法則を考え付いた。それを話す。

 文句がある人間は文句を言うが、文句が無い人間は『文句が無い』と言う事は無い、結果、『文句がある少数派は、文句がない多数派を、数でたやすく凌駕する場合がある』

・・・・・・この問題を打破するには、結局「文句が無い人間」にきちんと意見を出してもらい、その数で「文句がある人間」を超えなくてはならない・・・・・・・・・が、無理だろう。
 そもそも、それをさせない為に情報統制しやがっているのだから・・・。

 一つ。オタク文化の「悪影響」について。
例えば「ゲームをすると暴力的になる。すぐ切れるようになる」
 これは完全な間違いだろう。そもオタク文化に対する人々の姿勢というのは数十年前から変わっていない。「ドラえもん」「鉄腕アトム」などは今でこそ「子供に夢を与える」という風に言われているが、昔は「焚書」にされていたのだから。校庭で。
 そもそも「暴力的」「すぐ切れる」と『言っているのは誰なのか?』
答えはやはり簡単「それらを悪影響だと思っている人々」である。なら分かるだろう。漫画やアニメ・ゲーム、そういった事をしている『だけで』とにかく意味不明で納得のできない理論・理屈をしだす自分の親。

       反発しないわけがないだろう

 そして、その親は、その『反発』を見て「やはりこれらは悪影響なんだそうに違いない」と言いだす。自分が原因である事に気付きもせずに。結果ますます「自分の子供に対してのオタク文化批判」を皮肉たっぷりに言う事になり、ますます反発が濃くなる。またエンドレス。

 例えば「〇△□の影響を受けて犯罪を・・・だから〇△□は悪影響・・・」というパターン。
 無論くだらない。酒に酔ったまま車を運転していて、事故を起こしたら「酒が魅力的なのが悪い、酒は全て無くすべきだ」では話にならない。

疲れた。いや、文章を書くのにでは無く、この状況そのものに。
というか、まさに絶望そのものって感覚。
 ま、自殺はしないけどね。死ぬくらいなら・・・

1009.なぜ?どうして? 返信  引用 
名前:どうなるのでしょう    日付:2013/3/24(日) 23:47
 イヤな世の中になりました。希望的観測ですが、いざ審議になれば、正真正銘の性犯罪とその産物はともかく、他の規制はおかしいという意見も出るのでしょうが、自民はあくまでもそれらは無視し、ゴリ押しをしようとするはずです。また他人のことはいえませんが、反対派の著名な方々もネットで意見をされていますが、積極的に行動はなさっていません。以前あんなに反対されていた漫画家の先生、編集者、出版関係の方々も沈黙に近い状態のようです。なぜでしょうか。 冤罪の危険に関して、規制派も自分たちがはめられる危険性もあることに気付いていないらしい(なれあいでごまかし、お互いの弱みをにぎりあうかも知れませんが)というのも変です。なぜでしょうか。

1008.憲法違反をたたけ! 返信  引用 
名前:憲法違反をたたけ!    日付:2013/3/17(日) 1:14
そのままです。真の性犯罪のみを取り締まり、それによる産物を禁止するべきで、実写といえどそうでないものもあります。必然性のある描写等。単純それも上っ面で、とっぴからげにしか考えられないのでしょうか。自民の中にも規制派から慎重派に転向した議員もいることだし、わかる人たちがふえないものでしょうか。
そのままです。

1007.自民公明両党が児童ポルノ規制強化法案を提出 返信  引用 
名前:大喰い    日付:2013/3/10(日) 12:31
そのままです。・・・また始まるんでしょうか・・・
創作物規制があるのかは、まだ知りません。どうなのでしょうか。
過去からきちんと学んでいる事を、とりあえず祈ります。

1006.人権委員会設置法案は憲法違反 返信  引用 
名前:人権委員会設置法案は憲法違反    日付:2012/11/11(日) 22:53
恐るべき法案が一部以前より骨抜きとなりながらも、
民主主義の敵野田豚民主党によって国会に強引に提出、あわよくば可決される危険が出ていることに多くの人々が不安と憤りを抱えている様だ。しかしながらこの緊迫した状況にも関わらず、政治家が強引に決めてしまうなら仕方がないだの、部落民どもに目をつけられないよう生活していけば大丈夫なのでは?と言った、保身と言うよりは受身的精神が目立ち、それらの消極性が多くの人々から怒りを諦めさせている元凶となっているとも言える。
 恐らくは野田豚が消費税増税を強行採決したときに自民の裏切り者、谷垣が事実上増税を承認した点、更には今まで保守の典型だと思われていた(予兆はあったが)石原エタ太郎が似非威信の会の橋下とか言うリアル部落民に接近したため、人権委員会設置法案の防波堤はどんどん崩れているようだから、もう無理かもしれないなどと短絡的に思い込んでいるのではないかとも考えられる。結論から言うと、この問題は防波堤が崩されたからだとか、政治家や官僚や部落開放同盟や腐れ公明、民団パチンコ、ヤクザチンピラが怖いからと言って済まされる問題ではないという事だ。野田豚がインチキ法案を強引に可決しようと反対大臣を謀殺したり、松原を恫喝して強引に閣議決定させ、違憲行為を無視する似非法務省の痩躯となり、人権委員会設置法案を成立させようとする行為自体が憲法違反であることに他ならない。使いようによっては最高裁の裁判長でも豚箱に放り込めるような委員会の設置はむしろ法務省と言う似非国家組織の存在自体が不要とされるレベルである。人権侵害を行っているのは
まさに法務省そのものであるからだ。

 本来の法務省の行為は人権守れと喧しい部落民どもの人権を守ることではなく、日本の治安を乱すその腐れ部落民どもを豚箱に放り込むことであることは今更言うまでも無い。そしてそこには一点の妥協もあってはならないし、千葉の部落民の野田豚をこのまま放置してよいわけが無いと言うのもこうした点から論じられることでもある。この被差別民どもは大方かつての朝鮮系日本人の落ちぶれた姿であろうが、手を変え品を変え売国行為と歪曲解釈をそこら辺りで繰り返し、公共事業に強引に癒着しては松本エタ龍の様に、恫喝と犯罪で税金を吸い上げている寄生虫どもであり、そうした組織的犯罪者どもの痩躯である似非法務省や腐れ野田豚に対して遠慮をする必要自体がどこにもないことも至極当然だ。法律を違反しているのが人権委員会設置法案一派どもであるのだから、普通に豚箱に放り込んでやればよい。国会に火つけても殴りこんでも構わないだろう。何故なら、憲法を守らない腐れ法務省と腐れ政治家どもに喧嘩を売るのに最早法的善悪など期待できるはずも無いからだ。この腐れ法案が仮に通ることがあれば、それは遠かれ少なからず国家自体が持たないことを意味する。愛媛の部落野郎、石原エタ太郎はその辺りの様子を鑑み、今の内に売国先方のハシゲにでも取り入ろうと考えているのだろうが。また、明治時代に解放例とか言う、部落民どもを平民に近いレベルにまで持ち上げるような狂った政府条例が過去に確認されるが、部落民のようなクズどもに一度でもそうした甘い顔をしたら最後、今度はそいつらが昭和期に似非右翼、似非左翼となり、戦前は治安維持法策定のために煽動を行い、結局国家を混乱させたことがあることを忘れないでもらいたい。穢れた血のなせる業なのか、今回の件も全く同類のケースであることが確認できるだろう。
 野田豚と腐れ法務省は明らかに憲法違反の法案を通そうとしていることは確実である。こうした馬鹿げた法案に賛同しようとするエタどもをひたすら一方的に狩り取っていかなければならない。我々が奴らを狩るか、狩られるかしかないのである。原点に立ち返り、もう一度闘争の火蓋を切らなければならない。

1005.人権委員会設置法案は憲法違反 返信  引用 
名前:人権委員会設置法案は憲法違反    日付:2012/11/11(日) 22:51
恐るべき法案が一部以前より骨抜きとなりながらも、
民主主義の敵野田豚民主党によって国会に強引に提出、あわよくば可決される危険が出ていることに多くの人々が不安と憤りを抱えている様だ。しかしながらこの緊迫した状況にも関わらず、政治家が強引に決めてしまうなら仕方がないだの、部落民どもに目をつけられないよう生活していけば大丈夫なのでは?と言った、保身と言うよりは受身的精神が目立ち、それらの消極性が多くの人々から怒りを諦めさせている元凶となっているとも言える。
 恐らくは野田豚が消費税増税を強行採決したときに自民の裏切り者、谷垣が事実上増税を承認した点、更には今まで保守の典型だと思われていた(予兆はあったが)石原エタ太郎が似非威信の会の橋下とか言うリアル部落民に接近したため、人権委員会設置法案の防波堤はどんどん崩れているようだから、もう無理かもしれないなどと短絡的に思い込んでいるのではないかとも考えられる。結論から言うと、この問題は防波堤が崩されたからだとか、政治家や官僚や部落開放同盟や腐れ公明、民団パチンコ、ヤクザチンピラが怖いからと言って済まされる問題ではないという事だ。野田豚がインチキ法案を強引に可決しようと反対大臣を謀殺したり、松原を恫喝して強引に閣議決定させ、違憲行為を無視する似非法務省の痩躯となり、人権委員会設置法案を成立させようとする行為自体が憲法違反であることに他ならない。使いようによっては最高裁の裁判長でも豚箱に放り込めるような委員会の設置はむしろ法務省と言う似非国家組織の存在自体が不要とされるレベルである。人権侵害を行っているのは
まさに法務省そのものであるからだ。

 本来の法務省の行為は人権守れと喧しい部落民どもの人権を守ることではなく、日本の治安を乱すその腐れ部落民どもを豚箱に放り込むことであることは今更言うまでも無い。そしてそこには一点の妥協もあってはならないし、千葉の部落民の野田豚をこのまま放置してよいわけが無いと言うのもこうした点から論じられることでもある。この被差別民どもは大方かつての朝鮮系日本人の落ちぶれた姿であろうが、手を変え品を変え売国行為と歪曲解釈をそこら辺りで繰り返し、公共事業に強引に癒着しては松本エタ龍の様に、恫喝と犯罪で税金を吸い上げている寄生虫どもであり、そうした組織的犯罪者どもの痩躯である似非法務省や腐れ野田豚に対して遠慮をする必要自体がどこにもないことも至極当然だ。法律を違反しているのが人権委員会設置法案一派どもであるのだから、普通に豚箱に放り込んでやればよい。国会に火つけても殴りこんでも構わないだろう。何故なら、憲法を守らない腐れ法務省と腐れ政治家どもに喧嘩を売るのに最早法的善悪など期待できるはずも無いからだ。この腐れ法案が仮に通ることがあれば、それは遠かれ少なからず国家自体が持たないことを意味する。愛媛の部落野郎、石原エタ太郎はその辺りの様子を鑑み、今の内に売国先方のハシゲにでも取り入ろうと考えているのだろうが。また、明治時代に解放例とか言う、部落民どもを平民に近いレベルにまで持ち上げるような狂った政府条例が過去に確認されるが、部落民のようなクズどもに一度でもそうした甘い顔をしたら最後、今度はそいつらが昭和期に似非右翼、似非左翼となり、戦前は治安維持法策定のために煽動を行い、結局国家を混乱させたことがあることを忘れないでもらいたい。穢れた血のなせる業なのか、今回の件も全く同類のケースであることが確認できるだろう。
 野田豚と腐れ法務省は明らかに憲法違反の法案を通そうとしていることは確実である。こうした馬鹿げた法案に賛同しようとするエタどもをひたすら一方的に狩り取っていかなければならない。我々が奴らを狩るか、狩られるかしかないのである。原点に立ち返り、もう一度闘争の火蓋を切らなければならない。

人権委員会設置法案は憲法違反

1004.人権委員会設置法案は憲法違反 返信  引用 
名前:人権委員会設置法案は憲法違反    日付:2012/11/11(日) 22:49
恐るべき法案が一部以前より骨抜きとなりながらも、
民主主義の敵野田豚民主党によって国会に強引に提出、あわよくば可決される危険が出ていることに多くの人々が不安と憤りを抱えている様だ。しかしながらこの緊迫した状況にも関わらず、政治家が強引に決めてしまうなら仕方がないだの、部落民どもに目をつけられないよう生活していけば大丈夫なのでは?と言った、保身と言うよりは受身的精神が目立ち、それらの消極性が多くの人々から怒りを諦めさせている元凶となっているとも言える。
 恐らくは野田豚が消費税増税を強行採決したときに自民の裏切り者、谷垣が事実上増税を承認した点、更には今まで保守の典型だと思われていた(予兆はあったが)石原エタ太郎が似非威信の会の橋下とか言うリアル部落民に接近したため、人権委員会設置法案の防波堤はどんどん崩れているようだから、もう無理かもしれないなどと短絡的に思い込んでいるのではないかとも考えられる。結論から言うと、この問題は防波堤が崩されたからだとか、政治家や官僚や部落開放同盟や腐れ公明、民団パチンコ、ヤクザチンピラが怖いからと言って済まされる問題ではないという事だ。野田豚がインチキ法案を強引に可決しようと反対大臣を忙殺したり、松原を恫喝して強引に閣議決定させ、違憲行為を無視する似非法務省の痩躯となり、人権委員会設置法案を成立させようとする行為自体が憲法違反であることに他ならない。使いようによっては最高裁の裁判長でも豚箱に放り込めるような委員会の設置はむしろ法務省と言う似非国家組織の存在自体が不要とされるレベルである。人権侵害を行っているのは
まさに法務省そのものであるからだ。

 本来の法務省の行為は人権守れと喧しい部落民どもの人権を守ることではなく、日本の治安を乱すその腐れ部落民どもを豚箱に放り込むことであることは今更言うまでも無い。そしてそこには一点の妥協もあってはならないし、千葉の部落民の野田豚をこのまま放置してよいわけが無いと言うのもこうした点から論じられることでもある。この被差別民どもは大方かつての朝鮮系日本人の落ちぶれた姿であろうが、手を変え品を変え売国行為と歪曲解釈をそこら辺りで繰り返し、公共事業に強引に癒着しては松本エタ龍の様に、恫喝と犯罪で税金を吸い上げている寄生虫どもであり、そうした組織的犯罪者どもの痩躯である似非法務省や腐れ野田豚に対して遠慮をする必要自体がどこにもないことも至極当然だ。法律を違反しているのが人権委員会設置法案一派どもであるのだから、普通に豚箱に放り込んでやればよい。国会に火つけても殴りこんでも構わないだろう。何故なら、憲法を守らない腐れ法務省と腐れ政治家どもに喧嘩を売るのに最早法的善悪など期待できるはずも無いからだ。この腐れ法案が仮に通ることがあれば、それは遠かれ少なからず国家自体が持たないことを意味する。愛媛の部落野郎、石原エタ太郎はその辺りの様子を鑑み、今の内に売国先方のハシゲにでも取り入ろうと考えているのだろうが。また、明治時代に解放例とか言う、部落民どもを平民に近いレベルにまで持ち上げるような狂った政府条例が過去に確認されるが、部落民のようなクズどもに一度でもそうした甘い顔をしたら最後、今度はそいつらが昭和期に似非右翼、似非左翼となり、戦前は治安維持法策定のために煽動を行い、結局国家を混乱させたことがあることを忘れないでもらいたい。穢れた血のなせる業なのか、今回の件も全く同類のケースであることが確認できるだろう。
 野田豚と腐れ法務省は明らかに憲法違反の法案を通そうとしていることは確実である。こうした馬鹿げた法案に賛同しようとするエタどもをひたすら一方的に狩り取っていかなければならない。我々が奴らを狩るか、狩られるかしかないのである。原点に立ち返り、もう一度闘争の火蓋を切らなければならない。

1003.マイノリティの子どもの人権。 返信  引用 
名前:性同一画家の講演と個展のお知らせ!!    日付:2012/11/6(火) 14:9
来る11月9日金曜日に大阪・高槻の「子どもを育む大きな輪」というイベントにて、
画家・美術作家で性同一性生涯のこうぶんこうぞうさんの講演と個展があります!

今回は珍しく一般参加型講演会です。

主に、こうぶんさんの生い立ちを中心とした内容で、こうぶんがどの様な幼少期を過ごし、
画家になったのか、画家を夢見ていた思春期の心の葛藤など波瀾万丈な人生を赤裸裸に語って下さいます。

作品の展示内容は、個展「Red Child」の作品を中心に
子どもの内面を描いた作品展示となります。


「Red Child」を見逃した皆様には、原画をご覧頂けるまたとないチャンスになります!

この講演を聞く事で、こうぶん作品の裏側や神髄などが垣間見えるかもしれません


入場は無料ですが、定員が200名なのですが、
高槻市民を優先に既に160席予約が入っているそうで残り40席です。

詳細

★開催日時 2012年11月9日(金)

★講演・作品展示、共に10時〜12時

★場所:高槻市市役所本館 6階大集会室

★手話通訳、筆記通訳、保育有り(5名まで要予約)

★主催:高槻市教育委員会/高槻市PTA協議会

★協賛:一般社団法人高槻市人権まちづくり協会

★参加費:無料

★ご予約は先着順だそうです。
★お問い合わせは
お申し込み、ご予約はお急ぎ下さい!!

高槻市 教育委員会 地域教育青少年課 
電話番号:072-674-7654
ファックス:072-674-7032
メールアドレス:tiikikyo@city.takatsuki.osaka.jp


※参加のお申し込み、保育予約など、詳しくは上記「高槻市 教育委員会 地域教育青少年課」まで。


女性になりたいというよりも、母親になりたいという思いから、ずっと子どもを描き続けてきたこうぶんこうぞう。

何の保証も無く厳しい世界だと言われている絵の世界に独学で飛び込んだ。

街の似顔絵書きから挿絵画家、そして、20代で百貨店での個展を経験。
性同一性障害をカミングアウトした後の電鉄会社からの画集出版など、これまでの波瀾万丈な人生を赤裸々に語ります。
まだ性同一性障害という言葉がない時代に子どもだったこうぶんこうぞう。
周りの大人からは、異端児として扱われ、学校では問題児として毎日の様に親の呼び出し。

大人になって一人の画家として当時を振り返った時、子どもの行動には全て理由があるのでは?と、子どもを分析。

子ども達に必要な言葉かけなどを、画家こうぶんこうぞうの人間観察を交えた独自の視点で語ります。

http://www.atelier-co.net/

http://www.atelier-co.net/

1002.このようなアホは類を見ない 返信  引用 
名前:奔放師    日付:2012/2/1(水) 21:49
ネットには表現の自由がある。中高生の誹謗中傷も表現の自由として片付けられている事が多い。つまり、ネットには自演の自由がある。掲示板を見ても、桜として自演は日夜行われいる。しかし、筆者はそれを否定した。「このようなアホは類を見ない」金川はそう思った。

1001.広がれ 兵器拷問 洗脳テロ の 輪 返信  引用 
名前:    日付:2011/9/30(金) 1:25
広がれ兵器拷問の輪。見えないテロ技術を広めよう。情報作戦洗脳技術
みんな狂えば万歳。ネット上の書き込みをけん制しよう。ドラマや音楽
覗いた思考を攻撃だ。タレントも全員参加で殺人天国。視聴者をたたき
つぶせ。脳技術心理技術、最高の惨殺装置を完成せよ。20年30年被
害者たちを痛めつけろ。学校だって殺し屋に味方してくれる。われらナ
チ党。広がれ兵器拷問洗脳テロ。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/

http://www5f.biglobel.ne.jp/~terre/


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb