[ 携帯用URL ]
45クラス & 生物科

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



485.成績表 返信  引用 
名前:じゃいあん    日付:2006/3/14(火) 11:55
都立大のHP見て気づいたけど、16日の9時から成績がUPされるらしいじゃん!単位ちゃんと取れてるかなぁ…。
誰か授業の時間割が出る日を知ってる人は教えてください!できれば携帯に(笑)
男ども(ぺりー以外)は当てにならないから女子の諸君よろしく!



486.Re: 成績表
名前:コープ    日付:2006/3/17(金) 13:24
ほっ。。実習とれてた。しかし発生を落とした


487.Re: 成績表
名前:まじん    日付:2006/3/18(土) 22:31
成績はとある裏ワザにより、16日より前に見れましたよ。有名な話かもしれないけど。


488.Re: 成績表
名前:じゃいあん    日付:2006/3/20(月) 23:45
発生落としてる人多いね〜。ねー○●ちゃん(笑)
アドレス変えるだけで成績や合格発表も見れたんでしょ??


489.Re: 成績表
名前:じゃいあん    日付:2006/3/24(金) 8:58
大学でもう時間割でてるよ!!
ネットでは来週中には出すって言ってた♬


490.Re: 成績表
名前:こーぷ    日付:2006/3/24(金) 13:57
マジで?
じゃ掲示板をようチェックしないと☆

476.☆春休み☆ 返信  引用 
名前:チア    日付:2006/3/2(木) 12:34
皆さんいかがお過ごし?私は都会の寝る間もない生活に嫌気がさし、長野の白馬に逃避行してます彡田舎はいいね、雪っていいね、スキーもスノボもマジ楽しいし!!以上白馬からでした♪



477.Re: ☆春休み☆
名前:じゃいあん    日付:2006/3/7(火) 10:45
いいなー。なんかラスベガスなんか行ってきたやつもいるし…
俺はどこも行ってないや。一番遠くて東府中。。
春休みだから旅行したかったな。ねー、龍ちん♪


479.Re: ☆春休み☆
名前:コープ    日付:2006/3/9(木) 22:42
いやースノボ楽しかった♪とかいって二泊のうちの二日目は風邪で寝込んだんだけどね。でも一日目楽しんだからよし。
しかしラスベガスに行ったやつってのはいったい誰だか。俺はスノボ以外ではカジノがあって周りの人がみんな英語しゃべってるとことかに行ったけど・・・・まさかあれってラスベガスだったのかい!?
なんて気付かないわけがないからね。確かにロスとラスベガスとグランドキャニオンに行ってきましたよ。めっちゃ楽しかったっすよ♪そりゃーもう。そして再びビンボーになってしまいました。みなさん、事前の計画を大切に☆


480.Re: ☆春休み☆
名前:コープ    日付:2006/3/9(木) 22:52
スノボ楽しかった♪二泊のうちの二日目は風邪で寝込んだけどね。
にしてもラスベガスに行ったやつってのはいったい誰だか。俺はスノボ以外で行ったのはカジノがあって周りの人がみんな英語しゃべってるとこ・・・・マサカアレガラスベガスダッタンデスカ!?
って気付かないわけないよね。そりゃーたのしかっです♪ベガスもロスもグランドキャニオンも。おかげでまたビンボーになってしまったけど。


481.Re: ☆春休み☆
名前:コープ    日付:2006/3/9(木) 22:56
あれれ、書き込まれてないと思ってやり直したらかぶっちゃった。ごめんちゃい。


482.Re: ☆春休み☆
名前:おうしょう    日付:2006/3/11(土) 3:3
いいなぁ、みんな旅行行ってるよね。こっちは引っ越しで大忙し。やっと大体片付いたよ。3月中に生物科で飲みたいなぁ〜、ねっハリー♪♪


483.Re: ☆春休み☆
名前:セクシー    日付:2006/3/11(土) 3:14
私もスノボ行ってきたよ!!
ほんと楽しかった〜♪結構滑れるようになったし!!
風邪をひいたコープくんはかわいそうだったけど。。。
旅行はいいね〜☆
今年の夏(無理で来年の春かもだけど)はお金貯めてベルギーにいくぞーー!!!


484.Re: ☆春休み☆
名前:じゃいあん    日付:2006/3/14(火) 11:45
俺も引越し終えたよ!明日電気会社に来てもらったり、冷蔵庫やテレビなどが届く♪
もう大会が近いし、金がほんとにないから飲み会は参加できても何もできません。。
でも開こうよ!そして夏にまた旅行いこうぜ〜!!

469.大学院講義の案内 返信  引用 
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 0:9
えっと、連続投稿です…
植物生態の鈴木準一郎先生から、お知らせが来ました。
が、とにかく長いっ・・・・・順に載せますね。



470.Re: 大学院講義の案内@
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 0:14
明日のことです。連絡遅くなりまして…

IAGE事業の一環として、プレゼンテーションの講習会を行うことになりましたのでお知らせします。

題名 プレゼンテーション講習会

日時:2月22日(水)10:30から12:30程度まで(2時間前後の予定)

場所:南大沢キャンパス12号館202教室
(予定:参加人数によっては変更することがあります。その場合には、再度連絡します)

講師:高木正明 先生

高木先生は、海外でのご経験が豊富で、長く金融関連のお仕事をされ、
さまざまな企業において要職をつとめてこられた方です。
そして、現在は、ビジ ネスでの経験を通じて修得されたプレゼンテーションの技術を
企業や大学で教えるお仕事もされています。
そして、東工大のCOEプロジェクトにおいては、
特任教授としてプレゼンテーションの講義を担当されています。
今回の講習会では、プレゼンテーションの基本的な考え方をわかりやすく解説していただきます。
先生のご経歴からもわかる通り、
先生の講習は、学会での発表だけをターゲットにしたものではありません。
広くプレゼンテーション一般をカバーするものです。
科学の世界を離れて就職する人にもこの講習会は参考になります。
先生の講習自体が、優れたプレゼンテーションの見本です。
是非参加して、皆さんのプレゼンテーション技術を向上させてください。

先生のご経歴は、
http://www.naic.co.jp/jp/company2.html 
に公開されています。

なお、資料準備の都合から、参加を希望する人は、鈴木(準)に2月20日までに連絡して下さい。


471.Re: 大学院講義の案内A
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 0:20
AGEの科学リテラシー教育の一環として、科学の考え方に関する集中講義を開催します。
どうぞ、ふるってご参加ください。


日時:3月8日(水)、9日(木)
(開始時間については、追って連絡します。
2日間で6時限分の講義をしていただく予定です)

場所:12号館(理工新教室棟)208号室

講義題目:科学的実在論擁護と公理論的科学観批判

講師:戸田山 和久 先生 (名古屋大学情報科学研究科)

講義内容:科学哲学という耳慣れないかもしれない分野について入門的講義を行います。
私の考えでは、科学哲学の最も重要な問題を次のように述べることができます。
われわれ人間は、一人一人を取り出してみると、
認知主体としてはかなり制約された存在です。
まず、せいぜい長生きして100年しか生きられません。
地表から標高10000メートルくらいまででしか生きることができない。ということはつまり、宇宙の片隅の地球という惑星の
さらにごく表面にへばりつくように暮らしています。
電磁波のごく限られた波長帯しか見ることができないし、
脳の計算能力もメモリもそれほど高性能というわけではありません。
透視能力や予知能力などもっての他です。
だいいち、認知心理学者が明らかにしてきたさまざまな判断の
バイアスやシステマティックな錯覚の傾向性をもっています。
ようするに、われわれが直接に知覚して捉えることのできる範囲は、
世界のごくごく上っ面に限られ、しかもそれすらかなり怪しいわけです。
ところが、 なぜだか人間は科学という営みを行っていて、
その営みはこうした直接知覚の限界を突破して、宇宙の始まりであるとか、
ミクロの世界であるとか、とんでもなく複雑な生命現象であるとかについて、
「直接には見ることのできない自然界の本当の姿」を
明らかにしてくれているように思えます。
そして、こうした科学の性質は、人類の他の知的営み、
宗教とかイデオロギーとかには見られないユニークな特質です。
そうすると、科学という営みのもっているこのような驚くべき特質は
いったい科学の何に由来するのだろうか、という問いが生じるでしょう。
これが科学哲学の根本問題です。
今回の講義では、こうした問いを問い進めていくための
ほんの出発点に立つことしかできないのですが、
この問いのサブ・クエスチョンとも言える次の問いを考えてみることにします。
Q1 ところで本当に、科学は
「直接には見ることのできない自然界の本当の姿」を明らかに
してくれるような営みなのだろうか?
私の答えは、基本的にはイエスです。私の立場を「科学的実在論」と言います。
ところが、この立場を単に信奉するだけでなく、
議論を通じて正当化しようとすると、けっこう困難なのです。
科学哲学では、むしろ科学的実在論に反対するさまざまな立場の方が有力でした。
そこで、次の第二の問いも考えてみることにしましょう。
Q2 これまでの科学哲学の中で科学的実在論の擁護が難しくなってしまうのは、
科学をどのような営みとしてモデル化するかがそもそも間違っていたのではないか?
私の答えは、イエスです。科学哲学は20世紀初頭に始まったのですが、
その時代は数理論理学の黎明期で、
公理的方法が科学哲学の最強の武器であると考えられました。
こうして科学理論を公理系としてモデル化したうえで、
科学についていろいろ分かっていることを説明しようという方針がとられました。
私の考えでは、こうしたモデル化の手法は、
科学の大事な特性をむしろ見えにくくしてしまったと思います。
そして、科学理論を公理系として考えている限りにおいて、
科学的実在論の擁護は大変に難しい作業になってしまいます。
そこで、科学の活動をモデル化する、
公理的方法にかわるオルターナティヴを提案して、
みなさんの批判を受けたいと思います。


472.Re: 大学院講義の案内B
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 0:23
この講義を企画した、鈴木(準)の意図を簡単に述べておきます。
普段、我々は、我々自身がどのような考え方で、生物学の研究を進めているのか、
ということについてはあまり考えません。
しかし、我々自身が携わっている「科学」という営みを
どのようにとらえることができるのか、ということについて
一度考えてみることは、研究を進めていく上で、非常に有益だと思います。
科学哲学の分野でもっともアクティブに活躍されている
(しかも科学的実在論の立場から!)戸田山先生に、
集中講義をしていただけないかをうかがったところ、ご快諾いただけました。
異分野の先生が、科学をどのようにとらえているかを知るまたとない機会です。
ぜひ、参加して、生物学とは異なる学問体系の息吹に触れてください。

この講義に参加する前に戸田山先生の近著

科学哲学の冒険―サイエンスの目的と方法をさぐる NHKブックス
単行本: 294 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 日本放送出版協会 ; ISBN: 4140910224 ; (2005/01)
価格: ¥1,176 (税込)

に目を通しておくとより理解が深まるかもしれません。

また、鈴木(準)の生態学概論等をとった人は、戸田山先生の

論文の教室―レポートから卒論まで NHKブックス
単行本: 297 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: 日本放送出版協会 ; ISBN: 4140019549 ; (2002/11)
価格: ¥1,176 (税込)

を読んで、レポートを書いた人もいると思います。


私自身は、先生の

論理学をつくる
単行本(ソフトカバー): 433 p ; サイズ(cm): 26 x 19
出版社: 名古屋大学出版会 ; ISBN: 4815803900 ; (October 2000)
価格: ¥3,990 (税込)

を参考にしています。また、

知識の哲学 哲学教科書シリーズ
行本: 272 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 産業図書 ; ISBN: 4782802080 ; (2002/06)
価格: ¥2,730 (税込)



心の科学と哲学―コネクショニズムの可能性
戸田山 和久 (編集), 柴田 正良 (編集), 服部 裕幸 (編集), 美濃 正 (編集)
単行本: 300 p ; サイズ(cm): 21 x 15
出版社: 昭和堂 ; ISBN: 4812203155 ; (August 2003)
価格: ¥2,625 (税込)

にとっても刺激を受けました。

どうぞ、積極的に参加してください。


473.Re: 大学院講義の案内
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 0:24
以上です!
どこが重要なのかもよく分からんくらい長ーいですが、お知らせしました!!


474.Re: 大学院講義の案内
名前:まる    日付:2006/2/22(水) 0:47
すっげー・・・
す〜よく書いたね・・・
尊敬です・・・おつかれサマ・・・


475.Re: 大学院講義の案内
名前:す〜    日付:2006/2/22(水) 23:43
ん??私は書いてないよ〜!まさか。メールをコピペしただけよん。
準ちゃん、よくこんなに書くよねぇ…もちっと、簡潔にしてほしい!!


478.Re: 大学院講義の案内
名前:す〜    日付:2006/3/7(火) 21:58
続報です。遅くなり、すみません…

IAGE科学哲学集中講義の履修申請について

下記の科学哲学に関する講義は、
18年度(この4月からの年度)の大学院授業として履修申請することが可能です。
単位の申請を希望する場合は、鈴木(準)までメールで連絡してください。

講義の日程等*****************
日時:3月8日(水)、9日(木)

講義時間は、
8日(水)が13時から17時50分まで(3コマ)
9日(木)が10時30分から16時10分まで(3コマ)
の予定です。変更がある場合は改めて、メールします。


場所:12号館(理工新教室棟)208号室

講義題目: 科学的実在論擁護と公理論的科学観批判

講師:   戸田山 和久 先生 (名古屋大学情報科学研究科)
***********************

皆さんの積極的な参加を期待しています。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb