[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
こけし談話室・訪問ノート

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



2032.追加写真 返信  引用 
名前:ほしの    日付:2014年9月12日(金) 20時27分
Original Size: 640 x 480, 146KB Original Size: 640 x 480, 123KB

度々すみません。



2033.Re: 追加写真
名前:deku    日付:2014年9月14日(日) 9時13分
おはようございます。
 自信はありませんが昭和20年代の高橋盛系統の作でしょうか?
新型風の染料が使われているようにも見えます。
 他の人の意見を待ちたいと思います。


2034.Re: 追加写真
名前:ほしの    日付:2014年9月15日(月) 7時7分
丁寧な回答有難う御座います、更なる回答期待します。

2031.鑑定お願いします 返信  引用 
名前:ほしの    日付:2014年9月12日(金) 20時16分
Original Size: 640 x 480, 192KB Original Size: 640 x 480, 127KB

1月16日鑑定依頼し回答頂き有難う御座いました、
この度新たに入手しました、可愛いい「こけし」ついて
産地、工人名、おおよその年代等分かる範囲教えて下さい。
よろしくお願いいたします。


2030.(untitled) 返信  引用 
名前:ほしの    日付:2014年9月12日(金) 20時15分
Original Size: 640 x 480, 192KB

1月16日鑑定依頼し回答頂き有難う御座いました、
この度新たに入手しました、可愛いい「こけし」ついて
産地、工人名、おおよその年代等分かる範囲教えて下さい。
首まわります、工人名ありません。
よろしくお願いいたします。


2023.誰のこけしでしょうか 返信  引用 
名前:よし    日付:2014年9月4日(木) 9時42分
Original Size: 506 x 1616, 139KB Original Size: 311 x 339, 24KB

初めて投稿いたします。
こけし初心者です。
入手しましたか、誰が作ったかわかりません。
ご存知の方ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。



2028.Re: 誰のこけしでしょうか
名前:deku    日付:2014年9月8日(月) 5時41分
訪問ありがとうございます。
 佐藤佑介 北海道の工人さんで、昭和18年生 小林定雄
さんのお弟子さんです。北海道の雨竜という所で作っていた
みたいです。雨竜湿原の雨竜でしょうか。


2029.Re: 誰のこけしでしょうか
名前:よし    日付:2014年9月8日(月) 6時59分
ロクロ模様の丑蔵型なのかな?
でも、サインはどう見ても丑蔵ではないし・・・
なんて思い悩んでおりました。

確かに祐介と書いてあります。
どうもありがとうございました。

またときどき訪問させていただきます。

2024.すいません、もうひとつ教えてください 返信  引用 
名前:よし    日付:2014年9月4日(木) 17時40分
Original Size: 229 x 574, 30KB Original Size: 223 x 588, 31KB Size: 237 x 177, 10KB

銘のないミニこけしです。
どのたの作でしょう。
よろしくお願いいたします。



2026.Re: すいません、もうひとつ教えてください
名前:通りすがりのこけしファン    日付:2014年9月4日(木) 21時22分
後藤善松の豆こけしでしょう。


2027.Re: すいません、もうひとつ教えてください
名前:よし    日付:2014年9月4日(木) 21時38分
どうもありがとうございます。
自分ではまったくわからなかったと思います。
ネット上の豆こけしを見てみましたが確かに似ています。
土橋慶三の本では「白痴美」と書かれていました。

大変気になっていたので、本当にすっきりしました。
心からお礼を申し上げます。

2025.あとひとつだけお願いします。 返信  引用 
名前:よし    日付:2014年9月4日(木) 17時55分
Original Size: 223 x 632, 34KB Original Size: 285 x 467, 32KB Original Size: 256 x 633, 38KB

やはり、銘のないミニこけしです。
どのたのでしょうか?
ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。


2022.高橋市太カ 和賀 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年5月7日(水) 18時1分
Original Size: 845 x 634, 88KB Original Size: 634 x 845, 101KB Size: 93 x 240, 21KB

 明治43年岩手県和賀に生まれる。湯田の佐藤丑蔵につき木地を修行する。作品は昭和7年頃からの作が知られていて,特に石井市太カと呼ばれる大正期の線の太い丑蔵を模しているものの評価が高い。 写真は昭和10年8月19日の日付の入った「こけしと作者」55図の市太カ現物である。バランスの悪い菊模様の配置。申し訳なさそうに入っていた葉は今は見ることはできない。表情は本からは読み取れない緊張感がある。右眉が左くらい太かったらなどと思って見てみると確かに石井市太カに似ている。驚くことに,この作が石井市太カの1年前の作であることである。中屋氏などは昭和12年頃の作だろうとつぶやいている。 石井氏の線を太く描いたらという指導が入っていた可能性もあるのだろうか。復活初作などと呼ばれている石井市太カである。 小寸はいつかも紹介したことのある「愛蔵こけし図譜」のモデルの小寸の丑蔵である。線の太い大正期の丑蔵である。蛍の搭は戦災で焼けたのだが何本かは盛岡に疎開していたのではと思わせる1本である。


2021.こけしかわいい? 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年5月7日(水) 10時9分
Original Size: 845 x 634, 112KB

 けしかわー なんて言葉が作れらそう。新こけしブームは感染
拡大中です。青根の豆と伊勢辰の古千代紙です。


2019.どなたか、分かる方教えていただけませんか・? 返信  引用 
名前:たー坊    日付:2014年4月10日(木) 22時43分
遠刈田、丑蔵の弟三治のこけし製作についておしえていただけませんか・?



2020.Re: どなたか、分かる方教えていただけませんか・?
名前:deku    日付:2014年4月11日(金) 7時6分
辞典によれば昭和7年にブラジルに渡り,45年の大阪万博の時
来日している。この時何本かのこけしを製作している。
 その後のことでは,昭和57年に「ひやね」から50数本の三治
こけしが売りに出されています。

2017.豆こげす 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年5月5日(月) 10時0分
Original Size: 385 x 610, 54KB Original Size: 507 x 648, 83KB Original Size: 140 x 477, 27KB

 写真は相良人形の「厠神」と豆こげすである。こげすの底には
入手地と思われる青根と書き込みがある。 この豆こげすと同手
の資料は「らっこ579」(昭和8年広喜)や鼓楽1375〜
1381(昭和8年頃佐藤英次,佐藤秀一)に見ることができ,
北岡木工所での製作と推測されている。(箕輪氏)
 天江コレクションに見られる佐藤治平作のこげす(写真右)な
どに,その原型を見ることができ,昭和54年に出版された高
橋五郎氏著の「佐藤治平と新地の木地屋たち」に,こげすとけし
人形の関連についての考察がなされている。当時その影響もあり
骨董店で見かけた「赤けし」風の土人形を求めたものが写真の厠
神である。こうして並べてみると時代の流れと共に土俗性を失っ
ていった「こけし」と比べこの「豆こげす」の持つパワーに魅力
を感じるし,土人形との共通的な「臭い」にも驚く。しばらくは
作者についての推測などを楽しんでみたいと思います。



2018.Re: 豆こげす
名前:deku    日付:2014年3月27日(木) 17時25分
Original Size: 228 x 555, 43KB

昭和7.8年当時青根でこけしを挽いていたのは佐藤菊治, 菊地
孝太郎,佐藤貢である。7年に青根木工組合を結成しているが3年で
解散している。当時青根のこけしも遠刈田からの製品が多かったと
いう記述が「こけしと作者」にも見える。写真は正末昭和初の菊治
である。耳が描いてあり,古い青根の面影を伝えていると言われて
いる。豆こけしは収集家の出現によって生まれたものであろうから
昭和6.7年を遡ることはないのだろうが,小さいゆえに大胆に筆
を走らせているところが良さであり,写真の菊治のような時代を感
じさせてくれる。


2004.作者は? 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年3月18日(火) 11時6分
Original Size: 207 x 563, 51KB Original Size: 353 x 431, 41KB Original Size: 498 x 405, 76KB

 高さ14.2cm 胴の直径4.7cm 底に昭和14年の鉛筆の書き込みが
見られる。目の描き方のうまさに「これは腕のいい工人さんに違い
ない」と感じて購入したものだったが。誰か? 第一候補 佐藤広
喜 頭頂部は遠刈田,胴はろくろ線に鳴子風の菊 辞典によれば広
喜は昭和15年頃北岡工場に入り,鳴子系のこけしを作ったとある。
 



2005.Re: 作者は?
名前:deku    日付:2014年3月18日(火) 15時7分
Original Size: 725 x 582, 100KB

 写真は鴻4号表紙広喜こけし絵です。昭和15年10月発行 



2006.Re: 作者は?
名前:木童舎    日付:2014年3月19日(水) 9時31分
可能性として「小林栄蔵作」も・・・・?


2007.Re: 作者は?
名前:deku    日付:2014年3月19日(水) 9時49分
栄蔵ですか。山形は考えませんでしたが。鼻の雰囲気とかでしょうか。


2008.Re: 作者は?
名前:木童舎    日付:2014年3月19日(水) 16時49分
画像が見つかりませんが、木童舎コレクション中に、「栄蔵作」の鳴子こけしがあります。

また、時代はしかとは確定できませんが、昭和20年前後の栄蔵こけしはこの様な雰囲気の顔を描いていたと記憶しています。(記憶違いであれば失礼!)


2009.Re: 作者は?
名前:deku    日付:2014年3月19日(水) 17時57分
栄蔵の鳴子型 画像みてみたいです。
是非アップしてください。


2010.Re: 作者は?
名前:木童舎    日付:2014年3月19日(水) 20時45分
Original Size: 284 x 374, 51KB

現物は見つけることが不可能です。以前、写したものをA4用紙にコピーしておいたものですが、スキャンして貼り付けます。

画像が不鮮明で、申し訳ありません。



2011.Re: 作者は?
名前:deku    日付:2014年3月20日(木) 9時52分
Original Size: 285 x 130, 36KB Original Size: 334 x 145, 27KB

 写真ありがとうございます。
確かに髪の雰囲気など候補者ですね。おもしろくなってきました。
 今回,私が一番気に入っている目,眉にしぼって見つめてみました。
栄蔵はこの目を描けたでしょうか。左はらっこ図録233 右が当こ
けし 筆圧など見やすいよう画像180度回転してみました。少し書
をかじった人の話によるとこの筆圧感は同一人物だろうというのです
が私も既に広喜に思いが入っているだけに,そう見えてしまうという
点はあります。この目はどちらかというと肘折の三白眼に近いと思い
ます。中島正や巳の助の目にも似ています。



2012.Re: 作者は?
名前:木童舎    日付:2014年3月20日(木) 14時37分
栄蔵工人は、作品の多様性とその表情変化は激しく、dekcさんの様な顔の表情を持つこけしも「見たかな?」と思ったもので、確かではありません。

戦前の「こけし通信筒」や「薄荷入れ」も栄蔵作品です。「薄荷入れ」は最初、吉太郎作と考えていましたが、これも栄蔵工人の作と考えています。

話は変わりますが、三白眼の巳之助こけしを見るとその迫力ある眼力に怖さを感じますが、逆さまにして見ると悲しさが滲み出てきます。心の中の表裏を見るような気がしてなりません。


2013.Re: 作者は?
名前:deku    日付:2014年3月21日(金) 10時50分
木童舎 様
 辞典にも書かれていない貴重な情報、資料ありがとうございます。
ヤフオクには興味ある小寸も出ているようです。誰だろうと見てい
るだけでも楽しいものです。


2015.Re: 作者は? 小島正
名前:deku    日付:2014年3月22日(土) 13時48分
Original Size: 563 x 547, 121KB

先日の資料「鴻」を見ていると八号の表紙絵に目がとまった。正絵と
ある。誰? 多くのイミテーションを作り「縮写こけし」に関係して
いたかも知れない小島正である。調べてみると正の描いた鳴子こけし
の葉も,この頭頂部もよく似ている。そして目の描き方もうまいので
ある。正直ちょっとがっかりしながらの結論である。



2016.Re: 小島正か
名前:deku    日付:2014年3月22日(土) 16時10分
Original Size: 285 x 130, 36KB Original Size: 334 x 145, 27KB Original Size: 376 x 154, 22KB

 佐藤広喜 当こけし 小島正 3枚を並べてみました。
やはりこうして見ると,正に肘折のイミテーション作られてい
たら危ないですね。
それから,私は眼点にばかり注意していましたが,眉と目の
バランスなどにも特徴はよく出るようです。


2014.袖珍こけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年3月21日(金) 11時50分
Original Size: 591 x 420, 110KB Original Size: 190 x 458, 34KB

 昭和53年に中屋惣舜氏が限定250部で「袖珍こけし図説」を出して
いる。今や豆こけし作者の見当をつけるのに欠かせない資料である。
実に凝ったつくりの袖珍本で趣味人の心意気を見せつけられる。
 豆こけしは松島定期観光の乗船記念品であったものだろうか、丑蔵
風の微笑みがたまらない。ひょっとすると遠刈田系の誰かの作品でしょ
うか?


1999.煤孫キナキナ彩色こけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年3月16日(日) 18時36分
Original Size: 159 x 555, 40KB Original Size: 279 x 341, 27KB Original Size: 542 x 566, 82KB

 この煤孫の作品は昭和30年代発行のガイドでは白黒写真のようなものが紹介されています。この作品について「こけしと作者」復刻版付録の中で橋本氏が「煤孫実太郎のこけしとして扱うべきものではない」と厳しく言い放っています。彩色は高山きみという女性ですが確かに新型です。この鳴子風のものであったら少しは評価頂けたのかと思ってしまいます。 さて昭和15,6年頃はさておき作者は?この彩色はガイドとは全く違い鳴子系の作者であることは前髪の描き方から間違いないと思います。そこで終戦前後花巻にいた鳴子系の作者は?と言うこになります。こけしが確認でき調査されているのは佐藤末吉です。伊藤松三郎の義弟であり弟子です、戦前に浅虫から帰郷し花巻で開業しています。写真2は愛玩鼓楽掲載の末吉14年作の花模様,3の冒頭写真の拡大図と比較してみました。似ています。花模様だけで断言はできませんが末吉の鳴子系の目を更に大きくすれば,この表情に近づくような気がします。他の類例がないかさらに調べてみたいと思いますが,ご意見、資料提供頂ければ幸いです。 



2000.Re: 煤孫キナキナ彩色こけし
名前:deku    日付:2014年3月17日(月) 10時18分
Original Size: 370 x 574, 167KB Original Size: 300 x 591, 51KB Original Size: 306 x 451, 41KB

 資料を追加します。写真左 こけしの世界(昭和15年)中央
ひやね 入札品写真より 右 今回の花巻こけし 並べてみると
末吉の年代変化を見るような気もします。この花巻こけしを煤孫
こけしの初期の絵付け型と思っていたのですが違うようです。
これは木地も絵付けも佐藤末吉,あるいは佐藤一夫の花巻型と思
われます。三彩社に掲載されているという花巻風こけしの写真を
確認できないため,一人で苦労していただけかもしれません。
 どなたかご教示頂ければと思います。
 
 



2001.Re: 煤孫キナキナ彩色こけし
名前:kokekokko    日付:2014年3月18日(火) 2時30分
Original Size: 355 x 400, 197KB Original Size: 216 x 400, 114KB

 ご無沙汰です。外鳴子が結構好きなので、機会があればこのような新型くさいものにも手を出してしまいます。でも、捨てがたい魅力は確かに存在します。

 写真左・左端から佐藤末吉(多分)、末吉の鳴子型小寸、末吉の戦後2本(髷型は昭和25年の書き込みあり)、それに右端は佐藤一夫の末吉写し(平成15年)です。末吉の戦前作には鉋溝が入っているようですね。

 一方、右は煤孫一家の彩色こけし。右は実太郎名義。左はおそらく戦前作でしょう。果たしてこれらの描彩者は如何に・・。

 これらは、何れ大戦前後の伝統こけし収集界から締め出された一群かとは思いますが、こけしとして存在意義があれば、そのような線引きには左右されなくても良いかと思っています。工人だって、伝統だろうが新型と言われようが、生活のために都度売れるものを作っていただけでしょうし。



2002.追伸:
名前:kokekokko    日付:2014年3月18日(火) 2時31分
Original Size: 700 x 500, 467KB

佐藤一家の上半身アップ画像です。



2003.Re: 煤孫キナキナ彩色こけし
名前:deku    日付:2014年3月18日(火) 9時56分
kokekko さん ありがとうございます。 
 今回のこけしは底に鉋溝がないので戦後作でしょうか。
意外に古いものかと思っていたのですが新しかったようですね。
 一昨年に早池峰山に登った後,花巻温泉の湯に入ってきまし
たが土産物屋には花巻こけしは見あたりませんでした。
 最近,東北には桜,紅葉,山歩きとよく出かけています。
疑問のこけし もう1本 アップしますのでよろしくお願い
します。

1997.彩色のないこけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年3月17日(月) 10時26分
Original Size: 561 x 504, 103KB

 ヤフオク古品の賑わいに誘われ久しぶりに入札に参加してみた。先ず
これくらいでと様子をみたつもりであったが,あっさり落ちてしまった。
古品価格の見方が少しずれているようである。妻の一言のように「何そ
の きたないこけし」が一般的な見方ということでしょうか。
 そのこけしと共に6本のこけしを並べてみた。左から2本目が落札し
た,こけし洞旧蔵で1934年8月の書き込みのある長谷川清一である。
 清一は明治34年生まれ17歳で小林弥七という人物ついて木地を習
得した。小林弥七については日光木地師ということであるが詳しいこと
は分からない。この無彩色のこけしがキナキナ文化圏からもたらされた
ものか,日光木地師であったという小林弥七からの伝承なのか、そうで
あるなら,キナキナ型のおもちゃはかなり広い範囲に存在していたのだ
ろう。右3本目は骨董市で求めたもの。古いものではないが頭はキナキ
ナ型でクラクラするものである。底に小さな4ツ爪が残っている。古い
こけしにはないフォルムである。1本目の常川新太郎の首と同じ作りで
ある。常川の作は昭和12年頃まで遡れるかは疑問であるがたまたまの
ものか、髪の厚さが特徴的である。「こけしと作者」の写真に近いとも
言えないことはないが保存状態が惜しい。木地も子どもが握るにとても
具合がよい。「かわゆーい」と呼ばれ今のこけしブームに人気が出てい
くこけしではないでしょうか。遠野町の思いが100年の時を経て花開
くといいと思います。
 右から4本目煤孫盛蔵作は昭和59年友の会お土産です。5本目が製
作年代不明ですが2000年当時ヤフオクに極めて保存のよい昭和15
6年ものが大阪の骨董商から出品されたものの内の1本です。昭和10
年代と仮定して。長くなったので続きはまた下の項で。なお6本目は私
の作で工作用木工旋盤で挽いた物です。


1992.久四郎と久太郎のえじこ 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年3月10日(月) 13時10分
Original Size: 641 x 588, 170KB Original Size: 549 x 572, 55KB

 らっこコレクションには他に類例を見ないという久太郎の昭和6年頃の
えじこがある。図録より掲載させて頂いた(右)。左は武井武雄の友人
で童画作家深沢省三氏旧蔵のえじこ 二人の筆の運びの違いがよく出て
いる。久太郎の一つの特徴として菊の花びらの1枚を正面に直線的に下
ろすという形が見られる。これは小寸菊模様にも見られると思っている
のだが,どうでしょうか。
 佐藤栄治と喜一 ]吉と鈴木清 久太郎と久四郎 など昭末昭初のも
のは数も少なく,その判別は難しいのですが。


1991.和菓子屋のこけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2014年2月1日(土) 17時16分
Original Size: 845 x 634, 212KB Original Size: 889 x 557, 145KB

当談話室管理人が住む茨城県下妻市に甘党の私が愛する和菓子店があり
ます。表現された季節の趣と上品な甘味は絶品です。店の名を御菓子司
国府田屋と言います。 
 この素敵な和菓子屋さんにこけしを飾ってみたいものだと,いつも思
っていました。今年になって厚かましくお願いして見たところ,うれし
いことにお許しを頂くことができました。1月は正月らしくだるま模様
の多い温湯系を2月は梅の木地山系と並べて見ました。北から順にとも
思っています。皆様方には,まず縁のない土地とは思いますが,お近く
を通過の際は是非下妻の銘店にお寄りください。



1993.Re: 和菓子屋のこけし
名前:deku    日付:2014年3月8日(土) 14時37分
Original Size: 297 x 689, 73KB Original Size: 292 x 608, 67KB

 3月8日から鳴子こけしを飾ったので紹介します。
昭和20年代と思われる高橋福寿です。新型の影響も残るねっとりと
した熱いこけしです。福寿もう1本は昭和56年作 



1994.Re: 和菓子屋のこけし
名前:deku    日付:2014年3月8日(土) 14時51分
Original Size: 267 x 634, 65KB Original Size: 360 x 480, 58KB

それから高橋正吾,宣直親子の小寸とねまりこ



1995.Re: 和菓子屋のこけし
名前:deku    日付:2014年3月8日(土) 14時53分
Original Size: 320 x 369, 39KB Original Size: 360 x 480, 64KB

伊藤松三郎のえじこと大沼秀雄のねまりこ



1996.Re: 和菓子屋のこけし
名前:deku    日付:2014年3月10日(月) 9時9分
Original Size: 156 x 469, 33KB Original Size: 174 x 478, 34KB

花巻時代の大沼俊春と本庄の北原鉄造 以上を和菓子店に
甘い雰囲気で並べて楽しんでいます。


1988.梅こけし?新型と旧型でしょうか? 返信  引用 
名前:鑑定お願い    日付:2014年1月16日(木) 21時56分
Original Size: 480 x 640, 154KB Original Size: 640 x 480, 163KB Original Size: 640 x 480, 172KB

リサイクル店からあまりにも可愛いくて衝動買いです年代、産地 作家について 分かる範囲お願いします。宜しくお願いします。特に
梅模様のこけし作家(青村さん)に興味あります。



1989.Re: 梅こけし?新型と旧型でしょうか?
名前:deku    日付:2014年1月18日(土) 16時8分
談話室訪問ありがとうございます。左側の赤と黒のボーダーは
(ろくろ模様と言ってます)福島県土湯温泉の佐藤左志馬のこけしです。
昭和40年から50年当時大変人気のあった作者です。1907年生
まれですので77歳1984頃の作品と思われます。右はおっしゃる通
り新型こけしです。私も詳しくはありませんが,おそらく福島県伊達郡
桑折町の佐藤香村さんの作ではと思われます。また、かわいいもの見つ
けたら談話室ご利用ください。

1984.教えて下さい! 返信  引用 
名前:木童舎    日付:2013年9月13日(金) 16時12分
南部系の作者で、「佐藤善治」または「佐藤善」という工人について、承知の方がいれば教えて下さい。

1983.安田講堂下でこけしに出会う。 返信  引用 
名前:deku    日付:2013年9月2日(月) 11時45分
Original Size: 841 x 607, 191KB Original Size: 889 x 614, 218KB

 安田講堂下にて見かけたポスターです。湊屋系こけし提灯が目につき,早速写真に収めました。詳細については土湯温泉観光協会HPの「土湯アラフドアートアニュアル2013」をご覧ください。


1982.ヤフオクつり上げ 返信  引用 
名前:ヤッホ    日付:2013年7月27日(土) 11時31分
オークションの吊り上げ行為を皆さんはどうして判断していますか?
 こんなネットでの質問も多くあります。 
 以前は入札者の落札評価内容を見ることができたので,こけし落札の履歴がない人との競争入札はあぶないと思って間違いなかったのですが
今は見ることができません。
 骨董界の競売などでも,この人なら相当の高値まで出すであろうと思われている人にはつり上げ役がついたりする場合があるようです。
 オークションは入札とは違いどこまでも上がっていくわけですから怖い話です。それに今やラインとかSNSは進化しています。談合はいくらでも可能でしょう。
 高値落札が続くヤフオクこけしですが,狭い収集仲間の中に,狡猾なたぬきが存在しないことを願っています。
 

1980.古くて小さなこけし 秋田?  ・??? 返信  引用 
名前:aikoke    日付:2013年6月7日(金) 12時19分
 ヤフオクのかわいい3本のこけしの作者はどなたでしょうか?教えてください。



1981.Re: 古くて小さなこけし 秋田?  ・???
名前:亜爾    日付:2013年6月7日(金) 13時10分
 戦前の小寸ですね。左から阿部廣史、小松五平,新山福太郎ではないかと思います。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb