[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
こけし談話室・訪問ノート

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1722.kasa2 返信  引用 
名前:deku    日付:2009年12月15日(火) 8時24分
Original Size: 720 x 581, 73KB

今日の誰の笠?はこれです。昭和32年頃のこけしです。この笠にみられるように轆轤を回転させて染料を飛ばして作る模様は何というのでしょうか。笠には土湯系の轆轤模様が似合います。たぶん,笠と傘(蛇の目)を重ね合わせて見ているのでしょう。持っている笠こけしもほとんど土湯系です。



1723.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月16日(水) 18時15分
Original Size: 319 x 1067, 81KB Original Size: 979 x 628, 137KB

佐久間虎吉70歳作の笠です。虎吉について「こけし辞典」で橋本正明氏がこう評価している。『戦後,昭和34年までは虎吉の低迷期である。胴はだらしなくふくれ,眼尻の下がった不愉快な表情のこけしになる。口は赤のみで墨を入れず,胴の下端に菊を描いたものもある。この時期の作例は〈ガイド〉に紹介されている。新型の影響によると思われる。低迷を脱したのは昭和36年橋本四朗平氏の指導による。復元作10本は,大部分橋本氏が手許に残しているため,一般に知られていないが,昭和15年に肉迫した快作であり,戦後虎吉の代表作となっている。復元以後は完全に復調し,佐久間兄弟の最後の工人として,土湯本格品を多く製作した。虎吉として残すべき作品は昭和15年以前および昭和35,6年に多い。』それから,およそ十年後木の花23号座談会「写しを考える」において橋本四朗平氏は昭和34年から36年に何人かに本人による写しをやらせたことや,「僕が虎吉に作らせた時,当時彼は甘いこけしを作っていたんですが,古いものを見せたら実に感慨無量の面持ちをしていた。「おれはこういうものを作っていたんだのか,じゃ今度,おれはこうしよう」とつぶやいたんだよ」と虎吉との思い出を語っています。ガイドの甘いこけしや四朗平氏の元と写しが写真です。ところで私には以前から疑問があります。35年以前虎吉の作っていたこけしが目尻の下がった型の(けして不愉快とは思わないが)だけであったかということです。白黒写真 ガイド,木の花(右13年作)より



1724.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月16日(水) 18時4分
Original Size: 328 x 633, 53KB

笠こけしです。



1725.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月17日(木) 20時31分
Original Size: 677 x 1273, 169KB

どちらも68歳の作 溌剌とした表情に味があります。



1726.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月17日(木) 21時2分
Original Size: 629 x 847, 81KB

戦前作 つぶし目?の虎吉 かせが赤褐色なのが特徴的です。



1728.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月18日(金) 19時22分
Original Size: 469 x 1302, 169KB

こちらは2代目虎吉 



1729.Re: kasa2
名前:deku    日付:2009年12月18日(金) 20時17分
Original Size: 609 x 1120, 105KB Original Size: 419 x 725, 57KB

湊屋の雰囲気をよく出していた佐久間俊雄の笠


1719.笠こけし当て 返信  引用 
名前:deku    日付:2009年12月15日(火) 8時21分
Original Size: 1067 x 800, 126KB

夜目遠目笠の内という言葉がある。美人に見えてしまう条件ということのようである。笠こけしもなかなかの魅力があり思わず買ってしまったものである。たっぷりとした時間を持て余しながらも,こけしを眺めることから離れていました。家の大掃除を契機に取り出しやすくなったこけし達を眺め,今日から何回か笠こけしを話題にしようと思う。まず,初めて購入した笠こけし。さて 誰の作でしょうか?



1720.Re: 笠こけし当て
名前:deku    日付:2009年12月15日(火) 8時22分
Original Size: 422 x 648, 56KB

購入は昭和49年3月土湯物産です。土湯物産のおかみさんにはよくお世話になりました。胴模様までお見せします。



1721.Re: 笠こけし当て
名前:deku    日付:2009年12月15日(火) 8時22分
Original Size: 386 x 861, 76KB Original Size: 335 x 739, 58KB

渡辺恒彦 昭和49年作です。細胴は50年代かと思いますが中古で購入したので確かではありません。49年作に顔に張りが感じられて好きです。お時間ありましたら,みなさまお持ちの恒彦こけしをここに貼っていただけたら楽しいのですが。



1727.Re: 笠こけし当て
名前:deku    日付:2009年12月17日(木) 20時57分
Original Size: 445 x 1246, 86KB

恒彦昭和36年作かと思います。


1718.武井武雄「愛蔵こけし図譜」のこけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2009年12月11日(金) 17時6分
Original Size: 503 x 1482, 114KB Original Size: 431 x 1110, 98KB

古い話ですが木人子http://homepage3.nifty.com/bokujin/kanwa01.htmで3本の愛蔵こけし図譜収録のこけしについて説明されています。一部引用させて頂くと「この「愛蔵こけし図譜」には武井蒐集品以外のものが三種集録されている。すなわち鳴子の大沼竹雄、遠刈田新地の佐藤直助、土湯の阿部治助のこけしである。この三人のこけしについては武井蒐集品に取り上げるべき作が無かったため友人の蒐集家から借りて、補遺として図譜末尾に収載した。」とあります。このこけし以外,武井武雄の愛蔵こけし群は戦災によって焼失してしまって今現物を見ることができない。ところで平成11年当時に東京こけし友の会に出席されていた方はご記憶のことと思います。会に深沢省三氏の遺品が入札出品されたことがあります。深沢省三は岩手県出身,洋画家,童画家であり,妻は画家,深沢虹子,武井武雄らと日本童画家協会を設立するなど武井武雄との交流は深い人です。この時出品されたこけし群の中で印象深いのは大頭の新山久治,鯖湖など愛蔵図譜収載のこけしかと思われるものが数点あったことです。後日,神田ひやねで久治をじっくり拝見させていただいた時に驚いたのであったが久治大頭の頬に走る4本の木目など全く同じであった。戦災を受ける前に岩手に疎開していたかと思わせるものであった。この写真掲載の湯田こけし丑蔵も,運よく落札できたその中の一本です。愛蔵図譜と並べて見ました。青が飛んでしまっているのが惜しいです。


1714.白石孝子こけしについて 返信  引用 
名前:木童舎    日付:2009年10月17日(土) 11時0分
Original Size: 260 x 512, 30KB Original Size: 512 x 384, 34KB Original Size: 384 x 512, 55KB

状態が悪くて申し訳ありませんが、この鎌文こけしについて教えてください。『辞典』での確認はしましたが、よく分りません。このこけしの制作時期といわれを教えてください。尚、胴底は四つ爪です。



1715.Re: 白石孝子こけしについて
名前:木童舎    日付:2009年10月17日(土) 11時13分
Original Size: 512 x 384, 38KB

胴底の画像です。



1716.Re: 白石孝子こけしについて
名前:deku    日付:2009年10月17日(土) 21時5分
こけし手帳462(平成11年7月号)に「孝子こけしについて」という記事があるようです。参考になるのではないでしょうか?
白石噺孝子こけしでインターネット検索されますと孝子堂が出てきますので由来はこの辺りかと想像されます。
 墨の前髪あるいは蒲鉾状の飾りは図録等にもない珍しいものですね。眼と眼の間隔,黒目の大きさ,ビンの長さから昭和12年から15年と適当な推察をしました。的外れだと思います。


1717.Re: 白石孝子こけしについて
名前:木童舎    日付:2009年10月18日(日) 7時40分
dekuさま 御教示ありがとうございます。ネットと手帖462号を調べてみました。「孝子こけし」の「孝子」は敵討ちをした親孝子の孝子という意味のようですね。私は女の子の名前かと思っていました。ネットで調べた『人魚洞文庫』の孝子こけしは昭和15年に関西こけし会記念品として頒布したようですが、私の孝子こけしとは大分違います。また、『辞典』に書かれている内容と比べると、人魚洞文庫のも、私のも遠刈田様式と形態が少し違うようです。

1708.本多信夫のこけし 返信  引用 
名前:森の旅人    日付:2009年7月2日(木) 9時0分
Original Size: 384 x 512, 23KB

本多信夫のこけし制作年代が分れば教えてください。底はノコギリの切り離しで、署名はありません。



1709.Re: 本多信夫のこけし
名前:deku    日付:2009年7月3日(金) 22時6分
私にはわかりませんので他の人の情報を待ちますが,本田信夫のこけしは図録等にも掲載されているものは少なく,この胴模様も初めて見ました。昭和14年当時眉から口までを狭い横広の顔に比べると眼点も大きいです。眉毛の描き方には初期的な不慣れな感じがあるように見えます。このこけしを本田信夫とした理由をお聞かせ願えればと思います。


1710.Re: 本多信夫のこけし
名前:森の旅人    日付:2009年7月4日(土) 6時24分
本多信夫とした理由は『伝統工芸 東北のこけし』掲載の信夫こけしと胴模様が同じということと、『らっこコレクション図譜』掲載の信夫こけしと雰囲気が似ていることからです。時代的には「らっこ」に近いと考えていますが、資料を見つけることが出来ませんでした。


1711.Re: 本多信夫のこけし
名前:deku    日付:2009年7月6日(月) 19時18分
Original Size: 640 x 480, 112KB

やはり私も決定的な資料を見つけることはできませんでした。時間はかかっても愛好家諸氏のご意見を待ってみたいと思います。写真は天理参考館資料こけしの部掲載本田信夫です。


1704.津軽に行ってきました。 返信  引用 
名前:木っ端    日付:2009年6月13日(土) 9時22分
Original Size: 640 x 480, 51KB

久しぶりです。週末の土日に千円高速を利用して東京から津軽まで行ってきました。また帰路は土湯に寄り西田記念館で土湯の古品の名品こけしの数々を鑑賞した後、西山敏彦さんを訪問したのち帰京しました。
黒石では奥瀬陽子さんの達磨と恵介さんのこけし、温湯で盛美津雄さんのこけしを頒けていただいた後、弘前に出て津軽ねぶた村で実演していた長谷川健三さん優志さん親子を訪問。事前にお願いしていた優志さんのこけしを入手しました。電話で依頼した折には1〜2本ということでしたが写真のように異なる5本を用意していただいており感激でした。「こけし美と系譜」100頁「長谷川辰雄の木地挽と描彩3」の拡大カラーコピーを手元に置き勉強しているようでした。
 各地の工人数が減っているなかで津軽系では阿保正文さんに続き優志さんと若手が継いでいることは喜ばしいことです。皆様も応援していただければと思っております。



1705.Re: 津軽に行ってきました。
名前:deku    日付:2009年6月14日(日) 21時17分
こんばんは。k様でしょうか?(間違っていましたら失礼)こけしの旅
うらやましい限りです。温泉を巡りながら,こけし作者を訪ねる旅憧れます。西田記念館にさくらんぼと温泉を餌にでかける作戦でも立てたいと思います。


1707.Re: 津軽に行ってきました。
名前:kokekokko    日付:2009年6月22日(月) 17時20分
Original Size: 500 x 453, 263KB

 昨年秋の工人フェスティバルの前日に、工房に伺って取らせてもらった長谷川健三・優志親子です。この時は瓶に紙を巻いて描彩練習していました。今後の精進次第で素晴らしい工人さんになると思います。


1703.思い出のこけし 返信  引用 
名前:deku    日付:2009年6月11日(木) 17時57分
Original Size: 1424 x 1536, 274KB

先日,こけし千夜一夜物語の「鑑賞のこけし」渡辺忠蔵を懐かしく読みました。渡辺忠蔵さんには職場の旅行で気軽に,こけし作りを見せていただいたりして,すばらしい人柄に惹かれていましたが,こけしそのものも初期の作品など特に好きなこけしの一本です。土湯物産,忠蔵庵,ひやねなどで何本か中古を求めました。写真のこけしはその中でも,最後に求めた中古の忠蔵でず。鹿間旧蔵と聞きましたがシール,サイン等はありません。鉛筆で62.2.3とあります。1962年2月3日と思っていたのですが,鑑賞には37年3月につくってもらったとありますので,3月に間違いがなければ62は鹿間さん以外の中古で買った人が記入した昭和62年ということになります。この作から見ると鑑賞掲載と同時期に作られたものの一本だと思っているのですがどうでしょうか。こけし手帳にも,その経緯を纏めた鹿間さんの記事を見たように記憶しているのですが,今は思い出せません。


1702.こけしの知識 返信  引用 
名前:tinkmom    日付:2009年6月3日(水) 18時10分
みなさま、「こけし」の専門家でいらっしゃるのですか?私の家には、数個のけこしがあるだけで何も知りません。これから、少しずつこけしのことを調べてみたいなと思っているだけです。専門的にはちっともわかりませんが、心 動かされます。鉄蔵様のこけし、まるで姉妹のよう。にっこり見てしまいます。deku様のこけし、手にとって見てみたいです。こういうこけしの背景を知るには、どのページへ行けばいいでしょうか。そのうち教えてください。

1695.こけしの写真 返信  引用 
名前:tinkmom    日付:2009年5月30日(土) 15時57分
デジカメでこけしの写真を撮り、デスクトップに保存しています。でも、教えていただいた「この掲示板の写真の貼り付け方法でしたら,下の添付欄の参照をクリックして自分のパソコン,携帯から画像を取り出します。」の「添付欄参照」がこのこけし談話室/訪問ノートのどこにも見当たりません。初歩的なことで、たびたびおさがわせいたしますが、お教え願います。



1696.Re: こけしの写真
名前:鉄蔵    日付:2009年5月31日(日) 9時37分
Original Size: 400 x 406, 234KB

 1695の「右上」に参照というボタンがありますよね。ここをクリックして、パソコンから画像を選ぶとアップロード出来ると思います。
 最近のデジカメはコンパクトでも画素数が高いですから、そのままでは画像の容量が重く、ソフト等で多少軽くしないと掲載出来ない掲示板もあります。



1697.Re: こけしの写真
名前:deku    日付:2009年5月31日(日) 9時26分
Original Size: 852 x 1728, 220KB

この鮮明な画像はN様でしょうか。おひさしぶりです。久しぶりに写真などアップしてみました。夢二のような雰囲気の鉄蔵です。



1698.Re: こけしの写真
名前:鉄蔵    日付:2009年5月31日(日) 10時0分
 deku様ご無沙汰致しております。訳あって暫く各所から離れておりました。こけしは画像が無いことには話題が進展しませんね。tinkmom様、写真掲載自体は比較的簡単ですから、是非もう一度トライしてみて下さい!
 deku様の鉄蔵は、本人描彩の初期かも知れませんね。


1699.Re: こけしの写真
名前:tinkmom    日付:2009年5月31日(日) 11時14分
なんとすばらしい談話室でしょう!いろいろな表情のこけしたちが見られるなんてほんとうに嬉しいです。
鉄蔵様、deku様、御説明をありがとうございます。ありました!ありました!私ってほんとうにまぬけです!最初の御指示どおりにありました!でも、画像が2MG. 小さくしてまた来ます。今日は、ほんとうにありがとうございました。こんな不注意な私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


1700.Re: こけしの写真
名前:tinkmom    日付:2009年5月31日(日) 17時21分
Original Size: 480 x 640, 55KB

これが、その写真です。ごらんください。



1701.Re: こけしの写真
名前:deku    日付:2009年5月31日(日) 20時27分
tinkmom様
きれいにアップしていただきまして,ありがとうございます。私は最初の正吉こけしは収集初期に購入しています。それも,福島県猪苗代です。木肌のきれいな,新しいこけしでした。木地挽きが丁寧でした。
 N様 私のアップしたこけし,鉄蔵としましたが,そうかなと思う疑問もあります。初期作でしたら貴重な資料でうれしいです。

1694.ありがとうございます。 返信  引用 
名前:tinkmom    日付:2009年5月28日(木) 17時12分
写真添付の仕方御説明ありがとうございます。調べて、私の大切なこけしをみなさまにお見せしたいと思います。もう一度御親切にありがとうございました。

1689.教えてください。 返信  引用 
名前:tinkmom    日付:2009年5月26日(火) 18時19分
みなさま、こんにちは。はじめて投稿いたします。
日本のものを外国の方に見せるため、こけしを使いました。20年ほど前に購入したものです。このこけしの背景を知りたくなりました。こけしの底に「北海道登別にて製作ス 佐藤正吉」と書いてあります。どなたか、このこけしを作った方のことを教えてくださいませんか。とても良い表情をしたこけしです。よろしくお願いいたします。



1690.Re: 教えてください。
名前:deku    日付:2009年5月26日(火) 19時35分
こんにちは。訪問ありがとうございます。登別温泉 佐藤正吉さんは明治43年宮城県遠刈田温泉に木地師の七男として生まれました。木地を修行。昭和12年に北海道に渡り20年頃には登別の大原家に入籍大原正吉となっています。既に故人ですが遠刈田こけし作者として,ファンの多いこけし作者です。登別佐藤正吉と署名してあるとのことですので,昭和12年から20年の間の作ということになり,20年前購入のときは既に古品であったと思われます。できれば写真をアップして見せていただければ嬉しいです。


1691.Re: 教えてください。
名前:deku    日付:2009年5月26日(火) 20時34分
Original Size: 1013 x 1655, 250KB

佐藤正吉さんのこけしです。北海道に渡る前の作だと思いますので若干感じが違うかもしれません。



1692.ありがとうございます。
名前:tinkmom    日付:2009年5月27日(水) 19時24分
deku様

佐藤正吉さんについての情報御説明ありがとうございます。少しでもわかってなんだか嬉しくなりました。こんなすばらしいこけしを作られるなんてどんな方だろうと思い、もっと知りたくなりました。dekuさんのこけしととても似ています。私のものは、色があせているように思いますが。みなさま、写真はどうやって貼っていらっしゃるのですか?(なんだかとても馬鹿な質問かもしれませんが。)


1693.Re: 教えてください。
名前:deku    日付:2009年5月28日(木) 8時25分
写真を貼り付ける。>以前はデジタルカメラとパソコンを繫いだりしていましたが,今はSDカードを通して画像を取り入れらるようになりました。私も分かり易く説明できるほど詳しくはないので,デジタルカメラ 画像をアップ とかでインターネット検索をすると自分のカメラ,パソコンに合ったサイトがあると思いますので,調べてみてください。
この掲示板の写真の貼り付け方法でしたら,下の添付欄の参照をクリックして自分のパソコン,携帯から画像を取り出します。

1685.ヤフオク 返信  引用 
名前:deku    日付:2009年2月25日(水) 21時43分
Original Size: 600 x 450, 32KB Original Size: 600 x 450, 32KB

昨夜「こけし千夜一夜物語」のK様が30本を超える古品を落札されました。この後ブログで紹介されるということなので,楽しみです。このこけし群,最初は2つに分けて出品されていました。その後まとめて出品されました。見事な出品です。何か特別抜いたこけしがあったのかと見てみましたが,それは,なかったようです。慶一郎の二本の内の一本一番保存がよかったように写真では見えます。石蔵も魅力あります。k様
写真掲載予告編のようになりましたがお許しください。



1687.Re: ヤフオク
名前:    日付:2009年2月26日(木) 12時33分
deku様
早速ご紹介頂き恐縮です。
これらの古品が2つに分けて出品されていたことは知りませんでした。
その時は、落札されなかったのですね。最低価が高かったのでしょうか? 発送作業が忙しく1週間ほどかかるようです。この週末に届くと嬉しいのですが。届きましたら、私のブログで順次紹介致します。皆さんの感想など頂けたら幸いです。それでは、今暫くお待ち下さい。


1688.Re: ヤフオク
名前:こけし    日付:2009年2月26日(木) 13時30分
<その時は、落札されなかったのですね>
私も,この写真見ています。出品直後に取り消されたのです。
千夜一夜 楽しみにしています。

1683.こけしの価値 返信  引用 
名前:おーちゃん    日付:2009年1月15日(木) 20時16分
はじめて投稿します。

母がこけしを集めているのですが、それを見てふっと疑問に思ったことがあります。
骨董品とか掛け軸の中には、高価というか鑑定に出すと凄い金額になるものがありすが、こけしにもそういうのってあるのですか?

つまらない質問かもしれませんが教えて下さい。



1684.Re: こけしの価値
名前:kokeshi    日付:2009年1月15日(木) 23時0分
ありますね。ヤフーオークションでも100万近いものがありました。
今でも,ヤフーオークションを見ると100円から数万円まで落札価格は幅広いです。見てみるとよくわかるかと思います。

1680.質問です 返信  引用 
名前:若葉印    日付:2008年12月9日(火) 23時17分
Original Size: 640 x 480, 55KB Original Size: 640 x 480, 58KB

かなり以前に一度お邪魔しましたが、あまりに久し振りなのでほぼはじめまして(^^ゞ。

基本的なことで今までずっと疑問に思ってたことがありまして質問させていただきます。
いわゆる「伝統こけし」と分類されるこけしの範囲ですが、
今まで伝統こけしを作っている工人さんの作品はほぼそう解釈してたのですけれど、
たとえば写真のような柿澤是伸さんの帽子こけしのように、ご本人のアイデアやちょっとした遊び心などで作ったものは新作こけし・創作こけしの分類に属するのでしょうか?
ひな人形も伝統こけしではないとしたら、ねまりこなどはどっちなのでしょう?鳴子では古くからあるようですが。
あと、青い染料で描いた画像のようなこけしはお気に入りなんですが、今まであまり見かけず、伝統こけしと言ってもいいのでしょうか?

「伝統こけし」と「新作こけし」・「創作こけし」の区別が、
その辺のところで曖昧な認識でいたので教えて頂けたら幸いです。



1681.Re: 質問です
名前:deku    日付:2008年12月11日(木) 20時42分
 私も曖昧です。ことばでの概念など,迷うだけですから自分の感性に素直に収集すればいいのではないでしょうか。写真のこけし 魅力ありますね。こけし 帽子こけし そんな曖昧さでいいのではないですか。こけしに魅力を感じる感性,特に伝統こけしだけとなると,それほど一般的なものではないようですから,それを大切にして自分で伝統こけしと感じられるこけしを愛でるというのは如何でしょうか。


1682.Re: 質問です
名前:若葉印    日付:2008年12月12日(金) 0時33分
deku様
お返事ありがとうございます。
おっしゃるとおり、あまりそうした区別にこだわりすぎず楽しんだほうがよいのかもしれませんね。

あえて言えば、伝統を大切に継承した工人さんが、伝統的技法で作られたものであれば、広い意味で伝統こけしの部類かなぁ、と今思ったりしました。
ありがとうございました。

1679.藤沢周平と阿部常吉? 返信  引用 
名前:deku    日付:2008年10月31日(金) 20時35分
しょうじさん,皆様 ご無沙汰しております。久しぶりにこけしの話題が見つかりましたので,登場しました。
 最近,藤沢周平の初期作品に「木地師宗吉」なる短編があることを知りました。鶴岡市出身の藤沢氏は本名,小菅留治 鶴岡市湯田川中学校の教員をしていた時期がありました。取材として一番接触の可能性が高いのは温海温泉の阿部常吉氏かなと思ったのですが,どうでしょうか?
作品中にこんな一節があります。「宗吉の父,善兵衛が旅で出会ったこけしは,円錐に近い素朴な胴と,小さな頭部を持っていた。」とか「竿(轆轤軸)だけは土湯の木地職人に作ってもらった・・」などなど。
常吉氏から取材?と思ったのですが。作品は昭和38年の発表のものです。

ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb