[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
掲示板−いわゆる「常識」なるものに囚われることなく
気楽に掲示板
姉妹板 森羅万象に挑む掲示板
荒らしたい人?掲示板
(画像は海底をヒレを使って歩く不思議なサメ)
受け身的で、与えらたものの中からどれが良い?
なんて二者択一思考。こんなんでいいのかな?
10ヘクタールのやせた原野に自ら理想とする「新しき村」を創ろうとした武者小路。
こんな心意気、創造性が必要なんじゃないかな?<

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



4479.【従軍慰安婦】問題は存在せず、あるのは【従軍慰安婦問題】 返信  引用 
名前:隣町    日付:2008/11/20(木) 17:16

それは従軍慰安婦問題の事ですか?それとも・・・・・

従軍慰安婦は日本の歴史上存在しなかった事は納得していただいたようですから
当然、【従軍慰安婦】問題は存在せず、あるのは【従軍慰安婦問題】となります。
では【従軍慰安婦問題】とは何か?を定義する必要があります

私のつたない理解ですが
1) そもそも日本の反日サヨクが、反日運動として始めた事での一つです。
他にも【寺の鐘を軍国主義に協力して供出した】とか、【沖縄で自殺を強要した】とか【南京大虐殺】や【百人きり】などがあります。
2)
分かりやすく言えば、敗戦国民である日本人を強烈に非難し罵倒する事で、自らを戦勝国の立場に擬似的に置きたいとの、幼児的願望と
サヨク的自己批判を他人に強要したいとの、自己満足が
入り混じった世界でも稀な反自国運動の一つです
3)



4480.Re: 【従軍慰安婦】問題は存在せず、あるのは【従軍慰安婦問題】
名前:隣町    日付:2008/11/20(木) 17:16
3) その運動に対して反日国家や海外の反日運動家が飛びつき、世界的な反日運動のお題目として取り上げられた。本来は【強制的に連行されて、性奴隷として強姦され続けた】事に対しての賠償や非難であったのだが、その後、強制連行は無かった事が明らかになった。
4)
ところが【強制的に連行されて、性奴隷として強姦され続けた】のイメージが海外の反日国家で定着してしまったので、日本国内の反日グループも今更、強制連行は無かったとはいえない状況になった

結論;日本の反日サヨクのでっち上げ・捏造によって作り出された【強制的に連行されて、性奴隷として強姦され続けた】のイメージを世界中に植えつけ、誤った根拠で日本人に対するかなり高い蔑視状況を発生させた事。
これが従軍慰安婦問題ですね

私には、自分の国の悪口を捏造でっち上げまでしても叫び続ける反日サヨクの気持ちは理解できませんがね
それだったら彼らが海外に行く時は【強制的に連行されて、性奴隷として強姦し続けた日本人の子孫です】と首からプラカード提げていくことをお勧めしますがね

4474.外地・日本兵専用援助交際施設従業員問題 返信  引用 
名前:隣町    日付:2008/11/20(木) 9:15
>【慰安婦】の定義が、【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】であれば、
【従軍慰安婦】とは【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】のことを示すのです。

実に面白い新説ですね!
慰安所に2つあって、軍の管理下のものと管理下に無いものの2種類があったとの事です。
じゃあ、慰安所と従軍慰安所の2種類があったって事ですね
是非、歴史的に重要とされる文書などをお知らせください。
現代用語辞典からでも構いませんし、逆に英語や中国語の説明でも構いません

>【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】という意味で慰安婦というのなら、間違っていませんからね。

ぶあははははは、もう支離滅裂も此処に極めれり!って感じですね
上では“【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】”を従軍慰安婦と呼ぶ、って定義づけをしたのに
今度は“【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】”は慰安婦である“となるのですか???
じゃあ、慰安婦と従軍慰安婦に違いは無いじゃないですか?


>海軍に海軍士官学校はありませんでした。
だからそんな名称がおかしいというのは理解できます。

あら、有難う。やっと認めてくれましたね

>ですから従軍慰安婦と呼ばれる女性が当時いなかったのは間違いないんですけど

いなかったのですよね。日本の歴史上【従軍慰安婦と呼ばれる女性】は存在しなかった。これが歴史上の事実です。
そして【反日勢力が従軍慰安婦なる呼称を作り出し、それを他人に押し付けようとしている】が、これまた現代の事実です


>合理性さえあれば後代にそう呼称するのが良くないとは言えません。
>問題は、その名称が合理的かどうかで、その点は上のコメントで記したとおりです。

何度も繰り返しになりますが、それは政治や思想の問題であり歴史上の事柄とは別です。
ですから私は“日本の歴史上【従軍慰安婦と呼ばれる女性】は存在しなかった”と何回も述べています。
貴方が彼女らを何と呼ぼうと、そしてその呼称を【貴方が合理的と考える】のも貴方の自由です。それに文句を言う気は全くありません

それと【日本の歴史上従軍慰安婦は存在したか?】とは別です。
私の答えは【存在しない】です

外地・日本兵専用援助交際施設従業員はいたかもしれませんがね



4477.Re: 外地・日本兵専用援助交際施設従業員問題
名前:隣町    日付:2008/11/20(木) 15:32

>「慰安婦問題とは軍や官憲が直接間接に責任を負っている問題である」
という点を否定するあなたのような人がたまにいるから、慰安婦問題の本質を示すためにあえて「従軍」をつけるのです。
これ、二度目の説明ですよ。

あれあれ、貴方は自分で何を言っているのか理解していないようですね

>【従軍慰安婦】とは【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】のことを示すのです。

と定義したと思ったら
舌の根も乾かぬうちに

>【軍の管理下で】【将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たち】という意味で慰安婦というのなら、間違っていませんからね。

と言い出して、あれ??それは従軍慰安婦の定義って貴方がつい先ほど決めた事と違っていますよ。
で慰安婦と従軍慰安婦の違いを改めて問い直すと
今度は

>慰安婦問題の本質を示すためにあえて「従軍」をつけるのです。

と奇妙な定義が突然飛び出してきましたね。
毎回、定義が違うし、聞くたびに説明が違ってきています
つまり従軍慰安婦とは、歴史上の存在ではなく
貴方が他人に何かを説明する時に【あえて】作り出した言葉ってことですか?

じゃあ、貴方の脳内にだけ存在する事で
それは【日本の歴史上存在しなかった】って事ですよね

で最後が

>本質を指し示す用語は認めないのですね

だってんだから、お笑いですね
だから何度も聞いているのですよ【従軍慰安の本質】って何ですか?
従軍慰安婦の定義は何ですか?

4462.昔の軍のトップよりはましでしょう、彼らは日本を滅ぼしましたからね 返信  引用 
名前:隣町    日付:2008/11/17(月) 18:5
>ここでは、こんな作文を書く人物が空自のトップであったことを嘆いているんです。

私はそうは思わないよ。
【あれは侵略戦争ではなかった】と述べる人間は、【国家や軍に強制連行された従軍慰安婦】と述べる人間と同じくらい沢山いますからね

>「ライトの希望」と書いているけど、こんなのを祭り上げるライトの質の低さを嘆くように書いたのは、自分としてはおまけみたいなもんです。

けったクソ悪い話ですね
憲法違反の自衛隊で出世して、アメリカの植民地国家を甘んじて、米軍無しでは防衛能力もないのが「ライトの希望」というのが
どうせ問題論文書くのなら【日米安保も、在日米軍も不要!】【日本の防衛は自衛隊にお任せください!】ぐらいを書いてみなよ
年間5兆円の税金つぎ込んで、アメリカのスカートの下でしか防衛できない自分を恥ずかしいと思え!



4463.Re: 昔の軍のトップよりはましでしょう、彼らは日本を滅ぼしましたからね
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 19:10
隣町さん、勝手なお願いですけど、できれば当該投稿への返信としていただければ有り難いかな、と・・・


4464.Re: 昔の軍のトップよりはましでしょう、彼らは日本を滅ぼしましたからね
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 19:11
あるいは投稿b記載するとかね。
そうでないと、順序がややこしくて誰に対する返信か、あとでわかんなくなるんですよね。


4465.Re: 昔の軍のトップよりはましでしょう、彼らは日本を滅ぼしましたからね
名前:どろ    日付:2008/11/18(火) 10:50
「あれは侵略戦争ではなかった】と述べる人間は、【国家や軍に強制連行された従軍慰安婦】と述べる人間と同じくらい沢山いる」のは事実ですね。
でもこんなことを述べた空自のトップは歴代空幕長の中で彼一人だからね〜。
こういうのが野放しにされていると、昔のトップみたいに国を滅ぼすことにならないかと心配です。
まあ戦争は軍隊だけでできるものではないんだけど、5.15や2.26を通じて言論を萎縮させ、自分たちの発言権や存在感を増し、ついに軍が国政を壟断していった歴史があるのでね。


4466.Re: 昔の軍のトップよりはましでしょう、彼らは日本を滅ぼしましたからね
名前:どろ    日付:2008/11/18(火) 11:27
>【国家や軍に強制連行された従軍慰安婦】

そう言えば隣町さんとは慰安婦のことでやりあったことがあったね〜(^^)
隣町さんは「従軍慰安婦はなかった」という一点張りだったよね。
いまなら頭も冷えて、少しはまともな対話になるかなあ。
で、質問なんですが、答えたくなければ無視してもらってもいいです。

1.当時将兵を相手に慰安所で性労働していた女性たちを「慰安婦」と総称するのはよいのでしょうか?
 質問理由
  海軍の一部では慰安婦を「特要員」などと称していたそうです。
  陸軍では「酌婦」と呼ぶ場合もありました。
  すると場所や時期により「慰安婦はなかった」なんてことにもなります。
  そういうことでは話もしにくいので、あとからみんなまとめて「慰安婦」と総称する ことになったみたいです。
  こういう用語の変遷は認めますか?

3.歴史学上の都合で慰安婦に従軍慰安婦という専門術語を付するのは間違いなんでしょうか?
 質問理由
たとえば日清戦争ですが、戦争中は名称がありませんでした。
 今時戦役と言えばわかるからです。
戦後になって「明治二十八九年戦役」という正式名称がつけられました。
 もう終わったのだから今時戦役とは言えないからです。
 すでに終わっている他の戦役と区別するための名称がつけられました。
その後国際法上の名称である「日清戦争」が一般的用語となっています。
 条約を結ぶのに相手国と互いの名称が違っていては不便ですね。
 そこで国際法上の名称が定められました。
 国内でも国際間で明確になっている名称を使った方が何かと便利です。
 だから国内でもその名称が一般的になっています。

このように時期により名称というのは変化します。
日清戦争という用語で日清戦争史を語ると、隣町さんから「当時は日清戦争はなかった」と叱られないか心配なんですけど。

まあ、また「従軍慰安婦はなかったんです」という返事しか返ってこないんじゃないかなあという気がするんで、正面からの答えはあまり期待していないんですけどね。


4467.共通認識の問題
名前:解説者タンMark2    日付:2008/11/18(火) 21:29
慰安婦という呼び方は慰安婦問題の肯定派否定派両方ともその呼び方を認識しているので使えると言うだけの話ですな。
一方的に「従軍慰安婦」と呼んだところで、相手が認めなければ単なる独りよがりの話ってなもんですな。

例えば「日清戦争」はあくまで“日本での”言い方であって、中国では「甲午戦争」と言いますが、別に日清戦争という言い方を押しつけてる必要はないでしょうに。
もし仮に否定派が「契約ソープ嬢」と言い出したらそれ認めるのか、と言うことですなw
間違っていても共通認識が出来ていればそれでいいんじゃね?
「豆が腐ってできるのは納豆であってトウフじゃない!」と言っても、
豆腐という共通認識があるからこそ成り立っているという感じかねぇw



…あ、誰かと思えばどろさん、おひさしぶりw


4468.sulja xyk
名前:どろ    日付:2008/11/19(水) 11:14
解説者さんの仰るとおりですね。
それが普通の認識だと思います。
隣町さんはちがうんですよ。
「名称の問題ではない 」
「従軍慰安婦などなかった」
こう言うんですよね。

肯定派否定派両方ともその呼び方を認識している「慰安婦」を使おうという解説者さんのような常識的で合理的な立場から、「じゃあ慰安婦でいいよ」って風に妥協したとしましょう。
彼は必ずこんな枕言葉をつけることでしょう。
「従軍慰安婦がなかったと認めたどろさん」と。

彼の議論の進め方は手に取るように分かります。

「従軍慰安婦はなかったんですよね、なのにまだなにを議論することがあるんです?従軍慰安婦はなかったとあなたは認めた。それでいいじゃないですか。なかったことを議論できません。なかったものはなかったんです。それともまた前言をひっくり返すんですか?」

で、枕詞が代わります。
「従軍慰安婦がなかったと言ったりあったと言ったり発言をコロコロ変えるどろさん」

「ああそうですか、あなたは日本を貶めるためなら、なかったことでもあったと言う典型的反日サヨクですもんね。」

「なかったことをあったと言ったりなかったと言ったり発言をコロコロかえる典型的反日サヨクのどろさん、まだなにを言っているんですか?」

たはは(^^;)

4453.田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する 返信  引用 
名前:どろ    日付:2008/11/15(土) 9:43
田母神エッセイの低レベルな間違いの数々を並べます。
これが全部ではないんですけど、たかが6000字ほどの文章のなかにこれだけ間違いがあれば、それはもう歴史論文とは言えないですよね、普通は(^_^;)

▼日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めることになるが相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。
▼また我が国は蒋介石国民党との間でも合意を得ずして軍を進めたことはない。常に中国側の承認の下に軍を進めている。

満州事変、上海事変、南京攻略、徐州作戦など、はどうですかね?
たとえば満州事変ですが、日本軍が得ていたのは満鉄周辺の駐留権だけですね。
満州全土に進攻する了承など、いつ、だれから得たんでしょうねえ。

▼1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。

「ソ連情報機関の資料」と言うとまるで公式文書ですが、実際には「元ソ連情報機関員の手記」です。
「論文」の記述にはこのような正確性に欠ける表現が多々あります。

元ネタは「マオ」です。
「マオ」には引用文が示されていないけれど、註によればヴィナロフという自称元スパイが1968年にブルガリアで出版したという「書名不明」の本。書名も明かせない手記なんて、実在するのかすら怪しいものです。もう一つはこれまた「文書名不明」のソ連情報機関の資料だそうで、それはおそらくエイティンゴンという元ソ連スパイが出版した手記ですが、内容があまりにも出鱈目なので未だに日本語訳が出せないという代物です。こんなのが歴史研究の資料にならないのは言うまでもありません。

▼最近ではコミンテルンの仕業という説が極めて有力になってきている。

歴史学会では無視されています。

▼東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言していたことがわかっている

最初にそう語ったのは桂鎮雄氏です。記者会見のことを知ったのが昭和22年だそうですが、そのことを雑誌に書いたのは平成元年です。その間、だれ一人として記者会見の話を知らず、いまだにその記者会見を報道したという記事が発見されておらず、その記事を見たという人さえおりません。桂鎮雄氏の話では、本人も誰かからその話を聞いただけだと言います。誰から聞いたかも本人は言いませんでした。記事は本人も見ていないそうです。
そういう「記事」ですから、田母神さんも見ていないはずです。
こういう状態であっても「わかっている」と言えるなら、どんな歴史だって作れます。



4454.Re: 田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
名前:どろ    日付:2008/11/15(土) 9:44
いくつ書いてもキリがない〜!

▼朝鮮半島も日本統治下の35 年間で1 千3 百万人の人口が2 千5 百万人と約2 倍に増えている「朝鮮総督府統計年鑑」。日本統治下の朝鮮も豊かで治安が良かった証拠である。

白人の過酷な支配にあえいでいたはずのフィリピンでは、朝鮮半島以上に人口が増えているのですが。いま最も人口が増えているのは、貧しさと戦争の中にあるアフリカなんですが。
人口増加と、豊かさや治安との間には、もう少し複雑な関係があるようです。

▼また1915 年には袁世凱政府との4 ヶ月にわたる交渉の末、中国の言い分も入れて、いわゆる対華21 箇条の要求について合意した。これを日本の中国侵略の始まりとか言う人がいるが、この要求が、列強の植民地支配が一般的な当時の国際常識に照らして、それほどおかしなものとは思わない。

植民地獲得競争を「それほどおかしなものとは思わない」のが田母神さんです。しかし列強の植民地獲得競争が侵略だったと言うのは、欧米も含めて歴史学者の共通理解だと思いますよ。

▼廬溝橋事件の時でさえ5600 名にしかなっていない「廬溝橋事件の研究(秦郁彦、東京大学出版会) 」。このとき北京周辺には数十万の国民党軍が展開しており、形の上でも侵略にはほど遠い。

数万人のアタワルパの兵士と戦ったのは200人ほどのスペイン兵ですが、この戦いをスペインの侵略と記述していない歴史書を見たことがありません。
彼我の兵力数をもって侵略かそうでないかを語る軍事専門家の文章に出遭ったのも初めてです。

▼そこでアメリカは、日米戦争の最中である1943 年から解読作業を開始した。そしてなんと37 年もかかって、レーガン政権が出来る直前の1980 年に至って解読作業を終えたというから驚きである。

まったくの事実誤認です。
解読は初期に終わっていて、あとは翻訳と再翻訳の作業が細々と続けられていただけです。
以下は本物の米国のサイトですので、確認して下さい。
http://www.nsa.gov/venona/venon00127.cfm

▼ハリー・ホワイトは日本に対する最後通牒ハル・ノートを書いた張本人であると言われている

ホワイトの原案は日本に妥協的な内容だったので採用されていません。

・・・ああ、しんど(>_<)

も、やめた。
アホくさいわ・・(-_-;)


4458.Re: 田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 17:46
4456.高レベルで正確だったら、良いって訳なのかな??

名前:隣町 日付:11月17日(月) 12時23分
>田母神エッセイの低レベルな間違いの数々を並べます。

しかしこれがサヨクの限界なのでしょうね。問題の本質を理解しようともしないし、理解できる能力も無いようで
【田母神論文】の問題は【低レベルな間違い】ではないことは既に指摘済みで、本人も分かっているはずなのだが・・・
【高レベルで完璧】だろうと、“現役の軍人が政治的にセンシティブな事柄に意見を述べ、自分の論が正しいと主張する”事が問題なのですよ

例えば【満蒙は本来、シナの領土ではなく】とか【満蒙の人民は軍閥によって苦しめられている】と、歴史認識や外交分析を繰り返した事が問題で
本当に【シナの領土】かどうかではないのですがね

>1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。

しかしこれには私もビックリしました。
張本人の河本大作が自分でやったと認めているし、しかも敗戦後ではないのですが。

ここでも問題の本質を田母神氏も理解していないようです。
【日本軍がやった】かどうかが問題ではなく、現役の軍人が政府や国家の意思とは無関係に、【勝手な政治判断で軍事行動を起こした】が問題なのです。
ここで政府と国家が【抗命罪】で河本氏と関東軍指導部を処罰していれば、あるいは太平洋戦争は起こらなかったかもしれません。
【勝手な政治判断で軍事行動を起こした】としても処罰されない事が暗黙の了解となり、満州事変・盧溝橋・上海事変へと【暴走】が始まっていくのです
軍部の組織と拡大と、予算増強に個人の名誉欲が絡んで、際限ない【勝手な政治判断で軍事行動】の連鎖が悲劇の原因だったのですが



あとはお定まりの歴史の神様のどろさんの高説のご披露会ですね
まあ、田母神氏の内容とどっちもどっちの水掛け論的な話ですね
そんなに素晴らしいのなら、こんなちんけな掲示板で【どろ氏歴史論】を垂れ流すよりも、学会とか朝日新聞にでも発表したらどうですか?

現役の日本軍高官の発表論文ということで、先方の方がはるかに知名度もあり支持者も多く、説得力もありそうですがね


4459.Re: 田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 17:47
4457.単なる負け犬の遠吠えさ
名前:隣町 日付:11月17日(月) 15時14分
▼日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めることになるが相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。

>満州事変、上海事変、南京攻略、徐州作戦など、はどうですかね?
>たとえば満州事変ですが、日本軍が得ていたのは満鉄周辺の駐留権だけですね。
>満州全土に進攻する了承など、いつ、だれから得たんでしょうねえ。


現役軍人の論文の趣旨について述べる事は無意味である。
しかしどろさんが、しつこくやるので。少しだけ



原文は【朝鮮半島や中国大陸に軍を進める】事に了承を得ているであり、進んだ軍が何処に攻め入ることを述べた訳ではない。
つまり【満鉄周辺の駐留権】は【相手国の了承】は得ていた事になる。
駐留していた軍が、交戦を始めたことを述べているわけではありません。
上海も、北京も、仏印でさえも【相手国の了承】は得ていた。

しかし、それが何だって言うのだろう?
その了承は【是非お願いします、歓迎します】ではなく、【了承しなければ、力づくで】って感じでしょう。
【服を脱げ、さもないと殺すぞ!】【分かりましたから殺さないで】;これではやはり強姦になるのでは?


▼1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。

上記で述べたとおり。
その上で【少なくとも日本軍がやっていない】とは、さすがに主張できないようだ。


▼東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言していたことがわかっている

だからなあに?
それを知らずにだまされた関東軍が馬鹿だと主張したいのか、
それとも知っていながら戦争を引き起こし自分の出世の手段としようとし、挙句の果てに日本ヲ破滅させた関東軍がアホだと主張したいのか


4460.Re: 田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 17:49
あはは、隣町さん、やっぱり絡みたいんじゃないですか。
素直じゃないなあ。

私は以下の隣町さんのご意見には全面的に賛成ですよ。

>【高レベルで完璧】だろうと、“現役の軍人が政治的にセンシティブな事柄に意見を述べ、自分の論が正しいと主張する”事が問題なのですよ

それはすでに11月10日(月)投稿の4443に書いて、私は目的を果たしていますので、あたらめて書くつもりはありませんでした。
今回の私の投稿は、彼の行為がなぜ政治的に問題なのかとか、「問題の本質」を訴えるのが目的ではなかったんです。
そんなことはどこにも書いていないでしょ?
わたしがどうして田母神さんの論文を槍玉に挙げているのか、私の投稿をちゃんと読んでいますか?

4453.田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
>これが全部ではないんですけど、たかが6000字ほどの文章のなかにこれだけ間違いがあれば、それはもう歴史論文とは言えないですよね、普通は(^_^;)

これが主題で、その他はなぜ私がそう考えるかの実証です。
かれの作文が論文などと言える代物ではないことを言いたいわけです。

4455.続:田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
>まあ、こういう人が空自の元トップで、誇りある日本を作るためにたたかっている、いまやライトの希望の星なんですなあ。
>はあ〜・・・

ここでは、こんな作文を書く人物が空自のトップであったことを嘆いているんです。
「ライトの希望」と書いているけど、こんなのを祭り上げるライトの質の低さを嘆くように書いたのは、自分としてはおまけみたいなもんです。
文面だけではそれはわからなかったでしょうけどね。
ではどうして私はこういう投稿をしたのでしょう。
隣町さんは憶えておられるでしょうか、私は三等陸曹で退職した元自衛官です。
いまも自衛隊を愛している人物です。
田母神というバカがいて、愛する自衛隊の評価を下げるような下らない振る舞いをしていることから、そのことに対して、私は怒っているのです。

>しかしこれがサヨクの限界なのでしょうね。問題の本質を理解しようともしないし、理解できる能力も無いようで

私をサヨク認定なさっておられますけど、どちらかと言うと、私は右翼的な方ではないですかね。
非武装中立は夢想だと考えていますし、安全保障のためには自衛隊が必要だと訴える立場ですからね。
もしかして、忘れておられます?

まあ、でも、田母神作文についての隣町さんの感想には、共感する部分が多かったことをつけ加えておきますね。

では失礼いたします。


4461.Re: 田母神さんのトンデモぶりをあらためて確認する
名前:どろ    日付:2008/11/17(月) 17:50
話の筋が分からなくなるから、無断でこちらにコピペしましたけど、ごめんしてね、隣町さん。

4456.高レベルで正確だったら、良いって訳なのかな?? 返信  引用 
名前:隣町    日付:2008/11/17(月) 12:23
>田母神エッセイの低レベルな間違いの数々を並べます。

しかしこれがサヨクの限界なのでしょうね。問題の本質を理解しようともしないし、理解できる能力も無いようで
【田母神論文】の問題は【低レベルな間違い】ではないことは既に指摘済みで、本人も分かっているはずなのだが・・・
【高レベルで完璧】だろうと、“現役の軍人が政治的にセンシティブな事柄に意見を述べ、自分の論が正しいと主張する”事が問題なのですよ

例えば【満蒙は本来、シナの領土ではなく】とか【満蒙の人民は軍閥によって苦しめられている】と、歴史認識や外交分析を繰り返した事が問題で
本当に【シナの領土】かどうかではないのですがね

>1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。

しかしこれには私もビックリしました。
張本人の河本大作が自分でやったと認めているし、しかも敗戦後ではないのですが。

ここでも問題の本質を田母神氏も理解していないようです。
【日本軍がやった】かどうかが問題ではなく、現役の軍人が政府や国家の意思とは無関係に、【勝手な政治判断で軍事行動を起こした】が問題なのです。
ここで政府と国家が【抗命罪】で河本氏と関東軍指導部を処罰していれば、あるいは太平洋戦争は起こらなかったかもしれません。
【勝手な政治判断で軍事行動を起こした】としても処罰されない事が暗黙の了解となり、満州事変・盧溝橋・上海事変へと【暴走】が始まっていくのです
軍部の組織と拡大と、予算増強に個人の名誉欲が絡んで、際限ない【勝手な政治判断で軍事行動】の連鎖が悲劇の原因だったのですが



あとはお定まりの歴史の神様のどろさんの高説のご披露会ですね
まあ、田母神氏の内容とどっちもどっちの水掛け論的な話ですね
そんなに素晴らしいのなら、こんなちんけな掲示板で【どろ氏歴史論】を垂れ流すよりも、学会とか朝日新聞にでも発表したらどうですか?

現役の日本軍高官の発表論文ということで、先方の方がはるかに知名度もあり支持者も多く、説得力もありそうですがね



4457.単なる負け犬の遠吠えさ
名前:隣町    日付:2008/11/17(月) 15:14
▼日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めることになるが相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。

>満州事変、上海事変、南京攻略、徐州作戦など、はどうですかね?
>たとえば満州事変ですが、日本軍が得ていたのは満鉄周辺の駐留権だけですね。
>満州全土に進攻する了承など、いつ、だれから得たんでしょうねえ。


現役軍人の論文の趣旨について述べる事は無意味である。
しかしどろさんが、しつこくやるので。少しだけ



原文は【朝鮮半島や中国大陸に軍を進める】事に了承を得ているであり、進んだ軍が何処に攻め入ることを述べた訳ではない。
つまり【満鉄周辺の駐留権】は【相手国の了承】は得ていた事になる。
駐留していた軍が、交戦を始めたことを述べているわけではありません。
上海も、北京も、仏印でさえも【相手国の了承】は得ていた。

しかし、それが何だって言うのだろう?
その了承は【是非お願いします、歓迎します】ではなく、【了承しなければ、力づくで】って感じでしょう。
【服を脱げ、さもないと殺すぞ!】【分かりましたから殺さないで】;これではやはり強姦になるのでは?


▼1928 年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。

上記で述べたとおり。
その上で【少なくとも日本軍がやっていない】とは、さすがに主張できないようだ。


▼東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言していたことがわかっている

だからなあに?
それを知らずにだまされた関東軍が馬鹿だと主張したいのか、
それとも知っていながら戦争を引き起こし自分の出世の手段としようとし、挙句の果てに日本ヲ破滅させた関東軍がアホだと主張したいのか


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb