[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ゴミゼロ掲示板
この掲示板は、フォーサーズ・システム、マイクロ/フォーサーズ規格のゴミゼロカメラ、E-5、OM-D、PEN他のカメラで「写真・写真ライフ」を楽しむ掲示板です。
お気軽にどうぞ!下の↓部分は各種リンクです。
[Olympus | 掲示板バックナンバー | ゴミゼロ倶楽部の歩み | ゴミゼロ倶楽部の入部方法 ]

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前 一覧
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


写真は一度に合計3枚、300KB迄貼れますので、送信ボタンを押してメッセージを送信して下さい。
尚、貼り付け画像や内容については、基本的に、自己判断、自己責任の立場でお願い致します。



23022.ミンミンゼミ(by 魚露目) 返信  引用 
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年9月2日(木) 7時18分
Original Size: 1010 x 757, 264KB

魚露目8号は,やはり思いっきり近づいて撮らないとその威力を発揮しないようです。
(拡大表示すると複眼の表面の模様がわかります)

(by Olympus E-30/SIGMA18-50mm F3.5-5.6DC/EC-14/魚露目8号/TF-22/ISO400/2010.08.31/東京都立川市)



23023.Re: ミンミンゼミ(by 魚露目)
名前:RANA    日付:2010年9月2日(木) 7時43分
Original Size: 800 x 600, 57KB

凄い迫力ですね。
こちらは魚眼。
雰囲気重視です。
http://www1.accsnet.ne.jp/~rana_sp/index.html



23024.Re: ミンミンゼミ(by 魚露目)
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年9月2日(木) 7時46分
逃げない時はにげないもんですね。
この時も何枚も何枚も(フラッシュも)撮りましたが。


23026.Re: ミンミンゼミ(by 魚露目)
名前:RANA    日付:2010年9月2日(木) 21時49分
そういう子がたまにいますよね。
このベニヒカゲも羽がレンズに触れそうでしたが、ちゃんと演技してくれました。
http://www1.accsnet.ne.jp/~rana_sp/index.html

23011.いよいよ…? 返信  引用 
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年8月30日(月) 21時50分
オリンパスが8月31日にマイクロフォーサーズ用のレンズを発表? E-5は9月14日に発表?
http://digicame-info.com/2010/08/831-e-5914.html
E-5,唯一気になるのは “ 光 学 ” ファインダーの出来(他はそんなに気にしなくても大丈夫でしょう…)。
それから,「新しいE-P2(黒)+17mmレンズ(黒)…」とありますが,ボディは今までと同じみたいですね。あくまでも17mmレンズが黒くなるまでで。あの銀色ラインも真っ黒にしたボディを出してほしいです…(「ステルス」なら)。



23019.Re: いよいよ…?
名前:Yanagida    日付:2010年9月1日(水) 21時7分
現時点での上記に関連する情報としては、下記報、というところでしょうか。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100901_390804.html
40-150 と 75-300  国内での発売は未定

銀と黒だけか・・・白はないようですねぇ・・・ブルーブラックインク色のが発表されたらいいなぁ、と思っていたのですが・・・。

下記のニュースにも、大いに関心をかきたてられました。

http://www.olympus.co.jp/jp/news/2010b/nr100826mfourthirdsj.cfm
「マイクロフォーサーズシステム規格」に、株式会社コシナが賛同

「マイクロ43世界」のレンズの選択肢がどんどん広がっていくようで、今後が楽しみです。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html

23008.量ってみました 返信  引用 
名前:ますみ    日付:2010年8月30日(月) 14時21分
Original Size: 640 x 480, 103KB Original Size: 640 x 480, 111KB

娘の後押しで、PL1に買い替えました。
確かに軽くて、具合が良いです。
買う前にネットで色々と調べました。
そのなかで一番気になったのが、ダイアルが無くなったために、操作性が悪くなったと云う点です。
ちょこっと使ってみて、これは慣れの問題かなと思いました。
始め(以前)に使っていたものから、少し変わった操作になると不便に感じたりする事があります。
数時間で、違和感なく使えるようになりました。
まだちょっとまごつく事もありますが、慣れるのも時間の問題かなと思います。

さて、おバカなことにカメラの重さを量ってみました。
E-520のダブルズームのそれぞれのレンズを付けたものと、PL1のダブルズームのそれぞれのレンズを付けたものの重さです。

写真と添付は、三枚までですので、二回に分けました。
まずは、小さいレンズ?



23009.Re: 量ってみました
名前:ますみ    日付:2010年8月30日(月) 14時23分
Original Size: 640 x 480, 101KB Original Size: 640 x 480, 123KB

大きいレンズの方?



23013.Re: 量ってみました
名前:Yanagida    日付:2010年8月31日(火) 20時50分
 速やかなるご決断でしたね。予算委員会が順調に推移した、ということでしょうか?(笑)
 秤はドリテック社というメーカー製ですね(http://www.dretec.co.jp/keiryou)
 E620もお手元に残ることになったようですね。両者の差、およそ200gということでしょうか。もう何か、ペンライトで写真をお撮りになりました?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


23017.Re: 量ってみました
名前:ますみ    日付:2010年8月31日(火) 22時59分
Yanagidaさん、こんばんわ。
予算委員会がまことに順調に進みました。(笑い;

E-520は娘のもので、我がE-520はPL1に変身しました。
順調に行った訳は、ここにありました。(チョッと悲しい;

まだPL1で撮る機会がありませんが、色々といじって楽しんでいます。

早く何か撮りたいですね。

23015.KSフォトクラブ写真展 返信  引用 
名前:daitoku    日付:2010年8月31日(火) 21時20分
Original Size: 632 x 500, 43KB Original Size: 410 x 547, 64KB Original Size: 410 x 547, 60KB

みなさま こんばんは daitokuです。
写真展の案内をさせてください。
開催場所は山形県山形市ですが、機会がありましたらお出かけ下さい。

KSフォトクラブ写真展
日時:2010年8月29日(日)〜9月5日(日) 9:00〜16:30 
   ※最終日は15:00まで
場所:文翔館 第5〜8ギャラリー 山形市旅篭町3-4-51

佐藤ケイジュ先生のご指導のもと、17人参加の写真展です!
力作揃いの写真展です。
KSはケイジュ先生のイニシャルでもあり、
K→気持ちいい S→写真 という意味でもあります(^_^;)
29日にはオープニングパーティーがあり、
早くも来年に向けて熱心に?写真談義です。


23012.M.ZUIKO14-150 返信  引用 
名前:Ratti    日付:2010年8月30日(月) 22時4分
Original Size: 800 x 600, 91KB Original Size: 600 x 800, 98KB Original Size: 800 x 600, 99KB

高円寺の阿波おどりをM.ZUIKO14-150mmで撮ってきました。

感想はAFが速い、そしてもの凄く静か。
ワイドの描写は良好・そしてテレ側は???・・・・レタッチすればつかえます。
軽い・小さい事を考えたら少々の事は目を瞑りましょうか。
それより「その気になれば出来るじゃん」と言いたいですね。

なんか最近さみしい噂がたっていますが、これも時の流れ
ミラーレスNO1を目指して頑張れOLYMPUS!
そしてFTユーザーのサポートに万全をつくして欲しいと願うこの頃です。
(by Olympus PEN E-P2)


23006.雨天の中に撮影の写真を拝見したいのですが・・・ 返信  引用 
名前:Yanagida    日付:2010年8月28日(土) 17時20分
Original Size: 700 x 514, 108KB Original Size: 700 x 525, 72KB

Yanagidaです。
 8月も末というのに、京都には熱風が吹いています。異常な暑さもさることながら、まとまった雨が無いのがつらいです。今年の夏、京都では夕立が異常に少ない。ザァット降ってくれれば、気温も少しは下がり、ありがたいのですが・・・。6月に雨が降りすぎてしまったからでしょうか。
 そこで、せめて写真だけでも、というわけで、雨天の中で撮影された皆様のお写真(直近、過去を問わず)を拝見できたら、と思い、投稿いたしました。よろしければ、ご投稿をお願いします。E1やE3だと、雨を気にせずに撮影できるから、ダイナミックな写真が撮れるのでしょうね。

 私の投稿写真は、今年6月に、京都の東福寺(とうふくじ)で撮影のものです。双方ともに、E510とED14-42使用。
 左側が、東福寺の方丈庭園、「八相の庭」中の北庭。撮影中に雨が降り出すという幸運に恵まれました。「八相の庭」は重森三玲(しげもりみれい)氏による作庭で、氏のオリジナリティが最高度に発揮された作品といえましょう。
 (昭和時代の京都の作庭2大巨匠:中根金作(なかねきんさく)氏と、重森三玲氏)
 右側は、東福寺の塔頭(たっちゅう)寺院・芬陀院(ふんだいん)の方丈南庭。雪舟(せっしゅう:室町時代の大画家)の作庭と伝わっており、重森三玲氏の研究により復元された庭園です。ここでも、玄関から入って間もなく、このような激しい雨となりました。

 東福寺は紅葉の名所として知られていますが、新緑や夏のカエデも、とても美しいと思います。庭園、建造物、東福寺三名橋等々、被写体が豊富にありますよ。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html



23007.Re: 雨天の中に撮影の写真を拝見したいのですが・・・
名前:    日付:2010年8月29日(日) 23時42分
Original Size: 800 x 600, 132KB

はいはい、雨天でダイナミックと言えば、滝ですね(いや断言しちゃっても困るかと)

というわけで、今年の7月、梅雨が明ける前に、荒れる滝を撮影しておきたいと思い、時折降る激しい雨の合間を縫って、地元で「東洋のナイアガラ」と言われている曽木の滝を撮影したものです。
でも、「東洋のナイアガラ」で検索すると、出てくるのは三番目ぐらいなんですけどね。

普段の滝は「ナイアガラ」と言われても「ふうん」程度なのですが、このときばかりは「なるほどぉ」と思われる水量と轟音で、撮影してても迫力がありました。写っているのは滝の一部で、この左右にも同等の滝が連なっています。

当然傘をさしての撮影ではあるのですが、やはり防滴ボディ&レンズでの撮影は、使っていても安心感が違います。
ただ、皆さんおっしゃいますのは「カメラより先に人が参る」ということで、このときも次第に強くなる雨脚に、そそくさと退散してしまいました(^^;。
(by Olympus E-3/12-60mm F2.8-4.0 SWD)
http://www.geocities.jp/genyakata/



23010.Re: 雨天の中に撮影の写真を拝見したいのですが・・・
名前:Yanagida    日付:2010年8月30日(月) 19時29分
なるほど、激雨と滝ですか・・・うーん、大いなる迫力。滝を流れ落ちる褐色の水のドドロキ(轟)が聞こえてくるような感・・・スゴイ写真だ、これは・・・。日本にこのようなスケールの大きい滝があることを、初めて知りました。

曽木の滝、
http://www.city.isa.kagoshima.jp/kankou/kankouchi.html#taki
「滝幅210メートル、高さ12メートル・・・」

鹿児島県 大口市、今は伊佐市になっているのですね。

「カメラより先に人が参る」・・・防塵防滴・撮影用服(そんなのあるのかな?)の入手が必要ですね(笑)。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html

22976.夏は、花火! 返信  引用 
名前:ジュンぱぱ    日付:2010年8月4日(水) 21時58分
Original Size: 403 x 613, 74KB Original Size: 600 x 450, 64KB

打ち上げ花火は、夏の夜空の華です。
目で見たより、写真で撮った方が光の軌跡で綺麗です。
地元横浜の花火、「神奈川新聞花火大会25周年」をHPでUPしてみました。
デジブックのスライドショーを下記URLクリックで、見にいらっしゃいませんか。

http://www1.seaple.icc.ne.jp/jun-sanpo/



22978.Re: 夏は、花火!
名前:すりぶる    日付:2010年8月4日(水) 23時4分
Original Size: 640 x 428, 66KB

ジュンぱぱさん、デジブック拝見させていただきました。
飛鳥IIを前景に、華やかですね〜
飛鳥IIはあさって、ねぶた祭り観覧ツアーで青森に来ます。
2日目、花火大会を見終わった後、横浜に帰ります。
http://www.jal.co.jp/domtour/shunkan/course2010/114/
それから「三陸海岸大縦走の旅」も見ましたよ。
八戸までいらしたんですね〜
お天気に恵まれたようで、よかったですね。

こちらは1日に行われた、浅虫温泉花火大会です。
山登りし、蚊に刺されながら撮ってきました。

http://www.actv.ne.jp/~overture/



22979.Re: 夏は、花火!
名前:ジュンぱぱ    日付:2010年8月5日(木) 23時25分
Original Size: 403 x 622, 77KB

すりぶるさん おひさしぶりです。

浅虫温泉花火大会の写真を興味深く拝見しました。
元気に花火大会を続けていることが、伺われます。
企業の寄付をあてにしているこちらの方の花火大会は、不況の今青息吐息で花火大会の規模が縮小されています。

「三陸海岸大縦走の旅」初めて新幹線で八戸まで行きました。以降は仙台までツアーバスでした。
三陸では、津波にまつわる話、たくさん聞きました。
地形的に霧が出やすいのに青い空と海に恵まれ素晴らしい景色でラッキーでした。
青森では、数年前に酸ケ湯や奥入瀬など行きました。(HPでUP済み)
こんどねぷた&ねぶた祭りを撮りに行きたい願望があります。
財政困難で縮小された「横浜港・花火ショー」の赤レンガを前景の花火を貼っておきます。

http://www1.seaple.icc.ne.jp/jun-sanpo/



22981.Re: 夏は、花火!
名前:すりぶる    日付:2010年8月6日(金) 8時47分
Original Size: 640 x 428, 76KB

> 企業の寄付をあてにしているこちらの方の花火大会は、不況の今青息吐息で花火大会の規模が縮小されています。

横浜のような、大企業が多いところでも規模が縮小されているんですね!
浅虫温泉の花火大会は、3年前から有料エリアを増やして、なんとか規模を維持しているようです。

http://www.actv.ne.jp/~overture/



22987.Re: 夏は、花火!
名前:Yanagida    日付:2010年8月9日(月) 19時30分
ジュンぱぱさん、はじめまして。すりぶるさん、こんばんわ。Yanagidaです
 花火の撮影について、ネット上で調べてみたら、いろいろと書いてありました。その中から2点、お二方にお聞きしたいと思い、投稿しました。よろしければ、ご教授くださいませ。

三脚 おそらく三脚を使用されたものと思います。どのようなものを使用されたのでしょうか? 重量が相当あるものを使用した方がよいのでしょうね?(レリーズも使用されましたか?)

風上 「撮影に際しては風上に陣取るべし、そうしないと、煙も写ってしまい、きれいに撮れないから」とネット上にあります。でも、花火が上がる時の風向など、実際その時にならないとどうなるものか、予測不可能でしょう。しかし、お二方の写真にはみごと、煙が写ってない(ように思えます)。いかにして風上にポジションニングされたのでしょう?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


22989.Re: 夏は、花火!
名前:ジュンぱぱ    日付:2010年8月10日(火) 23時1分
Original Size: 700 x 525, 159KB

レベルの高い、Yanagidaさん さすがに質問の内容が深いです。

花火撮影は、バルブ設定で数秒間開けます。振動が伝わると蛇行した光跡写真になってしまいます。
安物の三脚だと風やシャッター、ミラーの振動や共振を伝えてしまいます。
おっしゃるとおり重く振動に強い構造の三脚、Velbonを推奨します。
当然レリーズまたはリモコンが必須です。

花火写真を綺麗に撮る条件は風上で、風下はダメです。
初めての場所では、失敗が多いです。夕方と打ち上げ時に風向きが変わることがあるからです。
熟知した場所であれば、それが経験上その変化に対応できます。
気象予報で時間毎の風向きの詳細は、事前調査が当然です。
それをクリアしても前景や背景が花火とピタリと合う場所を見つけることができるのは至難です。
ですから、それらの条件が揃うことの難しさがあるから挑戦のしがいがあるのです。

人気のある2尺玉千輪を貼っておきます。

http://www1.seaple.icc.ne.jp/jun-sanpo/



22991.Re: 夏は、花火!
名前:すりぶる    日付:2010年8月10日(火) 23時41分
Original Size: 640 x 425, 62KB

Yanagidaさん

花火の観賞場所や撮影場所って撮影前から大体決めて現地に行きますので、
当日どの方向から風が吹こうが選択の余地がないかと思います。
3年に1回ぐらいは無風で、煙が滞留することがありますので、
そんなときは撮影をあきらめるしかないですね!

画像は7日に船の上から青森花火大会を撮ったもので、
潮流により1秒以上露光するとぶれますのできわめて難しい撮影でした。

http://www.actv.ne.jp/~overture/



22992.Re: 夏は、花火!
名前:Yanagida    日付:2010年8月11日(水) 18時54分
すりぶるさん、ジュンぱぱさん こんばんわ。
 質問してほめられたの、はじめてですヨ(笑)、ありがとうございます。
 お二方より、とても興味深いお話が聞けました。花火写真、私なんかただ「あぁ、きれいねぇ」と思って見ているだけでしたが、画像中の花火以外の部分、暗黒の余白部には、それを撮影された方の様々なご苦労と熱い思いがこめられているのですねぇ。花火を撮る方、花火を打ち上げておられる方、それぞれたいへんなんですねぇ。
 ありがとうございました。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


22995.Re: 夏は、花火!
名前:nori-p    日付:2010年8月14日(土) 8時36分
Original Size: 640 x 300, 20KB

ジュンばばさん、みなさんいずれも見事な花火ですね。
八戸を通られたのですね、三陸海岸はいかがでしたか
私も「花火」載せさせていただきます



22997.Re: 夏は、花火!
名前:クロム    日付:2010年8月16日(月) 0時57分
Original Size: 480 x 640, 63KB Original Size: 480 x 640, 65KB Original Size: 427 x 640, 108KB

土曜日に花火大会に行ってきました。
ここは3度目くらいですが、いつもの違う場所で、打ち上げ場所に近かったので大きな花火の横位置での撮影は苦しかったです。
というわけで皆さんと違い煙も結構入ってしまいました。
ところで花火の撮り方ですが、定石は上の方々が延べられたとおりだと思いますが、それ以外に色々な撮り方があるかと思います。
少し前には露光間ズームとか流行りましたね。
またレンズも広角を使うのが普通でしょうが、望遠を使ったアート調な撮り方もあるかと思います。添付の一枚目はわざとピンボケで撮ってます。
(by Panasonic DMC-GH1)
http://chrome.twincle.net



22998.Re: 夏は、花火!
名前:nori-p    日付:2010年8月16日(月) 20時29分
クロムさんの(中)好きです、これ難しそうですね。
本来花火は置きピンで撮るんでしょうが-----
無限遠ではなく、凡その距離を打ち込むと合わせてくれたり
前回のピント位置を記憶してくれる機能があると便利ですね。
「花火モード」ってあったかな?


23004.Re: 夏は、花火!
名前:ジュンぱぱ    日付:2010年8月24日(火) 22時11分
Original Size: 403 x 559, 75KB

nori-pさん どうもです。
「三陸旅行」は、晴天に恵まれすばらしかったですよ!
HP「ジュンの散歩道」に遊びに来てデジブックでUPしてますので見てください。
花火撮影は、オリンパスカメラ、機種によって「花火モード」あります。
絞りなどプログラム設定されていますが、シャッター4秒間と固定されていますので
かなりの熟練を要します。それよりバルブ設定できるカメラを使いレリーズで露出時間を
決めた方が上手く撮れます。大玉花火(10〜20号)となると5〜8秒間シャッターを開けておきますので・・・

「懐かしの横浜みなとまつり・国際花火大会」をデジブックでUPしました。

「横浜みなとまつり・国際花火大会」は、今年から「横浜港・花火ショー」にリニューアルし縮小されました。
花火撮影するのに船台から打ち上げなので構図を定めやすく撮りやすく、打ち上げ間隔も適度で花火撮影者
には有難い花火大会でした。花火の規模、打ち上げの数では、全国に上回る花火大会は多いが、海辺の船
や港の風景を取り入れた花火を撮れるこの花火大会の復活を切に願う一人です。
2005、2006、2008をまとめてデジブックにしてみました。2007、2009は、天候不順で打上げ中止でした。
従来のスライドショーより雰囲気が変ったと思います。お時間がありましたら覗いてみてください。
その1枚をお届けします。

http://www1.seaple.icc.ne.jp/jun-sanpo/



23005.Re: 夏は、花火!
名前:nori-p    日付:2010年8月26日(木) 7時26分
ジュンばばさん
デジブック前半を見せていただきました。
見慣れた風景のはずが、凄く新鮮でした
「三陸」また機会があったらおいでください。

23003.ペンライト持って、朽木(滋賀県)へ 返信  引用 
名前:Yanagida    日付:2010年8月19日(木) 20時36分
Original Size: 700 x 565, 58KB Original Size: 700 x 525, 103KB

Yanagidaです
 いまはむかし、若狭の海と平安京とを結ぶ街道ありけり、その名は「鯖街道(さばかいどう)」。滋賀県では琵琶湖西岸から一山超えた谷を通っていますが、そこに開けた街が朽木(くつき)。ペンライト(E-PL1)・レンズキットだけ持って、行ってきました。

 投稿写真左側:興聖寺の境内にて 動物もこのように「静物化」してジットしてくれていると、ペンライトでラクラク撮れます。
 投稿写真右側:不老の瀧 [眼前に流れ落ちつつある現実の水(=水滴の集合体)]を、[画像上において、あたかも水が流れ落ちているかのように見せる白色の線状部分]へと撮影するためには、遅いシャッタースピードを選択する必要あり(1/10秒)、ペンライト本体内蔵の手ぶれ補正機構の効あって、私の上腕二等(頭)筋(じょうわんにとうきん)をもってしても、何とかブレルことなく、撮影することができました。流れと水車とが分離して設置されているのが、なにか意味シン。

 上記双方共に、PaintShopProX使用にてレタッチ。
 終始曇天ゆえ、背面液晶が見難くなり、というような事は一度もなし。バッテリー2個持参するも、1個だけで足りました。(現地滞在 約5時間)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


22996.奈良・京都へ行ってきました 返信  引用 
名前:ますみ    日付:2010年8月14日(土) 22時17分
Original Size: 640 x 480, 81KB Original Size: 640 x 480, 88KB

毎年恒例になった、夏の京都・奈良へ行ってきました。
広隆寺と中宮寺の弥勒菩薩像。
これは50年前に美術の教科書で見てからずっと、会いたかった仏です。
ほんとに、良かった〜〜。

唐招提寺。
昨年は金堂が改修中で、千手観音を見る事が出来ませんでした。
今年はこの大きな仏にも会う事が出来ました。
時間が許せば、ずっと見ていたかったです。

薬師寺の改修前の塔が、特別公開されていました。
その心(芯)柱の太く大きな木材にビックリしました。
子供の頃家が、木を扱う職人だったので、こうゆう構造物の材料には興味があります。

東大寺法華堂の仏達で主立ったものは、出張中の様でチョッと残念でした。
それでも、弁財天、日光、月光の両菩薩などなど、どれも良かったです。

また来年会いに行けたら良いなと思っています。

写真の一枚目は、京都駅前のアトムです。
二枚目は、法華堂の帰り道に大雨に遭い、一時間ほどイベントで使ったであろうと思われるテントで雨宿りした時に撮りました。

仏の写真も撮ってみたいと、ブツブツ。
(by Olympus E-520)



22999.Re: 奈良・京都へ行ってきました
名前:Yanagida    日付:2010年8月17日(火) 21時1分
Original Size: 700 x 568, 107KB Original Size: 700 x 556, 104KB

ますみさん、暑かったでしょう。例年でも暑い奈良盆地、京都盆地ですが、今年はウルトラ暑いです。
 左側写真の真ん中、「京都塔」ですね。こういうフレーミングでアトム君と共に眺めると、とても新鮮な感じがします。
 右側写真、テントの向こうに見えるのは、東大寺・南大門でしょうか? 激しい雨足、石畳の上の水の跳ね返り、テントの屋根と支柱、門の柱、その向こうの堂の屋根、そして背後の木々・・・こういう奈良の写真を見たのははじめて、とても新鮮です。幸運にも夕立に逢われて、と言っていいのかな、なんて思ったりして。
 東大寺・戒壇院の四天王様も、ご覧になりました?

>仏の写真も撮ってみたいと、ブツブツ。

 京都、奈良のどこの寺院でも、これだけはムリでしょうねぇ・・・。特定のプロの方(寺院と相当懇意の関係にある)のみ、可能なのではないでしょうか。
 奈良の写真で有名な入江泰吉さんには、東大寺僧侶の学友がおられたそうで、その縁で東大寺の内部の様々な写真撮影をはじめられた、ということなのだそうです。
 そこでハタと思い出した例外(撮影OK)を二三、東大寺の大仏様は、たしか撮影可能であったと思いますが・・・(記憶あやふや)。
 鎌倉の大仏様も撮影可能ですね。
  鎌倉や御仏なれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな 与謝野晶子

 京都市 伏見区 に石峰寺(せきほうじ)という寺院があります。(最寄駅:京阪電車 深草駅 あるいは JR奈良線 稲荷駅)。ここに、江戸時代の高名な画家・伊藤若沖(いとうじゃくちゅう)画伯の下絵により作られた、石仏群があります。投稿写真は、そこで撮影させていただいたものです。(E300 + ZUIKO DIGITAL 14-45mm + ケンコーPRO1 Digital PROTECTOR(W))。ただし、2006年2月に撮影したものでして、現在も撮影OKかどうかまでは、分かりません。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html



23000.Re: 奈良・京都へ行ってきました
名前:ますみ    日付:2010年8月17日(火) 22時29分
Original Size: 437 x 480, 60KB

Yanagidaさん、書き込み有り難うございます。
ここ数年連続して夏の京都・奈良を旅してますが、今年は特に暑かったように感じました。
暑いわりには、セミの声があまり聞こえませんでしたが、何か異変が???

>東大寺・戒壇院の四天王様も、ご覧になりました?
残念な事に時間がなくて、拝観出来ませんでした。
もしまた来年旅する事が出来ましたら、絶対に拝観したいと思っています。

余談ですが、60半ばに近くなり、この旅で初めて年を感じてしまいました。
カメラ(E-520)が肩にずっしりと食い込み、やけの重く感じてしまいました。

最近、E-PL1のカタログを見ながら、軽そうでいいな〜〜なんて思っています。
財力不足故、買い替えようかななんて考えています。
娘もE-520も手放したくないけど、親父とは違う意味でE-PL1に興味津々です。
可愛いカメラですもんね。


雨の東大寺は南大門よりずっと上の方で、鐘楼の脇で撮りました。
法華堂から少し下った所です。
(by Olympus E-520)



23001.Re: 奈良・京都へ行ってきました
名前:Yanagida    日付:2010年8月18日(水) 21時9分
 セミの鳴き声については、地元ニュースでも何も報道されてないようですねぇ。
 今回ご投稿写真は、奈良の興福寺・南円堂の近くの風景でしょうか?

>カメラ(E-520)が肩にずっしりと食い込み

 7月17日の祇園祭りの朝、私、数週間ぶりにE510を取り出し、その重さに驚きました。自分はこれまで、こんなに重いカメラを使っていたのか! たった数回使用しただけのペンライトなのに、体がその軽さに既に慣れきってしまっていたのでした(笑)。

 東大寺の観光(撮影)スポットは、下記で一覧できます。(すでにご存知かもしれませんが)

http://www.todaiji.or.jp/contents/guidance/

 以下、自分がいまだに行ってない場所も含めて、ピックアップさせていただきます、次回の奈良ご訪問の何かの参考にでもしていただけたら幸いです:
 講堂跡 古の大伽藍立ち並ぶ様をしのぶことができます。
 大仏池 池越しに見る大仏殿がとてもきれいです。
 正倉院 超有名な宝物蔵、いわゆる「正倉院御物」が保管されてきた建物。現在は、御物は別の建物中に保管。
 転害門 東大寺中、最も古い建造物(奈良時代)。
 依水園 庭園の向こうに東大寺・南大門が。http://www.kasugano.com/kankou/isuien/

 東大寺の建造物が全て、奈良時代に建立されたまま現在まで残っていたならば、どんなにすばらしい文化遺産になっていたことでしょう・・・平安時代末と戦国時代の二度の戦火により、ほとんど焼失してしまいました。
 どのような崇高なものをも消滅させてしまう、人間の修羅の業火とは、まことに悪しきもの、おそろしきものであります。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


23002.Re: 奈良・京都へ行ってきました
名前:ますみ    日付:2010年8月18日(水) 22時15分
写真は、法隆寺夢殿です。(撮影場所を書くべきでした。済みません。)

Yanagidaさんの書かれたライトのレポートが、少し背中を押してくれているような気がしています。
またのレポート楽しみにしています。
後は思い切りと、財務省の説得ですね。

奈良の情報を、ありがとうございます。
次に行く時の参考にさせて頂きます。

22994.ペンライトとバンジー 返信  引用 
名前:Yanagida    日付:2010年8月13日(金) 19時19分
Original Size: 700 x 487, 75KB Original Size: 700 x 525, 77KB Original Size: 400 x 311, 44KB

Yanagidaです
 ペンライトを首にかけた時の重量感を更に軽減したいと思い、なにかそれらしいストラップはないものかと、エツミ社のカタログを見ているうち、目がとまったのが、「スーパーバンジー」。
(詳細は下記サイトに)
http://www.etsumi.co.jp/catalogue/catalogue.cgi?id1=3&id2=33&id3=332

 [Bungee shock absorptionサスペンション] [air cellクッション] と、なにやら興味深い用語が並んでいます。
 で、ビックカメラJR京都駅店で購入してきました。
 カタログを見ていた段階では、[ブラック/ブルー色]がいいかな、と思っていたのですが、店で実物を見ると、ブルー色がとても鮮や、自分にはマッチしないかな、ということで、[ブラック/グレー色]にしました。(製品カタログの色と製品実物の色、違った感触に見えることがよくあります)
 左側写真:ペンライトに装着してみました
 右側写真:肩かけ部の突起が[air cellクッション]。「硬い殻をかぶったマシュマロ」のような触感です。
 ペンライトキットの中に梱包されていたストラップからこれに変えたことにより、カメラ+ストラップの物理的な重量はおそらく増加していると思いますが、体感重量は減るみたいです。今日、滋賀県のある場所へ出かけて使いましたが、快適でした。
 このストラップどういうわけか、止め具が3個ついてます。(一番右側の写真)。通常は2個だけですよね? いったいどのように使うのか、説明書がついてないので分かりません。どなたかご存知の方おられましたら、よろしければお教えください。
-----------------
 E-PL1 ボディ色は、白、発泡ワイン黄金、黒、それと、ルビー、サファイヤじゃなかった、インク色。5色そろえて床の間に置いたら、壮観でしょうねぇ。
 レンズは 今のところは銀と黒だけですか・・・こちらの方も更に色が増えたら楽しいのに。レンズ側も5色そろったら、ボディとレンズとで、5×5=25通りもの組み合わせとなります。
 初めて一眼レフ(銀塩)を買った頃、ボディ色は銀と黒しかなかった、黒は銀より数千円高かった(たしか)・・・時の経過と共に、変わりましたねぇ。
 様々な、「革製品」もあるようですね。キーワード:[E-PL1 貼り革]で検索すると、興味深い商品が多々。
 「画一 から 多様 へ」 「ブランド から わたしブレンド へ」ということなのかな?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


22966.中目黒にて 返信  引用 
名前:八重山カメラマン    日付:2010年8月2日(月) 6時31分
Original Size: 1024 x 768, 173KB

先日の「ゴミゼロ教祖様ハッピーリタイアメント最後の東京オフ会パーティー」では楽しい時間をありがとうございました!
楽しいお話と美味しい料理で大変盛り上がりましたね。

こちらは、その前に行われた中目黒での撮影会で見かけたツマグロヒョウモンという蝶です。以前は東京で見掛ける事はほとんどありませんでしたが、10年ほど前から増え始め、今では普通種です(笑)
幼虫がパンジーやビオラといった、園芸品種のスミレで育つ事が出来るので、都会も住み心地が良いのでしょう。
http://www.h5.dion.ne.jp/~yaeyama/



22980.Re: 中目黒にて
名前:RANA    日付:2010年8月6日(金) 7時34分
Original Size: 800 x 600, 37KB

ゴミゼロさんの鋭い解説が聞けたり、楽しかったですね。
会場のDeco's Dog Cafe“田園茶房”では、八重山カメラマンさんの写真展「沖縄空中散歩」を楽しませていただきました。
沖縄で蝶がふわふわ浮いている写真です。
すごいですよ!
8月一杯展示されていますので、皆さん、是非お立ち寄りください!
田園調布駅から徒歩1分です。
http://www1.accsnet.ne.jp/~rana_sp/index.html



22988.Re: 中目黒にて
名前:Yanagida    日付:2010年8月9日(月) 19時33分
八重山カメラマンさん、はじめまして。RANAさん、こんばんわ。Yanagidaです。
 よろしければお教えください。
 止まっている蝶の写真を撮ろうと思い、できるだけそぉっと接近していっても、こちらの気配を感じてか、すぐに蝶は飛んでいってしまいます。ベツに、キミをト(取)ってナニしようというんじゃぁない、ただト(撮)りたいだけなのに・・・。
 蝶にこわがられずに接近していく方法って、なにかありますでしょうか?
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html


22990.Re: 中目黒にて
名前:RANA    日付:2010年8月10日(火) 23時10分
Original Size: 800 x 600, 77KB

Yanagidaさん
では極意をお教えします(笑)

1)気配を消す。
 言うは易く行うは難し。これが出来るのは師匠の八重山カメラマンさんだけです。修行に20年はかかります。

2)逃げない子を探す。
 100頭に1頭くらい、逃げずにポーズを取るスター気質の子がいます。それに出会うまで、ひたすら探し続けます。1日探せば1頭くらい見つかりますよ。
http://www1.accsnet.ne.jp/~rana_sp/index.html



22993.Re: 中目黒にて
名前:Yanagida    日付:2010年8月13日(金) 19時9分
 気配を消す・・・すごいですねぇ。撮影術というよりも、忍術という感じ。
 かつて読んだ「伊賀の影丸(横山光輝氏)」にあった、ある忍者を思い出しました。その名を忘れてしまいましたが、たしか「ナナフシの術」というのを使うのです。その術を使うと、彼の姿が見えなくなってしまうんです。昆虫のナナフシのごとくに。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html

22983.鳴いているミンミンゼミ 返信  引用 
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年8月8日(日) 20時29分
Original Size: 800 x 600, 264KB

“とりあえず”撮ってみましたが,今度,気合い入れて撮り直したいなー…

(by Olympus E-30/SIGMA18-50mm F3.5-5.6DC/EC-14/魚露目8号/TF-22/ISO400/tripod/2010.08.08/東京都立川市)



22984.Re: 鳴いているミンミンゼミ
名前:    日付:2010年8月9日(月) 0時0分
Original Size: 530 x 707, 103KB

おおっ、迫力ですね。かなり接近できているのでしょうか。

こちらは鳴いているのではなくて、樹液を吸いまくっているアブラゼミです。
やはりこうした昆虫のクローズアップはコンパクトカメラの方が得意みたいですね、というか、この時はコレしか持っていなかったのですが(^^;; カメラはパナのTZ7です。

木に止まっている昆虫撮影のときは、やはりフリーアングル液晶がすごく便利なのですが、前提として「虫が逃げない」時でないと無理なのは同じなので…

というわけで、セミを撮るなら午後の吸蜜時間帯でしょうか。
アブラゼミは結構居るので撮影できるのですが、ニイニイゼミやヒグラシはなかなか見える場所に居ないので難しいところ。
こちらではミンミンゼミの鳴き声を聞かないなぁ。緑色のセミは、かなり新鮮です。
(by その他デジカメ)
http://blogs.yahoo.co.jp/genyakata/MYBLOG/yblog.html



22985.Re: 鳴いているミンミンゼミ
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年8月9日(月) 8時30分
あっ!データに“tripod”と書きましたが,未使用でした。手持ち撮影です。F22,1/25sec. 位でした。光学ファインダーで撮ってます(背面液晶ではこのレンズだとAF反応遅いし,ブレる)。
魚露目なのでかなり接近してます。


22986.Re: 鳴いているミンミンゼミ
名前:せみ ちゃん。    日付:2010年8月9日(月) 8時48分
そうそう,ミンミンゼミは“鳴き移り”といって,鳴き終わるとほぼ必ず飛び立って移動してしまうため,実は案外と,鳴いている所を撮るのは困難です…。

22982.オリンパス・ペンライト・第3回目 使用感 返信  引用 
名前:Yanagida    日付:2010年8月7日(土) 10時1分
Original Size: 700 x 525, 85KB Original Size: 700 x 528, 67KB

Yanagidaです。

第3回目の使用より、すでに1か月近く経過、まさに「六日の菖蒲 十日の菊」「今は昔」のレポートとなり、申し訳ないですが・・・。

 京都・嵐山の名所、「天龍寺(てんりゅうじ)」へ、ペンライトのみ持ってハス華撮影に。
 曇天の朝だったので好調に撮影開始、ところが蓮の撮影を終え、境内中の撮影をするうちに雲が切れはじめ、初の晴天下・屋外での使用に。危惧していたとおり、背面液晶画面の表示内容がほとんど見えず、という状態が数回発生、かすかに解読できる画像とカンだけを頼りに撮影強行。光学ファインダーのありがたさを痛感。
 ただし、屋内の縁側に立ち、そこから外の庭園を撮影する、というのであれば、晴天下でも大丈夫(あたりまえだ!)。京都の庭園撮影の場合、このパターンが案外多い、この場合、雨天でも傘を持たずに撮影可能(あたりまえだ!)。
 樹木の茂った下に入れば、直射日光を液晶表面に受ける状態ではなくなるので、大丈夫。
 帰宅後、取扱説明書を読み、背面液晶画面の明るさを変更可能であることに気付く(後の祭り)。次回にはこれをトライしてみようと、思った。
 ネット上には、「ペンに液晶フード装着」の事例がいろいろとあり(例えばDELKIN社のDDPSHU-3.0M)皆さんの中でこの「液晶フード」なるものを使用という方、おられますでしょうか? (太陽と液晶面との角度によっては、フード装着しても無意味、というケースもありうるでしょうね?)。
 いっそのこと、右手だけでカメラを握り、左手でもって背面液晶・晴れ切り、じゃなかった、ハレ切りやってみようかしら?

 [撮影後に 撮影された画像の状態をチェック(ヒストグラム、白トビ等)](これまでE510使用時にはこのようにしていた)
 ではなく
 [撮影前に (これから)撮影されようとしている画像の状態をチェック(ヒストグラム、白トビ等)](ペンライトではこれが可能)
 できることのありがたさを痛感。(光学ファインダーでは、これはムリだろうな)。

 E510ではおそらく白トビ無しにはすまないだろう、というような局面でも、ペンライトでは白トビせずに撮れるみたい。(あくまでも個人的感触、厳密に比較実験していない)。

 投稿写真、左:勅使門前のハス池 右:曹源池(そうげんち)裏の遊歩道わきの半夏生(はんげしょう)、いずれも、 E-PL1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L (キット専用レンズ) + マルミ DHG Super Lens Protect使用

 半夏生が多く生える所をネットで調べてみました、京都の両足院(りょうそくいん:以前投稿の「オリンパス・ペンライト初使用感」で紹介)を挙げているコンテンツが極めて多数あり、埼玉県・上尾市の「原市沼」を挙げているコンテンツもありました。ここは蓮の華開く所のようですね。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~katakori/photo/index.html



ページ: |< << 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 >> >| 


by Uehan

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb