[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
ハンドルネームでいいので、お名前を書いてくださいね♪
質問はできるだけ具体的に書き込んでください。回答がしやすくなりますので!
当掲示板へのご質問は医療事務のお仕事に関するもののみに限定させて頂きます。
通信教育で医療事務を勉強されている方は、受けられている講座へご質問くださいね

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



20281.漢方は何剤まで? 返信  引用 
名前:きてい    日付:2020/4/5(日) 21:25
いつも勉強させていただいております。
当院の先生は、漢方をよく処方していて、1回の処方に5剤出したりしています。

漢方は3剤までと聞いたことがあるのですが、現在は、何剤まで、又は何グラムまでなどあるのでしょうか?

また、この3剤の数え方は、飲み方が一緒なら3剤飲んでても、1と数えたりしますか?

教えてください。



20284.Re: 漢方は何剤まで?
名前:ひでき    日付:2020/4/6(月) 9:26
処方は、医師が必要と認め、添付文書を遵守して適切におこないます。処方の責任は医師なので、事務方が決めるものではありません。
気になるのでしたら、医師にお聞きになればよろしいかと。医師に聞けないのですか?
また、剤の数え方は、点数表(投薬)をよくご確認ください。
もう少し、下調べをしてから書き込んだほうがよろしいかと。


20286.Re: 漢方は何剤まで?
名前:きてい    日付:2020/4/6(月) 11:14
ひできさん

申し訳ありません。自分の持っている本を全て読みましたが、漢方についてはどこにも載っていませんでした。

保険医協会などにも問い合わせしてみましたが、明確な回答は得られず、多分とか、聞いたことがあるといった回答ばかりでした。

もう少し詳しくのっている本などがないか、本屋さんで探していみます。
ありがとうございました。


20288.Re: 漢方は何剤まで?
名前:るっち    日付:2020/4/6(月) 12:40
当院での話になりますので参考までに・・・
当院も以前は漢方の査定がとても多く、査定内容を確認してみました。
どうやら漢方の査定は、成分によるみたいです。
例えば、麻黄が入っている葛根湯、小青竜湯、麻黄湯(実際にはこのような処方はないと思いますが)を同時に処方すると、
麻黄が被ってるってことで査定されるようです。
ただ、ひできさんのおっしゃる通り、最終的には医師の判断になりますので、医師には「必要最小限で」とだけお願いしています。
ちなみに、「具体的に何種類か?」と聞かれれば「3種類位にしてください」と答えています。
先生が気を付けているのもあると思いますが、最近はほとんど査定されなくなりました。


20299.Re: 漢方は何剤まで?
名前:きてい    日付:2020/4/7(火) 4:23
るっちさん
ありがとうございます。
成分によるんですね。。。勉強になります。

医師は漢方を推奨しているのですが、必要なんだから何種類でも処方する、なぜ通らないの?そこを何とかするのが事務員だよね?といった感じです。

先生ともう一度話してみます。
勉強になりました。ありがとうございます。


20300.Re: 漢方は何剤まで?
名前:ひでき    日付:2020/4/7(火) 7:16
保険診療を理解していない医師は、保険医を取り下げるべきです。
効能・効果を評価せず、漫然と投与することは、保険診療ではありません。
療担規則を一から勉強することですね。


20325.Re: 漢方は何剤まで?
名前:    日付:2020/4/13(月) 21:40
以前からの掲示板を拝見し、ひできさんは保険診療についてとてもお詳しいと存じております。
保険診療の規則はもちろん、通知や告知についてもよくご存知でとても勉強になります。

ですが、ここに書き込みされる方は、調べてもわからなくて困っている方や、知恵を貸してほしい方々です。
(中にはそれくらい調べたら簡単にわかるのに、、、という方もいますが)
困っている方にはもっと優しい答え方をしていただけないでしょうか?

たしかに処方をするのは医師であり、医師が保険診療の規則を把握しておくべきなのですが、私も医師から
「これは何錠まで処方して大丈夫なんだっけ?」
「この薬に処方日数の限度はあるんだっけ?」
と尋ねられることがよくあります。

医師も忙しいので、調べものは事務まかせなところがあります。
そうやって医師からあれこれ尋ねられ、困った方がここに助けを求めてきているのです。

処方は事務が決めることではないことぐらいみなさんわかってると思います。

医師に聞けないのか、保険医を取り下げるべき、といった発言は不適切だと思います。
正直、見ず知らずのひできさんにここまで言われる筋合いはないと思います。
仮にひできさん自身が助けを求めて書き込みをした時に、このような回答をされたら、どう感じますか?よかった!助かった!と感じますか?

ここはたくさんの人が書き込みをしますし、閲覧するだけで助けになっているという方もいると思います。私も閲覧するだけですが、助かってます。
みなさんが気持ちよく利用するために、もっと回答の仕方に気をつけていただきたいです。

質問者さんへの回答じゃなくてすみません。
掲示板を見てるいると、質問した人はひできさんに怒られているようで、見ていて心が痛いのです。
もっとみんなが気軽に相談し合える掲示板になると良いのになぁと思い、書き込ませていただきました。
長文失礼いたしました。


20326.Re: 漢方は何剤まで?
名前:ひでき    日付:2020/4/13(月) 23:51
★さん

貴殿のおっしゃることはよく分かりました。真摯に受け止めます。
ここまで申し上げた理由をもう少し、具体的にお話ししたほうがいいようですね。
私は、今まで30年以上、医療の事務方として上から下まであらゆることを経験してきましたが、皆さんに保険医療機関・保険医としての理解・認識をもっと持ってもらいたいと思っています。
最近(以前よりも増して)、医療機関・医師の不祥事により行政処分を受けている原因を分析すると、関連する法規の基本に違反していることが多いことに驚いています。(基本的な考え方からですが・・・)
特に、医師の保険診療に対する認識が非常に乏しく、過去に何度も個別指導を受け、監査に移行して行政処分になったケースを目の前でみてきました。厚生局の職員も一人の人間なので、医師の立場もわかるのですが、ルールには従ってもらいたいし、何度も指導しても改善がみられない場合は「保険医」の冠を脱いでいただかないと、皆さんの保険料を使って報酬を得ることは認めないとして、心を鬼にしています。「ヒトのカネを使っているんですよ!」って。
ですから、私は特に医師に対して目を覚ましてほしいと思っているんです。私が医師に対してモノを言うときには、
「先生は、医師として医師法を守り、かつ保険医として健康保険法を守っていただく必要があります。医師としてのみ仕事をしたいのであれば、保険診療はできませんので、ココ(保険医療機関)で働くことはできません。」とハッキリ言います。また、このことを医師に言えない事務長、他管理職がたくさんいることも事実です。言えなくてどうするんですか。★さんがどういう立場の方なのか存じ上げませんが・・・

私は、この掲示板を通じて、医療で仕事をするのあれば、関係する法規をきちんと理解してほしいと思いながら、できるだけ根拠を示して返事を書いています。(しかも無償で)
診療報酬算定だったら、「健康保険法」の第一条から、保険診療だったら「療養担当規則」の第一条からしっかり理解しておかないといけません。
「請求のことは事務に任せればいい」というような医師の安易な考え方は、「保険医」としてふさわしいのでしょうか。忙しいだけでは理由になりません。責任は事務方ではなく医師にあるのですよ。
私の言い方がキツく聞こえる(見える)かも知れませんが、最近の書き込みを見て、皆さんの認識の甘さに愕然としましたので、以前の書きぶりとは全く違った文面になっているとお思いになった方もいらっしゃると思います。
保険診療に携わる人は、たとえ医師であっても法的な考え方やルールを理解していただきたいと思います。
その中で、事務方は、法規定に基づいた考え方や趣旨を正しく理解して医療職に周知することが第一の使命であると考えています。
それもしないでここに書き込むのは、私にしてみれば「グチ」にしか聞こえません。グチを書かれても何にも解決しないのです。

かなり前からこの掲示板に関わっていますが、★さんのように、名前も名乗らない方から回答の意図も理解されずに批判されたのは初めてです。
閲覧だけされているようですが、書き込みをされるなら、質問者に対してきちんと回答してからご意見いただけないでしょうか。
困っている人に何のアドバイスもせずに、回答者に上げ足を取るようなことはしないでいただきたいものです。質問に答えてください。
長文になりましたが、これ以上この掲示板にレスポンスを早くして回答したところで上げ足をとられるようなら、これから私も閲覧だけにすることにします。
他の皆様には大変お見苦しいことになったこと、大変申し訳なく思っております。申し訳ございませんでした。

★さん、返信は不要でございますので、どうか閲覧だけにしてくださいね。


20327.Re: 漢方は何剤まで?
名前:rakko    日付:2020/4/14(火) 3:4
ひできさんへ
いつも大変勉強になっています。ズバリなレスに私は不快に感じたことはありません。沢山勉強積んでこられたかたなんたど心から尊敬してます。
質問の回答でなく申し訳ありません。


20328.Re: 漢方は何剤まで?
名前:アップル    日付:2020/4/14(火) 8:50
いつも参考にさせていただいています。

ひできさんの回答は的確ですが、確かに「そこまで言わなくても、、、」と思うところがあります。
長年の知識とプライドがあるのでしょうが、ここは助け合いの場所ですよね、、、?
「無償で答えてやっている」というお気持ちでしたら、有料のサイトでも作られたらいかがでしょうか。


20329.Re: 漢方は何剤まで?
名前:療養型病院    日付:2020/4/14(火) 9:8
いつも大変お世話になり、勉強させていただいております。
賛否ありますが、ひできさんの的確かつ素早い解答に助けられております。
今後もご指導いただきたく思いま。
是非、よろしくお願い致します。


20331.Re: 漢方は何剤まで?
名前:やまやん    日付:2020/4/14(火) 9:57
ずっと ひできさんはここの管理人なんだと思っていました。
だから 色々答えても下さるし かなりキツイことも言われるんだと思ってました。
現実、医師に対して免許どうとかは言えないですよね。
首をかけて言えと?
皆 ある程度は 医師の間違えた考え方とは闘っていると思いますよ。
私も漢方は何剤までか持ってる本で調べましたが 載ってませんでした。
古い本には載ってるのかな?
これだけを調べるのに 新しい本を買われたのかと思うと気の毒な話です。
分からないなら 解答もなにも無しで良かったのでは?
ちなみに 友人が持っていた本に 漢方は多剤併用は2剤までと載ってました。たった1行でした。
2017年レセプト総点検マニュアルという本です。

回答見つかっていると良いのですが。。。
2017年の


20332.Re: 漢方は何剤まで?
名前:パンドラ    日付:2020/4/14(火) 13:35
ひできさん

私も自分が聞きたいことだけでなく、他の方の質問や、それに対するひできさんの回答を見て勉強させていただいております。
rakkoさんと同じく、的確なレスを不快に感じたこともありませんし、心から尊敬してます。
ここに質問している方のためを思って回答してくださっているのに批判をされる方がいるのはとても悲しく思います。
私だったら今後は閲覧もしなくなるでしょう。
もし去られるのであればどうかひできさんと繋がれる道を・・


20333.Re: 漢方は何剤まで?
名前:きてい    日付:2020/4/14(火) 14:45
私がした質問のせいで、こんなことになってしまい申し訳ありません。

無事、2剤までたどり着きました。

剤の数え方も分かりました。

皆さん、色々意見を出していただきありがとうございます。

誰の意見も間違えてないと、私は思いますが、なぜ、ひできさんが去らないと駄目なのかは理解出来ません。

意見を出し合っただけ、人間どうし、ぶつかることもあるかと思います。
わたしが立てた質問です。
回答も見つかりましたので、今後、回答は不要です。

書き込みされるのであれば、別にたててください。


20335.Re: 漢方は何剤まで?
名前:ひでき    日付:2020/4/15(水) 1:31
漢方専門医(日本東洋医学会)に頭を下げてお聞きし、メモをまとめてみました。
漢方製剤がなぜ2剤までしか保険で認められていないのかということですが、一つの理由として、過去に厚労省の通知で「医薬品の含有量で甘草(グリチルリチン酸)は1日200mgとする」とされ、漢方製剤の約8割近くに含まれているこの生薬を多剤併用した場合に1日上限量(200mg)を超えないよう、「漢方製剤は1日15gまでとする」ことが基金・国保で決定した経緯があるようです。
一般的に、漢方製剤は1日7.5gを標準として用量が定められているので、15gということは、2剤までということになります。
もちろん、医学的な判断(適切な副作用チェック・効果判定)があれば、症状詳記により3剤でも認めるとなっているようです。
ところが、漢方の処方は効能・効果だけで決められず、患者さんの体質に合っているかを診察(陰・陽・虚・実)により確かめることが大切で、漢方処方について経験の浅い(中には経験の無い医師で専門医の指導を受けていない医師もいる)医師が、漢方診察もせず、何をもって効果がないのか判断せず、長期漫然と処方する医師がいると。
その結果、甘草の1日量を無視したことにより「低カリウム血症」となり、副作用に気づかず処方カスケードにより不必要な薬を追加してしまう・・・ こういうことが実際に起こっていると。
その他、小柴胡湯をはじめ大柴胡湯、清肺湯のアレルギー作用による間質性肺炎での死亡など、注意義務違反による医療訴訟になったケースもあり、医師に責任を追及されるケースが増えてきました。
以上が、ひとつの根拠です。参考までに。

医師は、医療法・医師法はもとより、保険医として診療するのなら、療養担当規則の第12条以下をきちんと理解しないといけません。各診療ガイドラインや通知を遵守して、適確な診断をもとにした適切な保険診療を行う義務があります。適確な診断と適切な保険診療を行った結果は、「診療録」にきちんと記載される必要があります。
これができない医師は、保険医として診療すべきではありません。
保険医登録は、厚生局に紙一枚で済みますが、保険医として法遵守を約束するものでもあります。その約束が守れない医師は、保険医の登録を辞退しなければならないことはお分かりいただけると思います。

根拠をお示しするまでに時間を要しましたこと、深くお詫び申し上げます。これにて失礼いたします。

★さん、しっかり閲覧されていますか?


20336.Re: 漢方は何剤まで?
名前:きてい    日付:2020/4/15(水) 10:43
ひできさん、
ここまで詳しく調べてくださりありがとうございます。
先生と、これからのクリニックのためにも話をきちっとしたいと思います。
同僚とも認識も、合わせていきます。
ひできさん、これからもご指導ください。

ここに意見を下さった全ての皆さん、ありがとうございました。

20334.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2020/4/14(火) 15:22
いつも勉強させていただいております。
新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に慢性疾患に対して電話等再診が可能になりましたが、

喘息で定期治療を行っている患者に電話再診を行った場合、
・特定疾患療養管理料(情報機器を用いたもの)
は算定可能でしょうか。
あくまでこちらはオンライン診療料でのみ算定可能な医学管理料になるのでしょうか。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答よろしくお願いいたします。

20330.オンライン診療の機器について 返信  引用 
名前:スヌーピー    日付:2020/4/14(火) 9:40
オンライン診療はしないと言っておりました当院のドクターが急に、明日からでもやりたいと言い出しました。

電話も機器だから、オンライン診療を算定しようとも言いだし、慌てて止めているところです。

事務員が機械にめっぽう弱く、スマートフォンでもできるのかーと最近、PCで調べ始めたところです。

皆さんのところでは、オンライン診療はどのようにされていますか?

スマートファンだとアプリがあるようなのですが、これは患者さまにもダウンロードしていただかないとダメですよね?

機器を買う?借りるとしたら、患者さまにお貸しして、やりとりするのでしょうか?
そうすると、かなりの数を購入かリースすることになるのかな。。。とどこから手をつけて良いか困っています。

参考までに、うちはこうしてるというのがありましたら、教えてください。


ページ: |< << 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb