[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
医療事務サイト 医療事務資格 取る前取ったあと
ハンドルネームでいいので、お名前を書いてくださいね♪
質問はできるだけ具体的に書き込んでください。回答がしやすくなりますので!
当掲示板へのご質問は医療事務のお仕事に関するもののみに限定させて頂きます。
通信教育で医療事務を勉強されている方は、受けられている講座へご質問くださいね

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



19907.ポンプ加算についての質問です 返信  引用 
名前:とら    日付:2019/10/2(水) 20:48
在宅支援診療所にて勤務しております。

在宅療養指導管理材料加算の中にある「C163 注入ポンプ加算」・「C166 携帯型ディスポーザブル注入ポンプ加算」・「C168 携帯型精密輸液ポンプ加算」はそれぞれどのメーカーの機器はこの加算というのが分かるようなサイトはありますでしょうか?


末期の悪性腫瘍の方を在宅にて診療しております。
その方に対して、PCAポンプを用いて麻薬の投与が始まりました。
管理料はは「C108 在宅悪性腫瘍等患者指導管理料」算定しており、ポンプの算定を…と思い「C163 注入ポンプ加算」で算定しようとしたところ、医師より「C166 携帯型ディスポーザブル注入ポンプ加算」の算定は出来ないの?と質問がありました。
ポンプは使い捨てるものではなく、使用がすんだあと回収し、再度使用する事のできるものとなっていたため、C166では算定用件を満たしていないものと考えておりました。
この考え方が間違っていたとすると、今までの算定がすべて違っていたのでは…と不安になり、質問させて頂きました。
当院が使用しているポンプの【一般的名称】をみてみると汎用輸液用ポンプと記載があります。

カフティポンプやPCAポンプと言葉は聞きますが、正直機器を何度も使えるか、使い捨てるかの違いだと思っていました。

それらの違いなどが分かる方がいらっしゃいましたら、ご教授頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。



19910.Re: ポンプ加算についての質問です
名前:ひでき    日付:2019/10/2(水) 23:56
とら さん

在宅医療では様々な医療機器を使用するので、漏れなく請求するためには、面倒でも院内で採用している医療機器をリストアップして対応表
のようなものを作成しておいたほうがよろしいかと存じます。
通常、医療機器の購入は、現場から担当部署(事務方)へ申請があり、その部署(担当者)から発注しますよね。
しかし、機器の納入は現場へとなってしまうのが大半で、事務方で医療機器の情報が入らず、知らぬ間に使用されているケースがよくあります。
まずは、院内のモノの流れを明確にして、使用開始前に事務方へ製品情報が届くようにしておきましょう。

さて、お尋ねの件ですが、機器ごとの違いの詳細は割愛しますので、各メーカーのホームページやカタログ・添付文書を確認してください。
メーカーの方や卸業者の方と顔見知りになることも必要ですよ。

・注入ポンプ
 一般的名称が「汎用輸液ポンプ」となっているもの。小児から一般までの輸液セットが使用できるポンプで、輸液ラインをポンプに装着
 して、滴数を設定して使用します。
・携帯型ディスポーザブル注入ポンプ
 文字どおり、使い捨てタイプのポンプ。小型で衣服に装着でき、微量精密注入(1〜10mL/時間)の設定ができます。
・携帯型精密輸液ポンプ
 現在、肺高血圧症に対する治療に関してのみ保険適応。薬剤を携帯可能な小型ポンプに付属しているカセットに入れて、一定の速度で注入します。


19911.Re: ポンプ加算についての質問です
名前:ひでき    日付:2019/10/3(木) 0:0
すみません、追加です。

携帯型ディスポーザブル注入ポンプは、一般的名称が「加圧式医薬品注入器」、
携帯型精密輸液ポンプは、一般的名称が「患者管理無痛法用輸液ポンプ」  です。


19912.Re: ポンプ加算についての質問です
名前:とら    日付:2019/10/4(金) 14:1
ひできさん

ご回答ありがとうございます。
わかりやすく一般名称まで教えて頂きありがとうございました。

仰る通り、在宅は様々な機器や物品の使用があり新しい物品の購入がないか日々確認をしております。
ですが今回の医療機器に関しては、私達事務の確認を怠っている部分でした。

看護部と連携してきちんと把握できるよう、これからも務めて行かなければならないて改めて考えさせられました。

ありがとうございました。

19908.(untitled) 返信  引用 
名前:労災    日付:2019/10/2(水) 22:31
10月から初診料等の金額が変わりましたが、10月に診察に来られた患者さんからの適用ですよね?

今月10日までに労働基準監督署に送るのは、9月に診療した分なので、変更前の金額で請求すればいいですよね?

不安になったので、教えて頂きたいです。



19909.Re: (untitled)
名前:ひでき    日付:2019/10/2(水) 22:48
10月診療分以降についての改定なので、9月診療分までは改定前の点数で請求します。

19903.カルボシステイン、プルスマリンなどの病名について 返信  引用 
名前:くま    日付:2019/10/1(火) 15:50
小児科、無床診療所で勤務している者です。

現在、
カルボシステイン→急性上気道炎、プルスマリン→気管支炎
で病名を付けてレセプトを提出しております。
気管支喘息等で上記の薬の処方が長引いてしまう場合、「気管支喘息」の病名でレセプトは対応しても問題はないでしょうか。

薬効の本でも調べて、両方気管支喘息の病名記載はあったのですが、業務歴の浅いもので、お教えいただきたいです。



19904.Re: カルボシステイン、プルスマリンなどの病名について
名前:ひでき    日付:2019/10/1(火) 18:55
くま さん

お尋ねの件ですが、長期処方の有無が問題なのでしょうか。
カルボステインも、プルスマリンも、気管支喘息における去痰剤(痰切り)ですので、医師の判断により処方期間を調整します。
遠慮せず、担当医にお聞きください。 


19905.Re: カルボシステイン、プルスマリンなどの病名について
名前:あっぷる    日付:2019/10/1(火) 20:55
私の勤務先でもカルボシステインを長期で処方されている小児の患者さんがいます。
病名は、気管支喘息と慢性気管支炎がついています。
今まで査定されたことはありませんので、気管支喘息がついていれば大丈夫だと思います。


19906.Re: カルボシステイン、プルスマリンなどの病名について
名前:くま    日付:2019/10/2(水) 12:26
ひでき様、あっぷる様
お返事ありがとうございます。
Dr.にも伝えて、参考にさせていただきます。

19901.リハビリテーション総合計画評価料と退院時リハビリテーション指導料 返信  引用 
名前:とうきょう    日付:2019/9/28(土) 8:38
当院は運動器リハ(1)を算定している医療機関です。

10日間の整形外科の足の手術目的での入院
入院日に手術
入院2日目にリハビリ計画書にて患者に説明の上、運動器リハを開始
以降退院するまで毎日リハビリを行う
入院7日目に多職種で評価を行いリハビリテーション総合実施計画書を作成し患者に説明の上、総合実施計画書を渡す
退院日に退院後の在宅での訓練等について必要な指導を行う。

という事例があるのですが、短期間の入院中において、リハビリテーション総合実施計画書及び退院時リハビリテーション指導料を併算定することは可能でしょうか?



19902.Re: リハビリテーション総合計画評価料と退院時リハビリテーション指導料
名前:ひでき    日付:2019/9/28(土) 11:15
とうきょう さん

お尋ねの件ですが、算定要件を満たしていれば問題ないと思います。
なお、リハ総評については、PDCAサイクルが短期間のうちに成立するかどうかですが、しっかり多職種とカンファレンスを行い、患者さんに説明し理解を得られるかです。
事前のアセスメントをしっかり取り、短期目標を設定して実施、評価できているかですね。それには医師の診察も必要です。

19896.往診時における外来迅速検体検査加算 返信  引用 
名前:医_事    日付:2019/9/27(金) 14:46
ドクターが往診のため患者宅に出向いて診察
 ↓
尿検査が必要と判断し、患者宅で採尿する
 ↓
ドクターは採尿した尿を自院に持って帰り、検査の上、結果について
文書を作成。
 ↓
同日、ふたたびドクターが患者宅に赴き、患者に検査結果を説明し
結果を文書で渡した。

さて、往診料算定とともに外来迅速検体検査加算を算定するのは
可能でしょうか?以上のことを必要であれば症状詳記するつもり
ですが。



19897.Re: 往診時における外来迅速検体検査加算
名前:ひでき    日付:2019/9/27(金) 15:1
医_事 さん

お尋ねの件ですが、往診の患者さんは入院中の患者以外ですので、要件を満たせば算定できます。
なお、再度の訪問は、最初の訪問に付随する一連の行為とみなされますので、往診料(訪問診療含む)および再診料は算定できません。

検査内容や加算点数からして、医師が再度訪問する必要があるのでしょうか。先生の負担と費用対効果を考慮されたほうがよろしいかと。


19900.Re: 往診時における外来迅速検体検査加算
名前:医_事    日付:2019/9/27(金) 17:29
お返事ありがとうございます。
やはり先生の負担と費用対効果を考慮すべきですよね。
先生に再考を提言したいと思います。ありがとうございました。


ページ: |< << 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb