[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
イトウの会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1077.初雪  
名前:会長    日付:2015/10/25(日) 15:3
いよいよ宗谷にも冬将軍がやってきました。西高東低の冬型気圧配置となり、稚内で初雪が降りました。
これからのイトウ釣りは、風雪との闘いで、まるで修行のように厳しくなります。しかし、ヒットするイトウも筋肉質で、ファイトは春とはひとあじ違います。

土曜日は嵐の前の静けさで、魚は非常に活性が高く、朝の短時間に何度もバイトしました。残念ながらバラシが多かったですが。
日曜日は北風が吹き、川は波立つきつい条件でしたが、なんとか1匹釣りました。

今週のイトウ釣果は、60・1.5s、58・2.5s、73・3.4sでした。ボラ58も出ました。

1076.秋イトウ出た  
名前:会長    日付:2015/10/18(日) 12:11
台風崩れの温帯低気圧がもたらした雨で河川が一気に増水し、それが1週間かかって絶好の水位におちつきました。水温は10℃ほどで、ササ濁りです。

土曜日は小春日和で、無風、川は滑らかにぬめるように流れ、この秋はじめてあちこちでイトウの激しいボイルを見ました。川霧が湧き視界が悪くなったその時、ドスンと魚信がありました。瞬発力はないが重々しい引きに耐え、やっとタモ入れしたイトウは、98p・8.9sの「秋イトウ」でした。
中流河川も突然イトウの活性が高くなり、体長はさほどでないけれど肥ったイトウがトントンと来ました。

今週のイトウ釣果は、43、77・4.7s、98・8.9s、65・2.9sでした。

1075.ヒグマの季節  
名前:会長    日付:2015/10/11(日) 15:32
guerrillaさん書き込みありがとうございます。秋たけなわですが、ヒグマにとっては冬眠に備えて荒食いをする季節ですね。大河の河畔林、長大支流の流域はいずれもヒグマ出没の危険をはらんでいます。デントコーン畑やサケの産卵域には近付かないほうがよいでしょう。きのう会った釣り人も、とある支流でヒグマを目撃したと話していました。
河畔林や林道を歩く際は、熊鈴やスプレーを携帯するほうが安心ですね。

先週にひきつづき、今週も台風23号くずれの温帯低気圧のため、宗谷では暴風と大雨に見舞われました。渇水だった河川はあっというまに氾濫危険水位にまで増水しました。魚たちは活性化すると喜びましたが、泥濁りの川ではなかなかヒットが得られませんでした。あと2,3日後には絶好の川になりそうです。

今週のイトウ釣果は、52・1.0sの1匹だけでした。

1074.足跡  
名前:guerrilla    日付:2015/10/11(日) 8:55
こんにちは。先週の土曜迄数日間、道北を訪れていました。
丁度、下に会長様が書きこまれている様に低気圧で大荒れだった頃、大河の中流域、とある合流部に真新しいヒグマの足跡がありました。各支流やクマの玄関口になる地形であれば珍しくはないと思いますが、かなり開けた場所である事、直前迄は渇水であった事、サケの姿が少なかった事、地元の方々も「8月から日照り続きで農作物が育たない」と言っていた事、足跡は来た方角へ戻らずそのままブッシュ地帯に入っている事、風上からはほのかに獣臭がしていたので、荒天時に川伝いに降りて来てしばらく居着きそうな雰囲気ではありました(数日前には気配さえありませんでした)。 かなり見通しが良い場所なので鉢合わせする確率は低いとは思いますが、ここ迄降りて来たの?という場所であった事、今日、明日辺りは釣人にもヒグマにも良さそうな条件が揃いそうと思ったので、書き込んでみました。

暴風低気圧の時、うねって上下流が逆流した高い波を突き破って凄い勢いでイトウが飛び出し、今迄で一番驚きました。頻繁に行く事は出来ませんが、訪れる度の新しい体験や釣り以外での発見を基に、さて来年は?と想像しています。
長々と失礼しました。

1073.秋イトウ  
名前:会長    日付:2015/10/4(日) 14:30
宗谷では今週の金土の2日間、発達する低気圧にともなう暴風が吹き荒れました。稚内空港では最大瞬間風速41.7メートルを記録しました。
このため土曜日は川がうねり、下流部は釣りになりませんでした。しかし日曜日は状態が好転しました。

10月初旬のいま気温は10℃ほど、水温も同じくらいです。雨のもたらした増水で、水位も理想的です。
宗谷の川は中流でも下流でもイトウの活性が高くなっています。ぷりぷりに肥った秋のイトウを私たちは、「秋イトウ」と呼んでいます。

今週のイトウ釣果は、84・5.4s、51・1.3s、92・7.1sとまずまずの魚体でした。
おそらく来週の3連休はパラダイスになるでしょう。

1072.9月下旬  
名前:会長    日付:2015/9/26(土) 10:15
9月下旬となり、朝晩はちょっと寒い陽気になりました。
宗谷ではあいかわらず十分な秋雨が降らず、河川は渇水気味で、イトウ釣りは厳しい状況です。
来週になると連日雨の予報が出ていますので、例年通りの水位に回復すると期待しています。

イトウ釣り秋の陣の頃で、すでに遠来の釣り客も見られます。
私は週末に本州に出かけるので、けさすこしだけ釣りをやりました。

今週のイトウ釣果は、41と31のかわいい2匹だけでした。

1071.イトウ釣り秋の陣  
名前:会長    日付:2015/9/20(日) 6:3
きのうからシルバーウイークの5連休という方も多いことでしょう。         
宗谷では海岸のサケ釣りはにぎわっていますが、川の釣り人はわずかです。
8月から9月の現在まで、私自身はイトウ釣りに苦戦していますが、みなさんの釣果はいかがですか。
宗谷で毎年くる秋雨がほとんど降らないのが不調の原因だと感じています。

今週のイトウ釣果は、76・3.7kg、65・2.1kgでした。
すこし魚体が大きくなり、イトウ釣り秋の陣の気配を感じています。

1070.なおも不調  
名前:会長    日付:2015/9/13(日) 18:13
本州では台風17号のもたらした豪雨で大きな被害が生じています。しかし宗谷ではまとまった雨が依然として降らず、中小河川は渇水のままです。
さすがに水温は15〜17℃程度に下がっていますが、イトウは相当下流に下がってしまったようです。
私は中流のほか、秋の陣に備えて下流部でも竿を振っていますが、こちらもいまのところ不発です。
来週には5連休のシルバーウイークがありますが、それまでの長期気象予報では雨はあまり期待できない状況です。

今週のイトウ釣果は、65・2.7sの1匹だけでした。

1069.やっと雨  
名前:会長    日付:2015/9/6(日) 18:3
今週は北宗谷では水、金、土に待ちに待った雨が降りました。しかし、乾ききった大地に雨は吸収され、河川の増水はいまひとつでした。
それでも水温は14〜16℃まで下がりました。河川が息を吹き返したようで、ほっとしています。

原野ではススキの穂が輝き、わずかに紅葉(ほとんど黄色ですが)始まりました。海ではポツリポツリとサケが釣れはじめたそうです。

今週のイトウ釣果は、35、54・1.4sの2匹でした。
                                                             

1068.雨乞い  
名前:会長    日付:2015/8/30(日) 17:2
8月も最後の週末です。
宗谷では依然としてまとまった雨が降りません。そのため中小河川はどんどん減水て、湿原河川に渓流のような河原が出現しています。
幸いすでに気温が20℃前後ですので、水温は20℃以下にとどまっています。それでもイトウのような大きな魚が棲める環境ではありません。
いまはイトウ釣り秋の陣を控えて、まとまった雨を期待しています。

今週のイトウ釣果は48が1匹だけでした。

1067.イトウの会夏の宴  
名前:会長    日付:2015/8/23(日) 16:15
21日いつもの串姫煮太郎でイトウの会夏の宴を開きました。いまはイトウ釣りが難しい時期ですが、秋の陣に向けて気勢をあげました。

宗谷の最高気温が20℃を切るようになりました。秋の風にススキが揺れています。河川はまだ渇水ですが、水温は15〜18℃と下がってきました。これでひと雨降れば、一気に魚の活性があがります。

今週も私の釣り場には、大物は不在でした。
今週の釣果は、30、31、31、49、24と小中学生が5匹でした。

1066.お盆の週  
名前:会長    日付:2015/8/16(日) 17:41
今週はお盆の週です。
帰省や観光客で稚内もにぎわい、道路も遠隔地ナンバーの車が走りました。                                                            
この機会に宗谷に釣りにきた人たちもいることでしょう。

道内では道東、道北、道南でゲリラ的な豪雨が降りましたが、宗谷北部だけはまとまった雨が降りませんでした。そのため、中小河川は減水し、水温も上がりました。大河だけが増水し泥濁りとなりました。
先週につづいて、中流域のイトウ釣りはたいへん渋い状態でした。
今週のイトウ釣果は、54・2.1s、60・2.5s、60・2.5sの3匹でした。

1065.厳しいコンディション  
名前:会長    日付:2015/8/9(日) 19:7
今夏の宗谷は冷夏で最高気温でも25℃くらいですが、8月にはいってからほとんど雨がふりません。
川の水位が徐々に下がり、水温が上がってきました。           

イトウ釣りには厳しいコンディションで、1匹釣ることが至難となりました。こういうときは過去の記録を読み返し、一番可能性のある川にしがみついて、徹底的に探ります。
というわけで、今週のイトウ釣果は37p1匹でした。すぐ近くでニジマス34pが来たのには驚きました。

1064.はじめまして  
名前:もぐ    日付:2015/8/4(火) 16:15
この度初めて稚内を拠点に7月下旬から2ヶ月間道北を釣行してます東京在住のもぐといいます。イトウ釣りにとっては厳しいシーズンなのは承知してはいたのですが、地元の人はほとんどイトウ釣りはオフシーズンということで情報が入ってこないのが残念です。こうなったら上流部で藪こぎ覚悟で攻める覚悟です。ポイントもどういうミノーを使えばいいのかまったくわかってませんが、試行錯誤いこうと思います。よろしくご指導お願いします。

1063.盛夏  
名前:会長    日付:2015/8/2(日) 13:24
日本最北の稚内にもつかの間の盛夏がやってきました。この土日はまばゆい快晴です。
マチでは夏まつり・みなと南極まつりが開催されています。今夕の花火がフィナーレです。
なぜかまつりが終わると、季節が秋に移ろうような気がします。

7月最終週と8月第1週は、もっともイトウを釣るのがむずかしい時期だと私はおもっています。
空は晴れ、気温も水温もあがります。私の釣り場の中流からイトウが姿を消してしまい、代わりにウグイやカラフトマスが上がってきます。ちょっとした瀬にいるのはアメマスです。
そんなわけで、あまり意欲的に釣りができません。

今週のイトウ釣果は、65・2.7sの1匹だけでした。

1062.恵みの雨で渇水にならず  
名前:会長    日付:2015/7/26(日) 16:6
ことしは冬の積雪量が少なかったので、宗谷の河川は7月ころ渇水に見舞われる心配をしていました。しかし、7月になっても釣り人にはありがたい雨が効果的にふり、水位の安定と低水温の維持ができています。
8月にも同じような雨が降ってほしいものです。

今週末は札幌へ出かけていました。往復路とも大河で短時間竿をふりました。とある合流点で首尾よくヒットしましたが、沖に走られ、ラインブレークしました。

今週のイトウ釣果は、57・1.8s、52・1.3s、56・1.6s、64・2.6sでした。

1061.大雨と増水  
名前:会長    日付:2015/7/19(日) 18:43
真夏になり、本州では35℃以上の猛暑も報道されています。
日本の寒冷地宗谷でもきょうは24℃まであがりました。

今週は13日に大雨が降り、宗谷の各河川は洪水が心配される水位まで増水しました。今週はそれが徐々に減水する日々でした。
私は朝や夕に地元ならではのゲリラ的釣行をやり、効率よく釣りを楽しみました。

今週のイトウ釣果は、56・1.8s、89・4.8s、73・3.6s、55・1.5s、51・1.7sでした。

1060.大雪魚鬼の会の写真展  
名前:会長    日付:2015/7/15(水) 7:54
私の釣友チライさんら大雪魚鬼の会の写真展が旭川で開催されます。
イトウだけではなく、道北の花鳥風月の写真展です。

場所:NHKハートフルギャラリー 旭川市6条通6丁目 NHK旭川放送局1階
日時:7月21日(火)〜27日(月)
時間:9時30分〜17時50分、土日祝 10〜16時、27日 16時まで

1059.低温の夏  
名前:会長    日付:2015/7/12(日) 14:42
今週も宗谷の気温は低いままで、水温は13〜15℃を維持しています。河川の水位も夏の渇水はなく、川釣りには良いコンディションが継続しています。
台風の動きが気になりますが、現状は釣り日和です。例年7月下旬には気温水温とも上昇し、しばらく厳しいイトウ釣りの季節となります。

今週のイトウ釣果は、67・3.0s、80・4.1s、42、61・2.1s、70・3.6s、66・3.2s、50・1.3sでした。

1058.増水と釣り  
名前:会長    日付:2015/7/11(土) 17:30
そもそも増水とはなんでしょう。それは川の水位が平常より高いことです。
魚にとって水域は宇宙ですから、増水すると宇宙が広くなり、活性が高くなります。川釣りで「よく釣れる」のは、増水したのち減水傾向となり、濁りが薄まり、いわゆる「ササ濁り」となるときです。

釣り人は、釣り場と安全性をてんびんにかけながら、どこでどういう釣りをするか決定します。
現在では主要河川の水位が「河川情報」で10分きざみで表示されていますから、それを参考にします。季節ごとの平常水位をまず把握します。平常水位+何pなら立ちこみ不可、+何pなら立ちこみ可能だが移動不可、+何p以下なら立ちこみ移動可能というふうに自分のルールを決めておきます。
上記のルールにしたがって、釣りをします。私は原則として釣り上がりです。増水時に釣り下がることは極めて危険です。流されると入水地点に戻れないからです。

もちろん洪水警報などの危険情報が発表されているときは、川に近寄ってはいけません。
私は平常水位+40pくらいなら陸から釣りをします。水位が高いときは、水面に近づくことが危険ですから、タモ柄は長くしておきます。
ちゅらさんも自分のルールを決めて、安全な釣りを心がけてください。


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb