[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
かっしーの家 伝言板

いたずらカキコはしないでね(^^)
藤沢館へ


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



418.新年のご挨拶 返信  引用 
名前:たか    日付:2013/1/2(水) 18:38
あけましておめでとうございます。

今年の初日の出は、東の空に薄い雲がかかり、はっきりとしない感じでした。なんとなく、今の日本を象徴しているような・・・(^^;;
そうこうしていると、いきなりyahoo!のトップニュースに、「江ノ電がけ崩れで普通」のニュースが!これはびっくりです。極楽寺駅で擁壁が崩壊したようで、よりにもよって、掻き入れ時の元日に・・・!
しかも、電車が現場直前に迫っていたとのこと。しかし、直前で止まり、間一髪だったのは何よりです!
今日の朝、鎌倉に初詣に行く際江ノ電に乗車しましたが、現場は土嚢が積まれ、駅での停車位置を鎌倉側にずらして停車するなど、新年早々、とんだ災難に見舞われてしまったようです。
一日も早い完全復旧を願っています。

そして今日2日は、一日西風が非常に強く吹き続けています。箱根駅伝の走者も、向かい風で大変だったことでしょう。明日で三が日も終わりですが、せめて明日からは、穏やかな天気になって欲しいものです。そして今年一年が、皆様にとって、良い年になりますように、ささやかながらお祈りしております。
(私にとっても、是非、良い年になって欲しいなあ・・・本音です(^^;)

それでは、今年もよろしくお願いします♪

417.良いお年を! 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/12/31(月) 21:48
こんばんは。
早いもので、もう2012年も大晦日を迎えることとなりました。
足の捻挫も、おかげさまで歩けるまでに回復してきました。ただお医者さんの話だと全治2ヶ月だそうなので(^^;;、しばらくはあまり無理せず、穏やかにすごしたいと思っています。
この怪我だけでなく、この1年は、わたし的にはあまり良い年とはいえないものでした。来年は、ぜひとも、いい年にしたいと強く願っています。
世間的には、いろいろあった民主党政権が終わり、自民党政権が復活しました。私は自民党政権もあまり支持しているわけではないですが、民主党政権がずいぶんひどかったですから、少しは良い方向へと舵を切ってもらいたいと願っています。尖閣諸島に代表される国際問題や、原発の問題、待ったなしの景気・雇用対策、高齢者対策等、どれもこれも今の日本にとって喫緊の課題ばかりです。正直、私も日本は緩やかな下り坂を転げ落ちている状態だと思っていますが、この坂がこれ以上急坂にならないよう、何とか歯止めがかかってもらいたいものです。
そして、数少ない明るい話題として、スカイツリーのオープンがあると思います。これはすごかったですね。浅草周辺の復権に向けた、東武鉄道の偉大なチャレンジでしたが、見事な花を咲かせたように思います。

それでは、2013年が、皆様にとってもどうかいい年でありますように!

416.足を捻挫しました 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/12/1(土) 23:5
お久しぶりです。
先日大阪、神戸方面に旅行したのですが、その際ひょんなことから足を捻挫してしまいました。やってからしばらくは入院はしませんでしたが寝たままで、そのおかげで先週の藤沢館は写真の更新が出来ませんでした。すみません・・・

今は歩けるようになったのですが、まだちょっと足が痛いです。家から出られないのが、こうも退屈だとは思いませんでした。早く直ってくれないかな・・・神様に祈ります。

話はがらりと変わりますが、昨日、ラノベ「おジャ魔女どれみ16」の第3巻が発売されました。なかなか充実した内容で、意表をつく展開もあり、第2巻よりレベルアップした感じです。アニメ放映時に最高の名作と謳われた「どれみと魔女をやめた魔女」という回があるのですが、その話が今回のラノベに引用されており、とても興味深く思いましたね。そう来たか・・・という感じです。

とりあえず今日は、こんなところで。

415.朝の連ドラ「純と愛」 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/10/30(火) 22:29
こんばんは。
しばらくご無沙汰するうちに、秋がだいぶ深まりましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて今日は、地元の番組と言うわけではないのですが、ちょっと朝のNHK連ドラの話題を・・・
純と愛。年度後半ということで、NHK大阪局制作のこのドラマ、「家政婦のミタ」の脚本家が担当しているのですが、これまでの朝ドラの殻を破るような出来で、なかなかに秀逸です。一言で言えば、夜のゴールデンタイムのドラマとしても立派に通用する雰囲気の作品です。
前作「梅ちゃん先生」は朝ドラの王道のような作品で、安心して見ていられる作品でしたが、今のドラマは、初めはややストーリー展開が唐突で陳腐な感じでしたけども、先週後半くらいから、朝ドラっぽくない展開が加速し、特に週末の土曜日の放送は印象深い内容となっていました。

昔、もう30年近く前でしょうか、「おしん」、言うまでもなく日本ドラマ界の伝説ともいえる作品ですが、これを初めて見たときの驚き(「いよいよ朝ドラに、本格的なドラマが登場してきた。」と思ったものです。今当時を振り返ると、何が本格的なのか・・・という気もしますが、思うに、まるで映画のようなドラマの運び方に、それまでの穏やかな朝ドラを見慣れていた目がびっくりした、ということなのだろうと思います。恥ずかしながら、いまでも「おしん」という言葉を聞くと自然と目が潤んでしまうほどの、まさに驚愕のドラマでした。)をちょっと髣髴とさせるものが、純と愛の先週末の放送にはありました。
ネットとかで純と愛の評判を見ると賛否両論のようですが、私はこのドラマを買います。今後の展開が楽しみなドラマです。朝ドラっぽくないという批判はそのとおりかもしれませんが、特に梅ちゃん先生が普遍的な朝ドラの王道としていい視聴率をとっているようなのでなおさらですが、純粋にドラマとして純と愛を見た場合、かなりの高水準を達成している、個性的な作品だと思います。
役者さんも、主人公の夏菜もいい味を出してがんばっていますが、相手役の風間君がうまいですね。堺雅人が若かったら、こんな演技をするんじゃないか、という気がします。考え抜かれた、納得の演技です。
来年の春まで、ドラマを見る楽しみが一つ増えました。(笑)

それでは♪

414.なつかしの東武カラー 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/9/3(月) 21:49
こんばんは。
異常に続いた残暑も一段落、ようやく、少し秋めいてきたでしょうか。
ここのところの残暑は本当にすごかったですね。おかげで、首都圏は久しぶりに水不足が喧伝されるなど、とんでもないことになっています。昨日の雨は、干からびた地面にちょうど良いお湿りになりました。

さて、また東武の話題で恐縮ですが、最近、私が子供の頃の東武カラーが、8000系電車6両1編成ですが、復元されました。
灰茶色にオレンジのツートンです。もうかれこれ40年近く前、東武はすべての通勤電車がこの色でした。もっとも、この自分は私は余り東武になじみがなく、1〜2回乗っただけだったように記憶しているだけなのですが・・・私にとっての東武カラーは、このツートンの後に採用された、薄いクリーム色(セイジクリームと言われています)です。私が東武によく乗るようになった時分は、どの電車もみんなこの一色塗りでした。どちらかというと沿線の方にはあまりこの色は好評ではなかったらしいですが、私はこの色がなんとなく上品な感じがして、結構気に入っていました。
このセイジクリーム色の時代は10年ほどで終わり、今の白に濃淡2色のブルーラインが入った色に替わったのですが、この色が出始めたときはすごく新鮮だったことを覚えています。東武は車両数が多いので、すべての電車がこの色に変わるまでずいぶん時間がかかっていましたが、かれこれもう30年近く今の色が続いているそうで、それだけ好評だったということなのでしょう。今の東武はステンレス車も多くなり、白にブルーのラインの車は見る機会も少なくなりました。
スカイツリーが出来てからの東武は、上げ潮の今がチャンス、とばかりにいろんな意味で動きが派手になってきたような気がします。これまでずいぶん地味なイメージに染まっていた東武、来年春には東上線と東急東横線が副都心線を介してつながり、埼玉の森林公園や川越から横浜まで直通電車が走るようになるなど、明るい話題も続きますから、この木を無駄にすることなく、これまで以上にがんばって沿線イメージの向上に努めてほしいと思います(^^)。

今日は東武関連の話題だけで終わってしまいました・・・それでは!

413.原 鉄道模型博物館を訪ねて 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/7/13(金) 20:28
こんばんは。
もう間もなく梅雨明けかな、と思える蒸し暑い日々が続きますね。

そんな中、今日私は、横浜の原(はら)鉄道博物館を訪れる機会を得ました。
今月10日にオープンしたこの施設は、なかなかすごい、ということで、NHKなどにも取り上げられていましたが、今日行ってみて、その評判に偽りはなかったな、という感想です。
まずこの原さんという人ですが、鉄道趣味界にこういう人がいたということを、私はこの施設が出来て初めて知りました。すごい人です。幼少のころから鉄道模型の収集を始め、その世界を極めるために洋書を読むべく独学でフランス語、ドイツ語をマスター、社会に出てからは出張や個人旅行で世界各地の鉄道を巡り、ものすごい数の大変精巧な鉄道模型を自作されました。それだけでもすごいのですけども、更にこの博物館でそれらの模型をジオラマで走らせているのですが、このジオラマがすごくリアル、かつ大規模。模型の列車が線路を走るジョイント音まで聞こえ、信号も列車が通過すると青から赤に変わり、徐々に青に戻るなど、びっくりします。
そして私が特に貴重に思ったのは、原さんが数多くの海外渡航先で記録してこられたビデオ。半世紀も時をさかのぼる貴重な国内外の列車の様子が何とカラーで記録されています。鉄道ファンなら唸ること請け合いで、私がNHKの職員だったら是非これをテレビで放映したくなるほどの貴重なドキュメントです。
正直、テレビでの紹介を見たときはこれほどのものとは思いませんでしたが、これは一度は行ってみる価値があります。このような施設が横浜(横浜駅東口から至近)に出来たことは喜ばしいことで、鉄道好きで最近有名な(笑)タモリさんなど、この施設を訪れれば狂喜すること間違いなしです。今春までやっていたブラタモリというNHKの番組で、タモリさんはよく鉄道好きならではのネタを数多く特集していましたが、今この番組があれば必ず取り上げるに違いありません(笑)。

まったく、趣味もここまで極めれば本当にすごいとしか言いようがありません。私も、せめてつめの垢ほどでもあやかれれば、望外の喜びです(^^;;
それでは!

411.はじめまして 返信  引用 
名前:NL100    日付:2012/6/16(土) 17:48
はじめまして。

いつも表紙の引地川の写真を拝見しております。
以前、ここの河口に毎週のように釣りに行っていたので
それ以来です。
たいしたものは釣れませんが、酒を飲みながら
ここでぼーっと一日釣りをしている
時間が私にとって至福の時でした。

これからも拝見しますので、よろしくお願いします。



412.Re: はじめまして
名前:たか    日付:2012/6/21(木) 6:34
NL100さん、はじめまして。
かっしーの家にようこそ!

引地川の写真、思い返せばもうずいぶん長いこと撮り続けてきましたね・・・
川では、今でも休みの日の朝など、ゆったりと釣りをしている方を良く見かけます。のどかなひと時、気も休まるんだろうな・・・と思いながら、いつも横を通って川の写真を撮っています(笑)
あと引地川といえば、カヌーですね。これもよく見かけます。大人の方もいれば小学生くらいの子もやっていて、楽しそうです。私もちょっとやってみたいかな・・・(笑)

NL100さん、これからもどうぞよろしく!
それでは♪

410.とうきょうスカイツリー見参! 返信  引用 
名前:たか    日付:2012/5/28(月) 21:33
こんばんは。
先日、ついに開業した東京スカイツリーを見て来ました。
(展望台に上れなかったのは残念でしたが・・・(笑))
しかし、見れば見るほど大きいですね。建設途中のころから何度か見てきましたが、いざ出来上がって、ツリー足元のショッピング街(ソラマチ)なども含めて完成形を見ると、さすがだと思います。
ツリーのある「押上」の街は、いわゆる「下町」のカテゴリーに属するエリアです。鉄道の視点から見ると、東武と京成の本社がある街で、かつては京成と都営地下鉄の乗り入れジャンクションとして、マイナーなイメージのエリアだったと言っていいと思いますが(押上駅は、もっぱら営団地下鉄だけ使っていたような私のようなユーザーには、現在の三田やかつての神保町のように、あまりなじみのない駅だったと思います)、最近、メトロ半蔵門線と東武伊勢崎線の乗り入れ結節点となってから、渋谷や表参道、大手町へ直結する便利さがウケてマンションが増えだし、知名度がアップ。そして今回のスカイツリー開業で、ついに全国区(世界にも?)の知名度を獲得するに至ったという、立身出世(?)の街です。
ツリーが出来る前のあの場所には、東武本社のほか、その昔は東武の貨物駅があり、その後通勤時間帯だけ使用する旅客ホームが出来ました。こう言っては何ですが、都内にもかかわらずひなびた雰囲気で、本当に、今の押上は生まれ変わったかのようです。
もっとも、生まれ変わったのはツリーのある場所(商業施設と合わせて、スカイツリータウンと言われているようです)だけで、周辺には昔の押上の雰囲気がまだまだ残っています。それが、スカイツリー客が思ったほど流れてこない、という商店街の嘆きにもなっているようですが・・・
今現在、スカイツリーには大勢の観光客が押し寄せ、大成功と言ったところですが、長期的に見てどのような評価になるかは、まだまだ予断を許さないでしょう。ツリーの展望も、初めて見れば大感動でしょうが、2度、3度と同じ景色を見にリピーターが来るとはあまり考えにくく、継続的な人気の獲得には、ディズニーランドが新しいアトラクションを定期的にオープンしているように、新しい出し物を定期的に打ち出していくなどの観光客を飽きさせない工夫が不可欠でしょう。
しかし・・・スカイツリーの事業主である東武鉄道は、本当に良くがんばりました(^^)。東武はスカイツリーに社運をかけているようですが、これはまさに社運をかけるべきビッグイベントです。伊勢崎線の名称はスカイツリーラインになり、最寄の業平橋駅はとうきょうスカイツリーと改名、そしてお隣の浅草駅も開業当時の雰囲気に全面的にリフレッシュするなど、目を見張るようです。いつかもこの伝言板にカキコしましたが、東武と言えば金八先生で有名になった堀切付近に代表されるノスタルジーあふれる雰囲気が、半蔵門線との乗り入れで垢抜けたイメージにリフレッシュされ、そして今回のスカイツリー開業、業平橋周辺の雰囲気はまるで近未来都市のようです!!
あの油くさく暑苦しい郷愁電車7800系の田舎びたイメージは、遠く過去のものになったんだなあ・・・(笑)、
少なくともスカイツリータウンにいると、そんな風に感じます。きっと東武の社長さんも、今頃同じように思っているんじゃないかなあ・・・と勝手に想像しています(爆)。

それでは!


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb