[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
かっしーの家 伝言板

いたずらカキコはしないでね(^^)
藤沢館へ


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



389.コクリコ坂から 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/7/18(月) 0:11
こんばんは。

今日は、レイトショーでジブリの新作「コクリコ坂から」を見てきました。
感想から言うと、私的にはまあまあの佳品でした♪
昨年のアリエッティのときもそうでしたが、最近の新作がちょっと「???」的になりやすいジブリ、それも今回は「ゲド戦記」で大きくはずした宮崎吾郎監督作品なので、どうかな、と思ってましたけれども、今回のコクリコ坂からは「なかよし」に連載された少女マンガが原作ということで、ストーリー的にもそれほど大きくはずしたな、という箇所はない印象でした。

ジャンルとしては淡い青春ドラマで、「耳をすませば」に若干通じる雰囲気のある作品でした(ただし、耳をすませばほどの強い甘酸っぱさはない)が、昭和38年ころの横浜が舞台ということで、親近感のある風景がいっぱい出てきたことも、今回ポイントが高くなった理由でしょう。
舞台は、埋め立て前の本牧付近と思われます。カルチェラタンという、高校の部室となっている会館が重要なモチーフとして出てきましたが、この内部などは、関内にある横浜市の開港記念会館(ジャック)をモデルにしているようでした。県庁(キング)、横浜税関(クイーン)、氷川丸、マリンタワー、ホテルニューグランド、山下公園、桜木町旧駅、京浜東北線(茶色の旧型国電)、横浜市電・・・ざっと以上のような見覚えのある(懐かしい)風景が登場します。舞台の高校の校舎(玄関付近)は、横浜地裁の玄関を参考にしているのかな?あと物語後半に出てきた横浜市電の側面に、元町商店街に現存の宝田食器店の広告がついていたのはご愛嬌でしょうか?
ただ全般に風景の印象は、昭和38年より時代が古い感じがしました。(意図的にそうしているようです。)

声の出演の俳優(声優ではない)の皆さんも、ポニョの所ジョージのようにはずした方は今回はおらず、まあまあの出来。ネットの感想に、「高畑勲」監督作品に通ずるものがあるというのがありましたが、言えてるかも知れません。往年のジブリ作品には及びませんが、昨年のアリエッティのレベルの出来には達しているかな?と、いつもながらちょっと偉そうですが感想を述べておきたいと思います。サントラはピアノ曲が主体で雰囲気も出ており、まあまあの出来かなと思いましたが、坂本九の「上を向いて歩こう」が使われているシーンがあり、当時の雰囲気を出したかったのかもしれませんけどもこれはあまり必要なかったかな?

これもネットの感想にありましたが、紅の豚同様、子供向きというよりは大人向きの作品です。特に中年以降の人が見ると、評価が高くなるかも・・・(まさに私ですね(^^;;;)。
ということで、大人の皆さんにはお勧めできる作品かな、と思います。あと、横浜の事情に詳しい方にも、面白い作品かな?(笑)(なお、作品協力に横浜市のクレジットがでてきます。)

それでは♪

388.鵠沼車庫の終焉 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/6/26(日) 16:35
こんにちは。

鵠沼車庫の機能が、湘南車庫に移った初日、朝、鵠沼車庫に行ってみました。
見事に、バスは一台もいませんでした(泣)
寂寥感あふれる鵠沼車庫の敷地を見ていると、あっけない幕切れに呆然としてしまいます。
時代の移り変わりを感じる、朝でした。

しかししばらくすると、海側から一台の回送バスがやってきて、鵠沼車庫に入ってきます。
藤沢駅南口行き始発バスの回送でした。
その後も数台、海岸のほうから回送バスがやってきて、辻堂行き1番バスなどになっていきます。
これからは、毎朝、湘南車庫から鵠沼車庫への回送があるんですね。(夜は逆ルート)

しばらくしてから、湘南車庫へも車で行ってみました。
昨日まで鵠沼車庫に集っていたバスたちが、整然と駐車しています。
腰越から手広を通って大船に抜ける市道は、一躍、バスが頻繁に行きかうメインルートになったようで、何台もの回送バスの姿を見かけました。
新しい時代の始まりを感じます。

手広車庫の前も車で通りましたが、こちらは鵠沼車庫とは違い、バスの待機には使われないようです。手広車庫は湘南車庫にも近いですから、その必要もないのでしょう。
一方、鵠沼車庫には、日中、常に数台のバスが待機しているようです。
湘南車庫から辻堂方面は回送するにも距離がありますから、辻堂エリアを走るバスは、鵠沼車庫で時間調整の待機をするケースが多いものと推察します。

ところで話は変わりますが、昨日、鶴岡八幡宮に立ち寄って例の再生中の大銀杏を見たのですが、木の周りを黒いネットですっぽりと覆っていて、どうも何かあった様子。近くに寄って見ると、この時期にもかかわらず昨年あんなに青々と葉が茂っていたひこばえ(切り株からはえてきた新しい枝)に、一枚も葉が付いていません。
これはおかしいです。ネットで調べてみたところこの件についてはまだ何も引っかかってきませんでしたが、嫌な予感がします。大銀杏の再生に、黄色信号が点ったのではないでしょうか。
推移を、注意深く見つめていきたいと思います。

それでは。

387.さらば、思い出の辻鎌線 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/6/24(金) 22:15
こんばんは。

ついに今日、辻鎌線が最後の日を迎えました。
(平日のみ運行のため、明日はもう走りません。)
予告どおり、昨日、惜別乗車に行ってきました。
1日朝方の2本しかないため、1番目のバスで辻堂から鎌倉へ、2番目のバスで鎌倉から辻堂へ、という行程です。最終日1日前の辻鎌線、はじめに乗った鎌倉行きは、辻堂発時点では5人ほどの乗客でしたが、途中停留所から意外にもそれなりの乗車があり、134号線に出るころにはさらっと座席が埋まるほどの乗車率。江の島海岸にある湘南白百合の小学生が結構乗っていました。(帰りの時間にはバスはないけど、どうしてるのかな?)
他にも、どうも惜別乗車と思しき方々もちらほら。でもマニアというよりは、普通の通勤で、いつも使ってる電車をバスに替えて乗っている、という風情の方が目立ちました。前のほうの席で、海側の座席に座り、ずっと海を眺めていたおば様の姿も・・・その方は、鎌倉まで乗車されていました。
毎日これだけの方が利用していたら、恐らく辻鎌線も廃止にならなかったんじゃないかな・・・そう思わせる便でした。
そして復路。当日の最終便(まだ午前9時ですが)の辻堂行きを鎌倉駅で待ち、乗り込みました。復路は明らかにマニアと思しき方が私のほかに2人乗っており、そのうちのお一人は辻堂まで全区間乗車されていました。ただ他の一般客の方は辻堂付近になるまで乗って来ず、復路は残念な乗車率に終わりました。途中長谷駅の踏切では、江ノ電の電車との顔合わせもありました。

辻鎌最後の車窓風景。辻堂海岸〜鵠沼海岸〜西浜くらいまでは海は見えませんが、西浜から先は海岸線を眺めながらのバス旅です。今更ながら、本当にすばらしい景色、もうこの景色をバスの車窓から愛でることはないのだろうか・・・特に七里ガ浜〜稲村ガ崎〜由比ガ浜までは、完全に江ノ電のバス路線がなくなります。江ノ電バスの車窓から、稲村ガ崎が消える・・・ちょっと感傷的な一瞬でした。
(ただし、江ノ電バスの定期遊覧バス「よしつね号」「しずか号」はこの区間を走るので、定期遊覧バスに乗れば江ノ電バスからの稲村ガ崎の車窓がまだ拝めることは拝めます。)
海沿いを走るバスの中で、もう懐メロの部類ですが、「岬めぐり」(1975年ごろはやったフォークソングのようです。♪岬めぐりの〜バスは〜走る〜・・・♪)を思わず口ずさんでいました・・・(キザ?)

来週月曜日からは、この辻堂発の鎌倉行きは藤沢駅南口行きとなって再出発です。朝の2便はほぼ現行ダイヤを踏襲した朝2便(白百合の通学に配慮?)、復路の藤沢駅南口発辻堂行きは、現行の朝ではなく夕刻(18時台と20時台)に1本ずつとなります。

そして、鵠沼車庫〜江の島〜藤沢駅南口の路線も、明日の土曜日を最後に廃止です。これは先週惜別乗車済みですが、江の島への気軽な足であったこの路線、感傷だけでなく実用性の面からも私にとっては残念な結果となってしまいました。今後江の島へは、車で行く以外は、小田急の電車を使って行くことになるでしょう。(前述の新しい辻堂駅〜江の島海岸〜藤沢駅南口の路線も使えますが、本数も少なすぎ、しかも江の島に入らないため使うことは多分ないでしょう。)

今週末は、江ノ電の新営業所への移管を見守ることになりそうです。
鵠沼車庫(手広車庫も)、いままでどうもありがとう!そして、湘南車庫の未来に幸あれ!

それでは・・・

385.湘南車庫オープン間近 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/6/18(土) 22:57
こんばんは。

今日は、来週の日曜日にオープンする江ノ電バスの新しい車庫、湘南車庫でバスフェスタがありました。
江ノ電バスの鵠沼車庫ができたのが確か昭和42年(1968年)ごろだったそうですから、約半世紀で、新しい車庫へと移転する(手広車庫と再統合)ことになるわけです。
新しい湘南車庫は武田薬品近くの工場跡地にできた広大な車庫で、100数十台のバスが収容できるようです。バスフェスタには約2000人の来場者があったようで(くじ引きのくじの番号から想像(笑))、小さいお子さんを連れた家族連れも多く、ファン層だけにとどまらないイベントとしてにぎわっていました。

鵠沼車庫は来週日曜日からは小規模なバスの待機所となるようで、ダイヤ改正では鵠沼車庫発江の島経由藤沢行きが全廃となるほか、辻堂駅と鎌倉駅を結ぶ通称「辻鎌線」も廃止(鎌倉駅行きから藤沢駅行きに改変)となるそうです。
いままで江の島へ直行できるバス便として重宝していた江の島経由の藤沢行き、通学で時々使った思い出の辻鎌線、共に廃止とは、時の流れとはいえ、万感胸迫るものがあります。鵠沼車庫〜江の島経由藤沢行きは、子供のころから車庫〜江の島まではほとんど乗客がおらず、入出庫だけのために走っているような感じでした(私は重宝に使ってましたが。この区間に家がないわけではないので、一体この付近の人たちはどうやって藤沢まで出ているのか、未だに謎です。鵠沼海岸1丁目付近などでは鵠沼海岸駅までもちょっと距離がありますが、皆さん歩いているのでしょうか?)。
そして辻鎌線は、私が子供のころは、1時間に2本くらいあり、お客さんも結構乗っていたものですが、廃止直前の現在では、平日朝2本のみの運行で、それも空気輸送に近い状態ということで、もう役割の終わった路線ということなのかもしれません。この路線は辻堂海岸から江の島海岸を経由して由比ガ浜までの30分ほどをずっと相模湾沿いに走る風光明媚な路線で、景色のすばらしさは折り紙つきでした。ただ海岸沿いの国道134号線は渋滞がひどく、週末の定時運行はほぼ望めないこともあり、次第に乗客が減っていきました。この2路線はぜひ、廃止までに惜別乗車をしておきたいものです。
そして、思い出の鵠沼車庫。私が子供のころから身近にあり、よくバスを見に行った鵠沼車庫も、思い出のかなたへと消えていきます。折り返し場としてこじんまりと残るとはいえ、かなりの部分が宅地開発されるようで、その姿は大きく変わることでしょう。今のうちに、よく見ておこうと思います。

今回の湘南車庫オープンに伴い、湘南二都物語のコンテンツ「ミニバスの走る街」の記述もずいぶん修正する箇所が出てきます。これまでのコンテンツも一つの歴史として大幅な改編はせず、2011年6月26日からはこうなりましたよ、という形で少しずつ修正していこうと思います。今回の一番大きな改正点は、新鎌倉山循環線が一部大船駅まで延長となることでしょう。この路線は現在、津村(湘南モノレール西鎌倉駅)どまりのため、JR線の駅に出るにはモノレール等に乗り換えなければならず、利用が少なかったのですが、一部とはいえ大船駅まで延長となることで、利用者が増えればいいな、と思います。私もこの線の利用者を増やすには藤沢駅か大船駅まで路線を延長するしかないな、と前から思っていたので、ようやく一部とはいえ実現してよかったと思います。

それでは!

383.関西旅行記2 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/5/9(月) 21:27
こんばんは。
気を取り直して、関西訪問の続編を書きたいと思います。

今回の訪問でも印象に残ったところの一つが、あわじ花さじきでした。
淡路島をじっくり訪問したのは今回が初めて(通り過ぎは昔あったかも・・・)でしたが、ひなびた、のどかな私好みの島ですね。
明石海峡大橋のおかげで交通の便もよく、マイカーなら大阪からもすぐでしょう。
海岸べりにあるバスターミナルで高速バスを降り、そこからタクシーで10分ほどの小高い山の上に、あわじ花さじきはありました。
そこにはまるで、北海道の帯広辺りの花畑のような風景が広がっていました。とてものどかで、ポピーや菜の花、ムラサキハナナといった春の花々が一面に咲く丘陵で、牛の放牧も見られましたね。関西で、こんな北海道風の風景に出会えるとは思いもよりませんでした。
ただ、公共交通の便がなく、マイカーかタクシーに乗らなければならないのが難点かな。帰りは40分ほどかけてふもとのバスターミナルまで歩いてみましたが、ちょっとかったるかったです(^^; あと当日は黄砂がひどく、遠望できるはずの明石海峡大橋がかすんでいました。
でもここはぜひ、また訪れたいところですね。ここだけでなく、淡路島のいろいろなところに行ってみたいものです。

あと印象深かったのは、平野地区の訪問でしょうか。
ここは大阪市営地下鉄谷町線の延伸で廃線となった旧・南海平野線の終点エリアで、やはりはじめて訪れるところです。
南海平野線は、今の阪堺阿部野駅から分岐して延びていた路線で、ホームページなどでその存在を知ってから、一度訪れて見たいと思っていたところでした。
地下鉄谷町線平野駅で降り、付近を少し歩くと旧南海平野駅のあたりにでました。いまでも「南海モール」と銘打つ小さな古い商店街があり、その一角に駅跡が公園となって残っていました。周辺の家並みになんとなく木曽の旧街道で見るような古さを感じさせるところもあり、不思議に思ったのですが、駅跡にあった解説文によると、この平野地区はその昔、堺のような商人の自由都市で、ここの商人たちは豊臣秀吉に請われて大阪城付近に移り、今の大阪商人の基となった、などと書いてあったのでびっくりです。やはり関西は関東とは違い、何気ない街中が古の歴史につながっており、奥深さを感じさせます。帰りはJR関西線の平野駅から天王寺に戻ったのですが、途中に百済貨物駅なるものがあり、この地名も日本史で出てきた古の地名、さらにこの地域の古い歴史を感じました。
そして相変わらず、阪堺の古い車両も健在だったのは喜ばしい限りです。昭和3年生の古い電車にたくさん乗れて、大満足でした。本当に、江ノ電タンコロよりも3年古い先輩がいまだに現役でミナミの街をつりかけ音も高らかに走っているのは奇跡的で、沿線の方は早く新車に換えてほしいと思っておられるかもしれませんが、わたし的にはいつまでも元気で走り続けてほしいです!

最後にやはりはじめて訪れた場所として、神戸の王子動物園を挙げましょう。
ここはパンダがかわいかったです。復活した上野動物園のパンダが大人気ですが、ここ王子動物園でも、パンダ人気は健在でした。ただ2頭いたうちの一頭が、最近死んでしまったそうで、残念なことです・・・

駆け足になってしまいますが、あと訪れたのは京都嵐山、ここでは嵐電を再訪し、江ノ電カラーの電車が元気なのを確認しました。
また神戸ではやはり初めて神戸電鉄での鈴蘭台訪問では、箱根登山のような急坂と急カーブを走る神戸電鉄に驚きです。
そして南大阪方面では、堺の街もはじめて市内を少しですが歩き、千利休生家跡などを見ました。堺という街は第二次大戦で空襲にやられ、歴史のある街なのに史跡がほとんど残ってないらしいのが残念です。ここも阪堺のLRT化など、私にとって気になる問題を抱えた都市ですが、空襲のせいか道幅がずいぶん広く(平塚も空襲でやられ、道幅が広いですが堺は平塚以上に広いです)、その割には車の数が少なくて、街の活性化という面ではどうなのかと思いましたが阪堺はとてものびのびと走っていて、ちょっと日本離れした趣でした。

最後は駆け足でしたが、今回の関西訪問はこんな感じでした。それではまた♪



384.Re: 関西旅行記2
名前:パパトレーシー    日付:2011/6/14(火) 0:9
 こんばんは、お久しぶりです。私は5月末から大阪に滞在しています、昨日阪堺電気軌道の本社と車庫があるあびこ道駅で開かれた路面電車祭りに行ってきました。自称保線区鉄チャンの本領発揮でマニアックな写真をたくさん撮ってきました。阪堺線に乗るのは今回が初めてだったのですが「てくてくきっぷ」を買って阪堺線の浜寺駅前の和菓子店で水まんじゅう、あびこ道駅でたこ焼き、上町線では車窓から見つけて途中下車してミルクソフトクリームしかも雨の日サービスで10%オフ、いつもの酔っ払いオヤジとは宗旨替えしたようなチョットハッピーな一日を過ごしてきました。


386.ご無沙汰しています
名前:たか    日付:2011/6/19(日) 18:25
パパトレーシーさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。

大阪にいらっしゃるんですね。阪堺の路面電車祭りにも行かれたとのことで、うらやましい限りです(笑)。
昭和40年代の電車を復元したという話を聞きましたが、ご覧になりましたか?
阪堺は、本当に風情あふれる路線ですよね。本物の「レトロ」がここにあるという感じです。もう、日本中探しても、ここより風情のある路面電車は見つからないかも・・・
天王寺界隈の再開発で、阪堺に活気が戻ってきそうなのは何よりだと思います。いつまでも、古きよき「昭和の路面電車」を実体験できる路線として、がんばっていってもらいたいです。

パパトレーシーさん、是非、あべのキューズモールにある懐かしの「支那そばや」のラーメンを食べていただいて、感想を聞かせていただきたいと思います(笑)。
それでは!

382.テロと原発 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/5/6(金) 22:35
こんばんは。
昨日に引き続き大阪紀行を書こうと思ってましたが、夕方の菅総理の浜岡原発停止要請のニュースについて、急遽一言コメントしようと思います。

断層の上にある浜岡原発の危険性は以前から巷でいろいろ話題になっていたので、今日のこの要請は英断だといえるでしょうが、アメリカでビンラディン殺害に伴う報復テロの可能性が喧伝され、原発がテロの標的になるかもしれないという発表があったようで、これはもしかするとやばいかも、と思い直したところです。
原発がテロの標的に・・・もしこれが現実に起こったら、どんな恐ろしいことになるか想像を絶します。浜岡原発は実は首都圏にも近く、もしかしたらアメリカのひそかな助言があったのかも・・・と勘ぐってしまいます。

きな臭いニュースには、ほとほとうんざりの今日この頃です。

381.大阪の元気 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/5/5(木) 20:35
こんばんは。
ゴールデンウイーク、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

私どもは、連休を利用して関西へ行ってきました。
今回の関西行では、新しい施設のオープニングにずいぶん出くわしましたね。なんか久しぶりに、とてもうきうきする旅路でした。
中でも圧巻は、5月4日にオープンの大阪駅LUCUA!ここは初日に行く機会がありましたが、とにかくもう、ものすごい人で圧倒されました。大屋根の付いた大阪駅がまるで見違えてしまって、新しい時代の到来を感じましたね。
そして天王寺のキューズモール。こちらは私たちが大阪に行く少し前に開業していましたが、LUCUAに比べ規模はずいぶん小さくなるのですが、人出は負けず劣らずのものすごさ。若い人の数は、こちらのほうが多かったですね。渋谷109の関西初出店とかで、ここ目当ての人が多かったみたいです。そして私が個人的に驚いたのは、あの「支那そばや」がここに出店していたことです!鵠沼海岸7丁目で呱々の産声を上げた支那そばや。新横浜のラーメン博物館に行ってしまって鵠沼海岸からは姿を消し、もう何年たつでしょう。まさか今回、大阪天王寺で再会することになるとは思いませんでした(笑)。出世したものです。
あの懐かしい店主(佐野実氏)の写真も店頭に展示してあり、時間があればぜひ入って、当時の味が健在かどうか確かめたかったですが、とにかく大混雑でどれだけ待たされるかわからなかったため、今回は見送ることに・・・ この次に大阪を訪問したときは、ぜひとも入ってみたいものです。
全体的に今の関西には、元気が満ち溢れている感じでしたね。街も明るく、東日本が震災で自粛モードなので余計そう見えるだけかもしれませんが、わたし的には、震災前の東京にいるような気持ちになりました。東日本はしばらくは、どうしても心情的にやや沈滞ムードにならざるを得ないように思いますから(それがいいとは決して思いませんけれども)、関西にはその沈滞ムードを吹き飛ばして日本を引っ張っていってくれるような元気を期待したいです。
ニュースで見ましたが、天王寺に人が押し寄せた結果、あの阪堺電車にも堺方面から天王寺に向かう人が多数押し寄せ、盛況だということでした。私は大阪に行ったときは必ず阪堺に乗るので(笑)、今回も当然乗りましたが、確かに天王寺行きの電車はずいぶん混んでいました。日中も朝のラッシュ並み、という感じでしょうか。恵比寿町方面行きの線はがらがらでしたが・・・ かなり苦しいらしい阪堺の台所状況が、キューズモールの開業で好転してくれれば、万々歳です。もっとも私の好きな古い電車(今回も乗りました。昭和3年製、江ノ電のタンコロよりも古い車両が現役とは最早奇跡的です!)が廃車になってしまったら、ちょっと悲しいですが・・・(^^;;

今回の関西行では、大阪LUCUAと天王寺のほかに、京都(嵐山など)、芦屋、神戸(三宮、鈴蘭台など)、堺、淡路島などに行きましたが、それはまた稿を改めたいと思います。(特に、初めて訪れた淡路島のお花畑(あわじ花さじき)はとても素敵でしたよ!あとは黄砂がひどかったですね。)

それではまた!

380.チェルノブイリの衝撃 返信  引用 
名前:たか    日付:2011/4/12(火) 23:9
こんばんは。
とうとう、福島原発事故はチェルノブイリ並みのレベルとなったことが原子力安全・保安院から発表されましたね。
私的には、予期されてたことですが・・・改めて言われると、やはり衝撃的です。あのチェルノブイリの破滅的印象は、発生してからもうずいぶん経つのに、それほどまでに大きいものだったということでしょう。

残念なことですが、福島のイメージは地に落ちました。今更、楽観的なことを述べても、それはかえって残酷というものです。率直なところ、もう放射線の量よりも、あのチェルノブイリ並みの事故だ・・・という風評のほうが恐ろしいです。そして最近不気味なのが相次ぐ余震です。今日の昼間もちょっと大きな余震がありましたが、せっかく復興しかけたライフラインが、まただめになる、という繰り返しは、正直きついものがあります。
今更取り返しもつきませんが、初期対応のまずさが、つくづく悔やまれます。すぐに海水を注入していれば、建屋の爆発も防げたかもしれないのに・・・

震災から1ヶ月、今はまだ震災前の余力で社会が回ってる状況だと思いますが、これから数ヵ月後には、本当の厳しさがやってくるでしょう。国際社会からのシビアな反応が、いろいろな面で日本にダメージを与えることになると思います。
我々日本人は、今後の人生設計そのものを大きく見直さねばならない転換点に差し掛かっているのかもしれません。これからどんなことが日本の社会におきてくるのか、私も想像がつきませんが・・・

かなりネガティブなカキコになってしまいましたが、どんなときでも平常心を持つこと、これが今私たちのできる最善のことかもしれませんね。


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb