[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



6064.設計審査の要点 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/6/14(木) 20:2
Original Size: 960 x 720, 185KB

30年前に企業に在籍中、設計の空洞化を防ぎ体質を改善するために作成したものである。今見ても新鮮さがあって関西品質工学研究会でも社会的貢献のWGでも検討していただくことを考えている。
それぞれの項目は説明が必要であるが、設計の後戻りを防ぐためには必要だと考えている。

http://kaz7227.art.coocan.jp



6065.Re: 設計審査の要点
名前:kazz@管理人    日付:2018/6/19(火) 10:19
現役時代は科学的思考の仕事のやり方を厳しく叱責したために、陰では「悪魔」扱いされたのである。しかし私の影響を受けた技術者の中から副社長や事業部長や研究所長が生まれたのだから、まんざら悪い社員ではなかったと考えている。
その時発表したのが「設計の空洞化を防ぐ設計審査の要点である」
品質工学会では矢野先生に、原さんの背中には「この人に商品を売らないでください」と書いた紙を張って歩かせたらと冗談が出るくらい世の中のトラブルに異見を申し上げた次第である。

2000年頃JAXAでロケットも打ち上げて落下するトラブルが多発した。海底から回収して原因を調べたところ「極低温下で設計の限界を超えたキャビテーションと振動による疲労破壊である」と新聞報道が行われた。
1200億円の国税を使ってこの事態に我慢ができず、JAXAにメールを送って批判したところ、ご意見拝聴ということで、JAXAの信頼性執行役と技術者が東京の規格協会に来られて会見して、品質工学の考え方を説明した。
その後、破壊したところを修理して地上で燃焼試験を行い、大阪の規格協会に信頼性執行役と二人のプロジェクトマネージャーが試験の結果を持参してこられた。
しかも、1か月後に種子島で打ち上げするが、打ち上げてみないと分からないということである。その当時のJAXAのものづくりの態勢はノイズを考えず決められた試験に合格すれば合格と考えていたのである。彼らは「科学者であって技術者でなかった」のである。ロケットを打ち上げてみないと分からなかったのである。
その後のJAXAのホームページに品質工学を取り入れた3つの技術テーマを発表された。
素直に開発のやり方を変えた彼らの能力は素晴らしいと考えている。
多少でも社会的貢献ができたと考えている。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6063.ゴルフ場における安全設計 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/6/9(土) 13:21
5月16日に兵庫県のSゴルフ場で家内とゴルフをしたとき、家内が風呂場で転倒して左腕の付け根を強打して骨折してチタンの15cmの金属棒を挿入してボルトで固定した。
風呂場は石鹸などで床が滑りやすくなっているので注意することであるが、床が滑り対策を行っていないことが問題である。各地のゴルフ場の床には緑色の凹凸のゴムシートが敷かれているがそのゴルフ場では固いタイルのままで安全対策を行っていなかったのである。
FailSafeではハイリンリッヒの法則ではないが、1件の大事故の陰には29の軽症があり、300件のヒヤリ・ハットの経験が存在すると言われている。
安全設計では、事故が起きたとき被害が最小になるような対策が必要なのであるが、このことを怠っていたのである。
妻の傷が快復してゴルフができるようになるには半年かかると医者は言っている。手術費とリハビリ費のコストは馬鹿にならないが、各地のホテルやゴルフ場の風呂場では安全設計をやってほしいのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6062.JIS規格が使われない訳 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/5/30(水) 23:54
品質工学のJIS規格は5件あるが、企業ではほとんど使われていない。
使われない理由は従来の考え方と大きく違うため馴染めないのだと思うが、BtoBの取引や製品の出荷規格を決める場合には必携な考え方だと考えている。
このJIS規格を採用していたら、データ改竄など起こらないと考えるのは偏見なのだろうか。
6月の品質工学研究発表大会でも規格値の決め方の発表は見られないのである。多分、品質工学を指導している技術者も使っていないと予測している。懇親会の席上で質問してみようと考えている。
5つの規格は田口哲学の根幹を示すものであるから、普及を考えている技術者自身が率先して活用して見本を示す努力を期待したいのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6061.ライフワークの記録からの反省 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/5/14(月) 13:20
1995年から1999年の間、品質管理のFQC会議室で品質管理を学んだたくさんの技術者を相手に品質工学の質問を受けて、具体的な説明をした記録が939KBのデータが残されているが、特に品質管理に詳しい専門家のK氏と激しい討論をしたデータが残されている。
この記録は公開できないが、当時は品質工学の考え方を理解させることの難しさに悩んだのである。
現実の世界ではトラブルが起きてから原因を追究して問題解決を考えることが当たる前であったので、いきなり品質工学の考え方を主張しても理解されないのは当たり前であったが、私の悪い癖でダメ出しをして品質工学の考え方を主張しても無理な話なのである。
このような場合には、いきなり機能性評価の話をするのではなく、なぜ問題が起こったのかを聞いてから一緒になって相手が納得するように、未然防止をする方法を説明すればよかったと反省している。
品質工学の社会認知を考えるためには、お互いに目的意識を明確にして問題の原因追及をすることが「無駄」であることを理解させる努力が必要なのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

ページ: |< << 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb