[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付





6115.「七つの会議」とデーター改ざん事件 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年2月5日(火) 22時49分
今日は話題の首題の映画を鑑賞した。
「半沢直樹」「下町ロケット」など数多くの映像化作品で知られる人気作家・池井戸潤の同名作を、野村萬斎主演で映画化したミステリー。万年係長が上司のパワハラを告発したことを機に、会社内で起こる騒動が描かれる。TVドラマ化された池井戸作品の常連である、香川照之や片岡愛之助ら実力派俳優が多数共演している。
内容は、最近企業で行われている「データ改竄」で大企業が破産した話であるが、報道ではデータ改ざんについて具体的な話がないので理解することができなかったが、この映画で多少は理解できた気がする。映画のデータの改ざんの具体的な例では、パイプ椅子や航空機や新幹線などに使われているネジの強度を改ざんした物語である。例えば新幹線や航空機の規格値(172N)に対して、生産者側の強度が半分の(70N)しかないのに、出荷規格は2倍以上に改竄して出荷したという話である。
問題は、受け入れ側が受け入れ側で検査をしていなかったため、問題にならなかったのであるが、勇気ある社員が実態を暴露したため、社会的な問題に発達したのである。
BtoBの取引では、生産者と受け入れ側で規格を決めて、互いに検査をしていたら起こらなかった問題である。
最近日本で発生しているデータ改竄事件がこの映画のようであれば、品質工学で決められているJIS規格「許容差の決め方通則」を守っていなかったことになる。

http://kaz727.art.coocan.jp



6116.Re: 「七つの会議」とデーター改ざん事件
名前:PAPAGENO    日付:2019年2月10日(日) 11時11分
KAZZ先生
TVドラマは見ていないのでわかりませんが、リアルな方のデータ改ざん/捏造の方はこの1年半の間に色々と調べる機会がありました。そこから見えてきたのは「不正をしないように」と言うだけではこのような不正を無くすのは難しいということです。
途中の説明は割愛しますが、結論は以下の技術者の在り方の問題になるようです。
@技術を担うプロとして総合判断できる力をつけること。
Aプロとしての判断をステークホルダにきちんと説明する責任を果たすこと。
B普段から周囲のや社会の信頼を勝ち得る言動を行うこと。

一見品質工学とは関係ない問題に見えますが、私は大いに関係していると思っています。KAZZ先生が書かれている許容差の決め方がその一つです。何となく曖昧な決め方をしていることが多いですが、そこに経済的な根拠を与えることで曖昧さを回避できます。作る側が守るべき余裕度が明確になるということなので、「まあこれくらい外れてもいいだろう」というような考えを戒めることができます。損失関数そのものは単なる二次関数ですが、その裏にある技術に対する考え方については我々はまだまだ学ぶことがたくさん残っているように思います。

ついでに。品質工学の手法だけ勉強してきた人だけではこのような議論をするのは難しいと感じています。品質工学は知らなくてもいいので、データ改ざんや企業不正問題に詳しい方の話を聞き、それを切り口に議論した方が早いのではないでしょうか。皆さんの同意が得られるようなら関西QE研にゲストとして招聘して討論するのもアリかと。いかがでしょうか。


6117.Re: 「七つの会議」とデーター改ざん事件
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年2月11日(月) 22時24分
PAPAGENOさん
久しぶりの発言ありがとう。
おっしゃる通り品質工学の理解度の問題ではないと思います。
当たり前のことですが、企業人の利己の心を改めないと永久になくならないと考えています。
昨日のTVニュースでレオパレス21の建築法違法問題で8000名の居住者が新居を探す羽目になり、大変な事態が発生しました。
隣の住居との壁材が薄くて、話し声が聞こえるだけでなく、テレビのチャンネルが自動的に変わってしまうことが起きているそうです。
施工者とレオパレスの間でどのような契約が行われていたのかわかりませんが、建築基準の規格の決め方や取引問題に関心をもっていて、データ改ざんに詳しい専門家を招いて議論することも大切だと思います。

6113.〜岐路に立つ品質工学〜 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年2月3日(日) 21時14分
一月の研究会で田口博士の語録の一部の解説をさせてもらいましたが、考えれば考えるほど田口哲学の奥の深さを感じた次第です。研究会の皆さんも田口先生の関係資料を参考にして、ご自分で語録の解説を書いてみたらいかに難しいかが分かると思います。手法を正しく理解するためには、田口先生が直接書かれた書物から思考の原点を学ばれることをお勧めします。
二月の研究会で、芝野顧問から〜岐路に立つ品質工学〜の話がありましたが、田口先生の残された手法を使った事例研究が殆どで、新しい学問の展開が見られないので、昔我々が味わった「わくわく感」がないと仰っていたことが印象に残りました。確かに田口先生が残された手法以後新しいものが出てこないことは事実で、AIやIOT時代に適応した機能性評価や損失関数やMTシステムのパターン認識の新しい展開を創造することが必要だと思います。



6114.Re: 〜岐路に立つ品質工学〜
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年2月4日(月) 10時25分
田口先生の思考過程を考えてみると、品質工学の誕生のプロセスを考えることができる。

@「田口流実験計画法」の誕生
電電公社で電話交換機と電話機の設計で電磁石機構のばね設計でノイズと制御因子との交互作用を考えて、短期間に交換機の寿命15年、電話機の寿命40年の開発に成功したことからから出発している。
ところが当時の実験計画法が工学の実験にも採用されていたが、当時は科学的な「レスポンスの研究」が主流であったので、ばらつきは等分散性と正規性で、直交表に制御因子だけでなく標示因子など関係因子を割り付けて、主効果と交互作用を用いて因果関係の研究を行っていたのである。田口先生は制御因子の交互作用は再現性に問題があるということで「水準ずらし」で交互作用の消去を考えた。しかし、ノイズとの交互作用が大切だということで、最近のSN比ではないが、初期と劣化後の「変化率」で市場のばらつきを評価していた。

A「SN比誤差」の誕生
統計学では、誤差は平均値の「偶然誤差」と平均値の目標値からの偏りを「系統誤差」と定義していたが、田口先生は市場におけるばらつきは偶然誤差ではなく、目標値からのばらつきを「必然誤差」と考えて、「平均二乗誤差」で評価することを考えた。ところが、この平均二乗誤差は目標値が固定された「品質特性(静特性)」の場合には求められるが、計測器のような「動特性」の場合には加法性がないのである。田口先生は統計学者に「時計の誤差は何か」と聞かれたそうだが彼らは答えられなかったそうである。時計の誤差は年差とか月差では求められないのである。
計測器の誤差は「動特性」で評価しなければならないのだ。
誤差の定義は「誤差=読み値ー真値」で求められるが、真値は不明であるから、誤差は簡単には求められないのだ。詳細は省略するが、誤差はSN比を求めることで推定できるのである。

⓷「損失関数」の誕生
市場における損失は経済損失であるが、従来はトラブルが起こってから事後に発生するのが当たり前であった。田口先生はトラブルが起こる前に事前に損失を評価する方法を「損失関数」で求めて、「安全設計」を行うことを考えたのである。アメリカで自動車の殿堂入りされたのは、品質をSN比で評価して、SN比の逆数に比例する損失を「損失関数」で金額的に求めることを高く評価されたのである。
品質改善は目的でなく、コスト改善第一を考えたのである。

C「MTシステム」の誕生
インドの統計学者マハラノビスが提案された「マハラノビスの距離」はスカラー量を標準偏差で割って正規化された計量値であるが、従来はデータの判別に活用されたものであるが、田口先生は、トルストイの「アンナ・カレリーナ」の一文から「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」から考えて、似通った集団(=単位空間)から、対象がどれだけ異なる異なるかを多くの事柄から導きかれる距離の差(=パターンの違い)とみることを考えたのだ。

田口先生の発想に共通しているのは、当たり前のばらつきの少ない平均的な空間や理想的な値を単位空間と考えて、その空間からの違いでデータを評価することが基本になっている。SN比空間でも理想機能を定義して理想機能からのずれでデータを評価するのも同じことである。

6112.サブスクリプション時代の到来と品質工学 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月30日(水) 10時51分
「所有」から「利用」の時代へ をキャッチフレーズにして、最近国内でも流行りだした言葉が「サブスクリプション(定額制)」である。
衣食住のすべてで、活用されているのである。
オフィス契約期間の2年間に合わせて。ショールーム開催期間の3ヶ月だけ定期的に決まった商品をお使いのお客様や、毎回異なるセレクト商品をお届けする頒布会に大変便利な機能である。定期的に注文が自動的に作成される為、購入のし忘れ防止や安定した売り上げ確保が期待できるのである。
また、イージーペイメントを利用したクレジットカード支払なら、決済も毎回自動的に行われてお支払いの手間も無くなるのである。(クレジットカード以外の支払い方法にも対応している)など、3ヵ月〜24ヶ月の間で家具を利用する期間を自由に選べる。
家具であれば、7点セットの家具が42万円で契約して、毎月1万4千円で利用できるのである。6万円の背広でも、月5184円で利用できるのである。定期的に新品の背広やネクタイやワイシャツが着られて体格が変わっても対応してくれるのである。
このような時代になれば、レンタルと違って、新品の品物が利用できるのであるから、常に新鮮な気持ちで生活ができるのである。
このような時代になれば、品質工学が考えている商品の故障や寿命などの信頼性問題はどうなるのであろうか。2年間に故障したら新しい商品に交換してもらえるなら、信頼性問題や安全性問題はあまり考える必要がなくなるのではないか。
本当にこのような時代が到来すればモノに対する考え方が変わってくるのではないかと危惧するのである。
皆さんはどのようにお考えになりますか。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6110.失敗するなら早く失敗しろ 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月24日(木) 11時23分
この言葉は誤解を受けるかもしれないが、田口語録の中では名言である。技術者は良い結果が得られるように試行錯誤でもぐらたたきで設計をやろうとするのが常套の手段である。誰も失敗しないように早く結論を出したいのだから失敗などしたくないのである。
田口先生は「技術開発のマネジメント(日本規格協会)」の中で、松下電工の原さんは「パラメータ設計をやるようになったら、今までは6か月かかっていたのが2か月でできるのだから、3つのシステムを選んで、パラメータ設計を同時に行い、その中から一番いいものを選んだほうが一つのシステムだけを選ぶより安心感が大きいのだ」と書かれていた。
設計者は良くしようとしかしないから、なかなか良い設計ができないのである。
技術者は企画で要求品質を満足しているか、試験の抜け漏れがないか試行錯誤でを繰り返して、目標値にチューニングを繰り返してもぐら叩きの開発に陥っていくのが現状ではないだろうか。
品質工学の目的は、R&D の生産性の向上で開発スピードを向上させることであるから、問題を未然 に防止するためには、的確な技術情報を創ることが大切で、その結果、開発期間の短縮やコストダウン ができるのである。



6111.Re: 失敗するなら早く失敗しろ
名前:kazz@管理人    日付:2019年1月27日(日) 22時54分
現役のころ、化学の実験をやっている技術者が3年間実験して最後に熱に弱いことが分かり実験を諦めたことがあり、私がもっと早く分からなかったんのかと聞いたところ、化学の実験は長くかかるのが当たり前だと言っていたので驚いた。
私が指導してパラメータ設計を行ったところ1か月でシステムの悪さが分かったのである。
ノイズに弱い実験では、チューニングで制御因子を考えているため結論が出るまでに時間がかかるのである。

6109.塑性設計と品質工学 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月14日(月) 17時14分
建築物の設計では、構造体のすべての場所で、応力が均一になるように設計することが大切です。壊れるときには部分的ではなく同時に破壊することが大切なのである。
家内がゴルフ場の風呂場で転倒して、左肩を強打して肩の部分で左腕の骨折をして、ステンレス棒を挿入してボルト締めをして固定したが、初期状態と同じ強度になるようにリハビリするように注意している。一部だけ強くすると他の部分で問題が起こるのである。
テーラーブランク工法でも溶接した個所は、母材と同じような強度になるように、溶接条件の最適条件を求めることが必要なのである。
構造体は弾性設計でなく、塑性設計でロバスト設計を行うことが大切なのである。

6108.「機能限界」について考える 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月14日(月) 14時41分
品質工学では設計の予測の限界を「機能限界」ということで定義している。製品を出荷後の機能の限界とは性能がノイズの影響で劣化して耐えられなくなる限界であるから、個人差があるので性能が70%か80%かわからないのである。
機能性の評価では、性能の理想機能からのずれを「SN比」で評価するが、統計的故障率のような特定の性能ではなく、機能性の評価は特定な機能について機能限界を考えるのが異なっていて、故障の原因が明確にできるのである。
機能性評価は、商品の目的機能や技術手段の基本機能だけでなく、目的特性である品質特性(静特性)でも機能限界は考えられるのである。
ところで、使用環境条件で生と死の限界をLD50と考えて、副作用の限界を機能限界と考えているが、SN比との関係が明確でないことが問題である。
明確に答えられる方がおられたら投稿してください。

6103.田口玄一語録の解説の難しさ 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年12月31日(月) 22時53分
関西QE研究会の新春講演で「田口玄一語録の解説をすることの困難さを痛感している。

@品質を改善するときは、品質を測るな。機能性を測れ。

品質工学では、品質とは価値や好みではなく、市場に出たときの損失であるということだが、何故品質特性を測ってはダメなのか説明が必要である。
例えば、インピーダンスやばね定数などの品質特性(スペック)は、特定の電圧(100V)の時測るのだから、100Vで安定していても200Vでどうなるか分からないのである。したがって、広い範囲の電圧で電流を測らなければインピーダンスの安定化は保証できないのである。
ばね定数も同じように、広い範囲の荷重で変位することをフックの法則を使って、動特性で機能性を評価しなければ、材料の安定化は分からないのである。
品質特性は、商品の検査をするときのデータであって、市場品質を評価するときにはまずいのである。
「静特性」で品質評価をするのがまずいのも同じで、入出力の「動特性」で機能性を評価することが大切なのである。



6107.Re: 田口玄一語録の解説の難しさ
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月13日(日) 17時21分
今回、新春講演で研究会の皆さんに解説しようと考えてみたが、頭では一応理解していたつもりでも、分からないことが多すぎて情けない気持ちである。
決めたことであるからやるしかないが、今年は田口哲学の真髄が身体で分かるように努力するしかない。

6106.日本を救うのはイノベーション(技術革新)しかない 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月7日(月) 15時43分
安倍ノミックスの失敗で日本の将来は全く暗い。GAFAはすべてアメリカ初だし、HUAWEIは中国だし、日本初の技術革新が全く存在しない。
品質工学のような評価技術では日本再興は難しいのだ。今朝の読売新聞の1面のトップページは「70歳まで働きますか」には驚いている。政府は高齢者対策に困って定年を65歳から70歳に引き上げようと考えている。
田口先生が「技術開発は失業者を増やす」と言われたが、アメリカは建国時代は100%農民だったが、現在のアメリカは2%の農民で建国当時の生産量の200倍の生産性を改善したのである。マーケットシェアで品質を改善するよりも、マーケットサイズで品種を増やす方が企業の成長は期待できるのだ。
だからといって、品質工学の存在が低下するわけでもないが…。

6104.「生産性」を高めるとは 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月3日(木) 22時42分
最近、自民党の女性議員がLGBTが蔓延ると子供を産まなくなるから、生産性が悪くなるという発言をして問題となっているが、生産性とは何か理解していないのである。
品質工学では、生産性を高めるためには、品質(Q)コスト(C)開発期間(D)を「一石三鳥」で改善することで、生産性を高めることができるのである。
まず、品質を改善するためには、技術開発段階で機能性評価でロバストネスの研究を行い、市場品質の改善を行い、技術開発の成果を使って商品開発を行うことである。
コスト改善を行うためには、品質改善の成果をコスト改善に還元することである。
開発期間の短縮では、品質を改善するためには、品質を測ることを止めて、機能の安定性を図ることで、大幅に開発スピードを大幅に改善することで開発期間の短縮が可能になりコスト改善にも役立つのである。
生産性を高めることと、LGBTとは直接関係がないのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp



6105.Re: 「生産性」を高めるとは
名前:KAZZ@管理人    日付:2019年1月5日(土) 11時51分
生産性には、労働生産性(付加価値を社員の平均人数で割った値)や「物的労働生産性(生産量を労働量で割った値)で表されるが、いずれも、アウトプットとインプットの割合で考えられる。品質工学的に言えば、機能性の評価に相当する。
品質工学では、入出力の機能がノイズの影響に強くすることで、生産性の向上を図ることが大切だと考えている。
企業が成長するためには、マーケットサイズとマーケットシェアの両面が必要であるが、前者はイノベーションにによる「品種」をふやすことで、後者は機能性評価で「品質」を高めることが大切である。

6102.利他の心と品質工学 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年12月18日(火) 12時23分
先日、京セラの稲森会長が高齢のため「稲森塾」を閉じるという報道があった。彼は「利他の心」で有名であるが、最近の米大統領や世界の政治家の多くが「利己の心」を主張していることが残念で仕方がない。
「顧客満足(CS)」は利他の心であるが、品質管理でも唱えているのと、品質工学で主張しているのとは大きな違いがある。世の中では、規格があって、その中であれば合格と考えて良品としているが、規格内の品質は問題にしないのである。大学入試でも決められた人数で合否の判断をしているが、合格者の能力の評価ではないのである。
合格品や合格者の能力を正しく評価しているのが品質工学における「機能性評価」なのである。
ほんまもんの商品の品質や人間の評価をすることが大切なのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6101.ドラマ「下町ロケット」にモノ申す 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年12月14日(金) 11時4分
下町ロケットは最近話題のドラマであるが、内容は従来型の開発のやり方で問題が多いのである。これが現実の世界だから仕方がないが、いつまでたっても、品質工学が普及しないことがよく分かる。問題は性能重視で耐久テストで信頼性の評価を行っているのである。
問題は二つあって、一つは科学的研究で「レスポンの研究」を行って性能を追究していることである。性能追求が悪いのではない。大切なことは市場に出たときノイズに強い性能であることで性能のばらつきが小さくなるようなロバスト設計が大切なのである。もう一つは耐久テストで信頼性を評価しているが寿命を評価するのは時間をかけるのではなく、短時間でノイズをかけて機能性評価を行い信頼性を評価することが大切なのである。
田口先生が、ベル研で16種類のテストをしたところ、17個目のテストでダメになるかもしれませんよ。と言われたことを思い出している。
その理由は、テストに合格しても合格品の品質レベルは評価できないのである。市場のノイズを考えて合格品の中の品質について機能性評価でロバスト設計を行うことが大切なのである。
品質を評価するときの「不良率や故障率」の評価は検査や管理の目的評価であって、市場のノイズに対する理想機能からのずれが分からないのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6100.イノベーションにおける品質工学の役割 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年12月9日(日) 10時26分
イノベーションは新しい技術結合と言われているが、発想を広げると新しいシステムの創造と考えることができる。ソニーのウォークマンに代表されるように、既存の商品であるヴィデオやレコードなどを持ち運べるように小型化できないかという発想で生まれたものであるが、後にアップルが目的は同じだが、機能を増やして電子化で小型化してしまったことはイノベーションの代表的な例である。古くはタイガー計算機が電卓に置き換えられたのも同じである。
イノベーションは科学的発明の進化で起こるものとマーケットの顧客の要求から生まれるものが考えられるが、最近では機械的メカニズムの商品から電子化によって進化することが一般的な傾向である。
品質工学の役割は、技術戦略では、技術責任者は、最初のテーマの選択において市場ニーズや技術的進歩を予測して、イノベーションのテーマを考えて社内のコンセンサスを得てから、システム選択では、技術者は新しいシステムを創造して、機能性評価やロバスト設計でシステムの最適化を行うことが大切である。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6097.給湯器の機能性評価 返信  引用 
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年11月11日(日) 12時54分
10月の研究会でN社の給湯器の燃焼問題の品質改善の事例発表があったが、評価は望目特性で行われていたが、機能性評価は下記の動特性で行うことが大切である。

昨日の燃焼問題の機能性評価は間違っていましたので下記のように考えます。
指数関数は間違っていませんが、燃焼温度を起電力で計測しているとして、定常状態の
電圧をV0とすると起電力V=V0(1-e^-t/τ)となりますから
1-V/V0=e^(-t/τ) τは時定数
対数変換すると
Ln(1-V/V0)=-t/τとなりますから
y=ln(1-V/V0) ‐1/τ=β t=M とおくと
y=βM が理想機能となります。
SN比 η=10log(Sβ/SN)でロバストネスは評価する。
定常状態V0 への調整は感度βで制御因子で行う。

http://kaz7227.art.coocan.jp



6099.Re: 給湯器の機能性評価
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年12月5日(水) 13時48分
機能性評価は二つ考えられるが、一つは上記のようにサーミスタの起電力で評価するであるが、二つ目は酸素量とガスの燃焼状態の過渡特性で、動的機能窓拡大法を使って、酸素の目的量の拡大と二酸化炭素ガスの減少を考えた機能性評価を行うことである。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb