[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



6069.損失関数が経営者に理解されない理由 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/7/16(月) 16:9
損失関数には比例定数の中に機能限界Δ0を超えたときの損失としてA0(円)という金額が関係している。
すなわち、製品の規格は Δ=root(A/A0)×Δ0 で表される。A0は機能しなくなった時の修理費用や廃棄費用と考えればよいのであるが・・・

この考え方は従来の品質管理では考えていなかった考え方である。
従来の品質は、目先で決められた規格値に対する合否の判断であるから、市場に出てからの問題ではなく、製造上の出来栄えの評価であるから、経営者も納得しているのである。これに対して品質工学では、理想機能を考えて目標値からのずれで品質を考えて、将来問題が起こるであろう機能限界(LD50)を超えた市場品質の損失をA0と考えて金額評価を考えたのである。

ところが、経営者の立場で考えたら、社長在任中に発生する損失金額には興味を示すが、いつ発生するか分からない機能限界(Δ0)の損失(A0)など関心が低いのである。原発問題でもそうであるが、廃棄費用のような将来発生する損失金額には関心はあっても、自分の在任中は関係ないと考えて、目をつぶっているのである。
SN比の場合には理想機能からのずれであるが、理想機能は具体的に定義できるし、SN比は絶対値でなく相対値であるから、一応理解したふりをして納得して使っているのである。
損失関数だってSN比の逆数に比例するのだから、絶対値でなく相対値と考えて評価すればよいのである。ただA0の値が具体的に明確でないから、社会的損失を考える場合、品質に対する投資コスト(C)と損失コスト(Q)のバランスを考える場合、将来発生する社会的損失コスト(L=C+Q)を考える場合、経営者は目をつぶってしまうのである。
したがって、技術者が提案してもマネジメントの問題で拒絶されてしまうのである。

しかし、安全設計の場合には、目先の問題であるから、事故が起きた最悪の場合を想定して、安全設計で考えた安全装置などの修理費用をA0と考えれば、経営者にも理解されるはずである。

http://kazz7227.art.coocan.jp

6068.民間ロケット打ち上げの失敗 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/7/3(火) 10:5
文部科学省・経済産業省へ投稿

民間ロケットの打ち上げ失敗の件ですが、何故打ち上げに失敗したのか、結論から言えば彼らは科学者であって、技術者でなかったのです。
ほんまもんの技術者であれば、ロケット全体の基本機能で機能性評価を行うか、サブシステムのエンジンや燃焼システムの機能性評価でロバスト性を評価するのですが、ロケットを作って単なる試験で確認した程度であれば問題が起きるのです。

科学的思考は分析などで自然現象を解明することですが、ロケットや自動車や新幹線など自然にない人工物は技術的思考が必要になるのです。
2000年頃JAXAのロケットが打ち上げに失敗していた頃、失敗の原因は海底から回収したロケットを調べた結果「極低温下で設計の限界を超えたキャビテーションと振動による疲労破壊である(想定外の事故)」と新聞発表されたとき、私が国民の税金を1200億円も使っていることが問題であるとメールで指摘したところ、JAXAの信頼性執行役とプロジェクトマネージャーが私が所属する関西品質工学研究会へご意見拝聴で尋ねてこられた。
ものずくりにおける「試験と評価の違い」を説明したところ品質工学を勉強されて、ワーキンググループを組織して3つのテーマ(難削材の加工技術とMTシステムを活用した航路修正技術や故障技術)を実施して、その後のロケット打ち上げに成功した実績があるのです。

日本の教育は、科学と技術は別物であることを教えていないのです。1+2=3であると理論的な教育を小学校から行っていますが、世の中に製品を出荷すると使用環境条件や劣化のノイズの影響で、1+2=3にはならない教育を行っていないのです。
モノづくりの世界では市場トラブルが絶えないのです。(JRや自動車やデータ改竄など)技術者教育では技術開発でモノを作る前に、評価技術(ノイズに強くなるための機能性評価やロバスト設計)を確立してロケットや自動車などの人工物の信頼性を高めることが大切なのです。
モノを作ってから原因を追究する問題解決型では、トラブルは「未然防止」できないのです。
日本の教育では、科学的教育と同時に技術的教育を並行して行うことが大切なのです。

http://kaz7227.art.coocan.jp

6067.第26回品質工学研究発表大会の感想 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/6/30(土) 6:9
私は2年ぶりの参加であったが、大変勉強になった。
特に感動した事例を紹介する。
論文発表で銀賞・ASI賞のダブル受賞に輝いた安川電機の「リフロー半田の機能性評価」の事例である。
従来から半田付けの評価は電流と電圧の比例関係を4端子法の電気特性で評価するのが推奨されていたが、評価が難しいということで、せん断の荷重曲線の機械特性で評価することを考えたのである。
この評価の方向こそ田口哲学の真髄を正しく理解されたテーマではないかと考えている。
授賞の時、ASIの田口伸社長から「ライト兄弟が何故飛行機の発明に成功したのか」の話があったが、モノを作る前に、風洞実験の評価技術を持っていたからだという話をされたが、これこそ、タグチメソッドで「モノを作る前に、品質を創る」ことの大切さを述べられていたのである。

個々のテーマについては別に行うが、驚いたことは田口先生がおられたら「それは間違いです」と言われるようなテーマがたくさんあったので紹介する。

@バーチャルパラメータ設計(VPD)の問題点
大会でも発表事例があったが、評価について問題があることを指摘したい。
バーチャル思考は新しいシステムを考えるときには必要なことであるが、テーマに対して技術的知識がないものが集まって議論しても無駄なことであるし、目的が明確でないテーマに対して機能性評価をすることもできないのである。
特性値は計数値で制御因子とノイズの交互作用のSN比で評価しているが、加法性など全く期待できないのである。望小特性のSN比などパラメータ設計では全く意味がないのである。
しかも、実際の実験やCAEのSN比と比較しているが、モノを作らないので短時間に最適条件を求めることができると言っているが、加法性や再現性のない特性のSN比で評価することの意味が理解できない。
バーチャル設計では機能性設計ではなく、機能設計で機能や性能の評価だけであればよいのでSN比などのばらつき評価は必要ないのである。

SN比の加法性(交互作用はない)はゼロ点比例の動特性でないと意味がないと田口先生は述べられていた。
品質特性のSN比は、動特性の機能性の評価の後で、目的である値(y=0,y=m,y=∞)にチューニングすればよいので、2段階設計は必要ない。安定性より調整性の問題である。
エネルギー変化のSN比ではないのであるから、1個の制御因子で目標値にチューニングすればよいのである。
安定性は技術開発で動特性の機能性評価で行ってから、商品設計では目標値に調整すればよいのである。

電気特性の場合、抵抗の評価はオームの法則で機能性評価してから、抵抗やコンデンサーやリアクタンスの目標値に調整すればよいのである。
ゼロ点比例を考えない、品質特性の望目特性のSN比評価など意味がないとまで言われていた。

6066.原さんは技術者(屋)だからダメだ・・・ 返信  引用 
名前:kazz@管理人    日付:2018/6/29(金) 13:58
この言葉は田口玄一先生に、度々注意されたお言葉である。
例えばMT問題で企業の「利益率推定の大小の比較」をする問題で、私が「松下電器とミノルタの差があるのは商品の品種が違うのだら、利益率が異なるのは当然ではないか」と言ったとき、田口先生から指摘された言葉である。
そのほか、品質を評価する問題で、評価方法を考えて品質を創る前に、制御因子を使ってモノを作ることを優先するのが普通であった。
「モノを作る前に、評価法を考えて品質を創ることが大切なのだ」
松下やミノルタも制御因子であって、どちらが「利益率」が高いかを考える場合、モノの品種の違いは関係ないのである。
パラメータ設計では、目的を明確にして、評価方法を考えることが大切で、計測技術の問題で機能性評価を優先することが大切である。

田口伸さんが、「ライト兄弟が飛行機を発明できたのは、風洞実験を優先したからだ」と言われたが、評価技術を考えることが大切なのである。
機能性評価では、理想機能を明確に定義して機能性の評価技術を確立することが大切で、モノを作ってから試験や検査で品質を評価してはならないのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp

ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb