[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
揆奮館流武術の掲示板
この掲示板は2003年(平成15年)2月7日の初回投稿から2021年で18年間継続しています。六尺棒術を主体とした稽古をしている総合武道塾『揆奮館(きふんかん)』の掲示板です。 武道・武術のことなら何でも書き込みOKです。 また、その他の話題でも構いませんので、武道・武術の修錬者や武道・武術に関心のある方等の交流の場としてもお使いください。   ※入力項目は、名前欄(本名でなく、ハンドルネーム・ニックネーム・イニシャル等で可)と、題名欄と、内容欄の3箇所だけでOKです。 なお、投稿KEYも入力しておくと、投稿後にページ下の投稿KEY欄へ入力して編集や削除をすることもできます。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


※画像をクリックすると、別画面で拡大画像が表示されます。 拡大画像にプラス表示がある場合は、クリックすると更に画像が拡大表示されます。 添付欄への画像等の投稿は合計500KBまで可能です。



2343.沖縄拳法水俣稽古会(111回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年8月2日(木) 5時57分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算111回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチとセイサンの立ち方・移動・型、六尺棒を使用したセイサン立ち移動、鍛え、投げなどを稽古しました。
熱中症になりそうな暑さなのでフロア用大型扇風機を回しながら稽古しましたが、かなり、気力・体力の低下が感じられました。
しかし、そのような中でも気づきがいろいろあったので、楽しく稽古できました。

2342.桜空会での稽古(41回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月26日(木) 23時31分
今夜は18時半過ぎから19時半過ぎまで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古(通算41回目、再開7回目)に参加しました。
メニューは、柔軟体操、その場での突きと前蹴り・回し蹴り、移動しながらの順突き・逆突きと前蹴り・回し蹴り、型(自分はピンアン初段、小6のO君はクーシャンクーを稽古)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
熱中症になりそうな暑さでしたが、O君と二人きりだったので、稽古は短時間で終わらせました。

2341.沖縄拳法水俣稽古会(110回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月26日(木) 23時23分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算110回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチとセイサンの立ち方・移動・型、突き・鍛えなどを稽古しました。
熱中症になりそうな暑さなのでフロア用大型扇風機を回しながら稽古しました。
各地で熱中症による事故も多発しているようなので熱中症には十分気をつけたいと思います。

2340.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年7月21日(土) 12時7分
今日は、出水市総合武道館2Fで午前9時から11時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、自分一人だけでしたので、一人稽古でした。
今日の午後に出席した方がよいと思われる会議があることが、昨日、市の研修会に出席した時にわかったので、今日の午後実施予定だった定例稽古を急遽午前中に変更したからかもしれません。
今日も、館内の気温は30℃を超えていたと思いますが、熱中症にならないように、休み休み、空手、沖縄拳法、棒術の型、居合を稽古しました。
帰りに来週の武道館の利用計画表を確認したところ、28日(土)は、「ちびっこ相撲大会」、29日(日)は、「夏祭りいずみ鶴翔祭」で、武道館は終日貸し切りのため使用できないとのことでしたので、定例稽古は中止とします。

2339.桜空会での稽古(40回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月20日(金) 16時5分
昨日は18時半過ぎから20時前まで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古(通算40回目、再開6回目)に参加しました。
メニューは、柔軟体操、その場での突きと前蹴り・回し蹴り、移動しながらの順突き・逆突きと前蹴り・回し蹴り、型(自分は小学校1年生と二人でピンアン初段、他の3人はクーシャンクーを稽古)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
S師範は欠席で、代わりの指導員が今回は小学1年生の型も一緒にやりながら指導してくれたので、10回くらいは型の稽古ができました。
館内はやはり熱中症になりそうな暑さだったので水分補給をしたりして稽古しました。
このところ武道館での稽古は汗びっしょりになるので稽古後帰宅するとすぐにシャワーを浴びます。

2338.沖縄拳法水俣稽古会(109回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月20日(金) 13時51分
一昨日、18日の夜、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算109回目に参加しました。
計4名の参加で、うち3名が15日(日)に鹿児島県武道館で開催されたCACC&沖拳ミット講習会に参加したのでその稽古内容のシェアの稽古が主でした。
稽古内容はいろいろと気づきがあり面白いものでした。
館内は暑さが厳しいので熱中症にならないように注意して稽古しました。

2337.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年7月15日(日) 23時54分
Original Size: 640 x 480, 149KB Original Size: 640 x 480, 151KB Original Size: 640 x 480, 148KB

今日は、出水市総合武道館2Fで午後2時から4時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、自分とNさんの計2名でした。
館内は熱中症になりそうな暑さで噴き出す汗が止まりませんでしたが、月1回は実施することにしている試斬の準備をして、居合の居合剣法と基礎居合を稽古してから、試斬をしました。
暑いのでスローペースで水分補給等の休憩を取りながら試斬を行いました。
試斬の後片付けをした後、終わりに、棒術の分解形5本、型、約束組棒1本目から6本目までやって稽古を終了しました。
本日の稽古は猛暑も「心頭滅却すれば火もまた涼し」で乗り切る境地でした。


2336.桜空会での稽古(39回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月13日(金) 13時10分
昨日は18時半過ぎから20時前まで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古(通算39回目、再開5回目)に参加しました。
メニューは、途中参加だったようで、柔軟体操はなく、その場での正拳突きと前蹴り・回し蹴り、移動しながらの順突き・逆突きと前蹴り・回し蹴り、型(自分は小学校1年生と二人でピンアン初段、他の5人はクーシャンクーを稽古)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
小学校1年のK君はじっとしていることはなく、ずっとまとわりついて遊んでいたので、実質、型の練習はほとんどできませんでしたが、まあ、しょうがないといったところです。
S師範は会議で欠席とのことで、Y指導員が指導しました。
気温も湿度も高く、道着は汗びっしょりの状態でした。

2335.沖縄拳法水俣稽古会(108回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月12日(木) 9時58分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算108回目に参加しました。
計5名の参加で、ナイハンチ、セイサン、突き、鍛えなどを稽古しました。
今回から上は沖拳Tシャツを着て稽古しましたが、蒸暑く沖拳タオルで噴き出す汗を拭きながらの稽古でした。
沖拳も稽古が終わると体重が一時的に2〜3kg減っています。
自分ではわからないのですが、試しに突かせてもらっている相手の人のリアクションをみると、以前より突きの威力が増しているようです。

2334.杖道伝達講習会  
名前:出水の棍    日付:2018年7月8日(日) 23時52分
Original Size: 640 x 360, 146KB Original Size: 640 x 360, 158KB Original Size: 467 x 640, 145KB

今日は、午前9時半から12時半頃まで、鹿児島県総合体育センター武道館3F剣道場で鹿児島県剣道連盟の杖道伝達講習会が開催されたので参加しました。
6月2日と3日に全日本剣道連盟主催の平成30年度(第27回)杖道伝達講習会が千葉県勝浦市で開催され、鹿児島県連盟からも1名参加したので、その受講内容の伝達講習会でした。
今回は、どちらかというと杖より礼法や太刀の操法が主体の講習会でした。
写真は講習会の様子と、県武道館に貼ってあった、鹿児島県古武道大会(7月29日13時から、かごしま県民交流センターで開催)のポスターです。


2333.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年7月8日(日) 0時54分
昨日は、出水市総合武道館2Fで午前9時から11時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、自分とOKさん、NSさん、NGさんの計4名でした。
杖道を一人稽古して、あと、棒術の基本20本の単独稽古と相対稽古・分解形5本・型と居合を稽古しました。
噴き出す汗を拭きながらの稽古でした。
来週は月1の試斬も行いたいと思います。

2332.桜空会での稽古(38回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年7月6日(金) 20時50分
昨日は18時半頃から20時頃まで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古(通算38回目、再開4回目)に参加しました。
メニューは、柔軟体操をやって、その場での正拳突きと前蹴り・回し蹴り、移動しながらの順突き・逆突きと前蹴り・回し蹴り、型(自分は小学校1年生と二人でピンアン初段、他の4人はクーシャンクーを稽古)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
全力での蹴りの移動稽古が特に体力を消耗します。
汗だくになり、稽古後は2〜3kg体重が稽古前より減っています。
ただ後で水分補給をすると、すぐ元に戻ります。
型の稽古で、小学1年生はすぐに集中力が切れて遊び始めるので、遊び相手というか、子守りというか、その相手をするのが結構大変ですが、今のところ、それなりに稽古を楽しんでいます。

2331.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年6月30日(土) 23時15分
今日は、出水市総合武道館2Fで午前9時から11時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、計4名でした。
空手と沖縄拳法の型を一人稽古して、あと、棒術の基本20本・分解形5本・型・約束組棒1本目から5本目までと居合を稽古しました。
暑くで噴き出す汗を拭きながらの稽古でした。
明日から7月ですが、早いもので今年も半分が過ぎました。
7月8日は、東京で第2回全日本琉球古武道選手権大会が開催されますが、この大会の前身の全日本琉球古武道オープン選手権大会には、2003年の第2回大会から2016年の第15回大会まで毎回出場してきたのに、去年からたまたま出水市のクリーン作戦と同日に開催されるこの大会に出場できなくなりました。
クリーン作戦の方に必ず参加しなければならない立場になってしまったからですが、頑張ってまたいつかこの全日本大会に出場したいと思っています。

第2回全日本琉球古武道選手権大会
http://www.jrkf.or.jp/taikai1.html

2330.桜空会での稽古(37回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月28日(木) 23時16分
今夜は18時半頃から20時頃まで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古(通算37回目、再開3回目)に参加しました。
メニューは、柔軟体操をやって、その場の突きと蹴り、移動しながらの突きと蹴り、型(自分は先週と同じく小学校1年生と二人でピンアン初段を稽古しましたが、他の二人はクーシャンクーを稽古しました。)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
熱中症になりそうな暑さだったので、休憩時は水分補給をしました。
稽古後には2、3kg体重が減るのでかなり汗をかくようですが、帰宅して、すぐシャワーを浴びて汗を流すと、心身ともに爽快です。

2329.沖縄拳法水俣稽古会(107回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月28日(木) 12時22分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算107回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチ、セイサン、捕手、突きなどを稽古しました。
蒸暑く沖拳タオルで噴き出す汗を拭きながらの稽古でした。
前もって『最先端競技空手で奔流となる沖縄拳法』というDVDを見て実践してみようとしたのですが、悲しいかなほとんどうろ覚えで再現できませんでした。
やはり映像を再生しながらやらないと正確な再現は難しいようです。

2328.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年6月25日(月) 15時21分
Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 161KB

昨日は、出水市総合武道館2Fで午前9時から11時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、計4名でした。
棒術は、4名で二人一組の組棒が二組できるので相手を交代しながら、組棒形式の基本20本と約束組棒10本を稽古しました。
あと分解形5本と型を稽古しました。
終わりに、居合剣法と基礎居合を15分ほどやって稽古を終了しました。
NSさんが入会したので、新しい名簿と、まだ渡してないDVDがある人にはDVDも渡しました。
定例稽古になかなか足を運ぶのが難しい方は、DVDでイメージトレーニング等、自主トレーニングをしていただければと思います。
写真は例年花を咲かせている武道館中庭のピンク色のアジサイですが、もう花の時期が終わろうとしています。
もう直に梅雨明けしそうな感じですが、稽古環境としてはもっと厳しくなる暑い夏の季節がやってきます。
体調を崩さないよう健康に留意して、稽古を頑張りたいと思います。


2327.桜空会での稽古(36回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月21日(木) 22時30分
今夜は18時半頃から20時頃まで出水市総合武道館1Fで和道流桜空会の空手の稽古に参加しました。
メニューは、柔軟体操をやって、突き(その場)、蹴り(その場)、型(自分は先週と同じく小学校1年生と二人でピンアン初段を稽古しましたが、高校生二人はクーシャンクーを稽古しました。)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古をしました。
これで5年半ぶりに再開した和道流桜空会の稽古の2週目も参加できました。
何とかこれから毎週の稽古を習慣化したいと思います。
師範のSさんに頼んでいた全空連会員登録の継続手続きが終わりメンバーズカードが届いていたのを受け取りました。
これで2024年3月末まではまた全空連の会員ということになりました。

2326.本赤樫、白樫、赤樫(=イチイ樫)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月19日(火) 0時10分
赤樫製は、なぜ少ないのかと思って、ネット検索をしてみたら、どうやら自分が赤樫製だと思っていたのはイチイ樫製だったらしい。
(以下の記事が、そのページの抜粋)
棒を買う時、赤樫、白樫が一般的だが、この赤樫というのが曲者(くせもの)で、赤樫と表記されていても実は本当の赤樫では無くてイチイ樫製である。(本当の赤樫の場合は本赤樫と表記される)

基本素材として白樫より値段の安い赤樫(本赤樫)なんてありえないわけで、もし、一方は白樫製・今一つは赤樫製と書かれた商品が並んで置いてあったとして、赤樫と書かれているにもかかわらず白樫より安い値だとしたらそれはイチイ樫だ。

「赤樫は白樫より硬くて重い。ただし硬い分折れる場合があるので打ち合い(主に稽古の事を指している)には向かない」と言ったことを耳にするが、これはあくまで「(白樫より硬くて重い)本赤樫」の事を言っているのであって、一般的に流通している「赤樫と表記されてはいるが実は「イチイ樫」の商品の事では無い。(但し折れやすさという点から言えばやはり粘りの強い白樫より一位樫の方が折れやすい感覚は在る。)

前にも書いたけど、本赤樫は柞(イス、スヌケ)同様に高級素材であって、木刀程度の長さのものまではあるが、六尺の長さのものは一般にまず見かけることは出来ない。巷にある「赤樫の六尺棒」(と銘打って売られているモノ)は基本「イチイ樫製」だと思ってほぼ間違いない。※1

本赤樫、白樫、赤樫(=イチイ樫)の素材としての違いは概ね
重さ:本赤樫>白樫>イチイ樫
硬さ:本赤樫>白樫>イチイ樫
粘り:白樫>赤樫≒イチイ樫
価格:本赤樫>>>白樫>イチイ樫
といった感じ。(木材なので生産地・採取部位、乾燥・加工による個々の違いは当然あります)
棒を買う時、赤樫、白樫が一般的だが、この赤樫というのが曲者(くせもの)で、赤樫と表記されていても実は本当の赤樫では無くてイチイ樫製である。(本当の赤樫の場合は本赤樫と表記される)

基本素材として白樫より値段の安い赤樫(本赤樫)なんてありえないわけで、もし、一方は白樫製・今一つは赤樫製と書かれた商品が並んで置いてあったとして、赤樫と書かれているにもかかわらず白樫より安い値だとしたらそれはイチイ樫だ。

「赤樫は白樫より硬くて重い。ただし硬い分折れる場合があるので打ち合い(主に稽古の事を指している)には向かない」と言ったことを耳にするが、これはあくまで「(白樫より硬くて重い)本赤樫」の事を言っているのであって、一般的に流通している「赤樫と表記されてはいるが実は「イチイ樫」の商品の事では無い。(但し折れやすさという点から言えばやはり粘りの強い白樫より一位樫の方が折れやすい感覚は在る。)

前にも書いたけど、本赤樫は柞(イス、スヌケ)同様に高級素材であって、木刀程度の長さのものまではあるが、六尺の長さのものは一般にまず見かけることは出来ない。巷にある「赤樫の六尺棒」(と銘打って売られているモノ)は基本「イチイ樫製」だと思ってほぼ間違いない。※1

本赤樫、白樫、赤樫(=イチイ樫)の素材としての違いは概ね
重さ:本赤樫>白樫>イチイ樫
硬さ:本赤樫>白樫>イチイ樫
粘り:白樫>赤樫≒イチイ樫
価格:本赤樫>>>白樫>イチイ樫
といった感じ。(木材なので生産地・採取部位、乾燥・加工による個々の違いは当然あります)
といった感じ。(木材なので生産地・採取部位、乾燥・加工による個々の違いは当然あります)

と言っても私は本赤樫の棒なぞ触ったこともないので本赤樫については受け売りですが……

ちなみに白樫とイチイ樫の違いは、振れば結構解る。

白樫の方が粘り、しなりというか、ブレがあって、柔らかいんだけど、全体に重みを感じ、くるくる振り回しにくい。うまいこと動かしてやれば棒が勝手に動いてくれる快感があるのだが、下手こくと収集がつかないというか、棒に振り回されてしまう。一方イチイは思ったとおりにダイレクトに動く感覚。
アルミフレームの自転車と鉄の自転車の違いみたいなもんではないかと。言うまでもないが、アルミフレーム=イチイ樫、鉄=白樫というイメージってこと。

木刀の素材による違いはかなり振り込まないと分からないかもしれないが、長さのせいもあるのだろう、六尺棒の違いは案外わかりやすい。だから長い獲物程、素材選びは大事だと思う。

じゃぁ白樫とイチイとどちらが良いのか?と言われてしまうと、これはもう、好みの問題。自分で振って決めて頂くしかない。私個人的には極めの際手元に伝わる振動や、うまく出来た時の「棒が自ずから動いてくれる」感じがわかりやすい白樫をお勧めするけど、イチイから入った人からすると重さと粘り(一瞬遅れて棒が出ていく感じ)が気になるかもしれない(慣れるとこれが気持ち良いのだけど)。
それと、切り返し技、例えば正面打ちからの上げ打ち、更に返し打ちといった連続技等をするときは圧倒的にイチイ樫の方が素早く極まる。練習用には白樫、審査用にはイチイ樫にするとか良さげな気がするんである。(そう、だから審査用に軽めのイチイが欲しいのだ)

あと、赤樫と言うけど本當はそんなに赤くないのだそうだ。ちょっと褐色寄りというだけでパッと見素人には見分けがつきにくいらしい。実は蒸気を当てて「赤みを増させる」工程を経ているそうな。

ちなみに、樫のことを英語で「オーク(Oak)」と言いますが、これも誤まりだそうだ。西洋で通常言うところの「オーク」は日本で言う「楢(なら)」の事であって、木の種類が違う(楢は落葉樹、樫は常葉樹)との由。

木材ってめんどくさすぎだと思う。

参考リンク:
樫材(主に本赤樫とイチイの違いについて) ※1
木材全般
http://www.geocities.jp/kinomemocho/zatu_kashi.html

2325.赤樫⇒白樫  
名前:出水の棍    日付:2018年6月18日(月) 23時44分
Nさんが六尺丸棒をネットで一万円くらいで購入したと言われたので、高いなと思ってネットを見てみたら言われた販売店のものは赤樫製ではなく白樫製でした。
なんか一見して新品の赤樫製に見えたのですが、どおりで高価だと思いました。
他の販売店では、白樫製の六尺丸棒で7千円台のものもありましたが、赤樫製の六尺丸棒はないようでした。
中太先細の琉球古武道用はありましたが、赤樫製のものは今は少ないのかもしれません。
杖道で使う杖は、赤樫製は折れやすいということで白樫製を指定しているので、六尺棒も白樫製のほうがいいとは思いますが、自分が以前まとめて六尺丸棒を購入した時は白樫製はなくて赤樫製だけだったようにと思います。
素材の赤樫自体が少なくなっているのかもしれません。

2324.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年6月17日(日) 18時30分
今日は、出水市総合武道館2Fで午後2時から4時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、自分とOさん、Nさんの3名でした。
Nさんは、5月26日と6月2日の2回体験入門の稽古をされた方ですが、本日入会されました。
今日は、購入された赤樫の六尺棒を棒袋に入れて持ってこられたので、ヤル気十分に感じられました。
まず、棒術の基本20本の稽古を行い、あと久しぶりに試斬を行いました。
武道館での試斬は4月29日以来、試斬としては麓武家屋敷演武の5月3日以来でした。
折角なのでNさんも試斬を初体験してもらいました。
試斬が終わると棒術の分解形5本と型を稽古しました。
Oさんにはイメージトレーニング用に稽古のDVDをお渡ししましたので活用していただければと思います。

2323.桜空会での稽古(35回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月14日(木) 22時46分
今夜は久しぶりに、オリンピック種目になった全空連スタイルの空手を稽古したいと思い、出水市総合武道館での和道流桜空会の空手の稽古に参加しました。
前回の参加の記録はこの掲示板に投稿しているはずなので、ずっと過去ログを遡っていったら、5年半ほど前に前回の稽古記録を次の通り投稿していました。
**********
1708.桜空会での稽古、34回目
名前:出水の棍 日付:2012年12月5日(水) 23時18分
今夜は、三週間ぶりに、出水市総合武道館での和道流桜空会の通算34回目の空手稽古に行きました。
準備運動や基本の稽古までは子供たちと一緒にやりましたが、あとは子供たちの稽古の様子を『我以外皆師』の気持ちで見ていました。
**********
なんと5年半ぶりに和道流空手の稽古に参加したわけですが、柔軟体操をやって、突き(その場と移動)、蹴り(その場と移動)、型(自分は入門したばかりの小学校1年生と二人で平安初段を稽古しましたが、中学生はクーシャンクーを稽古していました。)、組手(ミット打ち蹴り)の稽古などをして、メニューは昔とほぼ同じでした。
午後6時半過ぎから8時頃まで1F柔道場で稽古したのですが、何とかついていくことができました。
水曜と木曜の夜にやっているので、沖拳と重ならない木曜の稽古には頑張れば参加できそうです。

2322.沖縄拳法水俣稽古会(106回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月14日(木) 9時47分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算106回目に参加しました。
計3名の参加で、ナイハンチ、セイサン、約束組手、捕手などを稽古しました。
捕手は初めてのものも教えてもらったので、新たな気づきがありました。
新しい気づきがあると稽古が楽しく感じます。
水俣市武道館に行く前に、出水市総合武道館に立ち寄り6月17日にイベントが入ってないか確認したのですが、なにも入ってなかったので、17日の揆奮館流武術修錬会定例稽古では試斬を行います。

2321.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年6月10日(日) 0時59分
昨日は、出水市総合武道館2Fで午前9時から11時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、2名でした。
棒術は、組棒スタイルでの基本20本、分解形5本、型、約束組棒10本の稽古を行いました。
居合は、居合剣法と基礎居合を稽古しました。
館内の気温は30℃を超えていたようですが、噴き出す汗を拭きながらの稽古でした。
次回の稽古では、試斬も行ってみようかと思います。

2320.沖縄拳法水俣稽古会(105回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年6月7日(木) 17時42分
昨夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算105回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチ立ち移動、セイサン立ち移動、鍛え、受け、突き、約束組手などを稽古しました。
蒸暑くなってきたので、けっこう汗も流すようになりました。
上着を道着から沖拳Tシャツにそろそろ変えようかなと思います。

2319.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年6月3日(日) 12時57分
昨日は、出水市総合武道館2Fで午後3時から5時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は、前回体験参加された方が今回も体験参加されて、計4名でした。
棒術は体験の方に合わせて、基本20本、分解形5本、型の稽古を行いました。
居合は体験の方が先に帰られたので、3人で居合剣法と基礎居合を稽古しました。
午前中に小原山市民の森で開催された環境省出水自然保護官事務所主催のバードウォッチングに参加して、約4km歩き、汗をかいたせいか、稽古中くしゃみ鼻水が止まらず困りました。

2318.沖縄拳法水俣稽古会(104回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年5月30日(水) 23時47分
今夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算104回目に参加しました。
計5名の参加で、鍛え、捕手などを稽古しました。
いろいろと忘れていたことを思いだしながらの復習という感じの稽古でした。

2317.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年5月27日(日) 7時42分
昨日は、出水市総合武道館1Fで午後3時頃から5時前まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
2Fは剣道が専用で使っているようだったので、1Fで稽古をしました。
他に会員参加はなく、一人稽古になるかと思ったのですが、親子で見学に来られた方がおられたので、稽古内容等のお話をして、棒術の基本20本・型等を見学・体験してもらいました。
次回、もう一度、体験参加をしたいとのことでしたが、親子で入会していただけたらと思います。
体験の方が帰られたあとは、沖縄拳法・空手・居合を一人稽古しました。
5月の定例稽古はこれで終わり、次回からは6月梅雨時期の稽古に入ります。
不快指数が高くなり、稽古には不向きの時期になりますが、稽古から遠ざかってしまうとヤル気がなくなるというか稽古をしないことに慣れてしまうので、再開が難しくなります。
稽古は継続することに意味があり、やらされる稽古から自発的にやる稽古を継続するような段階になれば、自ずとそれぞれの目的が達成されるものと思います。
揆奮館流武術修錬会は人生の一時期だけ武道・武術の修行・稽古をするのではなく、生涯武道・武術の実践を目的の一つとしています。
無理はせず、毎回、稽古で得られる「気づき」を楽しみながら、マイペースで、かつ、コツコツと稽古を続けていきたいと思います。

2316.沖縄拳法水俣稽古会(103回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年5月24日(木) 10時54分
昨日は、水俣市武道館1Fで20時過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算103回目に参加しました。
計4名の参加で、鍛えなどを稽古しました。
19日に出水市総合武道館で行った手合わせ稽古会の話もしましたが、最初に相手をした人はプロの総合格闘技の人だったらしく意外でした。
用事があって、自分だけ遅れて参加したのですが、稽古を終えて帰るところの水俣杖道会の方に久しぶりにお会いしました。
沖縄拳法水俣稽古会と水俣杖道会の稽古が同じ水曜日で稽古時間帯が重複しているので、杖道の稽古にはこのところ全く参加できなくなっているのですが、杖道の稽古もしたいところです。
水曜日の夜は和道流桜空会の稽古とも時間帯が重複しており、稽古に顔を出せなくなっているところが残念なところです。

2315.沖縄拳法空手道手合わせ稽古会  
名前:出水の棍    日付:2018年5月20日(日) 14時30分
Original Size: 1024 x 767, 157KB Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 960 x 720, 165KB

昨夜、7時過ぎから9時前まで出水市総合武道館2Fで沖縄拳法鹿児島稽古会と水俣稽古会の「合同手合わせ稽古会」が開催されたので参加しました。
参加者は合計7名でしたが、ハイブリッドレスリングの人も参加していたようです。
当てない組手を2分やって2分休むというような稽古を相手をかえながら続けていくというような稽古でしたが、自分は持久力がないので5人まで相手するのがやっとでした。
気温が高く、熱中症になりそうな感じで、のども非常に渇いたので、水分補給をしながら稽古をしました。
でも、初めてやるスタイルの組手だったので楽しかったです。


2314.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年5月20日(日) 13時58分
昨日は、出水市総合武道館2Fで午前9時過ぎから11時頃まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を3人で行いました。
Oさんの黒田鉄山先生の興味深い話など、3人で武道・武術談議をしたりして、棒術の基本20本・型、居合の居合剣法・形を稽古しました。
爽やかな五月の稽古日和はすぐに終わり、これから蒸し暑く汗だくになる季節に入ります。
稽古をたびたび中断して噴き出す汗を拭くようになりました。
稽古から遠ざかっている人はますます遠ざかっていきそうです。
暑さ寒さの厳しい時期の稽古は、ある意味、それは修行であると考えて稽古したほうが、きついのも当たり前のことに思える感じがしないでもありません。
武道・武術修行の目的は、自己満足の世界になりそうですが、それは人それぞれに違うので、自分が一番納得できる目的を自分自身で見つけるしかありません。
それが見つけられない人は、結局、稽古を続けられなくなり、いつのまにかやめてしまうようです。

2313.ホームページ紹介  
名前:出水の棍    日付:2018年5月15日(火) 18時7分
http://izumi-buke.com/ NPO法人 出水麓街なみ保存会
のホームページで先日(5月3日)の居合演武が紹介されています。
http://izumi-buke.com/album2018-5~.html#maturi

2312.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年5月12日(土) 23時58分
今日は、出水市総合武道館2Fで午前9時過ぎから11時頃まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
風薫る五月の好天気で気持ちのいい稽古日和でしたが、空手・沖縄拳法を一人稽古して、あとNさんと先日の竹添邸での演武の反省点などの話をしました。
それから、Nさんと二人で、棒術の基本20本・先日の演武で行った組棒スタイルの基本20本・分解形5本・型、居合を稽古しました。
どんどん上達していくような稽古ではありませんが、最低限忘れない程度の稽古で、いつのまにか上達していく程度の無理のない稽古というのが、良し悪しはともかく今の現状かなと思います。

2311.沖縄拳法水俣稽古会(102回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年5月10日(木) 10時42分
昨日は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算102回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチ立ち移動・セイサン立ち移動・鍛え・投げなどを稽古しました。柔術もやっている人が二人いるのですが、柔術の技をかけてもらって1対1で組まれてしまったら柔術使いには手も足も出ないと思いました。
関節技主体の感じが何か合気道に似ていますが、寝技主体で手足両方使うので合気道より何されているかわからない感じがするので、ややこしくて難しそうです。
反撃できない危険な技も多い感じなので、武術的には興味津々です。余裕があれば、これもやってみたいところなのですが、今の状態ではとても手を出す余裕がありません。

2310.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年5月6日(日) 14時35分
Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 1024 x 768, 150KB

昨日は、出水市総合武道館2Fで午後2時から4時まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
一人稽古でしたが、ここのところ演武用の稽古をしていて、通常の稽古から遠ざかっていましたので通常の稽古をしました。
空手、沖縄拳法、棒術の基本20本・分解形5本・型、居合の居合剣法・基礎居合を稽古しました。
演武用に構成した基本組棒等は折角稽古したので、これからの稽古にたまには取り入れてみようと思います。
このような過程が型ができていく過程なのかなとも思いました。
武道館の南方の紫尾山の山頂のアンテナ群もよく見える好天で五月晴れというか爽やかな時節を感じながらの稽古でした。


2309.出水市公開武家屋敷竹添邸での演武  
名前:出水の棍    日付:2018年5月4日(金) 16時3分
Original Size: 1024 x 768, 161KB Original Size: 1024 x 793, 165KB Original Size: 1024 x 348, 161KB

5月3日(木)は、出水市公開武家屋敷竹添邸で10時半からと13時半から2回15分程度の居合演武を行いました。
居合演武といっても、戸山流の基礎居合の形だけでは、15分持たないし、形だけでは単調なので、先に居合剣法を短めにやり、後に試斬と棒術の基本を組棒の形にして合計15分程度になるように演武しました。
演武者は二人だけでしたが、広さや観客数に対しては丁度良かったかもしれません。
日頃、観光客等相手の演武を目的とした稽古はしていないのですが、それでも今回地元の観光に少しだけ貢献できたようなので、単なる自己満足に終わることも多い日頃の稽古も、少しは地域の役に立つこともあるということをちょっとだけ認識しました。
このような演武を引き受ける際の課題は、今回実際やってみて初めてわかったことも多く、今後またこのような演武をするような機会があれば、その経験を活かしたいと思います。
http://izumi-buke.com/album2018-5~.html#akumaki


2308.沖縄拳法水俣稽古会(101回目) 及び一人稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年5月4日(金) 15時13分
5月1日(火)は、出水市総合武道館2Fで16時頃から1時間ほど5月3日の演武の一人稽古をしました。
今一つ演武でやることをはっきりと決めていないところがあったので当日迷わないようにするための一人稽古でした。
結果としては、当日直前まで詳細まではっきりと決めないで演武をした割には、特に大きなミスもなく、良くも悪くも経験値は上げることができたようです。
日頃細かいところまで決めないで大まかに稽古をしているので稽古量が少ない割には臨機応変力があったのかもしれません。
5月2日(水)は、水俣市武道館で19時半過ぎから21時半前まで沖縄拳法空手道水俣稽古会に参加しました。
3人で稽古しましたが、移動、鍛え、捕手、投げなどをより細かいところまで注意しながら稽古しました。

2307.三宅雪嶺(評論家)の言葉から  
名前:出水の棍    日付:2018年5月2日(水) 17時0分
出来ぬと思へば
出来ず、
出来ると思へば
出来る事が
随分ある。

2306.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年4月30日(月) 12時19分
昨日は、出水市総合武道館2Fで午後2時頃から5時近くまで、揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
参加者は3名でしたが、各自、真剣と試斬用の畳表を持ちこみ稽古しました。
1Fでは高校生の柔道の大会が開催されていました。
今回も、5月3日の10時半と13時半に出水麓武家屋敷群の公開武家屋敷「竹添邸」で実施予定の居合・試斬・組棒の演武を想定して、時間を3時間に延長して稽古しました。
イベントの広告が「居合演武」と紹介されているので、今回は居合の時間を長くし、組棒の時間を短くしたものに演武構成を変えて稽古してみました。
試斬も内容を変えて失敗のリスクの有無等や時間等を考慮し、いろいろ試してみました。
朝方、自治会の清掃作業等があり、まだ風邪気味だったので、体力があまり続かない感じでしたが、あとは本番をなんとか乗り切りたいと思います。
1回だけの演武だと一発勝負の緊張感がありそうですが、3時間近く空けて2回演武をしなければならないので気力と体力が持つかちょっと心配なところです。

2305.沖縄拳法水俣稽古会(100回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年4月28日(土) 15時28分
4月25日(水)は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道沖拳会水俣稽古会」の通算100回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチ立ち移動・セイサン立ち移動・鍛え・投げなどを稽古しました。
このところ風邪気味で体調があまり良くなかったのですが、沖拳水俣稽古会に節目の100回目参加をすることができました。
沖拳の稽古を始めて3年ほど経ちましたが、水俣市武道館にも3年ほど通い続けたことになり、物理的な距離は変わりませんが、心理的にはかなり近い距離になりました。
1年稽古して9級、2年稽古して8級、3年稽古して現在7級なので、はたして沖拳の黒帯にまでなれるのだろうかと心配なところではありますが一応目標にして稽古を続けるつもりです。
もう若くもないし、いつまで稽古を続けられるのかわかりませんが、稽古の度に気づきが何かしらあって稽古が楽しめるので、まだまだ続けていけると思っています。
これからも無理はせずマイペースで沖拳の稽古を楽しんでいきたいと思います。

2304.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年4月22日(日) 18時53分
Original Size: 600 x 600, 58KB

今日は、出水市総合武道館2Fで午前9時過ぎから12時頃まで、揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
前回と同じく、5月3日の10時半と13時半に公開武家屋敷「竹添邸」で実施予定の居合・試斬・組棒の演武を想定して、時間も3時間に延長して稽古しました。
出水市観光ポータルサイトのイベント情報で「居合演武」と紹介されているので、居合を基礎居合8本に居合剣法を加え、試斬も多くして、居合の時間を長くして、組棒は基本20本のみにして、約束組棒の演武は削ることにしました。
武道館の定例稽古での演武の稽古はあと1回しかできないようなので、29日(日)はまた試斬も行いたいと思います。
http://www.izumi-navi.jp/events/detail/32


2303.沖縄拳法水俣稽古会(99回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年4月19日(木) 23時23分
昨日は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道水俣稽古会」の通算99回目に参加しました。
計3名の参加で、ナイハンチ立ち移動・セイサン立ち移動・鍛え・蹴り・投げなどを稽古しました。
各自スマホやデジカメで動画を撮りながら、すぐ修正点をチェックして稽古しました。
次回で、沖縄拳法の水俣稽古会通いも100回目になりますが、我ながら水俣市武道館がこんなに身近な感じの所になるとは思ってもみませんでした。

2302.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年4月15日(日) 18時25分
今日は、出水市総合武道館2Fで午前9時過ぎから11時半頃まで、揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
5月の連休に実施予定の居合・試斬・組棒の演武を想定して稽古しました。
演武内容をまだ大体でしか決めていないので、試行錯誤の状態ですが、稽古があと2回ほどしかできないので、これはもう自分の臨機応変能力を信じてやるしかない感じです。
たいして臨機応変の能力もないのはわかっていますが、失敗しても後の成功に繋がる経験の内ですので、折角の機会を楽しみたいと思います。

2301.試斬予定  
名前:出水の棍    日付:2018年4月12日(木) 7時32分
次回の揆奮館流武術修錬会定例稽古は4月15日(日)9時〜11時実施予定ですが、試斬も行う予定です。

2300.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年4月7日(土) 23時24分
Original Size: 1024 x 768, 163KB Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 1024 x 768, 165KB

今日は、出水市総合武道館2Fで14時頃から、空手、沖縄拳法の一人稽古をして、あと16時過ぎまで揆奮館流武術修錬会の定例稽古を2人で行いました。
午前中に5月の連休に出水麓武家屋敷でやる予定の演武の打ち合わせを現地で行いましたが、それに合わせた稽古を武道館でやってみました。
居合の形をやって、そのあと試斬をやり、組棒をやるという演武内容です。
今日は居合の基本の形8本と組棒を基本20本と約束組棒6本目から10本目までを組み合わせたものをやってみました。
時間設定が一応15分程度でやれるか演武時間も確認してみました。
あとはたぶん稽古をやればやるほど演武時間が短縮されるだろうと思いますが、当日までどこまで巧くなるか、やってみないとわからない感じです。
どこまでやれるかわかりませんが、今は亡き揆奮館流武術の流祖の池城先生のレベルに近づけるよう頑張りたいと思います。
師匠の池城先生は80代になってからも熊本県古武道大会などで組棒などを演武されています。
今想い返してみると、池城先生は80代でも40代以下の弟子達が自由組棒ではいいようにあしらわれていたので、達人レベルの凄い先生だったと思います。
写真は演武をすることになりそうな麓武家屋敷の庭と、一週間ですっかり葉桜になってしまった武道館の桜です。


2299.沖縄拳法水俣稽古会(98回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年4月5日(木) 23時16分
昨日は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道水俣稽古会」の通算98回目に参加しました。
計4名の参加で、ナイハンチ突きとセイサンの立ち方などを稽古しました。
かなり気温が上がってきたので、汗を拭きながらの稽古でした。
気づきはありますが、安定して再現できないので、なかなかステップアップができません。

朝、戸山流熊本県連会長から、今月21日と22日の大分市での九州地区連錬成会は無しになったとの連絡がありましたので、当日中止にしていた揆奮館流武術修錬会定例稽古は実施できることになりました。

2298.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年4月2日(月) 17時48分
Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 165KB

昨日は、出水市総合武道館2Fで14時半頃から、空手、沖縄拳法、杖道の一人稽古をして、15時頃から17時まで揆奮館流武術修錬会の定例稽古を3人で行いました。
当初、前日の3月31日に平成29年度の最終の稽古をする予定だったのですが、他用で稽古をする時間の余裕がなくなり、急遽、4月1日に変更しました。4月1日も午前中は自治会の行事でグラウンド・ゴルフ大会があり、午後の実施となりました。
前日の31日に武道館に足を運ばれたOさんとNさん、急に変更して申し訳ありませんでした。
昨日は5月の連休に演武することになった場合の内容をいろいろ検討しました。
時間を15分程度と設定して、居合の形をいくつかやって、試斬をやり、組棒をいくつかやるというような感じです。
それらを想定して、居合の形と、棒術の組棒を稽古しました。
21日と22日は、大分市で開催予定の戸山流居合道九州地区錬成会に参加する予定なので、あと3回程度しか稽古の機会がないようです。
写真は稽古前に撮った武道館の周りの桜ですが、もう満開を過ぎて葉が目立ってきていました。
1日か、2日前が満開でしたので、まさに「三日見ぬ間の桜」状態でした。


2297.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年3月25日(日) 23時56分
Original Size: 1024 x 768, 166KB Original Size: 1024 x 768, 165KB Original Size: 1024 x 768, 164KB

昨日は出水市総合武道館2Fで午前10時頃から12時頃まで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
武道館の周りの桜の開花状況を確認してから、空手・沖縄拳法を一人稽古しました。
半時間ほど見学の方がおられたので、Nさんが準備をしてきた試斬と、居合の形、棒術の型を演武してみせました。
あと試斬と棒術の基本20本と居合を稽古しました。
どうやら五月の連休に出水麓武家屋敷の庭で演武をすることになりそうです。
演武することになれば、一般観客の前での演武は市外では数回やっていますが、市内では初めて演武することになります。


2296.沖縄拳法水俣稽古会(97回目) (2)  
名前:出水の棍    日付:2018年3月23日(金) 21時36分
Original Size: 719 x 576, 102KB Original Size: 637 x 510, 99KB

稽古が終了してから撮ったスナップ写真で、上段受けと下段受けをしているところです。


2295.沖縄拳法水俣稽古会(97回目)  
名前:出水の棍    日付:2018年3月21日(水) 23時32分
今夜は、水俣市武道館1Fで19時半過ぎから21時半近くまで「沖縄拳法空手道水俣稽古会」の通算97回目に参加しました。
計3名の参加で、ナイハンチとセイサンの立ち方・移動・型を主に稽古しました。
今だけかもしれませんが、いろいろ気づきがあったので少しは上の次元に進めるような気がします。

2294.揆奮館流武術修錬会定例稽古  
名前:出水の棍    日付:2018年3月19日(月) 1時19分
17日(土)は出水市総合武道館1Fで午前9時過ぎから11時過ぎまで揆奮館流武術修錬会定例稽古を行いました。
試斬が主の稽古でしたので、ダンスのグループが使用していた2Fの剣道場は遠慮して1Fの柔道場で稽古しました。
今回は3人で斬りました。
試斬のあと、棒術の分解形・型と居合を半時間ほど稽古しました。
稽古しているといろいろと課題が見つかる感じですが、少しずつクリアしていきたいと思います。


ページ: |< << 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb