[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古美術 崎陽

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



217.▲老後の苦労  3    返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2014/1/9(木) 12:51
■この年齢で裏切られるとは

千葉県に住む小平秀信さん(74歳)は、こんな「想定外」を経験して苦しんでいる。

「妻と結婚したのは、私が50歳、妻が38歳のときでした。当時は歳の差を意識することはなかったのですが、私も70歳を過ぎて、先が見えてきた。今後のことを妻と話し合い、自分が死んだあとは妻にすべての資産を渡すと伝えたんです。ですが妻は、一人になったときに自分できちんと手続きができるか不安だと言い出した。妻にはできる限り心配をかけたくなかったので調べてみると、婚姻期間が20年以上であれば、2000万円までは非課税で贈与できると知ったんです」

そうして2年前、妻のために自宅を生前贈与することにしたという。自宅マンションの評価額は2000万円。贈与税を払うことなく妻に名義を変更することができた。

「これで妻も喜んでくれるし、死ぬまで面倒をみてくれるだろう」そう思っていた。だが、そのときから妻の態度が急変する。

何も言わずに外出することが増え、次第に食事の支度もしなくなった。そんなとき、近所に住む友人から「奥さんが若い男と繁華街を歩いていたぞ」と聞かされる。妻に問いただすと、開き直った態度でこう一言、告げられた。

「あなたが嫌なら離婚してもいいのよ」

もうそこに、優しかった妻の面影はなかった。

「離婚も考えているのですが、妻名義になった自宅から出ていかなければならなくなる。知り合いの弁護士にも相談したのですが、一旦贈与したものを白紙に戻すことはできないらしいんです。年金だって半分ほどは妻に持っていかれるでしょう。いまは家庭内別居状態で、妻に隠していた貯金を崩して生活していますが、底をつく日が来るのが怖くてたまりません」

家族に裏切られるという「想定外」。冒頭で紹介した小林さんもこれに当てはまるが、相続で家族の態度が急変するケースは、決して珍しいことではないという。

「実の息子や娘に資産を相続したとたん、冷たくされ、生活苦に陥るというのは典型的なパターンなんです。資産のある方は、一度専門家に相談しておいたほうが安心でしょう。小平さんのようなケースについて言えば、2015年に相続税が増税されるため、資産を早めに贈与してしまおうとする方が増えていますが、注意が必要。配偶者に資産を渡す場合、税金面ではまだ相続のほうが負担は少ないのです」(相続コーディネーターの曽根恵子氏)

家族に迷惑をかけないために、老人ホームへの入居を考える人も多いが、そこにも落とし穴はある。

都内に住む倉本孝明さん(71歳)は、70歳になったとき自宅マンションを1500万円で売却し、都内の有料老人ホームに夫婦で入居した。一時金は1000万円。毎月の支払い約25万円は、なんとか年金で賄える金額だった。

「息子夫婦に世話になるよりも、老人ホームのほうが気楽でいいと思ったんです。死ぬまでここでのんびり生活しようと考えていた。ところが、いざ入居してみると、大声で騒ぐ人や根拠のない噂話をする人などがいて、居心地が悪くて仕方なかった。施設の人に相談しても埒が明かず、1年後に退去することにしたんです」

退去を申し出ると、手元に戻ってきたのは一時金1000万円のうち、たったの300万円。抗議しても「施設の規定によって算出した金額です」の一点張りで、結局それ以上返金されることはなかった。

■泣くに泣けない

老人ホームへ入居する際は、その施設の規定を確認しておかないと、取り返しのつかないことになってしまうのだという。ライフカウンセラーの紀平正幸氏はこうアドバイスする。

「『一時金の返却は規定によって返済される』という旨が契約書に書かれていれば、返金がどれだけ少なくても法律違反にはならないのです。ただし、昨年老人福祉法が改正され、新しい施設ではこのようなことは起こらないのですが、昨年4月以前に開設している老人ホームの場合、2015年3月までは従来の約款が使用できるため要注意です。退去時の一時金返済がどうなっているかを必ず確認してください」

また、老人ホームには、入居中に要介護度が上がると、月々の費用が上がったり、場合によっては退去しなくてはならないケースもあるので、事前に確認しておいたほうがいい。認知症の妻を介護している山岸忠志さん(78歳)は、施設の費用が払えなくなり、在宅介護に苦しんでいるという。

「5年前に老人ホームに入れた妻の症状は、どんどん悪化していきました。入居中に骨折して寝たきりになってしまい、費用が上がったんです。もともと年金で賄っていたから、そんな余裕はない。いろんなところに相談したけど、親身になってもらえるところはなく、最終的に特別養護老人ホームの入所待ちをしながら自宅で看ることにしました。

でも、手すりやトイレの改造などでカネはかかるし、貯金はほとんどなくなってしまった。妻は夜中に徘徊し、時には暴力をふるうようになりました。長く生きるだけ苦しみが増えるなんて、泣くに泣けません」

「なんとかなるだろう」そう思って生きていても、70歳を過ぎると予想だにしなかったことが次々と生じてしまう。家族に裏切られてしまうこともある。70歳からのビンボーを避けるためには、どうすればいいのか。

「70歳を越えてから、自分では想像もできなかったことが起こることは多々あるのです。そのときになってから考えるのでは、手遅れのこともある。不測の事態に備えるためには、前もって老後の設計をしておくことです。目安としては、自分が親の介護を始める年齢になったら、自身の老後について考え、蓄えもしておくべきでしょう」(前出・上田氏)

最後には、自分の身は自分で守るしかない。今からでも遅くはない。幸せな老後を送るために、一度、真剣に考えてみてほしい。

「週刊現代」2013年11月16日号より

216.▲老後の苦労  2 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2014/1/9(木) 12:50
茨城県に住む北村勝彦さん(76歳)もその一人だ。

北村さんは63歳まで、同じ年の妻と二人で居酒屋を営んでいた。こぢんまりとした店で、馴染み客も多く経営は順調だったという。

「20年以上、夫婦で細々と店をやっていましたが、歳のせいもあって、持病の不整脈が悪化してきていた。60歳になるとき、そろそろ店をしまおうかと妻と決めたんです。当時、貯金は1000万円以上ありましたし、店舗兼自宅のローンも終わっていた。私の体調を考えれば、そう長生きすることもないですし、老後を夫婦二人で過ごすくらいならどうにかなるだろうと思っていたのです」

■せっかく長生きしたのに

ところが、その後、意外なことが起こる。結婚して地元を離れた一人息子が、離婚して戻ってきたのだ。

「勤めていた会社が倒産したのです。その後、お嫁さんがパートに出て生活費を稼いでいたようなのですが、結局離婚してしまった。子どももいたのですが、親権はお嫁さんに取られ、慰謝料代わりに自宅も譲ったそうです。息子は次の職を探す気力もなくなって、我が家に引きこもっています。生活費の面倒も見なくてはいけないし、預金はもはや400万円ほどしか残っていません。

気づけば私ももう76歳。じつは、仕事を辞めてから体調はだいぶ良くなったんです。息子がこんなことになるとは思ってもいませんでしたし、長生きすることがわかっていれば、もう少し頑張って働けばよかった」

築30年超の自宅は老朽化し、先日、天井からの水漏れも発覚した。だがリフォームする余裕もなく、耐えるしかない状況だ。

「とにかく節約できるところはとことん切り詰めるしかない。まずは食費ですね。妻が工夫してくれていますが、鍋を3晩続けて食べていると情けなくなる。1日目は湯豆腐、2日目は白身魚を入れて、3日目は安い豚の切り落としを入れる。こうすると野菜や出汁に無駄が出ないんです。おじやは最後の日にだけ。これが我が家の定番になりました」

70歳からは、さまざまな「想定外」の事態が起こる。そこからビンボー生活が始まってしまうのだが、北村さんが言うように「こんなに長く生きると思わなかった」という想定外を嘆く人は多いという。医療コーディネーターとケアマネージャーの資格を持ち、数々の高齢者の相談にのってきた上田浩美氏は、こう話す。

「医療の進歩によって、持病のある方でも長生きできるようになってきました。ですが、とくに現在70歳前後の方は、親が80歳を超えて生きた方も多くはなく、せいぜい70代前半まで生きられればいいかと思ってらっしゃる方がとても多い。高齢になってはじめて、このままでは家計が厳しくなると気付くのです」

医療費や食費など現役時代は気にならなかった小さな負担が積み重なり、じわりじわりと家計を圧迫していく―これも70代ビンボーのよくあるパターンだ。

「まるで、真綿で首を絞められていくような苦しさ」

都内に住む澤田彰さん(75歳)は今の生活をこう表現する。現在は73歳の妻と二人で暮らしており、受け取っている年金額は夫婦で月に20万円程度だ。

澤田さんを苦しめているのは、医療費でも食費でもなく、「墓」だという。

「祖父の代から続いている寺の檀家費用です。私は長男で、親から譲り受けた土地と家があるので恵まれてはいるのですが、退職後はこの墓にかかる費用が馬鹿にならなくなってきました。墓の管理費や会費は年間3万円程度なのですが、寺の補修をする場合に、その都度請求が来るんです。『一口20万円として○月○日までに振り込んでください』と書かれた請求書に、振込用紙まで同封されてくる。多いときは、年間50万円近くになったこともあるんです。拒否することもできませんし、預金から支払いました。

子どもからは檀家をやめて霊園に移ったほうがいいのでは、と言われますが、先祖から守っている墓を移すことは考えられなくて。寺も古くなってきているので、今後もさらに負担が増えるのではと心配なんです」

実際、このように墓の悩みを抱える人は増えているのだという。

「とくに都会のお寺は檀家不足で、檀家をやめたいといっても止められることが多い。昔からの付き合いは大切だからと、なかなかこの出費を抑えることができないのが現状です」(都内で民生委員を務める男性)

215.▲幸せだった老後は簡単に瓦解した 私はこうして 70 歳過ぎてビンボーになった 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2014/1/9(木) 12:48
▲幸せだった老後は簡単に瓦解した 私はこうして 70 歳過ぎてビンボーになった(週刊現代) 「週刊現代」2013年11月16日号より 
 70歳からのビンボーはこんなに怖い第3弾

「こんなはずではなかった」皆がそう口を揃える。食費を節約してもなお、減っていく貯金額。「真綿で首を絞められているような」日々。彼らはなぜ、悲惨な老後を送ることになってしまったのか。

■孫も寄り付かなくなる

「老後にこんなみじめな思いをするとは思わなかった」

71歳の小林昌道さん(仮名・以下同)は、こう嘆く。

部品メーカーを60歳で退職し、現在は神奈川県内のマンションに妻(68歳)と二人暮らし。3人の子どもはすでに独立している。現役時代も決して裕福な暮らしをしていたわけではなかった。病に倒れた父親の生活を支えていたからだ。

「親父は新潟で仕事をしていたのですが、50代前半のとき脳梗塞で倒れてしまった。麻痺が残り、仕事は続けられなくなってしまったんです。当時私は30歳前後でしたが、毎月、実家に仕送りをするようになりました。姉と妹がいるのですが、二人とも専業主婦でしたし、私が両親を支えなくてはという思いがあった。

自宅のローンもあったし、正直、苦しかった。でも、仕送りは定年まで30年近く続けました。全部で3000万円ほどにはなっていたでしょうか」

慎ましくはあったが、日々の生活に不満はなかった。孫が遊びに来ると、遊園地へ連れて行ったり、おもちゃを買ってあげるのが楽しみだった。

そんな老後の生活が想定外の方向に進み始めたのは、7年前。父親の死がきっかけだったという。

「通夜の席でのことです。姉の旦那が『親父さんの家と土地は処分して、早く分けてくれ』と言い出した。ですが、私は親父から『この家と土地はお前にやる。姉と妹にはやらなくていい』と生前に言われていたんです。仕送りをしていたので、その分くらいの価値はあるだろうから、と。そのことを告げると、今度は妹の旦那が『そんな口約束は関係ない。法的な権利はあるんだ』と口を挟んできた。以前から打ち合わせでもしていたかのようでした。

それまで、姉、妹や義理の兄弟とは仲良くやってきていたんです。まさか父の通夜の日にこんなことになるなんて。カネが絡むと人は豹変するものなんだ、と改めて感じました」

母親は泣くばかりで、話し合いは進まない。その後、とりあえずの手段として母親にすべて相続する形を取ることになったという。

「この状態になってはじめて、自分の置かれている状況がかなり厳しいことに気づきました。貯金はほとんど残っていない。いつか親父の家を売ればいい、と考えが甘かったんです。

一日2箱吸っていたタバコも、日に5本で我慢しています。それもギリギリまで吸うもんだから、ほら、指がニコチンで黄色くなっているでしょう。侘しいね……。でも一番悲しいのは、孫が寄り付かなくなったこと。何も買ってあげられないし、たまに遊びに来ても、食事代も息子に払ってもらうことになる。レストランに行って、孫に『好きなもの、どんどん注文しな!』と言ってみたいですよ」

子育てや長年の会社勤めからようやく解放され、第二の人生を穏やかに過ごしていきたい―そう思ったのもつかの間、予期せぬところで不幸な運命を辿っていく。その原因の多くは「カネ」だという。

それまでとくに贅沢な生活をしていたわけでも、詐欺にあったわけでもない。小林さんのように、ごく慎ましく一般的な生活をしていた人にも、老後の不運は訪れてしまう。いま急増している「70歳からのビンボー」。今回は、この苦しみを身をもって体験した人々の声を紹介していこう。

214.▲長崎銀行の侘びしい話 八代 支店長が万引き 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2013/10/31(木) 17:56
長崎銀行の侘びしい話 八代 支店長が万引き「JC-NET」▲2011年12月19日


熊本県警八代署は18日(日)、ジャンパーなどを万引したとして窃盗容疑で、長崎銀行八代支店長、長浜容疑者(54)=八代市永碇町=を現行犯逮捕した。
 八代署によると、長浜容疑者は「金を払うのが惜しかった」と容疑を認めている。逮捕された時、10万円近い現金を持っていたという。
 逮捕容疑は16日午後10時ごろ、八代市のショッピングセンターでジャンパーやシャツなど計7点(計2万5千円相当)を盗んだ疑い。警備員が目撃し取り押さえた。


長崎銀行総合企画部は「地域の皆さまに迷惑をかけ心よりおわびする。しかるべき処分を検討したい」と話している。
 
いくら長崎銀行といっても、54歳の支店長ともなるとそれ相応に所得はあったはずだが、日頃からこうしたことをやっていたのであろうか。
西日本シティ銀行も、長崎銀行に八代支店を出させておくメリットがあるのだろうか。西日本シティ銀行の鈍い動きが、長崎銀行の行員の緊張感を損なっていることだってある。
 
0

[ 2011年12月19日 ]

「検事・裁判官・警察官・弁護士・「公務員」・暴力団
    ・マスコミ犯罪 追求委員会」

213.▲小林県議の「泉の里」は悪いな 老婆の金を盗んだの? 泉の里の犯罪 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2013/8/4(日) 16:49
小林県議の「泉の里」は悪いな 老婆の金を盗んだの? 泉の里の犯罪
i-net で発見 たった今見たぞ

2011-08-23 18:34:54 | 日記
長崎県議会議員の小林克敏が理事長兼施設長を務める社会福祉法人が、大村市にある。
施設名を「泉の里」と言うこの施設、泉の里に入居していたAさんの容体が重篤な状況になったのが2月半ばである。亡くなったのは3月下旬であるから、ひと月ちょっとは延命措置が執られていたとみるべきである。A子さんの長男Bは、葬儀の費用を支払うため、予ねて母のA子さんから預かっていた郵便貯金のキャッシュカードを持って木場郵便局に行った。出金の手続きをしても金が出てこないから、調べてみると残高が0であった。
Bは泉の里が勝手に引き出していたことを突き止め、その理由と目的を尋ねた。泉の里の小林克敏は「そんな事実はない!俺は知らん」などと恍けていたが、Bが法的手続きをとり、刑事民事両方の告訴をするつもりであることを告げると、一転して横領の事実を認め、「しかし事務員が勝手にしたことなので弁償するから、公表はしないでほしい」と猫撫で声でBに頼みこんでいる。

Bも金が戻されたことから、ことを大きくすることもないと思い、「今後はこのような不正を止めるように」注文を付けてことを済ませた。上記事件は、刑事告発こそまぬかれたものの、今日あらゆる施設で多発している横領事件である。当時の木場郵便局長は、涙を流して、福祉法人と言う看板を信用してしまった自分の軽率さを恥じ、2度と泉の里とは取引きしませんと言っていたが、さてどうなったことやら、、泉の里で働いていた元職員によれば、小林に指示されて、入居者の預金高や不動産の登記状況は出来るだけ丁寧に調査していたと言う。

大村市民の間では、小林克敏のそのような特質や、泉の里の黒い噂などは既に有名だったらしく、巷では小林の守銭奴ぶりを歌にして、カラオケで歌って楽しむ人もいると聞く。ぜひ聴きたいものである。偽医者が、ボランテイアを名乗って補助金をだまし取ったり、金権政治屋が福祉に名を借りて、補助金を取ったり、入居者の財産を奪ったり
郷土の再生を口実に、血税を私物化する手法は今後紹介し、更なる悪の追及を続ける所存、乞うご期待!

212.▲緊急広報▲佐賀県警の裏金で仙波警官の講演会  明日です 南の島 九州 達磨 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2013/5/24(金) 17:34
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
▲緊急広報▲佐賀県警の裏金で仙波警官の講演会▲ 「12 G4」▲2013-5-24

▲講演会 2013−5−25日 土曜
▲場所 佐賀市の県駅北館
▲会費? たった500円
▲確認 質問先
    NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」
      電話0952(22)6483


前 阿久根市 副市長 仙波敏郎 様
前 愛媛県警 警察官 仙波敏郎 様
(裏金を内部で告発の有名な 仙波敏郎 警官)

の仙波警官の裏金講演会があり
是非ご参加 応援を
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」の数十億円もの
血税節約の功績の応援 賞賛にも
是非 ご参加をどうぞ

小城のパチンコ屋で 置き忘れの財布から8万円盗んだ
陣内秀紹 警視は 県警幹部様「ら」に白状させて判明したのです

現代の電子時代は
 電話傍受  e-mail は簡単に
傍受可能で
 盗聴は違反だが

「事実新見」 編集部
  南の島 九州 達磨様の部屋  各部屋には
   車 バイクにも
     9台のパソコンが活動しています
世界の情報を集めています
information from all over the world です

CIAの公金浪費 新聞記者の裏情報
裁判官の公金横領  いろいろ 収集中
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」にも

佐賀県庁は 表彰 報奨すべきと思う
頑張れ
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」

の 頑張りや 味志陽子
 様 ご一同に 感謝の意を いたします




「検事・裁判官・警察官・弁護士・「公務員」
     ・暴力団・マスコミ犯罪 追求委員会」

「事実新見」   編集部


南の島 九州 達磨

友人 知人に広報を頼みます
仙波警官様の講演会の  広報を頼む
明日 2013−5−25 土曜 13.00から
佐賀 駅北会館で 講演会 を  広報を

佐賀県 暴力追放推進センター には
「暴力団」のお金を盗んだ

「江里口 満」 刑事が勤務の 
犯罪 佐賀県警の事実


▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄
警察の不祥事問う集会、2013-5-25日に 「佐賀新聞」 ▲ 「12 G4」▲2013-5-24

赤字は南の島 九州 達磨が加筆の部分です


 県警刑事部の 陣内秀紹 警視が窃盗容疑で書類送検された事件を受け、(前 佐賀 警察署  刑事課長
     前 唐津 警察署  副署長)

NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」は

25日午後3時から、佐賀市の県駅北館で、

警察不祥事を考える市民集会を開く。


 警察の裏金作りを内部告発した
元 愛媛県警 巡査部長の仙波敏郎さんが講演。不祥事の背景や捜査情報の開示に消極的な警察の体質について語る。
 仙波さんは愛媛県警の現職警察官だった2005年、
捜査費名目の偽領収書による裏金作りを実名で告発。

その直後に不当な人事異動を受けたとして、
愛媛県を相手取り国家賠償請求訴訟を起こし勝訴した。

 参加費500円。問い合わせは

NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」
の 同法人事務局、
    電話0952(22)6483。
2013年05月23日

211.▲緊急広報▲佐賀県警の裏金で仙波警官の講演会 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2013/5/24(金) 16:13
▲緊急広報▲佐賀県警の裏金で仙波警官の講演会▲ 「12 G4」▲2013-5-24

▲講演会 2013−5−25日 土曜
▲場所 佐賀市の県駅北館
▲会費? たった500円
▲確認 質問先
    NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」
      電話0952(22)6483


前 阿久根市 副市長 仙波敏郎 様
前 愛媛県警 警察官 仙波敏郎 様
(裏金を内部で告発の有名な 仙波敏郎 警官)

の仙波警官の裏金講演会があり
是非ご参加 応援を
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」の数十億円もの
血税節約の功績の応援 賞賛にも
是非 ご参加をどうぞ

小城のパチンコ屋で 置き忘れの財布から8万円盗んだ
陣内秀紹 警視は 県警幹部様「ら」に白状させて判明したのです

現代の電子時代は
 電話傍受  e-mail は簡単に
傍受可能で
 盗聴は違反だが

「事実新見」 編集部
  南の島 九州 達磨様の部屋  各部屋には
   車 バイクにも
     9台のパソコンが活動しています
世界の情報を集めています
information from all over the world です

CIAの公金浪費 新聞記者の裏情報
裁判官の公金横領  いろいろ 収集中
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」にも

佐賀県庁は 表彰 報奨すべきと思う
頑張れ
NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」

の 頑張りや 味志陽子
 様 ご一同に 感謝の意を いたします




「検事・裁判官・警察官・弁護士・「公務員」
     ・暴力団・マスコミ犯罪 追求委員会」

「事実新見」   編集部


南の島 九州 達磨

友人 知人に広報を頼みます
仙波警官様の講演会の  広報を頼む
明日 2013−5−25 土曜 13.00から
佐賀 駅北会館で 講演会 を  広報を

佐賀県 暴力追放推進センター には
「暴力団」のお金を盗んだ

「江里口 満」 刑事が勤務の 
犯罪 佐賀県警の事実


▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄▄
警察の不祥事問う集会、2013-5-25日に 「佐賀新聞」 ▲ 「12 G4」▲2013-5-24

赤字は南の島 九州 達磨が加筆の部分です


 県警刑事部の 陣内秀紹 警視が窃盗容疑で書類送検された事件を受け、(前 佐賀 警察署  刑事課長
     前 唐津 警察署  副署長)

NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」は

25日午後3時から、佐賀市の県駅北館で、

警察不祥事を考える市民集会を開く。


 警察の裏金作りを内部告発した
元 愛媛県警 巡査部長の仙波敏郎さんが講演。不祥事の背景や捜査情報の開示に消極的な警察の体質について語る。
 仙波さんは愛媛県警の現職警察官だった2005年、
捜査費名目の偽領収書による裏金作りを実名で告発。

その直後に不当な人事異動を受けたとして、
愛媛県を相手取り国家賠償請求訴訟を起こし勝訴した。

 参加費500円。問い合わせは

NPO法人「市民オンブズマン連絡会議・佐賀」
の 同法人事務局、
    電話0952(22)6483。
2013年05月23日

210.▲特報  安部首相の行動 返信  引用 
名前:南の島 九州 達磨    日付:2013/5/20(月) 23:55
▲安倍首相が頻繁にマスコミの
主要幹部、経営者と
接待会食を行っている。

209.▲ 「佐賀共栄銀行」行員が老人のお金を10回にわたり泥棒の犯罪事実 返信  引用 
名前:KHT    日付:2013/4/11(木) 1:36
▲ 「佐賀共栄銀行」行員が老人のお金を10回にわたり泥棒の犯罪事実

▲ 「佐賀共栄銀行」 水ヶ江 支店行員 岳 ●●行員の奴
▲        三ツ瀬支店 福島●●行員

歯科医院から数十万円盗んだ犯罪事実
事実だから 佐賀県警の筒井 治美刑事にお聞き下さい

「佐賀共栄銀行」の
知能程度が低い 平松 小城支店長
若い 嘘を言う 芦原勇一 次長が 泥棒報告もせず
 金玉縮み上がり 来てるが 達が悪い

   「検事 裁判官 警察官 弁護士 ヤクザ マスコミ
                   「公務員」犯罪 追求委員会」

208.(untitled) 返信  引用 
名前:愛読者    日付:2013/3/26(火) 11:37
キャパクラ大好き人間「今村雅弘衆議」またもや政治資金収支報告書で発覚

i-net で  
キャパクラ大好き人間「今村雅弘衆議」またもや政治資金収支報告書で発覚

を検索で見れます  酷い「自民党」議員ですぞ





佐賀県の今村雅弘衆院議員(自民党、九州ブロック比例)の資金管理団体「鉄輪21・政策研究会」が、2006〜08年の政治資金収支報告書で約100万円の支出が発覚、お灸をすえられたが、09年分の政治資金収支報告書でも、性懲りもなく税金(政治活動費)でキャバクラ行きを続けていたことが判明した。
09年分では、東京都内のキャバクラで使った約5万円を政治活動費として計上。懇談会後の2次会で利用。
今村氏は、昨夏の衆院選で佐賀2区から出馬したが破れ、比例で復活(5選)した。今村衆議は63歳、己の息子さんがなかなか元気なようだ。

昔の議員は、金の成る木であったことから、銀座へ田舎の有力後援者などを連れて行っていた。しかし、今では銭もなかなか集まらず、また銀座で飲む金も乏しく、税金でキャパクラへ連れて行っているようだ。まだ時代も自民党も変わったことを今村議員は分かっていないようだ。日本を代表する国会議員が税金でキャパクラ通いなどいい加減にしてくれ。
福岡県では、自民党県議が政務調査費でエッチ小説を購入していたが、他の有力議員が、それを擁護する「世の中の動きを小説から窺い知ることもできる」とトボケた発言をしていた。そうした議員たちが田舎を、国を動かしている。これが今の日本の現実である。



[ 2010年12月 6日 ]
ご意見・投稿をお待ちしております。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb