[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




9699.菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月27日(水) 21時23分
Original Size: 320 x 240, 25KB Original Size: 640 x 480, 176KB

komadoさん、こんばんは!

今日は、大月駅から出発し、
菊花山〜馬立山を経由し、九鬼山へ。
天気は、曇りっぽかったけど、富士山が大きく見えました。

バリエーションルートの九鬼山北東尾根は、
700m近辺までは、クヌギの尾根で大変気持ちの良いところ。

なんでこんな素敵な尾根が登山道でないのかと思っていたら、
650mから北東に下るあたりは、ぐちゃぐちゃの道でした。
この部分があるために登山道には昇格できないみたい。
(なお、この尾根には、テープ類は一切ありません)



9700.Re: 菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山
名前:なおたん    日付:2019年2月27日(水) 21時26分
Original Size: 640 x 480, 189KB Original Size: 320 x 240, 30KB

尾根末端には、人形の入った古い祠がありました。
昔は、この尾根を使っていたのでしょう。
敬意を込めて簡単に掃除しておきました。

北東尾根から出てきた私を見て、耕作機を手にした地元人が話しかけてきました。
「女性一人で大月からあの尾根をおりてきたの!」
「祠の掃除までしたの!」・・・とエラく褒めてくれました。^^);
まぁ、座って行きないと、赤いソファのある道路脇の憩いの場?に通してくれました。
地元のおばちゃん2名も来て、30分ほど歓談。

そのあと、509号線をテクテク歩きましたが、
まだ体力は十分残っていたので
田中集落から国土地理院に描かれている破線路を使って
猿橋駅に向かうことにしました。
山に向かう舗装路まではよかったですが、ゲートを開けて山道に入った途端、なんと、道は消失していました。
しかし、今更、戻るのもなんなので、ヤブを漕ぎ、崖を登りながら、道が出てくるのではないかと探しましたが、結局、見つから仕舞い。
諦めて、神楽山を目指しましたが、結構な急登でした。



9702.Re: 菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山
名前:komado    日付:2019年3月1日(金) 0時2分
なおたんさん、

低いところとはいえ、
九鬼から降りてふたたび神楽へ登り返すとは!

北東尾根は自分ちょこっとかじった覚えが。。。でももうほぼ覚えていない。
朝日小沢のあたりも久しくご無沙汰しちゃってます。
しかし道路脇の憩いの場って・・・どこだろう?豪華ですねえ。

9696.三浦のニッポン最小アルプス三山を歩く 返信  引用 
名前:なるしま    日付:2019年2月25日(月) 21時50分
Original Size: 461 x 346, 63KB

KOMADOさん こんばんは

24日は三浦の超可愛い、三浦富士、砲台山、武山のミニアルプスを歩いてきました。
マテバシイやスダジイの,深い森が低山にもかかわらず、思いの外楽しかったです。
武山の下りでは、武山三山を背後に、広大な斜面にアートな畑。
東京湾越しの房総半島も印象に深かったです。



9698.Re: 三浦のニッポン最小アルプス三山を歩く
名前:komado    日付:2019年2月25日(月) 23時29分
なるしまさん、

ををー、これは山の様子がわかるいい写真ですね!
というか高原情緒すら感じるような。。。海が近いはずなのに。

あのあたりになるとやはり照葉樹。
自分もあまりなじみがないだけに、その深い森の様子が気になります。
照葉樹の森って自分は基本電車からの車窓で見ることの方が圧倒的に多いのですよ。

9694.390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月24日(日) 20時40分
Original Size: 640 x 480, 187KB Original Size: 320 x 240, 54KB

Komadoさん、こんばんは!

楢抜山へのルートは、本来なら、赤沢から北西に走る尾根で登るのが普通のようですが、
今日は、市場入林道から390m峰を経由して楢抜山に向かうことにしました。

お墓まで乗り上げると、なんと、長い階段があり、
その先には、手水も鳥居も石灯篭もある比較的大きな神社がありました。
昭文社の地図には記載はないですが、こんな山奥で立派な神社に出会えるとは思わず、ちょっと感激。
こういう収穫があるとバリエーションをやっている甲斐があります。



9695.Re: 390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野
名前:なおたん    日付:2019年2月24日(日) 20時41分
Original Size: 640 x 480, 177KB Original Size: 320 x 240, 42KB

仁田山峠〜高谷を経て、ノボット(登戸)まで来たが、ルート的には特に難しいところはなかった。
植林ばかりでも、手入れが良いせいか、
展望がなくても、歩いていると、とにかく気持ちがいい。

ノボットからこのまま周助山へ行き、下山してしまうのは少々物足りなく感じたので、
ノボットから中藤の集落に降りてみました。
最初は割といい道でしたが、350mを過ぎた辺りからヤブ尾根となり、
最後は、ヤブの沢を強引に突っ切りました。

中藤集落から前坂を歩くのは初めてでしたが、日当たりのよい場所。
家から道路まで距離はあるのに、布団や服を道路まで運んで天日干ししている人がいいました。
こういう所、田舎は、長閑でいいですね。^^)



9697.Re: 390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野
名前:komado    日付:2019年2月25日(月) 23時23分
なおたんさん、

どうしてもあちらは植林が多くてなかなか足が向かないけど、
この神社といい、いろいろ楽しみを見つけますね。

それにしても植林がきちんと手入れされているようでホッとしました。
道路の布団干しはたまに見かけますね。奥まった集落では。
中藤の方はバスが激減してしまいましたが、あのあたりの集落はどこも興味深いです。

9687.ビリ沢歩道 返信  引用 
名前:AKIO    日付:2019年2月20日(水) 21時14分
Original Size: 730 x 547, 200KB Original Size: 730 x 547, 240KB

Komadoさん、こんばんは。

今日は山伏トンネル起点で山伏歩道からビリ沢歩道(樅ノ木沢/西沢
中間尾根)を歩いてきました。

風もなく、シャツ1枚で歩いても汗ばむ陽気でした。

施業図では尾根の東側を絡んで尾根に上がるようになっていますが、
水平道から尾根に上がる踏み跡が見つからず、斜面を適当に登って
尾根に上りました。稜線が近づくとスズタケが出てきましたが、
ほとんど枯れています。奥世附歩道と下部水平道の分岐は、
わかりませんでした。

写真は、山伏歩道からの富士山と樅ノ木林道の廃車(無事です!笑)です



9689.Re: ビリ沢歩道
名前:komado    日付:2019年2月21日(木) 21時30分
AKIOさん、

ビリ沢歩道・・・懐かしや。
あのバスもまだ健在でほっとしました。あれたしかプリンスでしたよね。

それはそうと昨日今日と暖かくなってきましたけど、
藪が減った昨今、ダニーはくっついてきますか?
藪が減っても、あしもとにちょこっとひっつかれる時がまだあった記憶があるもので。。。


9691.Re: ビリ沢歩道
名前:AKIO    日付:2019年2月21日(木) 22時55分
Original Size: 730 x 547, 229KB

Komadoさん、

廃車がプリンスとは、よく覚えておられますねぇ。
写真を添付しておきます。(Prince が読み取れます。)

ダニー君の件は、実は少しは心配していました。
気温の高い日でしたが、前夜に雨が降ったのが良かったのかどうか
わかりませんが、見つかりませんでした。
やはり、スズタケの葉がほとんど体に触れない状況だからでしょうね。
山伏歩道の上部(東丸手前)とビリ沢歩道の稜線直下で、わずかに
体に触れるくらいだったので、ダニー君の生息域もわれわれの踏み跡
とは少し距離があったのかもしれません。



9693.Re: ビリ沢歩道
名前:komado    日付:2019年2月23日(土) 9時52分
Original Size: 640 x 480, 123KB Original Size: 1024 x 768, 179KB

AKIOさん、

あのバス見たのもう9年も前のことでした。。。

それはそうとダニーのお話ありがとうございます。
気温が上がって湿度が上がるとまだ気が抜けなくなるとは思いますけど、
寒い時期は以前のように気にしなくても言いようになっているみたいですね。


9684.小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月20日(水) 19時32分
Original Size: 320 x 240, 46KB Original Size: 640 x 480, 192KB

―小川町バリエーションルート探索―

komadoさん、こんばんは!

小川町駅から歩いて熊野神社を経由し、腰越城址へ。
奥武蔵には、多くの城址がありますが、
腰越城址は、本廓が広く、眺望も良く、なかなか立派な城址でした。

次は、石舟山〜高旗山へ。ここが本日のメインのバリルート。

石舟山には、石舟を乗せた可愛い祠がありました。
せっかく来たので、祠の隣でしばし休憩。
地図には、石舟信仰と記載されていますが、祠がポツネンとあるだけの場所です。

高旗山には、「タカハタ」というプレートがありました。
石舟山〜高旗山は、踏み跡はありますが、整備したら、良い登山道になりそうです。



9685.Re: 小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅
名前:なおたん    日付:2019年2月20日(水) 19時34分
Original Size: 320 x 240, 50KB Original Size: 640 x 480, 173KB

気持ちが良かった道は、比較的最近整備されたと思われる「笹山参道(長坂)」でした。
ここから高旗山が大きく見えました。



9686.Re: 小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅
名前:なおたん    日付:2019年2月20日(水) 19時37分
Original Size: 640 x 480, 185KB Original Size: 320 x 240, 42KB

兎飼戸橋から切通に向かう道には、馬頭観音が多くありました。
そのうち、ヘビを持つ千手観音のものが興味深かったです。
よく見ると、千手観音の下には、3匹のサルとトリも浮き彫りにされていました。
馬頭観音にもいろいろなタイプのものがありますね。

切通には、茅葺き屋根の民家がありました。
綺麗に使用されているし、庭も立派で驚きました。



9688.Re: 小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅
名前:komado    日付:2019年2月21日(木) 21時26分
なおたんさん、

石舟高旗ってどこだろう・・・と思ってエアリア見たら
切通のあたりから起き上がる尾根だったのですね!

この位の里山になると、かつての往来を偲ばせる祠や石仏が多くて、
そういう歴史を感じるのもまた楽しみの一つだとお話を聞くと本当に思います。

ちなみに差し出がましいようですが、最後の千手観音・・・は
おそらく庚申塚と思います。青面金剛と三猿(みざるきかざるいわざる)。


9690.Re: 小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅
名前:なおたん    日付:2019年2月21日(木) 22時17分
Original Size: 640 x 480, 163KB Original Size: 320 x 240, 44KB

komadoさん、こんばんは!

庚申塚の件、お教えいただき、ありがとうございました。

この庚申塚と馬頭観音をいくつか見た館川は、割と綺麗な川で
今の時期、カエルは鳴き、よく見ると、小さな魚はウジャウジャいるし、
カワセミが飛んでいくのも見ました。
またホタルの生育地でもあるようですよ。

自然が豊かな所のようで、なんだか嬉しくなりました。

それから、先日ご報告した石老山の南にある牧馬のクスノキの巨木がなかった件ですが、
昭文社より電話があり、平成27年までクスノキの巨木はあったが、
その後、切られたということだそうです。



9692.Re: 小川町駅〜腰越城址〜石舟山〜高旗山〜切通〜小川町駅
名前:komado    日付:2019年2月23日(土) 9時46分
なおたんさん、

そうそう!
お話を聞いてかつてバイクで館川を通りがかったときのことを思い出しました。
ナイトランでその時は光は見られなかったものの、妙に人出が多かったので聞いたら蛍が見られるって。

それはそうとクスノキの件は残念ですね。。。理由はあるんでしょうけど。

9682.軍荼利神社のカツラの木と鎌沢尾根 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月16日(土) 20時39分
Original Size: 640 x 480, 189KB Original Size: 320 x 240, 53KB

komadoさん、こんにちは!

今日は、軍荼利神社のカツラの木を見に来ました。
樹齢500年くらいで、圧倒的な存在感がありました。
軍荼利神社の軍荼利は、梵語の「クンダリニー」を由来としているそうですが、
この木のおかげで、その名にふさわしいエネルギーを感じる空間でした。

生藤山付近の稜線は、今日のような無風の日には絶好の場所ですね。
鎌沢尾根の最初の下りは急でしたが、途中から雑木林の素敵な空間に出会えました。

午後から風が冷たくなってきましたが、この心地よさをまだ満喫したくて
桐花園から一ノ尾尾根に取り付いてみました。
この道は「めおと坂」と呼ばれているようですね。

今日のルート
井戸BS〜軍荼利神社〜生藤山〜鎌沢尾根〜めおと坂〜一ノ尾尾根〜藤野駅



9683.Re: 軍荼利神社のカツラの木と鎌沢尾根
名前:komado    日付:2019年2月17日(日) 20時50分
なおたんさん、

鎌沢尾根から生藤山をまわると確かに少々物足りない感じではありますが、
まさかそのあと一の尾根まで歩かれるとは!!
でも軍荼利神の大カツラは本当に見事です。むしろ木の方が霊験あらたかかも(笑)。

雑木林の明るさはもう春を思わせます。
でもいったん曇ると冬に逆戻りしてしまうのでまだまだ気が抜けませんね。


ページ: |< << 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb