[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




9745.残された未踏の尾根あるき 返信  引用 
名前:なるしま    日付:2019年3月25日(月) 22時15分
Original Size: 461 x 346, 56KB

komadoさん こんばんは

昨日24日、葉山アルプス(これが正式名かどうか判りませんが)南尾根
に登る尾根のわかっているだけで、最後に残された大山尾根を
歩いてきました。
藪かと思っていたら、すっきりしたルートであっけにとられてしまいました。
入り組んだ尾根と沢を随分歩いたので
ヤマザクラを楽しみながら、あっちこっち降りたり登ったリ
面白い歩きが出来ました。
相模湾に浮かぶ江の島と富士山を貼り付けます。



9747.Re: 残された未踏の尾根あるき
名前:komado    日付:2019年3月25日(月) 23時51分
Original Size: 640 x 480, 118KB

なるしまさん、

昨日はずっといい天気が続きましたね。
自分も歩いてましたが、風が案外冷たくてまだ気が抜けないなあ、と。
でもそちらの方はもう少し暖かそうなイメージです。

未踏の尾根が減ってきて、今後はどの辺りを歩かれるのでしょうか?
そのあたりも気になってます。大洞岩、久々に寄りました。


9738.焼津アルプス(高草山〜満観峰〜日本坂峠〜花沢山) 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年3月24日(日) 21時22分
Original Size: 640 x 480, 181KB Original Size: 640 x 480, 79KB

今日は、焼津の代表的な山を3つ経由し、用宗駅に降りるルートを歩いてきました。

高草山で、AKIOさんと遭遇。
絶滅危惧種のキスミレの群生を見るのを楽しみにしていましたが、
今年は、不作のようです。コシノコバイモも、1輪のみ。
しかし、高草山からの富士山は綺麗でした。

AKIOさんとはここでお別れし、お次は、満観峰へ。

満観峰は景色が良いところ。
静岡県の山は、富士山と駿河湾が大きく見えるのが特徴です。
雰囲気的には、由比にある浜石岳と似ています。



9739.Re: 焼津アルプス(高草山〜満観峰〜日本坂峠〜花沢山)
名前:なおたん    日付:2019年3月24日(日) 21時24分
Original Size: 320 x 240, 81KB Original Size: 320 x 240, 52KB

満観峰の山頂で言葉を交わしたお兄さん達としばらく歩き、
「家康のベンチ」という場所で写真を撮りました。

焼津の人はとてもフレンドリー。
でも、名前を聞くのを忘れてしまいました。残念!



9744.Re: 焼津アルプス(高草山〜満観峰〜日本坂峠〜花沢山)
名前:komado    日付:2019年3月25日(月) 21時52分
なおたんさん、

まさかのバッタリはキスミレ狙いのだったせいでしょうか。
今年のキスミレはhomeの山で見ることになりそうです。

おっしゃるとおり静岡の特に海に近いところは植生も雰囲気も似てるかもしれませんね。
そして何より明るく開放的。富士は遠いけど遠州/三河境の湖西連峰もそんな感じだったことを思い出しました。
ミカンは売ってなかったけど(笑)。

9737.高草山のキスミレ 返信  引用 
名前:AKIO    日付:2019年3月24日(日) 18時56分
Original Size: 730 x 547, 224KB Original Size: 730 x 547, 222KB

Komadoさん、こんばんは。

昨年は、23日に高草山(焼津)のキスミレを見に行って良かったので、
今日24日に再訪しました。

ところが、今年は不作のようで、残念ながら黄色のカーペットは見る
ことができませんでした。それでも一生懸命に生きようとしている
キスミレを見て、また来年以降に期待したいと思います。

コシノコバイモも昨年は数株の花が見えましたが、今年は一株のみ。
他の花も、昨年に比べて今年は株数が少ないのと、開花が少し遅れて
いるような気がしました。コシノコバイモは時期的にまだ少し早いのかも
しれません。

天候は申し分なく、富士山をはじめ周りの展望は十分に楽しめました。



9743.Re: 高草山のキスミレ
名前:komado    日付:2019年3月25日(月) 21時45分
AKIOさん、

なんと今年も行かれていたのですね!
でもキスミレが不作とは驚きました。
自分の知っているところはそう大きく違いが出ないもので。。。

まぁここは多いところだから顕著になるのでしょうか。
個人的には今年はご縁がなかったということなのかなあと。

9731.夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年3月21日(木) 11時28分
Original Size: 640 x 480, 207KB

昨日は、AKIOさんと、夕狩沢(上級者コース)で登り、棚山南東尾根で下山するルートを歩いてきました。

この日の山行の目的は、
(1)夕狩沢コースを歩くこと
(2)棚山南東尾根を歩くこと
(3)妙見尊を見ること
(4)岩下温泉に入ること
の4つ。

夕狩沢の林相は美しかったです。また途中、見捨てられたトラックを発見。
チェーンが片方に付いていたので、林道がまだ生きていた頃、冬季に入ったのかも?
お昼は、夕狩沢を詰めたあたりで、尾根を登る前に休憩し、取りました。



9732.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:なおたん    日付:2019年3月21日(木) 11時30分
Original Size: 640 x 480, 196KB

棚山南東尾根は、入り口を見落としたので
しばらく東方面の尾根を歩いてから、半ば強引にトラバースして尾根に取り付きました。
この尾根は、枯葉や倒木が多く、人がほとんど歩いていないため、歩きにくく、何度か滑りました。



9733.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:なおたん    日付:2019年3月21日(木) 11時34分
Original Size: 320 x 240, 41KB Original Size: 640 x 480, 136KB

妙見尊については、春日居町駅から山に向かうとき、山の中腹にあるのを確認していました。
標高650m付近までは、妙見尊が存在する尾根を下降しましたが、
傾斜が激しく、岩が出てきたので、
それよりも東にある傾斜の緩い尾根にトラバースし、
回り込む形で妙見尊に行かれないかどうかを試してみることにしました。

トラバース道は、急斜面の枯れ葉でかなり滑りました。
下の方を見たら、コンクリートの車道が見えたので降りてみると途中で終わっていました。
なぜかなと思いながら、右手上を見上げると母屋が見えたので、行ってみると神社でした。

これが妙見尊と思い、喜びましたが、
どうも地形図にある妙見尊の位置とは少し離れています。
母屋の形も全く違うので建て替えたのかと思いましたが、
家に帰ってから、妙見尊の拡大写真と比べてみたところ、違うものであることがわかりました。

あの山には、妙見尊とほぼ同じ標高のところに、別の神社があることがわかりました。
非常に眺めの良い場所にありましたが、これも新しい発見でした。



9734.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:なおたん    日付:2019年3月21日(木) 13時33分
Original Size: 640 x 480, 211KB

なお、夕狩沢で、スイセンのような葉っぱの植物が群生しているのを見かけました。

これは何でしょうか?

ヒメオウギズイセンかとも思いましたが、花もついてないし、不明です。
わかったら嬉しいです。



9735.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:なおたん    日付:2019年3月21日(木) 13時42分
Original Size: 640 x 480, 219KB

思ったのは、ヒメヒオウギズイセンでした。
特に珍しいものでもないにも関わらず、何度もスミマセン。

一応、沢筋の日当たりの比較的良い斜面に生えていました。



9736.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:komado    日付:2019年3月21日(木) 23時43分
なおたんさん、

棚山は自分が課題でもある山だし、
兜山から深草観音の方は歩いたことがあるので、コースはよくわかりました。
夕狩沢をそのまま詰めるのは面白そうです。

そうそう中腹に見えるのは自分も気づいてましたが妙見尊なんですね。
それにしても妙見尊のほかに神社とはなんかこれも面白そう。

自分はほったらかし温泉も入ってないのでそれと組み合わせたいですねえ!


9740.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:ba_sobu    日付:2019年3月25日(月) 4時56分
なおたんさん こんにちわ
妙見尊? 下から見えるし 地形図にマークがあるので前々から気になってました
お堂があるのなら行けるはず、いつか訪れてみたいと
思っていました

しかし 二ッある? 
あの峰は鋭いですから 人々がそれだけ霊力を感じているのでしょうね
できたら 拝みに行きたいです


9741.Re: 夕狩沢〜棚山南東尾根〜岩下温泉
名前:なおたん    日付:2019年3月25日(月) 14時1分
Original Size: 640 x 480, 153KB Original Size: 640 x 480, 55KB

ba_sobu さん、こんにちは!

お堂は、確か、地形図の夕狩沢の550の末尾のゼロの近くにあったように記憶しています。

あの時は、あのお堂が妙見尊ということで片付けていたのですっかり安心していましたが、
お堂からの展望が良かったのでもっと位置を確認しておけば良かったです。

しかし、神様に苦労して会いにいくという、楽しさを味わせてもらいました。


9728.七ツ石小屋〜石尾根 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年3月18日(月) 22時37分
Original Size: 640 x 480, 157KB

今回は、2010年〜2011年にかけて奥多摩のバリエーションルートを一緒に歩いた戦友との懐かしい復活山行でした。

鴨沢からの登路で、元山岳救助隊の人とバッタリ!
3月に入り、山友にバッタリするのはkomadoさんを含め、これで3回目。
こう頻繁だと、天から見守る誰かがいるのかなんて想像したくなりますね ^^)。

12時からパラパラと雪が降って出し、13時半過ぎに七ツ石小屋に到着。

小屋番さんは、南ランボウ似の長身で物静かな男性でした。
七ツ石小屋のトイレに案内されたら、シカが上からジッと見つめていました。
小屋番さん言わせると、この時間帯にシカが至近距離で出てくるのは珍しいそうです。
小屋にいるネコも、いつもだと登山客が来ると隠れてしまうのに、今日は、私の側でべったり寝ていました。

「動物を引き寄せる何かを持っているのかも・・・あなたは、シャーマン?」なんていう謎めいたことをポロッと言っていました。



9729.Re: 七ツ石小屋〜石尾根
名前:なおたん    日付:2019年3月18日(月) 22時39分
Original Size: 640 x 480, 116KB Original Size: 640 x 480, 145KB

小屋番さんとは、初対面にも関わらず、その後、スピ系の話で妙に盛り上がり、5時間以上も語り合いました。

夕方から雪はさらに降り積もり、深深と冷え、気温は、夜中の2時でマイナス6度、翌朝6時でマイナス5度でした。

今日は、平日のせいか、石尾根には人っ子ひとりいませんでした。
空は、真冬のように澄み渡り、雲一つない富士山とその近隣の尾根尾根が美しかったです。

今日のこの美しい奥多摩の自然を独り占めしたことになります。贅沢な1日でした。



9730.Re: 七ツ石小屋〜石尾根
名前:komado    日付:2019年3月19日(火) 23時39分
なおたんさん、

いいですねえ!雪の石尾根!!
雪の石尾根も七ツ石もテント以来ご無沙汰してるけど、
小屋番さんもぼちぼち変わっているようですね。

この時期は静かでお話も盛り上がったようでうらやましい。
ただ奥多摩小屋が閉鎖の後、今年のgwはどうなっちゃうのががチト心配です。。。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb