[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




9500.唐松岳でライチョウ3羽 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2018年9月20日(木) 19時32分
Original Size: 640 x 480, 120KB Original Size: 640 x 480, 105KB

komadoさん、こんばんは!

長野の天気が良かったので始発の新幹線に乗って唐松岳へ。
白馬連峰を映す神秘の池、八方池を過ぎ
ケルンの先でライチョウ3羽と遭遇!超かわいい!
 しかも登山道のすぐ脇。
 こんな好天なのに会えるとは、なんという幸運!!!



9501.Re: 唐松岳でライチョウ3羽
名前:なおたん    日付:2018年9月20日(木) 19時33分
Original Size: 640 x 480, 91KB Original Size: 640 x 480, 35KB

唐松岳山頂では雲が出てきましたが
頂上小屋から綺麗な夕日を拝んできました。



9502.Re: 唐松岳でライチョウ3羽
名前:komado    日付:2018年9月20日(木) 23時19分
なおたんさん、

唐松は朝一の新幹線で行って劔が拝めるというのが小屋の売り文句にしていたような。
でもケルンの辺りでもうライチョウが出るとは驚き。
もっと上にいるものと思ってました。

昼はガスってても夕方になると晴れるパターンは多いですね。
夕焼けも夏とは違い、クリアに見えますよ。

9498.何処かで見たような草原 返信  引用 
名前:takigoyama    日付:2018年9月19日(水) 9時48分
Original Size: 1280 x 960, 201KB

komadoさんおはようございます。同じ場所なら、野焼きが終わりワラビの時期が終わった後が
また楽しい、ムカゴソウ スズサイコ クサレダマ オキナグサ来年はベニバナ探し広すぎて
ヒナノキンチャクもあるけど目標がないのでたどり着けない



9499.Re: 何処かで見たような草原
名前:komado    日付:2018年9月19日(水) 21時1分
Original Size: 1024 x 768, 129KB

takigoyamaさん、

その草原が同じ草原かどうかはわからないけど(笑)、
絶望的に広くてどうしようかと思ってしまいましたが、高尾でお勉強した事が今回も役に立ったという感じです。

ということで13年ぶりに本命に、しかも良い状態で再会できて感激もひとしおです。
ありがとうございました。(^^)


9494.細野山 返信  引用 
名前:リブル    日付:2018年9月16日(日) 18時59分
Original Size: 800 x 535, 162KB Original Size: 800 x 535, 105KB

今日はミニバリ。
浜沢から細野山に登りました。

軽すぎたので矢平山へ。
雨が多いせいか、きのこがたくさんありました。



9497.Re: 細野山
名前:komado    日付:2018年9月16日(日) 23時53分
Original Size: 640 x 480, 53KB

リブルさん、

確かに秋山側から前道志の稜線は基本短すぎるかも(笑)。
でも今日は案外いい天気。キノコが豊作のようですね。

自分は久しぶりに低山系のマツムシソウに逢えました。
マツムシソウに出逢えて喜んでしまう時代になってしまったは少々複雑ですけど。


9492.二岐山(三百名山)  返信  引用 
名前:なおたん    日付:2018年9月15日(土) 14時55分
Original Size: 640 x 480, 195KB Original Size: 320 x 240, 42KB

山形県から南下し、福島県の二岐山へ。


平将門と、その妻の桔梗姫を祀った御鍋神社にまずはご挨拶。
社前には、「森の巨人たち100選」に選ばれた幹周3.8mのサワラの巨樹がありました。

社前で写真を撮ると、美しい紫色の光の玉が!
ここには、天使様がおられるのかな。

二岐山は、1970年代ブナ林の伐採が行われたが、反対運動で、伐採は中止。
尾瀬とともに、福島県の自然保護運動の原点となった山です。

ちょっと山にご挨拶程度のつもりで登りましたが、・
周遊すると、最後の林道歩きが余分と感じました。

この山には山頂が2つあり、別名、乳房山とも呼ばれています。
昔々、ダイダラボッチという巨人がこの山を跨ごうとしたとき、股間のイチモツを打ち、山が2つに割れ、乳房のような山になったとか。
昔の人の想像力はたくましいですね。



9496.Re: 二岐山(三百名山) 
名前:komado    日付:2018年9月16日(日) 23時45分
なおたんさん、

そうそう自分は二岐山は姿はわかりますけど、まだ未踏なんですよ。
展望もさることながら、道中の森林の様子がやはり興味深いですね。

ブナもさることながら椹の巨樹も気になります。
乳房山の由来は聞いた事があるなと思ったら、ガイドブックにも載ってました。
西洋的価値観の入る明治以前はいろいろおおらかでしたから。
その名残は今でもたくさんありますね。表だって言えない事も含めて(笑)。

9491.一切経山(三百名山) 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2018年9月15日(土) 14時44分
Original Size: 640 x 480, 129KB Original Size: 320 x 240, 27KB

komadoさん、こんにちは!

秘湯中の秘湯、姥湯温泉に宿泊し、
翌日、姥湯温泉〜一切経山をピストンしてきました。
兵子を経由していく行程です。

兵子登山口〜兵子までは、急坂で足場が悪く、
兵子〜五色沼に出るまでは、笹の藪漕ぎと倒木がありました。

この誰も行かないようなルートだと、
「吾妻の瞳」と称賛される五色沼をずっと見ながら一切経山に到達することができるのです。
五色沼は、場所によってエメラルドグリーン、コバルトブルー、 ターコイズブルー、エメラルドブルー、パステルブルーと、同じ青でも色彩が異なります。

天気は、予報を外れ、有難いことに山頂では好天に恵まれました。



9495.Re: 一切経山(三百名山)
名前:komado    日付:2018年9月16日(日) 23時37分
なおたんさん、

姥湯から兵子のルートなんて渋いですね。
この辺りもご無沙汰してますけど、自分はこの辺りだと
明月荘が定宿だったので姥湯も滑川も泊まった事がないのですよ。

稜線のネマガリは相変わらずのようですけど、確かに西方向からの五色沼はまた格別ですね。
くろがねから一気の縦走がしてみたくて。。。

9490.石鎚山 返信  引用 
名前:zio    日付:2018年9月14日(金) 22時56分
Original Size: 750 x 500, 184KB Original Size: 750 x 500, 124KB

Komadoさん、こんばんわ。

つい先日まで酷暑にうなされていたと思ったら秋雨前線が忍び寄っていましたという感じ。
そんな折、思い切って石鎚山へ足を延ばしてみました。
お天気は、曇り時々晴れ。
何とか展望も楽しむことができました。
お花も一杯、紫色が目に付く秋仕様になっておりました。



9493.Re: 石鎚山
名前:komado    日付:2018年9月16日(日) 4時43分
zioさん、

うわ石鎚山ですか!
先月内蔵助で、ちょこっと話に出てて四国もご無沙汰してるのでと思ってた所なのですよ。
ガスと晴れ間のコントラストがいいですね!

しかし9月にはいってなんか不安定なお天気が続いて困っちゃいます。
秋仕様のお花畑をそろそろお目にかかりたいと思っているのですが。。。

9488.武州日野の寺沢を辿って 返信  引用 
名前:なるしま    日付:2018年9月9日(日) 21時56分
Original Size: 461 x 346, 107KB

KOMADO さん こんばんは

随分久しぶりに、西武秩父線で武州日野に。
可愛い寺沢を辿って来ました。
水流も多く、山深い森の中、静かな沢歩きを楽しんできました
熊倉山へは登らず、大きな堰堤のある辺りから戻って来ました。
小さな紗和足旅でしたが野趣に富んで
久々に昔の感触をおもいだし 楽しんできました



9489.Re: 武州日野の寺沢を辿って
名前:komado    日付:2018年9月10日(月) 0時42分
なるしまさん、

寺沢ですか!
堰堤はどこかわかりかねますけど、
もとの日野コースが高巻いている箇所辺りまでは歩かれているのでしょうか。

自分は登山道しか歩いた事しかないので
あそこの高巻いている辺りの沢の様子が気になっています。
お写真のような谷の深いイメージ。寺沢は上流部でも水量が多いからさぞかし気持ちよかった事でしょうね。

9486.高ワラビ尾根〜大持山西尾根 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2018年9月7日(金) 11時26分
Original Size: 320 x 240, 51KB Original Size: 640 x 480, 171KB

komadoさん、こんにちは!

昨日は、貴重な登山日和。
以前から狙っていた奥武蔵のバリエーションを歩いてきました。

橋立鍾乳洞の神社にまずはご挨拶。
道路脇の作業道から705mの城山まではキツイ上りの連続。
その後、露石混じりの尾根になり、面白くなってきましたが、
ここからは、岩場の直登連続で体力をかなり要しました。
湿度、温度も高いため、汗は吹き出し、もうお風呂の中状態。

しかし、この湿度のためか、沢山のキノコと遭遇。
黄色くて巨大なまんじゅう型のキノコは、「アカヤマドリ」と言って食用になります。これがあちこちにありました。
タマゴダケ三兄弟とも出会い、しばし、キノコ取りに夢中になり、
ロスタイム発生。
大持山西尾根は猛烈ダッシュし、最終バスに間に合いました。



9487.Re: 高ワラビ尾根〜大持山西尾根
名前:komado    日付:2018年9月8日(土) 7時50分
なおたんさん、

あの暑い中、というか蒸し風呂の中よくもあの長い尾根を登りましたね!
自分が歩いたのは相当昔ですけど、下りでもかなり長かった覚えがあります。

でもタワ尾根手前の露岩帯の事を考えると登りが正解なのかも。
9月にはいって本格的なキノコの季節。
アカヤマドリは自分もわかります。表面のマットな感じが食べられなさそうに見えてしまう。。。(笑)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb