[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




119.薮の中 返信  引用 
名前:Kanda    日付:2004年12月25日(土) 21時52分
Original Size: 640 x 480, 122KB Original Size: 480 x 640, 113KB

Komadoさんこんばんは。23日は久しぶりにいってきました〜。モリ尾根〜ハゲ岩〜岩岳尾根〜袖尾根です!濃い!!
大常木谷出合いより上流の下降点から一之瀬川を徒渉(膝程度)。踏み跡をたどって南端の小尾根から取り付きました。黒木に覆われたヤセ尾根と急斜面、突然岩場にぶち当たったりとなかなかの難コースです。今日は足袋でないのが辛いところ(靴はあったかいけれど)。主尾根にのっかると(逆コースはわかりずらく、厳しいと思います)ちゃんと道があって、ミズナラの大木が軒を連ねるプロムナードコースをのんびりと。
しかしそれもシナノキノタルまでのこと。その先は縦走路まで所要時間2時間20分、ヤブ98%(体感120%)の特濃クラスです。静かな尾根なんてとんでもありません。「この世には薮を掻き分ける音しかないのだろうか」と言うフレーズを思いついてしまいました。昔はどこもこんなだったのでしょうか・・・。
思ったよりも時間がかかること、尾根の曲がり具合、大木も多い雰囲気など、鳥屋戸を連想しました。そんなこんなでお昼を過ぎてしまい、岩岳尾根では急いでしまいました。岩岳周辺からはすばらしくて、ゆっくり味わいたいところだったのですが。
帰りは何とか河原におりてまた徒渉。林道に這い上がったらもうお月様が光っていましたとさ・・・(汗)。



121.Re: 薮の中
名前:komado    日付:2004年12月25日(土) 22時33分
う〜〜ん、モリ尾根。素晴らしい!
以前日原林道で拾ってもらった方(おそらくOMCの方だと思う)にここを勧められた事がありました。

しかも末端から歩かれたのも凄い。やはりこの辺りになるとスズタケ?も健在ですね。
私も久しくハードなヤツはやってないけど、
程度の差はあれ昔はどこもそんな感じ(って歩いてねーだろ・笑)だったと思います。
だから日原だって、昔とはシビアさが全然違うんですよね。

時に、シナノキノタルを乗越す大常木林道の様子はどんな感じでしたでしょうか?(^^)


122.Re: 薮の中
名前:    日付:2004年12月26日(日) 0時23分
Kandaさんはじめまして!
わたしも、禿岩直登ルートやモリ尾根あたりを考えたことがあるのですが、奥多摩山岳会の例の本には藪が濃いと書かれていましたので敬遠していました。レポートを拝見しますと、やはり藪が濃いのですね・・(残念)!!
袖尾根あたりを降りられると云うのは心憎いですね。

>komadoさん
こんばんは!岩岳尾根は、その静けさがあたかも昔の鴨沢みちはこうだっかもしれない(?)という雰囲気で、わたしのお気に入りです。ただ、車で飛ばしていくと、余慶橋でなかなか車が停まらないのですよ・・。ここまで入るとどうしても一之瀬に目が行ってしまうし、一之瀬に入るとどうしても目が奥秩父主脈に向いてしまいます・・(そんなこんなでしばらく岩岳尾根には行っていない・・笑)。

大常木林道を将監峠まで行ってみたいですねぇ・・。
(でも帰りはどうするんだろう・・?)


123.Re: 薮の中
名前:Kanda    日付:2004年12月26日(日) 20時9分
Original Size: 640 x 480, 142KB

>峰さん、はじめまして。
私もこないだまでは敬遠していたのです。でも、家で花のひかりを見ながら山を想ううちに行きたくなってしまうのです、スズタケの中へ(^^)。
でも、再訪を考えるなら刈り払いあり、落葉の明るい雰囲気ありの下半分がいいかなと思っています。
袖尾根は単なる周回ルートです。ただ様子が分からないのでちょっと心配でした。国道側は降りられませんし。しかも下りのマーキングがあって、これに完全にだまされました。自分の行動には責任を持たねば・・・(反省)。
余慶橋からはいくつも尾根があり、興味のあるところですね。

>Komadoさん、
写真はシナノキタル、大常木林道です。しっかり刈られています。新しめのコーヒー缶も木に掛かっています。あとは崩落箇所の具合、ですね。
北の大常木林道に南の大黒茂林道、そして北のモリ尾根に南の大菩薩北尾根という関係で語れそうなこれらの山域、これはやはり歩いておきたいところです。ハシカキノタル付近もいい感じでしたし。
モリ尾根はツガの見事な大木多くや、立ち並ぶミズナラ、スズタケの斜面では(たとえば鍵掛南面のように)ブナの大木と、広々とした所はないものの、ここでしか見られないものがあると思います。



124.Re: 薮の中
名前:komado    日付:2004年12月26日(日) 22時59分
峰さん、Kandaさん、こんばんわ。

岩岳尾根・・・実は山行きが一回潰れているのですがそれでもすぐに行かなかったのは、
私も大常木林道を歩きたいからに他なりません。

とはいえ、道の状況がわからない以上、偵察が必要なんだけど、
丹波からハシカキノタルだと悠に3時間はかかるので、論外。
じゃぁ将監からと言っても・・・という状況で放置しているというのが実情です。

今回のKandaさんの山行きはこの下見の意味もあったのではないでしょうか?
もしかするとネクスト?(^^)

とにかくシナノキノタルの写真、ありがとうございます。ここもなんか良さげな所ですね。
今後もお二方に限らず、ワクワクさせてくれるようなお話やご報告などなど
私や みなさんに聞かせもらえると嬉しいです。


297.Re: 薮の中
名前:ズッカン    日付:2005年3月7日(月) 18時50分
数テンポ遅れですが割り込ませて下さい。
もり尾根、袖尾根と興味尽きませんね。
皆様の交信は大常木林道探検隊結成の雰囲気も漂い、実に楽しいです。
Kanda様。
袖尾根について質問させて下さい。
1、尾根上のヤブの様子。
2、一の瀬川に下り立った場所。或いは、一の瀬林道に登り着いた所。
以上をもう少し詳しく説明願いたいと思います。
林道から一の瀬川に下る道は3本。(と、思います)
切通しからの小尾根、切通し下流から明瞭な道、そしてKandaさんが下った大常木谷上流に出る道。いずれかに該当しますでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Komada様。
掲示板をお借りしてスミマセン!
いつも楽しく拝見させて頂いてます。


301.Re: 薮の中
名前:komado    日付:2005年3月7日(月) 21時2分
ズッカンさん、みなさん・・・

前にもいいましたが、この掲示板は横レス、管理者の知らぬ所で勝手に盛り上がる などなど大歓迎です。(^^)

なので Kandaさん、よろしくぅ〜・・・というか私も聞きたい(笑)。


302.Re: 薮の中
名前:Kanda    日付:2005年3月8日(火) 22時15分
ズッカンさん、はじめまして。
一瞬、入る場所を間違えたかと思いましたよ〜。袖尾根についてですか?
薮の様子は、初め細い鹿みち状の所にかき分けていく感じで、鞍部のあたりは濃いめです。1388mピークまで行けば薮は切れます。
その先、南西尾根を目指すと下り専用のペンキマークがあって(モリ尾根には同じ上り専用のがありました!)、信用して下ると急斜面に突入してしまいます(北側の広葉樹記号の所です)。典型的な読み違えの状況ですが、どうなんでしょう。
もう夕闇が迫っていたのでそのまま慎重に下りました。ここも徒渉は楽ではありませんが、上流側を渡ると対岸はちょうど林道が東に出っ張っているカーブのところです。暗い中でしたが幸い登りやすかったです。ほんとに幸いでした。
いや、なつかしいです。自分はまだもう少しは行けそうにありませんね。みなさん、安全で楽しい山旅を〜!


303.Re: 薮の中
名前:ズッカン    日付:2005年3月9日(水) 18時33分
Kandaさん、Komadoさん、有難うございました。
Kandaさんのお応え、地図と睨めっこで何度も読み返しました。
正直なところ、ポイントが今ひとつ分かりませんが、大いに参考させて頂きます。
未知の尾根を下降、険谷一の瀬川の渡渉、まして闇に追われての行動と、現場を想像する私がドキドキしてしまいます。

浅学ながら、小さな歴史をひとつ。
旧青梅街道・大菩薩峠路が現在の柳沢峠に替わったのは明治10年。
では、それまで一の瀬村と丹波の繋がりはどうであったか?
奥秩父研究(原全教著)では、こう答えています。
「一の瀬から大常木出合へ達し、袖尾根を登って中尾根へ出・・・・」
中尾根とは岩岳尾根の下部、現在の岩岳尾根道のことです。
凄い大高巻き!いかに丹波川が険悪であったか、ですね。
また奥秩父(原全教著・昭和8年発行)では、大常木谷出合から岩岳への小尾根を特に「ムスブ尾根」と呼び、小径の記号が付いています。

Kandaさんの辿った道は、ささやかな生活の道。
埋もれてしまったけれど、少しは掘り起こしてみたいものです。

290.ヒネリなし...ですか^^; 返信  引用 
名前:Hg    日付:2005年2月28日(月) 23時32分
Original Size: 567 x 397, 83KB

こんばんわ〜
石尾根(レポ?)拝見しました。
真っ白な雪で気持ち良さそうですね。
同じ時間、自分は悪戦苦闘?していましたぁ
今回は自分がヒネリかな^^;
軍刀利沢中程にある2段滝です。名前は知りませんがかなりの滝です。すこしでも氷結を期待していたのですが、全くでした。



291.Re: ヒネリなし...ですか^^;
名前:komado    日付:2005年3月2日(水) 19時45分
確かに今回はHgさんの方がヒネりかも知れませんね。(^^)

しかし、今冬も?滝の氷結はイマイチのようですね。
今冬ほど 寒い イヤ暖冬だ といろいろ云われる年も珍しいと思うんですけど、
確かに平均しちゃうと平年並みといった所なんでしょう。

でも個人的にこの冬は最低気温は高め、最高気温が低めで推移しているのでは?思っています。
そうすれば寒く感じるのも、氷結がイマイチなのも説明がつく・・・ハズしてるかな〜??(苦笑)

私もそろそろお花やお地蔵さんに逢えるような所を歩こうと思っています。


295.Re: そろそろ花や・・・
名前:Hg    日付:2005年3月6日(日) 23時14分
Original Size: 567 x 397, 86KB Original Size: 567 x 397, 85KB

・・・ということで、花探しに行ってきました。
浅間尾根は奥多摩周辺では最も早くマンサクの開花が見られる山域ですが、今年は雪が多く、ちょっと早いかなぁ、と思いつつ。

一応見つけました。まだ咲き始めたばかりですが^^;

因み雪もまだたっぷり残っていました。
今日は朝のうちだけ好天、すぐに霧に覆われてしまいましたが、チラッと見えた御前山です(右)



299.Re: そろそろ花や・・・
名前:komado    日付:2005年3月7日(月) 20時50分
もう雪はいいかな〜と思いつつも、やはり降雪直後の山は素敵ですね。(^^)

マンサク、山でも咲き始めましたか。ありがとうございます。
今年は花の開花が遅そうですが、来週は私も春のお花に逢いたいです!

292.オブジェ 返信  引用 
名前:    日付:2005年3月4日(金) 20時43分
Original Size: 640 x 480, 68KB Original Size: 640 x 480, 89KB

今日、つるつる温泉側からの新道脇に雪だるまが三つあるのを見つけました。

三つもつくるとはよっぽど雪あそびが好きな連中だなぁと思いつつ山頂にあがり・・、ふと手すりの欄干を見ると・・ここにもしっかりありました。

手口が似ていることから多分同一犯の仕業だと思われます・・なかなか遊び心のある先行者達でした(笑)。

http://www.okutama.net



293.Re: オブジェ
名前:    日付:2005年3月4日(金) 20時52分
Original Size: 640 x 480, 68KB Original Size: 640 x 480, 30KB

なかなかユーモラスな顔をした雪だるまで笑い出してしまいました。先行者のゴミでは嫌ですが、こういうオブジェは楽しいですね。

帰りに四つ足の獣の足跡を見つけました、多分イノシシのように思われます・・。この界隈ではなかなか見かけないものなので、これも興味深いものでした。

http://www.okutama.net



294.Re: オブジェ
名前:ba_sobu    日付:2005年3月6日(日) 22時49分
Original Size: 640 x 480, 38KB Original Size: 640 x 480, 35KB


おおお!!!

すてきな、すばらしい 作品ですね!!!
ちょっと 感激もの です。
じつは わたしも雪だるま作り 大好きなので。

休憩時間にちっこいのを作って道標の上やベンチやお地蔵様の隣に
残しておきます。おひさまが出てくると消えてくれるのがいいのです。でもわたしのは、せいぜい、その辺の松ぼっくりで目玉を作ったり 
葉っぱで帽子を作ったりする程度で こんな造形は とても、とても。
この だるまは すごいな。

そういえば 何年も前 梅久保山で雪だるま残しておいたら その3,4日あとに 偶然 komadoさんが歩かれて(お忘れかもしれません)「誰かが残した雪だるまがうんぬん」なんてこと思い出しました。意外ととけないんだなぁと。思ったのです。


もうひとつ 2週間ほど前になりますが 南大菩薩の北尾根で見かけたあしあと、どなたさまのものか?  両足そろえたのは 5pくらいで 可愛かったです。



298.Re: オブジェ
名前:komado    日付:2005年3月7日(月) 20時44分
いや〜、こりはスゴいですね!!
ただの雪玉じゃなく顔が作られているし、葉巻?まで銜えてる(笑)。
雪だるま作りは好きだけど、これはけっこう時間がかかりますね〜。
ヒマ人??それともただ者でない??

とにかく素敵な光景。峰さんありがとうございました。(^^)


> そういえば 何年も前 梅久保山で雪だるま残しておいたら

花咲峠?でしたっけ。ありましたね。
あれから私も人知れず雪だるまをつくるようになったのでした。

そおいや去年は3月半ばにこの辺りで初シュンランでしたが、
今年は一週は遅れそうだなぁ・・・。
 


ページ: |< << 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 >> 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb