[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




505.キンラン 返信  引用 
名前:鵜野森通信    日付:2005年5月7日(土) 8時34分
Original Size: 400 x 480, 22KB

お見舞いありがとうございます。
定位放射線治療のため、約一ヶ月休みました掲示板再開しました。
ただし、好きな山歩きが当面医者から厳禁されているため、
週一回位です。宜しくお願い致します。
キンランは一昨日・子供の日に鵜野森の雑木林で写しました。
http://homepage2.nifty.com/unomorituusin/



511.Re: キンラン
名前:komado    日付:2005年5月8日(日) 21時16分
鵜野森さん、こんばんわ。

キンラン、ありがとうございます。実は去年逢えなかったので、
今年はどこかで・・・やばかったら近場でもいいから・・・逢いたい花です。

放射線は比較的体に負担が少ないとはいえ、それによる後遺症もあるでしょう。
体調がいいかたちで順調になられるといいですね。というかお祈りしております。

487.自分は...富士と・・・ 返信  引用 
名前:Hg    日付:2005年5月4日(水) 23時44分
Original Size: 567 x 397, 94KB Original Size: 567 x 397, 77KB

こんばんわ〜
hillwalkerさんのアカヤシオ、いい色ですね、アンミツは兎も角^^;
それじゃぁ自分は...富士にフジザクラ、、で、いかがでせう。
もう一つ、富士にミツバツツジ...ちょっとミツバツツジが小さいか^^;

再び、山中湖を周回して来ました。今回は逆回り。
フジザクラ、行く先々で咲いていましたよ。写真は石割山からです。右は御正体山に向かう尾根筋からです。
今日(4日)は、行きはヨイヨイ、帰りは...大渋滞^^;



495.Re: 自分は...富士と・・・
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 17時48分
いや〜、実はGWに入ってから富士を見れていないのですよ!
富士にフジザクラにミツバツツジ。ありがとうございます。

サクラやミツバツツジはこちらでも咲いていたんですけど、
それをうまく入れて写真に撮るとなるとこれがなかなかうまくいかないんです。
フジザクラはともかく、桜は高木が多いですから。

逆コースということは三国山稜も歩かれたのでしょうか?
この辺りは時折連れて行ってもらえるのですが三国山稜は歩いたことがありません。

ブナの美しいらしい三国山稜、一度は歩いてみたいです。
でも、この辺りの渋滞はしょうがないですよね(笑)。
私もこの時期は御坂へ行くのに躊躇してしまいます。


502.Re: 自分は...富士と・・・
名前:Hg    日付:2005年5月7日(土) 0時15分
Original Size: 567 x 397, 113KB Original Size: 567 x 397, 123KB

こんばんわ〜
いつもkomadoさんやkandaさんには画像にお気遣いいただき、ありがとうございます。
でも、波線の道くらいまでなら歓迎ですよ。
相変わらずすごい所、歩いていますね〜(^^)
梯子坂より北側は未知の領域です^^;

ハイ、三国山稜も歩きました。
山中湖畔に車をデポし、大出山から奥ノ岳への尾根を通し、御正体山をピストンして南側に回り込み、三国山稜を経て籠坂峠、そして湖畔を1/3周して、元の地点です。
結局、山中湖を完全に一回りしたことになります。さすがに長かったです^^; 昨年歩いた柳沢峠から大菩薩連嶺を縦貫して初狩駅よりもさらにかなりロングでした。
ブナで言えば御正体周辺の方が樹は大きいですね。三国山稜のブナ林は粒が揃っていますが、大木の林というイメージはありません。自然林でしょうが富士山が最後に噴火した後に形成された林だと思いますので仕方ないでしょうね。
左は御正体山周辺、右は三国山稜のブナ林です(一番おいしい所を撮りました^^;)



503.Re: 自分は...富士と・・・
名前:ba_sobu    日付:2005年5月7日(土) 0時35分
御正体や三国山〜あたりは わたしもよく行きますし、すきなところなので、Hgさんが行かれたと聞いて つい嬉しくなりました。
Hg山の歩かれたルートはわたしの 2〜3回分にあたります

ことしは6月初旬に 三国山東稜〜湯船山あたり、サンショウバラを見に行く予定なので、楽しみにしています。


510.Re: 自分は...富士と・・・
名前:komado    日付:2005年5月8日(日) 21時8分
Original Size: 700 x 525, 65KB

御坂某所でやってみました(笑)。(^^ゞ

しかし、前の一周でも長いのに今回は御正体にも寄られたのですね;;;。
それと凄いと思うのはその後車の運転をされていること。渋滞していれば尚更で私だったら絶対に眠くなる!
昔、東北帰りにバイクで半分寝ながらフラフラと蛇行運転〜って事も何度かありました(笑)。

御正体直下のブナ林は素敵ですね。それに比べると三国山稜は若いのですか。
でも若いのには若いなりの魅力もある。元気そうなイメージというか。
ここも葉っぱのついている時に一度歩いてみたいですね。

サンンショウバラ・・・今年は逢えるかな〜??


477.テントかついで… 返信  引用 
名前:かず    日付:2005年5月2日(月) 18時46分
Original Size: 283 x 213, 25KB Original Size: 283 x 213, 22KB

言葉なくなる…。
そこにいたkomadoさんの気持ちが伝わるようです。
みごとなアカヤシオですね〜。
ヒカゲツツジに無事ご対面できて良かったね。
色が違うから見分けやすそう。
でも僕は見たことないから、咲いてる場所限られてるんでしょうね。
あ〜僕も見てみた〜い。

連休はテントかついで奥穂高岳に登ってきました。
涸沢で2泊したからのんびりできて良かったですよ〜。
前穂、奥穂、涸沢岳、北穂に囲まれて幸せ〜なひとときを過ごしました。
http://www58.tok2.com/home/yuuyuusyumi/



485.Re: テントかついで…
名前:komado    日付:2005年5月2日(月) 22時43分
いや〜、そちらも言葉のでないような光景じゃないですか!
GWの涸沢もテントだから天国でしょう。え〜な〜。

峰さん同様、私もサングラスがサマになっていると思いましたよ。(^^)
ほんとうに楽しそう。私もピッケルが欲しいような山歩き、久しくしていません。

今年は飯豊あたり行けねぇかな。。。


493.Re: テントかついで…
名前:かず    日付:2005年5月6日(金) 15時4分
Original Size: 283 x 213, 51KB Original Size: 283 x 213, 46KB

>峰さん
いや〜ん!照れちゃう〜!
サングラスはずすとそんなにかっこよくないですよ(笑)。

>komadoさん
komadoさんまで〜照れちゃうなあ!
矢岳にワサビ谷かあ。新緑きれいですね。

345は尾瀬に行ってきましたよ〜。
テントの中でガイドブックを見てたら駒止湿原を発見しました。
登山道は通じているのかしら?
いつか行ってみたいです。
http://www58.tok2.com/home/yuuyuusyumi/



500.Re: テントかついで…
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 19時19分
いや〜、尾瀬もこれまた素敵な写真ですね!
天気も良かったようですし、かずさんにとって最高のGWだったのではないでしょうか。

レポが楽しみですよ!(^^)

駒止湿原は車でも行けます。でも尾瀬に比べたら遙かにこじんまりとしています。
近年はかなり人出があるようですが、必要以上に期待しない方がいいかも。
いい場所ではあるんですけどね。

489.大栗山 返信  引用 
名前:シマダ    日付:2005年5月5日(木) 16時6分
Original Size: 480 x 640, 86KB Original Size: 640 x 480, 89KB

 ハナド岩から見る大栗尾根はアカヤシオが満開のようです。この辺り一帯は岩場が多くこの植物はこういったところが好きなのですね。
 三日前は五分咲き程度だったのが一気に花開いたようです。

http://members.goo.ne.jp/home/shimada_yama



492.矢岳
名前:シマダ    日付:2005年5月5日(木) 19時49分
Original Size: 640 x 480, 89KB

 酉谷山の東の肩辺りに古い道標の切れ端が大切に括り付けて有ります、とても「矢岳」とは読めませんが「分かる人は分かる分からない人は関係ない」といったところ。
http://members.goo.ne.jp/home/shimada_yama



499.Re: 大栗山
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 19時14分
シマダさん、こんばんわ。

GWは好天続きで花に新緑が一気に進みましたね。
アカヤシオも先日のオフがなければ、おそらく びったし に合わせることはできなかったと思っています。

そういう意味でも皆さんに感謝しているんです。(^^)

矢岳の標識、まだ残っていましたね。
もう何年も歩いていないんでアレなんですけど、
今はそこそこ歩きやすくなっているのでは?と思ってます。

とはいえ、川浦谷流域は曰く付きの山域ですので注意は必要ですけど。

491.小菅源流の山旅 返信  引用 
名前:Kanda    日付:2005年5月5日(木) 16時46分
Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 121KB

Komadoさんこんにちは。毎度、この場で報告させていただいて、ほんとうにありがとうございます。言われるほどのことはないのですが、少しでも夢をお分かちできたなら、嬉しい限りです。
さっそくですが、GW第二弾の報告です。4月の30日は小菅の山奥を歩いてきました。
狩場巡視道への木橋を渡り、右へ。牛ノ寝へ直登する尾根を登ってみました。初めきれいな植林の中の道です。(その後あっちへ行きこっちへ行きと、ちょっとあって)道は1167m峰下で尾根を乗り越します。この辺りは梢の高い植林地で、上へあがると見通しもよく清々しいです。ここからヤブを分けつつ自然林の中を行きます。楽しく歩いていると肝心のツメはカラマツの植林でちょっとがっかり。最後は下から来ていると思われる巡視道に飛び出して、すぐに牛ノ寝の登山道に合流しました。
今日の行く先は、玉蝶山下で右へ分かれる巡視道。ここは冬に白い水平線を確認しているのです。小菅川の核心へと伸びているのであろうか、その水平道をたどると玉蝶山北側の辺りから雰囲気が増してきます。最初に行き着いた大きな沢筋は素晴らしい自然林が見物です。ここで道は一段上がり、徐々に高度を上げていくことになります。その先は登山道からも分かるような黒木の多いうっそうとした山道で、バイカオウレンも咲いています。道はいたって歩きやすいです。道標がついてもおかしくないのではと思いました。
小菅川の源流を渡るところはというと、もうすでに高度もあり、雪渓の残る源頭付近の様相でした。最後の沢を越えてせっせと登ると、ニワタシバで登山道に出ました。この道、桟道がなかなかに素晴らしいです。桟道好きのKomadoさんにはぜひ歩いてほしいところです。
ところで、ところで。実はこの日はここからがクライマックスでした。ノーメダワまで歩いて、右の道を下ろうとしたら、どうも植林ぽい。時間もあるので小菅大菩薩路へ接続する道を歩いてみました。しばらくするとカラマツ植林になりますが、これを越えるとその先は待ってましたの素晴らしい林の連続。文句なしです。全くの水平道で利用価値の低い道であるし、こんなところに一番(?)いいのがあったなんて。登山道でも新緑が素晴らしく、きょうのはベストコースに近いものでした。(狩場山北西尾根がやっぱり良さそうですなのですが)



498.Re: 小菅源流の山旅
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 19時7分
Kandaさん、こんばんわ。

小菅川源流部の水平道にノーメダワからの水平?道。興奮しながら拝見しました。
ノーメダワのは改訂前のエアリアに載っているので、ああこの道か!って思いましたし、
玉蝶山下別れている巡視路はやはり丹波大菩薩道に繋がっていたのですね。

この辺りも自然林が多くてGWなんか丁度良さそうなんですけど、バスが・・・ねぇ。。。
御坂同様、この時期はどうしても躊躇してしまうのです。

でもKandaさんのお陰で、いいプランがいくつかできています。
緑の時期でも紅葉でもいいんですけど、ここは木々の葉っぱがついている時に歩きたいと思っています。

ご報告、今後もお気軽になさってください。お願いします。
BBSで報告ばかりしていると、「HPを持てよ」という無言の圧力がかかる事も多いんですけど、
私自身 長い間自分のサイトを持たずにいたので、それは違うだろうと思っているのです。

ですので気の向いた時で結構ですので、報告したい時はお気軽に。
長文も大歓迎です!(^^)
 

490.石保戸山への防火帯 返信  引用 
名前:筆まかせ    日付:2005年5月5日(木) 16時40分
Original Size: 1920 x 1280, 178KB Original Size: 1680 x 1120, 105KB

犬切峠から石保戸山へは防火帯を行くことになりますが、
そこには、展望の素晴らしさ、山桜の彩り、防火帯特有の明るさと広さがあり、コーヒーブレークや昼寝をしながらのんびり歩くのによい所です。
特に大菩薩嶺北尾根など黒木帯を歩いたのちにこの防火帯を訪れますと好対照の魅力が一段と引き立つようです(ところで今年は4月30日に大菩薩嶺北尾根を訪れましたが、あの「絨毯を敷き詰めたようなイワウチワ」には1週間早かったようです)。

左の写真 後方は藤尾山、その右は黒川・鶏冠山、その奥の三角形は大菩薩嶺です。
右の写真 延々と続く防火帯です。後方は竜喰山・飛竜山・前飛竜山の山並みです。
ともに撮影日は5月3日です。



497.Re: 石保戸山への防火帯
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 19時6分
筆まかせさん、こんばんわ。

この辺りは防火帯の切られた稜線が多いですね。
この石保土山近辺もそうですし、
笠取小屋から柳沢峠の稜線もいつかは・・・と思いつつ未だに歩いていません。

今の時期のような麗らかな時に展望を楽しみつつのんびり歩くのは気持ちが良さそうですね。(^^)

大菩薩北尾根、あそこはもう一度歩きたいと思っています。
イワカガミは見たので、今度は私もそんな状態のイワウチワを見てみたいです。
まぁ、なかなか近づけない山域ではあるんですけど。。。

488.節三郎岳 返信  引用 
名前:おっさん    日付:2005年5月5日(木) 13時4分

こんにちわ

5月4日は御坂の節三郎岳(中藤山)に娘夫婦と行ってきました。
車を大石にデポし、新道峠(見付峠)〜節三郎岳〜大石峠〜大石と、周回してき
ました。普段は平日登山のため、今までこのあたりでは登山者にほとんど会った
ことがありませんでしたが、今日は主稜線でも、大石峠でも若い団体さんや、グ
ループなど、かなりのハイカーに会いました。
快晴無風で暑く、初夏の陽気でしたが、フィジザクラ、ヒトリシズカ、ミツバ
ツツジ、エイザンスミレ、ほかたくさんのお花が咲いていて目を楽しませてくれ
ました。今日の目的のひとつであるウド採りはまだ出ておらず残念でした。昨年
は5月11日、とある同じ場所でザックにいっぱい採れたのですが、ちょっと早
かったようです。しかし今日一日富士山を眼前に歩けた幸せに義理の息子は「ビュー
ティフル!、ワンダフル!!」をさかんに連発していました。
中央道の帰りの大渋滞もいつもの平日山行と違い、面食らいました。

黒岳南尾根、中藤山南尾根、しっかり偵察をしてきました。標高差、自然林の範
囲など丁度いい感じで、いつか取り付いてみたいものだと思いました。毛無山も
天神峠からダイレクトに稜線上を歩いてみたいと、眺めていました。



496.Re: 節三郎岳
名前:komado    日付:2005年5月6日(金) 18時30分
おっさんさん、こんばんわ。

初夏の御坂主稜、爽やかでさぞかし気持ちが良かったことでしょう!
下は一大観光地ですから、GWの御坂行きにはどうしても躊躇してしまいます。

>「ビューティフル!、ワンダフル!!」

やはり富士は日本を象徴するものなのですね。
私も東北など富士の見えない山へ行くと、
物足りなさというか一抹のさみしさというか・・・そんな感覚になる時があります。

これは富士の見えない地方の方に云うとムッとされることもあるんですけど、
富士は日本一のランドマーク、そお思ってます。

今は花も咲いてきて、下草も育ってくる頃。
私もそろそろ御坂詣でが始まりそうです。


ページ: |< << 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb