[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
花のひかり・・・画像掲示板

山やお花にまつわる話、いろいろお聞かせください。画像なしでももちろんOK。(^^)

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付




9704.446m峰〜鳩打峠〜醍醐山〜大子〜西山南尾根 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年3月3日(日) 13時11分
Original Size: 640 x 480, 137KB Original Size: 320 x 240, 53KB

komadoさん、こんにちは!

昨日は、奇遇でしたね!
帰りの電車でお会いできるとは、3人の周波数が一致したのでしょうか。

昨日は、AKIOさんと甲斐常葉駅から出発し、446m峰を経て醍醐山へ。

醍醐山は、東京スカイツリーの高さ(634m)と同じことから、
「身延のスカイツリー」と呼ばれているようですね。

可愛い道祖神が多く、青いトタン小屋には、時代遅れの椎茸乾燥機が放置されており、なんとなく昭和を感じる山でした。



9705.Re: 446m峰〜鳩打峠〜醍醐山〜大子〜西山南尾根
名前:なおたん    日付:2019年3月3日(日) 13時13分
Original Size: 640 x 359, 116KB Original Size: 320 x 240, 51KB

大子の集落に1件立ち寄ってみましたが、壊れた洗濯機や厠があり、
昔は、沢から水を引き込み、風呂に入り、
軒に柿や大根を吊るして食べていたのだろうなと
当時ののどかな生活を想像してしまいました。

醍醐山〜西山まで良い道ですが、
西山南尾根からヤブが出てきました。
地形なのか道形なのかわからない、窪みが続き、
最終的には、高速道路の工事現場を遠慮しながら通過して帰りました。



9707.Re: 446m峰〜鳩打峠〜醍醐山〜大子〜西山南尾根
名前:AKIO    日付:2019年3月3日(日) 18時17分
Original Size: 730 x 547, 264KB Original Size: 730 x 547, 138KB

Komadoさん、こんばんは。

昨日のバッタリは本当に驚きました。
芦川のホームで Komado さんの姿が車窓から目に入ってすぐにわかりました。
Komado さんもすぐに小生に気づかれたようで、最近なおたんさんとの
山行で小生の掲示板への露出度が高いからかなぁ、なんて思って
いました。(苦笑)
5年ぶりのバッタリでいろいろとお話が弾んで楽しかったです。
ありがとうございました。

写真は 446m峰附近の尾根の様子と、頂上手前の展望台からの眺めです。
真ん中の山は五老峰です。



9709.Re: 446m峰〜鳩打峠〜醍醐山〜大子〜西山南尾根
名前:komado    日付:2019年3月3日(日) 23時32分
Original Size: 1024 x 768, 170KB

なおたんさん、AKIOさん、

昨日は身延線の車中でまさかの遭遇!
でもすぐにわかりました(笑)。
おかげで帰りの時間を過ごせましたよ。ありがとうございました。

下部の裏山醍醐山。あちらも下九の方と一緒で廃な山上集落が点在していて、
そういうところからもそそられるものがありますね。
鰍沢口から南は電車の数が一気に減ってしまうので、久しくご無沙汰しちゃってますけど、
お話を聞いてあちらの方も歩いてみたいな、と。

またどこかでお会いしたときはよろしくお願いいたしますね。


9701.同角沢の遺言棚 返信  引用 
名前:AKIO    日付:2019年2月28日(木) 10時12分
Original Size: 547 x 730, 232KB Original Size: 730 x 547, 256KB

Komadoさん、こんにちは。

昨日は、仲ノ沢径路〜東沢乗越で遺言棚を往復してきました。

この界隈は数十年ご無沙汰していますので、初訪みたいなものです。
予想していた通り、遺言棚の周辺は水はなくカラカラでした。

仲ノ沢径路はトラロープなどセットされていますが、復路で一箇所
細引きを出しました。東沢は水量が少ないので問題ありませんでしたが、
水量が多いと歩きにくい箇所があるかもしれません。

予定ではドーガク尾根を下るつもりでしたが、時間などで
モチコシ沢ノ頭を越えた辺りで断念して往路を戻りました。
大タギリの通過は、またの機会のお楽しみです。

写真は遺言棚と仲ノ沢経路の要注意箇所です。



9703.Re: 同角沢の遺言棚
名前:komado    日付:2019年3月1日(金) 0時5分
AKIOさん、

魔境だらけの玄倉のあのあたりは興味津々。
それでもこのあたりは比較的歩きやすそうなイメージです。

それでもこのトラバースはさすがに丹沢の嫌らしいところらしくて
そそられますね。
西丹沢へ行きたくなりますよー。はあ。

9699.菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月27日(水) 21時23分
Original Size: 320 x 240, 25KB Original Size: 640 x 480, 176KB

komadoさん、こんばんは!

今日は、大月駅から出発し、
菊花山〜馬立山を経由し、九鬼山へ。
天気は、曇りっぽかったけど、富士山が大きく見えました。

バリエーションルートの九鬼山北東尾根は、
700m近辺までは、クヌギの尾根で大変気持ちの良いところ。

なんでこんな素敵な尾根が登山道でないのかと思っていたら、
650mから北東に下るあたりは、ぐちゃぐちゃの道でした。
この部分があるために登山道には昇格できないみたい。
(なお、この尾根には、テープ類は一切ありません)



9700.Re: 菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山
名前:なおたん    日付:2019年2月27日(水) 21時26分
Original Size: 640 x 480, 189KB Original Size: 320 x 240, 30KB

尾根末端には、人形の入った古い祠がありました。
昔は、この尾根を使っていたのでしょう。
敬意を込めて簡単に掃除しておきました。

北東尾根から出てきた私を見て、耕作機を手にした地元人が話しかけてきました。
「女性一人で大月からあの尾根をおりてきたの!」
「祠の掃除までしたの!」・・・とエラく褒めてくれました。^^);
まぁ、座って行きないと、赤いソファのある道路脇の憩いの場?に通してくれました。
地元のおばちゃん2名も来て、30分ほど歓談。

そのあと、509号線をテクテク歩きましたが、
まだ体力は十分残っていたので
田中集落から国土地理院に描かれている破線路を使って
猿橋駅に向かうことにしました。
山に向かう舗装路まではよかったですが、ゲートを開けて山道に入った途端、なんと、道は消失していました。
しかし、今更、戻るのもなんなので、ヤブを漕ぎ、崖を登りながら、道が出てくるのではないかと探しましたが、結局、見つから仕舞い。
諦めて、神楽山を目指しましたが、結構な急登でした。



9702.Re: 菊花山〜九鬼山北東尾根〜神楽山
名前:komado    日付:2019年3月1日(金) 0時2分
なおたんさん、

低いところとはいえ、
九鬼から降りてふたたび神楽へ登り返すとは!

北東尾根は自分ちょこっとかじった覚えが。。。でももうほぼ覚えていない。
朝日小沢のあたりも久しくご無沙汰しちゃってます。
しかし道路脇の憩いの場って・・・どこだろう?豪華ですねえ。

9696.三浦のニッポン最小アルプス三山を歩く 返信  引用 
名前:なるしま    日付:2019年2月25日(月) 21時50分
Original Size: 461 x 346, 63KB

KOMADOさん こんばんは

24日は三浦の超可愛い、三浦富士、砲台山、武山のミニアルプスを歩いてきました。
マテバシイやスダジイの,深い森が低山にもかかわらず、思いの外楽しかったです。
武山の下りでは、武山三山を背後に、広大な斜面にアートな畑。
東京湾越しの房総半島も印象に深かったです。



9698.Re: 三浦のニッポン最小アルプス三山を歩く
名前:komado    日付:2019年2月25日(月) 23時29分
なるしまさん、

ををー、これは山の様子がわかるいい写真ですね!
というか高原情緒すら感じるような。。。海が近いはずなのに。

あのあたりになるとやはり照葉樹。
自分もあまりなじみがないだけに、その深い森の様子が気になります。
照葉樹の森って自分は基本電車からの車窓で見ることの方が圧倒的に多いのですよ。

9694.390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野 返信  引用 
名前:なおたん    日付:2019年2月24日(日) 20時40分
Original Size: 640 x 480, 187KB Original Size: 320 x 240, 54KB

Komadoさん、こんばんは!

楢抜山へのルートは、本来なら、赤沢から北西に走る尾根で登るのが普通のようですが、
今日は、市場入林道から390m峰を経由して楢抜山に向かうことにしました。

お墓まで乗り上げると、なんと、長い階段があり、
その先には、手水も鳥居も石灯篭もある比較的大きな神社がありました。
昭文社の地図には記載はないですが、こんな山奥で立派な神社に出会えるとは思わず、ちょっと感激。
こういう収穫があるとバリエーションをやっている甲斐があります。



9695.Re: 390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野
名前:なおたん    日付:2019年2月24日(日) 20時41分
Original Size: 640 x 480, 177KB Original Size: 320 x 240, 42KB

仁田山峠〜高谷を経て、ノボット(登戸)まで来たが、ルート的には特に難しいところはなかった。
植林ばかりでも、手入れが良いせいか、
展望がなくても、歩いていると、とにかく気持ちがいい。

ノボットからこのまま周助山へ行き、下山してしまうのは少々物足りなく感じたので、
ノボットから中藤の集落に降りてみました。
最初は割といい道でしたが、350mを過ぎた辺りからヤブ尾根となり、
最後は、ヤブの沢を強引に突っ切りました。

中藤集落から前坂を歩くのは初めてでしたが、日当たりのよい場所。
家から道路まで距離はあるのに、布団や服を道路まで運んで天日干ししている人がいいました。
こういう所、田舎は、長閑でいいですね。^^)



9697.Re: 390峰〜楢抜山〜ノボット〜前坂〜吾野
名前:komado    日付:2019年2月25日(月) 23時23分
なおたんさん、

どうしてもあちらは植林が多くてなかなか足が向かないけど、
この神社といい、いろいろ楽しみを見つけますね。

それにしても植林がきちんと手入れされているようでホッとしました。
道路の布団干しはたまに見かけますね。奥まった集落では。
中藤の方はバスが激減してしまいましたが、あのあたりの集落はどこも興味深いです。

9687.ビリ沢歩道 返信  引用 
名前:AKIO    日付:2019年2月20日(水) 21時14分
Original Size: 730 x 547, 200KB Original Size: 730 x 547, 240KB

Komadoさん、こんばんは。

今日は山伏トンネル起点で山伏歩道からビリ沢歩道(樅ノ木沢/西沢
中間尾根)を歩いてきました。

風もなく、シャツ1枚で歩いても汗ばむ陽気でした。

施業図では尾根の東側を絡んで尾根に上がるようになっていますが、
水平道から尾根に上がる踏み跡が見つからず、斜面を適当に登って
尾根に上りました。稜線が近づくとスズタケが出てきましたが、
ほとんど枯れています。奥世附歩道と下部水平道の分岐は、
わかりませんでした。

写真は、山伏歩道からの富士山と樅ノ木林道の廃車(無事です!笑)です



9689.Re: ビリ沢歩道
名前:komado    日付:2019年2月21日(木) 21時30分
AKIOさん、

ビリ沢歩道・・・懐かしや。
あのバスもまだ健在でほっとしました。あれたしかプリンスでしたよね。

それはそうと昨日今日と暖かくなってきましたけど、
藪が減った昨今、ダニーはくっついてきますか?
藪が減っても、あしもとにちょこっとひっつかれる時がまだあった記憶があるもので。。。


9691.Re: ビリ沢歩道
名前:AKIO    日付:2019年2月21日(木) 22時55分
Original Size: 730 x 547, 229KB

Komadoさん、

廃車がプリンスとは、よく覚えておられますねぇ。
写真を添付しておきます。(Prince が読み取れます。)

ダニー君の件は、実は少しは心配していました。
気温の高い日でしたが、前夜に雨が降ったのが良かったのかどうか
わかりませんが、見つかりませんでした。
やはり、スズタケの葉がほとんど体に触れない状況だからでしょうね。
山伏歩道の上部(東丸手前)とビリ沢歩道の稜線直下で、わずかに
体に触れるくらいだったので、ダニー君の生息域もわれわれの踏み跡
とは少し距離があったのかもしれません。



9693.Re: ビリ沢歩道
名前:komado    日付:2019年2月23日(土) 9時52分
Original Size: 640 x 480, 123KB Original Size: 1024 x 768, 179KB

AKIOさん、

あのバス見たのもう9年も前のことでした。。。

それはそうとダニーのお話ありがとうございます。
気温が上がって湿度が上がるとまだ気が抜けなくなるとは思いますけど、
寒い時期は以前のように気にしなくても言いようになっているみたいですね。



ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 


<(_ _)> 画像は大きさに関わらず300KBまで。文字数は半角8000字までで、タグも使えますです。 <(_ _)>

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb