[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
おはなし掲示板

おはなしの続きを1行で!
お話の続きを投稿される場合:同じスレッド内の、最新の1行の下にある投稿欄から送信すればOK!
新しいスレッドをつくる場合:すぐ下の投稿欄から送信すればOK!

投稿後の削除、修正は出来ません、あしからず〜!
いやどうしても困る!と言う方は、管理人にご一報くださいませ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



281.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/2/2(火) 21:51
熊五郎親分に聞いてくれ、た、助けてくれ、本当に知らねえんだよ〜」

名前 内容

280.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/2/2(火) 21:48
「おら、知らねえよ

名前 内容

279.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/2/1(月) 23:32
とはいえ、とうていかなうはずはない。子分どもはたちまちのうちに兵庫と半次にこてんぱんにされてしまう。「てめえら白状しろってんだ!偽先生は誰なんだ」と半次が子分の頭をぽかり。

名前 内容

278.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/2/1(月) 22:25
(子分の中の親分格が)「てめえ、騙しやがったな。おめえら3人ともあの世へ送ってやる。おい、みんな、やっちまえ」」

名前 内容

277.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/2/1(月) 21:2
「ああ、今朝からな。おかげでだいぶ、黒田一家の汚いやり口もわかってきた。(子分に向かって)おい、このとっつあんに塩壺をつかませた占いの先生ってのは誰だ?」

名前 内容

276.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/31(日) 22:48
その言葉を聞いて、目を丸くする半次。「先生だって?!おい、旦那、いつからこんなあくどい野郎たちの一家の用心棒になったんだい!」

名前 内容

275.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/31(日) 16:44
↓の274は取り消しです。「(兵庫を見て)おっ、これは先生。こんなところで何していなさるんで。おいとっつあん、約束の一両、もらいに来たぜ」

名前 内容

274.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/31(日) 16:2
「(兵庫と半次を見て)なんだ、おまえら、のけっ。おい、とっつあん、約束の1両、もらいに来たぜ」

名前 内容

273.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/30(土) 23:22
「なんだって?!」壺かけらを指で触る半次ととっつあん。「おい、ざらざらしてるじゃねえか。こりゃ、塩だ!」「くそお〜よくも騙しやがったな、あのイカサマ先生野郎。」そこへ熊五郎の子分たちが入ってきた。

名前 内容

272.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/30(土) 23:13
すっかり恐縮する半次だが、兵庫は笑っている。「半次、とっつあん、心配するな。それはただの塩壺だよ。われた壺の内側をよおく見て見ろ」

名前 内容

271.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/29(金) 22:32
「す、すまねえっ!」「ああ、もうこれで一巻の終わりだ・・。あの先生にこの壺を返品して金を返してくれるように頼むこともこれでできなくなった・・。」

名前 内容

270.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/29(金) 20:13
「ぎゃっ!でたあ!」その拍子に、壺は手元から落ちて、粉々に・・・。「ご、5両のつぼが・・」とっつあんは茫然自失。

名前 内容

269.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/28(木) 22:23
とっつあんは押入れの奥にしまってある壺を出した。「壺はこれですだ・・」「どれどれ」半次が壺を手にしたとたん、中からクモが!

名前 内容

268.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/28(木) 19:43
三人は、とっつあんの家に向かった。「で、とっつあん、その壺はまだ持ってるのか?借用書を見せて見ろ」

名前 内容

267.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/28(木) 19:39
[

名前 内容

266.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/27(水) 23:25
「でもその時、熊五郎親分に『返すのはいつでもいいから俺が用立ててやる』『こんな壺は今を逃したらもう一生手に入れることはできないぞ』と言われて、おみよの止めるのも聞かずに、借金をして買ってしまったんじゃ・・ああ・・」

名前 内容

265.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/27(水) 20:19
「5両と言われて、さすがのわしも、そんな金はどこにもないと一度は断ったんじゃ。」

名前 内容

264.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/26(火) 23:14
「それでお前さん、買いなさったのかい?」

名前 内容

263.(untitled)  
名前:じゅうよっつ    日付:2010/1/26(火) 22:52
「すっかり本物だと思ったわしに、その先生は、これを持ってれば子々孫々まで栄えるという壺をすすめたんじゃ。」

名前 内容

262.(untitled)  
名前:鈴雪    日付:2010/1/25(月) 23:30
「ほう、それでどうしたんだ?」

名前 内容

ページ: |< << 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb