[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
鴻風俳句教室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



84194.親子三代よく飲む家系新酒酌む 返信  引用 
名前:岩渕純子    日付:2019/10/7(月) 6:53
おはようございます。10月にはいってはじめて暑さのきえた涼しい
朝です。きっとほんとうの秋は駆け足ですぎていってしまうのでしょう。



84198.Re: 親子三代よく飲む家系新酒酌む
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/7(月) 7:55
純子さんおはようございます^−^

 やっぱり、教室がおかしくなってというか重たくなっていますね。
現在7:50分。純子さんが投句したのが、6:53分この1時間の遅れをどう見たらよいかわかっていただけますか><(泣)5時過ぎからまっていますののね。

 俳句ですが、
 親子三代ですか。いいですね。昨日は鴻も息子が「居合抜き」があるということで来ましたが、下手の横好きです、
 おやこさんだいで「飲む」なんて素晴らしいことですね。
 秀吟です。うらやましいですよ。

84174.新米の札もきらめくコシヒカリ 返信  引用 
名前:恭子    日付:2019/10/4(金) 9:3
おはようございます。

スーパーで新米を買いました。袋の表示札もキラリと輝いていました。

昨日は細やかなご指導をありがとうございました。



84176.Re: 新米の札もきらめくコシヒカリ
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/4(金) 10:10
恭子さん、おはようございます^−^

 新米が出始めましたか。おいしいでしょう。
 やはり新米は耀いておりましね。

 俳句ですが、
 「〜も」はたとえば「あれもこれも」「大根も人参も」といった、係助詞万ですが、「新米の札も・・も」の「・・」に来るものが無いのでなんだか、片手落ちの感じがします。
 そんなことで、
>>新米の札きらめけりコシヒカリ・・となり秀吟です。


84191.Re: 新米の札もきらめくコシヒカリ
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/6(日) 7:10
 恭子さん、十月句会の作品ありがとうございました。

 11時をすぎ11時半過ぎても投句がありませんでしたので、12時少し前に一度張ってしまいました。
 申し訳ありませんでした。

 作品は「新着紹介欄」に張ってありますので、選句願います。

84172.蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮) 返信  引用 
名前:富子    日付:2019/10/4(金) 8:32
おはようございます。
みんながなでるので牛の鼻が部分が光っています。

昨日はバタバタして投稿できませんでした。昨日の分。
 車窓から赤を楽しむ曼殊沙華
曼殊沙華をたくさん見ました。北海道にないので目をひかれました。



84173.Re: 蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮)
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/4(金) 9:2
富子さん、おはようございます^−^

 昨日は投句が無かったのでどうされたのかなと、思って降りました。
風邪でも引かれているなら、お花とケーキを買ってお見舞いに行かないとと思っていました^−^

 俳句ですが、
 良く出来ていますね。秀吟です。
 
 本来は「あとがき」を句の中に入れたいんですがね。
 たとえば、
>>蜩や牛の鼻照る天満宮

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 昨日の句ですが、
>車窓から赤を楽しむ曼殊沙華

  「から」が説明なので外したいですね。

>>車窓にはどこまでも赤曼珠沙華・・などと出来ますね。
  作ってみてください。


84179.Re: 蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮)
名前:富子    日付:2019/10/4(金) 15:37
ありがとうございました。

昨日の句の推敲
 旅先の車窓に赤く曼殊沙華


84180.Re: 蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮)
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/4(金) 19:25
富子さん、こんばんは^−^

 推敲されましたね。

推敲句>旅先の車窓に赤く曼殊沙華
 
 良いですね。「赤く」を「赤き」にして秀吟です。


84185.Re: 蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮)
名前:富子    日付:2019/10/5(土) 9:38
ありがとうございました。


84189.Re: 蜩や社の牛の鼻光る (太宰府天満宮)
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/5(土) 10:18
良い句ですね。

84175.終末を語る夕べや秋深し 返信  引用 
名前:花菜    日付:2019/10/4(金) 9:9
鴻風先生、皆様おはようございます。

20年ぶりに神奈川の妹が来ました。
最上の家族も来て賑やかなひと時でしたが、そのあといろいろとおしゃべり、気がつくと深夜。
クラス会に出席するとのことで、日程も詰まっているようです。
遅刻常習犯ですみません。



84177.Re: 終末を語る夕べや秋深し
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/4(金) 10:21
花菜さん、おはようございます^−^
 
 かなこさんには、たづこさん、そのこさんの3姉妹でしたね。ということは、その子さんが来られておるのですか。
 鴻がそのこさんにあったのは、まだお母さんに抱かれていた時の小さな時しか知りません。
 鴻など知らないでしょうが、よろしくお伝えください。
 神奈川にお帰りは飛行機でしょうから、お寄りくださいますようにおつたえください。

 俳句ですが、
 「夕べ」が必要なんでしょうか。鴻は姉妹で語ったのであれば
「姉妹」としたいと思いますが。
>>終末を語る姉妹や秋深し

  入居者のどなたかと話したのなら「夕べ」もありますので、
その時は原句で秀吟です。
 


84182.Re: 終末を語る夕べや秋深し
名前:花菜    日付:2019/10/4(金) 21:59
>終末を語る姉妹や秋深し  ありがとうございます。

昨日のイベントは40人ほどが参加して「終末期の選択」と題し午後の講演会・座談会でした。
そのサンは午後到着しましたが、講演は聞かずにいましたので、夜にはその続きの話でした。
どちらもあり、の状況、猫たちがいなくなったので家を空けられる状況などなど、話は尽きませんでした。
小樽は20年ぶりなので、最上の孫も来て初対面のような話でした。
2000年の暮れに多分会っていると思います。その時以来ですから。
明日クラス会を札幌でする打ち合わせに行きました。
帰りの電車が事故で遅れていてまだ帰っていません。


84184.Re: 終末を語る夕べや秋深し
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/5(土) 10:8
花菜さん、おはようございます^−^

 こちらを読まないうちに、十月句会の作品の返事を書いてしまいました。
 「夕べ」はそれで良かったですね。「姉妹」での話ではありませんでしたね。
 それにしても「終末」に「夕べ」は優しすぎますね。

>>「終末を語る集会」など考えて見てください。

 そのさんが一番下でしたか? 
 


84186.Re: 終末を語る夕べや秋深し
名前:花菜    日付:2019/10/5(土) 9:48
昨夜の事故はホームから転落した人がいて頭のけがだけで済んだようで、電車は30分遅れてかえってきました。
思わぬ事故に巡り合ったのも或いは必然であったかもしれません。

そのサンは、子供たちと沓形のおうちに訪問したことがあるそうです。
子供たちはもう40でしょうから30年前でしょう。2000年のことは逆に覚えていないと言っています。
沓形には私も行っていますが、ずいぶん昔ですね。記憶はだんだん遠くなりますね。


84188.Re: 終末を語る夕べや秋深し
名前:梶 鴻風     日付:2019/10/5(土) 10:15
 夕べの事故は、盲目の方がプラットホームから落ちた事故でしょうか。
お気の毒に思ってテレビニュースを見ていました。

 2000年は正が利尻高校の教員でした。鴻は4月に中國に行きました。
3月で高校教員を終え、4月から中国に行くんですから、面白い人生といえばいえますね。


ページ: |< << 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb