[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
鴻風俳句教室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



84578.秋日和大道芸の食い入る眼 返信  引用 
名前:恭子    日付:2019/11/7(木) 8:58
おはようございます。
東京は台風が嘘のような秋の青空が続いています。
近隣では大道芸が口の上に棒、さらにお椀を乗せ、最後は
水が噴き出すという芸を見せてくれました。芸をする方はお椀を
食い入るように見ての芸で…拍手でした!



84580.Re: 秋日和大道芸の食い入る眼
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/7(木) 9:20
恭子さん、おはようございます^−^

 昔(今もでしょうか)サーカスで、水芸を見た事がありました。
 その水藝でしょうね。
 
 俳句ですが、
 「大道芸の」を「大道芸に」として秀吟としますね。
 

84573.咳止まず真夜の静寂に一人居て 返信  引用 
名前:紀子    日付:2019/11/7(木) 8:5
鴻風先生 みなさまおはようございます。
喘息があります。
時折、夜中に咳が始まり、慌てて吸入をすることがあります。

句写美ですが、今朝まで、まだ届いておりません。
また、高槻の集配所で忘れらr停るように思えます。
荷物番号を教えていただけますでしょうか。

一昨日の俳句ですが、ご指導ありがとうございました。
荷を運ぶ子にも後れり石蕗の花
いただきます。



84577.Re: 咳止まず真夜の静寂に一人居て
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/7(木) 9:16
紀子さん、おはようございます^−^

 「句写美」まだ着いておりませんか。そこの集配所に着くまでに届かない事もあるようです。とくにメール便ではあるようです。
 前にも遅くなった事がありますね。

 捜しているより、再度送り直した方がはやいことも分かりました。
 そんな事で、10時過ぎましたら、再度出し直してきます。
 中二日お待ちください。

 俳句ですが、
 良いですね。苦しいでしょう。鴻もこのごろ肺癌のせいかどうか分かりませんが、胸が息するたびにぜいぜい言っております。
 しゅうぎんです。

 

84575.木枯しに追はれ空飛ぶレジ袋 返信  引用 
名前:利久    日付:2019/11/7(木) 8:20
鴻風 先生  みなさんおはようございます。

先日木枯らし一号が吹きました。例年より遅いそうですがいよいよ冬
が迫ってきました。台風で家を失われた方々の胸中が察せられます。



84579.Re: 木枯しに追はれ空飛ぶレジ袋
名前:清月    日付:2019/11/7(木) 9:15
利久さんおはようございます^−^

 本当ですね台風で家を失った人々はどうなるのでしょう。

 自然災害だからと、政府は大きく金をつぎ込む事はないのでしょうか。
 戦闘機を買うのをやめ、ぜひ災害に遭った人たちにえっb序する気持ちはないのでしょうか。

 俳句ですが、
 良い句ですね。様々な袋が飛んできますね。
 秀吟です。

84553.黒光りしている手摺り冬隣 返信  引用 
名前:清月    日付:2019/11/6(水) 13:14
おはようござます。
神社の石段の手すりですが、いい具合になっています。
よろしくお願い致します。



84564.Re: 黒光りしている手摺り冬隣
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/6(水) 9:17
清月、おはようござます。

 神社も冬にはいりますね、

 俳句ですが、
 手磨るに目が行くbのは素晴らしい事です。目の行かないものに間が行く。これが大事ですね。秀吟です。

84548.秋深しアジサイ小ぶりに枝を切る 返信  引用 
名前:花菜    日付:2019/11/5(火) 8:0
鴻風先生、皆様おはようございます。
アジサイの剪定がようやく終わりました。
今週は雨が多く寒そうですね。
家の中ではシャコバサボテンが大きく蕾をつけ今にも咲きそうです。



84563.Re: 秋深しアジサイ小ぶりに枝を切る
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/6(水) 9:7
富子さん、おはようございます^−^

 小ぶりに切るのはいいんだけれど、」来年咲く枝まで剪ったので花位でしょうね。^^

 シャコバは早いですね。こうのは先があかくなりつつあるます。
きれいですね。


 俳句ですが、
 良くやりましたね。来年咲いたら教えてください。佳吟樹酢
 鴻風
  

84552.朱染料流したごとき秋夕焼け 返信  引用 
名前:恭子    日付:2019/11/5(火) 8:56
おはようございます。
ここ数日は秋晴れの日々が続き、秋を満喫できました。
久しぶりに西の空には、見事な夕焼が朱色の染料を流したほど
美しかったです。



84554.Re: 朱染料流したごとき秋夕焼
名前:恭子    日付:2019/11/5(火) 9:0
秋夕焼け⇒秋夕焼といたします(けを削除)


84562.Re: 朱染料流したごとき秋夕焼け
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/6(水) 9:6
恭子さん、おはようございます^^
 いつまで経っても、何にも書いてくれない。など思いませんでした。利久さんの所でも書きましたがプロバイダーの明江南酢のようで、鴻の力以外の者でした。

俳句ですが。
朱染料流したごとき秋夕焼
 「ごとき」は動詞に続き「〜ような」の意味ですから、此の句の間違いでなく、見る人に寄っては「良い句です」と言われるでしょう。

 しかし「ごとし」「ごとく」「ごとき」をつかっている俳句はあまり感心しないのです。

>>朱の染料流せしさまに秋夕焼

 「夕焼け」と「け」がある方がやさしく感じられます。
 これは嗚呼ァ人の好みです。

84546.木守柿ひよどりさへも遠慮がち 返信  引用 
名前:岩渕純子    日付:2019/11/5(火) 7:17
おはようございます。ことしは台風でほとんど全滅の庭の柿。一つ二つ
残っている木守柿は鳥にもかじられずに枝の先に危うくぶらさがっています。



84550.Re: 木守柿ひよどりさへも遠慮がち
名前:岩渕 順子     日付:2019/11/6(水) 9:4
順子さん、おはようごます。

 俳句ですが、おとろえたる世なんでしょうか。

 柿をついばむひよどりさえも遠慮勝ちですか。
 
 俳句ですが
 中七が良いですね、秀吟です、

84555.石蕗の花荷を運ぶ子にも後れをり 返信  引用 
名前:紀子    日付:2019/11/5(火) 9:6
鴻風先生 みなさまおはようございます。
買い物出て、バスを降りると、息子が待っていて重い荷物をもって先に帰ってゆきました。
坂道を上がる私は、息子のあとはるかに遅れて家に帰りました。



84557.Re: 石蕗の花荷を運ぶ子にも後れをり
名前:紀子    日付:2019/11/5(火) 9:45
もう一度、考えてみました。

石蕗の花荷を持ちくれし子に遅れ

よろしくお願いいたします。


84558.Re: 石蕗の花荷を運ぶ子にも後れをり
名前:梶  鴻風    日付:2019/11/5(火) 11:27
> 鴻風先生 みなさまおはようございます。
> 買い物出て、バスを降りると、息子が待っていて重い荷物をもって先に帰ってゆきました。
> 坂道を上がる私は、息子のあとはるかに遅れて家に帰りました。


84561.Re: 石蕗の花荷を運ぶ子にも後れをり
名前:佐川 富子    日付:2019/11/6(水) 8:28
紀子さん、おはようございます^−^

 ご子息に荷物をはこんでもらいましたか。良かったですね。
 
 此の句では「 石蕗の花」以上にご子息に荷物を持ってもらったことと鴻は思います。

 俳句ですが、
 従って唾大事なことは上にで

>>荷を運ぶ子にも後れり石蕗の花・・でなくてはね。


ページ: << 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb