[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
鴻風俳句教室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



82010.手の甲の浮き立つ静脈春の雨 返信  引用 
名前:清月    日付:2019/4/8(月) 8:50
おはようございます。
久しぶりの雨で、畑も一息ついています。
よろしくお願い致します。



82012.Re: 手の甲の浮き立つ静脈春の雨
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 8:54
清月さん、おはようございます^−^

 そちらは雨ですか。畑にはいのちの雨ですね。
 清月さんも、雨で一休みでしょうか。

 俳句ですが、
 自分の手の甲をじっくりと観察された、すぐれた句となっています。
 秀吟ですね。

82009.行く道の色濃き菫に屈みけり 返信  引用 
名前:美秋    日付:2019/4/8(月) 8:42
お早うございます。
散歩道の用水路と歩道の隙間に色の濃い菫が咲いて居ました。色褪せ様な菫ならば
意味過ごすのですが、余りに色が濃く、つい屈んで見入ってしまいました。
宜しくお願い致します。



82011.Re: 行く道の色濃き菫に屈みけり
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 8:50
美秋さん、おはようございます^−^

 昨日のFacebookで拝見しましたが、本当に紫色の濃い美しい菫ですものね。

 数年前に美秋さんがお送りくださった、石斛のはな今年もたくさん咲きました。
 佳い香りですね。

 俳句ですが、
 素直な表現でいいですね。秀吟ですね。
 北海道も今月末には道南から櫻が咲き出し、春に入ってゆきます。

82004.寝過ごせる朝のみそ汁蕗の薹 返信  引用 
名前:花菜    日付:2019/4/8(月) 8:17
鴻風先生、皆様おはようございます。
つい寝過ごしてしまいました。春眠暁を覚えず、です。
庭に生えている蕗の薹、この時期は何度か食卓に上がります。
ねぼけている脳を目覚めさせてくくれます。

句会集計ありがとうございました。
楽しみの一つは、作者名をあてることです。
外れることのほうが多いですが・・。



82008.Re: 寝過ごせる朝のみそ汁蕗の薹
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 8:43
花菜さん、おはようございます^−^

 寝過ごすぐらいが花菜さんには会っているように思います。
 忙しいですものね。
 蕗の薹の味噌汁ですか。取ってきてから、水に一晩さらしておいても、それでも苦みはきついでしょうね。
 先日、天ぷらをしましたが、美味しかったですね。

 俳句ですが、
 面白い俳句ですね。
 「寝過ごせる」がいいような、不要なような。
 秀吟です。

花菜さん、鴻の句を特選にお選びくださりありがとうございました。

82003.花の下宅配人の駆け去れり 返信  引用 
名前:紀子    日付:2019/4/8(月) 8:14
鴻風先生 みなさまおはようございます。
私は、通販をよく利用しますので、宅配便が多いです。
配達してくださる方は、本当に、忙しそうで、車から荷物を運んでくるときも、車に帰るときも、走っています。
きれいな桜を見ている暇はなさそうです。



82007.Re: 花の下宅配人の駆け去れり
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 8:31
紀子さん、おはようございます^−^

 本当に宅配人の方は忙しいですものね。

 俳句ですが、
 良い俳句ですね。
 秀吟です。

81999.読み耽る万葉集や春の夜半 返信  引用 
名前:千枝    日付:2019/4/8(月) 6:39
おはようございます。
今日は花まつりと、小中学校の入学式の行われる日です。
知人は孫の入学式に出席、私は花まつりの手伝いに行きます。
元号が決まり、書店には万葉集が並んでいるそうです。
初心者にもわかる万葉集を購入したいと思っています。
私の憧れを詠みました。

読み耽る万葉集や春の夜半



82000.Re: 読み耽る万葉集や春の夜半
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 7:29
千枝さん、おはようございます^−^

 早いですね。早い時間は気持ちがいいですね。

 千枝さんも先生をなさっていましたので、「入学式」は何となく懐かしいでしょう。
 「花祭り」の行事で、お寺に行かれますか。ご苦労様です。
 どうぞ、「万葉集」をじっくりと、お読みになってください。
 万葉集は、雄略天皇が女の子をナンパしている長歌から始まります。

=================================

万葉集巻一の一
泊P朝倉宮御宇天皇代 大泊瀬稚内武天皇

(泊P(はつせ)朝倉(あさくら)宮(みや)の天皇(すめらみこと)の御代(みよ) 大泊瀬(おおはつせ)稚武天皇(わかたけのすめらみこと))(雄略天皇)

籠毛与(こもよ) 美籠母乳(みこもち) 布久思毛与(ふくしもよ) 美夫君志持(みふくしもち) 此岳尓(このおかに) 菜摘須児(なつますこ) 家吉閑名(いえきかな) ~告紗根(なのらさね) 

虚見津(そらみつ) 山跡乃國者(やまとのくには) 押奈戸手(おしなべて) 吾許曾居(われこそおれ) 師吉倍手(しきなべて) 吾己曾座(われこそいませ) 我許背歯(われこそは) 告目(のらめ)家呼毛奈雄母(いえをもなをも)

=================================

 鴻は現在市の俳句会2つ担当していますが、
 句会が終わったら、「日本の名文を声を出して読もうといって読んでいます。
 その一番始めが「万葉集」の第一番の歌でした。
 声を出して読んでみてください。鴻は国語の教師ですので、読んだ後通釈できるのですが、此処ではできないのがザンネンです。

俳句ですが、

 きれいな俳句に作り上げていますね。
 いつもこうした、句を作られると好いのですが。俳句も文学ですので。
 秀吟です。

 万葉集を読んでいた、わからない言葉は聞いてください。
 できれば、約したものではなく、原文で読んで欲しいですね。
 4500首読み其の意味が分かることを、これからの修正の目的になさってください。

81987.父とゐた昭和の赤子シャボン玉 返信  引用 
名前:千枝    日付:2019/4/6(土) 6:34
おはようございます。
4月句会の集計ありがとうございます。
私の鑑賞の中に変換ミスがありました。悪しからずお許しくださいませ。
元号が変わろうとしている4月。
自分の生活を振り返ってみました。
私が誕生した時、父は家族写真を写真館で撮るほど元気でした。
父母と写っている1枚だけの写真です。
父母とゐた昭和の赤子シャボン玉



81989.Re: 父とゐた昭和の赤子シャボン玉
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/6(土) 22:6
千枝さん、こんばんは^−^

 今日は、あさから息子のことでいろいろあり、こんなじかんになりました。
せっかく朝に入れたのにね。

 なにか間違いがあれば、訂正しますので、お知らせください。
 
 俳句ですが、
 「赤子」まではいりませんでしょう。
 
>>父とゐた昭和の頃のシャボン玉

  此の方が良いでしょう。


81990.Re: 父とゐた昭和の赤子シャボン玉
名前:千枝    日付:2019/4/6(土) 23:20
御指導と添削句をありがとうございます。


>発表の時は「春の昼」と世p詠まれたことに共鳴しました
とありますが、

訂正
>発表の時は「春の昼」と詠まれたことに共鳴しました

よろしくお願い致します。


81991.Re: 父とゐた昭和の赤子シャボン玉
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/7(日) 8:37
千枝さん、おはようございます^−^

 わかりました。訂正しておきます。


81998.Re: 父とゐた昭和の赤子シャボン玉
名前:千枝    日付:2019/4/8(月) 6:18
返信をありがとうございます。

何回も訂正をお願いしてすみません。
>「春の昼」と詠まれたことに共鳴しましたことに共鳴しました

訂正
「春の昼」と詠まれたことに共鳴しました。


82001.Re: 父とゐた昭和の赤子シャボン玉
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/8(月) 7:28
わかりました。鴻の、修正の時のミスと思います。

訂正したのですが、反映されません。「句写美」に印刷するときにはチェ遺精されていますので、ご安心ください。

81977.塗りえぬる媼に春の陽柔らかく 返信  引用 
名前:花菜    日付:2019/4/5(金) 9:28
鴻風先生、皆様おはようございます。

私が関わっている講座の一つにぬりえ教室があります。
ダンボール箱に一つ塗った絵があるという90歳の女性がもう送り迎えをしてもらえなくなったといってぬりえ教室を退会しました。
毎日することが無く、これが楽しみと言って、10年以上ぬりえを続けていました。これからは自宅で塗るのでしょう。
個展を開きたいね、と言いながら実現できませんでした。
市販のぬりえを使っているのですが、オリジナルなものにはならずお手本頼りのぬりえ教室です。


また何やっているのと叱られそうですね。



81979.Re: 塗りえぬる媼に春の陽柔らかく
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/5(金) 9:38
花菜さん、、おはようございます^−^

 ぬりえ教室もやっているんだ。すごいね。
 それも10年以上やっているとは、すごいですね。
 
 俳句ですが、
 「ぬりえ塗る」ではいけないの?
 「はるの陽」は「春の日」ね。

>>ぬりえ塗る媼に春の日柔らかく

  このようにしましょう。佳吟です。
 昨日の句を見てありますから、ご覧ください。

お願い
 @選句をお忘れになりませんように。
 Aできれば9時までに投句くださいね。


81980.Re: 塗りえぬる媼に春の陽柔らかく
名前:花菜    日付:2019/4/5(金) 10:16
今選句を送りましたが送れたかどうかの確認ができませんでした。
これから出かけ、帰りは午後になります。すみません。


81982.Re: 塗りえぬる媼に春の陽柔らかく
名前:梶 鴻風      日付:2019/4/5(金) 16:44
かなさん、
 選句をありがとうございました。

 鴻も今日から、市民講座の俳句指導で4時に帰ってきました。鴻


ページ: |< << 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb