[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
鴻風俳句教室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



73379.二度咲きの金木犀や長屋門 返信  引用 
名前:清月    日付:2017/10/12(木) 8:43
おはようございます。
昔からの大地主の家があるのですが、庄屋時代の門が残っていまして、大きな木犀の木があり、今年は二回咲きました。
金木犀は秋のお彼岸前に咲くと、今頃もう一回咲きます。
よろしくお願いします。



73380.Re: 二度咲きの金木犀や長屋門
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/12(木) 9:3
清月さん、おはようございます^−^

 金木犀は本当に大木になりますものね。
 鴻が東京中野に居たときに大家さんの庭にあった金木犀は大樹でした。
また、中国の泰山でも金木犀の並木がありましたが、ここの並木も
大きなものでした。
 それでも、二度咲いたという、記憶はありません。
 鴻も金木犀の奈江があれば欲しいと想いますが、北海道ではテに
入りませんです。でも、もう樹木も花も徐々にやめていきたいと
思っています。

 俳句ですが、
 きれいな俳句ですね。いまでも武家屋敷の長屋門の残るところが
あるのですね。
 秀吟です。
 

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73376.アスパラ菜蒔きたる朝のパンケーキ 返信  引用 
名前:千枝    日付:2017/10/12(木) 8:14
おはようございます。
今朝のことです。
アスパラ菜蒔きたる朝のパンケーキ

http://orangestudio.homeip.net/gallery/user.php?userid=31987



73378.Re: アスパラ菜蒔きたる朝のパンケーキ
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/12(木) 8:24
千枝さん、おはようございます^−^

 アスパラガスではないんですよね。アスパラガスそっくりな、菜と
聞いていますが、なったら食べてみたいですね。

 もう一仕事終えたのですか。すぎうですね。

 俳句ですが、
 爽やかというか、軽い俳句ですが、千枝さんらしい句でいいですね。
 秀吟です。

 利久さんが、10月句会に触れていましたが。
 千枝さんも、総合成績が三席でしたね。ご覧くださいましたか。
 おめでとうございます。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73373.葛の花踏み越え走るアスリート 返信  引用 
名前:紀子    日付:2017/10/12(木) 7:46
鴻風先生 みなさまおはようございます。
私のいつものウォーキングコース、天気の良い日曜日は、
ロードバイクの練習をする人、中高生や高齢者のジョギングをする人で賑やかです。
小雨の降る平日は、人っ子一人通りませんが



73377.Re: 葛の花踏み越え走るアスリート
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/12(木) 8:15
紀子さん、おはようございます^−^

 毎日歩いていますね。健康にはいtばんなのでしょうが、
 鴻は8000歩歩いただけで、夜、ねむることができないほど
 痙りました。

 はいくですが、
 いいですね。葛の花を踏み越えて走るアスリートが見えます。
 良い俳句です。
 秀吟です。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73369.迷ひ猫走る畦道赤のまま 返信  引用 
名前:利久    日付:2017/10/12(木) 7:9
鴻風 先生  みなさんおはようございます。

句会集計有難うございました。お礼が遅れ申し訳ありません。

この処暑い日が続くので畑の水掛に・・草叢から突然黒猫が飛び出し
ビックリ・・・畦には赤まんまが咲いているのを見つけました。



73371.Re: 迷ひ猫走る畦道赤のまま
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/12(木) 7:33
利久さん、おはようございます^−^

 句会の成績をご覧頂けたと想いますが、
 利久さんが、総合成績、作品成績ともに一席でした。
 作品では二席も利久さんでした。おめでとうございます。
 つきましては、25日をめどに、兼題の@11月にふさわしい季語
 A漢字一字・・をお願いいたします。

 暑い日はどこの國の話と思っています。北海道はここ3〜4日雨で
今日も雨が降っています。気が滅入ります。

 北海道は見るべき花もなく、野の花も草も枯れています。
 「赤のまま」も終わりました。

 俳句ですが、
 そちらはまだ夏の終わりか、初秋という感じなのでしょうね。
 野の花の咲く畦道を走って逃げて行く猫の姿が鮮明に見えますね。
 秀吟です。

 ↓・URLで鴻の写真をご覧ください。下駄も栗もさまざま写真にして
あります。

 10日の日、肺癌検診に行って来ました。
 その結果、肺機能検査を受け、肺機能年齢は95歳以上と言われました。
 いつ死んでもおかしく無いようです。
 気にはしていないようにして居るのですが、やはり寂しいですね。
 風邪を引かないようにとくれぐれも言われました。
 次回は12月5日で、5年経過の修了予定です。 

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73367.(untitled) 返信  引用 
名前:後藤由紀子    日付:2017/10/11(水) 11:40
コンサート余韻を残し秋の街
冬支度球根植え膝落とし



73368.Re: (untitled)
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/11(水) 19:8
由紀子さん、こんばんは^−^

 18日句会の作品をありがとうございました。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73352.秋うらら鉢の重きを持ちあぐむ 返信  引用 
名前: 花菜    日付:2017/10/10(火) 9:20
鴻風先生、皆さまおはようございます。
連休中は良い天気が続き、庭の秋仕舞い作業がはかどりました。
一番の大物はダチュラを鉢に揚げて、家の中に取り込む作業でした。
皆出かけてしまったので独りでやりましたが、切りつめても幹が太くなって重く難儀しました。
来年もできるか危ういなと思いながらの作業でした。今日は雨です。



73358.Re: 秋うらら鉢の重きを持ちあぐむ
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/10(火) 17:49
花菜さん、こんばんは^−^
 
 鴻派君子蘭を一鉢に5本植えをして居るのが一番重くてやっと
上げました。
 花菜さんも誰も手伝ってくださる人がいないときには大変でしたでしょう。
 ダチュラも大きくなりますものね。

 俳句ですが、
 「あぐむ」を「倦む」と漢字にしますか。
 本来は「倦ねる」なんです。
 といいながら、このままでもいいかとも思っています。
 こういうのは迷いますね。ただ本来は漢字書きにしたいのです。
 秀吟です。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31


73365.Re: 秋うらら鉢の重きを持ちあぐむ
名前: 花菜    日付:2017/10/10(火) 21:24
今日は病院お疲れ様でした。無事に12月の検診が終わりますように願っております。
それにしても5年間は早いというべきか、もう5年経ったのですね。
現代医学では打ち勝ったとカウントされますね。ともあれゴールは間近ですね。

俳句ですが「持ち倦む」として記録しておきます。難しい漢字だったのでひらがなにしましたが漢字に直します。
ありがとうございました。


73366.Re: 秋うらら鉢の重きを持ちあぐむ
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/10(火) 22:1
花菜さん、こんばんは^−^
 
 長いような短いような、そんな重いです。
 それにしても、鴻の肺機能検査では95歳だそうで、風邪などを
こじらせると、死んでもおかしく無いんですよ。
 また、少し無理をすると、酸素ボンベを引っ張って歩かなければ
ならなくなりますよ・・とも言われました。
 情けないですね。
 煙草を吸った結果がこのようなことになりました。
 煙草は怖いですね。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31

73351.吹きあぐる霧の激しき下山かな   鳥取大山へ登山のとき 返信  引用 
名前:江梅    日付:2017/10/10(火) 9:14
鴻風先生 皆さまおはようございます。
 大山は岡山からは比較的登山しやすい山で、七十歳位までは秋のナナカマドなどみにいきました。下山の時激しい霧で難儀したことは忘れられません。
宜しくお願い致します。 



73357.Re: 吹きあぐる霧の激しき下山かな   鳥取大山へ登山のとき
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/10(火) 17:39
江梅さん、こんばんは^−^

 大山は昔から、霊山として崇め立てられて北お山ですね。
 女人禁制の山ではなかったでしょうか。といっても江戸時代まででしょうが。
濃霧で道をまよった。道を踏み外したという話も聞きます。

 鴻も中国の黄山で、雨に降られてずぶ濡れで下山したことがあります。
それも思い出です。

 俳句ですが、
 季語の「霧」を見事につかいこなして居りますね。
 大変だったでしょう。
 花◎をつけての秀吟です。

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31


73363.Re: 吹きあぐる霧の激しき下山かな   鳥取大山へ登山のとき
名前:江梅    日付:2017/10/10(火) 18:32
花◎をつけての秀吟有難うございました。
この処外出が儘ならず、思い出の俳句ばかりに成ってしまいますが、頑張りたいと思っています。


73364.Re: 吹きあぐる霧の激しき下山かな   鳥取大山へ登山のとき
名前:梶 鴻風    日付:2017/10/10(火) 21:23
江梅さん、こんばんは^−^

 若い頃の思い出を句にどんどんお作りください。
 若い頃の体験を現在のこととしてお詠みください。
 

https://www.facebook.com/susumu.kaji.31


ページ: |< << 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb