[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
鴻風俳句教室

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   改行有効 等幅フォント
URL



71065.鴻風の俳句  6月 返信  引用 
名前:鴻 風    日付:2017/6/26(月) 6:48
 ◎皆様、ご遠慮なく一句取り上げ、批評をくださいますように
お願いいたします。

・花さびたアイヌ砦の石崩れ・・・6月1日
・はまなすを手向け神居の遭難碑
・明快に一位樹の新芽摘み取れり

・とんとろ〜りサンスベリアの花の蜜・・・6月2日
・羽毛より軽ろきこの世の沙羅の花
・沙羅の花わが師の句碑に蔭落とし

・真子様に愛の微笑み初夏の旅・・・6月3日
・合縁の句友と句会二重虹
・それぞれの個性ことなり浮き人形

・母性愛知らずに老けり蚊食鳥・・・6月4日
・波打てる路面の陽炎立ち見ゆる
・花鏡外し寐につく梅雨の闇
  「花鏡」とは老眼鏡

・地を這うて白を限りの夏雪草・・6月5日(月)
・北溟の波もたらせる夏の海霧
・掛直す深夜の蒲団寒き夏

・短夜や足痙って起きしこと三度・・・6月6日
・鉄線の花あらふ雨濃紫
・愛薄き子よマーラに赤き薔薇

・飾り窓鎖すホテルや夏の川・・・6月7日
・翡翠の狙ひし魚の影動く
・服を着て抱かれ行く犬青田風

・剣道着担ぎ行く子や梅雨晴れ間・・・6月8日
・鉄線の花の陰りや濃紫
・鉄線の花や華國の巻子本

・鉄線の花よじ登る木の欲しき・・・6月9日
・短夜や浅き眠りの夢綴り
・青嵐鳥居の前では頭下げ

・耳なりに頭を締め付けられし瀧の前・・・6月10日(恵庭・白扇の瀧)
・縺れあひ蝶白扇の瀧渡る
・首通す時母のかをりや夏のシャツ

・降り続く蝦夷荒梅雨の雨激し・・・6月11日
・炉火燃やし夏の番屋の網修理
・明日は消ゆ大雪渓へ名を刻む

・竹の丈越ゆ鉄線の空(くう)泳ぐ・・・6月12日
・万緑を描く円周番鳶
・夏野行く老女いつしか溶け出せり

・鉄線花僧衣に似たる濃紫・・・6月13日
・鉄線や句集一冊持たず老い
・鉄線花高尚といふ語思ほへり

・鉄線は力をかぎり上目指し・・・6月14日
・縋り付く物をもとめし鉄線花
・鉄線の花溢れゐる華京かな(中国を思い)

・単語帳はなさぬ少女青葉風・・・6月15日
・削り氷を作る楽しさ孫欲しき
・考と妣の法要間近草茂る(考とは亡父、妣とは亡母)

・降り続く蝦夷荒梅雨の雨激し・・・6月16日(北海道神宮の本祭りなのに)
・いつよりか棟越してをり夏椿
・神迎ふ深夜の儀式夏羽織

・青葉風傘寿の沙智の合唱祭・・・6月17日
・新しき剪定鋏や白つつじ
・香袋買ひ足す寺の額紫陽花

・蚰蜒や憤ること多き日々・・・6月18日
・夏雪草の純白をもて心ばへ
・咲き終えし躑躅連れ去る北の春

・夏至近し屋根を歩める鴉二羽・・・6月19日
・下校時の児童を襲ふ親鴉
・桜桃忌玉川上水の水思ふ

・明日は夏至石狩平野の田水照り・・・6月20日(札幌の帰り)
・馬洗ふ少年に夏至の川反射(中国を思い)
・木根立ちを囲み芽ぐみし花サビタ

・水牛に跨がる少年夏至の川・・・6月21日
・鵜を捌く老漢夏至の揚子江
・恵庭岳夏至の太陽沈み行く

・緋牡丹の秘奥に潜む蟻の腰・・・6月22日
・虹くぐり利尻へ向かふ船の水尾(虹を見て利尻に掛かった虹を思い出し)
・虹の脚探さむ一人旅に出む

・逝くならば下品下生の蓮の花・・・6月23日
・佛桑花南溟を恋ひ咲き継げり
・ひまわりの大河に思案兄弟

・すみはてし深山苧環つらなれり・・・6月24日
・考と妣と見えし佛檀冷奴
・夜に鳴く鳥をり夏の闇深き

・たんぽぽの綿毛飛び立つ焦燥感・・・6月25日
・たんぽぽの綿毛飛び立ち風となる
・飛び立つはすでに飛び立ち鼓草

・裏木戸を風の開け閉て栗の花・・・・6月26日
・漁夫の腕にぶら下がる子や栗の花
・戯れに目隠しされし日栗の花・・・・午後「白扇俳句会」指導



71415.Re: 鴻風の俳句  6月
名前:鴻 風    日付:2017/6/17(土) 19:15
>それぞれの個性ことなり浮き人形

   このお句が好きです。谷口 千枝

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   千枝さん、ありがとうございます。
   一句でも、千枝さんの目に止まったことは嬉しいです。

   どんなところが「好き」か、書いてくだされば嬉しいですね。
   次回はお書きくださいね。

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52

71538.雨ついて始まる祭りの囃子かな 返信  引用 
名前: 花菜    日付:2017/6/16(金) 10:17
鴻風先生、皆さまおはようございます。
すみません遅刻してしまいました。
雨がやんで庭に出ていました。

三・四日前の雨の日、お囃子の音や掛け声が聞こえて祭りの前触れをしていました。
水天宮さんは今日もお祭りだと子供たちが話して行きました。雨やんでよかったです。
でも昨日は朝から夕刻まで結構な雨が降っていました。
今日はお天気なので午後から行ってきます。



71539.Re: 雨ついて始まる祭りの囃子かな
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 10:32
花菜さん、おはようございます^−^

 水天宮さんのお祭りですか。
 出店も結構出るのでしょうね。言ってみたいですね。
 なにか植木でも見て来てください。

 俳句ですが、
 まだ「て」で説明しようとなさいますね。
 もう「て」は祖t行しませんか^^

>>雨をつき始まる祭りの囃子かな

 こうするだけでも一句の立ち方が違います。
 こうなると秀吟ですね。

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52


71546.Re: 雨ついて始まる祭りの囃子かな
名前: 花菜    日付:2017/6/16(金) 22:0
水天宮参道は道幅がとても狭く、両脇に出店が並ぶと人がぶつかるような感じです。
鳥居の内にお寺があり、古い教会があります。教会でオープンカフェをしていて、興味がありコーヒーを飲みに入りました。
とてもシンプルな建物で、4×6間の礼拝室、牧師館が奥にあるという構造。
知っている人がお接待役で待機していました。
水天宮の境内の中に焼き鳥屋とビール売り場があり、焼鳥屋ではこれも久しぶりの人、近況を聞きながら串を一本。
しばらく海を眺め帰ってきました。お祭りのぶらり歩き、楽しかったです。

俳句ですが「て」を無くし、
>雨をつき始まる祭りの囃子かな  をいただき記録します。ありがとうございました。
「て」は結構気にしているのですが、この句の「て」は他に考えませんでしたね。まだまだです。


71547.Re: 雨ついて始まる祭りの囃子かな
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 23:24
花菜さん、こんばんは^−^

 花菜さんもまだ寐ていないんですね。鴻もですが。
鴻は今日の午後から、血糖値が高いので病院に行って来ました。

 水天宮は狭いですものね。
 水天宮の入るところに、「緋株」という俳句誌を出していました
「三谷謡村」と言う先生(ホトトギス系)がおり、お宅に行ったことがありました。
懐かしいですね。昭和40年代でした。

 「て」はともすれば、朝起きて、トイレに行って、貌を洗って、
学校に行って・・・と、説明的になりますので、
 ご注意くださいね。
 それじゃ。

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52

71532.病む友の近況メール虹の橋 返信  引用 
名前:トシエ    日付:2017/6/16(金) 7:59
鴻風先生、皆さまおはようございます。

友だちが治療のため、札幌の病院に入院中です。メールで様子を教えてくれますが、前向きな友なので頑張りが伝わります。
宜しくお願い致します。



71533.Re: 病む友の近況メール虹の橋
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 8:7
トシエさん、おはようございます^−^

 お友達が入院とはご心配ですね。

 俳句ですが、
 何処がお悪いのかも欲しい感じはしますが。
 「虹の橋」ですから、快方にはみむいているのでしょう。
 「近況メールや」と「や」を入れたほうが良いでしょう。
 このままですと、『メール』を『虹の橋』なのでしょうが。
 現実のものとしたいです。

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52


71542.Re: 病む友の近況メール虹の橋
名前:トシエ    日付:2017/6/16(金) 18:43
こんばんは。

言われたら「そうだと」思い、言われないと自分で気付けずで、未だに句の成り立ちが理解できていないようです。

>>病む友の近況メールや虹の橋・・「や」にしていただきます。
ありがとうございました。


71545.Re: 病む友の近況メール虹の橋
名前:鴻風    日付:2017/6/16(金) 21:43
トシエさん、こんばんは^−^

 「や」の使い方を未だきっちりと覚えてないのでしょうね。

 このままですと「虹の橋」として成り立たず、
 なんだか「虹の橋」でお友達と私の繋いでいるだけの「虹の橋」
なんですね。
 そんなことで、ずるずると流れずに一度は切りたいので、
「や」を使うのです。

 確かに「や」を使うべきか、使ってはいけないかは難しいかも
知れませんですね。
 数多く俳句を作り、躰に覚えさせるより亡いかも知れませんですね」。
  

71528.朝霧草湿り含みて雨あがる 返信  引用 
名前:佐川富子    日付:2017/6/16(金) 7:10
おはようございます。
けっこう降りましたね。朝霧草はいつも濡れているような手触りです。



71529.Re: 朝霧草湿り含みて雨あがる
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 7:31
富子さん、おはようございます^−^

 雨上がりのアサギリソウは綺麗でしょう。
 葉に水玉をのせ、触れるところがって落ちる。
 大好きな草です。
 手入れをしすぎると、消えて行きますので、ほっぽりなげて
置くのが一番です。
 鴻のは今にも全滅しそうな程消えました。

 俳句ですが、
 細かなことなんですが「て」が気になりますね。
 
>>雨あがり滴輝く朝霧草

  このようにしたいですね。
 湿りも感じられるでしょうが、朝霧草は葉の上に残った雨滴が
最高に綺麗なんです。よく観察してみてください。

 富子さんも、「雨上がり」から初めて「朝霧草」で終わるように
考えて見てください。中七をどうするかです。 

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52


71540.Re: 朝霧草湿り含みて雨あがる
名前:佐川富子    日付:2017/6/16(金) 16:35
 雨あがり水滴飾る朝霧草  @
 雨あがり雫葉に置く朝霧草 A

こんな感じしかできませんでした。


71541.Re: 朝霧草湿り含みて雨あがる
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 18:13
富子さん、こんにちは^−^
 推敲してみましたね。

 いま、恵み野から帰ってきました。
 血糖値が高くて、高橋クリニックに行っています。


雨あがり水滴飾る朝霧草  @

 中七@「水滴」でも悪くありませんが、「雫を飾る」ではいかがでしょう。


雨あがり雫葉に置く朝霧草 A
 こちらはいいですね。秀吟です。


71543.Re: 朝霧草湿り含みて雨あがる
名前:佐川富子    日付:2017/6/16(金) 19:0
ありがとうございました。
先生お大事にしてください。


71544.Re: 朝霧草湿り含みて雨あがる
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 21:24
富子さん、
 ありがとうございます。

71536.ドライブ道何処も紫陽花咲き誇り 返信  引用 
名前:美秋    日付:2017/6/16(金) 9:38
皆様お早うございます。
紫陽花が見頃です。先日霧島に行く途中、道路脇、家々の庭は紫陽花が咲き誇っています。
皆さん紫陽花が好きなのでしょうね。それとも地域の花なのでしょうか。
別ルートは街路樹として紫陽花が植えれれています。
宜しくお願い致します。



71537.Re: ドライブ道何処も紫陽花咲き誇り
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 9:43
美秋さん、おはようございます^−^

 九州で今時がアジサイのさかりなんでしょうね。
 それですもの、北海道ではまだまだですね。
 今年はアジサイが襲い。天気のせいなんだと思っていました。

 俳句ですが、
 ドライブの道にもアジサイですか。
 美しいことでしょうね。
 秀吟です。 

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52

71534.風かろし水の眩しき植田かな 返信  引用 
名前:江梅    日付:2017/6/16(金) 8:17
鴻風先生 みなさまおはようございます。
先日友人に招かれ、郊外のお宅へ伺ったとき美しい田園風景を見ました。
植田の水がそよ風にキラキラとしている小路を散策しました。

よろしくお願いいたします。



71535.Re: 風かろし水の眩しき植田かな
名前:鴻 風    日付:2017/6/16(金) 8:41
江梅さん、おはようございます^−^

 今年は雨が少ないようですが、水の入った田は綺麗でしょう。
日本の原風景ですものね。

 俳句ですが、
 きれいなゥ右傾ですね。
 秀吟です。

http://blog.goo.ne.jp/koufuu52


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb