[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
街の話題
今街で起こっていること、何でもどんどん情報交換しましょう!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



481.彦根市の「ひこにゃん」著作権騒動 返信  引用 
名前:ごぶちゃん    日付:2007/11/20(火) 17:40
これ、知っていますか?

彦根市が「国宝・彦根城築城400年祭」のキャラクターは、市から委託された業者が行った募集事業。
市はキャラクター「ひこにゃん」を自由に使用できるようにしたところ、市内はひこにゃんがあふれ、大ヒット!!観光客急増!!
ところが、キャラクター募集では、後姿のデザインを描く規定がなかったので、ひこにゃんのぬいぐるみには、尻尾のついたの−と、ついてないの−が登場。微妙にデザインもいろいろだけれど、市の規定どおりなので、どちらも本物!
その状況に、キャラクターをデザインした人が「ちょっと待った!」をかけて、裁判所で調停不調・・・裁判なるか!?

この騒動って、いつ起きてもおかしくない。と思った。
著作権は市に帰属しているけれど、
キャラクターの生みの親への配慮があっていいのではないかと思うけど。
いいキャラクターだけに残念。



482.Re: 彦根市の「ひこにゃん」著作権騒動
名前:ごぶちゃん    日付:2007/11/20(火) 17:46
もうひとつ先に問題がありました。

400年祭の開催期間のキャラクターということで、試用期間が今月の25日までと市の規定。
ところが、「ゆるキャラ」のひこにゃん、売れに売れたので、作りに作った。でも25日までしか使えないので、今バーゲン売りつくし中。
絵本を作る予定の出版社は400年祭のロゴを外して発刊する予定。

そんなに好まれたのなら、無理に終わらせなくても。

着ぐるみもかわいい。

478.話すだけで楽になれることがあります。 返信  引用 
名前:宮崎カウンセリングサービス    日付:2007/11/11(日) 19:12
新しくNPOとして活動を開始しました。
悩んでいる人もそうでない人も、心のメンテナンスをしてみませんか?
まずはHPをご覧下さい。

http://counceling.web.fc2.com/



479.Re: 話すだけで楽になれることがあります。
名前:協働しましょう!!    日付:2007/11/13(火) 20:8
カウンセリングサービスは、行政や医療機関以外にもたくさんあってよいと思ってます。自殺の問題が大変クローズアップされてますが、現代の様々な問題は、ストレスが引き起こしているといっても過言ではないと思います。ストレスを軽減することで、もっと自分らしく生きやすい人生を送ることができるのではないでしょうか?
ストレスをなくすセラピーが宮崎でどんどん発展していけばうれしいなーと思ってます。


480.Re: 話すだけで楽になれることがあります。
名前:宮崎カウンセリングサービス    日付:2007/11/15(木) 0:3
レスありがとうございます。
自殺の原因はたくさんあると思いますが、それらを社会的に取り組んで軽減させる(例えば雇用機会を増やす、経済格差を無くすなど)ことは、それはそれで重要で、政治家の言葉ではありませんが「官民一体となって」取り組むべきことだと思います。
ただ、自殺する人は「原因はあまり問題ではない」という状況になってしまっている人が多い(借金苦で死のうとしている人にお金を与えたから死なないというわけではない)ようなので、そういう人達が最後に「すがれる」対象:窓口ができるだけ多く、あるいは目立つ存在として、そして入りやすい環境において存在させることが重要だと考えています。
それから「予備軍」といいますか、そこまで思いつめていない人はたくさんいるわけで、そういう人に早めにケアを施すことは非常に重要で、また結果的に経済効果もあることですから(その人の労働意欲の有無は労働成果に大きな影響を与えるという意味で)「普通の人」が気軽にカウンセリングを受けられるような環境を作っていきたいと思っています。
ちなみにヒーリングやセラピーは若干ニュアンスが違います。でも同じように思っておられる方が多いと思います。そこからかな・・・?
協働、大賛成です。

http://counceling.web.fc2.com/

477.無駄で危険な公共事業  返信  引用 
名前:嘆きの牧水    日付:2007/10/15(月) 16:18
延岡市は、ここ数年間、実質赤字の財政状況が続き、人口の減少も著しい過疎市である。経産省の予測によれば、市の人口は、2000年から30年間で20%も減少する。

その延岡市で、大規模に宅地造成する二つの区画整理事業が、今頃になって、相次いで実施される。一つ目は、隣接する山々を切り崩し、その土砂で五ヶ瀬川流域の田園地帯を、大規模に盛土し、宅地造成する「岡富・古川区画整理事業」であり、二つ目は、切り崩した山地跡を宅地造成する「多々良区画整理事業」である。
162億円の税金を使い、50ha(1240戸)の広大な住宅団地が造成される。以下、延岡市・区画整理事業の問題点を記述する。

1.無駄な事業である
これらの事業が企画されたのはバブル期の平成元年ごろであった。それから約20年、市の人口は激減しており、最近5年間の減少幅は、県内都市の中でも、ダントツのワースト1である。財政窮乏の中で、二つの地域を宅地造成する必要性はない。

2.盛土により地震災害が拡大する。
(1)地盤・滑動崩落の問題
阪神および中越地震では、盛土全体が変動、または塑性変形する滑動崩落現象が各地で発生し、甚大な被害をもたらしたことが明らかになった。
こうした事態を受けて、国は、「宅地造成等規正法改正(盛土規制強化)」など、地震対策を進めている。昨年8月には、自治体に対し、危険な盛土宅地の特定を要請している。

滑動崩落とは、盛土地盤が元の地盤の上を滑る現象であり、両地盤の境界に地下水が、存在することで容易に発生する(当地は河川に近く、地下水は多い)。加えて、この境界面は、経年と共に地下水流で洗掘され地震で滑り易くなると言われる。

滑動崩落は、盛土面積が広いほど発生しやすく、その目安は、0.3ha以上とされているが、「岡富・古川区画整理事業」では、その100倍の30haが盛り土される。

国を挙げて地震防災対策が進められる中、日向灘地震の震源に近く、東南海・南海地震の「地震対策推進地域」にも指定されている延岡市が、地盤強固とは言えない流域地帯を大々的に盛り土する。住民の安全を考えれば、無謀で、無責任なことである。

(2)深刻な液状化の問題
 液状化による災害発生の問題もある。岡富・古川の流域地帯は、市内で最も低地で水が集まりやすい。この上に盛土(高さ4〜6m)するのだが、その盛土も水分を含みやすい。 区画整理後の水分の多い軟弱地盤が、液状化しやすいのは当然のことである。
延岡市は、「宮崎県地方都市計画審議会」で、液状化について、強い指摘を受けている。

(3)家屋・不同沈下の問題
軟弱地盤では、長期間で家屋の重量側が沈むが、このほかに、当地特有の問題がある。
この事業では、凹凸がある居住地域を埋め立てる。従って、盛土高も凸凹になる。盛土が高い場所ほど軟弱であり、その方向へ家屋が沈み込む。

3.水害が悪化する
流域の宅地化(市街化)が水害を悪化させるのは、紛れもない事実である。 流域地帯の開発は、新規需要が旺盛な高度成長期には仕方なかったが、人口減少の現在では、財政悪化と都市型水害という負の側面だけを残すことになる。この区画整理では、宅地より低い位置の遊水地(田畑)を失い、代わりにその役割を負わされる低地の宅地から冠水する。
そもそも、市は国の「安全基本方針」に倣い、流域地帯の都市化を規制する立場にある。

4.住民に情報が公開されない
 最大の問題は、住民の生命と財産を守るべき行政が、住民に対して、この事業が抱える安全問題への対策は勿論、問題の存在すら知らせないまま、工事を実施することである。
  当事者である住民をそのままに、市長は、3月議会で、「岡富・古川区画整理は『災害に強い街づくり』事業である」と黒を白と言い繕うような奇妙な答弁書を読み上げられた。 
行政は、「不都合な真実」も情報公開すべきである。都合のよい情報や主張に偏るならば、情報公開に名を借りた行政による宣伝行為であり、本来の目的に著しく逆行する。

5.延岡市は、まず住民・市民への説明責任を果たすべきである
(ア)人口減少、財政窮乏の中で、広大な宅地を造成する必要性。
(イ)大規模盛土の問題点と対策。および、流域宅地化の問題点と対策

「情報公開」「公民協働」を掲げる延岡市の誠意ある対応が求められている。 

               

475.講演会のご案内 返信  引用 
名前:青木洋子    日付:2007/9/24(月) 11:14
宮崎県皮膚科医会では1年に1回、一般の方々に皮膚科的な啓蒙のために講演会を行っています。今年もおこないます。
演題:アンチ・エイジング(抗老化)−老化・寿命のコントロールは可能か?ー 講師:出盛允啓医師
時:11月11日(日)時間:午後2時〜3時30分 場所:宮日会館11階ホール(TEL 0985-26-5558)連絡先:青木皮膚科 青木洋子 TEL0985-23-2011

474.宮崎ピカデリー閉館に思う 返信  引用 
名前:gersyon    日付:2007/9/21(金) 10:38
33年、という長い歴史をもつ宮崎ピカデリーが12月で閉館します。
私が小学生の頃、父といっしょに観た「ジョーズ」は今でも強烈なインパクトの思い出として残っています。
皆さんもご存知のとおり、とても古く汚い映画館です。
それでも緞帳が上がり、スクリーンが現れる瞬間の胸をしめつけられるような、恋にも似た感情を、映画ファンならば誰もが抱いているはずです。
映画館の周りを見てください。
パチンコ店、カラオケボックス、シャッターが下りたままの店舗、雑然と並ぶ自転車の群れ。
そんな中、ポツンと映画作品のポスターがあること、それだけでそこにはまだ文化が息づいていると安心します。

そんな場所が消えようとしています。

私は今でも毎月2〜3回は通っています。
たいていは1人か多くて5人ぐらいで作品を観る状態です。
それはキネマ館さんも同じだと思います。
ただキネマ館さんの場合、営業努力をされていることがこちらに伝わるので比較的観客が少なくても安心しています。
ピカデリーの場合はその感覚がありませんでした。
だから閉館は当然、といえば当然なのかもしれません。
もちろんピカデリー側の責任だと思います。

けれども、あの街の灯をこのまま失っていいのでしょうか?
街の活性化を皆で考えているときに、あの灯を失っていいのでしょうか?

私たちは映画ファン有志で何とかできないか、と活動を始めました。
まだ具体的に表に出せるほど話を詰めていませんが、早急にお話できるよに活動しています。

その際には是非、私たちの声に耳をかたむけてください。
お願いします。

468.今年の台風災害 返信  引用 
名前:協働しましょう!!    日付:2007/7/24(火) 18:30
 先々週、出張で東京に行ってました。折りしも台風4号の影響で、1泊の予定が3泊になって大変な思いをしました。各地に色々な被害をもたらしましたが、今年どんな台風が来るのかと思うと不安でしかたありません。

 今年の台風発生数は平年よりやや少なめ、上陸数は平年並み−。「7月で史上最強」の台風4号が日本列島を襲ったばかりだが、気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)がこんな予測をまとめたようです。

『台風の年間発生数は平年で26・7個、7月末までの発生は8・6個。上陸数は2・6個。
 同社は、今年は南米ペルー沖で海面水温が低くなる「ラニーニャ現象」の影響で、日本の南海上で太平洋高気圧が強い期間が長いことから、台風のもとになる熱帯低気圧が発生しにくいと予測。今年の発生は昨年の23個と同程度とみている。』

 数は少ないかもしれないが、毎年強烈になって、かならず何がしかの災害を起こしています。
 地球温暖化との影響があるのかとも思います。今年の夏も既に35度を記録した日があります。毎年、確かに暑くなってます。
 これから私たちは、地球に対して何をしていけばいいのでしょうか?
はじめるのが、少しでも遅くなるとそれだけ回復も遅くなるということでしょうか?この問題こそが誰もが受益者になる協働事業の最大テーマだと思っています。

464.7月1日の参院選候補者討論会 返信  引用 
名前:夏の子    日付:2007/7/3(火) 13:26

参加してきました。ハッキリいって、がっかりでした。
2時間という限られた時間で何を市民に投げかけるのか?
何を争点にするのかがみえないままに貴重な2時間が過ぎてしまいました。
各候補の訴えも伝わらないままでした。
たぶん候補者も未消化のままに終わったと思います。

あれはいったい何のための討論会?

そもそも参院選は国政選挙です。なのに知事選?県議選?って感じでした。
今国政で何が一番争点なのか、国民の関心は?
主催者は考えなかったのでしょうか?

国民年金と、教育問題は避けられないはずなのに・・・、
一番聞きたかった、教育問題が出なかったことも不満のひとつです。

どこかに訴えたくて書き込みました。



467.Re: 7月1日の参院選候補者討論会
名前:協働不審    日付:2007/7/11(水) 10:34
 今回の参議院選挙は、自民党がかなりの危機感をもっていると思います。事前の世論調査でも民主党がトップにたっています。次から次に出てくる国の問題、国会議員の問題、国民は何を信用すれば良いのか!?
もう自民党には、任せられないという国民の怒りの現れでしょうか?

 参議院候補者討論会は、参加していないのですが、稚拙な運営だったのでしょうか?だとすればもっと慎重にことを進めるべきだったのでしょうね。せっかくの機会で、いろいろな候補者の意見を生で聞くと言うことはとても大切なことだと思います。なれあいでなく、一種の緊張感が生まれることも期待できますよね。

 今、『とりあえず票を獲得すればいい』というような風潮が強く出ていると思います、徹底した議論がなされていません。

 今週末の台風が心配ですが、今度の参議院選挙が、国会の台風となって全てを洗い流してほしい気もしてます。

462.NPOからのメッセージ 返信  引用 
名前:レポーターS    日付:2007/6/25(月) 21:58
 ブログ(NPOレポート)に、協働についての「NPOからのメッセージ」を掲載しました。
「行政の多くの部門がNPOとの協働を進めたくなるような仕掛けはないか」と
本気で考えています。
 宮崎県の場合、行政の担当者が、当事者だったり、NPO活動を経験した人だったりすると
対応が違ってくると感じています。



463.Re: NPOからのメッセージ
名前:協働しましょう!!    日付:2007/6/27(水) 11:0
何のために協働するのでしょうか?協働へのニーズを感じているのは、行政のほうで、NPOは、あまり協働へのニーズがないのではないでしょうか?
協働と言う美しいことばだけが独り歩きはじめたような気がしてます。行政からの“教導”と言ったほうがよいかも!?


466.Re: NPOからのメッセージ
名前:末端NPO職員    日付:2007/7/10(火) 23:1
そのとおり!!
今のまま“安価な下請け”程度にしか考えてないんだったら、協働しないほうが良い。
少なくとも、その間違いを指摘し、正す力と必要性をNPO側が認識するまで、安易に飛びついてはいけないと思います。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb